Cisco Nexus 1000V Quality of Service コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SV1(5.1)
QoS マーキング ポリシーの設定
QoS マーキング ポリシーの設定
発行日;2012/05/24 | 英語版ドキュメント(2012/05/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 967KB) | フィードバック

目次

QoS マーキング ポリシーの設定

ポリシー マップについて

QoS マーキング ポリシーの前提条件

注意事項および制約事項

QoS マーキング ポリシーの作成

DSCP ポリシーの作成

IP Precedence ポリシーの作成

サービス クラス ポリシーの作成

QoS グループ ポリシーの作成

廃棄クラス ポリシーの作成

入力ポリシーと出力ポリシーの作成

ポート DSCP のマーキング

QoS ポリシー設定の確認

QoS マーキング ポリシーの設定例

QoS マーキング ポリシーの機能履歴

QoS マーキング ポリシーの設定

この章では、Cisco Nexus 1000V に Quality of Service(QoS)マーキング ポリシーを設定して、ネットワーク トラフィックを優先順位付けする方法について説明します。

この章は、次の内容で構成されています。

「ポリシー マップについて」

「QoS マーキング ポリシーの前提条件」

「注意事項および制約事項」

「QoS マーキング ポリシーの作成」

「QoS ポリシー設定の確認」

「QoS マーキング ポリシーの設定例」

「QoS マーキング ポリシーの機能履歴」

ポリシー マップについて

ポリシー マップにより、ネットワーク トラフィックがクラス単位で優先順位付けされます。最適な Quality of Service が得られるトラフィックの優先順位付けが行われるように、ポリシー マップを作成して各クラスのトラフィックの扱い方法を定義します。

マーキングとは、パケットをマーキングするプロセスです。それにより、パケット内の次のいずれかが QoS の目的のために変化します。

Differentiated Service Code Point(DSCP)

優先順位

CoS

トラフィック クラスを DSCP(指定したフレームのサービス レベルを表すインジケータ)にマッピングできます。DSCP 値の範囲は 0 ~ 63 です。デフォルト値は 0 です。46 の DSCP 値は使用できません。

サービス ポリシーは、ポリシー マップを使用して指定されます。ポリシー マップにより、クラス マップは順序付きでサービス レベルにマッピングされます。ポリシー マップ内では複数のクラス マップを指定でき、クラス マップを高、中、または低のサービス レベルにマッピングできます。デフォルトのプライオリティは低です。ポリシー マップ名は、63 文字までの英数字に制限されています。

ポリシー マップ内でのクラス マップの順序は重要であり、フレームがクラス マップと比較される順序はこれにより決定します。最初に一致したクラス マップの対応するプライオリティが、フレームにマーキングされます。

図 3-1 マーキングに使用可能なパケット フィールド

 

マーキングとは、パケットに関連する QoS 情報を設定することです。標準の QoS フィールドである、IP precedence、DSCP、サービス クラス(CoS)の値、および後続のアクション(ポリシングなど)で使用できる内部ラベルを設定できます。

トラフィック クラスを定義した後、それらをポリシー マップ内で参照し、それらをどのようにマーキングするかを定義できます。ポリシーは、クラスの使用を 4 つまでだけにして、単純なものにすることを推奨します。

表 3-1 に、マーキングに使用可能なフィールドを示します。

 

表 3-1 マーキング可能なフィールド

フィールド
説明

DSCP

レイヤ 3 の DiffServ コード ポイント(DSCP)。

(注) DSCP をマーキングする場合、廃棄クラスはマーキングできません。

IP precedence

レイヤ 3 の IP precedence。

(注) IP precedence ではタイプ オブ サービス(ToS)フィールドの下位 3 ビットだけが使用されます。TOS フィールドの最初の 3 ビットはデバイスによって 0 に上書きされます。

CoS

レイヤ 2 のサービス クラス(CoS)。

QoS グループ

必要に応じてマーキングと照合が可能なローカルな QoS 値。
有効な範囲は 0 ~ 126 です。

廃棄クラス

必要に応じて照合とマーキングが可能なローカルな QoS 値。
指定できる範囲は 0 ~ 63 です。

(注) 廃棄クラスをマーキングする場合、DSCP はマーキングできません。

入力および出力ポート

マーキングは、着信または発信パケットに適用されます。

単一のクラスで、5 つのフィールド(CoS、IP precedence、DSCP、QoS グループ、廃棄クラス)のうちのいずれか 2 つがマーキング可能です。

特に制限事項として記載されていない限り、着信パケットと発信パケットの両方にマーキングできます。

QoS マーキング ポリシーの前提条件

マーキングの前提条件は、次のとおりです。

ネットワーク トラフィックを分類しておく必要があります。詳細については、「QoS 分類の設定」を参照してください。

EXEC モードで CLI にログインしておきます。

注意事項および制約事項

QoS ポリシーには、次の注意事項と制限事項があります。

set cos コマンドは 802.1Q インターフェイスにだけ適用できます。つまり、 set cos コマンドは入力インターフェイスで使用できますが、パケットが最終的に 802.1Q 準拠のインターフェイスに表示される場合だけ、設定が適用されます。

単一のクラスで、5 つのフィールド(CoS、IP precedence、DSCP、QoS グループ、廃棄クラス)のうちのいずれか 2 つがマーキング可能です。

set qos-group コマンドは入力ポリシーだけで使用できます。

set discard-class コマンドは入力ポリシーだけで使用できます。

QoS ポリシーとアクセス コントロール リスト(ACL)ポリシーを設計するときには、QoS ポリシー内で参照される ACL が QoS ポリシーの一部として次のように処理されることに注意してください。

QoS の入力処理は、ACL の処理の後に行われます。

QoS の出力処理は、ACL の出力処理の前に行われます。

QoS マーキング ポリシーの作成

ここでは、Cisco Nexus 1000V の QoS ポリシーを作成する方法について説明します。

「DSCP ポリシーの作成」

「IP Precedence ポリシーの作成」

「サービス クラス ポリシーの作成」

「QoS グループ ポリシーの作成」

「廃棄クラス ポリシーの作成」

「入力ポリシーと出力ポリシーの作成」

「ポート DSCP のマーキング」

DSCP ポリシーの作成

IP ヘッダー パケット内の DSCP 値をマーキングするポリシーを作成し、特定クラスのトラフィックを優先順位付けできます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

DSCP は、 RFC 2475 で規定されています。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

DSCP マーキングを使用する場合、廃棄クラス マーキングは使用できません(「廃棄クラス ポリシーの作成」を参照)。

DSCP フィールドには、0 ~ 63 の数値、または「DSCP 値と優先順位値」に示されている一般によく使用される値のいずれかをマーキングできます。

手順の概要

1. config t

2. policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

3. class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

4. set dscp value

5. show policy-map policy-map-name

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

 

Example:

n1000v(config)# policy-map policy1

n1000v(config-pmap-qos)#

指定したポリシー マップに対してポリシー マップ QoS コンフィギュレーション モードを開始し、実行コンフィギュレーションでそのマップ名を設定します。

class_map_name 引数は、アルファベット文字列であり、大文字と小文字が区別され、最大 40 文字まで設定できます。ハイフン(-)およびアンダースコア(_)文字を含めることができます。

ステップ 3

class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

 

Example:

n1000v(config-pmap)# class class1

class-map-name への参照を作成し、指定したクラス マップに対してポリシー マップ クラス QoS コンフィギュレーション モードを開始します。デフォルトでは、このクラスはポリシー マップの最後に追加されます。変更は、実行コンフィギュレーションに保存されます。

ポリシー マップ内のクラスと現在一致していないトラフィックをすべて選択するには、 class-default キーワードを使用します。

ステップ 4

set dscp value

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# set dscp af31

指定したクラスのすべての IP ヘッダー内で使用する DSCP 値を定義し、その値を実行コンフィギュレーションに保存します。

1 ~ 60 の数値か、「DSCP 値と優先順位値」の標準の値のいずれかを使用できます。

この例では、標準値 af31 が使用されます。

ステップ 5

show policy-map policy_map_name

 

Example:
n1000v(config-pmap-c-qos)# show policy-map policy1

指定したマップ名に対するポリシー マップ設定を表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

IP Precedence ポリシーの作成

IP Precedence をマーキングして、特定のトラフィック クラスのすべてのパケットにプライオリティを与えることができます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

表 3-2 に、 RFC 791 の優先順位値を最低の重要度から最高の重要度まで示します。

 

表 3-2 優先順位値

説明

000 (0)

ルーチンまたはベスト エフォート

001 (1)

優先度

010 (2)

即時

011 (3)

フラッシュ(主に音声シグナリングまたはビデオに使用)

100 (4)

フラッシュ オーバーライド

101 (5)

クリティカル(主に音声 RTP に使用)

110 (6)

インターネット

111 (7)

ネットワーク

手順の概要

1. config t

2. policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

3. class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

4. set precedence value

5. show policy-map policy-map-name

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

 

Example:

n1000v(config)# policy-map policy1

n1000v(config-pmap-qos)#

指定したポリシー マップに対してポリシー マップ QoS コンフィギュレーション モードを開始し、実行コンフィギュレーションでそのマップ名を設定します。

class_map_name 引数は、アルファベット文字列であり、大文字と小文字が区別され、最大 40 文字まで設定できます。ハイフン(-)およびアンダースコア(_)文字を含めることができます。

ステップ 3

class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

 

Example:

n1000v(config-pmap-qos)# class class1

class-map-name への参照を作成し、指定したクラス マップに対してポリシー マップ クラス QoS コンフィギュレーション モードを開始します。デフォルトでは、このクラスはポリシー マップの最後に追加されます。変更は、実行コンフィギュレーションに保存されます。

ポリシー マップ内のクラスと現在一致していないトラフィックをすべて選択するには、 class-default キーワードを使用します。

ステップ 4

set precedence value

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# set precedence 3

指定したトラフィック クラスのすべてのパケット内で使用する優先順位値を追加します。変更は、実行コンフィギュレーションに保存されます。

0 ~ 7 の数値を使用できます( 表 3-2 を参照してください)。

ステップ 5

show policy-map policy_map_name

 

Example:
n1000v(config-pmap-c-qos)# show policy-map policy1

指定したマップ名に対するポリシー マップ設定を表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

サービス クラス ポリシーの作成

特定のクラスのすべてのトラフィックの IEEE 802.1Q ヘッダー内で CoS フィールドをマーキングできます。入力または出力ポリシー内でこのフィールドをマーキングすると、パケットが IEEE 802.1Q 準拠のインターフェイスに表示されるときだけ、この設定が適用されます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

CoS は、入力ポリシーと出力ポリシーで設定できます。

手順の概要

1. config t

2. policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

3. class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

4. set cos cos-value

5. show policy-map policy-map-name

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

 

Example:

n1000v(config)# policy-map policy1

n1000v(config-pmap-qos)#

指定したポリシー マップに対してポリシー マップ QoS コンフィギュレーション モードを開始し、実行コンフィギュレーションでそのマップ名を設定します。

class_map_name 引数は、アルファベット文字列であり、大文字と小文字が区別され、最大 40 文字まで設定できます。ハイフン(-)およびアンダースコア(_)文字を含めることができます。

ステップ 3

class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

 

Example:

n1000v(config-pmap-qos)# class class1

class-map-name への参照を作成し、指定したクラス マップに対してポリシー マップ クラス QoS コンフィギュレーション モードを開始します。デフォルトでは、このクラスはポリシー マップの最後に追加されます。変更は、実行コンフィギュレーションに保存されます。

ポリシー マップ内のクラスと現在一致していないトラフィックをすべて選択するには、 class-default キーワードを使用します。

ステップ 4

set cos cos-value

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# set cos 3

CoS 値を cos-value に設定します。値の範囲は 0 ~ 7 です。このコマンドは出力ポリシーだけで使用できます。

ステップ 5

show policy-map policy_map_name

 

Example:
n1000v(config-pmap-c-qos)# show policy-map policy1

指定したマップ名に対するポリシー マップ設定を表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

次の例では、サービス クラス ポリシーを作成する方法を示します。

n1000v# config t

n1000v(config)# policy-map policy1

n1000v(config-pmap-qos)# class class1

n1000v(config-pmap-c-qos)# set cos 3

n1000v(config-pmap-c-qos)# show policy-map policy1

 

 

Type qos policy-maps

====================

 

policy-map type qos policy1

class class1

set dscp 26

set cos 3

class class2

set dscp 14

class class-default

set dscp 20

police cir 256000 bps bc 300 ms pir 256000 bps be 300 ms conform transmit exceed set dscp dscp table cir-mar

kdown-map violate drop

n1000v(config-pmap-c-qos)#

QoS グループ ポリシーの作成

ローカルに定義される QoS グループ値をマーキングできます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

QoS グループ値は、入力ポリシーだけでマーキングできます。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

手順の概要

1. config t

2. policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

3. class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

4. set qos-group qos-group-value

5. show policy-map policy-map-name

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

 

Example:

n1000v(config)# policy-map policy1

n1000v(config-pmap-qos)#

指定したポリシー マップに対してポリシー マップ QoS コンフィギュレーション モードを開始し、実行コンフィギュレーションでそのマップ名を設定します。

class_map_name 引数は、アルファベット文字列であり、大文字と小文字が区別され、最大 40 文字まで設定できます。ハイフン(-)およびアンダースコア(_)文字を含めることができます。

ステップ 3

class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

 

Example:

n1000v(config-pmap-qos)# class class1

n1000v(config-pmap-c-qos)#

class-map-name への参照を作成し、指定したクラス マップに対してポリシー マップ クラス QoS コンフィギュレーション モードを開始します。デフォルトでは、このクラスはポリシー マップの最後に追加されます。変更は、実行コンフィギュレーションに保存されます。

ポリシー マップ内のクラスと現在一致していないトラフィックをすべて選択するには、 class-default キーワードを使用します。

ステップ 4

set qos-group qos-group-value

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# set qos-group 100

QoS グループ値を qos-group-value に設定します。値の範囲は 0 ~ 126 です。

ステップ 5

show policy-map policy_map_name

 

Example:
n1000v(config-pmap-c-qos)# show policy-map policy1

指定したマップ名に対するポリシー マップ設定を表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

廃棄クラス ポリシーの作成

ローカルな内部ラベル廃棄クラス ポリシーを設定できます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

ローカルな内部ラベル廃棄クラス ポリシーを設定する場合、DSCP ポリシーを作成することはできません。DSCP ポリシーの詳細については、「DSCP ポリシーの作成」を参照してください。

廃棄クラスは入力ポリシーでだけ設定できます。

ポリシー内またはトラフィック分類内でローカル廃棄クラスを参照するには、 match discard-class コマンドを使用します。

詳細については、「廃棄クラス分類の設定」を参照してください。

手順の概要

1. config t

2. policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

3. class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

4. set discard-class discard-class-value

5. show policy-map policy-map-name

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

 

Example:

n1000v(config)# policy-map policy1

n1000v(config-pmap-qos)#

指定したポリシー マップに対してポリシー マップ QoS コンフィギュレーション モードを開始し、実行コンフィギュレーションでそのマップ名を設定します。

class_map_name 引数は、アルファベット文字列であり、大文字と小文字が区別され、最大 40 文字まで設定できます。ハイフン(-)およびアンダースコア(_)文字を含めることができます。

ステップ 3

class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

 

Example:

n1000v(config-pmap-qos)# class class1

class-map-name への参照を作成し、指定したクラス マップに対してポリシー マップ クラス QoS コンフィギュレーション モードを開始します。デフォルトでは、このクラスはポリシー マップの最後に追加されます。変更は、実行コンフィギュレーションに保存されます。

ポリシー マップ内のクラスと現在一致していないトラフィックをすべて選択するには、 class-default キーワードを使用します。

ステップ 4

set discard-class discard-class-value

Example:

 

n1000v(config-pmap-c-qos)# set discard-class 40

廃棄クラス値を discard-class-value に設定します。値の範囲は 0 ~ 63 です。

ステップ 5

show policy-map policy_map_name

 

Example:
n1000v(config-pmap-c-qos)# show policy-map policy1

指定したマップ名に対するポリシー マップ設定を表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

入力ポリシーと出力ポリシーの作成

ポリシー マップをインターフェイスまたはポート プロファイルに付加すると、マーキング命令が入力または出力パケットに適用されます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

インターフェイスまたはポート プロファイルが作成されています。

使用するポリシー マップが定義されています。


) 1 つのインターフェイスまたはポート プロファイルには、1 つの入力ポリシーと 1 つの出力ポリシーだけを付加できます。


手順の概要

1. config t

2. 次のいずれかのコマンドを入力します。

interface type number

port-profile name

3. service-policy [ type qos ] { input | output } policy-map-name [ no-stats ]

4. show policy-map policy_map_name

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

次のいずれかのコマンドを入力します。

interface type number

port-profile name

 

Example:

n1000v(config)# interface ethernet 1/1

n1000v(config-if)#

指定したイーサネット/vEthernet インターフェイスまたはポート プロファイルに対してコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

service-policy [type qos] {input | output} policy-map-name [no-stats]

 

Example:

n1000v(config-if)# service-policy input policy1

(任意)インターフェイスまたはポート プロファイルの入力または出力パケットに追加されるポリシー マップ名を付加します。

(注) 1 つのインターフェイスまたはポート プロファイルには、1 つの入力ポリシーと 1 つの出力ポリシーだけを付加できます。

ステップ 4

show policy-map policy_map_name

 

Example:
n1000v(config-if)# show policy-map policy1

指定したマップ名に対するポリシー マップ設定を表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config-if)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

次の例では、イーサネット インターフェイスで入力ポリシーを設定する方法を示します。

n1000v# config t

n1000v(config)# interface ethernet 1/1

n1000v(config-if)# service-policy input policy1

n1000v(config-if)# show policy-map policy1
 
 
Type qos policy-maps
====================
 
policy-map type qos policy1
n1000v(config-if)# copy running-config startup-config

 

 

次の例では、ポート プロファイルで入力ポリシーを設定する方法を示します。

n1000v# config t

n1000v(config)# port-profile accessprofile

n1000v(config-port-prof)# service-policy input policy1

n1000v(config-port-prof)# show policy-map policy1
 
Type qos policy-maps
====================
 
policy-map type qos policy1
n1000v(config-port-prof)# copy running-config startup-config

 

ポート DSCP のマーキング

指定した入力または出力ポリシー マップで定義されるトラフィック クラスごとに DSCP ポートをマーキングできます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

デフォルトの動作では、DSCP 値は保存(つまり、DSCP は信頼)されます。ポートを非信頼にするには、DSCP 値を変更します。

QoS ポリシーを設定して、指定したインターフェイスにそのポリシーを付加しない限り、DSCP 値は保存されます。

使用するクラス マップが定義されています。「QoS 分類の設定」を参照してください。


) 1 つのインターフェイスまたはポート プロファイルには、1 つの入力ポリシーと 1 つの出力ポリシーだけを付加できます。


手順の概要

1. config t

2. policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

3. class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

4. set dscp -value

5. 作成する各クラス マップに対して、ステップ 3. および 4. を繰り返します。

6. exit

7. exit

8. 次のいずれかのコマンドを入力します。

interface type number

port-profile name

9. service-policy [ type qos ] { input | output } policy-map-name [ no-stats ]

10. show policy-map policy_map_name

11. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

policy-map [ type qos ] [ match-first ] policy-map-name

 

Example:

n1000v(config)# policy-map policy1

n1000v(config-pmap-qos)#

指定したポリシー マップに対してポリシー マップ QoS コンフィギュレーション モードを開始し、実行コンフィギュレーションでそのマップ名を設定します。

class_map_name 引数は、アルファベット文字列であり、大文字と小文字が区別され、最大 40 文字まで設定できます。ハイフン(-)およびアンダースコア(_)文字を含めることができます。

ステップ 3

class [ type qos ] { class_map_name | class-default }

 

Example:

n1000v(config-pmap)# class class1

n1000v(config-pmap-c-qos)#

class-map-name への参照を作成し、指定したクラス マップに対してポリシー マップ クラス QoS コンフィギュレーション モードを開始します。デフォルトでは、このクラスはポリシー マップの最後に追加されます。変更は、実行コンフィギュレーションに保存されます。

ポリシー マップ内のクラスと現在一致していないトラフィックをすべて選択するには、 class-default キーワードを使用します。

ステップ 4

set dscp value

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# set dscp af31

DSCP 値を設定します。有効な値については、「DSCP 値と優先順位値」を参照してください。

ステップ 5

作成する各クラス マップに対して、ステップ 3 . および 4. を繰り返します。

ステップ 6

exit

 

Example:

n1000v(config-pmap-c-qos)# exit

n1000v(config-pmap-qos)#

ポリシー マップ コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 7

exit

 

Example:

n1000v(config-pmap-qos)# exit

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 8

次のいずれかのコマンドを入力します。

interface type number

port-profile name

Example:

n1000v(config)# interface ethernet 1/1

n1000v(config-if)#

指定したイーサネット/vEthernet インターフェイスまたはポート プロファイルに対してコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 9

service-policy [type qos] {input | output} policy-map-name [no-stats]

 

Example:

n1000v(config-if)# service-policy input policy1

(任意)インターフェイスまたはポート プロファイルの入力または出力パケットに追加されるポリシー マップ名を付加します。

(注) 1 つのインターフェイスまたはポート プロファイルには、1 つの入力ポリシーと 1 つの出力ポリシーだけを付加できます。

ステップ 10

show policy-map policy_map_name

 

Example:
n1000v(config-if)# show policy-map policy1

指定したマップ名に対するポリシー マップ設定を表示します。

ステップ 11

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config-if)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

次の例では、イーサネット インターフェイス上で、入力ポリシー マップで定義されるトラフィック クラスごとに DSCP ポートをマーキングする方法を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# policy-map policy1
n1000v(config-pmap)# class class1
n1000v(config-pmap-c-qos)# set dscp af31
n1000v(config-pmap-c-qos)# exit
n1000v(config-pmap-qos)# class class2
n1000v(config-pmap-c-qos)# set dscp af13
n1000v(config-pmap-c-qos)# exit
n1000v(config-pmap-qos)# class class-default
n1000v(config-pmap-c-qos)# set dscp af22
n1000v(config-pmap-c-qos)# exit
n1000v(config-pmap-qos)# exit
n1000v(config)# interface ethernet 1/1
n1000v(config-if)# service-policy input policy1
n1000v(config-if)# show policy-map policy1
 
 
Type qos policy-maps
====================
 
policy-map type qos policy1
class class1
set dscp af31
class class2
set dscp af13
class class-default
set dscp af22
n1000v(config-if)# copy running-config startup-config
 
 

次の例では、ポート プロファイル上で、入力ポリシー マップで定義されるトラフィック クラスごとに DSCP ポートをマーキングする方法を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# policy-map policy1
n1000v(config-pmap-qos)# class class1
n1000v(config-pmap-c-qos)# set dscp af31
n1000v(config-pmap-c-qos)# exit
n1000v(config-pmap-qos)# class class2
n1000v(config-pmap-c-qos)# set dscp af13
n1000v(config-pmap-c-qos)# exit
n1000v(config-pmap-qos)# class class-default
n1000v(config-pmap-c-qos)# set dscp af22
n1000v(config-pmap-c-qos)# exit
n1000v(config-pmap-qos)# exit
n1000v(config)# port-profile accessprofile
n1000v(config-port-prof)# service-policy input policy1
n1000v(config-port-prof)# show policy-map policy1
 
 
Type qos policy-maps
====================
 
policy-map type qos policy1
class class1
set dscp af31
class class2
set dscp af13
class class-default
set dscp af22
n1000v(config-port-prof)# copy running-config startup-config
 

QoS ポリシー設定の確認

QoS ポリシー設定を確認するには、次の作業のいずれかを行います。

 

コマンド
説明

show policy-map [ type qos ] [ name policy_map_name ]

ポリシー マップ設定を表示します。

show table-map name

テーブル マップ設定を表示します。

QoS マーキング ポリシーの設定例

次の例では、特定のポリシー マップ ポリシーを表示する方法を示します。

n1000v(config)# show policy-map policy-ipacl
Type qos policy-maps
====================
policy-map type qos policy-ipacl
class class-ipacl
set dscp 10
 

次の例では、すべてのインターフェイスのポリシー マップを表示する方法を示します。

n1000v# show policy-map interface brief
 
Interface/VLAN [Status]:INP QOS OUT QOS INP QUE OUT QUE
================================================================================
Vethernet1 [Active]: media
Vethernet10 [Active]: media
Vethernet13 [Active]:web_policer
Vethernet15 [Active]:iperf
Vethernet16 [Active]: iperf_policer
Vethernet17 [Active]:ixia_in ixia_out
Vethernet18 [Active]: media
Vethernet19 [Active]:iperf
Vethernet20 [Active]: iperf_policer
Vethernet21 [Active]:netperf_polic
 
================================================================================
 

QoS マーキング ポリシーの機能履歴

ここでは、QoS マーキング ポリシーのリリース履歴を示します。

 

機能名
リリース
機能情報

QoS マーキング ポリシー

4.0

この機能が導入されました。

QoS マーキング ポリシー

4.0(4)SV1(2)

DSCP と廃棄クラスは、相互に排他的な関係ではなくなりました。単一のクラスで、5 つのフィールド(CoS、IP precedence、DSCP、QoS グループ、廃棄クラス)のうちのいずれか 2 つがマーキング可能です。