Cisco Nexus 1000V インターフェイス コンフィギュレーション ガイド リリース 4.2(1) SV1(5.1)
インターフェイス パラメータの設定
インターフェイス パラメータの設定
発行日;2012/05/24 | 英語版ドキュメント(2012/01/31 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

インターフェイス パラメータの設定

基本インターフェイス パラメータについて

説明パラメータ

速度モードとデュプレックス モード

ポート MTU サイズ

管理ステータス

Cisco Discovery Protocol

ポート チャネル パラメータ

注意事項および制約事項

基本インターフェイス パラメータの設定

設定するインターフェイスの指定

説明の設定

インターフェイス速度およびデュプレックス モードの設定

イーサネット インターフェイスの MTU サイズの設定

インターフェイスのシャットダウンおよび再開

CDP のイネーブル化/ディセーブル化

インターフェイス カウンタのクリア

基本インターフェイス パラメータの確認

基本インターフェイス パラメータの機能履歴

インターフェイス パラメータの設定

この章では、基本的なインターフェイス パラメータや複数のインターフェイスにより共有されるパラメータを設定する手順について説明します。

この章は、次の内容で構成されています。

「基本インターフェイス パラメータについて」

「注意事項および制約事項」

「基本インターフェイス パラメータの設定」

「基本インターフェイス パラメータの確認」

「基本インターフェイス パラメータの機能履歴」


) レイヤ 2 アクセスまたはトランキング インターフェイスを設定する場合は、「インターフェイス パラメータの設定」 を参照してください。


基本インターフェイス パラメータについて

ここでは、次の内容について説明します。

「説明パラメータ」

「速度モードとデュプレックス モード」

「ポート MTU サイズ」

「管理ステータス」

「Cisco Discovery Protocol」

「ポート チャネル パラメータ」

説明パラメータ

Virtual Ethernet(vEthernet; 仮想イーサネット)インターフェイス、イーサネット インターフェイス、および管理インターフェイスに説明パラメータを設定して、インターフェイスにわかりやすい名前を付けることができます。それぞれのインターフェイスに独自の名前を使用すれば、複数のインターフェイスから探す場合でも必要なインターフェイスをすぐに見つけることができます。

デフォルトでは、vEthernet インターフェイスの説明は、接続されているデバイスに関する情報を含めるために自動フォーマットされます。たとえば、VNIC の説明には、VM 名とネットワーク アダプタ番号が含まれます。このデフォルトの説明を保持することも、選択した説明で上書きすることもどちらも可能です。

ポート チャネル インターフェイスに説明パラメータを設定する方法については、「ポート チャネル インターフェイスへの説明の追加」を参照してください。

別のインターフェイスにこのパラメータを設定する方法については、「説明の設定」を参照してください。

速度モードとデュプレックス モード

速度モードとデュプレックス モードは、それぞれのイーサネット インターフェイスおよび管理インターフェイスと相関関係にあります。デフォルトでは、これらのインターフェイスの速度およびデュプレックス モードは他のインターフェイスとそれぞれ自動ネゴシエートしますが、設定を変更することもできます。設定を変更する場合は、両方のインターフェイスで同じ速度とデュプレックス モード設定を使用するか、または少なくとも 1 つのインターフェイスに自動ネゴシエーションを使用します。

ポート チャネル インターフェイスに速度モードおよびデュプレックス モードを設定する方法については、「ポート チャネル インターフェイスへの速度とデュプレックスの設定」を参照してください。

他のインターフェイスに速度モードおよびデュプレックス モードを設定する方法については、「インターフェイス速度およびデュプレックス モードの設定」を参照してください。

ポート MTU サイズ

Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)サイズは、イーサネット ポートで処理できる最大フレーム サイズを指定します。2 つのポート間で転送するには、どちらのポートにも同じ MTU サイズを設定する必要があります。ポートの MTU サイズを超えたフレームはドロップされます。

デフォルトでは、各ポートの MTU サイズは 1500 バイトであり、イーサネット フレームの IEEE 802.3 標準です。これよりも大きい MTU サイズでは、より少ないオーバーヘッドでデータをより効率的に処理できます。このようなフレームはジャンボ フレームと呼ばれ、最大 9000 バイトまでのサイズを指定できます。これも、Cisco Nexus 1000V での固定されたシステム ジャンボ MTU サイズです。

レイヤ 2 ポートには、MTU サイズとして、システム デフォルトの 1500 バイトまたはシステム デフォルトのジャンボ MTU サイズ 9000 バイトのいずれかを設定できます。

MTU サイズの設定手順については、「イーサネット インターフェイスの MTU サイズの設定」を参照してください。

管理ステータス

管理ステータス パラメータはインターフェイスのアップまたはダウンを指定します。管理的にダウンしたインターフェイスはディセーブルであり、データを転送できません。管理的にアップしたインターフェイスはイネーブルであり、データを転送できます。

詳細については、次の項を参照してください。

「ポート チャネル インターフェイスのシャットダウンと再起動」

「インターフェイスのシャットダウンおよび再開」

Cisco Discovery Protocol

Cisco Discovery Protocol(CDP)は、2 台のデバイスで CDP を実行して相互に学習しあうことができるレイヤ 2 プロトコルです。CDP を使用すれば、お互いのインターフェイスを通じてリンクされているネイバー デバイスの情報を表示してネットワークをトラブルシューティングできます。デフォルトでは、CDP がイネーブルに設定されています。

CDP を設定するには、「CDP のイネーブル化/ディセーブル化」を参照してください。

ポート チャネル パラメータ

ポート チャネルは物理インターフェイスの集合体で、論理インターフェイスを構成します。1 つのポート チャネルに最大 8 つの個別インターフェイスをバンドルして、帯域幅と冗長性を向上させることができます。これらの集約された各物理インターフェイス間でトラフィックのロード バランシングも行います。ポート チャネルの物理インターフェイスが少なくとも 1 つ動作していれば、そのポート チャネルは動作しています。

変更した設定をポート チャネルに適用すると、そのポート チャネルのインターフェイス メンバにもそれぞれ変更が適用されます。

ポート チャネルを設定する場合は、「ポート チャネルの設定」を参照してください。

注意事項および制約事項

インターフェイス パラメータには、次の注意事項と制限があります。

通常、イーサネット ポートの速度およびデュプレックス モード パラメータを自動に設定し、ポート間で速度およびデュプレックス モードをネゴシエートできるようにします。これらのポートのポート速度およびデュプレックス モードを手動で設定する場合は、次の点について考慮してください。

イーサネット ポート速度を自動に設定すると、デバイスは自動的にデュプレックス モードを自動に設定します。

no speed コマンドを開始すると、デバイスは速度およびデュプレックス パラメータの両方を自動的に自動に設定します( no speed コマンドを入力すると、 speed auto コマンドを入力した場合と同じ結果になります)。

イーサネット ポート速度を自動以外の値(10 Mbps、100 Mbps、1000Mbps など)に設定する場合は、それに合わせて接続先ポートを設定してください。接続先ポートが速度をネゴシエーションするように設定しないでください。


) 接続先ポートが自動以外の値に設定されている場合、デバイスはイーサネット ポート速度およびデュプレックス モードを自動的にネゴシエートできません。



) イーサネット ポート速度およびデュプレックス モードの設定を変更すると、インターフェイスがシャットダウンされてから再びイネーブルになる場合があります。


インターフェイスを CLI で指定するには、次の注意事項に従ってください。

イーサネット ポートの場合: ethernet slot/port を使用します。 slot はモジュールのスロット番号、 port はポート番号です。

管理インターフェイスの場合: mgmt 0 または mgmt0 を使用します。

vEthernet ポートの場合: vethernet number を使用します。 number は 1 ~ 1048575 の番号です。

インターフェイス タイプと、スロット/ポートまたはインターフェイス番号の間に空白は必要ありません。たとえば、イーサネット スロット 4、ポート 5 インターフェイスの場合、次のいずれかを指定できます。
ethernet 4/5
ethernet4/5

ジャンボ フレームは、vmxnet3 ドライバでのみサポートされます。MTU を変更しようとすると成功したように見えますが、アダプタは常に、1500 バイトより大きいフレームをドロップします。詳細については、VMware KB の記事 1015556 を参照してください。

基本インターフェイス パラメータの設定

ここでは、次の内容について説明します。

「設定するインターフェイスの指定」

「説明の設定」

「インターフェイス速度およびデュプレックス モードの設定」

「イーサネット インターフェイスの MTU サイズの設定」

「インターフェイスのシャットダウンおよび再開」

「CDP のイネーブル化/ディセーブル化」

設定するインターフェイスの指定

この手順を使用すると、設定するインターフェイスを指定できます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

手順の概要

1. config t

2. interface interface

3. show interface interface

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface

 

 

 

Example:

n1000v(config)# interface ethernet 2/1

n1000v(config-if)#

特定のインターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

show interface interface

 

Example:

n1000v(config-if)# show interface ethernet 2/1

現在のインターフェイス設定を表示します。

interface 引数を次のように定義します。

イーサネット ポートの場合、 ethernet slot/port を使用します。 slot はモジュールのスロット番号、 port はポート番号です。

管理インターフェイスの場合、 mgmt 0 または mgmt0 を使用します。

vEthernet ポートの場合、 vethernet number を使用します。 number は 1 ~ 1048575 の番号です。

説明の設定

この手順を使用すると、イーサネット インターフェイス、vEthernet インターフェイス、または管理インターフェイスに説明を追加できます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

説明は、大文字と小文字を区別する英数字で、最大 80 文字の長さにできます。

手順の概要

1. config t

2. interface interface

3. description string

4. show interface interface

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface

 

 

 

Example:

n1000v(config)# interface ethernet 2/1

n1000v(config-if)#

特定のインターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

description string

 

Example:

n1000v(config-if)# description Ethernet port 3 on module 1.

n1000v(config-if)#

英数字で 80 文字までの説明をこのインターフェイスに追加し、実行コンフィギュレーション内に保存します。

ステップ 4

show interface interface

 

Example:

n1000v(config)# show interface ethernet 2/1

インターフェイス ステータスを表示します。説明もあわせて表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

次に、モジュール 3 のイーサネット ポート 24 にインターフェイスの説明を設定する例を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# interface ethernet 3/24
n1000v(config-if)# description server1
n1000v(config-if)#

インターフェイス速度およびデュプレックス モードの設定

この手順を使用すると、インターフェイス速度およびデュプレックス モードを設定できます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

インターフェイス速度とデュプレックス モードは相関関係にあります。このため、両方を同時に設定する必要があります。イーサネット インターフェイスおよび管理インターフェイスに同時に設定できる速度およびデュプレックス モードについては、「速度モードとデュプレックス モード」を参照してください。


) 指定するインターフェイス速度はインターフェイスで使用するデュプレックス モードに影響を与えます。このため、デュプレックス モードを設定する前に速度を設定する必要があります。自動ネゴシエーションの速度を設定する場合、デュプレックス モードは自動的に自動ネゴシエーションに設定されます。速度を 10 Mbps または 100 Mbps に指定すると、ポートは半二重モードを使用するように自動的に設定されますが、全二重モードを指定することもできます。1000 Mbps(1 Gbps)以上の速度に設定すると、自動的に全二重モードが使用されます。


リモート ポートの速度設定はローカル ポートへの変更をサポートします。ローカル ポートを固有の速度で使用するには、リモート ポートにも同じ速度を設定するか、ローカル ポートがその速度を自動ネゴシエートするように設定する必要があります。

手順の概要

1. config t

2. interface interface

3. speed {{ 10 | 100 | 1000 | { auto [ 10 100 [ 1000 ]]}} | { 10000 | auto }}

4. duplex { full | half | auto }

5. show interface interface

6. copy running-config startup-config

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface

 

 

 

Example:

n1000v(config)# interface ethernet 2/1

n1000v(config-if)#

特定のインターフェイスのインターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

speed { { 10 | 100 | 1000 | { auto [ 10 100 [ 1000 ]]}} | { 10000 | auto }}

 

Example:

n1000v(config-if)# speed 1000

n1000v(config-if)#

ポート速度を指定します。

48 ポート 10/100/1000 モジュールのイーサネット ポートでは 10 Mbps、100 Mbps、1000 Mbps の速度を設定します。またはポートの速度を同じリンクの他の 10/100/1000 ポートと自動ネゴシエートするように設定します。

32 ポート 10 ギガビット イーサネット モジュールのイーサネット ポートでは、速度を 10,000 Mbps(10 Gbps)に設定します。または、ポートがリンクの他の 10 ギガビット イーサネット ポートの速度と自動ネゴシエートするように設定します。

管理インターフェイスでは、速度を 1000 Mbps に設定します。あるいはポートがその速度と自動ネゴシエートするように設定します。

ステップ 4

duplex { full | half | auto }

 

Example:

n1000v(config-if)# duplex full

全二重モード、半二重モード、自動ネゴシエート モードを指定します。

ステップ 5

show interface interface

 

Example:

n1000v(config)# show interface mgmt0

コンフィギュレーションを表示します。

ステップ 6

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

次に、スロット 3 の 48 ポート 10/100/1000 モジュールのイーサネット ポート 1 の速度を 1000 Mbps に設定し、全二重モードに設定する例を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# interface ethernet 3/1
n1000v(config-if)# speed 1000
n1000v(config-if)# duplex full
n1000v(config-if)#

イーサネット インターフェイスの MTU サイズの設定

この手順を使用すると、レイヤ 2 イーサネット インターフェイスの最大伝送ユニット(MTU)のサイズを設定できます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

イーサネット インターフェイスでは 1500 ~ 9000 バイトの MTU サイズを指定できます。

設定する MTU 値が VEM 物理 NIC でサポートされていることを確認してください。物理 NIC でサポートされる MTU の詳細については、VMware のマニュアルを参照してください。

ジャンボ フレームは、vmxnet3 ドライバでのみサポートされます。MTU を変更しようとすると成功したように見えますが、アダプタは常に、1500 バイトより大きいフレームをドロップします。詳細については、VMware KB の記事 1015556 を参照してください。

手順の概要

1. config t

2. interface ethernet slot / port

3. mtu size

4. show interface ethernet slot / port

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface ethernet slot/port

 

Example:

n1000v(config)# interface ethernet 3/1

n1000v(config-if)#

設定するイーサネット インターフェイスを指定します。インターフェイス コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

mtu size

 

Example:

n1000v(config-if)# mtu 9000

1500(デフォルト)~ 9000 バイトの MTU サイズを指定します。

ステップ 4

show interface ethernet slot/port

 

Example:

n1000v(config-if)# show interface type slot / port

インターフェイス ステータスを表示します。MTU サイズもあわせて表示します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

次に、イーサネット インターフェイス 3/1 にデフォルト MTU サイズ(1500 バイト)を設定する例を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# interface ethernet 3/1
n1000v(config-if)# mtu 1500
n1000v(config-if)#

インターフェイスのシャットダウンおよび再開

この手順を使用すると、イーサネット インターフェイスまたは管理インターフェイスをシャットダウンして再起動できます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

インターフェイスをシャットダウンすると、そのインターフェイスはディセーブルになり、モニタリング コマンドの出力ではダウンしているとして示されます。

シャットダウンしたインターフェイスを再開するには、デバイスを再起動する必要があります。

手順の概要

1. config t

2. interface interface

3. shutdown

4. show interface interface

5. no shutdown

6. show interface interface

7. copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface

 

 

 

Example 1:

n1000v(config)# interface ethernet 2/1

n1000v(config-if)#

設定するインターフェイスを指定します。

interface 引数を次のように定義します。

イーサネット ポートの場合、 ethernet slot/port を使用します。 slot はモジュールのスロット番号、 port はポート番号です。

管理インターフェイスの場合、 mgmt 0 または mgmt0 を使用します。

ステップ 3

shutdown

 

Example:

n1000v(config-if)# shutdown

実行コンフィギュレーション内のインターフェイスをディセーブルにします。

ステップ 4

show interface interface

 

Example:

n1000v(config-if)# show interface ethernet 2/1

インターフェイス ステータスを表示します。管理ステータスもあわせて表示します。

ステップ 5

no shutdown

 

Example:

n1000v(config-if)# no shutdown

実行コンフィギュレーション内のインターフェイスを再びイネーブルにします。

ステップ 6

show interface interface

 

Example:

n1000v(config-if)# show interface ethernet 2/1

インターフェイス ステータスを表示します。管理ステータスもあわせて表示します。

interface 引数を次のように定義します。

イーサネット ポートの場合、 ethernet slot/port を使用します。 slot はモジュールのスロット番号、 port はポート番号です。

管理インターフェイスの場合、 mgmt 0 または mgmt0 を使用します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

次に、イーサネット ポート 3/1 の管理ステータスをディセーブルからイネーブルに変更する例を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# interface ethernet 3/1
n1000v(config-if)# shutdown
n1000v(config-if)# no shutdown
n1000v(config-if)#

CDP のイネーブル化/ディセーブル化

この手順を使用すると、イーサネットおよび管理インターフェイスの Cisco Discovery Protocol(CDP)をイネーブルまたはディセーブルにできます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

EXEC モードで CLI にログインしていること。

CDP がリンクの両端でイネーブルになっていることを確認します。

手順の概要

1. config t

2. interface interface

3. cdp enable
no cdp enable

4. show cdp interface interface

5. copy running-config startup-config

手順の詳細

コマンド
目的

ステップ 1

config t

 

Example:

n1000v# config t

n1000v(config)#

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

interface interface

 

 

 

Example 1:

n1000v(config)# interface ethernet 3/1

n1000v(config-if)#

設定するインターフェイスを指定します。

interface 引数を次のように定義します。

イーサネット ポートの場合、 ethernet slot/port を使用します。 slot はモジュールのスロット番号、 port はポート番号です。

管理インターフェイスの場合、 mgmt 0 または mgmt0 を使用します。

ステップ 3

cdp enable

 

Example:

n1000v(config-if)# cdp enable

実行コンフィギュレーション内のインターフェイスの CDP をイネーブルにします。

動作するには、このパラメータが同じリンクの両方のインターフェイスでイネーブルになっている必要があります。

no cdp enable

 

Example:

n1000v(config-if)# no cdp enable

実行コンフィギュレーション内のインターフェイスの CDP をディセーブルにします。

2 つのインターフェイスのうち一方の CDP をディセーブルにすると、すぐにリンクの CDP がディセーブルになります。

ステップ 4

show cdp interface interface

 

Example:

n1000v(config-if)# show cdp interface interface

実行コンフィギュレーション内のインターフェイスの CDP ステータスを表示します。

interface 引数を次のように定義します。

イーサネット ポートの場合、 ethernet slot/port を使用します。 slot はモジュールのスロット番号、 port はポート番号です。

管理インターフェイスの場合、 mgmt 0 または mgmt0 を使用します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

 

Example:

n1000v(config)# copy running-config startup-config

(任意)リブート後に永続的な実行コンフィギュレーションを保存し、スタートアップ コンフィギュレーションにコピーして再起動します。

次に、イーサネット ポート 3/1 の CDP をイネーブルにする例を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# interface ethernet 3/1
n1000v(config-if)# cdp enable
n1000v(config-if)#
 

次に、イーサネット ポート 3/1 の CDP をディセーブルにする例を示します。

n1000v# config t
n1000v(config)# interface ethernet 3/1
n1000v(config-if)# no cdp enable
n1000v(config-if)#

インターフェイス カウンタのクリア

この手順を使用すると、イーサネット、vEthernet、および管理インターフェイスのカウンタをクリアできます。

はじめる前に

この手順を開始する前に、次のことを確認または実行する必要があります。

EXEC モード、コンフィギュレーション モード、またはインターフェイス コンフィギュレーション モードで CLI にログインしていること。

手順の概要

1. clear counters interface-type interface-id

2. show interface interface

手順の詳細

 

コマンド
目的

ステップ 1

clear counters interface

 

Example:

n1000v# clear counters ethernet 2/1

n1000v#

指定したインターフェイスのカウンタをクリアします。

ethernet slot/port

vethernet number

mgmt 0 または mgmt0

ステップ 2

show interface interface

 

Example:

n1000v# show interface ethernet 2/1

 

 

インターフェイス ステータスを表示します。指定したインターフェイスのカウンタもあわせて表示します。

ethernet slot/port

vethernet number

mgmt 0 または mgmt0

次に、イーサネット ポート 5/5 のカウンタをクリアしてリセットする例を示します。

n1000v# clear counters ethernet 5/5
n1000v#

基本インターフェイス パラメータの確認

次に示すコマンドを使用して、基本インターフェイス パラメータを表示し、確認します。

 

コマンド
目的

show cdp

CDP ステータスを表示します。

show interface interface

1 つまたはすべてのインターフェイスに設定されている状態を表示します。

show interface brief

インターフェイスの状態表を表示します。

show interface switchport

レイヤ 2 ポートのステータスを表示します。

基本インターフェイス パラメータの機能履歴

ここでは、基本インターフェイス パラメータの機能履歴を示します。

 

機能名
リリース
機能情報

システム ジャンボ MTU

4.2(1)SV1(4)

システム ジャンボ MTU は 9000 に固定されており、変更できません。

インターフェイス MTU

4.2(1)SV1(4)

インターフェイス MTU は、1500 ~ 9000 の値として設定できます。

基本インターフェイス パラメータ

4.0(4)SV1(1)

この機能が導入されました。