Cisco Nexus 1000V ポート プロファイル コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SV2(1.1)
ポート プロファイル継承の設定
ポート プロファイル継承の設定
発行日;2013/01/10   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ポート プロファイル継承の設定

この章は、次の内容で構成されています。

ポート プロファイルの継承について

既存のポート プロファイルからの設定を、別のポート プロファイルのデフォルト設定として適用できます。 これは継承と呼ばれます。 親ポート プロファイルの設定が子ポート プロファイルにコピーされ、保存されます。 子ポート プロファイルで属性を明示的に設定することによって継承を上書きすることもできます。

表 1 ポート プロファイル継承の設定
 

継承の可否

ポート プロファイル設定

Yes

No

acl

capability iscsi-multipath

capability l3 control

channel group

default(特性をデフォルトにリセット)

description

inherit

interface state(shut/no shut)

mtu

name

netflow

pinning

port security

private vlan configuration

qos policy

service-port

state(enabled または disabled)

switchport mode(access または trunk)

system vlan vlan list

virtual-service-domain

vlan configuration

vmware max-ports

vmware port-group name

ポート プロファイル継承の設定に関する注意事項と制約事項

  • 継承されたポート プロファイルは、Cisco Nexus 1000V CLI を使用して変更したり、インターフェイスから削除したりできません。 このような操作は、vCenter Server を使用する場合だけ実行できます。
  • ポートがホストに接続されている場合、継承されたポート プロファイルは Cisco Nexus 1000V によって自動設定されます。 これは、システム管理者によって割り当てられた VMware ポート グループを作成元のポート プロファイルと比較することによって行います。
  • ポート プロファイルの設定を直接変更すると、その設定は継承された設定よりも優先されます。
  • また、ポート プロファイルの継承を明示的に削除することもできます。削除すると、ポート プロファイルは、直接設定されたものを除いてデフォルト設定に戻ります。 詳細については、継承されたポリシーのポート プロファイルからの削除を参照してください。
  • Cisco Nexus 1000V ソフトウェアは最初に設定する必要があります。 詳細については、『Cisco Nexus 1000V Installation and Upgrade Guide』を参照してください。
  • Cisco Nexus 1000V は vCenter Server に接続する必要があります。
  • ポート プロファイルを作成したあとで、そのプロファイルのタイプ(イーサネットまたは vEthernet)を変更できません。

ポート プロファイルからの設定の継承

この手順を使用すると、既存のポート プロファイルからの設定を別のポート プロファイルのデフォルト設定として適用することができます。

表 1に示すポート プロファイルの特性と、これらが継承できるかどうかを理解しているものとします。


ヒント


ポート プロファイルのタイプを別のポート プロファイルから継承できません。


はじめる前に
  • EXEC モードで CLI にログインしていること。
  • 使用する設定が定義されているポート プロファイルを特定するには、show port profiles コマンドを使用して既存のポート プロファイルを表示します。
手順
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1switch# configure terminal 

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2switch(config)# port-profile [type {ethernet | vethernet}] name 

    名前付きポート プロファイルのポート プロファイル コンフィギュレーション モードを開始します。 ポート プロファイルがない場合は、次の特性を使用して作成されます。

    • name:ポート プロファイルの名前は最大 80 文字で、Cisco Nexus 1000V 上の各ポート プロファイルに対して一意である必要があります。
    • type:(任意)ポート プロファイル タイプはイーサネットまたは vEthernet です。 設定が完了すると、タイプは変更できません。 デフォルトは vEthernet タイプです。 ポート プロファイル タイプをイーサネットとして定義すると、ポート プロファイルを物理(イーサネット)ポートに使用できます。 vCenter Server では、対応するポート グループを選択し、物理ポート(PNIC)に割り当てることができます。
      (注)     

      ポート プロファイルを Ethernet タイプとして設定すると、VMware 仮想ポートの設定には使用できなくなります。

     
    ステップ 3switch(config-port-prof)# inherit port-profile name 

    指定したプロファイルの継承された設定を、デフォルト設定として追加します。

     
    ステップ 4switch(config-port-prof)# show port-profile [brief | expand-interface | usage] [name profile-name]  (任意)

    確認のためにコンフィギュレーションを表示します。

     
    ステップ 5switch(config-port-prof)# copy running-config startup-config  (任意)

    リブートおよびリスタート時に実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーして、変更を永続的に保存します。

     

    次に、別のポート プロファイルのポート プロファイル設定を継承する例を示します。

    switch# configure terminal
    switch(config)# port-profile AllAccess2
    switch(config-port-prof)# inherit port-profile AllAccess1
    switch(config-port-prof)# show port-profile name AllAccess2
    port-profile AllAccess2
      description:
      type: vethernet
      status: disabled
      capability l3control: no
      pinning control-vlan: -
      pinning packet-vlan: -
      system vlans: none
      port-group:
      max ports: 32
      inherit: port-profile AllAccess1
      config attributes:
      evaluated config attributes:
      assigned interfaces:
    switch(config-port-prof)#

    継承されたポリシーのポート プロファイルからの削除

    継承とは無関係に設定されたポリシーは、継承を削除しても削除されません。 継承だけによって設定されたポリシーだけが削除されます。

    はじめる前に

    コンフィギュレーション モードで CLI にログインします。

    手順
       コマンドまたはアクション目的
      ステップ 1switch# configure terminal 

      グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 2switch(config)# show port-profile virtual usage name profile_name  (任意)

      指定したポート プロファイルの、継承されたポリシーを表示します。

       
      ステップ 3switch(config)# port-profile name 

      名前付きポート プロファイルのポート プロファイル コンフィギュレーション モードを開始します。

       
      ステップ 4switch(config-port-prof)# no inherit port-profile profile_name 

      継承されたポリシーを、指定したポート プロファイルから削除します。

      継承されるポリシーに依存せずに明示的に設定されたポート プロファイル タイプと任意の設定を除き、ポート プロファイルの設定はデフォルトに戻ります。

       
      ステップ 5switch(config-port-prof)# show port-profile virtual usage name profile_name  (任意)

      削除の確認のために、継承されたポリシーを表示します。

       
      ステップ 6switch(config-port-prof)# copy running-config startup-config  (任意)

      リブートおよびリスタート時に実行コンフィギュレーションをスタートアップ コンフィギュレーションにコピーして、変更を永続的に保存します。

       

      次の例では、継承されたポリシーをポート プロファイルから削除する方法を示します。

      switch# configure terminal
      switch(config)# show port-profile virtual usage name AccessProf
      switch(config)# port-profile Access4
      switch(config-port-prof)# no inherit port-profile AccessProf
      switch(config-port-prof)# show port-profile virtual usage name AccessProf
      switch(config-port-prof)# copy running-config startup-config