Cisco Nexus 1000V システム管理コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SV1(5.1)
システム管理の概要
システム管理の概要
発行日;2012/05/24 | 英語版ドキュメント(2012/04/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

目次

システム管理の概要

CDP

ドメイン

サーバ接続

コンフィギュレーション管理

ファイル管理

ユーザ管理

NTP

ローカル SPAN および ERSPAN

SNMP

NetFlow

システム メッセージ

iSCSI マルチパス

トラブルシューティング

CDP

Cisco Discovery Protocol(CDP)は、データ リンク層の上で動作し、接続されているすべてのシスコ デバイスに情報をアドバタイズし、接続されているシスコ デバイスに関する情報を検出および表示するために使用されます。CDP は、シスコ製のすべての機器で動作します。

CDP の詳細については、「CDP の設定」を参照してください。

ドメイン

Cisco Nexus 1000V 用のドメイン名を作成し、通信および管理用の制御 VLAN とパケット VLAN を追加する必要があります。この処理は、Cisco Nexus 1000V のソフトウェアをインストールする際の初期セットアップの一部です。ドメインを後で作成する必要がある場合は、 setup コマンドを使用するか、「ドメインの設定」に記載されている手順を実行します。

レイヤ 3 コントロールを VSM ドメイン内に確立すると、VSM はレイヤ 3 でのアクセスが可能になり、別のレイヤ 2 ネットワークに存在するホストを制御できるようになります。詳細については、「レイヤ 3 コントロールについて」を参照してください。

サーバ接続

vCenter Server または ESX サーバに接続するには、初めに Cisco Nexus 1000V 内で接続を定義する必要があります。「サーバ接続の管理」 では、vCenter Server に接続する方法と接続を切断する方法、および接続を表示する方法を説明します。

コンフィギュレーション管理

Cisco Nexus 1000V では、スイッチ名の変更と Messages of the Day の設定や、コンフィギュレーション ファイルの表示、保存、および消去を管理者が実行できるようになっています。コンフィギュレーション管理の詳細については、「設定の管理」を参照してください。

ファイル管理

単一のインターフェイスを使用して、次のものを含むファイル システムを管理できます。

フラッシュ メモリ ファイル システム

ネットワーク ファイル システム(TFTP および FTP)

データを読み書きするためのその他のエンドポイント(実行コンフィギュレーションなど)

ファイルの使用方法の詳細については、「ファイルの使用」を参照してください。

ユーザ管理

デバイスに現在接続されているユーザを識別し、単一のユーザまたはすべてのユーザにメッセージを送信することができます。詳細については、「ユーザの管理」を参照してください。

NTP

NTP は、分散している一連のタイム サーバおよびクライアント間で、計時を同期させます。この同期によって、複数のネットワーク デバイスからシステム ログおよびその他の時刻特定イベントを受信したときに、イベントを相互に関連付けることができます。

NTP の詳細については、「NTP の設定」を参照してください。

ローカル SPAN および ERSPAN

イーサネット スイッチド ポート アナライザ(SPAN)を使用すると、デバイスの入出力トラフィックをモニタしたり、送信元ポートから宛先ポートへのパケットを複製できます。

SPAN の設定については、「ローカル SPAN および ERSPAN の設定」を参照してください。

Cisco ネットワーク解析モジュール(NAM)を使用して ERSPAN データソースをモニタし、アプリケーション パフォーマンス、トラフィック、およびパケット ヘッダーを分析することもできます。

NAM を使用して Cisco Nexus 1000V ERSPAN データソースをモニタする手順については、『 Cisco Nexus 1010 Network Analysis Module Installation and Configuration Note, 5.1 』を参照してください。

SNMP

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)は、SNMP マネージャとエージェントの間の通信のメッセージ フォーマットを提供するアプリケーション層プロトコルです。SNMP は、ネットワーク内のデバイスのモニタリングおよび管理に使用する標準フレームワークと共通言語を提供します。

SNMP の詳細については、「SNMP の設定」を参照してください。

NetFlow

NetFlow を使用すると、送信元、宛先、タイミング、アプリケーション情報に基づいて IP トラフィックの特徴を明確にすることで、仮想スイッチを通過するトラフィックを視覚化することができます。この情報は、ネットワークの可用性とパフォーマンスの評価、法的な要求事項の満足(コンプライアンス)、トラブルシューティングに役立てることができます。

詳細については、「NetFlow の設定」を参照してください。

Cisco ネットワーク解析モジュール(NAM)を使用して、NetFlow データソースをモニタすることもできます。詳細については、『 Cisco Nexus 1010 Network Analysis Module Installation and Configuration Note, 5.1 』を参照してください。

システム メッセージ

システム メッセージ ロギングを使用して宛先を制御し、システム プロセスが生成するメッセージの重大度をフィルタリングできます。ターミナル セッション、ログ ファイル、およびリモート システム上の Syslog サーバへのロギングを設定できます。

システム メッセージ ロギングは RFC 3164 に準拠しています。システム メッセージのフォーマットおよびデバイスが生成するメッセージの詳細については、『 Cisco NX-OS System Messages Reference 』を参照してください。

システム メッセージの設定の詳細については、「システム メッセージ ロギングの設定」を参照してください。

iSCSI マルチパス

iSCSI マルチパスとは、サーバとそのストレージ デバイスとの間に複数のルートをセットアップする機能です。常時接続の維持と、トラフィック負荷の分散が可能になります。

詳細については、「iSCSI マルチパスの設定」を参照してください。

トラブルシューティング

ping と traceroute は、利用可能なトラブルシューティング ツールです。

詳細については、『 Cisco Nexus 1000V Troubleshooting Guide, Release 4.2(1)SV1(5.1) 』を参照してください。