Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.1SY
高速ソフトウェア アップグレード
高速ソフトウェア アップグレード
発行日;2013/10/06 | 英語版ドキュメント(2013/09/29 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 11MB) | フィードバック

目次

高速ソフトウェア アップグレード

高速ソフトウェア アップグレード


) • この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、次の資料を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11846/prod_command_reference_list.html

Cisco IOS Release 15.1SY は、イーサネット インターフェイスだけをサポートしています。Cisco IOS Release 15.1SY は、WAN 機能またはコマンドをサポートしていません。

冗長スーパーバイザ エンジンだけでサポートされます。Cisco IOS ソフトウェアがスタンバイ RP でアップグレードされ、手動によるスイッチオーバーが実行されます。次に、もう一方の RP で新しい Cisco IOS イメージをアップグレードできます。

アップグレード プロセスでは、さまざまなイメージが非常に短い期間、RP にロードされます。この間にスイッチオーバーが発生すると、デバイスは RPR モードで回復します。


 

ヒント Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの詳細(設定例およびトラブルシューティング情報を含む)については、次のページに示されるドキュメントを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/tsd_products_support_series_home.html

技術マニュアルのアイデア フォーラムに参加する


 

Cisco IOS イメージをアップグレードまたはダウングレードするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router> enable

特権 EXEC モードをイネーブルにします(プロンプトが表示されたらパスワードを入力します)。

ステップ 2

Router# copy { ftp: | http:// | https:// | rcp: | scp: | tftp: } device : filenam e

Cisco IOS イメージをアクティブ RP のフラッシュ デバイスにコピーします。

ステップ 3

Router# copy { ftp: | http:// | https:// | rcp: | scp: | tftp: } slave device : filename

Cisco IOS イメージをスタンバイ RP のフラッシュ デバイスにコピーします。

ステップ 4

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 5

Router(config)# no boot system flash [ flash-fs : ][ partition-number : ][ filename ]

(任意)既存のシステム フラッシュ ブート イメージの指定内容をすべてクリアします。

ステップ 6

Router(config)# boot system flash [ flash-fs : ][ partition-number : ][ filename ]

フラッシュ メモリに保存されたイメージのファイル名を指定します。

ステップ 7

Router(config)# config-register 0x2102

コンフィギュレーション レジスタの設定をデフォルト値に設定します。

ステップ 8

Router(config)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードを終了して、特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 9

Router# copy running-config startup-config

コンフィギュレーションの変更をスタートアップ コンフィギュレーション ファイルに保存します。

ステップ 10

hw-module { module standby_slot } reset

指定した Cisco IOS イメージを使用してスタンバイ プロセッサのリセットとリロードを行い、イメージを実行します。

ステップ 11

redundancy force-switchover

スタンバイ RP へのスイッチオーバーを強制します。

ヒント Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの詳細(設定例およびトラブルシューティング情報を含む)については、次のページに示されるドキュメントを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/tsd_products_support_series_home.html

技術マニュアルのアイデア フォーラムに参加する