製品概要
製品概要

製品概要

Catalyst 6880-X スイッチは、拡張可能な固定アグリゲーション スイッチです。冗長電源装置および最大 4 個のモジュールに対応するスロットをサポートします。 シャーシには、固定の 10 ギガビット(SFP+)ポートまたは 1 ギガビット(SFP)のポートが 16 個あります。 各システムは、16 ポート単位で最大 80 ポートを構築できます。

スイッチ モデル

表 1  スイッチ モデル

スイッチ モデル

説明

Catalyst 6880-X-LE

10 ギガビットまたは 1 ギガビット ポート(16 個)、ポート カード スロット(4 個)、電源スロット(2 個)。 標準の FIB、ACL、NetFlow テーブルをサポートします。

Catalyst 6880-X

10 ギガビット/1 ギガビット ポート(16 個)、ポート カード スロット(4 個)、電源スロット(2 個)。 大型の FIB、ACL、NetFlow テーブルをサポートします。

前面パネルのコンポーネント

ここでは、前面パネルにある次のコンポーネントについて説明します。

  • SFP+ ポート(16 個)
  • ハーフワイド モジュラ スロット
  • 電源スロット
  • 管理ポート
  • USB ポート
  • コンソール ポート
  • システム リセット ボタン
  • LED
  • ファン トレイ
図 1. Catalyst 6880-X スイッチ

1

SFP+ ポート(16 個)

8

システム ID(青色ビーコン LED)

2

ブランク カバー付きハーフワイド ポート カード モジュラ スロット(4 個)

1

9

USB ポート(コンソール ポート con0)

3

電源スロット(2 個)

2

10

USB LED

4

管理ポート(mgmt0)

11

ステータス LED

5

USB ポート(disk0)

12

ファン トレイ

6

コンソール ポート(RJ-45 con0)

13

シャーシ保持ハンドル

7

リセット ボタン

1 シャーシの出荷時、ポート カード モジュールの取り付け位置にブランク パネルが取り付けられています。
2 注文された電源装置がスイッチに取り付けられています。 2 番めの電源装置が注文されていない場合は、ブランク パネルが取り付けられています。

SFP および SFP+ トランシーバ モジュール ポート

シャーシには、10 ギガビット Ethernet Small Form-Factor Pluggable Plus(SFP+)トランシーバ モジュールのポートが 16 個含まれています。 すべてのポートは、1 ギガビットまたは 10 ギガビットの SFP および SFP+ トランシーバ モジュールをサポートします。

ポートは、Cisco Trust Security(CTS)および仮想スイッチ リンク(VSL)もサポートしているほか、1 ギガビットと 10 ギガビットの両方のモードで Instant Access(AI)を運用できます。

SFP モジュールおよび SFP+ トランシーバ モジュールは、銅線または光ファイバ接続を使用して他の装置と接続できます。 これらのトランシーバ モジュールは現場交換可能であり、SFP モジュール スロットに取り付けられることにより、アップリンク インターフェイスを提供します。 SFP トランシーバ モジュールは光ファイバ接続用の LC コネクタ、または銅線接続用の RJ-45 コネクタを備えています。

サポートされる Cisco SFP および SFP+ モジュールの一覧(互換性マトリクス)については、次の URL を参照してください:http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​hw/​modules/​ps5455/​products_​device_​support_​tables_​list.html

ポートは 1 ~ 16 の番号が割り当てられており、上段が奇数番号のポート、下段が偶数番号のポートです。 次の図に、ポートと LED の番号割り当て方法を示します。

図 2. 固定ポート カードのポート番号

1

LED

3

偶数番号のポート(左から右):2、4、6、8、10、12、14、16

2

奇数番号のポート(左から右):1、3、5、7、9、11、13、15

ハーフワイド モジュラ スロット

シャーシには、着脱可能なモジュラ ライン カードに対応する 4 つのハーフワイド モジュラ スロットがあり、これらのカードでスイッチの機能を拡張することができます。 シャーシの出荷時は、あらかじめモジュラ スロットのブランク カバーが取り付けられています。このカバーは、ポート カード モジュールを使用しない場合、そのまま取り付けておく必要があります。 スロットには、次の図のように番号が付けられています。

図 3. モジュール スロットの番号

1

ハーフワイド モジュール スロット番号 1

4

ハーフワイド モジュール スロット番号 4

2

ハーフワイド モジュール スロット番号 2

5

固定ポート カード(スロット番号 5)

3

ハーフワイド モジュール スロット番号 3

電源スロット

シャーシには 2 つのスロットがあり、2 台の 3000 W AC 入力電源装置または 2 台の 3000 W DC 入力電源装置またはそれらの 1 台のみの搭載が可能です。 シャーシの出荷時には、あらかじめ電源スロットに電源装置が取り付けられています。 電源装置の注文が 1 台のみの場合は、空の電源スロットにブランク カバーが取り付けられています。電源装置を取り付けない場合には、このカバーを取り付けたままにしておく必要があります。

Management Port

Management Port は、ルート プロセッサに直接接続された 10/100/1000 の銅線イーサネット ポートです。 ネットワーク インターフェイス カードの(NIC)のインターフェイスを使用して、TFTP イメージのダウンロード、ネットワーク管理、SNMP、Telnet、SSH 接続をサポートします。 Management Port は、システム内の他のポートから分離されています。また、EARL 転送ロジックの一部ではありません。 Management Port は、システムに高い負荷がある場合でも、CPU へのダイレクト アクセスを提供します。

Management Port は、ホスト モードのレイヤ 3 ポートであり、ルータで終端するトラフィックのみを受け入れます。 このポートは、自分自身と他のポート間のパケットのルーティングを行いません。 このポートは、以下のパケット タイプのみを処理し、それらを適切にエンキューします。

  • アドレス解決プロトコル(ARP)
  • IPv4 ユニキャスト
  • IPv6 ユニキャスト
  • Cisco Discovery Protocol(CDP)
  • リンク層検出プロトコル(LLDP)

USB ポート タイプ B

USB 2.0 ポート タイプ B は、ルート プロセッサへの 2 番目のコンソール接続として機能します。 USB コンソール ポート接続では、USB タイプ A/タイプ B ケーブルが使用されます。 USB コンソール インターフェイス速度は、RJ-45 コンソール インターフェイス速度と同じです。 Windows PC では USB ポート用のドライバが必要です。

USB 優先モードがデフォルトですが、モードはコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して一時変更ができます。 このポートが USB 優先モードの場合に、両方のポートが接続されると、RJ-45 コンソール ポートが無効化されます。 CLI を使用して USB コンソール インターフェイスを設定する方法の詳細については、Catalyst 6500 のソフトウェア ガイドを参照してください。

USB タイプ A ポート

USB タイプ A ポートは、このスイッチで唯一の外部ストレージ インターフェイスです。 このポートは、ルート プロセッサに接続されており、このプロセッサを使用して Cisco IOS ソフトウェアがこのポートにアクセスできるようになります。 このポートは、128 MB ~ 8 GB の容量の Cisco USB フラッシュ ドライブをサポートします(ポート密度が 128 Mb、256 MB、1 GB、4 GB、8 GB の USB デバイスがサポートされます)。 Cisco IOS ソフトウェアは、フラッシュ デバイスに対する標準ファイル システム アクセス(読み取り、書き込み、消去、コピー)を提供します。 このソフトウェアには、FAT ファイル システム(FAT32、FAT16)でフラッシュ デバイスをフォーマットする機能もあります。

コンソール ポート

コンソール ポートは、9600 ボーの速度およびデータ 8 ビット、パリティ ビットなし、ストップ ビット 1 ビットで動作するシリアル コンソールを持つルート プロセッサにアクセスするための汎用非同期送受信機(UART)のサポートを提供する RJ-45 ポートです。

システム リセット ボタン

このくぼんだ部分に取り付けられているボタンが、システムのリセット ボタンです。 ボタンを押すと、ルート プロセッサおよびすべてのポート・カード モジュラ スロットがダウンします。

ファン トレイ

ファン トレイは、シャーシ全体を冷却し、条件がしきい値を超えると、環境モニタとインターフェイスしてアラームを生成します。 ファン トレイは活性挿抜(OIR)をサポートします。

ファン トレイには、可変速設定可能な 4 個の高効率ファンと温度センサーが含まれています。 1 個のファンが故障した場合、残りのファンの速度が増加し、マイナー アラームが生成されます。 重大なファン トレイの障害が発生した場合は、システムがシャット ダウンされます。 個々のファンは現場交換できません。重大なファン トレイの障害発生時にはファン トレイ全体を交換する必要があります。 ファンの詳細については、ファン トレイの取り外しを参照してください。

LED インジケータ

スイッチの LED により、スイッチの動作やパフォーマンスを監視できます。 また、固定スロットのポート カードの各ポートの状態や、ファン トレイ アセンブリ、電源装置も監視もできます。

ポート・カード モジュール スロットに装着されているモジュールには、それら独自の LED が含まれています。

システム ステータス LED

システム ステータス LED は、システムの状態を示します。

表 2 システム ステータス LED インジケータ

カラー/ステート

説明

消灯

システムは使用できません。

システムは正常に動作しており、アラームはありません。

オレンジ

システムでマイナー環境アラームが発生しました。

システムでメジャー環境アラームが発生しました。

関連コンセプト

青色ビーコン LED

この LED は、スイッチに注意が必要なことを示すためにオペレータによってプロビジョニングできます。

表 3 システム ID LED インジケータ

カラー/ステート

説明

青色に点滅

システムに注意が必要です。

関連コンセプト

SPF+ ポートの LED

固定ポート カードの各ポートは、状態を示す LED に関連付けられています。

図 4. 固定ポート カードのポート番号と LED

1

LED:各 LED のペアの最初の LED は、それらの LED の下にある上位(奇数番号)ポートの状態を示し、各ペアの 2 番めの LED は下位(偶数番号)ポートの状態を示します。

3

偶数番号のポート(左から右):2、4、6、8、10、12、14、16

2

奇数番号のポート(左から右):1、3、5、7、9、11、13、15

表 4 固定ポートの LED インジケータ

カラー/ステート

説明

消灯

ポートはプロビジョニングされていません。

オレンジ

ポートはプロビジョニングされていますが、管理には使用できません。

ポートはリンクアップしています。

グリーンとオレンジに交互に点滅

ポート エラーが検出されたか、ポート ビーコンがオペレータによってプロビジョニングされました。

関連コンセプト

Management Port LED

次の表に、Management Port の LED を示します。

カラー/ステート

説明

消灯

ポートはプロビジョニングされていません。

オレンジ

ポートはプロビジョニングされていますが、管理には使用できません。

ポートはリンクアップしています。

グリーンとオレンジに交互に点滅

ポート エラーが検出されたか、ポート ビーコンがオペレータによってプロビジョニングされました。

関連コンセプト

ファン トレイの LED

ファン トレイには、ID LED と Fan Status LED があります。 LED の各種状態を次の表に示します。

図 5. ファン トレイ LED の場所

1

前面パネル

3

ファン ステータス LED

2

ID LED(青色ビーコン)

表 5 ファン トレイ(青色ビーコン)の ID LED インジケータ

カラー/ステート

説明

青色に点滅

ファン トレイに注意が必要です。

表 6 ファン トレイの Fan Status LED インジケータ

カラー/ステート

説明

消灯

ファン トレイに電力が供給されていません。ファンは停止しています。

すべてのファンは正常に動作しています。

ファン トレイに障害があります。

関連コンセプト

AC 入力電源装置の LED

3000 W AC 入力電源装置の LED は、モジュールの前面にあります。 LED の各種状態を次の表に示します。

図 6. AC 入力電源装置の LED の場所

1

AC 入力電源装置の LED の場所

2

オン/オフ スイッチ

表 7 AC 入力電源装置の LED インジケータ

LED

カラー/ステート

説明

IN

グリーンに点灯

AC 入力電流は許容レベルです。

IN

緑色に点滅

AC 入力電流が有効範囲外です。

OUT

グリーンに点灯

DC 出力電流は許容レベルです。

OUT

緑色に点滅

DC 出力電流が有効範囲外です。

FAULT

レッド(点灯)

故障が発生しました。

ID

青色に点滅

電源装置には、オペレータによる注意、始動が必要です。

関連コンセプト

DC 入力電源装置の LED

3000 W DC 入力電源装置の LED は、モジュールの前面にあります。 LED の各種状態を次の表に示します。

図 7. DC 入力電源装置の LED の場所

1

DC 入力電源装置の LED の場所

2

オン/オフ スイッチ

表 8 DC 入力電源装置の LED インジケータ

LED

カラー/ステート

説明

IN1

グリーンに点灯

プライマリ DC 入力電流は許容レベルです。

IN1

緑色に点滅

プライマリ DC 入力電流が有効範囲外です。

IN2

グリーンに点灯

セカンダリ DC 入力電流は許容レベルです。

IN2

緑色に点滅

セカンダリ DC 入力電流が有効範囲外です。

OUT

グリーンに点灯

出力 DC 電流は許容レベルです。

OUT

緑色に点滅

出力 DC 電流が有効範囲外です。

FAULT

消灯

電源装置ユニットは正常に動作しています。

FAULT

赤色に点滅

ユニットが自己診断テストに失敗したか、作動していません。

ID

青色に点滅

電源装置には、オペレータによる注意、始動が必要です。

関連コンセプト

背面パネル

図 8. 背面パネル

1

スイッチの背面パネル