Cisco Nexus 1000V ハイ アベイラビリティおよび冗長性コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SV1(4b)
索引
Index
発行日;2012/07/26 | 英語版ドキュメント(2012/04/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 864KB) | フィードバック

Index

H

HA ポリシー

最小ライフタイム 2-3

最大再試行回数 2-3

説明 2-2

M

MTS

説明 2-2

P

PSS

グローバルおよびローカル同期 2-2

説明 2-2

プライベートおよび共有 2-2

V

VSM

手動スイッチオーバー 3-10

永続ストレージ サービス。「PSS」を参照

関連資料 ix, x

サービス

再起動性 2-3

再起動

ステートフル、説明 2-4

ステートレス、説明 2-4

トラブルシューティング 2-5

再起動性

インフラストラクチャ 2-1

プロセス 2-3

最小ライフタイム。「HA ポリシー」を参照

最大再試行回数。「HA ポリシー」を参照

自動同期

説明 3-4

障害、スイッチオーバー 3-10

スイッチオーバー 3-10

注意事項 3-8

特性 3-5

スーパーバイザ モジュール

スイッチオーバー メカニズム 3-5

スタンバイ スーパーバイザの置き換え 3-16, 3-17

ドメイン ID の変更 3-18

ロール

スタンドアロン 3-6

セカンダリ 3-6

プライマリ 3-6

スタンドアロン ロール、VSM 3-6

ステートフルな再起動

説明 2-4

ステートレスな再起動

説明 2-4

セカンダリ ロール、VSM 3-6

対象読者 vii

ハイ アベイラビリティ

システムレベル 1-3

状態の表示 3-21

スイッチオーバーの特性 3-5

スーパーバイザ モジュール スイッチオーバー メカニズム 3-5

説明 1-1

ネットワークレベル 1-3

表記法 viii

プライマリ ロール、VSM 3-6

プロセス

再起動性 2-3

ポリシー。「HA ポリシー」を参照

マニュアル

追加資料 ix

メッセージおよびトランザクション サービス。「MTS」を参照

ロール、VSM

スタンドアロン 3-6

セカンダリ 3-6

プライマリ 3-6