Cisco Nexus 1000V Interface コンフィギュレー ション ガイド リリース 4.0
索引
Index
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2010/06/07 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 2MB) | フィードバック

Index

C

CDP

設定 2-24

定義 2-5

clear counters コマンド 2-26

I

IEEE 802.1Q

制約事項 3-3

注意事項 3-3

トランク ポート 3-2

L

LACP

MAC アドレス 5-8

Marker Protocol 5-8

VDC 5-8

イネーブル化 5-17

管理キー 5-8

システム ID 5-8, 5-20

システム プライオリティ 5-8, 5-20

設定 5-18

説明 5-5 ~ 5-9

チャネル グループ 5-6

チャネルごとのメンバ数 5-5

チャネル モード 5-6 ~ 5-7

ディセーブル化 5-6

トラブルシューティング 5-6

ポート チャネル 5-6

ポート プライオリティ 5-21

Link Aggregation Control Protocol。「LACP」を参照

M

MIB 3-16

MTU

設定 2-16, 2-17

定義 2-4

P

PAgP、サポート対象外 5-2

Port Aggregation Protocol。「PAgP」を参照

S

show interfaces コマンド 2-26

switchport コマンド 2-6

V

VDC

LACP 5-8

VEthernet

制約事項 4-1

注意事項 4-1

VEthernet インターフェイス

PVLAN コマンドの例 4-5

確認 4-7

アクセス ポート

VLAN 3-2

構成例 3-14, 4-8

設定 3-4

デフォルト設定 3-15, 4-9

ホスト ポート 3-2, 3-6

インターフェイス

CDP

設定 2-24

定義 2-5

LACP 5-5

MTU

設定 2-16, 2-17

定義 2-4

VEth の確認 4-7

アクセス ポート 3-4

確認 3-14

管理ステータス

設定 2-22

定義 2-5

基本設定 5-2

再起動 2-22

指定 2-7

シャットダウン 2-22

ジャンボ MTU、設定 2-18

スループット遅延

設定 2-21

定義 2-5

説明

設定 2-8

定義 2-2

速度

設定 2-11

定義 2-2

帯域幅

設定 2-20

専用 2-10

定義 2-5

タイプ、指定 2-7

デュプレックス モード

設定 2-11

定義 2-2

統計情報 3-14

トランク ポート 3-8

タグ付きネイティブ VLAN トラフィック 3-12

フロー制御

設定 2-14

定義 2-3

ホスト ポート 3-6

レイヤ 2 3-1

レイヤ 2 とレイヤ 3 を切り替え 2-6

インターフェイス カウンタのクリア 2-26

ガイドライン

ポート チャネル 5-9

確認

VEth インターフェイス 4-7

インターフェイス 3-14

ポート チャネル 5-27

レイヤ 2 インターフェイス 3-14

管理ステータス

設定 2-22

定義 2-5

関連資料 viii

最大伝送ユニット。「MTU」を参照

ジャンボ MTU、設定 2-18

スパニング ツリー VLAN

コマンド例 3-6, 3-7, 3-9, 3-10, 3-12, 3-13, 5-20, 5-21, 5-22

スパニング ツリー プロトコル。「STP」を参照

スループット遅延

設定 2-21

定義 2-5

制限

説明(表) 1-3

制約事項

ポート チャネル 5-9

設定制限

説明(表) 1-3

説明

設定 2-8

定義 2-2

速度

設定 2-11

定義 2-2

速度、ポート チャネル 5-22

帯域幅

設定 2-20

専用 2-10

定義 2-5

チャネル モード

active 5-18, 5-19

active モード 5-7

LACP 5-6

passive 5-18, 5-19

passive モード 5-7

設定 5-19

デフォルト設定 5-7

ポート チャネル 5-6

デフォルト設定

アクセス ポート 3-15, 4-9

トランク ポート 3-15, 4-9

ポート チャネル 5-7, 5-28

デュプレックス、ポート チャネル 5-22

デュプレックス モード

設定 2-11

定義 2-2

統計情報

インターフェイス 3-14

ポート チャネル 5-28

トランク ポート

802.1X 3-4

VLAN 3-2

許容 VLAN 3-11

構成例 3-14, 4-8

制約事項 3-3

設定 3-8

タギング VLAN 3-2

注意事項 3-3

デフォルト設定 3-15, 4-9

ネイティブ VLAN ID 3-9

ポート チャネル 3-3

トランシーバ

シスコがサポートするトランシーバの使用 2-6

フロー制御

定義 2-3

フロー制御、ポート チャネル 5-24

ポート

アクセス 3-1

トランク 3-1

複数の VLAN 3-1

ポート チャネル

LACP 5-6

確認 5-27

基本設定 5-2

互換性チェック 5-3

互換性の要件 5-12

作成 5-11

制約事項 5-9

設定 5-2

説明 5-16

速度 5-22

他の機能との相互運用性 5-9

チャネル モード 5-19

注意事項 5-9

デフォルト設定 5-28

デュプレックス 5-22

統計情報 5-28

トラブルシューティング 5-17

トランク ポート 3-3

フロー制御 5-24

目的 5-2

レイヤ 2 ポートの追加 5-12

ロード バランシング 5-4

ロード バランス 5-25

マニュアル

追加資料 viii

マルチキャスト トラフィック

ポート チャネルを使ったロード バランシング 5-5

アクセス ポート 3-14, 4-8

トランク ポート 3-14, 4-8

レイヤ 2、インターフェイス 3-1

レイヤ 2 ポート

注意事項 3-3

ロード バランシング

MPLS トラフィック 5-5

アルゴリズム 5-4

ポート チャネル 5-4 ~ 5-5

マルチキャスト トラフィック 5-5

ロード バランス

ポート チャネル 5-25