Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.1SY
IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能
IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能
発行日;2013/08/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 17MB) | フィードバック

目次

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 の前提条件

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 の制約事項

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能について

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能の概要

分散 MRIB および MFIB インフラストラクチャ

マルチキャスト レイヤ 3 ハードウェア機能のエントリ

レイヤ 3 スイッチド マルチキャスト統計情報

レイヤ 3 スイッチド マルチキャスト パケットの書き換え

レプリケーション モード

ローカル出力レプリケーション モード

PIM-SM ハードウェア レジスタのサポート

PIM-SM ハードウェア SPT switchover のサポート

コントロール プレーン ポリシング(CoPP)

非 RPF トラフィックの処理

マルチキャスト境界

IPv4 双方向 PIM

サポートされるマルチキャスト機能

ハードウェアでサポートされている IPv4 レイヤ 3 機能

サポートされていない IPv4 レイヤ 3 機能

ハードウェアでサポートされている IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能

ハードウェアで部分的にサポートされている IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能

ソフトウェアでサポートされている IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能

サポートされていない IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能

ハードウェアでサポートされているレイヤ 2 共通マルチキャスト機能

サポートされていないレイヤ 2 共通マルチキャスト機能

ハードウェアでサポートされているレイヤ 2 エンタープライズ マルチキャスト機能

サポートされていないレイヤ 2 エンタープライズ マルチキャスト機能

ハードウェアでサポートされているレイヤ 2 Metro マルチキャスト機能

サポートされていないレイヤ 2 Metro マルチキャスト機能

サポートされていない MPLS マルチキャスト機能

ハードウェアでサポートされているセキュリティ マルチキャスト機能

ソフトウェアでサポートされているセキュリティ マルチキャスト機能

サポートされていないセキュリティ マルチキャスト機能

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能のデフォルト設定

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能の設定方法

IPv4 マルチキャスト ルーティングのグローバルなイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上での IPv4 PIM のイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上での IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイスの IP MFIB 転送のイネーブル化

レプリケーション モードの設定

マルチキャスト境界の設定

ローカル出力レプリケーションの確認

IPv4 マルチキャスト PIM-SM レジスタ トンネル情報の表示

IPv4 マルチキャスト ルーティング テーブルの表示

IPv4 MRIB 情報の表示

IPv4 MFIB 情報の表示

直接接続されたエントリの表示

IPv4 ハードウェア スイッチング情報の表示

IPv4 CoPP 情報の表示

IGMPv3、IGMP v3lite、および URD を使用した送信元固有マルチキャスト

IPv4 双方向 PIM の設定

IPv4 双方向 PIM のグローバルなイネーブル化

IPv4 双方向 PIM グループのランデブー ポイントの設定

IPv4 双方向 PIM 情報の表示

IPv4 デバッグ コマンドの使用

マルチキャスト トラフィックの冗長性

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能

「IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 の前提条件」

「IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 の制約事項」

「IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能について」

「IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能のデフォルト設定」

「IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能の設定方法」


) • この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、次の資料を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11846/prod_command_reference_list.html

Cisco IOS Release 15.1SY は、イーサネット インターフェイスだけをサポートしています。Cisco IOS Release 15.1SY は、WAN 機能またはコマンドをサポートしていません。


 

ヒント Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの詳細(設定例およびトラブルシューティング情報を含む)については、次のページに示されるドキュメントを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/tsd_products_support_series_home.html

技術マニュアルのアイデア フォーラムに参加する


 

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 の前提条件

なし。

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 の制約事項

次のような場合に、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングは IP マルチキャスト フローに実行されません。

224.0.0.*(* は 0 ~ 255)の範囲の IP マルチキャスト グループ。これらのグループは、ルーティング プロトコルが使用します。レイヤ 3 スイッチングは、225.0.0.* ~ 239.0.0.*、および 224.128.0.* ~ 239.128.0.* のグループでサポートされます。


) 224.0.0.* の範囲のグループはルーティング コントロール パケット専用で、VLAN のすべての転送ポートにフラッディングする必要があります。これらのアドレスは、マルチキャスト MAC アドレス範囲 01-00-5E-00-00-xxxxは 0 ~ 0xFF)に対応します。


PIM 自動 RP マルチキャスト グループ(IP マルチキャスト グループ アドレス 224.0.1.39 および 224.0.1.40)

IP オプションを指定されたパケット。ただし、フロー内で IP オプションを指定されていないパケットは、ハードウェア スイッチングされます。

sparse モードの(S,G)エントリに、SPT ビット、RPT ビット、またはプルーニング フラグが設定されていない場合

1 つ以上の(S,G)エントリに(*,G)エントリの RPF とは異なる RPF があり、(S,G)がハードウェアでスイッチングされない場合、(*,G)エントリはハードウェアでスイッチングされません。

(*,G)エントリが IPv4 双方向 PIM エントリでスイッチがグループの RP である場合を除き、(S,G)または(*,G)エントリの入力インターフェイスがヌルの場合。

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにした場合、レイヤ 3 インターフェイスに関する IP アカウンティングでは、正確な値が報告されません。show ip accounting コマンドはサポートされません。

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能について

「IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能の概要」

「分散 MRIB および MFIB インフラストラクチャ」

「マルチキャスト レイヤ 3 ハードウェア機能のエントリ」

「レイヤ 3 スイッチド マルチキャスト統計情報」

「レイヤ 3 スイッチド マルチキャスト パケットの書き換え」

「レプリケーション モード」

「ローカル出力レプリケーション モード」

「PIM-SM ハードウェア レジスタのサポート」

「PIM-SM ハードウェア SPT switchover のサポート」

「コントロール プレーン ポリシング(CoPP)」

「非 RPF トラフィックの処理」

「マルチキャスト境界」

「IPv4 双方向 PIM」

「サポートされるマルチキャスト機能」

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能の概要

Supervisor Engine 2T 上のマルチキャスト レイヤ 3 スイッチングでは、特定用途向け集積回路(ASIC)を使用して IP サブネット間の IP マルチキャスト データ パケット フローの転送をハードウェアでサポートします。これにより、プロセッサ集中的なマルチキャスト転送とレプリケーションがルート プロセッサからオフロードされます。

ポリシー フィーチャ カード(PFC)および分散型フォワーディング カード(DFC)では、転送情報ベース(FIB)および隣接関係テーブルを使用して、ハードウェア内で IP マルチキャスト フローを切り替えます。FIB テーブルはさまざまなエントリおよびマスク値をサポートしています。たとえば、(S/32, G/32)および(*/0, G/32)です。RPF RAM は、直接接続されたサブネットに到着するパケットを識別するために使用されます。

FIB ルックアップの結果は隣接情報です。これは、このエントリのレプリケーション リストになります。これまでのスーパーバイザ エンジンとは異なり、Supervisor Engine 2T では、レプリケーションのパケットの書き換えを実行します。これは、発信インターフェイスに対する強化された共有機能になります。

同じく、これまでのスーパーバイザ エンジンと異なり、Supervisor Engine 2T では、レイヤ 2 とレイヤ 3 の転送の決定を別々に実行します。ルーテッド インターフェイスでは、パケットの最終 LTL は、レイヤ 3 情報だけに基づいて決定されます。VLAN インターフェイスでは、パケットの LTL はレイヤ 2 ルックアップだけに基づいて決定されます。

分散 MRIB および MFIB インフラストラクチャ

Supervisor Engine 2T は、IPv4 マルチキャスト トラフィック用に MRIB および MFIB ベースのソフトウェア モデルを使用します。MRIB/MFIB インフラストラクチャは IPv4 と IPv6 の両方のフローに対して、レイヤ 3 マルチキャスト プロトコル(PIM sparse モード、SSM、双方向 PIM など)をサポートしており、IPv4 と IPv6 の両方にアドレスに一貫した CLI を用意しています。

マルチキャスト ルーティング情報ベース(MRIB)は、送信元、グループ、グループ マスクをキーとするマルチキャスト エントリの集合です。マルチキャスト コントロール プレーンは、このエントリをプログラミングします。エントリは、フォワーディング プレーンでのインターフェイスのロールを示す、さまざまなフラグを持つ、1 つ以上の関連インターフェイスを持つことができます。Supervisor Engine 2T で、PFC および各 DFC は、MRIB のクライアントとして登録する、マルチキャスト転送情報ベース(MFIB)の単一のインスタンスを持ちます。MFIB は、エントリと関連フラグに関して MRIB の対象を登録し、MRIB の更新に基づいて、送信元、グループ、グループ マスクをキーとするローカル データベースを保守します。

ハードウェア サポートがない場合は、MFIB がマルチキャスト トラフィックを転送します。Supervisor Engine 2T で、MFIB は、必要なすべてのソフトウェア転送に加え、レイヤ 3 スイッチング ハードウェア テーブルのマルチキャスト ルート アップデートを送信します。MRIB、MFIB、およびレイヤ 3 スイッチング ハードウェア テーブル間の通信は、次の要素に基づきます。

マルチキャスト エントリ

マルチキャスト エントリにセットされたフラグ

マルチキャスト エントリに関連付けられたインターフェイス


) 他のスーパーバイザ エンジンを使用する場合、一部のフローは、ハードウェアで部分的にスイッチングされ、ソフトウェアで部分的にスイッチングされます。Supervisor Engine 2T では、マルチキャスト フローは、ソフトウェアとハードウェアのいずれかでスイッチングされます。


mroute、MRIB、および MFIB 情報の例。

Router# show ip mroute
(100.1.1.3, 239.2.1.1), 00:00:53/00:02:08, flags: sTI
Incoming interface: TenGigabitEthernet3/0, RPF nbr 0.0.0.0
Outgoing interface list:
TenGigabitEthernet3/1, Forward/Sparse-Dense, 00:00:51/00:02:08
TenGigabitEthernet3/2, Forward/Sparse-Dense, 00:00:51/00:02:08
TenGigabitEthernet3/3, Forward/Sparse-Dense, 00:00:51/00:02:08
 
Router# show ip mrib route
(100.1.1.3,239.2.1.1)
TenGigabitEthernet3/1 Flags: A
TenGigabitEthernet3/2 Flags: F
TenGigabitEthernet3/3 Flags: F
TenGigabitEthernet3/4 Flags: F
 
Router# show ip mfib
(100.1.1.3,239.2.1.1) Flags:
SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
TenGigabitEthernet3/1 Flags: A
Pkts: 0/0
TenGigabitEthernet3/2 Flags: F
Pkts: 0/0
TenGigabitEthernet3/3 Flags: F
Pkts: 0/0
TenGigabitEthernet3/4 Flags: F
Pkts: 0/0

マルチキャスト レイヤ 3 ハードウェア機能のエントリ

ここでは、PFC および DFC により、レイヤ 3 スイッチング情報をハードウェア テーブルに維持する方法について説明します。

PFC および DFC は、適切なマスクを使用して(S,G)または(*,G)フローをハードウェア FIB テーブルに読み込みます。たとえば、(S/32, G/32)および(*/0, G/32)などです。RPF インターフェイスおよび隣接ポインタ情報も、各エントリに保存されます。隣接テーブルには、書き換え情報およびレプリケーション エントリへのポインタが含まれます。フローが FIB エントリと一致した場合、RPF チェックによって着信インターフェイス/VLAN がエントリと比較されます。一致しない場合は RPF 障害であり、レート制限機能がイネーブルになっている場合はレート制限の対象になります。転送情報データベース(FIB)に重大エラーが発生した場合は、デフォルトのエラー処理として、システムがリセットされ、FIB がリロードされます。

PFC およびすべての DFC は、MFIB クライアントを実行します。これは、MRIB のクライアントとして RP に登録されます。ハードウェア テーブルは、トラフィック フローのエントリをインストールまたは削除するか、既存のハードウェア エントリに発信インターフェイスを追加および削除するように、MFIB の更新に基づいてプログラムされています。

レイヤ 3 スイッチング エントリに影響するコマンドは、次のとおりです。

clear ip mroute コマンドを使用してマルチキャスト ルーティング テーブルをクリアすると、すべてのマルチキャスト レイヤ 3 スイッチング キャッシュ エントリがクリアされます。

no ip multicast-routing コマンドを使用して RP 上の IP マルチキャスト ルーティングをディセーブルにすると、PFC 上のマルチキャスト レイヤ 3 スイッチング キャッシュ エントリがすべて消去されます。

no platform multicast forwarding ip インターフェイス モード コマンドによって、インターフェイスのハードウェア サポート マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをディセーブルにすると、このインターフェイスを RPF インターフェイスとして使用するフローは、ソフトウェア内の RP だけによってルーティングされます。

no ip mfib forwarding ip コマンドを使用して MFIB 転送をインターフェイスごとにディセーブルにした場合、このインターフェイスを RPF インターフェイスとして使用するフローは、ハードウェアでも MFIB によっても転送されません。

レイヤ 3 スイッチド マルチキャスト統計情報

フローがハードウェアでスイッチングされている間も、エントリは、フローのパケット転送統計情報に基づいて、ソフトウェアで維持されます。PFC 上の MFIB エントリは、PFC およびすべての DFC から、エントリ統計情報を定期的に取得し、集約します。この統計情報により、エントリのハードウェア転送カウンタが増分されます。ソフトウェアまたはハードウェアの転送カウンタが増分されると、そのマルチキャスト ルートに対応する期限タイマーがリセットされます。


) PIM-RP または PIM-dense モードでは(*,G)ステートが作成されますが、フローの転送には使用されず、これらのフローについてはレイヤ 3 スイッチング エントリは作成されません。


レイヤ 3 スイッチド マルチキャスト パケットの書き換え

マルチキャスト送信元から宛先マルチキャスト グループへのマルチキャスト パケットにレイヤ 3 スイッチングが実行される場合、PFC および DFC は、RP から得た情報とその隣接テーブルに保存されている情報に基づき、パケットの書き換えを実行します。

たとえば、サーバ A が IP マルチキャスト グループ G1 を宛先とするマルチキャスト パケットを送信する場合を想定します。送信元 VLAN 以外の VLAN 上にグループ G1 のメンバーが存在する場合、PFC は送信元以外の VLAN にトラフィックを複製するとき、パケットの書き換えを実行しなければなりません(スイッチはさらに、送信元 VLAN 内でパケットをブリッジします)。

PFC がマルチキャスト パケットを受信した時点で、パケットは、次のようにフォーマットされます(概念上)。

 

レイヤ 2 フレーム ヘッダー
レイヤ 3 IP ヘッダー
データ
FCS

宛先

送信元

宛先

送信元

TTL

チェックサム

Group G1 MAC

(注) この例では、宛先 B はグループ G1 のメンバーです。

Source A MAC

Group G1 IP

Source A IP

n

calculation1

PFC は、パケットを次のように書き換えます。

レイヤ 2 フレーム ヘッダーの送信元 MAC アドレスを、ホストの MAC アドレスから RP の MAC アドレスに変更します(システムに組み込まれている MAC アドレスです。この MAC アドレスは、すべての出力インターフェイスの場合と同じで変更できません。この MAC アドレスを表示するには、show platform multicast statistics コマンドを使用します)。

IP ヘッダーの Time To Live(TTL)を 1 だけ減らし、IP ヘッダー チェックサムを再計算します。

その結果、書き換えられた IP マルチキャスト パケットは、ルーティングされたような外見になります。PFC は書き換えたパケットを該当する宛先 VLAN に複製し、その VLAN 上でパケットが IP マルチキャスト グループ G1 のメンバーに転送されます。

PFC がパケットの書き換えを行ったあと、パケットは、次のようにフォーマットされます(概念上)。

 

フレーム ヘッダー
IP ヘッダー
データ
FCS

宛先

送信元

宛先

送信元

TTL

チェックサム

Group G1 MAC

RP MAC

Group G1 IP

Source A IP

n-1

calculation2

レプリケーション モード

Supervisor Engine 2T は、次のレプリケーション モードをサポートしています。

入力モード:入力モジュールは、すべてのモジュールで出力インターフェイスのレプリケーションを実行します。

出力モード(デフォルト):入力マルチキャスト トラフィックは、ファブリックを介して出力モジュールに配信されます。出力モジュールは出力インターフェイスのレプリケーションを実行します。

Supervisor Engine 2T は入力専用のレガシー スイッチング モジュールに対して出力モードのレプリケーションを実行するため、入力専用のレガシー スイッチング モジュールが存在してもレプリケーション モードの変更は強制されません。


) イントラネットおよびエクストラネット MVPN は、出力および入力レプリケーション モードでサポートされています。


ローカル出力レプリケーション モード

デュアル スイッチファブリック接続を含む DFC を装備したモジュールには、ファブリック接続ごとに 1 つずつ、合計 2 つのパケット レプリケーション エンジンがあります。それぞれのレプリケーション エンジンは、スイッチファブリック接続と関連したインターフェイスにパケットを転送したり、そのインターフェイスからパケットを転送したりします。スイッチファブリック接続と関連するインターフェイスは、パケット レプリケーション エンジン側から見て「ローカル」と見なされます。ローカル出力レプリケーション モードのない場合、両方のレプリケーション エンジンにすべてのモジュールの完全な発信インターフェイス リストが保持され、レプリケーション エンジンはローカルでないインターフェイスのトラフィックをいったん処理してからドロップします。Supervisor Engine 2T は、CFC を搭載したスイッチング モジュールのローカル出力レプリケーションを実現します。

ローカル出力レプリケーション モードによって、発信インターフェイス リストが各レプリケーション エンジンをサポートするローカル インターフェイスだけに制限され、不要なマルチキャスト トラフィックの処理を防止できます。

Cisco IOS Release 15.1SY では、ローカル出力レプリケーション モードがデフォルトでイネーブルです。

PIM-SM ハードウェア レジスタのサポート

PIM-SM プロトコルでは、送信元がパケットの送信を開始するときに、マルチキャスト送信元がランデブー ポイント(RP)に登録パケットを送信できるように、ファースト ホップ ルータが必要です。Supervisor Engine 2T では、PIM コントロール プレーンで MFIB インフラストラクチャを使用して、インターフェイスとして PIM レジスタ トンネルを表し、PIM Register パケットが送信されるときに発信インターフェイス リストにそれを追加します。新しい PIM RP が設定または学習されると、PIM レジスタ トンネル インターフェイスが作成され、PIM Register パケット用に使用されます。register-stop パケットを受信すると、インターフェイスが削除されます。RP で、追加のインターフェイスが作成され、PIM Register パケットを受信したときに、パケットのカプセル開放に使用されます。

Supervisor Engine 2T はハードウェアで PIM Register パケットの送受信をサポートします。PIM Register パケットは PIM 登録プロセスのために RP に送信されます。CoPP では、PIM 登録プロセスのために RP に送信される PIM Register パケットをレート制限できます。

PIM-SM ハードウェア SPT switchover のサポート

PIM-SM ネットワークでの SPT switchover は、あるマルチキャスト グループについて、送信元への最短パスが、RP への最短パスから分岐する場合に発生します。最短パス ツリーから送信元ベースのツリーへの遷移中は、共有ツリーと送信元ツリーの両方からパケットが受信されるため、2 個のインターフェイスからのパケットを受け入れるようにマルチキャスト エントリをプログラムする必要があります。

ハードウェア サポートは、マルチキャスト FIB デュアル RPF モードで実装されます。マルチキャスト FIB エントリにデュアル RPF がプログラムされている場合、RP 方向の RPF で受信したパケットは転送され、送信元方向の RPF で受信したパケットは、PIM プロトコルで SPT switchover を完了するためにソフトウェアで処理するように送信されます。送信元ツリーへの切り替え後、マルチキャスト エントリは、再度単一 RPF インターフェイスに遷移します。スイッチオーバー プロセス中に CPU の過剰使用を避けるために、SPT switchover 中に RP に送信されるマルチキャスト パケットをレート制限するように CoPP を設定できます。

コントロール プレーン ポリシング(CoPP)

CoPP を設定して、不要なトラフィックや DoS トラフィックから CPU を保護できます。Cisco IOS Release 15.1SY では、CoPP が設定され、デフォルトでイネーブルです。CoPP は、ソフトウェア処理のために CPU に送信されるパケットに対するハードウェア レート制限になります。マルチキャスト レート リミッタはまだサポートされていますが、CoPP の方が効率的です。


) いずれのタイプの個別トラフィックに対しても、CoPP とレート リミッタのいずれかを設定し、両方は設定しないでください。


非 RPF トラフィックの処理

複数のルータが同一 LAN セグメントに接続する冗長構成では、1 台のルータだけが、出力インターフェイス上でマルチキャスト トラフィックを送信元からレシーバーまで転送します(図 43-1を参照)。このようなトポロジーでは、PIM 指定ルータ(PIM DR)だけが共通の VLAN 内でデータを転送し、非 PIM DR は転送されたマルチキャスト トラフィックを受信します。このトラフィックは、誤ったインターフェイスに着信して RPF チェックに失敗するため、冗長ルータ(非 PIM DR)はこのトラフィックを廃棄しなければなりません。このように RPF チェックに失敗するトラフィックを、「非 RPF トラフィック」といいます。

図 43-1 スタブ ネットワークにおける冗長マルチキャスト ルータの構成

 

デフォルトでイネーブルになっている非 RPF 保護は、適切なマルチキャスト ルーティング プロトコル処理をサポートするように、一部のパケットが引き続き CPU に到達できるようにしながら、非 RPF トラフィックによる過負荷から CPU を保護します。非 RPF 保護機能は、漏洩とドロップのメカニズムを使用します。非 RPF パケットは CPU に漏洩し、後続の非 RPF パケットはドロップされます。このシーケンスが定期的に繰り返されます。

設定した CoPP ポリシーに準拠している、RPF に失敗したマルチキャスト パケットは、CPU に到達します。準拠していないパケットはドロップされます。レート制限は CoPP ポリシーで設定されます。

マルチキャスト境界

マルチキャスト境界機能により、マルチキャスト グループ アドレスに管理境界を設定できます。マルチキャスト データ パケットのフローを制限することにより、1 つのマルチキャスト グループ アドレスを異なる管理ドメインで再利用できます。

インターフェイスにマルチキャスト境界を設定します。パケットのマルチキャスト グループ アドレスが、マルチキャスト境界機能に関連付けられたアクセス コントロール リスト(ACL)に一致する場合、このマルチキャスト データ パケットはインターフェイス上で送受信されないようにブロックされます。

マルチキャスト境界の ACL は、ハードウェアではポリシー フィーチャ カード(PFC)、分散型フォワーディング カード(DFC)で、ソフトウェアでは RP で処理できます。マルチキャスト境界の ACL は、パケットの宛先アドレスに一致するようにプログラムされます。これらの ACL は、両方向(入力および出力)のインターフェイス上のトラフィックに適用されます。

ハードウェアでマルチキャスト境界の ACL をサポートするため、スイッチは新しい ACL TCAM エントリを作成するか、または既存の ACL TCAM エントリを変更します(インターフェイス上で他の ACL ベースの機能がアクティブな場合)。TCAM リソースの利用率を確認するには、show tcam counts ip コマンドを入力します。

filter-autorp キーワードを設定すると、管理境界でも自動 RP ディスカバリおよび通知メッセージを検証して、境界 ACL により拒否された自動 RP グループ範囲の通知を自動 RP パケットから削除します。

IPv4 双方向 PIM

PFC および DFC は、IPv4 双方向 PIM グループのハードウェア転送をサポートしています。IPv4 双方向 PIM グループをサポートするために、PFC および DFC では、指定フォワーダ(DF)モードをサポートしています。DF は、IPv4 双方向 PIM グループのセグメントへ、またセグメントからパケットを転送するよう選定されたルータです。DF モードでは、スイッチは RPF および DF インターフェイスからパケットを受け入れます。

スイッチが IPv4 双方向 PIM グループを転送するとき、RPF インターフェイスは常に(*,G)エントリの発信インターフェイス リストに含まれ、DF インターフェイスが含まれるエントリは IGMP/PIM Join に応じて決まります。

RP へのルートが使用できない場合、グループは dense モードに変更されます。RP への RPF リンクが使用できなくなると、IPv4 双方向 PIM フローはハードウェア FIB から削除されます。

IPv4 双方向 PIM の設定手順については、「IPv4 双方向 PIM の設定」を参照してください。

サポートされるマルチキャスト機能

「ハードウェアでサポートされている IPv4 レイヤ 3 機能」

「サポートされていない IPv4 レイヤ 3 機能」

「ハードウェアでサポートされている IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能」

「ハードウェアで部分的にサポートされている IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能」

「ソフトウェアでサポートされている IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能」

「サポートされていない IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能」

「ハードウェアでサポートされているレイヤ 2 共通マルチキャスト機能」

「サポートされていないレイヤ 2 共通マルチキャスト機能」

「ハードウェアでサポートされているレイヤ 2 エンタープライズ マルチキャスト機能」

「サポートされていないレイヤ 2 エンタープライズ マルチキャスト機能」

「ハードウェアでサポートされているレイヤ 2 Metro マルチキャスト機能」

「サポートされていないレイヤ 2 Metro マルチキャスト機能」

「サポートされていない MPLS マルチキャスト機能」

「ハードウェアでサポートされているセキュリティ マルチキャスト機能」

「ソフトウェアでサポートされているセキュリティ マルチキャスト機能」

「サポートされていないセキュリティ マルチキャスト機能」

ハードウェアでサポートされている IPv4 レイヤ 3 機能

コントロール プレーン ポリシング(CoPP)

出力強制レプリケーション モード

出力レプリケーション ローカル

出力レプリケーション モード

HW アシストされた SPT スイッチオーバー

入力 ACL ロギング

入出力 ACL フィルタリング

マルチポイント IPv4 GRE トンネル上の IPv4 マルチキャスト

P2P IPv4 GRE トンネル上の IPv4 マルチキャスト

VRF での P2P IPv4 GRE トンネル上の IPv4 マルチキャストおよびトンネル エンドポイント

P2P IPv4 VRF GRE トンネル上の IPv4 マルチキャスト

ポートチャネルでのマルチキャスト パケットのロードバランシング

マルチキャスト境界

ルーテッド ポートでのマルチキャスト レイヤ 3 フォワーディング

サブインターフェイスでのマルチキャスト レイヤ 3 フォワーディング

SVI でのマルチキャスト レイヤ 3 フォワーディング

パラレル リンク間のマルチキャスト ロード分割

IPv4 エクストラネットをサポートするマルチキャスト VPN

IPv4 イントラネットをサポートするマルチキャスト VPN

マルチキャスト VRF-lite

P2P IPv4 GRE トンネル上の MVPN

NetFlow アカウンティング

Non-RPF 保護

IPv4 を介した PIM Register カプセル開放

IPv4 を介した PIM Register カプセル化

PIM-DM(S,G)転送

PIM-SM(S,G)および(*,G)転送

PIM-SSM

入力モードの QoS ポリシング

レート リミッタ

統計情報

UDLR:単方向リンク ルーティング

URD:URL Rendezvous Directory

ハードウェアで部分的にサポートされている IPv4 レイヤ 3 機能

出力レプリケーション モードおよび QoS マーキング

入力モードの QoS マーキング

ソフトウェア サポートされている IPv4 レイヤ 3 機能

IGMPv3/v2/v1

MET 共有

MRM/mrinfo/mmon

MSDP/MBGP

mtrace/Mping

PGM ルータ アシスト

VRF での PGM ルータ アシスト

プラットフォーム依存の MIB サポート

プラットフォームに依存しない MIB サポート

SSM マッピング

SSO/NSF

サポートされていない IPv4 レイヤ 3 機能

IPv4 インフラストラクチャ上の 6PE IPv6(MDT トンネルを使用)

宛先 IP NAT マルチキャスト

MTR マルチキャスト ToS ベースの参照

マルチキャスト スタブ(12.2SX でサポート)

部分ショートカット(12.2SX でサポート)

サービス リフレクション

送信元 IP NAT マルチキャスト

出力レプリケーション モードおよび QoS ポリシング

出力 ACL ロギング

QoS 入力または出力シェーピング

ルーティング中のマルチキャスト ブリッジされたフレームの QoS マーキング

DVMRP 相互運用性(リリース 12.2SX でサポート)

ISSU/MDR

MFIB の整合性チェッカ

MFIB HW 整合性チェッカ

MTR マルチキャスト:グループ範囲用個別 RPF テーブル

MTR マルチキャスト:個別 URIB RPF テーブル

マルチキャスト ヘルパー マップ(リリース 12.2SX でサポート)

RPF 変更のトラッキング

ip multicast rate-limit コマンド(リリース 12.2SX でサポート)

ip multicast ttl-threshold コマンド(リリース 12.2SX でサポート)

ハードウェアでサポートされている IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能

コントロール プレーン ポリシング(CoPP)

出力強制レプリケーション モード

出力レプリケーション ローカル

出力レプリケーション モード

HW アシストされた SPT スイッチオーバー

入力 ACL ロギング

入出力 ACL フィルタリング

P2P IPv4 GRE/IP-in-IP トンネル上の IPv6 マルチキャスト(6over4)

ポートチャネルでのマルチキャスト パケットのロードバランシング

ルーテッド ポートでのマルチキャスト レイヤ 3 フォワーディング

サブインターフェイスでのマルチキャスト レイヤ 3 フォワーディング

SVI でのマルチキャスト レイヤ 3 フォワーディング

パラレル リンク間のマルチキャスト ロード分割

NetFlow アカウンティング

Non-RPF 保護

IPv6 を介した PIM Register カプセル開放

IPv6 を介した PIM Register カプセル化

PIM-SM(S,G)および(*,G)転送

PIM-SSM

QoS 入力モード マーキング

QoS 入力モード ポリシング

レート リミッタ

スコープ チェック

統計情報

ハードウェアで部分的にサポートされている IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能

出力レプリケーション モードおよび QoS マーキング

ソフトウェアでサポートされている IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能

SSM マッピング

MET 共有

MLDv1/v2

サポートされていない IPv6 レイヤ 3 マルチキャスト機能

P2P GRE トンネルを介した BIDIR PIM

宛先 IP NAT マルチキャスト

P2P IPv6 GRE トンネル上の IPv4 マルチキャスト(4over6)

マルチポイント IPv4 GRE トンネル上の IPv6 マルチキャスト(6over4 mGRE)

マルチポイント IPv6 GRE トンネル上の IPv6 マルチキャスト

P2P IPv6 GRE トンネル上の IPv6 マルチキャスト

VRF での P2P IPv6 GRE トンネル上の IPv6 マルチキャストおよびトンネル エンドポイント

P2P IPv6 VRF GRE トンネル上の IPv6 マルチキャスト

MTR マルチキャスト:ToS ベースの参照

IPv6 エクストラネットをサポートするマルチキャスト VPN

IPv6 イントラネットをサポートするマルチキャスト VPN

マルチキャスト VRF-lite

P2P IPv6 GRE トンネル上の MVPN

PIM-DM(S,G)転送

送信元 IP NAT マルチキャスト

出力レプリケーション モードおよび QoS ポリシング

QoS 入力および出力:シェーピング サポート

MIB のサポート

マルチキャスト境界

マルチキャスト ヘルパー マップ

出力 ACL ロギング

PGM ルータ アシスト

VRF での PGM ルータ アシスト

PIM-BIDIR

ルーティング中のマルチキャスト ブリッジされたフレームの QoS マーキング

ハードウェアでサポートされているレイヤ 2 共通マルチキャスト機能

IGMP/PIM/MLD スヌーピングのための NSF/SSO サポート

サポートされていないレイヤ 2 共通マルチキャスト機能

IGMP/PIM/MLD スヌーピングのための ISSU/MDR サポート

MIB のサポート

ハードウェアでサポートされているレイヤ 2 エンタープライズ マルチキャスト機能

IGMPv2/v1 スヌーピング:IP ベースの抑制

IGMPv2/v1 スヌーピング:MAC ベースの抑制

S, G 抑制を含む IGMPv3 スヌーピング

MLD v1 スヌーピング:IP ベースの抑制

MLD v1 スヌーピング:MAC ベースの抑制

MLD v2 スヌーピング:IP ベースの抑制

MLD v2 スヌーピング:MAC ベースの抑制

BD を介した PVLAN のマルチキャスト サポート

不明な IP マルチキャスト フレームの最適なフラッディング

PIM スヌーピング:IP ベースの抑制

PIM スヌーピング:MAC ベースの抑制

IGMP スヌーピング クエリア

IGMPv3 スヌーピング:明示的なトラッキング

MLD スヌーピング クエリア

PIM スヌーピング:DR フラッディング

サポートされていないレイヤ 2 エンタープライズ マルチキャスト機能

RGMP

Source-Only 検出

マルチキャスト フラッド保護

IGMP スヌーピング用の CGMP 互換モード

CGMP リダイレクトの抑制

ハードウェアでサポートされているレイヤ 2 Metro マルチキャスト機能

マルチキャスト VLAN レジストレーション(MVR)

サポートされていないレイヤ 2 Metro マルチキャスト機能

Q-in-Q タグ付きフレームを介した MLD v1/v2 スヌーピング

LAN ポートでの VPLS マルチキャスト抑制の最適化

Q-in-Q を介した PIM スヌーピング

Q-in-Q タグ付きフレームを介した IGMPv3/v2/v1 スヌーピング

MTP マルチキャストの最適化

EOM を使用する BD のマルチキャスト ルーティング

サポートされていない MPLS マルチキャスト機能

mLDP を使用した Inter-AS IPv4 マルチキャスト VPN

mLDP を使用した Inter-AS IPv6 マルチキャスト VPN

mLDP を使用したエッジでの IPv4 マルチキャスト トラフィック(グローバル ルーティング テーブル経由)

P2MP RSVP TE LSP を介した、エッジでの IPv4 マルチキャスト トラフィック(グローバル ルーティング テーブル経由)

P2MP RSVP TE LSP を介した VRF での IPv4 マルチキャスト トラフィック

mLDP を使用した VRF での IPv4 マルチキャスト トラフィック

mLDP を使用したエッジでの IPv6 マルチキャスト トラフィック(グローバル ルーティング テーブル経由)

P2MP RSVP TE LSP を介した、エッジでの IPv6 マルチキャスト トラフィック(グローバル ルーティング テーブル経由)

P2MP RSVP TE LSP を介した VRF での IPv6 マルチキャスト トラフィック

mLDP を使用した VRF での IPv6 マルチキャスト トラフィック

ISSU のサポート

P2MP TE LSP に対するリンク保護(500 msec)

P2MP TE LSP に対するノード保護(500 msec)

SSO/NSF サポート

mLDP を使用した IPv4 マルチキャスト VPN の Carrier Supporting Carrier(CSC)

mLDP を使用した IPv6 マルチキャスト VPN の Carrier Supporting Carrier(CSC)

Label Switched Multicast のための IPv4 マルチキャスト VPN に対するエクストラネット サポート

Label Switched Multicast のための IPv6 マルチキャスト VPN に対するエクストラネット サポート

mLDP ツリーに対するリンク保護(500 msec)

mLDP ツリーに対するノード保護(500 msec)

MIB のサポート

ハードウェアでサポートされているセキュリティ マルチキャスト機能

マルチキャストとサービス ブレードの相互作用

P2P GRE トンネルと VPNSM/IPSEC SPA モジュールの相互作用

ソフトウェアでサポートされているセキュリティ マルチキャスト機能

IGMP スヌーピング フィルタリング

サポートされていないセキュリティ マルチキャスト機能

マルチキャストのための CTS LinkSecurity

RBACL および IPv4/IPv6 マルチキャスト データ パケット

マルチキャストのための CTS 暗黙トンネル

GDOI キー配布

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能のデフォルト設定

マルチキャスト ルーティング:グローバルにディセーブルです。

PIM ルーティング:すべてのインターフェイスでディセーブルです。

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチング:マルチキャスト ルーティングがイネーブルで、インターフェイスで PIM がイネーブルの場合、イネーブルです。

IP MFIB 転送:インターフェイスで PIM がイネーブルにされている場合、イネーブルです。

Internet Group Management Protocol(IGMP)スヌーピングは、すべての VLAN インターフェイス上で、デフォルトでイネーブルに設定されています。インターフェイス上で IGMP スヌーピングをディセーブルにしても、マルチキャスト レイヤ 3 フローは引き続きハードウェアによりスイッチングされます。IGMP スヌーピングをディセーブルに設定したインターフェイス上でフローをブリッジングすると、VLAN のすべての転送インターフェイスにフラッディングが発生します。IGMP スヌーピングの設定については、を参照してください。

IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 機能の設定方法

「IPv4 マルチキャスト ルーティングのグローバルなイネーブル化」

「レイヤ 3 インターフェイス上での IPv4 PIM のイネーブル化」

「レイヤ 3 インターフェイス上での IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのイネーブル化」

「レイヤ 3 インターフェイスの IP MFIB 転送のイネーブル化」

「レプリケーション モードの設定」

「マルチキャスト境界の設定」

「ローカル出力レプリケーションの確認」

「IPv4 マルチキャスト PIM-SM レジスタ トンネル情報の表示」

「IPv4 マルチキャスト ルーティング テーブルの表示」

「IPv4 MRIB 情報の表示」

「IPv4 MFIB 情報の表示」

「直接接続されたエントリの表示」

「IPv4 ハードウェア スイッチング情報の表示」

「IPv4 CoPP 情報の表示」

「IGMPv3、IGMP v3lite、および URD を使用した送信元固有マルチキャスト」

「IPv4 双方向 PIM の設定」

「IPv4 双方向 PIM のグローバルなイネーブル化」

「IPv4 双方向 PIM グループのランデブー ポイントの設定」

「IPv4 双方向 PIM 情報の表示」

「IPv4 デバッグ コマンドの使用」

「マルチキャスト トラフィックの冗長性」

IPv4 マルチキャスト ルーティングのグローバルなイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにするには、事前に IP マルチキャスト ルーティングをグローバルにイネーブルにする必要があります。

IP マルチキャスト ルーティングをグローバルにイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# ip multicast-routing

IP マルチキャスト ルーティングをグローバルにイネーブルにします。

次に、マルチキャスト ルーティングをグローバルにイネーブルにする例を示します。

Router(config)# ip multicast-routing
Router(config)#

レイヤ 3 インターフェイス上での IPv4 PIM のイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングを動作させるには、事前にレイヤ 3 インターフェイス上で PIM をイネーブルにする必要があります。

レイヤ 3 インターフェイス上で IP PIM をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{ vlan vlan_ID } | { type slot/port }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# ip pim { dense-mode | sparse-mode | sparse-dense-mode }

レイヤ 3 インターフェイス上で IP PIM をイネーブルにします。

次に、インターフェイス上でデフォルト モード( sparse-dense-mode )を使用して PIM をイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# ip pim
 

次に、インターフェイス上で PIM sparse モードをイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# ip pim sparse-mode

) • IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングを動作させるには、事前に関与するすべてのレイヤ 3 インターフェイス上で PIM をイネーブルにする必要があります。レイヤ 3 インターフェイス上での PIM の設定手順については、「レイヤ 3 インターフェイス上での IPv4 PIM のイネーブル化」を参照してください。

PIM は、VLAN インターフェイスも含めて、任意のレイヤ 3 インターフェイス上でイネーブルに設定できます。


 

レイヤ 3 インターフェイス上での IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのイネーブル化

レイヤ 3 インターフェイス上で PIM をイネーブルにすると、インターフェイス上では IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングがデフォルトでイネーブルになります。次の作業は、インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをディセーブルにしたあと、再びイネーブルにする場合に限り行います。

レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{ vlan vlan_ID } | { type slot/port }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# platform multicast forwarding ip

レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにします。

ステップ 3

Router(config-if)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 4

Router # platform ip multicast syslog

(任意)マルチキャストに関連した syslog メッセージのコンソールでの表示をイネーブルにします。

次に、レイヤ 3 インターフェイス上で IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# platform multicast forwarding ip
Router(config-if)#

レイヤ 3 インターフェイスの IP MFIB 転送のイネーブル化

インターフェイスで MFIB 転送をディセーブルにすることは、インターフェイスの IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングをディセーブルにするもう 1 つの方法です。インターフェイスで PIM がイネーブルにされている場合は、デフォルトで、着信および送信の MFIB 転送がイネーブルにされます。レイヤ 3 インターフェイス上で MFIB 転送をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{vlan vlan_ID} | {type slot/port}}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# ip mfib forwarding in

レイヤ 3 インターフェイス上で MFIB 転送をイネーブルにします。

ステップ 3

Router(config-if)# exit

グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 4

Router # [no] platform ip multicast syslog

(任意)マルチキャストに関連した syslog メッセージのコンソールでの表示をイネーブルにします。

次に、レイヤ 3 インターフェイスで MFIB 転送をイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# ip mfib forwarding in
Router(config-if)#

レプリケーション モードの設定

デフォルトでは、Cisco IOS Release 15.1SY は、出力レプリケーション モードです。Supervisor Engine 2T は、入力だけのレガシー スイッチング モジュールに対する出力レプリケーションを用意しているため、出力レプリケーション モードは常にサポートされます。インストールまたは追加したモジュールによって、このレプリケーション モードは抑制されません。設定されているレプリケーション モードは変更できます。

レプリケーション モードを設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# [ no ] platform ip multicast routing replication egress

レプリケーション モードを設定します。

platform multicast routing replication egress コマンドは出力レプリケーション モードを設定します。

no platform multicast routing replication egress コマンドは入力レプリケーション モードを設定します。

レプリケーション モードを変更すると、トラフィックが中断する可能性があります。

次に、入力レプリケーション モードを設定する例を示します。

Router(config)# no platform multicast routing replication egress
 

次に、レプリケーション モードを表示する例を示します。

Router# show platform multicast routing replication
Current mode of replication is Ingress
Configured mode of replication is Ingress
 
Slot Multicast replication capability
2 Egress
5 Egress

マルチキャスト境界の設定

マルチキャスト境界を設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# interface {{ vlan vlan_ID } | { type slot/port } | { port-channel number }}

設定するインターフェイスを選択します。

ステップ 2

Router(config-if)# ip multicast boundary access_list [ filter-autorp ]

インターフェイス上で管理スコープ境界をイネーブルにします。

access_list には、この境界でのトラフィックのフィルタリング用に設定されたアクセス リストを指定します。

(任意) filter-autorp を指定して、この境界で自動 RP メッセージをフィルタリングします。


filter-autorp キーワードを設定すると、管理境界は自動 RP ディスカバリおよび通知メッセージを検証して、境界 ACL により拒否された自動 RP グループ範囲の通知を自動 RP パケットから削除します。自動 RP グループ範囲の通知が境界で許可され、通過できるのは、自動 RP グループ範囲のすべてのアドレスが境界 ACL により許可されている場合に限ります。いずれかのアドレスが許可されない場合、自動 RP メッセージが転送される前に、グループ範囲全体がフィルタリングされ、自動 RP メッセージから削除されます。


次に、すべての管理用スコープのアドレスにマルチキャスト境界を設定する例を示します。

Router (config)# access-list 1 deny 239.0.0.0 0.255.255.255
Router (config)# access-list 1 permit 224.0.0.0 15.255.255.255
Router (config)# interface gigabitethernet 5/2
Router (config-if)# ip multicast boundary 1

ローカル出力レプリケーションの確認

デュアル スイッチファブリック接続を含む DFC を装備したモジュールには、ファブリック接続ごとに 1 つずつ、合計 2 つのパケット レプリケーション エンジンがあります。それぞれのレプリケーション エンジンは、スイッチファブリック接続と関連したインターフェイスにパケットを転送したり、そのインターフェイスからパケットを転送したりします。スイッチファブリック接続と関連するインターフェイスは、パケット レプリケーション エンジン側から見て「ローカル」と見なされます。ローカル出力レプリケーション モードがイネーブルでない場合、両方のレプリケーション エンジンにすべてのモジュールの完全な発信インターフェイス リストが保持され、レプリケーション エンジンはローカルでないインターフェイスのトラフィックをいったん処理してからドロップします。

ローカル出力レプリケーション モードによって、発信インターフェイス リストが各レプリケーション エンジンをサポートするローカル インターフェイスだけに制限され、不要なマルチキャスト トラフィックの処理を防止できます。

ローカル出力レプリケーションは、次のソフトウェア設定およびハードウェアでサポートされます。

出力レプリケーション モード。

デュアル ファブリック接続 DFC 搭載モジュール。

CFC を搭載したモジュール(Supervisor Engine 2T で提供される機能)。

レイヤ 3 EtherChannel のメンバーと VLAN インターフェイス。

次に、ローカル出力レプリケーション用に選択されたレプリケーション エンジンを確認する例を示します。

Router# show platform ip multicast capability
Current mode of replication is Ingress
Configured replication mode is Egress
Egress Local is Enabled
Slot Multicast replication capability Egress Local
2 Egress No
3 Egress Yes
4 Ingress No
5 Egress No
6 Egress No

IPv4 マルチキャスト PIM-SM レジスタ トンネル情報の表示

PIM RP に関連付けられているレジスタ トンネル インターフェイスを表示するには、 show ip pim tunnel コマンドを入力します。

 

コマンド
目的

Router# show ip pim rp mapping

PIM RP 情報を表示します。

Router# show ip pim tunnel

すべてのルータの PIM Register カプセル化トンネル情報を表示します。

RP 上の追加の PIM Register カプセル開放トンネルを表示します。

次に、PIM レジスタ トンネル情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim rp mapping
PIM Group-to-RP Mappings
 
Group(s): 224.0.0.0/4, Static
RP: 11.1.1.1 (?)
 
Router# show ip pim tunnel
Tunnel0
Type : PIM Encap
RP : 11.1.1.1*
Source: 11.1.1.1
Tunnel1*
Type : PIM Decap
RP : 11.1.1.1*
Source: -

IPv4 マルチキャスト ルーティング テーブルの表示

mroute エントリを表示するには、 show ip mroute コマンドを入力します。

 

コマンド
目的
Router# show ip mroute [ hostname | group_number ]

IP マルチキャスト ルーティング テーブルを表示します。

次に、IP マルチキャスト ルーティング テーブルを表示する例を示します。

Router# show ip mroute 225.1.1.1
IP Multicast Routing Table
Flags: D - Dense, S - Sparse, B - Bidir Group, s - SSM Group, C - Connected,
L - Local, P - Pruned, R - RP-bit set, F - Register flag,
T - SPT-bit set, J - Join SPT, M - MSDP created entry, E - Extranet,
X - Proxy Join Timer Running, A - Candidate for MSDP Advertisement,
U - URD, I - Received Source Specific Host Report,
Z - Multicast Tunnel, z - MDT-data group sender,
Y - Joined MDT-data group, y - Sending to MDT-data group,
G - Received BGP C-Mroute, g - Sent BGP C-Mroute,
Q - Received BGP S-A Route, q - Sent BGP S-A Route,
V - RD & Vector, v - Vector
Outgoing interface flags: H - Hardware switched, A - Assert winner
Timers: Uptime/Expires
Interface state: Interface, Next-Hop or VCD, State/Mode
 
(*, 225.1.1.1), 00:25:35/00:02:52, RP 11.1.1.1, flags: SJC
Incoming interface: Null, RPF nbr 0.0.0.0
Outgoing interface list:
GigabitEthernet1/4, Forward/Sparse-Dense, 00:21:43/00:02:52
Vlan546, Forward/Sparse-Dense, 00:25:36/00:02:51
 
(22.2.2.1, 225.1.1.1), 00:25:36/00:01:49, flags: T
Incoming interface: Vlan546, RPF nbr 0.0.0.0
Outgoing interface list:
GigabitEthernet1/4, Forward/Sparse-Dense, 00:21:46/00:03:24

IPv4 MRIB 情報の表示

show ip mrib コマンドを実行すると、IP MRIB に関する詳細情報が表示されます。詳細な MRIB 情報を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show ip mrib client

MRIB に登録されているクライアントを表示します。

Router# show ip mrib route [ hostname | group_number | summary | reserved ]

MRIB ルート情報を表示します。

MRIB クライアントを表示するには、 show ip mrib client コマンドを入力します。PFC および各 DFC で動作する MFIB は、MRIB のクライアントとして示す必要があります。次に、MRIB クライアントを表示する例を示します。

Router# show ip mrib client
IP MRIB client-connections
MRIB Trans for MVRF #0 table:434 (connection id 1)
IPv4_mfib(0x57D354C8):6.642 (connection id 2)
IPv4_mfib(0x555FC7D8):1.362 (connection id 3)
 

次に、MRIB テーブルを表示する例を示します。

Router# show ip mrib route 225.1.1.1
IP Multicast Routing Information Base
Entry flags: L - Domain-Local Source, E - External Source to the Domain,
C - Directly-Connected Check, S - Signal, IA - Inherit Accept, D - Drop
ET - Data Rate Exceeds Threshold,K - Keepalive,DDE - Data Driven Event
Interface flags: F - Forward, A - Accept, IC - Internal Copy,
NS - Negate Signal, DP - Don't Preserve, SP - Signal Present,
II - Internal Interest, ID - Internal Disinterest, LI - Local Interest,
LD - Local Disinterest, MD - mCAC Denied
 
(*,225.1.1.1) RPF nbr: 0.0.0.0 Flags: C
Tunnel1 Flags: A
GigabitEthernet1/4 Flags: F NS
Vlan546 Flags: F NS
 
(22.2.2.1,225.1.1.1) RPF nbr: 0.0.0.0 Flags:
Vlan546 Flags: A
GigabitEthernet1/4 Flags: F NS

IPv4 MFIB 情報の表示

show ip mfib コマンドを実行すると、IP MFIB に関する詳細情報が表示されます。詳細な MFIB 情報を表示するには、次のいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show ip mfib interface [ type name ]

MFIB インターフェイス情報を表示します

Router# show ip mfib [ hostname | group_number | global | verbose ]

MFIB ルート情報を表示します。

Router# show ip mfib summary

MFIB ステートの要約を表示します

Router# show ip mfib status

MFIB ステータスを表示します

Router# show ip mfib count

ルートおよびパケット カウント データを表示します

次に、MFIB インターフェイス情報を表示する例を示します。

Router# show ip mfib interface
IPv4 Multicast Forwarding (MFIB) status:
Configuration Status: enabled
Operational Status: running
Initialization State: Running
Total signalling packets queued: 0
Process Status: may enable - 3 - pid 642
Tables 1/1/0 (active/mrib/io)
 
MFIB interface status CEF-based output
[configured,available]
GigabitEthernet1/1 up [yes ,no ]
GigabitEthernet1/2 up [yes ,no ]
GigabitEthernet1/4 up [yes ,yes ]
Loopback1 up [yes ,yes ]
Tunnel0 up [yes ,yes ]
Tunnel1 up [yes ,no ]
Vlan546 up [yes ,yes ]
 

次に、MFIB テーブルを表示する例を示します。

Router# show ip mfib 225.1.1.1
Entry Flags: C - Directly Connected, S - Signal, IA - Inherit A flag,
ET - Data Rate Exceeds Threshold, K - Keepalive
DDE - Data Driven Event, HW - Hardware Installed
I/O Item Flags: IC - Internal Copy, NP - Not platform switched,
NS - Negate Signalling, SP - Signal Present,
A - Accept, F - Forward, RA - MRIB Accept, RF - MRIB Forward,
MA - MFIB Accept
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kbits per second
Other counts: Total/RPF failed/Other drops
I/O Item Counts: FS Pkt Count/PS Pkt Count
Default
(*,225.1.1.1) Flags: C HW
SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
HW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
Tunnel1 Flags: A
GigabitEthernet1/4 Flags: F NS
Pkts: 0/0
Vlan546 Flags: F NS
Pkts: 0/0
(22.2.2.1,225.1.1.1) Flags: HW
SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 37/0/37
HW Forwarding: 536649628/234964/512/939858, Other: 0/0/0
Vlan546 Flags: A
GigabitEthernet1/4 Flags: F NS
Pkts: 0/0
 

次に、MFIB サマリーを表示する例を示します。

Router# show ip mfib summary
Default
211 prefixes (211/0/0 fwd/non-fwd/deleted)
343 ioitems (343/0/0 fwd/non-fwd/deleted)
Forwarding prefixes: [101 (S,G), 108 (*,G), 2 (*,G/m)]
Table id 0x0, instance 0x57D354C8
Database: epoch 2
 

次に、MFIB ステータスを表示する例を示します。

Router# show ip mfib status
IPv4 Multicast Forwarding (MFIB) status:
Configuration Status: enabled
Operational Status: running
Initialization State: Running
Total signalling packets queued: 0
Process Status: may enable - 3 - pid 642
Tables 1/1/0 (active/mrib/io)
 

次に、MFIB カウントを表示する例を示します。

Router# show ip mfib count
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kilobits per second
Other counts: Total/RPF failed/Other drops(OIF-null, rate-limit etc)
Default
211 routes, 108 (*,G)s, 2 (*,G/m)s
Group: 224.0.0.0/4
RP-tree,
SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
HW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
Group: 224.0.1.40
RP-tree,
SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
Group: 225.1.1.1
RP-tree,
SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
HW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
Source: 22.2.2.1,
SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 37/0/37
HW Forwarding: 38970288942/234961/512/939847, Other: 0/0/0
Totals - Source count: 1, Packet count: 38970288942

直接接続されたエントリの表示

次に、直接接続されたサブネット エントリを表示する例を示します。

Router# show platform hardware cef | include receive
224 0.0.0.0/32 receive
225 255.255.255.255/32 receive
226 22.2.2.2/32 receive
227 22.2.2.0/32 receive
228 22.2.2.255/32 receive
229 10.10.10.10/32 receive
230 11.1.1.1/32 receive
231 11.1.1.0/32 receive
232 11.1.1.255/32 receive
3200 224.0.0.0/24 receive
198433 224.0.0.0/4 receive

IPv4 ハードウェア スイッチング情報の表示

show platform hardware multicast routing ip コマンドは、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングに関する詳細情報を表示します。IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングに関する詳細情報を表示するには、次のうちいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show platform hardware multicast routing ip control

レイヤ 3 IP マルチキャスト制御エントリを表示します。

Router# show platform hardware multicast routing ip [ source ip_address ] [ group ip_address [ detail | verbose ]]

すべてのインターフェイスについて、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの詳細情報を表示します。

Router# show platform ip multicast summary

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの要約情報を表示します。

次に、レイヤ 3 IP マルチキャスト制御エントリを表示する例を示します。

Router# show platform hardware multicast routing ip control
IPv4 Multicast CEF Entries for VPN#0
Flags: C - Control, B - Bidir, c - CoPP ELIF, Q - QoS ELIF, n - Non-primary Input
Source Destination/mask RPF/DF Flags #packets #bytes Output LIFs/Info
+--------------+---------------------+----------------+------+-----------+------------------+--------------------------+
* 224.0.0.0/24 - C - -
* 224.0.1.39/32 - C - -
* 224.0.1.40/32 - C - -
Found 3 entries.
 

次に、レイヤ 3 IP マルチキャスト スイッチング情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware multicast routing ip source 22.2.2.1 group 225.1.1.1 de
IPv4 Multicast CEF Entries for VPN#0
 
(22.2.2.1, 225.1.1.1/32)
FIBAddr: 0x20 IOSVPN: 0 RpfType: SglRpfChk SrcRpf: Vl546
CPx: 0 s_star_pri: 1 non-rpf drop: 0
 
PIAdjPtr: 0x1C001 Format: IP rdt: off elif: 0xC5409
fltr_en: off idx_sel/bndl_en: 0 dec_ttl: on mtu_idx: 2(1518)
PV: 1 rwtype: MCAST_L3_REWRITE
met3: 0x8000 met2: 0x0
Packets: 0 Bytes: 0
 
NPIAdjPtr: 0x1C002 Format: IP rdt: off elif: 0xC5409
fltr_en: off idx_sel/bndl_en: 0 dec_ttl: off
PV: 0 rwtype: NO_REWRITE
smac_rwt: 0 ip_to_mac: 1
Packets: 0 Bytes: 0
MET offset: 0x8000
OIF AdjPtr Elif CR
+-------------+----------+-----------+--------+
EDT-2C001 0x2C001 0x8400A 6T1/T2
Found 1 entries.
 

次に、レイヤ 3 IP マルチキャスト スイッチング要約情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware multicast routing ip summary
IPv4 Multicast CEF Entries Summary for VPN#0
Slot #shcut #(S,G) #(*,G) #(*,G/m) #Ctrl
+-----+-----------+------------+------------+------------+------------+
6 203 101 101 1 3

IPv4 CoPP 情報の表示

マルチキャスト CoPP 情報を確認するために次のコマンドを使用できます。

 

コマンド
目的

Router# show platform hardware multicast routing ip control

レイヤ 3 IP マルチキャスト制御エントリを表示します。

Router# show policy-map control-plane input class class_name

コントロール プレーン ポリシーのクラス マップ情報を表示します。

次に、CoPP 情報を表示する例を示します。

Router# show platform hardware multicast routing ip control detail
IPv4 Multicast CEF Entries for VPN#0
 
(*, 224.0.0.0/24)
FIBAddr: 0x2A0 IOSVPN: 0 RpfType: SkipRpf SrcRpf:
CPx: 0 s_star_pri: 1 non-rpf drop: 0
 
PIAdjPtr: 0x13110(IPv4 Control) Format: IP rdt: off elif: 0x9FC01
fltr_en: off idx_sel/bndl_en: 0 dec_ttl: off mtu_idx: 0(9234)
PV: 1 rwtype: NO_REWRITE
smac_rwt: 0 ip_to_mac: 0
 
(*, 224.0.1.39/32)
FIBAddr: 0x1E0 IOSVPN: 0 RpfType: SkipRpf SrcRpf:
CPx: 0 s_star_pri: 1 non-rpf drop: 0
 
PIAdjPtr: 0x13110(IPv4 Control) Format: IP rdt: off elif: 0x9FC01
fltr_en: off idx_sel/bndl_en: 0 dec_ttl: off mtu_idx: 0(9234)
PV: 1 rwtype: NO_REWRITE
smac_rwt: 0 ip_to_mac: 0
 
(*, 224.0.1.40/32)
FIBAddr: 0x1E2 IOSVPN: 0 RpfType: SkipRpf SrcRpf:
CPx: 0 s_star_pri: 1 non-rpf drop: 0
PIAdjPtr: 0x13110(IPv4 Control) Format: IP rdt: off elif: 0x9FC01
fltr_en: off idx_sel/bndl_en: 0 dec_ttl: off mtu_idx: 0(9234)
PV: 1 rwtype: NO_REWRITE
smac_rwt: 0 ip_to_mac: 0
Found 3 entries.
 
Router# show policy-map control-plane input class class-copp-match-igmp
 
Control Plane Interface
 
Service-policy input: policy-default-autocopp
 
Hardware Counters:
 
class-map: class-copp-match-igmp (match-any)
Match: access-group name acl-copp-match-igmp
police :
10000 pps 10000 limit 10000 extended limit
Earl in slot 6 :
0 packets
5 minute offered rate 0 pps
aggregate-forwarded 0 packets
action: set-discard-class-transmit
exceeded 0 packets action: transmit
aggregate-forward 0 pps exceed 0 pps
 
Software Counters:
 
Class-map: class-copp-match-igmp (match-any)
7138 packets, 267084 bytes
5 minute offered rate 0000 bps, drop rate 0000 bps
Match: access-group name acl-copp-match-igmp
7138 packets, 267084 bytes
5 minute rate 0 bps
police:
rate 10000 pps, burst 10000 packets
conformed 7138 packets, 7138 bytes; action:
set-discard-class-transmit 48
exceeded 0 packets, 0 bytes; action:
transmit
conformed 0 pps, exceeded 0 pps

IGMPv3、IGMP v3lite、および URD を使用した送信元固有マルチキャスト

IGMPv3、IGMP v3lite、および URL Rendezvous Directory(URD)を使用した Source-Specific Multicast(SSM)の詳細および手順については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios-xml/ios/ipmulti_igmp/configuration/15-sy/imc-igmp-15-sy-book.html

IPv4 双方向 PIM のグローバルなイネーブル化

IPv4 双方向 PIM をイネーブルにするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

Router(config)# ip pim bidir-enable

スイッチ上で IPv4 双方向 PIM をグローバルにイネーブル化します。

次に、スイッチ上で IPv4 双方向 PIM をイネーブルにする例を示します。

Router(config)# ip pim bidir-enable
Router(config)#

IPv4 双方向 PIM グループのランデブー ポイントの設定

IPv4 双方向 PIM グループのランデブー ポイントをスタティックに設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router(config)# ip pim rp-adress ip_address access_list [ override ]

グループのランデブー ポイントの IP アドレスをスタティックに設定します。override オプションを指定する場合、スタティック ランデブー ポイントを使用します。

ステップ 2

Router(config)# access-list access-list [ permit | deny ] ip_address

アクセス リストを設定します。

ステップ 3

Router(config)# ip pim send-rp-announce type number scope ttl_value [ group-list access-list] [ interval seconds] [ bidir ]

自動 RP を使用してルータがランデブー ポイント(RP)として動作するグループを設定するように、システムを設定します。

ステップ 4

Router(config)# ip access-list standard access-list-name permit | deny ip_address

標準 IP アクセス リストを設定します。

ステップ 5

Router(config)# platform ip multicast

ハードウェアでサポートされている IP マルチキャストをイネーブルにします。

次に、IPv4 双方向 PIM グループのスタティック RP を設定する例を示します。

Router(config)# ip pim rp-address 10.0.0.1 10 bidir override
Router(config)# access-list 10 permit 224.1.0.0 0.0.255.255
Router(config)# ip pim send-rp-announce Loopback0 scope 16 group-list c21-rp-list-0 bidir
Router(config)# ip access-list standard c21-rp-list-0 permit 230.31.31.1 0.0.255.255

IPv4 双方向 PIM 情報の表示

IPv4 双方向 PIM 情報を表示するには、次のうちいずれかの作業を行います。

 

コマンド
目的

Router# show ip pim rp mapping [ in-use ]

PIM グループとランデブー ポイントの間のマッピングを表示し、使用中の学習したランデブー ポイントを表示します。

Router# show ip mfib

双方向 PIM の MFIB 情報を表示します。

Router# show platform hardware multicast routing ip

IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの詳細を表示します。

Router# show platform software multicast routing cmrp info

割り当てられた DF インデックスと DF マスクに関する情報を表示します。

Router# show platform ip multicast bidir

IPv4 双方向 PIM 情報を表示します。

次に、PIM グループおよびランデブー ポイント マッピングの情報を表示する例を示します。

Router# show ip pim rp mapping
PIM Group-to-RP Mappings
This system is an RP (Auto-RP)
This system is an RP-mapping agent
Group(s) 230.31.0.0/16
RP 60.0.0.60 (?), v2v1, bidir
Info source:60.0.0.60 (?), elected via Auto-RP
Uptime:00:03:47, expires:00:02:11
RP 50.0.0.50 (?), v2v1, bidir
Info source:50.0.0.50 (?), via Auto-RP
Uptime:00:03:04, expires:00:02:55
RP 40.0.0.40 (?), v2v1, bidir
Info source:40.0.0.40 (?), via Auto-RP
Uptime:00:04:19, expires:00:02:38
 

次に、IPv4 双方向 PIM に関連した IP マルチキャスト ルーティング テーブルの情報を表示する例を示します。

Router# show ip mroute bidirectional
(*,224.0.0.0/4), 00:17:18/-, RP 20.2.2.2, flags: B
Bidir-Upstream: Loopback2, RPF nbr: 20.2.2.2
Incoming interface list:
TenGigabitEthernet3/8, Accepting/Sparse-Dense
TenGigabitEthernet3/7, Accepting/Sparse-Dense
GigabitEthernet1/12, Accepting/Dense
GigabitEthernet1/1, Accepting/Sparse-Dense
Port-channel2, Accepting/Sparse-Dense
Loopback100, Accepting/Sparse-Dense
Loopback10, Accepting/Sparse-Dense
Loopback2, Accepting/Sparse-Dense
 
(*, 224.1.1.1), 00:17:18/00:02:26, RP 20.2.2.2, flags: BC
Bidir-Upstream: Null, RPF nbr 0.0.0.0
Outgoing interface list:
TenGigabitEthernet3/8, Forward/Sparse-Dense, 00:17:17/00:02:26
 

次に、IPv4 双方向 PIM に関連した MFIB テーブルを表示する例を示します。

Router# show ip mfib
Entry Flags: C - Directly Connected, S - Signal, IA - Inherit A flag,
ET - Data Rate Exceeds Threshold, K - Keepalive
DDE - Data Driven Event, HW - Hardware Installed
I/O Item Flags: IC - Internal Copy, NP - Not platform switched,
NS - Negate Signalling, SP - Signal Present,
A - Accept, F - Forward, RA - MRIB Accept, RF - MRIB Forward,
MA - MFIB Accept
Forwarding Counts: Pkt Count/Pkts per second/Avg Pkt Size/Kbits per second
Other counts: Total/RPF failed/Other drops
I/O Item Counts: FS Pkt Count/PS Pkt Count
Default
(*,224.0.0.0/4) Flags: HW ?- Indicates that Entry is installed in hardware
SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
HW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 0/0/0
GigabitEthernet1/1 Flags: A
GigabitEthernet1/12 Flags: A
TenGigabitEthernet3/7 Flags: A
TenGigabitEthernet3/8 Flags: A
Port-channel2 Flags: A
Loopback100 Flags: A
Loopback10 Flags: A
Loopback2 Flags: A F
Pkts: 0/0
Null0 Flags: A
(*,224.1.1.1) Flags: IA HW
SW Forwarding: 0/0/0/0, Other: 3/3/0
HW Forwarding: 3357168/3000/100/2343, Other: 0/0/0 ?--- Hw Forwarding Statistics
TenGigabitEthernet3/7 Flags: F
Pkts: 0/0
TenGigabitEthernet3/8 Flags: F
Pkts: 0/0
 

次に、IPv4 双方向 PIM に関連したハードウェア スイッチング テーブルを表示する例を示します。

Router# show platform hardware multicast routing ip group 224.0.0.0/4
IPv4 Multicast CEF Entries for VPN#0
Flags: C - Control, B - Bidir, c - CoPP ELIF, Q - QoS ELIF, n - Non-primary Input
Source Destination/mask RPF/DF Flags #packets #bytes Output LIFs/Info
+--------------+---------------------+----------------+------+-----------+------------------+--------------------------+
* 224.0.0.0/4 0 B 0 0
* 224.1.1.1/32 0 B 6539001 653900100 Te3/7, Te3/8 [2 oif(s)]
Found 2 entries.
 

次に、IPv4 双方向 PIM に関連した DF インデックスと DF マスク情報を表示する例を示します。

Router# show platform software multicast routing cmrp info
 
Replication Mode Information:
===============================
repl_mode: Ingress; pending_repl_mode: Ingress;
notify_repl_mode: Ingress; repl_mode_chng_in_prog: 0;
repl_mode_notif_pending: 0
 
Resource Information:
=======================
fib_full_mask: 0x0; adj_full_mask: 0x0;
met_full_mask: 0x0; met_unavail_mask: 0x0
 
Global HA Information:
========================
reconstruct_in_prog: 0; reconstruct_lc_mask: 0x0
 
Vrf Name: R; Vrf ID: 3; Df Idx Allocated: 8; mfib_sweep_mask: 0x0
==============================================================================
DF Idx Info for df_idx: 0
=============================
coll_obj: 0x530493CC; af:ipv4; df_state: USED
DF Collection Obj Info
======================
ref_count: 1; id_count: 4; app_data: 0x19D1D1A8; vrf_id: 3; df_idx: 0; cleanup: 0
DF Set
=======
Tu100 (0x320004072), Tu108 (0x32000407A), Nu0 (0x32000407B), Tu3 (0x32000407F),
DF Idx Info for df_idx: 1
=============================
coll_obj: 0x530493EC; af:ipv4; df_state: USED
DF Collection Obj Info
======================
ref_count: 1; id_count: 4; app_data: 0x19C3C740; vrf_id: 3; df_idx: 1; cleanup: 0
DF Set
=======
Tu101 (0x320004073), Tu108 (0x32000407A), Nu0 (0x32000407B), Tu3 (0x32000407F),
DF Idx Info for df_idx: 2
=============================
coll_obj: 0x5304936C; af:ipv4; df_state: USED
DF Collection Obj Info
======================
ref_count: 1; id_count: 4; app_data: 0x19D4D938; vrf_id: 3; df_idx: 2; cleanup: 0
DF Set
=======
Tu102 (0x320004074), Tu108 (0x32000407A), Nu0 (0x32000407B), Tu3 (0x32000407F),
DF Idx Info for df_idx: 3
=============================
coll_obj: 0x530492EC; af:ipv4; df_state: USED
DF Collection Obj Info
======================
ref_count: 1; id_count: 4; app_data: 0x19CE6338; vrf_id: 3; df_idx: 3; cleanup: 0
DF Set
=======
Tu103 (0x320004075), Tu108 (0x32000407A), Nu0 (0x32000407B), Tu3 (0x32000407F),
DF Idx Info for df_idx: 4
=============================
coll_obj: 0x5304930C; af:ipv4; df_state: USED
DF Collection Obj Info
======================
ref_count: 1; id_count: 4; app_data: 0x5C092894; vrf_id: 3; df_idx: 4; cleanup: 0
DF Set
=======
Tu104 (0x320004076), Tu108 (0x32000407A), Nu0 (0x32000407B), Tu3 (0x32000407F),
DF Idx Info for df_idx: 5
=============================
coll_obj: 0x530493AC; af:ipv4; df_state: USED
DF Collection Obj Info
======================
ref_count: 1; id_count: 4; app_data: 0x19D4D7FC; vrf_id: 3; df_idx: 5; cleanup: 0
DF Set
=======
Tu105 (0x320004077), Tu108 (0x32000407A), Nu0 (0x32000407B), Tu3 (0x32000407F),
DF Idx Info for df_idx: 6
=============================
coll_obj: 0x5304934C; af:ipv4; df_state: USED
DF Collection Obj Info
======================
ref_count: 1; id_count: 4; app_data: 0x19D4DC58; vrf_id: 3; df_idx: 6; cleanup: 0
DF Set
=======
Tu106 (0x320004078), Tu108 (0x32000407A), Nu0 (0x32000407B), Tu3 (0x32000407F),
DF Idx Info for df_idx: 7
=============================
coll_obj: 0x5304938C; af:ipv4; df_state: USED
DF Collection Obj Info
======================
ref_count: 1; id_count: 4; app_data: 0x5C09AD64; vrf_id: 3; df_idx: 7; cleanup: 0
DF Set
=======
Tu107 (0x320004079), Tu108 (0x32000407A), Nu0 (0x32000407B), Tu3 (0x32000407F),

IPv4 デバッグ コマンドの使用

表 43-1 に、IPv4 マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのデバッグ コマンドを示します。これらのコマンドを使用して、IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングの問題をトラブルシューティングできます。

 

表 43-1 IP マルチキャスト レイヤ 3 スイッチングのデバッグ コマンド

コマンド
説明

[ no ] debug platform software multicast routing cmrp { event | error } [ verbose ]

CMRP 関連イベントおよびエラーをデバッグします。

[ no ] debug platform software multicast routing edc server [ event | error ]

出力配布サーバ コンポーネントのエラーおよびイベントをデバッグします。

[ no ] debug platform software multicast routing edc client [ event | error ]

出力配布クライアント コンポーネントのエラーおよびイベントをデバッグします。

[ no ] debug platform software multicast routing hal [ event | error ]

マルチキャスト Hardware Abstraction Layer のエラーおよびイベントをデバッグします。

[ no ] debug platform software multicast routing cmfib [ event | error ]

コンステレーション MFIB コンポーネントのエラーおよびイベントをデバッグします。

[ no ] debug platform software met [ event | error | detail | all ]

MET マネージャのエラーおよびイベントをデバッグします。

[ no ] debug platform software filter filter_id { ip { destination | source } ip_address [ mask ] | string { exclude | include } text_string }

IPv4 の宛先アドレスまたは送信元アドレス、または入力文字列に基づいてメッセージをデバッグするためのフィルタリングをオンにします。

マルチキャスト トラフィックの冗長性

マルチキャスト トラフィックの冗長性には、次の条件が必要です。

OSPF や EIGRP などのユニキャスト ルーティング プロトコル。

PIM では、ユニキャスト ルーティング テーブルに対する RPF チェックを使用して、マルチキャスト データが通過する適切なパスを決定します。ユニキャスト ルーティング パスが変更されると、PIM は適切にコンバージするためにユニキャスト ルーティング プロトコル(OSPF)に依存するので、PIM で使用される RPF チェックは引き続き機能し、マルチキャスト ストリームを発信するサーバの発信元 IP アドレスとの間の有効なユニキャスト パスを表示します。

関連するすべてのレイヤ 3 インターフェイスに設定された PIM。

ユニキャスト ルーティング テーブルは、PIM のパスの選択に使用されます。PIM は RPF チェックを使用して、クライアント(受信者 VLAN)と発信元(マルチキャスト VLAN)の間の最終的な最短パス ツリー(SPT)を決定します。したがって、PIM の目的は、受信者サブネットと発信元サブネットの間の最短ユニキャスト パスを見つけることにあります。ユニキャスト ルーティング プロトコルが予期したとおりに動作しており、ユニキャスト ルーティング プロトコルに関連付けられたすべてのレイヤ 3 リンクに PIM が設定されている場合には、マルチキャストに他の設定を行う必要はありません。

ヒント Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの詳細(設定例およびトラブルシューティング情報を含む)については、次のページに示されるドキュメントを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/tsd_products_support_series_home.html

技術マニュアルのアイデア フォーラムに参加する