Cisco Nexus 1000V システム管理コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SV1(5.1)
はじめに
はじめに
発行日;2012/05/24 | 英語版ドキュメント(2012/04/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

マニュアルの構成

表記法

参考資料

関連資料

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

はじめに

システム管理のコンフィギュレーション マニュアルには、システム メッセージ ロギングの設定、コンフィギュレーション ファイルの管理、サーバ接続の管理など、システムを管理するための手順が記載されています。

この「はじめに」では、このマニュアルの次の点について説明します。

「対象読者」

「マニュアルの構成」

「表記法」

「関連資料」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

対象読者

本書は、次の経験および知識を持つネットワーク管理者を対象としています。

仮想化の知識

VMware のツールを使用した仮想スイッチの設定


) VMware vNetwork 分散スイッチの知識はなくてもかまいません。


マニュアルの構成

このマニュアルは、次の章で構成されています。

章とタイトル
説明

「システム管理の概要」

利用可能なシステム管理機能について説明します。

「CDP の設定」

他の接続したデバイスとの情報送受信用の Cisco Discovery Protocol(CDP)を設定するための手順を説明しています。

「ドメインの設定」

ドメインの作成と VLAN の割り当てを含む Cisco Nexus 1000V ドメインの設定方法について説明します。

「サーバ接続の管理」

接続を確立してサーバに接続する方法、サーバから切断する方法、およびサーバ接続を表示する方法について説明します。

「設定の管理」

コンフィギュレーション ファイルの管理方法について説明します。

「ファイルの使用」

ファイルのコピーと移動を含むファイルを管理する方法を説明しています。

「ユーザの管理」

現在のユーザの表示およびユーザへのメッセージの送信を含むシステム上でユーザを管理する方法を説明しています。

「NTP の設定」

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)を設定して、一連の分散したタイム サーバおよびクライアント間での計時を同期化するための手順を説明しています。この同期によって、複数のネットワーク デバイスからシステム ログおよびその他の時刻特定イベントを受信したときに、イベントを相互に関連付けることができます。

「ローカル SPAN および ERSPAN の設定」

イーサネット スイッチド ポート アナライザ(SPAN)を設定する方法を説明しています。

「SNMP の設定」

ユーザ、メッセージ暗号化、通知、TCP での認証などを含む SNMP を設定する方法を説明しています。

「NetFlow の設定」

NetFlow を設定する方法を説明しています。

「システム メッセージ ロギングの設定」

システム メッセージ ロギングの設定方法について説明します。

「iSCSI マルチパスの設定」

サーバとそのストレージ デバイスとの間に複数のルートをセットアップするための iSCSI マルチパスを設定する方法を説明しています。

「VSM バックアップとリカバリの設定」

ビジュアル スーパーバイザ モジュール(VSM)のバックアップとリカバリの手順を設定する方法について説明します。

「仮想化ワークロード モビリティ(DC から DC vMotion へ)」

2 つのデータセンターに Cisco Nexus 1000 が存在する環境について説明します。

「設定の制限値」

システム管理の設定の制限値を示します。

表記法

コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

太字

コマンドおよびキーワードは太字で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体で示しています。

{ }

波カッコの中の要素は、必須の選択要素です。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

x | y | z

いずれか 1 つを選択する要素は、縦線で区切って示されます。

string

引用符を付けない一組の文字。string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

出力例では、次の表記法を使用しています。

screen フォント

デバイスが表示するターミナル セッションおよび情報は、screen フォントで示しています。

太字の screen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、太字の screen フォントで示しています。

イタリック体の screen フォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体の screen フォントで示しています。

< >

パスワードのように出力されない文字は、山カッコ(< >)で囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

!、#

コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

このマニュアルでは、注釈および注意に次の表記法を使用しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

参考資料

Cisco Nexus 1000V の設定を開始する前に、次の資料を読んでおくことをお勧めします。

Cisco Nexus 1000V Installation and Upgrade Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)

Cisco Nexus 1000V Port Profile Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)

『Cisco VN-Link: Virtualization-Aware Networking』ホワイト ペーパー

関連資料

この項では、Cisco Nexus 1000 で使用されるマニュアルの一覧を示します。これらのマニュアルは、 Cisco.com の次に示す URL で入手できます。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps9902/tsd_products_support_series_home.html

コンフィギュレーション ガイド

『Cisco Nexus 1000V High Availability and Redundancy Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1000V Interface Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1000V Layer 2 Switching Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1000V License Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1000V Network Segmentation Manager Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1000V Port Profile Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1000V Quality of Service Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1000V Security Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1000V System Management Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1000V VXLAN Configuration Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1)』

『Cisco Nexus 1010 Software Configuration Guide, Release 4.2(1)SP1(3)』

Virtual Network Management Center

『Cisco Virtual Network Management Center』

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は Really Simple Syndication(RSS)フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。