Cisco Nexus 1000V レイヤ 2 スイッチング コンフィ ギュレーション ガイド リリース 4.0(4)SV1(3)
追加または変更された情報
追加または変更された情報
発行日;2012/02/02 | 英語版ドキュメント(2011/02/15 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

追加または変更された情報

追加または変更された情報

ここでは、本マニュアルに追加および変更された内容をソフトウェア リリースごとに示します。

新しい機能またはコマンドの変更に関する詳細については、次を参照してください。

リリース ノート

コマンド リファレンス

 

機能
説明
変更が行われたリリース
マニュアル内の場所

ip igmp snooping report-suppression

レポートの抑制機能がサポートされなくなりました。

4.0(4)SV1(3)

「IGMP スヌーピングの設定」

レイヤ 2 設定の制限

アクティブな VLAN の数(すべての VEM の合計)、1 つの VEM 内の VLAN 上の MAC の数、プライベート VLAN の数(すべての VEM の合計)、および VSM あたりの物理トランクの数の設定の上限を追加しました。

4.0(4)SV1(2)

「レイヤ 2 スイッチング設定の制限」