Cisco Nexus 1000V Quality of Service コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SV1(5.1)
QoS 統計情報のモニタリング
QoS 統計情報のモニタリング
発行日;2012/05/24 | 英語版ドキュメント(2012/05/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 967KB) | フィードバック

目次

QoS 統計情報のモニタリング

QoS 統計情報について

QoS 統計情報のモニタリングの前提条件

QoS 統計情報のイネーブル化

QoS 統計情報の表示

QoS 統計情報のクリア

QoS 統計情報の設定例

その他の関連資料

関連資料

標準

管理情報ベース(MIB)

RFC

シスコのテクニカル サポート

QoS 統計情報の機能履歴

QoS 統計情報のモニタリング

この章では、Cisco Nexus 1000V で Quality Of Service(QoS)統計情報をイネーブル化、表示、およびクリアする方法について説明します。

この章は、次の内容で構成されています。

「QoS 統計情報について」

「QoS 統計情報のモニタリングの前提条件」

「QoS 統計情報のイネーブル化」

「QoS 統計情報の表示」

「QoS 統計情報のクリア」

「QoS 統計情報の設定例」

「QoS 統計情報の機能履歴」

QoS 統計情報について

各ポリシー、クラス アクション、および一致基準について、インターフェイスごとに統計情報が維持されます。 [no] qos statistics コマンドを使用して、統計情報の収集をグローバルにイネーブルまたはディセーブルにできます。 show policy-map インターフェイス コマンドを使用して統計情報を表示でき、 clear qos statistics コマンドを使用してインターフェイスまたはポリシー マップに基づく統計情報をクリアできます。統計情報はデフォルトでイネーブルになっており、グローバルにディセーブルにすることができます。

QoS 統計情報のモニタリングの前提条件

QoS 統計情報のモニタリングの前提条件は、次のとおりです。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

QoS 統計情報のイネーブル化

デバイスのすべてのインターフェイスについて、QoS 統計情報をイネーブルまたはディセーブルにできます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

デフォルトでは、QoS 統計情報はイネーブルになっています。

手順の概要

1. config t

2. qos statistics

3. show policy-map interface

4. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

qos statistics

 

Example:

n1000v(config)# qos statistics

すべてのインターフェイスで QoS 統計情報をイネーブルにします。

ステップ 3

show policy-map interface

 

Example:

n1000v(config)# show policy-map interface

(任意)すべてのインターフェイス上のグローバル統計情報のステータスおよび設定済みのポリシー マップを表示します。

ステップ 4

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

QoS 統計情報の表示

インターフェイスの QoS 統計情報を表示できます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

統計情報を必要とするインターフェイス


) 多くの場合、個々のインターフェイスについての統計情報が最も有用です。


手順の概要

1. show policy-map [ policy-map-name | interface [ brief | ethernet interface_number |
output type qos | port-channel number | vethernet interface_number | input type qos ] | type qos ]

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

show policy-map [ policy-map-name | interface [ brief | ethernet interface_number |
output type qos | port-channel number | vethernet interface_number | input type qos ] | type qos ]

 

Example:

n1000v# show policy-map interface ethernet 2/1

指定した統計情報を表示します。

多数のポリシーが存在するシステムで最適な結果を得るには、特定のインターフェイスやポート チャネルを指定するなど、特定の引数を付けてこのコマンドを使用します。

インターフェイス上でサービス ポリシーを表示するには、 interface キーワードと次のキーワードを併用します。

brief :インターフェイスに付加されたすべてのポリシーの要約レポートを表示します。

ethernet :イーサネット インターフェイスの統計情報を表示します。

input type qos :QoS 入力ポリシーの統計情報を表示します。

output type qos :QoS 出力ポリシーの統計情報を表示します。

port-channel :ポート チャネル インターフェイスの統計情報を表示します。

vethernet :vEthernet インターフェイスの統計情報を表示します。

ポリシー マップのタイプを表示するには、 type qos キーワードを使用します。

QoS 統計情報のクリア

QoS 統計情報をクリアすることができます。

手順の概要

1. clear qos statistics [interface { ethernet interface_number | port-channel number | vethernet interface_number | output type qos | input type qos }]

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

clear qos statistics [interface { ethernet interface_number | port-channel number | vethernet interface_number | output type qos | input type qos }]

 

Example:

n1000v# clear qos statistics type qos

指定した QoS 統計情報をクリアします。

QoS 統計情報の設定例

この例では、インターフェイスに設定されているポリシー マップの統計情報を表示する方法を示します。

n1000v(config)# show policy-map interface
 
 
Global statistics status : enabled
 
Vethernet3
 
Service-policy (qos) input: new-policy
policy statistics status: enabled
 
Class-map (qos): class-default (match-any)
59610700 packets
set prec 5
 
Vethernet5
 
Service-policy (qos) output: new-policer
policy statistics status: enabled
 
Class-map (qos): new-class (match-all)
344661013 packets
Match: precedence 5
police cir 900 mbps bc 200 ms
conformed 505953339796 bytes, 899924196 bps action: transmit
violated 12285218014 bytes, 22283000 bps action: drop
 

この例では、特定の IPv4 アクセス コントロール リスト(ACL)に関する統計情報を表示する方法を示します。

n1000v(config)# show ip access-lists protoacl
 
IP access list protoacl
statistics per-entry
10 permit icmp 7.120.1.10/32 7.120.1.20/32
20 permit tcp 7.120.1.10/32 7.120.1.20/32 dscp af11
30 permit udp 7.120.1.10/32 7.120.1.20/32 precedence critical
50 permit ip 7.120.1.20/32 7.120.1.10/32
60 permit ip 7.120.1.20/32 7.120.1.10/32 dscp af11
70 permit ip 7.120.1.20/32 7.120.1.10/32 precedence critical
 

この例では、特定のインターフェイス上に、グローバル統計情報のステータスと設定済みのポリシー マップを表示する方法を示します。

n1000v(config)# show policy-map interface vethernet 3
 
 
Global statistics status : enabled
 
Vethernet3
 
Service-policy (qos) input: policy-protoacl
policy statistics status: enabled
 
Class-map (qos): class-protoacl (match-any)
132 packets
Match: access-group protoacl
132 packets
set qos-group 100
 

その他の関連資料

システムレベルの HA 機能の実装に関する詳細については、次の各セクションを参照してください。

「関連資料」

「標準」

「管理情報ベース(MIB)」

「RFC」

「シスコのテクニカル サポート」

関連資料

 

関連項目
参照先

QoS 分類

「QoS 分類の設定」

QoS ポリシーとマーキング

「QoS マーキング ポリシーの設定」

QoS の概要

「概要」

QoS ポリシング

「QoS ポリシングの設定」

アクセス コントロール リスト(ACL)の設定

Cisco Nexus 1000V Security Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)

Cisco Nexus 1000V コマンド

『Cisco Nexus 1000V Command Reference, Release 4.2(1)SV1(5.1)

標準

 

標準
タイトル

この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

--

管理情報ベース(MIB)

 

MIB
MIB のリンク

CISCO-PROCESS-MIB

MIB を検索およびダウンロードするには、次の URL にアクセスしてください。

http://www.cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml

RFC

 

RFC
タイトル

この機能によってサポートされている RFC はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

TAC のホームページには、3 万ページに及ぶ検索可能な技術情報があります。製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクもあります。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/index.html

QoS 統計情報の機能履歴

ここでは、QoS 統計情報のリリース履歴を示します。

 

機能名
リリース
機能情報

QoS 統計情報

4.0

この機能が導入されました。