Cisco CGS 2520 コマンド リファレンス Cisco IOS Release 12.2(53)EX
索引
Index
発行日;2012/07/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 28MB) | フィードバック

Index

A

aaa accounting dot1x コマンド 2-1

aaa authentication dot1x コマンド 2-3

aaa authorization network コマンド 2-28, 2-35, 2-37, 2-39, 2-41, 2-43

AAA 方式 2-3

ACE 2-126, 2-366

ACL

deny コマンド 2-124

IP 2-185

QoS クラスの一致基準として 2-326

許可 2-364

非 IP プロトコル対応 2-304

表示 2-461

レイヤ 2 インターフェイス上 2-185

action コマンド 2-5

alarm-contact コマンド 2-7

alarm facility fcs-hysteresis コマンド 2-9

alarm facility power-supply コマンド 2-10

alarm facility temperature コマンド 2-11

alarm profile

作成 2-13

表示 2-465

ポートへの接続 2-15

alarm profile(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド 2-15

alarm profile(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-13

alarm profile コンフィギュレーション モード 2-13

alarm relay-mode コマンド 2-17

alarm コマンド 2-13

archive download-sw コマンド 2-18

archive tar コマンド 2-21

archive upload-sw コマンド 2-24

arp access-list コマンド 2-26

authentication control-direction コマンド 2-28

authentication critical recovery delay コマンド 2-30

authentication event コマンド 2-31

authentication fallback コマンド 2-35

authentication host-mode コマンド 2-37

authentication mac-move permit コマンド 2-39

authentication open コマンド 2-41

authentication order コマンド 2-43

authentication periodic コマンド 2-45

authentication port-control コマンド 2-47

authentication priority コマンド 2-49

authentication timer コマンド 2-51

authentication violation コマンド 2-53

auth open コマンド 2-41

auth order コマンド 2-43

auth timer コマンド 2-51

B

bandwidth コマンド 2-55

boot config-file コマンド 2-58

boot enable-break コマンド 2-59

boot helper-config file コマンド 2-61

boot helper コマンド 2-60

boot manual コマンド 2-62

boot private-config-file コマンド 2-63

boot system コマンド 2-64

boot(ブート ローダー)コマンド A-3

BPDU ガード、スパニング ツリー用 2-707, 2-746

BPDU フィルタリング、スパニング ツリー用 2-705, 2-746

C

cat(ブート ローダー)コマンド A-5

CBWFQ、設定 2-55

CDP、プロトコル トンネリングのイネーブル化 2-282

CFM 2-352

channel-group コマンド 2-65

channel-protocol コマンド 2-69

CISP

「Client Information Signalling Protocol」を参照

class-map コマンド 2-73

class コマンド 2-71

clear ip arp inspection log コマンド 2-75

clear ip arp inspection statistics コマンド 2-76

clear ipc コマンド 2-79

clear ipv6 dhcp conflict コマンド 2-80

clear l2protocol-tunnel counters コマンド 2-81

clear lacp コマンド 2-82

clear logging onboard コマンド 2-83

clear mac address-table コマンド 2-84, 2-85

clear pagp コマンド 2-86, 2-90

clear policer cpu uni-eni counters コマンド 2-87

clear port-security コマンド 2-88

clear scada modbus tcp server statistics コマンド 2-91

clear spanning-tree counters コマンド 2-92

clear spanning-tree detected-protocols コマンド 2-93

clear vmps statistics コマンド 2-95

Client Information Signalling Protocol 2-133

conform-action コマンド 2-96

copy logging onboard module コマンド 2-98

copy(ブート ローダー)コマンド A-6

CoS

QoS グループの一致基準として 2-327

QoS 分類 2-448

ポリシー マップでの値の設定 2-448

CoS 値、レイヤ 2 プロトコル パケットへの割り当て 2-286

CPU ASIC 統計、表示 2-479

cpu traffic qos cos コマンド 2-100

cpu traffic qos dscp コマンド 2-104

cpu traffic qos precedence コマンド 2-109

cpu traffic qos qos-group コマンド 2-112

CPU 保護ポリサー、表示 B-27

D

debug backup コマンド 3-2

debug dot1x コマンド 3-3

debug etherchannel コマンド 3-4

debug interface コマンド 3-7

debug ip dhcp snooping コマンド 3-8

debug ip igmp filter コマンド 3-9

debug ip igmp max-groups コマンド 3-10

debug ip igmp snooping コマンド 3-11

debug ip sla error twamp connection コマンド 3-12

debug ip sla error twamp control reflector コマンド 3-14

debug ip sla error twamp control server コマンド 3-16

debug ip sla trace twamp connection コマンド 3-20

debug ip verify source packet コマンド 3-28

debug lacp コマンド 3-29

debug mac-notification コマンド 3-30

debug matm move update コマンド 3-32

debug matm コマンド 3-31

debug monitor コマンド 3-33

debug mvrdbg コマンド 3-34

debug nvram コマンド 3-35

debug pagp コマンド 3-36

debug platform acl コマンド 3-37

debug platform backup interface コマンド 3-39

debug platform cfm コマンド 3-38

debug platform cpu-queues コマンド 3-40

debug platform dot1x コマンド 3-42

debug platform etherchannel コマンド 3-43

debug platform forw-tcam コマンド 3-44

debug platform ip arp inspection コマンド 3-45

debug platform ipc コマンド 3-54

debug platform ip dhcp コマンド 3-46

debug platform ip igmp snooping コマンド 3-47

debug platform ip multicast コマンド 3-49

debug platform ip source-guard コマンド 3-51

debug platform led コマンド 3-55

debug platform matm コマンド 3-56

debug platform messaging application コマンド 3-57

debug platform phy コマンド 3-58

debug platform pm コマンド 3-60

debug platform policer cpu uni-eni コマンド 3-62

debug platform port-asic コマンド 3-63

debug platform port-security コマンド 3-64

debug platform qos-acl-tcam コマンド 3-65

debug platform qos-manager コマンド 3-66

debug platform remote-commands コマンド 3-67

debug platform rep コマンド 3-68

debug platform resource-manager コマンド 3-69

debug platform snmp コマンド 3-70

debug platform span コマンド 3-71

debug platform supervisor-asic コマンド 3-72

debug platform sw-bridge コマンド 3-73

debug platform tcam コマンド 3-74

debug platform udld コマンド 3-76

debug platform vlan コマンド 3-77

debug pm コマンド 3-78

debug port-security コマンド 3-80

debug qos-manager コマンド 3-81

debug scada modbus tcp server コマンド 3-82

debug spanning-tree bpdu-opt コマンド 3-86

debug spanning-tree bpdu コマンド 3-85

debug spanning-tree mstp コマンド 3-87

debug spanning-tree switch コマンド 3-89

debug spanning-tree コマンド 3-83

debug sw-vlan ifs コマンド 3-93

debug sw-vlan notification コマンド 3-94

debug sw-vlan コマンド 3-91

debug udld コマンド 3-96

debug vqpc コマンド 3-98

defaultPort プロファイル 2-14, 2-15

define interface-range コマンド 2-114

delete コマンド 2-116

delete(ブート ローダー)コマンド A-7

deny(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)コマンド 2-117

deny(IPv6)コマンド 2-119

deny コマンド 2-124

DHCP スヌーピング

イネーブル化

VLAN 上 2-216

インターフェイス上で信頼 2-214

オプション 82 2-208, 2-210

エッジ スイッチからの信頼できないパケットの受け入れ 2-210

エラー回復タイマー 2-154

レート制限 2-213

DHCP スヌーピング バインディング データベース

エージェント統計情報のクリア 2-77

更新 2-415

データベース エージェント、設定 2-206

バインディング

削除 2-204

追加 2-204

表示 2-553

バインディング ファイル、設定 2-206

表示

データベース エージェント ステータス 2-555, 2-557

バインディング エントリ 2-553

diagnostic monitor コマンド 2-127

diagnostic schedule test コマンド 2-129

diagnostic start test コマンド 2-131

DiffServ コード ポイント

「DSCP」を参照

Digital Optical Monitoring

「DoM」を参照

dir(ブート ローダー)コマンド A-8

DoM

サポートされているトランシーバの表示 2-544, 2-695, 2-696

dot1x credentials コマンド 2-133

dot1x critical グローバル コンフィギュレーション コマンド 2-134

dot1x default コマンド 2-135

dot1x guest-vlan supplicant コマンド 2-136

dot1x initialize コマンド 2-137

dot1x max-reauth-req コマンド 2-138

dot1x max-req コマンド 2-140

dot1x pae コマンド 2-141

dot1x supplicant force-multicast コマンド 2-143

dot1x system-auth-control コマンド 2-144

dot1x test eapol-capable コマンド 2-145

dot1x test timeout コマンド 2-146

dot1x timeout コマンド 2-147

DSCP

QoS グループの一致基準として 2-328, 2-334

QoS トラフィック マーキング用 2-450

ポリシー マップでの設定 2-450

duplex コマンド 2-150

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)

「DHCP スヌーピング」を参照

E

EAP-Request/Identity フレーム

再送信するまでの時間 2-147

送信する最高回数 2-140

E-LMI

イネーブル化 2-158

マッピング 2-160

errdisable detect cause コマンド 2-152

errdisable recovery コマンド 2-154

errdisable インターフェイス、表示 2-531

errdisable 検出 2-152

EtherChannel

EtherChannel/PAgP のデバッグ、表示 3-4

LACP

channel-group 情報のクリア 2-82

システム プライオリティ 2-289

デバッグ メッセージ、表示 3-29

表示 2-588

プロトコルの制限 2-69

ホットスタンバイ ポートのポート プライオリティ 2-287

モード 2-65

PAgP

channel-group 情報のクリア 2-86

エラー回復タイマー 2-154

エラー検出 2-152

学習方式 2-353

集約ポート ラーナー 2-353

送信トラフィックのインターフェイスのプライオリティ 2-355

デバッグ メッセージ、表示 3-36

表示 2-634

物理ポート ラーナー 2-353

モード 2-65

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て 2-65

インターフェイス情報、表示 2-531

表示 2-512

負荷分散方式 2-384

プラットフォーム特定イベントのデバッグ、表示 3-43

ポート チャネル論理インターフェイスの作成 2-179

レイヤ 2 プロトコル トンネリングのイネーブル化

LACP 2-283

PAgP 2-283

UDLD 2-283

ethernet evc コマンド 2-157

ethernet lmi ce-vlan map コマンド 2-158, 2-160

ethernet lmi global コマンド 2-158

ethernet lmi コマンド 2-158

ethernet loopback インターフェイス コンフィギュレーション コマンド 2-162

ethernet loopback 特権 EXEC コマンド 2-165

ethernet oam remote-failure コマンド 2-167

ethernet uni id コマンド 2-171

EVC 2-157

UNI カウント 2-811

VLAN 2-169

サービス インスタンス 2-439

EVC コンフィギュレーション モード 2-157

EVC サービス

ポイントツーポイント 2-811

ポイントツーマルチポイント 2-811

exceed-action コマンド 2-172

F

facility alarm relays、表示 2-522

facility alarm status、表示 2-523

fcs-threshold コマンド 2-174

FCS ヒステリシスしきい値 2-9

FCS ビット エラー レート

設定 2-174

表示 2-524

変動しきい値 2-9

flash_init(ブート ローダー)コマンド A-10

Flex Link

設定 2-763

表示 2-531

優先 VLAN の設定 2-765

flowcontrol コマンド 2-175

format(ブート ローダー)コマンド A-11

fsck(ブート ローダー)コマンド A-12

H

help(ブート ローダー)コマンド A-13

hw-module module logging onboard コマンド 2-177

I

IEEE 802.1ag の接続障害管理

「CFM」を参照

IEEE 802.1Q トランク ポートおよびネイティブ VLAN 2-824

IEEE 802.1Q トンネル ポート

制限 2-771

設定 2-770

表示 2-500

IEEE 802.1x

違反エラーの回復 2-155

スイッチポート モード 2-771

「ポートベースの認証」も参照

IGMP グループ、最大値の設定 2-221

IGMP 最大グループ、デバッグ 3-10

IGMP スヌーピング

querier 2-229

イネーブル化 2-225

インターフェイスのトポロジ変更通知動作 2-235

クエリー要求 2-233

グループのスタティック メンバーとしてのポートの追加 2-239

スイッチのトポロジ変更通知動作 2-233

設定可能脱退タイマーのイネーブル化 2-227

即時脱退機能のイネーブル化 2-236

表示 2-561, 2-565, 2-567

フラッディング クエリー カウント 2-233

マルチキャスタ テーブル 2-563

レポート抑制 2-231

IGMP フィルタ

適用 2-219

デバッグ メッセージ、表示 3-9

IGMP プロファイル

作成 2-223

表示 2-560

interface port-channel コマンド 2-179

interface range コマンド 2-181

interface コマンド 2-183

Internet Group Management Protocol(インターネット グループ管理プロトコル)

「IGMP」を参照

ip address コマンド 2-188

ip arp inspection filter vlan コマンド 2-190

ip arp inspection limit コマンド 2-192

ip arp inspection log-buffer コマンド 2-194

ip arp inspection trust コマンド 2-196

ip arp inspection validate コマンド 2-197

ip arp inspection vlan logging コマンド 2-200

ip arp inspection vlan コマンド 2-199

ip dhcp snooping binding コマンド 2-204

ip dhcp snooping database コマンド 2-206

ip dhcp snooping information option allow-untrusted コマンド 2-210

ip dhcp snooping information option format remote-id コマンド 2-212

ip dhcp snooping information option コマンド 2-208

ip dhcp snooping limit rate コマンド 2-213

ip dhcp snooping trust コマンド 2-214

ip dhcp snooping verify コマンド 2-215

ip dhcp snooping vlan information option format-type circuit-id string コマンド 2-217

ip dhcp snooping vlan コマンド 2-216

ip dhcp snooping コマンド 2-203

IP DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング」を参照

ip igmp filter コマンド 2-219

ip igmp max-groups コマンド 2-221, 2-249, 2-251

ip igmp profile コマンド 2-223

ip igmp snooping last-member-query-interval コマンド 2-227

ip igmp snooping querier コマンド 2-229

ip igmp snooping report-suppression コマンド 2-231

ip igmp snooping tcn flood コマンド 2-235

ip igmp snooping tcn コマンド 2-233

ip igmp snooping vlan immediate-leave コマンド 2-236

ip igmp snooping vlan mrouter コマンド 2-237

ip igmp snooping vlan static コマンド 2-239

ip igmp snooping コマンド 2-225

IP precedence、QoS グループの一致基準として 2-330

ip source binding コマンド 2-245

ip ssh コマンド 2-247

ipv6 access-list コマンド 2-255

ipv6 address dhcp コマンド 2-257

ipv6 dhcp client request vendor コマンド 2-258

ipv6 dhcp ping packets コマンド 2-259

ipv6 dhcp pool コマンド 2-261

ipv6 dhcp server コマンド 2-264

ipv6 mld snooping last-listener-query count コマンド 2-268

ipv6 mld snooping last-listener-query-interval コマンド 2-270

ipv6 mld snooping listener-message-suppression コマンド 2-272

ipv6 mld snooping robustness-variable コマンド 2-274

ipv6 mld snooping tcn コマンド 2-276

ipv6 mld snooping vlan コマンド 2-278

ipv6 mld snooping コマンド 2-266

IPv6 SDM テンプレート 2-436

ipv6 traffic-filter コマンド 2-280

IPv6 アクセス リスト、拒否条件 2-119

ip verify source コマンド 2-253

IP アドレス、設定 2-188

IP アドレスの照合 2-324

IP 送信元ガード

イネーブル化 2-253

スタティック IP 送信元バインディング 2-245

ディセーブル化 2-253

表示

バインディング エントリ 2-574

IP 送信元ガード、ダイナミック バインディング エントリの表示 2-553

IP ソース ガード

表示する

設定 2-575

IP マルチキャスト アドレス 2-346

L

l2protocol-tunnel cos コマンド 2-286

l2protocol-tunnel コマンド 2-282

LACP

「EtherChannel」を参照

lacp port-priority コマンド 2-287

lacp system-priority コマンド 2-289

Layer 2 モード、イネーブル化 2-759

Layer 3 モード、イネーブル化 2-759

Link Aggregation Control Protocol

「EtherChannel」を参照

link state group コマンド 2-291

link state track コマンド 2-293

location(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド 2-296

location(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-294

logging event power-inline-status コマンド 2-299

logging event コマンド 2-298

logging file コマンド 2-300

M

mac access-group コマンド 2-302

mac access-list extended コマンド 2-304

mac address-table aging-time 2-302, 2-324

mac address-table aging-time コマンド 2-306

mac address-table learning コマンド 2-307

mac address-table move update コマンド 2-309

mac address-table notification コマンド 2-311

mac address-table static drop コマンド 2-314

mac address-table static コマンド 2-313

macro description コマンド 2-318

macro global description コマンド 2-321

macro global コマンド 2-319

macro name コマンド 2-322

MAC アクセス リスト 2-124

MAC アクセス リスト コンフィギュレーション モード 2-304

MAC アドレス

MAC アドレス通知トラップのイネーブル化 2-311

MAC アドレステーブル移行更新のイネーブル化 2-309

VLAN ごとの MAC アドレス ラーニングのディセーブル化 2-307

照合 2-324

スタティック

インターフェイス上でドロップ 2-314

追加および削除 2-313

表示 2-621

テーブル 2-606

動的

エージング タイム 2-306

削除 2-84

表示 2-612

表示

MAC アドレス テーブル移行更新 2-617

VLAN 単位 2-623

VLAN のアドレス数 2-610

インターフェイス単位 2-614

エージング タイム 2-608

スタティック 2-621

スタティック エントリおよびダイナミック エントリ 2-604

すべて 2-606

通知設定 2-616, 2-619

動的 2-612

MAC アドレス グループ、表示 2-602

MAC アドレス通知、デバッグ 3-30

match access-group コマンド 2-326

match cos コマンド 2-327

match ip dscp コマンド 2-328

match ip precedence コマンド 2-330

match qos-group コマンド 2-332

match vlan コマンド 2-334

Maximum Transmission Unit(最大伝送ユニット)

「MTU」を参照

mdix auto コマンド 2-337

media-type コマンド 2-339

memory(ブート ローダー)コマンド A-14

mkdir(ブート ローダー)コマンド A-15

MLD スヌーピング

イネーブル化 2-266

クエリーの設定 2-268, 2-270

設定 2-272, 2-274

トポロジ変更通知の設定 2-276

MODBUS

「scada modbus tcp server」を参照

monitor session コマンド 2-341

more(ブート ローダー)コマンド A-16

MSTP

MST リージョン

MST コンフィギュレーション モード 2-724

VLAN とインスタンス間のマッピング 2-724

現在または保留中の構成の表示 2-725

コンフィギュレーション リビジョン番号 2-725

設定名 2-724

表示 2-664

変更の中止 2-724

変更の適用 2-724

ステート情報の表示 2-663

ステート変更

BPDU ガードのイネーブル化 2-707, 2-746

BPDU フィルタリングのイネーブル化 2-705, 2-746

PortFast 対応ポートのシャットダウン 2-746

Port Fast のイネーブル化 2-746, 2-749

転送遅延時間 2-729

フォワーディング ステートへの高速移行 2-718

ブロッキング ステートからフォワーディング ステートへ 2-749

リスニングおよびラーニング ステートの期間 2-729

相互運用 2-93

パス コスト 2-727

表示 2-664

プロトコル移行プロセスの再開 2-93

プロトコル モード 2-722

リンク タイプ 2-718

ルート スイッチ

BPDU ドロップまでの最大ホップ数 2-735

BPDU メッセージの間隔 2-733

hello BPDU メッセージの間隔 2-731, 2-742

hello タイム 2-731, 2-742

拡張システム ID の影響 2-713

スイッチのプライオリティ 2-740

選択に関するポート プライオリティ 2-737

プライマリまたはセカンダリ 2-742

有効期限 2-733

ルート ポート

指定ポートの制限 2-715

ルート ガード 2-715

ルートとなるポートの制限 2-715

ループ ガード 2-715

MTU

グローバル設定の表示 2-671

サイズの設定 2-793

Multicast Listener Discovery

「MLD」を参照

Multicast VLAN、MVR 2-347

Multicast VLAN Registration

「MVR」を参照

Multiple Spanning Tree Protocol

「MSTP」を参照

MVR

アドレスのエイリアス 2-347

インターフェイス情報の表示 2-630

インターフェイスの設定 2-349

設定 2-346

デバッグ メッセージ、表示 3-34

表示 2-628

メンバー、表示 2-632

mvr vlan group コマンド 2-350

mvr(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド 2-349

mvr(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-346

N

nonegotiate、速度 2-754, 2-755

notifies コマンド 2-13

no vlan コマンド 2-818

O

OAM PDU 2-167

oam protocol cfm svlan コマンド 2-352

OAM プロトコル 2-352

OAM プロトコルとしての CFM 2-352

P

PAgP

「EtherChannel」を参照

pagp learn-method コマンド 2-353

pagp port-priority コマンド 2-355

permit(ARP アクセス リスト コンフィギュレーション)コマンド 2-357

permit(IPv6)コマンド 2-359

permit コマンド 2-364

Per-VLAN Spanning-Tree Plus

「STP」を参照

PID の表示 2-547

PIM-DVMRP、マルチキャスト ルータ学習方式 2-237

PoE

エラー回復タイマー 2-154

エラー検出 2-152

コントローラ レジスタ値の表示 2-488

状態のロギング 2-299

電力管理情報の表示 2-652

電力管理モードの設定 2-388

電力消費のポリシング 2-393

電力設定 2-391

電力のモニタリング 2-393

police aggregate コマンド 2-377

policer aggregate コマンド 2-372

policer cpu uni コマンド 2-379

police コマンド 2-367

policy-map コマンド 2-381

Port Aggregation Protocol

「EtherChannel」を参照

port-channel load-balance コマンド 2-384

PortFast、スパニング ツリー用 2-749

port-type コマンド 2-386

power inline consumption コマンド 2-391

power inline police コマンド 2-393

power inline コマンド 2-388

Power over Ethernet

「PoE」を参照

priority コマンド 2-396

private-vlan mapping コマンド 2-402

private-vlan コマンド 2-399

PVST+

「STP」を参照

Q

QoS

違反アクション、設定 2-816

クラス マップ

一致基準の定義 2-327

作成 2-73

表示 2-478

集約ポリサー

作成 2-372

適用 2-377

表示 2-638

超過アクション、設定 2-173

テーブル マップ

設定 2-795

表示 2-672

適合アクション、設定 2-97

統計情報の表示 2-642, B-36

ポリシー マップ

CoS 値の設定 2-448

DSCP 値の設定 2-450

IP precedence 値の設定 2-452

QoS グループ ID の設定 2-454

インターフェイスへの適用 2-443, 2-456

作成 2-381

集約ポリサーの適用 2-372, 2-377, 2-379, 2-445

トラフィックの分類 2-71

ポリサーの定義 2-367

ポリシー マップの表示 2-642

QoS 一致基準

ACL 2-326

CoS 値 2-327

DSCP 値 2-328, 2-334

precedence 値 2-330

QoS グループ番号 2-332

QoS グループ

QoS トラフィック分類用 2-454

一致基準として 2-332

ポリシー マップでの設定 2-454

QoS ポリサーの認定情報レート 2-368, 2-372

Quality Of Service

「QoS」を参照

queue-limit コマンド 2-404

R

radius-server dead-criteria コマンド 2-407

radius-server host コマンド 2-409

Rapid Per-VLAN Spanning-Tree Plus

「STP」を参照

Rapid PVST+

「STP」を参照

relay-major コマンド 2-13

relay-minor コマンド 2-13

reload コマンド 2-411

remote-span コマンド 2-413

Remote Switched Port Analyzer(リモート スイッチド ポート アナライザ)

「RSPAN」を参照

rename(ブート ローダー)コマンド A-17

renew ip dhcp snooping database コマンド 2-415

rep admin vlan コマンド 2-417

rep block port コマンド 2-418

rep lsl-age-timer コマンド 2-421

rep preempt delay コマンド 2-423

rep preempt segment コマンド 2-425

rep segment コマンド 2-426

rep stcn コマンド 2-429

reset(ブート ローダー)コマンド A-18

rmdir(ブート ローダー)コマンド A-19

rmon collection stats コマンド 2-433

RSPAN

remote-span コマンド 2-413

RSPAN トラフィックのフィルタリング 2-341

セッション

新しく開始 2-341

インターフェイスの追加 2-341

表示 2-625

設定 2-341

表示 2-625

S

scada modbus tcp server 2-434

sd_init(ブート ローダー)コマンド A-20

sdm prefer コマンド 2-436

SDM テンプレート

許容されるリソース 2-437

デュアル IPv4 および IPv6 2-436

表示 2-661

service password-recovery コマンド 2-441

service-policy インターフェイス コンフィギュレーション コマンド 2-443

service policy(ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション)コマンド 2-445

service-policy ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション コマンド 2-445

set cos コマンド 2-448

set dscp コマンド 2-450

set precedence コマンド 2-452

set qos-group コマンド 2-454

setup コマンド 2-456

set(ブート ローダー)コマンド A-21

SFP、情報の表示 2-547

shape average コマンド 2-459

show access-lists コマンド 2-461

show aggregate-policer コマンド 2-672

show alarm description port コマンド 2-464

show alarm profile コマンド 2-465

show alarm settings コマンド 2-467

show archive status コマンド 2-468

show arp access-list コマンド 2-469

show authentication コマンド 2-470

show boot コマンド 2-474

show class-map コマンド 2-478

show controllers cpu-interface コマンド 2-479

show controllers ethernet-controller コマンド 2-481

show controllers power inline コマンド 2-488

show controllers tcam コマンド 2-490

show controllers utilization コマンド 2-492

show cpu traffic qos コマンド 2-494

show diagnostic コマンド 2-496

show dot1q-tunnel コマンド 2-500

show dot1x コマンド 2-501

show env コマンド 2-504

show errdisable detect コマンド 2-506

show errdisable flap-values コマンド 2-508

show errdisable recovery コマンド 2-510

show etherchannel コマンド 2-512

show ethernet loopback コマンド 2-515

show ethernet service evc コマンド 2-517

show ethernet service instance コマンド 2-518

show ethernet service interface コマンド 2-520

show facility-alarm relay コマンド 2-522

show facility-alarm status コマンド 2-523

show fcs threshold コマンド 2-524

show flowcontrol コマンド 2-526

show idprom コマンド 2-528

show interface rep コマンド 2-542

show interfaces counters コマンド 2-540

show interfaces rep コマンド 2-542

show interfaces コマンド 2-531

show interface transceivers コマンド 2-544

show inventory コマンド 2-547

show ip arp inspection コマンド 2-548

show ipc コマンド 2-577

show ip dhcp snooping binding コマンド 2-553

show ip dhcp snooping database コマンド 2-555, 2-557

show ip dhcp snooping コマンド 2-552

show ip igmp profile コマンド 2-560

show ip igmp snooping groups コマンド 2-563

show ip igmp snooping mrouter コマンド 2-565

show ip igmp snooping querier detail コマンド 2-567

show ip igmp snooping querier コマンド 2-567

show ip igmp snooping コマンド 2-561

show ip igmp snooping コマンド クエリアの詳細 2-567

show ip sla standards コマンド 2-569

show ip sla twamp connection コマンド 2-494

show ip source binding コマンド 2-574

show ipv6 access-list コマンド 2-581

show ipv6 dhcp conflict コマンド 2-583

show ipv6 route updated コマンド 2-584

show ip verify source コマンド 2-575

show l2protocol-tunnel コマンド 2-586

show lacp コマンド 2-588

show link state group コマンド 2-592

show lldp コマンド 2-594

show location コマンド 2-595

show logging onboard コマンド 2-598

show mac access-group コマンド 2-602

show mac address-table address コマンド 2-606

show mac address-table aging time コマンド 2-608

show mac address-table count コマンド 2-610

show mac address-table dynamic コマンド 2-612

show mac address-table interface コマンド 2-614

show mac address-table learning コマンド 2-616

show mac address-table move update コマンド 2-617

show mac address-table notification コマンド 2-85, 2-619, 3-32

show mac address-table static コマンド 2-621

show mac address-table vlan コマンド 2-623

show mac address-table コマンド 2-604

show monitor コマンド 2-625

show mvr interface コマンド 2-630

show mvr members コマンド 2-632

show mvr コマンド 2-628

show pagp コマンド 2-634

show parser macro コマンド 2-636

show platform acl コマンド B-2

show platform backup interface コマンド B-3

show platform cfm コマンド B-4

show platform configuration コマンド B-5

show platform dl コマンド B-6

show platform etherchannel コマンド B-7

show platform forward コマンド B-8

show platform frontend-controller コマンド B-10

show platform igmp snooping コマンド B-11

show platform ipc trace コマンド B-16

show platform ip multicast コマンド B-13

show platform ip unicast コマンド B-14

show platform ipv6 unicast コマンド B-17

show platform l2pt dm コマンド B-19

show platform layer4op コマンド B-20, B-44

show platform mac-address-table コマンド B-21

show platform messaging コマンド B-22

show platform monitor コマンド B-23

show platform mvr table コマンド B-24

show platform pm コマンド B-25

show platform policer cpu コマンド B-27

show platform port-asic コマンド B-31

show platform port-security コマンド B-35

show platform qos コマンド B-36

show platform resource-manager コマンド B-39

show platform sdflash B-41

show platform snmp counters コマンド B-42

show platform spanning-tree synchronization コマンド B-43

show platform stp-instance コマンド B-45

show platform tcam コマンド B-46

show platform vlan mapping コマンド B-49

show platform vlan コマンド B-48

show policer aggregate コマンド 2-638

show policer cpu uni-eni コマンド 2-639

show policy-map interface の出力フィールド 2-645

show policy-map コマンド 2-642

show port security コマンド 2-647

show port-type コマンド 2-650

show power inline コマンド 2-652

show rep topology コマンド 2-657

show scada modbus tcp server コマンド 2-660

show sdm prefer コマンド 2-661

show spanning-tree コマンド 2-663

show storm-control コマンド 2-669

show system mtu コマンド 2-671

show udld コマンド 2-674

show version コマンド 2-676

show vlan access-map コマンド 2-683

show vlan filter コマンド 2-684

show vlan mapping コマンド 2-685

show vlan コマンド 2-678

show vlan コマンド、フィールド 2-680

show vmps コマンド 2-687

shutdown vlan コマンド 2-690

shutdown コマンド 2-689

snmp mib rep trap-rate コマンド 2-691

snmp-server enable traps コマンド 2-692

snmp-server host コマンド 2-697

snmp trap mac-notification change コマンド 2-701

SNMP 通知、送信のイネーブル 2-692

SNMP トラップ

MAC アドレス通知機能のイネーブル化 2-311

MAC アドレス通知トラップのイネーブル化 2-701

送信のイネーブル化 2-692

SNMP ホスト、指定 2-697

SPAN

SPAN トラフィックのフィルタリング 2-341

セッション

インターフェイスへの追加 2-341

新規に開始 2-341

表示 2-625

設定 2-341

デバッグ メッセージ、表示 3-33

表示 2-625

spanning-tree bpdufilter コマンド 2-703, 2-705

spanning-tree bpduguard コマンド 2-707

spanning-tree cost コマンド 2-709

spanning-tree etherchannel コマンド 2-711

spanning-tree extend system-id コマンド 2-713

spanning-tree guard コマンド 2-715

spanning-tree link-type コマンド 2-718

spanning-tree loopguard default コマンド 2-720

spanning-tree mode コマンド 2-722

spanning-tree mst configuration コマンド 2-724

spanning-tree mst cost コマンド 2-727

spanning-tree mst forward-time コマンド 2-729

spanning-tree mst hello-time コマンド 2-731

spanning-tree mst max-age コマンド 2-733

spanning-tree mst max-hops コマンド 2-735

spanning-tree mst port-priority コマンド 2-737

spanning-tree mst pre-standard コマンド 2-739

spanning-tree mst priority コマンド 2-740

spanning-tree mst root コマンド 2-742

spanning-tree portfast(インターフェイス コンフィギュレーション)コマンド 2-749

spanning-tree portfast(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-746

spanning-tree port-priority コマンド 2-744

Spanning Tree Protocol(スパニング ツリー プロトコル)

「STP」を参照

spanning-tree vlan コマンド 2-751

speed コマンド 2-754

SSH、バージョンの設定 2-247

storm-control コマンド 2-756

STP

ENI でのイネーブル化 2-703

EtherChannel の設定矛盾 2-711

VLAN オプション 2-740, 2-751

カウンタ、クリア 2-92

拡張システム ID 2-713

ステート情報の表示 2-663

ステート変更

BPDU ガードのイネーブル化 2-707, 2-746

BPDU フィルタリングのイネーブル化 2-705, 2-746

PortFast 対応ポートのシャットダウン 2-746

Port Fast のイネーブル化 2-746, 2-749

エラー ステートから回復するタイマーのイネーブル化 2-154

転送遅延時間 2-751

ブロッキング ステートからフォワーディング ステートへ 2-749

リスニングおよびラーニング ステートの期間 2-751

デバッグ メッセージ、表示

MSTP 3-87

最適化された BPDU 処理 3-86

スイッチ シム 3-89

スパニングツリーのアクティビティ 3-83

送受信された BPDU 3-85

パス コスト 2-709

プロトコル トンネリングのイネーブル化 2-282

プロトコル モード 2-722

ルート スイッチ

BPDU メッセージの間隔 2-751

hello BPDU メッセージの間隔 2-751

hello タイム 2-751

拡張システム ID の影響 2-713, 2-752

スイッチのプライオリティ 2-751

選択に関するポート プライオリティ 2-744

プライマリまたはセカンダリ 2-751

有効期限 2-751

ルート ポート

指定ポートの制限 2-715

ルート ガード 2-715

ルートとなるポートの制限 2-715

ループ ガード 2-715

STP の拡張システム ID 2-713

SVI、作成 2-183

Switched Port Analyzer(スイッチド ポート アナライザ)

「SPAN」を参照

switchport access コマンド 2-761

switchport backup interface コマンド 2-763

switchport block コマンド 2-767

switchport host コマンド 2-769

switchport mode private-vlan コマンド 2-773

switchport mode コマンド 2-770

switchport port-security aging コマンド 2-780

switchport port-security コマンド 2-776

switchport private-vlan コマンド 2-782

switchport protected コマンド 2-785

switchport trunk コマンド 2-787

switchport vlan mapping コマンド 2-789

switchport コマンド 2-759

syslog コマンド 2-13

system env temperature threshold yellow コマンド 2-792

system mtu コマンド 2-793

T

table-map コマンド 2-795

tar ファイル、作成、一覧表示、および抽出 2-21

TDR、実行 2-797

test cable-diagnostics tdr コマンド 2-797

traceroute mac ip コマンド 2-802

traceroute mac コマンド 2-799

type(ブート ローダー)コマンド A-24

U

UDLD

アグレッシブ モード 2-804, 2-806

インターフェイスごとのイネーブル化 2-806

エラー回復タイマー 2-155

グローバルにイネーブル化 2-804

シャットダウン インターフェイスのリセット 2-809

ステータス 2-674

デバッグ メッセージ、表示 3-96

ノーマル モード 2-804, 2-806

メッセージ タイマー 2-804

udld port コマンド 2-806

udld reset コマンド 2-809

udld コマンド 2-804

UNI

イーサネット 2-169

バンドルおよび多重化 2-169

uni count コマンド 2-811

UniDirectional Link Detection(単方向リンク検出)

「UDLD」を参照

UNI ID、イーサネット 2-171

uni-vlan コマンド 2-813

unset(ブート ローダー)コマンド A-25

V

version(ブート ローダー)コマンド A-27

violate-action コマンド 2-815

VLAN

MAC アドレス

2-610

表示 2-623

拡張範囲 2-818

再起動 2-690

シャットダウン 2-690

設定 2-818

設定の表示 2-678

設定の保存 2-818

中断 2-690

追加 2-818

デバッグ メッセージ、表示

VLAN IOS File System エラー テスト 3-93

VLAN マネージャのアクティビティ 3-91

アクティベーション 3-94

標準範囲 2-818

プライベート 2-773

設定 2-399

表示 2-678

「プライベート VLAN」も参照

vlan access-map コマンド 2-822

vlan dot1q tag native コマンド 2-824

vlan filter コマンド 2-826

VLAN ID 範囲 2-818

VLAN ID 変換

「VLAN マッピング」を参照

VLAN Query Protocol

「VQP」を参照

VLAN アクセス マップ

アクション 2-5

表示 2-683

VLAN アクセス マップ コンフィギュレーション モード 2-822

vlan コマンド 2-818

VLAN コンフィギュレーション モード

開始 2-818

概要 1-2

コマンド 2-818

説明 1-4

VLAN での MLD スヌーピング、イネーブル化 2-278

VLAN フィルタ、表示 2-684

VLAN マッピング

設定 2-789

説明 2-790

表示 2-685

VLAN マップ

作成 2-822

定義 2-324

適用 2-826

表示 2-683

VMPS

エラー回復タイマー 2-155

サーバの設定 2-831

ダイナミック VLAN 割り当ての再確認 2-828

表示 2-687

vmps reconfirm(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-829

vmps reconfirm(特権 EXEC)コマンド 2-828

vmps retry コマンド 2-830

vmps server コマンド 2-831

VQP

クライアント統計情報のクリア 2-95

サーバごとの再試行回数 2-830

再確認間隔 2-829

情報の表示 2-687

ダイナミック VLAN 割り当ての再確認 2-828

ダイナミック アクセス ポート 2-762

VTP、トンネリングのイネーブル化 2-282

W

Weighted Tail Drop

「WTD」を参照

WTD、queue-limit コマンド 2-404

アクセス グループ

IP 2-185

MAC、表示 2-602

QoS 分類のマッチング 2-326

アクセス コントロール エントリ

「ACE」を参照

アクセス コントロール リスト

「ACL」を参照

アクセス ポート 2-770

アクセス モード 2-770

アクセス リスト、IPv6 2-255

アップグレード

ソフトウェア イメージ 2-18

ステータスのモニタリング 2-468

アドレスのエイリアス 2-347

アラーム ID 2-14, 2-464

アラーム接点ステータス、表示 2-504

イーサネット UNI コンフィギュレーション 2-169

イーサネット仮想接続

「EVC」を参照

イーサネット コントローラ、内部レジスタの表示 2-481

イーサネット サービス

デバッグ 3-5

表示 2-517

イーサネット サービス インスタンス 2-439

イーサネット サービス インターフェイス 2-520

イーサネット統計情報、収集 2-433

イーサネット ローカル管理インターフェイス

「E-LMI」を参照

イメージ

「ソフトウェア イメージ」を参照

インターフェイス

MAC アドレス テーブルの表示 2-614

イーサネット インターフェイスのチャネル グループへの割り当て 2-65

再起動 2-689

設定 2-150

ディセーブル化 2-689

デバッグ メッセージ、表示 3-7

複数の設定 2-181

ポート チャネル論理の作成 2-179

インターフェイス コンフィギュレーション モード 1-2, 1-4

インターフェイスの速度、設定 2-754

インターフェイス範囲マクロ 2-114

インターフェイスへのポリシー マップの付加 2-443

運用管理および保守プロトコル

「OAM」を参照

エラー条件、表示 2-508

オペレーティング システム、リロード 2-411

親ポリシー マップ 2-446

温度アラーム、設定 2-11

温度情報、表示 2-504

温度ステータス、表示 2-504

オンボード障害ロギング、イネーブル化 2-177

オンボード障害ロギング、表示 2-598

オンライン診断

イネーブル化

スケジューリング 2-129

グローバル コンフィギュレーション モード

テストベースのテスト スケジュールのクリア 2-129

テストベースのテストの設定 2-129

スケジューリングの削除 2-129

スケジュールされたスイッチオーバー

イネーブル化 2-129

ディセーブル化 2-129

テストの開始 2-131

テストの間隔の設定 2-129

オンライン診断テスト、開始 2-131

オンライン診断テスト、結果の表示 2-496

外部アラーム、設定 2-7

回復メカニズム

原因 2-154

タイマーの間隔 2-155

表示 2-476, 2-506, 2-510

拡張範囲 VLAN

許可 VLAN リスト 2-787

設定 2-818

環境アラーム、表示 2-467

環境変数、表示 2-474

起動

Cisco IOS イメージ 2-64

環境変数の表示 2-474

手動 2-62

中断 2-59

許可 VLAN 2-787

クエリー時間、MVR 2-346

クラスベース均等化キューイング

「CBWFQ」を参照

クラスベース トラフィック シェーピング 2-459

クラス マップ

一致基準の定義 2-327

作成 2-73

表示 2-478

クラスマップ

一致 2-73

クラスマップ コンフィギュレーション モード 2-73

クリティカル VLAN 2-31

グローバル コンフィギュレーション モード 1-2, 1-3

子ポリシー マップ 2-445

混合ポート、プライベート VLAN 2-773

コントロール プレーン セキュリティ 2-379

コントロール プレーン統計情報、クリア 2-87

コントロール プレーンのポリサー情報、表示 2-639

コントロール プレーン ポリサー 2-87

コンフィギュレーション ファイル

名前の指定 2-58, 2-63

パスワード回復のディセーブル時の考慮事項 A-1

サービス インスタンス コマンド 2-439

サービス インスタンス、表示 2-518

サービス クラス

「CoS」を参照

再認証

試行間隔 2-147

システム メッセージのログ 2-299

システム メッセージのログ、フラッシュへのメッセージの保存 2-300

システム リソース テンプレート 2-436

自動ネゴシエーション、デュプレックス モードの 2-151

シャットダウンしきい値、レイヤ 2 プロトコル トンネリング 2-282

ジャンボ フレーム

「MTU」を参照

集約ポート ラーナー 2-353

集約ポリサー

QoS 2-374

作成 2-372

適用 2-377

表示 2-638

受信、フロー制御パケットの 2-175

出力ポリシー マップ

および QoS グループ分類 2-332

キュー制限 2-404

サポートされていないコマンド 2-382

設定時の注意事項 2-382

トラフィック シェーピング 2-459

プライオリティ 2-397

障害ロギング データ

クリア 2-83

コピー 2-98

診断テストのスケジューリング 2-129

スイッチポート、表示 2-531

スイッチング、特徴

インターフェイスに戻る 2-759

変更 2-759

スケジュールされたスイッチオーバー

イネーブル化 2-129

ディセーブル化 2-129

スタティック アクセス ポート、設定 2-761

スティッキ ラーニング、イネーブル化 2-776

製品識別情報の表示 2-547

セカンダリ温度アラーム 2-11

セキュア ポート、制限 2-778

設定、複数のインターフェイスの 2-181

送信、フロー制御パケットの 2-175

送信元ポート、MVR 2-349

即時脱退機能、MVR 2-349

即時脱退処理 2-236

即時脱退処理、IPv6 2-278

ソフトウェア イメージ

アップグレード 2-18

アップロード 2-24

削除 2-116

ダウンロード 2-18

ソフトウェア バージョン、表示 2-676

帯域幅、QoS の設定 2-55

ダイナミック ARP 検査

ARP ACL

VLAN に適用 2-190

定義 2-26

パケットの許可 2-357

パケットの拒否 2-117

表示 2-469

clear

統計情報 2-76

VLAN 単位でイネーブル化 2-199

インターフェイスの信頼状態 2-196

エラー回復タイマー 2-154

エラー検出 2-152

記録するパケットのタイプ 2-200

クリア

ログ バッファ 2-75

検証チェック 2-197

着信 ARP パケットのレート制限 2-192

統計情報

クリア 2-76

表示 2-548

表示

ARP ACL 2-469

信頼状態およびレート制限 2-548

設定および動作ステート 2-548

統計情報 2-548

ログ バッファ 2-548

ログ バッファ

クリア 2-75

設定 2-194

表示 2-548

ダイナミック アクセス ポート

制限 2-762

設定 2-761

多重化、UNI 2-169

弾力的、認証、順序付け 2-43

定義済みのコマンド モード 1-1

ディレクトリ、削除 2-116

テーブル マップ

QoS 2-795

設定 2-795

表示 2-672

テーブルマップ コンフィギュレーション モード 2-795

デュアル IPv4/IPv6 テンプレート 2-359

デュアルパーパス アップリンク ポート、タイプの選択 2-339

電源アラーム、設定 2-10

電源情報、表示 2-504

電源ステータス、表示 2-504

転送結果の表示 B-8

テンプレート、システム リソース 2-436

統計情報、イーサネット グループ 2-433

特権 EXEC モード 1-2, 1-3

ドメイン、CFM 2-352

トラフィック シェーピング、QoS 2-459

トランキング、VLAN モード 2-770

トランク ポート 2-770

トランク モード 2-770

ドロップしきい値、レイヤ 2 プロトコル トンネリング 2-282

トンネル ポート、レイヤ 2 プロトコル、表示 2-586

内部レジスタ、表示 2-481, 2-490

入力ポリシー マップ

および ACL 分類 2-326

および集約ポリサー 2-374

サポートされていないコマンド 2-382

設定時の注意事項 2-382

ネイティブ VLAN 2-787

ネイティブ VLAN タギング 2-824

ネットワーク ノード インターフェイス 2-386

バースト バイト、QoS ポリサー 2-368, 2-373

ハードウェア ACL 統計情報 2-461

パケットの転送、ACL の一致 2-5

パケットのドロップ、ACL の一致 2-5

パスワード回復メカニズム、イネーブル化およびディセーブル化 2-441

バックアップ、インターフェイス

設定 2-763

表示 2-531

バンドル特性、UNI 2-160

非 IP トラフィック アクセス リスト 2-304

非 IP トラフィックの転送

許可 2-364

拒否 2-124

非 IP プロトコル

拒否 2-124

転送 2-364

標準範囲 VLAN 2-818

ファイル、削除 2-116

ブート ローダー

アクセス A-1

環境変数

設定 A-21

設定の表示 A-21

説明 A-21

場所 A-23

リセット A-25

起動

Cisco IOS イメージ A-3

ヘルパー イメージ 2-60

システムのリセット A-18

ディレクトリ

削除 A-19

作成 A-15

リストの表示 A-8

表示

使用可能なコマンド A-13

バージョン A-27

メモリ ヒープ使用率 A-14

ファイル

コピー A-6

削除 A-7

内容の表示 A-5, A-16, A-24

名前変更 A-17

リストの表示 A-8

ファイル システム

一貫性チェックの実行 A-12

フォーマット A-11

フラッシュの初期化 A-10

プロンプト A-1

負荷分散方式、EtherChannel 2-384

物理ポート ラーナー 2-353

不明なマルチキャスト トラフィック、回避 2-767

不明なユニキャスト トラフィック、回避 2-767

プライオリティ キューイング、QoS 2-396

プライベート VLAN

アソシエーション 2-782

混合ポート 2-773

設定 2-399

表示 2-678

ポートの設定 2-773

ホスト ポート 2-773

マッピング

設定 2-782

表示 2-531

プライマリ温度アラーム 2-11

フレーム チェック シーケンス

「FCS」を参照

フレーム転送情報の表示 B-8

ブロードキャスト ストーム制御 2-756

フロントエンド コントローラ カウントとステータス情報 B-10

ヘルス モニタリング診断テスト 2-127

ポート シェーピング 2-460

ポート セキュリティ

イネーブル化 2-776

違反エラーの回復 2-154

エージング 2-780

デバッグ メッセージ、表示 3-80

ポート タイプ、MVR 2-349

ポート、デバッグ 3-78

ポート範囲、定義 2-83, 2-98, 2-114

ポート ベース認証

802.1x のグローバルなイネーブル化 2-144

ポートベース認証

2 つの連続する EAPOL-Start フレームの間隔 2-147

AAA 方式のリスト 2-3

EAP-Request/Identity フレームを再送信するまでの時間 2-147

IEEE 802.1x AAA アカウンティング方式 2-1

IEEE 802.1x の準備テスト 2-145

インターフェイスの初期化 2-137, 2-146

オーセンティケータとしての PAE 2-141

再認証の試行間隔 2-147

スイッチからクライアントへの再送信時間 2-147

スイッチから認証サーバへの再送信時間 2-147

スイッチとクライアント間のフレーム再送信回数 2-138 ~ 2-140

設定可能な 802.1x パラメータのリセット 2-135

デバッグ メッセージ、表示 3-3

認証交換に失敗したあとの待機期間 2-147

認証サーバからクライアントへの応答時間 2-147

保留ステートのサプリカント時間 2-147

ポート、保護 2-785

ホスト接続、ポート設定 2-769

ホスト ポート、プライベート VLAN 2-773

ポリサー

CPU 保護用 2-379

個別 2-367

集約 2-372, 2-377

ポリサーのデフォルト設定

NNI B-29

UNI B-28

ポリシー マップ

QoS グループ ID の設定 2-454

インターフェイスへの適用 2-382, 2-443, 2-456

2-446

および CoS 分類 2-327

および DSCP 分類 2-328

および IP precedence 分類 2-330

およびポリシング 2-370

階層 2-445

2-445

作成 2-381

適用 2-443

トラフィックの分類、定義 2-71

トラフィック マーキング

CoS 値の設定 2-448

DSCP 値の設定 2-450

IP precedence 値の設定 2-452

表示 2-642

プライオリティの設定 2-396

ポリサー

単一クラス用 2-367

複数のクラス 2-372, 2-377, 2-379, 2-445

ポリシーマップ クラス コンフィギュレーション モード 2-71

ポリシーマップ クラス、複数のアクションの設定 2-96, 2-172, 2-815

ポリシーマップ クラス ポリシング コンフィギュレーション モード 2-96, 2-370

ポリシーマップ コンフィギュレーション モード 2-381

ポリシング

クラスの複数の違反アクション 2-815

クラスの複数の超過アクション 2-172

クラスの複数の適合アクション 2-96

プライオリティ 2-367

ポリシング機能の設定

NNI のデフォルト B-29

UNI のデフォルト B-28

ポリシングを含むプライオリティ、QoS 2-396

マクロ

global description の追加 2-321

インターフェイス範囲 2-114, 2-181

作成 2-322

説明の追加 2-318

追跡 2-319

適用 2-319

パラメータ値の指定 2-319

表示 2-636

マッピング テーブル、QoS 2-795

マップ

VLAN

作成 2-822

定義 2-324

表示 2-683

クラス

作成 2-73

マルチキャスト グループ、MVR 2-347

マルチキャスト グループ アドレス、MVR 2-349

マルチキャスト ストーム制御 2-756

マルチキャスト ルータ学習方式 2-237

マルチキャスト ルータ ポート、IPv6 2-278

マルチキャスト ルータ ポート、設定 2-237

無効な GBIC

エラー回復タイマー 2-154

エラー検出 2-152

メカニズムの検出、原因 2-152

メンテナンス エンド ポイント 2-811

モード、MVR 2-346

モード、コマンド 1-1

ユーザ EXEC モード 1-2, 1-3

ユーザ ネットワーク インターフェイス 2-386

優先順位

QoS トラフィック マーキング用 2-452

ポリシー マップでの設定 2-452

ユニキャスト ストーム制御 2-756

ライン コンフィギュレーション モード 1-2, 1-5

リソース テンプレート、表示 2-661

リンク フラップ

エラー回復タイマー 2-154

エラー検出 2-152

ルーテッド ポート

IP アドレス 2-189

サポートされる数 2-189

ルート ガード、スパニング ツリー用 2-715

ループ ガード、スパニング ツリー用 2-715, 2-720

ループバック エラー

回復タイマー 2-154

検出 2-152

レイヤ 2 traceroute

IP アドレス 2-802

MAC アドレス 2-799

レイヤ 2 プロトコル トンネリング エラー回復 2-284

レイヤ 2 プロトコル トンネル

エラー回復タイマー 2-154

エラー検出 2-152

レイヤ 2 プロトコル トンネル カウンタ 2-81

レイヤ 2 プロトコル ポートの表示 2-586

レシーバ ポート、MVR 2-349

論理インターフェイス 2-179