Cisco IOS ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.1SY
Flex Link
Flex Link
発行日;2013/08/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 17MB) | フィードバック

目次

Flex Link

Flex Link の前提条件

Flex Link の制約事項

Flex Link について

Flex Link のデフォルト設定

Flex Link の設定方法

Flex Link のモニタ

Flex Link

「Flex Link の前提条件」

「Flex Link の制約事項」

「Flex Link について」

「Flex Link のデフォルト設定」

「Flex Link の設定方法」

「Flex Link のモニタ」


) • この章で使用しているコマンドの構文および使用方法の詳細については、次の資料を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps11846/prod_command_reference_list.html

Cisco IOS Release 15.1SY は、イーサネット インターフェイスだけをサポートしています。Cisco IOS Release 15.1SY は、WAN 機能またはコマンドをサポートしていません。


 

ヒント Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの詳細(設定例およびトラブルシューティング情報を含む)については、次のページに示されるドキュメントを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/tsd_products_support_series_home.html

技術マニュアルのアイデア フォーラムに参加する


 

Flex Link の前提条件

なし。

Flex Link の制約事項

アクティブ リンクには、Flex Link バックアップ リンクを 1 つだけ設定できます。バックアップ リンクは、アクティブ インターフェイスとは異なるインターフェイスにする必要があります。

インターフェイスは 1 つの Flex Link ペアだけに属します。インターフェイスは、1 つだけのアクティブ リンクのバックアップ リンクにすることができます。アクティブ リンクは、別の Flex Link ペアに属することができません。

どちらのリンクも、EtherChannel に属するポートには設定できません。ただし、2 つのポート チャネル(EtherChannel 論理インターフェイス)を Flex Link として設定でき、ポート チャネルおよび物理インターフェイスを Flex Link として設定して、ポート チャネルか物理インターフェイスのどちらかをアクティブ リンクにすることができます。

バックアップ リンクを、アクティブ リンクと同じタイプにする必要はありません(ファスト イーサネット、ギガビット イーサネット、ポート チャネルのいずれか)。ただし同様の特性で両方の Flex Link を設定し、スタンバイ リンクがアクティブになった場合に、操作のループや変更が発生しないようにする必要があります。

Flex Link ポートでは STP がディセーブルになります。スイッチで STP をディセーブルにする場合は、ネットワーク トポロジーにレイヤ 2 ループがないことを確認してください。

Flex Link ポート、またはそのリンクの接続先ポートでは、STP 機能(PortFast、BPDU ガードなど)を設定しないでください。

プリエンプションはリンク障害と見なされないため、ローカルで管理上のシャットダウンを行わないとリンクは再度フォワーディングを開始します。このような場合、この機能によりダイナミック ホストはフラッシュされ、移動されません。

プライマリ リンクに設定されたスタティック MAC アドレスはスタンバイ リンクに移動されません。

Flex Link ポートが再度フォワーディングとなった場合は、これに設定されているスタティック MAC アドレスを元に戻します。

Flex Link について

Flex Link は、レイヤ 2 インターフェイス(ポートまたはポート チャネル)のペアで、一方のインターフェイスが他方のインターフェイスのバックアップとして機能するように設定されています。Flex Link は、カスタマーが STP を実行しないサービス プロバイダー ネットワークまたはエンタープライズ ネットワークで一般的に設定します。Flex Link では、スパニングツリー プロトコル(STP)の代替手段であるリンクレベルの冗長性が提供されます。Flex Link インターフェイスでは、STP が自動的にディセーブルになります。

リリース 15.1SY は、最大 16 の Flex Link をサポートします。Flex Link はレイヤ 2 ポートおよびポート チャネルだけでサポートされ、VLAN またはレイヤ 3 ポートではサポートされません。

Flex Link 機能を設定するには、プライマリにするリンクのスタンバイ リンクとして、1 つのレイヤ 2 インターフェイスを設定します。インターフェイスのペアに Flex Link を設定すると、片方のインターフェイスだけがリンクアップ状態になり、トラフィックを転送します。プライマリ リンクがシャットダウンされると、スタンバイ リンクがトラフィックの転送を始めます。アクティブでないリンクがアップに戻ると、そのリンクはスタンバイ モードになります。

図 21-1 では、スイッチ A のポート 1 およびポート 2 がアップリンク スイッチ B およびアップリンク スイッチ C に接続されています。これは Flex Link として設定されているので、片方のインターフェイスだけがトラフィックを転送し、他方のインターフェイスはスタンバイ モードになります。ポート 1 がアクティブ リンクになる場合、ポート 1 とスイッチ B との間でトラフィックの転送を開始し、ポート 2(バックアップ リンク)とスイッチ C との間のリンクでは、トラフィックは転送されません。ポート 1 がダウンした場合はポート 2 がアップし、トラフィックをスイッチ C に転送し始めます。ポート 1 は、アップに戻るとスタンバイ モードになり、トラフィックを転送しません。ポート 2 がトラフィックの転送を続けます。

図 21-1 Flex Link の設定例

 

プライマリ(転送)リンクがダウンすると、トラップによってネットワーク管理ステーションが通知を受けます。スタンバイ リンクがダウンすると、トラップがユーザに通知します。プライマリ リンクに障害が発生すると、この機能は次のアクションを実行します。

障害を検出します。

プライマリ リンクで学習されたダイナミック ユニキャスト MAC アドレスをスタンバイ リンクに移行します。

スタンバイ リンクをフォワーディング ステートに移行させます。

新しいアクティブ インターフェイス経由でダミーのマルチキャスト パケットを送信します。ダミーのマルチキャスト パケットのフォーマットは、次のとおりです。

宛先:01:00:0c:cd:cd:cd

送信元:新しいアクティブ Flex Link ポートのホストまたはポートの MAC アドレス。

図 21-2 では、スイッチ A のポート 1 と 2 は Flex Link のペアを介してスイッチ B と D に接続しています。ポート 1 はトラフィックを転送していて、ポート 2 はブロッキング ステートです。PC からサーバへのトラフィックはポート 1 からポート 3 に転送されます。PC の MAC アドレスが、スイッチ C のポート 3 で学習されています。サーバから PC へのトラフィックはポート 3 からポート 1 に転送されます。

ポート 1 がシャットダウンすると、ポート 2 がトラフィックの転送を開始します。ポート 2 へのフェールオーバー後に PC からサーバへのトラフィックがない場合、スイッチ C はポート 4 で PC の MAC アドレスを学習しません。このため、スイッチ C はポート 3 からサーバのトラフィックを PC に転送し続けます。ポート 1 がダウンしているため、サーバから PC へのトラフィックが消失します。この問題を軽減するため、この機能は、PC の送信元 MAC アドレスを持つダミーのマルチキャスト パケットをポート 2 経由で送信します。スイッチ C はポート 4 の PC の MAC アドレスを学習して、サーバから PC へのトラフィックの転送をポート 4 を経由して開始します。1 つのダミーのマルチキャスト パケットがすべての MAC アドレスに向けて送信されます。

Flex Link インターフェイスのプリエンプションでは、トラフィック転送に関する優先として、Flex Link のペアのいずれかのポートを指定します。プリファレンスは無条件とするか、または帯域幅の可用性に基づくようにできます。「Flex Link の設定方法」を参照してください。

図 21-2 Flex Link のダミーのマルチキャスト パケットの例

 

Flex Link のデフォルト設定

Flex Link:設定されません。

Flex Link インターフェイスのプリエンプション:設定されません。

Flex Link インターフェイスのプリエンプション遅延:35 秒。

Flex Link の設定方法

Flex Link を設定するには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

ステップ 1

Router# configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

Router(conf)# interface {{ type slot/ port } | { port-channel number }}

レイヤ 2 インターフェイスを指定します。

ステップ 3

Router(conf-if)# switchport backup interface interface_id

Flex Link ペアの一部としてインターフェイスを設定します。

interface_id では、物理ポートまたはポートチャネル インターフェイスを指定できます。

バックアップ インターフェイスは、あらかじめレイヤ 2 ポートとして設定する必要があります。

ステップ 4

Router(conf-if)# switchport backup interface interface_id preemption mode [ forced | bandwidth | off ]

(任意)Flex Link ペアの優先 Flex Link インターフェイスのプリエンプション ポートを設定します。

interface_id では、物理ポートまたはポートチャネル インターフェイスを指定できます。

forced :アクティブ インターフェイスは常に、バックアップをプリエンプトします。

bandwidth :より高い帯域幅を持つインターフェイスが常に、アクティブ インターフェイスとして動作します。

off :アクティブからバックアップへのプリエンプトは発生しません。

ステップ 5

Router(conf-if)# switchport backup interface interface_id preemption delay delay_time

(任意)Flex Link ペアの Flex Link インターフェイスのプリエンプション遅延時間を設定します。

interface_id では、物理ポートまたはポートチャネル インターフェイスを指定できます。

delay_time の範囲は 1 ~ 300 秒です。

ステップ 6

Router(conf-if)# exit

コンフィギュレーション モードを終了します。

次に、Flex Link バックアップ インターフェイスでインターフェイスを設定して、設定を確認する例を示します。

Router# configure terminal
Router(conf)# interface tengigabitethernet 2/9
Router(conf-if)# switchport backup interface tengigabitethernet 2/12
Router(conf-if)# switchport backup interface tengigabitethernet 2/12 preemption mode [forced | bandwidth | off]
Router(conf-if)# switchport backup interface tengigabitethernet 2/12 preemption delay 35
Router(conf-if)# exit
Router# show interface switchport backup detail
 
Switch Backup Interface Pairs:
 
Active Interface Backup Interface State
------------------------------------------------------------------------
Te2/9 Te2/12 Active Up/Backup Standby
Interface Pair : Te2/9, Te2/12
Preemption Mode : forced
Preemption Delay : 35 seconds (default)
Bandwidth : 10000000 Kbit (Te2/9), 10000000 Kbit (Te2/12)

Flex Link のモニタ

Flex Link の設定をモニタするには、次の作業を行います。

 

コマンド
目的

show interface [{ type slot/port } | { port-channel number }] switchport backup

あるインターフェイス用に設定された Flex Link バックアップ インターフェイス、またはスイッチ上で設定されたすべての Flex Link と、各アクティブおよびバックアップ インターフェイスの状態(アップまたはスタンバイ モード)を表示します。

ヒント Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの詳細(設定例およびトラブルシューティング情報を含む)については、次のページに示されるドキュメントを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/products/hw/switches/ps708/tsd_products_support_series_home.html

技術マニュアルのアイデア フォーラムに参加する