Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.1SY
索引
Index
発行日;2013/08/07 | 英語版ドキュメント(2013/05/16 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

Index

数字

4K VLAN(4,096 個の VLAN サポート) 25-3

802.1AE タギング 70-2

802.1Q

ISL VLAN へのマッピング 25-7

トランク 20-4

制約事項 20-2

トンネリング

概要 28-4

設定時の注意事項 28-1

トンネル ポートの設定 28-6

レイヤ 2 プロトコル トンネリング

「レイヤ 2 プロトコル トンネリング」を参照

802.1Q EtherType

カスタムの設定 20-16

802.1Q VLAN から ISL VLAN へのマッピング 25-7

802.1X 83-1

802.1X アカウンティング 83-44

802.1x の許可ポート 83-12

802.1x の無許可ポート 83-12

802.3ad

「LACP」を参照

802.3af 19-3

802.3at 19-2

802.3x フロー制御 10-9

A

AAA

失敗ポリシー 83-8, 84-5

aaa accounting dot1x コマンド 83-44

aaa accounting system コマンド 83-44

AAA(認証、許可、アカウンティング)。「ポートベースの認証」も参照 83-6, 84-2

access-enable host timeout(サポートなし) 69-4

ACE および ACL 69-1

ACL

Filter-ID 83-25

スタティックに共有 83-25

ダウンロード可能 84-2

ダウンロード可能(dACLs) 83-24

ポート

定義 73-2

ユーザ単位 83-24

リダイレクト URL 83-25

any transport over MPLS(AToM) 38-3

Ethernet over MPLS 38-3

ARP ACL 69-12

ARP スプーフィング 80-3

AToM 38-3

authentication control-direction コマンド 83-54

authentication event コマンド 83-46

authentication open コマンド 83-15

authentication periodic コマンド 83-38, 83-51

authentication port-control コマンド 83-46

authentication timer reauthenticate コマンド 83-39

auto-sync コマンド 9-4

B

BackboneFast

「STP BackboneFast」を参照

BPDU

Bridge Assurance 31-5

RSTP 形式 30-17

Shared Spanning Tree Protocol(SSTP) 31-21

BPDU ガード

「STP BPDU ガード」を参照

Bridge Assurance

一貫性のないステート 31-5

サポートされているプロトコルとリンクのタイプ 31-5

説明 31-5 ~ 31-7

C

CALEA、「法執行のための通信援助法(CALEA)」を参照

Call Home

アラート グループ 53-33

説明 53-3

メッセージ

形式オプション 53-4

メッセージ形式オプション 53-4

call home 53-1

smart call home の機能 53-5

SMTP サーバ 53-2

宛先プロファイル 53-24

重大度しきい値 53-35

情報の表示 53-47

通信のテスト 53-41

定期的な通知 53-35

パターン マッチング 53-38

レート制限メッセージ 53-40

連絡先情報 53-23

call home 宛先プロファイル

説明 53-25

属性 53-25

表示 53-50

call home アラート グループ

設定 53-33

説明 53-33

登録 53-34

Call Home 顧客情報

情報の入力 53-23

call home 通知

syslog の XML 形式 53-19

syslog のフルテキスト形式 53-19

CDP

Cisco IP Phone の設定 18-3

ホスト表示の検出 83-14, 85-4

CEF

設定

RP 32-5

スーパーバイザ エンジン 32-4

パケットの書き換え 32-3

32-3

レイヤ 3 スイッチング 32-2

Certificate Authority(CA) 53-2

channel-group グループ

コマンド 22-9, 22-14, 22-15, 22-16, 22-17

コマンド例 22-10, 22-15

Cisco Discovery Protocol

「CDP」を参照

Cisco Emergency Responder 18-4

Cisco EnergyWise 12-1

CISCO-IP-TAP-MIB

citapStreamVRF 86-2

アクセスの制限 86-11

概要 86-9

CISCO-TAP2-MIB

アクセス 86-10

アクセスの制限 86-10, 86-11

概要 86-8, 86-9

CISP 83-30

CIST リージョナル ルート

「MSTP」を参照

CIST ルート

「MSTP」を参照

class コマンド 63-10

clear authentication sessions コマンド 83-41

clear counters コマンド 10-13

clear dot1x コマンド 83-40

clear interface コマンド 10-13

CLI

1 レベル後退 2-5

ROM モニタ 2-7

アクセス 2-1

インターフェイス コンフィギュレーション モード 2-5

グローバル コンフィギュレーション モード 2-5

コマンドのリスト表示 2-6

コンソール コンフィギュレーション モード 2-5

ソフトウェアの基礎知識 2-4

特権 EXEC モード 2-5

ヒストリ置換 2-4

Client Information Signalling Protocol

「CISP」を参照

CoPP 77-1

概要 77-3

コントロール プレーン コンフィギュレーション モード

開始 77-5

制御プレーン コンフィギュレーション モードの開始 77-5

制御プレーンへの QoS サービス ポリシーの適用 77-5

設定

MLS QoS のイネーブル化 77-5

サービスポリシー マップ 77-5

トラフィックと照合する ACL 77-5

パケット分類基準 77-5

統計のモニタリング 77-9

トラフィック分類

ACL 例 77-8

概要 77-6

サンプル クラス 77-6

注意事項 77-8

定義 77-6

パケット分類の注意事項 77-2

表示

ダイナミックな情報 77-9

適合バイト数およびパケット数 77-9

レート情報 77-9

CoS

オーバーライド プライオリティ 18-6, 19-5

CSCsr62404 10-10

CSCtx75254 5-2

cTap2MediationDebug 通知 86-12

cTap2MediationNewIndex オブジェクト 86-8

cTap2MediationTable 86-8

cTap2MediationTimedOut 通知 86-12

cTap2MIBActive 通知 86-12

cTap2StreamDebug 通知 86-12

cTap2StreamTable 86-9

D

dACL

「ACL、ダウンロード可能」を参照 83-24

dCEF 32-4

debug コマンド

IP MMLS 43-32

DEC スパニングツリー プロトコル 34-2

Denial of Service(DoS)保護 76-1

DHCP Option 82

回線 ID サブオプション 78-7

概要 78-6

パケット形式、サブオプション

回線 ID 78-7

リモート ID 78-7

リモート ID サブオプション 78-7

DHCP スヌーピング

802.1X データ挿入 83-16

Option 82 データ挿入 78-6

イネーブル化 78-9, 78-10, 78-11, 78-12, 78-13, 78-14

概要 78-3

スヌーピング データベース エージェント 78-8

設定 78-9

設定時の注意事項 78-9

データベース エージェントのイネーブル化 78-14

デフォルト設定 78-9

バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バインディング テーブルの表示 78-19

メッセージ交換プロセス 78-6

モニタリング 79-5, 79-6

DHCP スヌーピング増加バインディング制限 78-15

DHCP スヌーピング データベース エージェント

TFTP ファイルからの読み取り(例) 78-17

イネーブル化(例) 78-16

概要 78-8

データベースへの追加(例) 78-18

DHCP スヌーピング バインディング データベース

エントリ 78-5

説明 78-5

DHCP スヌーピング バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP バインディング データベース

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DHCP バインディング テーブル

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

DiffServ

ショート パイプ モード 67-28

ショート パイプ モードの設定 67-31

ユニフォーム モード 67-29

ユニフォーム モードの設定 67-35

DiffServ トンネリング モード 67-4

DNS、「ドメイン ネーム システム」を参照

DoS からの保護 76-1

QoS ACL 76-2

uRPF チェック 76-7

セキュリティ ACL 76-2

パケット ドロップ統計のモニタリング

monitor session コマンドの使用 76-11

VACL 取り込みの使用 76-13

dot1x initialize interface コマンド 83-40

dot1x max-reauth-req コマンド 83-44

dot1x max-req コマンド 83-43

dot1x pae authenticator コマンド 83-34

dot1x re-authenticate interface コマンド 83-39

dot1x timeout quiet-period コマンド 83-41

DSCP ベースのキューのマッピング 65-14

duplex コマンド 10-5, 10-6

E

EAC 70-2

EAPOL。「ポートベースの認証」も参照 83-7

eFSU、「Enhanced Fast Software Upgrade(eFSU)」を参照

EnergyWise 12-1

Enhanced Fast Software Upgrade(eFSU)

モジュール上のメモリ予約 5-5

モジュール上のメモリ予約、禁止 5-5

モジュールの最大停止時間の表示 5-10

enhanced Fast Software Upgrade(eFSU)

issu loadversion コマンド 5-9

新しいソフトウェア バージョンの許可 5-12

エラー処理 5-5

サポートされてない OIR 5-3

実行 5-5

使用上の注意事項および制限事項 5-2

冗長モードの確認 5-7

スイッチオーバーの強制実行(issu runversion コマンド) 5-11

スタンバイ RP に対する新しいソフトウェアの認定(issu commitversion コマンド) 5-13

スタンバイ RP への新しいソフトウェアのロード 5-9

中断(issu abortversion コマンド) 5-14

停止時間 5-4

手順 5-6

動作 5-3

EOBC

MAC アドレス テーブルの同期化 20-3

EoMPLS

VLAN モード 38-3

VLAN モードの設定 38-3

設定 38-4

注意事項および制約事項 38-1

ポート モード 38-3

ERSPAN 56-1

EtherChannel

channel-group グループ

コマンド 22-9, 22-14, 22-15, 22-16, 22-17

コマンド例 22-10, 22-15

interface port-channel

コマンド例 22-9

interface port-channel(コマンド) 22-8

lacp システム プライオリティ

コマンド例 22-11

「MEC」を参照 4-16

Min-Links 22-14, 22-15

PAgP

概要 22-5

port-channel load-balance

コマンド 22-11, 22-12

コマンド例 22-12

STP 22-7

概要 4-4, 22-3

設定

レイヤ 2 22-9

設定(作業) 4-29, 22-8

設定時の注意事項 4-29, 22-2

ポートチャネル インターフェイス 22-7

モード 22-4

レイヤ 2

設定 22-9, 22-16

ロード バランシング

概要 22-7

設定 22-12

EtherChannel ガード

「STP EtherChannel ガード」を参照

Ethernet over MPLS(EoMPLS) 38-3

Ethernet over MPLS(EoMPLS)設定

EoMPLS VLAN モード 38-4

EoMPLS ポート モード 38-7

EVC

サポート機能 41-2

設定時の注意事項 41-2

デフォルト設定 41-10

ブロードキャスト ドメイン 41-4

EXP 変換 67-4

Extensible Authentication Protocol over LAN。「EAPOL」を参照

F

FIB TCAM 36-3

Flex Link 21-1

インターフェイスのプリエンプション 21-3

設定 21-4

設定時の注意事項 21-2

説明 21-2

デフォルト設定 21-4

モニタリング 21-6

G

get 要求 86-7, 86-8, 86-11

H

hello タイム

MSTP 30-46

hello タイム、STP 30-36

http://www-tac.cisco.com/Teams/ks/c3/xmlkwery.php?srId=612293409 22-3

I

IAP

コンテンツ IAP 86-7

タイプ 86-6

定義 86-6

ID IAP 86-6

コンテンツ IAP 86-6

ICMP 到達不能メッセージ 69-2

ID

シリアル ID 53-16

ID IAP 86-6

IEEE 802.1Q Ethertype

カスタム設定 20-16

IEEE 802.1w

「RSTP」を参照

IEEE 802.1x

DHCP スヌーピング 83-16

MAC 認証バイパス 83-26

Network Admission Control レイヤ 2 検証 83-27

RADIUS 供給セッション タイムアウト 83-38

WoL サポート 83-28

アカウンティング 83-16, 83-44

音声 VLAN 83-22

クリティカル ポート 83-21

ゲスト VLAN 83-19

認証失敗 VLAN 83-20

ポート セキュリティ相互運用性 83-23

IEEE 802.3ad

「LACP」を参照

IEEE 802.3af 19-3

IEEE 802.3at 19-2

IEEE 802.3x フロー制御 10-9

IEEE ブリッジング プロトコル 34-2

IGMP 44-1

join メッセージ 44-4

イネーブル化 44-10

クエリー 44-4

クエリー時間

設定 44-12

スヌーピング

概要 44-3, 47-3

高速脱退 44-6

マルチキャスト グループからの脱退 44-6, 47-4

マルチキャスト グループへの加入 44-4, 47-4

スヌーピング クエリア

イネーブル化 44-9

概要 44-3, 47-3

設定時の注意事項 51-9

脱退処理

イネーブル化 44-13

IGMPv3 43-27

IGMPv3、IGMP v3lite、および URD を使用した送信元固有マルチキャスト 43-27

IGMP v3lite 43-27

ignore port trust 63-11

interface port-channel

コマンド例 22-9

interface port-channel(コマンド) 22-8

interfaces range macro コマンド 10-2

interfaces range コマンド 55-3

interfaces コマンド 10-2

Internet Group Management Protocol(インターネット グループ管理プロトコル) 44-1, 47-1

IP CEF

トポロジ(図) 32-4

ip flow-export source コマンド 58-3, 58-4, 58-5

ip http server 1-7

ip local policy route-map コマンド 33-5

IP MMLS

debug コマンド 43-32

イネーブル化

ルータ インターフェイス上 43-18

概要 43-2

キャッシュ、概要 43-4

設定時の注意事項 43-1

デフォルト設定 43-15

パケットの書き換え 43-5

ルータ

PIM、イネーブル化 43-17

インターフェイス上でのイネーブル化 43-18

グローバルなイネーブル化 43-17

レイヤ 3 の MLS キャッシュ 43-4

ip multicast-routing コマンド

IP マルチキャストのイネーブル化 43-17

IP Phone

設定 18-5

ip pim コマンド

IP PIM のイネーブル化 43-17

ip policy route-map コマンド 33-5

IPv4 マルチキャスト VPN 49-1

IPv6 QoS 62-4

IPv6 マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング 50-1

IP アカウンティング、IP MMLS 43-2

IP ソース ガード 79-1

概要 79-2

設定 79-3

表示 79-5, 79-6

プライベート VLAN 上での設定 79-5

IP の番号付けなし 34-1

IP マルチキャスト

IGMP スヌーピング 44-9

MLDv2 スヌーピング 51-9

概要 44-3, 47-2, 48-2

IP マルチキャスト MLS

「IP MMLS」を参照

ISL トランク 20-4

J

join メッセージ、IGMP 44-4

L

LACP

システム ID 22-6

LER 67-2, 67-6, 67-7

LLDP-MED

設定する

TLV 19-8

Logical Operator Unit

「LOU」を参照

LOU

最大数の決定 69-3

説明 69-3

LSR 67-2, 67-7

M

mab コマンド 83-46, 83-51

MACSec 70-2

MAC アドレス テーブル通知 20-7

MAC アドレスベースのブロッキング 72-1

MAC アドレス リダクション 30-3

MAC 移動(ポート セキュリティ) 85-3

MAC 認証バイパス。「ポートベースの認証」も参照 83-26

main-cpu コマンド 9-4

match ip address コマンド 33-4

match length コマンド 33-4

MEC

概要 4-16

コンフィギュレーション 4-47

障害 4-17

ポートのロード シェアリング延期 4-18

MIB

CISCO-IP-TAP-MIB 86-2, 86-9, 86-11

CISCO-TAP2-MIB 86-8, 86-10, 86-11

SNMP-COMMUNITY-MIB 86-10

SNMP-USM-MIB 86-5, 86-10

SNMP-VACM-MIB 86-5, 86-10

min-links 22-14

MLD

レポート 51-5

MLDv1 51-2

MLDv2 51-1

イネーブル化 51-11

クエリー 51-6

スヌーピング

概要 51-3

高速脱退 51-8

マルチキャスト グループからの脱退 51-7

マルチキャスト グループへの加入 51-5

スヌーピング クエリア

イネーブル化 51-10

概要 51-3

脱退処理

イネーブル化 51-12

MLDv2 スヌーピング 51-1

MLD スヌーピング

クエリー時間

設定 51-10

MPLS 36-1, 36-2

any transport over MPLS 38-3

IP から MPLS へのパス 36-4

MPLS から IP へのパス 36-4

MPLS から MPLS へのパス 36-4

QoS のデフォルト設定 67-14

VPN 67-11

VPN に関する注意事項および制約事項 37-2

基本的な設定 36-9

コア 36-4

実験フィールド 67-3

集約ラベル 36-3

出力 36-4

制約事項 36-2

入力 36-4

ハードウェア機能 36-5

非集約ラベル 36-3

ラベル 36-2

MPLS DiffServ トンネリング モード 67-27

MPLS QoS

Diffserv コード ポイント 67-2

E-LSP 67-2

EXP 値マッピングの設定 67-26

EXP ビット 67-2

IP Precedence 67-2

QoS タグ 67-2

queueing-only モード 67-17

機能 67-3

クラス マップの設定 67-18

コマンド 67-15

サービス クラス 67-2

出力 EXP 変換の設定 67-25

分類 67-2

ポリシー マップの設定 67-20

ポリシー マップの表示 67-24

MPLS QoS の設定

MPLS パケットを分類するためのクラス マップ 67-18

MPLS VPN

制限事項および制約事項 37-2

MPLS サポート コマンド 36-2

MQC 61-1

MST

Rapid PVST+ との相互運用 31-21

ルート ブリッジ 31-21

MSTP

CIST、説明 30-20

CIST リージョナル ルート 30-21, 30-23

CIST ルート 30-22

CST

定義 30-21

リージョン間の動作 30-21

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスの再起動 30-49

説明 30-25

IEEE 802.1s

実装 30-24

ポートの役割名の変更 30-24

用語 30-22

IST

定義 30-20

マスター 30-21

リージョン内の動作 30-21

MST リージョン

CIST 30-20

IST 30-20

サポートされるスパニングツリー インスタンス 30-20

設定 30-39

説明 30-20

ホップ カウント メカニズム 30-23

VLAN と MST インスタンスのマッピング 30-40

概要 30-19

拡張システム ID

異常動作 30-41

セカンダリ ルート スイッチへの影響 30-42

ルート スイッチへの影響 30-41

境界ポート

設定時の注意事項 30-2

説明 30-23

ステータスの表示 30-49

ステータス、表示 30-49

設定

MST リージョン 30-39

高速コンバージェンス用リンク タイプ 30-48

最大エージング タイム 30-47

最大ホップ カウント 30-48

スイッチ プライオリティ 30-45

セカンダリ ルート スイッチ 30-42

転送遅延時間 30-47

ネイバー タイプ 30-48

パス コスト 30-44

ポート プライオリティ 30-43

ルート スイッチ 30-41

設定時の注意事項 30-2

設定する

hello タイム 30-46

デフォルト設定 30-27

モードのイネーブル化 30-39

ルート スイッチ

異常動作 30-41

拡張システム ID の影響 30-41

設定 30-41

MTU サイズ(デフォルト) 25-4

Multidomain Authentication(MDA)。「ポートベースの認証」も参照 83-14

MUX-UNI サポート 36-7

MVAP(Mul-VLAN Access Port)。「ポートベースの認証」も参照 83-22

MVR

IGMPv3 と 46-2

アプリケーション例 46-3

インターフェイスの設定 46-6

グローバル パラメータを設定する 46-6

スイッチ スタックでの 46-5

制約事項 46-2

デフォルト設定 46-5

マルチキャスト TV アプリケーション 46-3

モニタリング 46-8

N

NAC

RADIUS サーバを使用した IEEE 802.1x 検証 83-51

RADIUS サーバを使用した IEEE 802.1x 認証 83-51

アクセス不能認証バイパス 83-48

エージェントレス監査サポート 83-27

クリティカル認証 83-21, 83-48

レイヤ 2 IEEE 802.1x 検証 83-51

レイヤ 2 IEEE802.1x 検証 83-27

NDAC 70-2

NEAT

概要 83-30

設定する 83-55

NetFlow

テーブル、エントリの表示 32-5

NSF with SSO では、IPv6 マルチキャスト トラフィックがサポートされません。 7-1, 8-1

O

OIR 10-11

P

PAgP

概要 22-5

PBACL 69-6

PBF 74-4

PBR 1-8

PBR(ポリシーベース ルーティング)

イネーブル化 33-4

設定(例) 33-7

PFC

再循環 36-5

PIM、IP MMLS 43-17

PIM スヌーピング

VLAN におけるイネーブル化 45-6

概要 45-5

グローバルなイネーブル化 45-5

指定ルータのフラッディング 45-7

platform aging コマンド

IP MLS の設定 52-3, 52-4

platform ip multicast コマンド

IP MMLS のイネーブル化 43-18 ~ 43-28

PoE 19-2

IEEE 802.3af 19-3

IEEE 802.3at 19-2

シスコ準規格 19-3

PoE 管理 19-3

電力消費の測定 19-4

電力ポリシング 19-4

police コマンド 63-13, 63-15

policy-based forwarding(PBF) 75-2

policy-map コマンド 63-10

port-channel load-balance

コマンド 22-11, 22-12

コマンド例 22-11, 22-12

port-channel load-defer コマンド 4-47

port-channel port load-defer コマンド 4-48

PortFast

「STP PortFast」を参照

エッジ ポート 31-2

ネットワーク ポート 31-2

PortFast エッジ BPDU フィルタリング

「STP PortFast エッジ BPDU フィルタリング」を参照

PortFast ポートのタイプ

エッジ 31-2

説明 31-2, 31-2 ~ ??

ネットワーク 31-2

Power over Ethernet 19-2

Private Hosts 機能

PACL がある場合のトラフィックの制限 27-5

概要 27-4

プロトコル独立型 MAC ACL 27-4

ポート ACL(PACL) 27-7

ポート タイプ 27-6

private hosts 機能

スプーフィングからの保護 27-3

設定(概要) 27-8

設定時の注意事項 27-1

設定(詳細手順) 27-9

マルチキャストの動作 27-4

PVLAN ポートのポート セキュリティ 85-2

PVRST

「Rapid-PVST」を参照 30-3

PVST

説明 30-3

PVST シミュレーション

PVST ピアの一貫性がないステート 31-21

説明 31-21

ルート ブリッジ 31-21

PVST ピアの一貫性がないステート

PVST シミュレーション 31-21

Q

QoS

IPv6 62-4

自動 QoS

VoIP 用にイネーブル化 66-4

「自動 QoS」も参照 66-1

QoS CoS

ポートの値、設定 65-2

QoS DSCP

マップ、設定 65-7

QoS VLAN ベースまたはポート ベース 65-12

QoS アウト オブ プロファイル 63-4

QoS 受信キュー 65-18

QoS 送信キュー 64-6, 65-15, 65-16

QoS デフォルト設定 68-2

QoS 統計データ エクスポート 68-2

宛先ホストの設定 68-7

時間間隔の設定 68-6, 68-9

設定 68-2

QoS のマッピング

CoS 値から DSCP 値 65-4, 65-7

DSCP 値から CoS 値 65-9

DSCP 変換 65-3, 67-25

DSCP マークダウン値 65-8, 67-15

IP precedence 値から DSCP 値 65-7

QoS ポート

信頼状態 65-10

QoS ポート ベースまたは VLAN ベース 65-12

QoS ポリシング ルール

aggregate 63-4

マイクロフロー 63-4

QoS マークダウン 63-4

R

RADIUS 78-6

RADIUS。「ポートベースの認証」も参照 83-7

Rapid-PVST

イネーブル化 30-38

Rapid PVST+

MST との相互運用 31-21

概要 30-3

Remote Authentication Dial-In User Service。「RADIUS」を参照

RHI 4-54

RIF キャッシュのモニタリング 10-12

ROM モニタ

CLI 2-7

route health injection

「RHI」を参照

route-map (IP) コマンド 33-4

RPF

エラー 43-8

非 RPF マルチキャスト 43-8

RPR および RPR+ による IPv6 マルチキャスト トラフィックのサポート 9-1

RSTP

BPDU

形式 30-17

処理 30-18

IEEE 802.1D との相互運用性

移行プロセスの再起動 30-49

説明 30-25

トポロジの変更 30-18

「MSTP」も参照

アクティブ トポロジ 30-14

概要 30-14

高速コンバージェンス

エッジ ポートおよび Port Fast 30-15

説明 30-15

ポイントツーポイント リンク 30-15, 30-48

ルート ポート 30-15

指定スイッチ、定義 30-14

指定ポート、定義 30-14

提案合意ハンドシェイク プロセス 30-15

ポートの役割

説明 30-14

同期 30-16

ルート ポート、定義 30-14

S

Security Exchange Protocol(SXP) 70-2

service-policy input コマンド 63-18, 64-18, 65-4, 65-6, 67-26, 76-7

set default interface コマンド 33-4

set interface コマンド 33-4

set ip default next-hop コマンド 33-4

set ip df コマンド

PBR 33-4

set ip next-hop コマンド 33-4

set ip precedence コマンド

PBR 33-4

set ip vrf コマンド

PBR 33-4

set 要求 86-7, 86-8, 86-11

SGACL 70-2

SGT 70-2

Short Pipe モード

設定 67-31

show authentication コマンド 83-59

show catalyst6000 chassis-mac-address コマンド 30-4

show dot1x interface コマンド 83-39

show eobc コマンド 10-12

show history コマンド 2-4

show ibc コマンド 10-12

show interfaces コマンド 10-8, 10-9, 10-12, 20-6, 20-13

インターフェイス カウンタのクリア 10-13

表示、速度およびデュプレックス モード 10-6

show ip local policy コマンド 33-5

show mab コマンド 83-62

show module コマンド 9-5

show platform aging コマンド 52-4

show platform entry コマンド 32-5

show platform ip multicast group コマンド

IP MMLS グループの表示 43-29

show platform ip multicast interface コマンド

IP MMLS インターフェイスの表示 43-29

show platform ip multicast source コマンド

IP MMLS の送信元の表示 43-29

show platform ip multicast statistics コマンド

IP MMLS 統計情報の表示 43-29

show platform ip multicast summary

IP MMLS 設定の表示 43-29

show protocols コマンド 10-12

show rif コマンド 10-12

show running-config コマンド 10-12

ACL を表示する 73-8

show svclc rhi-routes コマンド 4-54

show version コマンド 10-12

shutdown コマンド 10-14

smart call home 53-1

Transport Gateway(TG)集約ポイント 53-4

宛先プロファイル(説明) 53-25

サービス契約の要件 53-2

説明 53-5

登録要件 53-5

SMARTnet

smart call home の登録 53-5

SmartPort マクロ 3-1

グローバル パラメータ値の適用 3-14

作成 3-13

設定時の注意事項 3-2

定義 3-4

デフォルト設定 3-4

トレース 3-2

表示 3-15

マクロの適用 3-14

SNMP

get および set 要求 86-7, 86-8, 86-11

サポートおよびマニュアル 1-7

設定 86-10

通知 86-9, 86-12

デフォルト ビュー 86-10

SNMP-COMMUNITY-MIB 86-10

SNMP-USM-MIB 86-5, 86-10

SNMP-VACM-MIB 86-5, 86-10

SNMP 通知の UDP ポート 86-12

SPAN

don't learn オプションの付いた入力パケット

ERSPAN 56-29, 56-30

RSPAN 56-23, 56-26

概要 56-12

ローカル SPAN 56-17, 56-18, 56-19, 56-20

EtherChannel での宛先ポート サポート 56-12, 56-19, 56-23, 56-25, 56-26, 56-30

概要 56-7

設定 56-13

VLAN フィルタリング 56-31

ソース 56-17, 56-19, 56-21, 56-23, 56-24, 56-26, 56-27, 56-29

設定時の注意事項 56-1

分散型出力 56-11, 56-16

ERSPAN に対してディセーブルになっているモジュール 56-7

ローカル SPAN 出力セッションの増加 56-3, 56-17

spanning-tree backbonefast

コマンド 31-16, 31-17

コマンド例 31-16, 31-17

spanning-tree cost

コマンド 30-35

コマンド例 30-35

spanning-tree portfast

コマンド 31-2, 31-3, 31-4

コマンド例 31-3, 31-4

spanning-tree portfast bpdu-guard

コマンド 31-8

spanning-tree port-priority

コマンド 30-33

spanning-tree uplinkfast

コマンド 31-13

コマンド例 31-13

spanning-tree vlan

コマンド 30-29, 30-30, 30-32, 31-9, 31-18

コマンド例 30-29, 30-30, 30-32

spanning-tree vlan cost

コマンド 30-35

spanning-tree vlan forward-time

コマンド 30-37

コマンド例 30-37

spanning-tree vlan hello-time

コマンド 30-37

コマンド例 30-37

spanning-tree vlan max-age

コマンド 30-38

コマンド例 30-38

spanning-tree vlan port-priority

コマンド 30-33

コマンド例 30-34

spanning-tree vlan priority

コマンド 30-36

コマンド例 30-36

SPAN 宛先ポートの許可リスト 56-15

speed コマンド 10-4

sticky MAC アドレス 85-4

STP

EtherChannel 22-7

概要 30-2

802.1Q トランク 30-13

BPDU 30-4

概要 30-3

ディセーブル ステート 30-13

トポロジ 30-6

フォワーディング ステート 30-12

ブロッキング ステート 30-9

プロトコル タイマー 30-6

ポート ステート 30-6

ラーニング ステート 30-11

リスニング ステート 30-10

ルート ブリッジ選択 30-5

設定 30-28

hello タイム 30-36

イネーブル化 30-28, 30-30

最大エージング タイム 30-38

セカンダリ ルート スイッチ 30-32

転送遅延時間 30-37

ブリッジ プライオリティ 30-36

ポート コスト 30-34

ポート プライオリティ 30-33

ルート ブリッジ 30-31

デフォルト 30-26

標準ポート 31-3

STP BackboneFast

spanning-tree backbonefast

コマンド 31-16, 31-17

コマンド例 31-16, 31-17

概要 31-14

スイッチの追加 31-19

設定 31-16

STP BPDU ガード

spanning-tree portfast bpdu-guard

コマンド 31-8

概要 31-8

設定 31-8

STP EtherChannel ガード 31-17

STP PortFast

BPDU フィルタリング 31-9

設定 31-10

spanning-tree portfast

コマンド 31-2, 31-3, 31-4

コマンド例 31-3, 31-4

概要 31-2

設定 31-2

STP UplinkFast

spanning-tree uplinkfast

コマンド 31-13

コマンド例 31-13

概要 31-12

設定 31-13

STP の拡張機能

説明 ?? ~ 31-22

STP ブリッジ ID 30-3

STP ポートのタイプ

標準 31-3

STP ルート ガード 31-18

STP ループ ガード

概要 31-18

設定 31-20

svclc コマンド 4-54

switchport

設定 20-15

20-14

switchport access vlan 20-7, 20-8, 20-11, 20-15

20-15

switchport mode access 20-4, 20-7, 20-8, 20-15

20-15

switchport mode dynamic 20-10

switchport mode dynamic auto 20-4

switchport mode dynamic desirable 20-4

デフォルト 20-5

20-14

switchport mode trunk 20-4, 20-10

switchport nonegotiate 20-4

switchport trunk allowed vlan 20-12

switchport trunk encapsulation 20-8, 20-9

switchport trunk encapsulation dot1q

20-14

switchport trunk encapsulation negotiate

デフォルト 20-5

switchport trunk native vlan 20-11

switchport trunk pruning vlan 20-13

SXP 70-2

T

TDR

ケーブル接続の確認 10-14

注意事項 10-14

テストの開始および中止 10-14

Telnet

CLI へのアクセス 2-2

TLV

ホスト表示の検出 18-4, 83-14, 85-4

traceroute、レイヤ 2

1 ポートに複数のデバイス 59-2

ARP 59-2

CDP 59-1

IP アドレスおよびサブネット 59-2

MAC アドレスおよび VLAN 59-2

説明 59-2

マルチキャスト トラフィック 59-2

ユニキャスト トラフィック 59-2

tracerout、レイヤ 2

使用上の注意事項 59-1

Type-Length-Value

「TLV」を参照

U

UDE

概要 35-4

設定 35-5

UDE および UDLR 35-1

UDLD

イネーブル化

グローバル 11-5

ポート 11-5, 11-6

概要 11-2

デフォルト設定 11-4

UDLR 35-1

設定 35-6

トンネル

ARP および NHRP 35-4

(例) 35-7

バック チャネル 35-3

UDLR(単方向リンク ルーティング) 35-1

UMFB 82-2

Unknown Unicast Flood Rate-limiting

「UUFRL」を参照

UplinkFast

「STP UplinkFast」を参照

URD 43-27

UUFB 82-2

UUFRL 82-2

V

VACL 74-3

MAC アドレスベース 74-2

SVI 74-5

WAN インターフェイス 74-3

設定

74-6

マルチキャスト パケット 73-6

レイヤ 3 VLAN インターフェイス 74-5

レイヤ 4 ポート演算 69-2

ロギング

制約事項 74-8

設定 74-7

設定例 74-8

VLAN

4,096 個の VLAN サポート 25-3

VLAN 1 の最小化 20-12

VTP ドメイン 25-4

インターフェイスの割り当て 25-6

概要 25-2

拡張範囲 25-3

設定 25-1

設定(作業) 25-4

設定時の注意事項 25-2

デフォルト 25-3

トークン リング 25-3

トランク

概要 20-4

トランク上で許可される 20-12

名前(デフォルト) 25-3

標準範囲 25-3

マルチキャスト 46-2

予約範囲 25-3

vlan

コマンド 25-5, 25-7, 56-21

コマンド例 25-6

vlan group コマンド 83-45

vlan mapping dot1q

コマンド 25-9

VLAN アクセス コントロール リスト

「VACL」を参照

VLAN データベース

コマンド 25-5, 25-7, 56-21

VLAN ブリッジ スパニングツリー プロトコル 34-2

VLAN ベースの QoS フィルタリング 69-10

VLAN 変換

コマンド例 25-9, 25-10

VLAN ポート プロビジョニングの確認 25-5

VLAN マップ

適用 73-8

VLAN モード 38-3

VLAN ロック 25-5

VPN

設定例 37-4

注意事項および制約事項 37-2

VPN サポート コマンド 37-2

VPN スイッチング 37-1

VSS

デュアル アクティブ検出

fast-hello、説明 4-26

fast-hello、利点 4-25

VSLP fast-hello、設定 4-49

拡張 PAgP、説明 4-26, 4-48

拡張 PAgP、利点 4-25

VSS Quad-Sup SSO(V4SO) 4-9

VTP

アドバタイズメント 24-4, 24-5

概要 24-3

クライアント、設定 24-16

サーバ、設定 24-16

設定時の注意事項 24-1

ディセーブル化 24-16

デフォルト設定 24-10

統計情報 24-18

ドメイン 24-3

VLAN 25-4

トランスペアレント モード、設定 24-16

バージョン 2

イネーブル化 24-13

概要 24-5

バージョン 3

イネーブル化 24-14

概要 24-6

サーバ タイプ、設定 24-12

プルーニング

概要 24-7

設定 20-13, 24-13

ポート単位のイネーブル化とディセーブル化 24-17

モード

クライアント 24-4

サーバ 24-4

トランスペアレント 24-4

モニタリング 24-18

W

Web ブラウザ インターフェイス 1-7

Web ベース認証

AAA 失敗ポリシー 84-5

説明 84-2

WoL。「ポートベースの認証」も参照 83-28

アウトオブバンド MAC アドレス テーブルの同期

VSS での 4-2

アウトオブバンド MAC アドレス テーブルの同期化

設定 20-7

アウト オブ プロファイル

「QoS アウト オブ プロファイル」を参照

アカウンティング

802.1x での 83-44

IEEE 802.1x での 83-16

アクセス、MIB の制限 86-10

アクセス権 86-9

アクセス コントロール エントリおよびリスト 69-1

アクセスの設定、例 86-11

アクセス不能認証バイパス 83-21

アクセスポート、設定 20-15

アクティブ化、合法的傍受の 86-9

アドバタイズメント、VTP 24-4

アラーム

マイナー 14-4

メジャー 14-4

イーサネット

ポート デュプレックスの設定 10-10

イーサネット仮想接続

「EVC」を参照

イーサネット フロー ポイント

「EFP」を参照

イネーブル

SNMP 通知 86-12

合法的傍受 86-9

イネーブル化

IP MMLS

ルータ インターフェイス上 43-18

イネーブル モード 2-5

インターフェイス

カウンタ、クリアする 10-13

コンフィギュレーション モード 2-5

再起動 10-14

シャットダウン

タスク 10-14

情報を表示する 10-12

設定、概要 10-2

設定、速度 10-3

設定、デュプレックス モード 10-3

範囲 10-2

番号 10-2

メンテナンス 10-12

モニタリング 10-12

レイヤ 2 モード 20-4

インターフェイスのシャットダウン

結果 10-14

エージング タイム

アクセラレーション

MSTP の 30-47

最大

MSTP 30-47, 30-48

エンドポイント アドミッション コントロール(EAC) 70-2

音声 VLAN

Cisco 7960 Phone、ポート接続 18-2

IP Phone への接続 18-5

音声トラフィック用のポート設定

802.1Q フレーム 18-5

概要 18-2

設定時の注意事項 18-1

データ トラフィック用の IP Phone の設定

着信フレームの CoS の上書き 18-6, 19-5

デフォルト設定 18-4

音声 VLAN。「ポートベースの認証」も参照 83-22

オンライン診断

エラー カウンタ テスト A-4

概要 15-2

コンパクトフラッシュ ディスクの確認 A-46

出力データ パス テスト A-4

診断の健全性チェック 15-25

設定 15-2

中断カウンタ テスト A-4

データ パスの確認 A-15

テストの実行 15-6

テストの説明 A-1

メモリ テスト 15-24

オンライン診断テスト A-1

カウンタ

インターフェイスのクリア 10-13

書き換え、パケット

CEF 32-3

IP MMLS 43-5

拡張システム ID

MSTP 30-41

拡張範囲 VLAN 25-3

「VLAN」を参照

仮想プライベート LAN サービス(VPLS) 39-1

CE への PE レイヤ 2 インターフェイスの設定 39-7

PE での接続回線と VSI の関連付け 39-13

PE における MPLS の設定 39-11

PE における VFI の設定 39-12

概要 39-3

基本的な設定 39-2

サービス 39-5

サポートされる機能 39-4

制約事項 39-2

設定例 39-18

活性挿抜

「OIR」を参照

環境モニタ機能

スーパーバイザ エンジンおよびスイッチング モジュール 14-4

環境モニタリング

CLI コマンドの使用 14-1

LED 表示 14-4

SNMP トラップ 14-4

Syslog メッセージ 14-4

監視 86-7

管理機能(メディエーション デバイス) 86-7, 86-8

管理、定義 86-6

キーボード ショートカット 2-3

規格、合法的傍受 86-4

クエリー、IGMP 44-4

クエリー、MLDv2 51-6

クラス マップ コンフィギュレーション 63-8, 64-12

クリティカル認証 83-8

クリティカル認証、IEEE 802.1x 83-48

グローバル コンフィギュレーション モード 2-5

ゲスト VLAN と 802.1x 83-19

高速コンバージェンス 30-15

高速スパニングツリー

「RSTP」を参照

高速スパニングツリー プロトコル

「RSTP」を参照

高速リンク通知

VSL の障害 4-15

合法的傍受

IRI 86-6

SNMP 通知 86-12

イネーブル 86-9

概要 86-4, 86-5

管理機能 86-7, 86-8

収集機能 86-7

処理 86-7, 86-8

セキュリティ関する考慮事項 86-9

設定 86-10, 86-11, 86-12

前提条件 86-1

メディエーション デバイス 86-6

合法的傍受処理 86-7

合法的傍受の前提条件 86-1

顧客連絡先情報

Call Home の入力 53-23

コマンドラインの処理 2-3

コマンド、リスト表示 2-6

コミュニティ VLAN 26-7

コミュニティ ポート 26-7

コンソール コンフィギュレーション モード 2-5

コンテンツ IAP 86-6

サーバ ID

説明 53-16

サービス インスタンス

コンフィギュレーション モード 41-5

作成 41-4

定義済み 41-4

サービス プロバイダー ネットワーク、MSTP および RSTP 30-19

再循環 36-5

最大エージング タイム

MSTP 30-47

最大エージング タイム、STP 30-38

最大ホップ カウント、MSTP 30-48

サブドメイン、プライベート VLAN 26-6

サプリカント 83-7

シスコ エクスプレス フォワーディング 36-3

システム イベント アーカイブ(SEA) 54-1

システムのハードウェア容量 1-3

指定ルータのフラッディングに対する PIM スヌーピングのディセーブル化 45-7

自動 QoS 66-1

概要 66-2

設定時の注意事項および制約事項 66-2

マクロ 66-4

自動イネーブル化 83-30

司法当局(LEA) 86-4

ジャンボ フレーム 10-6

収集機能 86-7

集約ポリシング 63-4

集約ラベル 36-3, 36-5

受信キュー

「QoS 受信キュー」を参照

出力 SPAN 56-11

冗長構成(RPR+) 9-1

redundancy コマンド 9-4

スーパーバイザ エンジンの設定 9-2

スーパーバイザ エンジンの設定の表示 9-5

設定 9-4

シリアル ID

説明 53-16

シリアル インターフェイス

同期

メンテナンス 10-13

リセット 10-13

信頼境界 18-6

信頼境界(CDP 装置の拡張された信頼状態) 18-4

信頼できないポートの DHCP Option 82 機能の許可 78-10

概要 78-5

設定 78-10

合法的傍受の概要 86-5, 86-6

スイッチ TopN レポート

実行 58-3

表示 58-3

フォアグラウンドの実行 58-2

スイッチド ポート アナライザ 56-1

スイッチ ファブリック機能 17-1

設定 17-3

モニタリング 17-4

スイッチ プライオリティ

MSTP 30-45

スイッチポート

show interfaces 10-8, 10-9, 20-6, 20-13

スーパーバイザ エンジン

環境モニタリング 14-1

冗長構成 9-1

冗長設定の表示 9-5

設定の同期化 9-5

スーパーバイザ エンジンの冗長構成

設定 9-2

スタティックに共有

説明 83-25

スタンバイ リンク 21-2

スティッキ ARP 76-10

スティッキ セキュア MAC アドレス 85-8, 85-9

スティッキ セキュア MAC アドレスによるポート セキュリティ 85-4

スティッキ セキュア MAC アドレスのイネーブル化 85-8

ストーム制御

「トラフィック ストーム制御」を参照

スヌーピング

「IGMP スヌーピング」を参照

スロット番号、説明 10-2

制御プレーン ポリシング

「CoPP」を参照

制限、MIB アクセスの 86-10, 86-11

制限付き VLAN

IEEE 802.1x で使用する 83-20

設定する 83-46

説明 83-20

セカンダリ VLAN 26-7

セキュア MAC アドレスのエージング タイプ 85-10

セキュリティ

設定 71-1

セキュリティ関する考慮事項 86-9

セキュリティ グループ アクセス コントロール リスト(SGACL) 70-2

セキュリティ グループ タグ(SGT) 70-2

セキュリティ、ポート 85-3

設定 63-9, 64-12

SNMP 86-10

合法的傍受 86-10, 86-11, 86-12

設定、合法的傍受の 86-7

設定時の注意事項

EVC 41-2

設定例

EoMPLS VLAN モード 38-4

EoMPLS ポート モード 38-4, 38-7

VPLS、CE からタグなしトラフィックを受け取る 802.1Q アクセス ポート 39-8

VPLS、CE デバイスからタグ付きトラフィックを受け取る 802.1Q トランク 39-7

VPLS、PE 上の L2 VLAN インスタンス 39-10

VPLS、PE での接続回線と VSI の関連付け 39-13

VPLS、PE における MPLS 39-11

VPLS、PE における VFI 39-12

VPLS、QinQ を使用してすべての VLAN を単一の VPLS インスタンスに配置 39-9

送信キュー

「QoS 送信キュー」を参照

送信元 ID

call home イベントの形式 53-15

速度

インターフェイスの設定 10-4

速度モード

自動ネゴシエーション ステータス 10-6

ソフトウェア

ルータのアップグレード 5-5

ダイナミック ARP インスペクション

ARP ACL と DHCP スヌーピング エントリのプライオリティ 80-6

ARP キャッシュ ポイズニング 80-3

ARP スプーフィング攻撃 80-3

ARP パケットのレート制限

errdisable ステート 80-6

設定 80-11

説明 80-6

ARP 要求、説明 80-3

DHCP スヌーピング バインディング データベース 80-4

DoS 攻撃、回避 80-11

man-in-the middle 攻撃、説明 80-4

インターフェイス信頼状態 80-5

機能 80-4

設定

着信 ARP パケットのレート制限 80-6, 80-11

ログ システム メッセージ 80-15

ログ バッファ 80-15, 80-16

設定時の注意事項 80-2

説明 80-3

妥当性チェック、実行 80-12

デフォルト設定 80-7

ドロップされたパケットのロギング、説明 80-6

ネットワーク セキュリティ問題とインターフェイス信頼状態 80-5

表示

ARP ACL 80-16

信頼状態およびレート制限 80-16

設定および動作状態 80-17

レート制限を超過した場合の errdisable ステート 80-6

ログ システム メッセージ

設定 80-15

ログ バッファ

設定 80-15, 80-16

ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル スヌーピング 78-1

タイム ドメイン リフレクトメータ 10-14

高容量電源のサポート 13-4

脱退処理、IGMP

イネーブル化 44-13

脱退処理、MLDv2

イネーブル化 51-12

単一方向イーサネット 35-1

設定例 35-5

単一方向リンク検出プロトコル

「UDLD」を参照

短縮形、コマンドの 2-5

通知、「SNMP 通知」を参照

デバイス ID

call home の形式 53-15, 53-16

デフォルト設定

802.1X 83-31, 84-7

EVC 41-10

Flex Link 21-4

IP MMLS 43-15

MSTP 30-27

MVR 46-5

UDLD 11-4

VTP 24-10

音声 VLAN 18-4

ダイナミック ARP インスペクション 80-7

デフォルトの VLAN 20-11

デュプレックス モード

インターフェイスの設定 10-4

自動ネゴシエーションのステータス 10-6

電源管理

概要 13-1

冗長構成のイネーブル化またはディセーブル化 13-2

電力ポリシング 19-8

モジュールの電源投入または切断 13-3

電源の冗長性をイネーブルまたはディセーブルにするコマンド 13-2

電子トラフィック、モニタリング 86-7

電子メール アドレス

call home の割り当て 53-24

電子メール通知

Call Home 53-3

転送遅延時間

MSTP 30-47

転送遅延時間、STP 30-37

電力ネゴシエーション

LLDP 経由 19-8

統計情報

802.1X 83-58, 84-15

盗聴 86-4

独立 VLAN 26-7

独立ポート 26-7

特権 EXEC モード 2-5

ドメイン ネーム システム 86-2

トラストポイント 53-2

トラップ、「SNMP 通知」を参照

トラフィック ストーム制御

コマンド

ブロードキャスト 81-4

しきい値 81-2

説明 81-2

モニタリング 81-6

トラフィック抑制

「トラフィック ストーム制御」を参照

トランク 20-4

802.1Q の制約事項 20-2

DTP をサポートしないデバイス 20-5

VLAN 1 の最小化 20-12

インターフェイスのデフォルト設定 20-6

許可された VLAN 20-12

異なる VTP ドメイン 20-4

設定 20-9

デフォルトの VLAN 20-11

ネイティブ VLAN 20-11

トランクでサポートされるポート セキュリティ 85-2, 85-5, 85-8, 85-9

トンネリング 67-4, 67-27

トンネリング、802.1Q の

「802.1Q」を参照 28-4

内部 VLAN 25-3

入力 SPAN 56-11

認証失敗 VLAN

「制限付き VLAN」を参照

認証パスワード、VTP 24-5

認証前オープン アクセス。「ポートベースの認証」を参照

ネイティブ VLAN 20-11

ネットワーク エッジ アクセス トポロジ

「NEAT」を参照

ネットワーク デバイス アドミッション コントロール(NDAC) 70-2

ネットワーク ポート

Bridge Assurance 31-5

説明 31-2

ハードウェア レイヤ 3 スイッチング

注意事項 32-2

バインディング データベース、DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

バインディング テーブル、DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング バインディング データベース」を参照

パケット

マルチキャスト 73-6

パケット キャプチャ 60-2

パケットの書き換え

CEF 32-3

IP MMLS 43-5

パス コスト

MSTP 30-44

バックアップ インターフェイス

「Flex Link」を参照

範囲

コマンド 55-3

マクロ 10-2

非 RPF マルチキャスト 43-8

光ファイバ、単一方向リンクの検出 11-1

非集約ラベル 36-3, 36-5

ヒストリ

CLI 2-4

標準範囲 VLAN

「VLAN」を参照

フォールバック ブリッジング 34-1

複数パスの RPF チェック 76-8

不明なマルチキャスト フラッディングのブロック

「UMFB」を参照

不明なユニキャスト/マルチキャスト フラッディングのブロック 82-1

不明なユニキャスト フラッディングのブロック

「UUFB」を参照

プライオリティ

CoS の上書き 18-6, 19-5

プライベート VLAN 26-1

IP アドレス指定 26-8

SVI 26-10

エンド ステーション アクセス 26-8

コミュニティ VLAN 26-7

サブドメイン 26-6

セカンダリ VLAN 26-7

設定 26-10

セカンダリ VLAN とプライマリ VLAN 26-12

セカンダリ VLAN 入力トラフィックのルーティング 26-13

プライベートとしての VLAN 26-11

ホスト ポート 26-14

無差別ポート 26-15

設定時の注意事項 26-2, 26-4, 26-10

独立 VLAN 26-7

トラフィック 26-10

複数のスイッチ間 26-9

プライマリ VLAN 26-7

ポート

コミュニティ 26-7

設定時の注意事項 26-4

独立 26-7

無差別 26-7

モニタリング 26-16

利点 26-6

プライベート ホスト 27-1

プライマリ VLAN 26-7

プライマリ リンク 21-2

ブリッジ ID

「STP ブリッジ ID」を参照

ブリッジ グループ 34-1

ブリッジ ドメイン

設定 41-8

ブリッジ プライオリティ、STP 30-36

ブリッジ プロトコル データ ユニット

「BPDU」を参照

ブリッジング 34-1

ブリッジングのスパニングツリー プロトコル 34-2

ブルー ビーコン 1-6

フレーム配信

「EtherChannel ロード バランシング」を参照

フロー制御 10-9

ブロードキャスト ストーム

「トラフィック ストーム制御」を参照

ブロッキング ステート、STP 30-9

プロトコル トンネリング

「レイヤ 2 プロトコル トンネリング」を参照 29-2

分散型シスコ エクスプレス フォワーディング

「dCEF」を参照

分散型出力 SPAN 56-11, 56-16

ポイントツーポイント GRE トンネル上の IPv4 マルチキャスト 1-8

法執行のための通信援助法

音声用の CALEA 86-5

合法的傍受 86-4

傍受アクセス ポイント

「IAP」を参照

傍受関連情報(IRI) 86-6, 86-7

傍受、複数 86-6, 86-7

ポート

デバウンス タイマーの設定 10-10

ポート ACL

定義 73-2

ポート ACL(PACL) 73-1

ポート コスト、STP 30-34

ポート集約プロトコル

「PAgP」を参照

ポート セキュリティ

sticky MAC アドレス 85-4

違反 85-3, 85-4

エージング 85-10

スティッキ セキュア MAC アドレスのイネーブル化 85-8

設定 85-5

説明 85-3

表示 85-11

ポート セキュリティの MAC 移動 85-3

ポート単位の IEEE 802.1Q タギング 28-8

ポート単位の VTP イネーブル化とディセーブル化 24-17

ポートチャネル

「EtherChannel」を参照

ポート デバウンス タイマー

イネーブル化 10-10

ディセーブル化 10-10

表示 10-10

ポート ネゴシエーション 10-5

ポート プライオリティ

MSTP 30-43

ポート プライオリティ、STP 30-33

ポートベース認証

EAPOL-Start フレーム 83-10

EAP 応答/アイデンティティ フレーム 83-10

EAP 要求/アイデンティティ フレーム 83-10

MAC 認証バイパス 83-26

VLAN 割り当て

AAA 認証 83-33

設定タスク 83-18

説明 83-17

特性 83-18

Wake-on-LAN、説明 83-28

アカウンティング 83-16

設定 83-44

アクセス不能認証バイパス

設定する 83-48

説明 83-21

注意事項 83-4

イネーブル化

802.1x 認証 83-33, 83-35, 84-9

定期的な再認証 83-38

音声 VLAN

PVID 83-22

VVID 83-22

説明 83-22

開始およびメッセージ交換 83-10

カプセル化 83-8

クライアント、定義 83-7, 84-3

ゲスト VLAN

設定時の注意事項 83-20, 83-21

説明 83-19

スイッチ

RADIUS クライアント 83-8

プロキシとして 83-7, 84-3

スイッチ サプリカント

概要 83-30

設定する 83-55

設定

RADIUS サーバ 83-35, 84-10

クライアントの手動での再認証 83-39

クライアントの認証の初期化 83-40

スイッチ上の RADIUS サーバ パラメータ 83-35

スイッチからクライアントへの再送信時間 83-42

スイッチ上の RADIUS サーバ パラメータ 84-9

スイッチとクライアント間のフレーム再送信回数 83-43

設定時の注意事項 83-2, 84-1

設定する

アクセス不能認証バイパス 83-48

ゲスト VLAN 83-45

制限付き VLAN 83-46

説明 83-7

デバイスの役割 83-7, 84-3

デフォルト値へのリセット 83-58

デフォルト設定 83-31, 84-7

統計情報の表示 83-58, 84-15

認証サーバ

RADIUS サーバ 83-7

定義 83-7, 84-3

方式リスト 83-33

ポート

音声 VLAN 83-22

許可および無許可 83-12

許可ステートおよび dot1x port-control コマンド 83-12

ポート セキュリティ

音声 VLAN 83-23

説明 83-23

相互作用 83-23

マルチホスト モード 83-14

ホスト モード 83-13

マジック パケット 83-28

マルチ ホスト モード、説明 83-13

ポート ベースの QoS 機能

「QoS」を参照

ポートベースの認証

AAA 認証 83-33

DHCP スヌーピング 83-16

DHCP スヌーピングおよび挿入 78-6

multiauth モード、説明 83-15

VLAN グループ

注意事項 83-4

サプリカント、定義 83-7

設定

VLAN グループの割り当て 83-45

スイッチとクライアント間の EAP-Request フレーム再送信時間 83-42

スイッチと認証サーバ間の再送信時間 83-42

ユーザ分散 83-45

認証前オープン アクセス 83-15, 83-36

ポート

クリティカル 83-21

マルチドメイン認証モード、説明 83-14

モード 83-13

ユーザ分散

概要 83-19

設定 83-45

注意事項 83-4

ポート モード 38-3

ホストの存在についての TLV メッセージ 85-4

ホスト表示 CDP メッセージ 18-4, 83-14

ホスト ポート

種類 26-7

ホスト モード

「ポートベースの認証」を参照

ポリシーベース ACL(PBACL) 69-6

ポリシーベース ルーティング

「PBR」を参照

ポリシー ベース ルーティング(PBR)

設定 33-1

ポリシー マップ 63-9, 64-12

インターフェイスへの対応付け 63-18, 64-18, 76-7

マークダウン

「QoS マークダウン」を参照

マイクロフロー ポリシング 63-4

マクロ 3-1

「SmartPort マクロ」を参照

マジック パケット 83-28

マルチキャスト

IGMP スヌーピング 44-9

MLDv2 スヌーピング 51-9

PIM スヌーピング 45-5

概要 44-3, 47-2, 48-2

非 RPF 43-8

マルチキャスト TV アプリケーション 46-3

マルチキャスト VLAN 46-2

マルチキャスト VLAN レジストレーション 46-1

マルチキャスト グループ

加入 44-4, 47-4

脱退 44-6, 51-7

マルチキャスト グループ、IPv6

加入 51-5

マルチキャスト ストーム

「トラフィック ストーム制御」を参照

マルチキャスト フラッディングのブロック 82-1

マルチキャスト リスナー検出バージョン 2 51-1

マルチキャスト レプリケーション モード検出の強化 43-19

マルチ スパニングツリー

「MST」を参照

マルチ認証(multiauth)。「ポートベースの認証」も参照 83-15

マルチレイヤ MAC ACL QoS フィルタリング 69-9

ミニ プロトコル アナライザ 60-1

無差別ポート 26-7

メディエーション デバイス

管理機能 86-7, 86-8

説明 86-6

定義 86-6

モニタリング

Flex Link 21-6

MVR 46-8

プライベート VLAN 26-16

モニタリング、電子トラフィックの 86-7

ユーザ EXEC モード 2-5

ユーザ ベースのレート制限 63-6, 63-15

優先遅延、デフォルト設定 21-4

優先、デフォルト設定 21-4

ユニキャスト ストーム

「トラフィック ストーム制御」を参照

ユニフォーム モード

設定 67-35

予約範囲 VLAN

「VLAN」を参照

ラベル エッジ ルータ 36-3

ラベル スイッチド パス 38-1

ラベル スイッチング ルータ 36-3, 36-4

リダイレクト URL

概要 83-25

略語、リスト A-1

リンク冗長性

「Flex Link」を参照

リンク ネゴシエーション 10-5

リンクの失敗

単一方向の検出 30-26

ルータ ガード 48-1

ルート ガード

「STP ルート ガード」を参照

ルート スイッチ

MSTP 30-41

ルート ブリッジ

MST 31-21

PVST シミュレーション 31-21

ルート ブリッジ、STP 30-31

ルート マップ

定義 33-4

ループ ガード

「STP ループ ガード」を参照

レイヤ 2

show interfaces 10-8, 10-9, 20-6, 20-13

VLAN

インターフェイスの割り当て 25-6

インターフェイスの設定 20-6

アクセス ポート 20-15

トランク 20-9

インターフェイス モード 20-4

スイッチング

概要 20-2

デフォルト 20-5

トランク

概要 20-4

レイヤ 2 Traceroute 59-1

レイヤ 2 traceroute

1 ポートに複数のデバイス 59-2

ARP 59-2

CDP 59-1

IP アドレスおよびサブネット 59-2

MAC アドレスおよび VLAN 59-2

使用上の注意事項 59-1

説明 59-2

マルチキャスト トラフィック 59-2

ユニキャスト トラフィック 59-2

レイヤ 2 インターフェイス

設定 20-1

レイヤ 2 プロトコル トンネリング

概要 29-2

レイヤ 2 トンネルの設定 29-3

レイヤ 3

IP MMLS および MLS キャッシュ 43-4

レイヤ 3 スイッチド パケットの書き換え

CEF 32-3

レイヤ 3 スイッチング

CEF 32-2

レイヤ 4 ポート演算(ACL) 69-2

レポート、MLD 51-5

ローカル出力レプリケーション 43-20

ロード シェアリング延期

MEC トラフィックのリカバリ 4-6