Cisco Nexus 1000V Quality of Service コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SV1(5.1)
概要
概要
発行日;2012/05/24 | 英語版ドキュメント(2012/05/21 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 967KB) | フィードバック

目次

概要

QoS について

トラフィックの分類とマーキング

トラフィックの分類

トラフィックのマーキング

ポリシング

QoS コマンド

QoS 統計情報

デフォルトの QoS 動作

サポートされている RFC

QoS 機能のハイ アベイラビリティの要件

概要

この章では、ネットワーク内でトラフィックの輻輳を防止するために Cisco Nexus 1000V 上で使用可能な Quality of Service(QoS)機能について説明します。

この章は、次の内容で構成されています。

「QoS について」

「トラフィックの分類とマーキング」

「ポリシング」

「QoS コマンド」

「QoS 統計情報」

「デフォルトの QoS 動作」

「サポートされている RFC」

「QoS 機能のハイ アベイラビリティの要件」

QoS について

QoS 機能は、ネットワークを経由するトラフィックの最も望ましいフローを提供するために使用できます。QoS を使用すると、ネットワーク トラフィックの分類、トラフィック フローのポリシングと優先順位付け、および輻輳回避が可能になります。トラフィックは、ユーザが指定した分類方法とユーザが設定した QoS ポリシーに基づいて処理されます。

次の手順に従って、QoS ポリシーを実装できます。

1. class-map コマンドを使用して、トラフィック クラスを定義します。詳細については、「QoS 分類の設定」を参照してください。

2. policy-map コマンドを使用して、トラフィック ポリシーを作成します トラフィック ポリシーでは、QoS を改善するために、特定のトラフィックに対してどのような処置を行うかを定義します。詳細については、「QoS マーキング ポリシーの設定」を参照してください。

3. service-policy コマンドを使用して、トラフィック ポリシーをインターフェイスまたはポート プロファイルに付加します。詳細については、「入力ポリシーと出力ポリシーの作成」を参照してください。

4. トラフィックをポリシングします。詳細については、「QoS ポリシングの設定」を参照してください。

トラフィックの分類とマーキング

最適な QoS を得るために、トラフィックの分類とマーキングを使用して、トラフィックのソートと変更を行うことができます。 表 1-1 に、これらのプロセスについて示します。

 

表 1-1 トラフィックの分類とトラフィックのマーキング

QoS 方式
説明
コマンド
メカニズム

トラフィックの分類

定義された基準に基づいてネットワーク トラフィックをグループ化します。

match

クラス マップ

トラフィックのマーキング

クラス単位でトラフィック属性を変更します。

set

ポリシー マップ

ここでは、次の内容について説明します。

「トラフィックの分類」

「トラフィックのマーキング」

トラフィックの分類

トラフィックの分類により、トラフィックが指定の基準と一致するかどうかに基づいて、トラフィック(パケット)をトラフィック クラスまたはカテゴリに整理できます。トラフィックの分類に使用する値を、一致基準と呼びます。トラフィック クラスを定義する場合、一致基準を複数指定することも、特定の基準について照合しないように選択することも、一部または全部の基準を照合することによってトラフィック クラスを決定することもできます。詳細については、「QoS 分類の設定」を参照してください。

トラフィックのマーキング

マーキングとは、プライオリティを割り当てるプロセスであり、パケット内のフィールド(サービス クラスや DiffServ コード ポイント(DSCP)など)を設定します。この場合、入力インターフェイス上でデバイスに着信したトラフィックは、それに応じてマーキングされます。このトラフィックは、出力インターフェイス上でデバイスから発信されるときに、マーキングを使用して処理されます。マーキングの設定の詳細については、「QoS マーキング ポリシーの設定」を参照してください。

ポリシング

ポリシングとは、トラフィックの特定のクラスについて、データ レートをモニタリングすることです。Cisco Nexus 1000V でも、関連するバースト サイズを監視できます。

指定されるデータ レート パラメータに応じて、適合、超過、違反の 3 つの条件が、ポリサーによって決定されます。各条件について設定できるアクションは 1 つだけです。データ レートがユーザ指定の値を超えると、パケットはマークダウンされるか、ドロップされます。

シングルレートまたはデュアルレートのポリサーを定義できます。シングルレート ポリサーは、トラフィックの指定の認定情報レート(CIR)を監視します。デュアルレート ポリサーは、CIR と最大情報レート(PIR)の両方をモニタします。

ポリシングの設定の詳細については、「QoS ポリシングの設定」を参照してください。

QoS コマンド

表 1-2 に、QoS コンフィギュレーション コマンドを示します。

 

表 1-2 QoS コンフィギュレーション コマンド

グローバル コンフィギュレーション コマンド
クラス マップ QoS コンフィギュレーション
コマンド
ポリシー マップ QoS コンフィギュレーション
コマンド
インターフェイスまたは
ポート プロファイル コンフィギュレーション コマンド
ポリシー マップ クラス QoS コンフィギュレーション コマンド
説明

class-map

--

--

--

--

トラフィックのクラスを表すクラス マップを定義します。

table-map

--

--

--

--

あるフィールド値のセットから別のフィールド値のセットへのマッピングを表すテーブル マップを定義します。テーブル マップはポリシー マップから参照できます。

policy-map

--

--

--

--

クラス マップのセットに適用するポリシーのセットを表すポリシー マップを定義します。ポリシー マップからテーブル マップを参照できます。

--

--

--

service-policy

--

指定したポリシー マップを、次のように設定されたインターフェイス上の入力または出力パケットに適用します。

ポートプロファイルから継承1

port-channel

Ethernet

vEthernet

--

--

--

--

police

パケット データ レートに応じて実行されるアクションを定義します。

--

match

--

--

--

クラス マップの基準を定義します。

--

--

set

--

--

ポリシー マップのパケット ヘッダー値を定義します。

1.ポート プロファイルについては、『Cisco Nexus 1000V Port Profile Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』を参照してください。

QoS 統計情報

各ポリシー、クラス アクション、および一致基準について、インターフェイスごとに統計情報が維持されます。QoS 統計情報のモニタリングについては、「QoS 統計情報のモニタリング」を参照してください。

デフォルトの QoS 動作

QoS にはデフォルトの動作がありません。トラフィックのポリシングと優先順位付けは、ポリシー マップをインターフェイスに適用した場合にだけ実装されます。唯一の例外は、制御およびパケット VLAN トラフィック向けの Class of Service(CoS)値がデフォルトで 6 に設定されることです。この値は、制御およびパケット VLAN トラフィックを伝送するインターフェイス上に設定された、明示的な QoS ポリシーによって上書きできます。

ただし、QoS ポリシーとアクセス コントロール リスト(ACL)ポリシーを設計するときには、QoS ポリシー内で参照される ACL が QoS ポリシーの一部として次のように処理されることに注意してください。

QoS の入力処理は、ACL の処理の後に行われます。

QoS の出力処理は、ACL の出力処理の前に行われます。

サポートされている RFC

表 1-3 に、QoS でサポートされる RFC を示します。

 

表 1-3 サポートされている RFC

番号
タイトル

RFC 2475

『Architecture for Differentiated Services(差別化サービスのアーキテクチャ)』

RFC 2697

『A Single Rate Three Color Marker』

RFC 2698

『A Dual Rate Three Color Marker(デュアルレート 3 カラー マーカー)』

RFC 3289

『Management Information Base for the Differentiated Services Architecture(差別化サービス アーキテクチャの管理情報ベース)』

RFC 3550

『RTP: A Transport Protocol for Real-Time Applications』

 

QoS 機能のハイ アベイラビリティの要件

QoS は、ソフトウェアの再起動後に以前の状態を回復し、状態を失うことなく、アクティブ スーパーバイザからスタンバイ スーパーバイザに切り替えることができます。