Cisco Nexus 1000V System Management コン フィギュレーション ガイド リリース 4.0(4)SV1(3)
設定の制限値
設定の制限値
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/04/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

目次

設定の制限値

設定の制限値

Cisco Nexus 1000V での設定の制限値は次のとおりです。

 

コンポーネント
サポートされる上限
最大モジュール数

66

仮想イーサネット(VEM)

64

仮想スーパーバイザ(VSM)

2

ホスト

64

アクティブな VLAN の数(すべての VEM の合計)

512

1 つの VEM 内の VLAN 上の MAC の数

1024(1K)

ポート プロファイルあたりの vEthernet インターフェイス

1024(1K)

PVLAN

512

DVS あたり
ホストあたり

Virtual Service Domain(VSD)

64

6

VSD インターフェイス

2048

214

vEthernet インターフェイス

2K

216

ポート プロファイル

256

--

システム ポート プロファイル

--

16

ポート チャネル

256

8

物理トランク

512

--

物理 NIC

--

32

vEthernet トランク

256

8

ACL

128

161

ACL あたりの ACE

128

161

ACL インターフェイス

2048

256

NetFlow ポリシー

32

8

NetFlow インターフェイス

256

32

SPAN/ERSPAN セッション

64

4

QoS ポリシーマップ

128

16

QoS クラスマップ

1024

128

QoS インターフェイス

2048

256

ポート セキュリティ

1600

216

マルチキャスト グループ

512

64

1.VEM の空きメモリの大きさが十分ならば、この数を超えてもかまいません。