Cisco Nexus 1000V システム管理コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1)SV1(5.1)
索引
Index
発行日;2012/05/24 | 英語版ドキュメント(2012/04/18 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 3MB) | フィードバック

Index

C

capability コマンド 3-11, 13-8

D

description コマンド 13-7

E

ERSPAN

NAM のモニタリング 9-4

概要 9-4

実装 9-4

セッションの設定 9-13

H

HA ロール

CLI セットアップ 14-17

HTTP

CLI セットアップ 14-18

I

ip flow monitor コマンド 11-21

IP 接続 3-10

M

mgmt0

CLI セットアップ 14-18

mgmt0 インターフェイス

デフォルト設定 2-2, 8-3, 9-6, 11-10, 12-5

MIB

SNMP 10-15

説明 10-2

ダウンロード元 10-15

N

NAM

ERSPAN データソース 9-4

NetFlow データソース 11-9

NetFlow 11-20

NAM のモニタリング 11-9

エクスポータ 11-6

モニタ 11-6

no shutdown コマンド 3-12, 13-8

NTP

CLI セットアップ 14-18

設定 2-3 ~ 2-10

P

pg-name オプション 3-11, 9-11, 13-7

port-profile コマンド 3-11

S

show コマンド

show interface brief 4-14

show interface virtual 4-14

show module 4-14

show running-config 4-11

show server-info 4-14

show svs connections 4-10

show svs-domain 4-11

SNMP

CLI とユーザの同期 10-4

engineID の形式 10-7

MIB 10-2

RFC 10-2

暗号化の強制 10-7

エージェント 10-2

グループベースのアクセス 10-5

コミュニティの作成 10-8

コンタクトの指定 10-11

コンフィギュレーション例 10-13

サポート対象の MIB 10-15

制限事項 10-5

設定の確認 10-13

説明 10-1 ~ ??

注意事項 10-5

通知

LinkUp/LinkDown 通知の設定 10-11

応答要求 10-2

個々の通知のイネーブル化 10-9

説明 10-2

通知ターゲット ユーザの設定 10-9

通知レシーバの設定 10-8

トラップ 10-2

デフォルト設定 3-3, 10-5, 13-5

認証 10-4

バージョン

SNMPv3 10-2

USM 10-4

セキュリティのモデルおよびレベル 10-3

ハイ アベイラビリティ 10-5

プロトコルのディセーブル化 10-12

マネージャ 10-1

ユーザの設定 10-6

ロケーションの指定 10-11

ワンタイム認証のイネーブル化 10-11

SPAN

出力送信元 9-2

SPAN セッション

再開 9-17, 9-19

シャットダウン 9-16

説明 9-5

SPAN 送信元

出力 9-2

SSH

CLI セットアップ 14-18

state enabled コマンド 3-12, 13-8

SVI

VLAN インターフェイス 3-13, 3-14

switchport access vlan コマンド 3-11, 13-8

switchport mode コマンド 3-11, 13-8

system vlan コマンド 3-12, 13-8

T

Telnet

CLI セットアップ 14-18

V

vCenter Server

Nexus 1000V を削除 4-5

接続 4-2

接続の切断 4-4

VEM

機能レベル

CLI セットアップ 14-18

VLAN

SVI 3-13, 3-14

VLAN インターフェイス

VLAN 間の通信 3-13, 3-14

vmware port-group コマンド 3-11

volatile:

スイッチのリブート 6-3

VSM

クレデンシャル

CLI セットアップ 14-17

一致基準の制限 16-1

イネーブル

プロファイル内のポート 3-12, 13-8

ポート プロファイル 3-12, 13-8

インターフェイス

デフォルト設定 2-2, 8-3, 9-6, 11-10, 12-5

簡易ネットワーク管理プロトコル。「SNMP」を参照

管理インターフェイス

デフォルト設定 2-2, 8-3, 9-6, 11-10, 12-5

関連資料 xvii, xix

機能、レイヤ 3 コントロール 3-11, 13-8

クラスマップの制限値 16-1

現在のディレクトリ

表示 6-2

変更 6-3

コピー、ファイル 6-5

コマンド

出力をファイルに保存 6-12

コンフィギュレーション

以前へのロールバック 6-13

表示 5-3

コンフィギュレーション ファイル

コピー 6-5

削除 6-9

ダウンロード 6-5

バックアップ 6-5

サービス ポリシーの制限値 16-1

削除、Nexus1000V を vCenter Server から 4-5

作成、VLAN

デフォルト ステート 3-13, 3-15

スイッチ名

CLI セットアップ 14-18

ストレージ切断の検出 13-19

制御 VLAN

CLI セットアップ 14-19

制限値、設定 16-1

接続、vCenter Server へ 4-2

接続、表示 4-10

切断、vCenter Server との接続 4-4

設定

クリア 5-10

保存 5-10

設定されたドメイン

表示 4-11

設定の制限値 16-1

設定、表示 4-11

ディレクトリ

現在の表示 6-2

削除 6-7, 6-9

作成 6-7

ファイルの一覧表示 6-3

ファイルの移動 6-8

デフォルト ゲートウェイ

CLI セットアップ 14-18

デフォルト設定

SNMP 3-3, 10-5, 13-5

ドメイン

CLI セットアップ 14-19

ドメイン ID、VSM

CLI セットアップ 14-17

トラップ。「SNMP」を参照

ネットワーク解析モジュール

ERSPAN データソース 9-4

NetFlow データソース 11-9

ハイ アベイラビリティ

SNMP 10-5

パケット VLAN

CLI セットアップ 14-19

バックアップ、ファイル 6-5

バナー メッセージ

設定 5-2

表示、スイッチ設定 4-11

ファイバ チャネル インターフェイス

デフォルト設定 2-2, 8-3, 9-6, 11-10, 12-5

ファイル

圧縮 6-9

圧縮解除 6-9

移動 6-8

コピーまたはバックアップ 6-5

削除 6-9

チェックサムの表示 6-15

内容の表示 6-13

末尾の表示 6-15

ファイル システム

現在のディレクトリの表示 6-2

指定 6-2

ディレクトリの削除 6-7

ディレクトリの作成 6-7

ディレクトリの変更 6-3

ファイルの一覧表示 6-3

フロー エクスポータ 11-6

フロー モニタ 11-6

変更、VLAN

許容されるパラメータ 3-13, 3-15

ポート プロファイル

IP 接続 3-10

NetFlow 11-20

レイヤ 3 コントロール 3-10

ポリシー マップの制限値 16-1

マニュアル

追加資料 xvii

モジュール、表示 4-14

ユーザ

表示 7-1

メッセージの送信 7-2

レイヤ 3 接続 3-10

ローカル SPAN

概要 9-3

実装 9-3

セッションの設定 9-7