Catalyst 6840-X スイッチ シリーズ ハードウェア インストレーション ガイド
トラブルシューティング
トラブルシューティング

トラブルシューティング

初回の起動時に生じる問題の多くは、スイッチング モジュールがバックプレーンから外れかかっていたり、電源装置が電源コード コネクタに接続されていないといったことが原因です。初回の起動時に動作温度が最大許容レベルを超えることはほとんどありません。このような状態が生じるのは、長時間にわたり稼働した場合がほとんどです。長時間のモニタリング機能には、DC 出力電圧の問題を個別に報告する機能も含まれています。

使用する前に

システムの初回の起動が完了したら、次のことを確認してください。

  • 電源モジュールがシステムに電力を供給している。

  • ファン トレイ アセンブリが作動している。

  • システム ソフトウェアが正常に起動している。

上記のいずれかに問題がある場合は、この章に記載されている手順で問題箇所を特定し、可能であればその問題を解決してください。上記の条件がすべて満たされ、ハードウェア設置が完了した場合、ソフトウェア リリース ノートを参照して、ハードウェア サポート情報およびソフトウェア警告を確認してください。

システム コンポーネント レベルの問題解決

システムのトラブルシューティングで重要なのは、問題を特定のシステム コンポーネントに絞り込むことです。まず、システムの現状本来あるべき状態を比較します。起動の問題はたいてい 1 つのコンポーネントに原因があるため、システムの 1 つ 1 つのコンポーネントのトラブルシューティングを行うより、問題をサブシステムのレベルまで切り分ける方が効率的です。

スイッチは次のサブシステムで構成されています。

  • 電源装置

  • ファン トレイ アセンブリ

    シャーシ ファン トレイ アセンブリは、システムの電源が入っている場合はかならず稼動している必要があります。FAN LED がグリーンに点灯していて、ファン トレイ アセンブリの作動音が聞こえることを確認します。ファン LED がオレンジに点灯している場合、ファン トレイ アセンブリにある少なくとも 1 つのファンが作動していないことを示しています。ファン アセンブリ トレイが正常に作動していない場合は、すぐに製品を購入された代理店に連絡してください。初回の起動時にファン トレイ アセンブリが正常に作動しない場合には、ユーザ側で可能なインストレーション調整はありません。

起動時の問題の特定

起動シーケンスにおけるシステムの状態は、すべて LED に表示されます。LED を確認すれば、起動シーケンスのどの時点で、どこに障害が発生したかを判断できます。

手順
    ステップ 1   電源装置のスイッチをオンにします。システム ファン トレイ アセンブリの作動音がすぐに聞こえます。
    • 電源装置が正常に動作していて、ファン トレイ アセンブリが故障していると判断される場合は、購入された代理店に連絡してください。
    ステップ 2   起動情報およびシステム バナーが起動時に表示されない場合は、端末が正しく設定され、コンソール ポートに正しく接続されているかどうかを確認してください。

    電源装置のトラブルシューティング

    電源スイッチをオンにしても OK LED が点灯しない場合には、次の手順で電源サブシステムに問題がないか確認します。

    手順
      ステップ 1   電源装置の OK LED がグリーンに点灯していることを確認します。
      • OK LED がグリーンに点灯している場合は、AC 電源または DC 電源が正常で、電源装置は動作しています。

      • それでも OK LED が点灯しない場合は、AC 電源または DC 電源、または電源ケーブルに問題がある可能性があります。

      • スイッチの電源をオフにし、電源コードを別の電源(ある場合)に接続し、電源をオンにします。

      • OK LED がグリーンに点灯した場合、最初の電源に問題があります。

      • 新しい電源に電源装置を接続しても OK LED が点灯しない場合は、電源ケーブルを交換し、電源スイッチをオンにします。

      • これで OK LED が点灯した場合は、最初の電源コードを返品し、交換してください。

      この装置に複数の電源コードがある場合は、電源装置ごとにステップ 1 を繰り返してください。

      新しい電源コードを使用して別の電源にスイッチを接続しても OK LED が点灯しない場合は、電源装置が故障している可能性があります。

      2 番めの電源装置が使用できる場合は、その電源装置を 2 番めの電源装置ベイに取り付け、製品を購入された代理店に連絡してください。

      ステップ 2   2 番めの電源装置を備えている場合は、この電源装置に対してステップ 1 を繰り返してください。

      次の作業

      問題を解決できない場合、または電源装置かバックプレーン コネクタに問題があると判断される場合は、シスコ代理店への連絡を参照してください。

      ファン トレイのトラブルシューティング

      次の手順で、ファン トレイの問題を特定します。

      手順
        ステップ 1   ファン トレイ上の FAN LED がグリーンに点灯していることを確認します。

        FAN LED がグリーンに点灯しない場合は、シスコ代理店への連絡を参照して、電源サブシステムが正しく機能しているかどうかを確認してください。

        ステップ 2   ファン LED がオレンジに点灯しているかどうかを確認します。ファン LED がオレンジに点灯している場合、ファン トレイがバックプレーンに装着されていないか、故障しています。 次の手順を実行します。
        • ファン トレイを正しく確実に装着するには、非脱落型ネジを緩めてファン トレイを取り外してから、もう一度取り付けます。

        • 非脱落型ネジをすべて締めて、システムを再起動します。

        • ファン LED がオレンジのままである場合、システムが個別ファンの異常を検出しています。製品を購入された代理店に連絡してください。


        ステータス LED インジケータ

        ステータス LED の表示 アラームの種類 コンポーネント Action

        Major

        シャーシの温度センサーがメジャーしきい値を超過しています。

        Syslog メッセージおよび SNMP トラップが生成されます。

        冗長構成が設定されている場合、システムは冗長スーパーバイザ エンジンに切り替えられ、アクティブなスーパーバイザ エンジンがシャット ダウンされます。

        冗長ではなく、過熱状態が改善されない場合、システムは 5 分後にシャットダウンします。

        オレンジ

        Minor

        シャーシの温度センサーがマイナーしきい値を超過しています。

        Syslog メッセージおよび SNMP トラップが生成されます。

        状態を監視します。

        オレンジ

        Major

        Minor

        冗長スーパーバイザ エンジンの温度センサーがメジャーまたはマイナーしきい値を超過しています。

        Syslog メッセージおよび SNMP トラップが生成されます。

        メジャー アラームおよび過熱状態が改善されない場合、システムは 5 分後にシャットダウンします。

        マイナー アラームの場合、状態を監視します。

        シスコ代理店への連絡

        この章で説明されているトラブルシューティングの手順を行っても起動に関する問題を解決できない場合は、シスコ代理店に連絡して、サポートや詳細な手順の説明を依頼してください。担当者ができる限りすばやいサポートを行えるように、連絡する前に次の情報を用意してください。

        • スイッチの受領日

        • シャーシのシリアル番号

        • ソフトウェアの種類とリリース番号

        • メンテナンス契約書または保証情報

        • 問題点の要約

        • 問題を特定し、解決するためにすでに実施した手順の簡単な説明

        シリアル番号の確認

        シスコのテクニカル サポートに連絡する場合は、スイッチのシリアル番号が必要です。図は、シリアル番号の場所を示しています。show version 特権 EXEC コマンドを使用して、シリアル番号を確認することもできます。

        図 1. シャーシのシリアル番号