技術仕様
技術仕様

技術仕様

物理仕様

以下は、シャーシの物理的特性を示しています。
表 1 Cisco Catalyst 6807-XL スイッチ シャーシの物理特性

物理特性

詳細

サイズ(高さ x 幅 x 奥行)

44.45 x 44.09 x 45.97 cm(17.5 x 17.36 x 18.10 インチ)
  • ケーブル ガイドを含むシャーシ奥行は 58.42 cm(23 インチ)です。

  • シャーシには 10 RU が必要です1

  • シャーシは以下に設置できます。

    • ANSI/EIA 310-D、IEC 60297、および ETS 300-119 標準を満たす 2 支柱または 4 支柱 19 インチ標準装置ラック これらはアクセサリ キットに含まれています。

    • センターマウント ブラケット(別途注文)を使用してシャーシを設置した2 支柱 23 インチ装置ラック

重量

シャーシ単独:29.48 kg(65 ポンド)

フル構成シャーシ(スーパーバイザ エンジン× 2、スイッチング モジュール× 5、電源装置× 4):88.45 kg(195 ポンド)

1 (シャーシの高さの計測にはラックマウント単位(RU または単に U)が使用されることがあります。1 RU つまり 1 U は 44.45 mm(1.75 インチ)です)
関連コンセプト

環境仕様

以下は、シャーシの環境仕様を示しています。
表 2 Cisco Catalyst 6807-XL スイッチ シャーシの環境仕様

項目

環境仕様

動作温度

動作保証:0 ~ 40 °C(32 ~ 104 °F)

設計および動作試験済み:0 ~ 55 °C(32 ~ 131 °F)

(注)     

Cisco Catalyst 6807-XL スイッチには、40 °C(104 °F)でマイナー アラームを生成し、55 °C(131 °F)でメジャー アラームを生成する内部空気温度センサーが備えられています。

非動作時および保管時の温度

シャーシが梱包されていない場合:-20 ~ 65 °C(-4 ~ 149 °F)

シャーシが保護梱包されている場合:-40 ~ 70 °C(-40 ~ 158 °F)

温度遷移

1 分あたり 0.5 °C(ホットからコールド)

1 分あたり 0.33 °C(コールドからホット)

動作時の湿度(RH)(結露しないこと)

5 ~ 90 %

非動作時および保管時の湿度(結露しないこと)

5 ~ 95 %

動作時の高度

実証済み動作時:0 ~ 6500 フィート(0 ~ 2000 m)

設計および動作試験済み:-200 ~ 10,000 フィート(-60 ~ 3,000 m)

衝撃および振動

衝撃
  • 動作時:5 G、30 ms、半正弦波(IEC 68-2-27)

  • 非動作時:20 G、7.5 ms、台形波

振動
  • 動作時:3 ~ 500 Hz

  • 電力スペクトル密度(PSD):10 Hz および 200 Hz において 0.0005 G2/Hz 両端で 5 dB/オクターブのロールオフ 0.5 時間/軸(1.12 g)。

音響ノイズ

67 dB 国際標準化機構(ISO)7779:周囲温度 30 ℃(86 °F)での稼動時における周辺でのノイズ

関連コンセプト