Cisco Nexus 1000V レイヤ 2 スイッチング コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SV2(1.1)
このリリースの新規情報および変更情報
このリリースの新規情報および変更情報
発行日;2013/01/16   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

このリリースの新規情報および変更情報

次の表に、最新リリースに関するこのガイドでの重要な変更点の概要を示します。 この表は、コンフィギュレーション ガイドに加えられたすべての変更、またはこのリリースの新機能をすべて網羅したリストを示すものではありません。

新機能および変更された機能に関する情報

ここでは、本マニュアルに追加および変更された内容をソフトウェア リリースごとに示します。

新機能またはコマンドの変更に関する追加情報については、『Cisco Nexus 1000V Release Notes』および『Cisco Nexus 1000V Command Reference』を参照してください。

表 1 『Cisco Nexus 1000V レイヤ 2 スイッチング コンフィギュレーション ガイド』における新機能および変更された機能

機能

説明

変更されたリリース

ドキュメント名

冗長ルーティング プロトコルのサポート

冗長ルーティング プロトコルのサポートが追加されました。

4.2(1)SV1(5.1)

冗長ルーティング プロトコルのサポート

ネットワーク ロード バランシング

vEthernet にネットワーク ロード バランシングを設定する機能が追加されました。

4.2(1)SV1(5.1)

vEthernet のネットワーク ロード バランシングの設定

レイヤ 2 設定の制限

次の設定制限が拡張されました。
  • アクティブな VLAN の数(すべての VEM の合計)
  • VEM 内の VLAN を使用する MAC アドレス数
  • VEM 内の VLAN 1 つあたりの MAC アドレス数

4.2(1)SV1(4)

レイヤ 2 スイッチング設定の制限

IGMP のリンクローカル グループ抑制

リンクローカル グループ抑制をイネーブルまたはディセーブルにする機能のサポートが追加されました。

4.2(1)SV1(4)

IGMP スヌーピングの設定

clear mac address-table

address、interface、および port channel オプションが削除されました。

4.2(1)SV1(4)

MAC アドレス テーブルの設定

show mac-address table

show コマンドの出力を更新しました。

4.2(1)SV1(4)

MAC アドレス テーブルの設定

feature private-vlan コマンド

プライベート VLAN 機能をグローバルにイネーブルにする機能。

4.2(1)SV1(4)

プライベート VLAN の設定

レイヤ 2 設定の制限

アクティブな VLAN の数(すべての VEM の合計)、1 つの VEM 内の VLAN 上の MAC の数、プライベート VLAN の数(すべての VEM の合計)、および VSM あたりの物理トランクの数の設定の上限を追加しました。

4.0(4)SV1(2)

レイヤ 2 スイッチング設定の制限