Catalyst 4500 シリーズ スイッチ Cisco IOS コマンド リファレンス リリース IOS XE 3.4.0SG/IOS 15.1(2)SG
索引
Index
発行日;2013/05/08 | 英語版ドキュメント(2013/03/04 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 10MB) | フィードバック

Index

記号

$ は文字列の末尾と一致 1-8

( ) のコマンド内での使用 1-12

* はパターンの 0 個以上のシーケンスと一致 1-8

+ はパターンの 1 個以上のシーケンスと一致 1-8

. は任意の 1 文字と一致 1-8

? コマンド 1-1

? はパターンの 0 または 1 文字と一致 1-8

^ は文字列の先頭と一致 1-8

_ はカンマ(,)、左波カッコ({)、左丸カッコと一致 1-8

数字

10 ギガビット イーサネット アップリンク

冗長 Supervisor Engine 6-E のブロッキング ポート 2-279

選択 2-281

モードの表示 2-698, 2-700

1 文字のパターン

特殊文字 1-8

802.1Q トランク ポートおよびネイティブ VLAN 2-1118

802.1Q トンネル ポート

設定 2-1050

802.1S Multiple Spanning Tree

「MST」を参照

802.1X

単一ホストの設定 2-220

複数ドメインの設定 2-220

複数ホストの設定 2-220

ポート制御のイネーブル化 2-212

ポート制御のディセーブル化 2-212

802.1X クリティカル回復の遅延、設定 2-24

802.1X クリティカル認証

EAPOL

成功パケットの送信のイネーブル化 2-215

成功パケットの送信のディセーブル化 2-215

VLAN でのイネーブル化 2-217

VLAN でのディセーブル化 2-217

遅延時間をデフォルト設定に戻す 2-216

パラメータの設定 2-24

ポートでのイネーブル化 2-214

ポートでの遅延時間の設定 2-216

ポートでのディセーブル化 2-214

802.1X ポートベース認証

802.1X ポートベース認証のデバッグ 2-149

dot1x ポートの再認証の初期化 2-229

EAP 要求の最大数の設定 2-225

許可ステートの手動制御のイネーブル化 2-227

クライアントの定期的な再認証のイネーブル化 2-230

ゲスト VLAN サプリカントのイネーブル化 2-211, 2-219

ゲスト VLAN のイネーブル化 2-218

再起動時のセッション終了メッセージの受信 2-5

再認証タイマーの設定 2-232

システムでの認証のイネーブル化 2-231

ステート マシンの初期化 2-222

認証セッションのアカウンティングのイネーブル化 2-4

ポートベース認証の表示 2-677

A

aaa authorization network コマンド 2-213

access-group

mac インターフェイスの表示 2-819

show mode interface 2-550, 2-637, 2-901

ACL

access-group mode 2-6

mac access-group interface の表示 2-819

MAC ACL の ACL 命名規則の使用 2-412

制御パケットのキャプチャ 2-8

ハードウェア統計情報のイネーブル化 2-270

ハードウェア統計情報のディセーブル化 2-270

ハードウェアに ACL をプログラムする方法の指定 2-10

ハードウェアにおける領域のバランス修正 2-12

action 句

VACL でのドロップ アクションまたは転送アクションの指定 2-13

ANCP クライアント

ANCP クライアントになるようにルータを設定 2-18

ポート ID 2-16

リモート サーバ 2-17

ancp、マルチキャストの表示 2-640

ARP

アクセス リスト、詳細情報の表示 2-641

アクセス リストの定義 2-20

ARP インスペクション

特定のチェックの実行 2-304

ARP パケット

DHCP バインディングに基づいた許可 2-512

DHCP バインディングに基づいた拒否 2-185

authentication control-direction コマンド 2-22

authentication critical recovery delay コマンド 2-24

authentication event コマンド 2-25

authentication fallback コマンド 2-28

authentication host-mode 2-29

authentication open コマンド 2-31

authentication order コマンド 2-32

authentication periodic コマンド 2-33

authentication port-control コマンド 2-34

authentication priority コマンド 2-36

authentication timer コマンド 2-38

authentication violation コマンド 2-40

Auth-fail VLAN(認証失敗 VLAN)

ポートでのイネーブル化 2-211

Automatic Medium-Dependent Interface Crossover

「Auto-MDIX」を参照

Auto-MDIX

イネーブル化 2-464

ディセーブル化 2-464

Auto-QoS

VoIP 用の設定 2-63

コンフィギュレーションの表示 2-647

auto qos srnd4 コマンド 2-51

average-packet-size(netflow-lite モニタ サブモード)コマンド 2-72

B

BackboneFast

スパニング ツリー ステータスの表示 2-925

デバッグのイネーブル化 2-171

デバッグ メッセージの表示 2-171

bandwidth コマンド 2-74

BOOT 環境変数

情報の表示 2-650

BPDU

スパニング ツリー アクティビティのデバッグ 2-169

C

Call Home

アラート グループ メッセージの送信 2-84

コンフィギュレーション サブモードの開始 2-77

実行 2-82

手動でのテスト メッセージの送信 2-86

情報の受信 2-80

情報の送信 2-80

情報の表示 2-653

電子メールでの出力の送信 2-82

Call Home 宛先プロファイル

表示 2-655

Catalyst 4507R 2-532

CDP

CDP のドロップしきい値の設定 2-397

CDP のプロトコル トンネリングのイネーブル化 2-394

トンネリングのカプセル化レートの設定 2-399

表示

ネイバー情報 2-658

CEF

VLAN 設定情報の表示 2-738

ネクストホップ情報の表示 2-738

cisco-desktop

macro apply 2-427

cisco-phone

macro apply 2-429

cisco-router

macro apply 2-431

cisco-switch

macro apply 2-433

CISP

「Client Information Signalling Protocol」を参照

cisp enable コマンド 2-91

monitor capture 2-470

clear energywise neighbors コマンド 2-99

clear ip wccp コマンド 2-116

clear netflow-lite exporter statistics コマンド 2-121

clear netflow-lite monitor statistics interface コマンド 2-122

clear nmsp statistics コマンド 2-123

Client Information Signalling Protocol 2-213

Client Information Signalling Protocol、イネーブル化 2-91

CLI の文字列検索

1 文字のパターン 1-8

位置指定 1-11

繰り返し指定 1-10

再帰呼び出しのカッコ 1-12

出力の検索 1-7

正規表現 1-8

フィルタリング 1-7

複数文字のパターン 1-9

CLI の文字列検索、使用 1-7

condition interface

インターフェイス関連アクティビティのデバッグ 2-142

condition vlan

VLAN デバッグ出力 2-145

CoPP

コンフィギュレーション モードの開始 2-132

削除

コントロール プレーンからのサービス ポリシーの削除 2-614

対応付け

コントロール プレーンへのポリシー マップの対応付け 2-614

ポリシーマップ クラス情報の表示 2-875

CoS

レイヤ 2 プロトコル パケットへの割り当て 2-396

cos(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-134

counter コマンド 2-136

D

DAI

統計情報のクリア 2-106

DBL

qos dbl の表示 2-903

debug nmsp コマンド 2-159

debug spanning tree switch 2-172

debug sw-vlan vtp 2-179

destination(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-187

device-sensor filter-list dhcp コマンド 2-200

device-sensor filter-list コマンド 2-197

device-sensor filter-spec コマンド 2-202

device-sensor notify コマンド 2-204

DHCP

データベースの統計情報のクリア 2-110

DHCP スヌーピング

DHCP データベースのステータスの表示 2-744

DHCP をグローバルにイネーブル化 2-313

IP ソース ガードのイネーブル化 2-356

VLAN でのイネーブル化 2-324

インターフェイスでの信頼のイネーブル化 2-323

インターフェイスでのレート制限のイネーブル化 2-321

エラー検出のステータスの表示 2-688

オプション 82 のイネーブル化 2-318, 2-320, 2-326

生成されるバインディングの保存 2-316

設定情報の表示 2-739

データベースのクリア 2-109

バインディング エントリのクリア 2-107

バインディング コンフィギュレーションの設定 2-314

バインディング データベースの更新 2-589

バインディング テーブルの表示 2-741

DHCP バインディング

一致した ARP パケットの許可 2-512

一致した ARP パケットの拒否 2-185

バインディングの設定 2-314

diagnostic fpga soft-error recover コマンド 2-206

DoS

CoPP

コントロール プレーンからのサービス ポリシーの削除 2-614

コントロール プレーンへのポリシー マップの対応付け 2-614

コンフィギュレーション モードの開始 2-132

ポリシーマップ クラス情報の表示 2-875

開始

CoPP コンフィギュレーション モード 2-132

DOS 攻撃

システムのリソースの保護 2-299

dot1x credentials(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-213

dscp(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-234

dual-active detection(仮想スイッチ)コマンド 2-236

dual-active recovery ip address コマンド 2-238

Dynamic Host Configuration Protocol

「DHCP」を参照

E

EAP

認証プロセスの再開 2-225

EDCS-587028 2-642, 2-816

EIGRP(拡張 IGRP)

フィルタ

ルーティング アップデート、禁止 2-509

EnergyWise

PoE ポート上

PoE ポートの設定 2-245

エンティティ上

イネーブル化、ドメインへの割り当て、およびパスワードの設定 2-248

エンティティ上、イネーブル化および設定 2-243

クエリーの実行による電力情報の表示 2-250

設定の表示、エンティティおよび PoE ポートのステータス 2-681

energywise domain コマンド 2-248

energywise query コマンド 2-250

energywise(グローバル コンフィギュレーション)コマンド 2-243, 2-245

EnergyWise ネイバー テーブル、削除 2-99

epm access control コマンド 2-254

errdisable 回復

ARP インスペクション タイムアウトのイネーブル化 2-260

回復タイマー情報の表示 2-689

回復メカニズム変数の設定 2-260

原因からの回復の指定 2-260

errdisable 検出

BPDU ガードでの VLAN ごとのイネーブル化 2-258

errdisable 検出のイネーブル化 2-100, 2-258

インターフェイスでの errdisable のクリア 2-100

errdisable ステート

表示 2-722

EtherChannel

EtherChannel グループからのインターフェイスの削除 2-87

EtherChannel グループへのインターフェイスの割り当て 2-87

EtherChannel のデバッグ 2-150

PAgP シムのデバッグ 2-150

スパニング ツリー アクティビティのデバッグ 2-169

チャネルの EtherChannel 情報の表示 2-691

EtherChannel ガード

STP 設定ミスの検出 2-990

exporter(netflow-lite モニタ サブモード)コマンド 2-265

Extensible Authentication Protocol

「EAP」を参照

F

Field Replaceable Unit(FRU)

ステータス情報の表示 2-685

G

GBIC

SEEPROM 情報の表示 2-701

H

hw-module beacon コマンド 2-271

hw-module module start コマンド 2-272

hw-module module stop コマンド 2-274

I

IDPROM

SEEPROM 情報の表示

mux バッファ 2-701

クロック モジュール 2-701

シャーシ 2-701

スーパーバイザ エンジン 2-701

電源装置 2-701

ファン トレイ 2-701

モジュール 2-701

ID ストリング、スイッチの設定 2-553

ID マッピング、ANCP クライアントの作成 2-16

ifIndex パーシステンス

SNMP ifIndex コマンドのクリア 2-970

SNMP ifIndex テーブルの圧縮形式 2-977

インターフェイスでのイネーブル化 2-972

インターフェイスでのディセーブル化 2-972

グローバルにイネーブル化 2-976

グローバルにディセーブル化 2-976

IGMP

IGMP インターフェイスの設定情報の表示 2-746

IGMP グループ キャッシュ エントリのクリア 2-111

IGMP プロファイルの作成 2-330

IGMP ホスト クエリー メッセージを送信する頻度の設定 2-331

グループの最大数の設定 2-329

プロファイルの表示 2-748

レイヤ 2 インターフェイス上のホストの加入を制御するフィルタの適用 2-328

IGMP スヌーピング

EHT データベースのクリア 2-113

VLAN 情報の表示 2-749, 2-753, 2-756

VLAN 単位の明示的ホスト トラッキングのイネーブル化 2-338

VLAN でのイネーブル化 2-337

イネーブル化 2-333

スタティック VLAN インターフェイスの設定 2-344

即時脱退処理のイネーブル化 2-340

マルチキャスト情報の表示 2-755

レイヤ 2 インターフェイスをグループのメンバとして設定 2-344

レイヤ 2 インターフェイスをマルチキャスト ルータとして設定 2-342

IGMP プロファイル

表示 2-748

In Service Software Upgrade

「ISSU」を参照

interface(仮想スイッチ)コマンド 2-289

IP ARP

VLAN への ARP ACL の適用 2-297

インスペクションの統計情報のクリア 2-106

ダイナミック ARP インスペクションのステータスの表示 2-733

ダイナミック インスペクションのイネーブル化 2-306

着信要求のレートを制限 2-299

ポート単位で設定可能な信頼状態の設定 2-303

ロギングされるパケットの制御 2-308

ログ バッファのステータスのクリア 2-105

ログ バッファのステータスの表示 2-736

IPC

IPC アクティビティのデバッグ 2-153

IP DHCP スヌーピング

「DHCP スヌーピング」を参照

ip multicast multipath コマンド 2-348

IP phone および標準デスクトップ

シスコ推奨機能のイネーブル化 2-429

IPv4 統計情報

収集のイネーブル化 2-136

IPv6 MLD

TCN(トポロジ変更通知)の設定 2-380

VLAN でのスヌーピングのイネーブル化 2-381

クエリア情報の表示 2-788

クエリーの設定 2-373, 2-375

情報の表示 2-784

スイッチまたは VLAN のポートの表示 2-786

スヌーピングの last-listener クエリー間隔の設定 2-375

スヌーピングの last-listener クエリーのカウント 2-373

スヌーピングのイネーブル化 2-371

スヌーピングのロバストネス変数の設定 2-378

スヌーピング リスナー メッセージ抑制の設定 2-377

IPv6 統計情報

収集のイネーブル化 2-136

ip wccp check services all コマンド 2-363

ip wccp group-address コマンド 2-360

ip wccp group-listen コマンド 2-365

ip wccp group-list コマンド 2-360

ip wccp password コマンド 2-360, 2-362

ip wccp redirect exclude in コマンド 2-369

ip wccp redirect-list コマンド 2-360

ip wccp redirect コマンド 2-367

ip wccp コマンド 2-360

IP インターフェイス

ユーザビリティ ステータスの表示 2-758

IP ソース ガード

DHCP スヌーピングでのイネーブル化 2-356

設定およびフィルタの表示 2-771

メッセージのデバッグ 2-156

IP ソース バインディング

追加または削除 2-352

バインディングの表示 2-769

IP パケット

DSCP 書き換えのイネーブル化 2-577

IP パケットの DSCP 書き換え

イネーブル化 2-577

IP ヘッダー検証

イネーブル化 2-355

ディセーブル化 2-355

IP ポート セキュリティ

イネーブル化 2-356

IP マルチキャスト

マルチキャスト ルーティング テーブル情報の表示 2-764

ISSU

FSM セッションの表示 2-801

エンティティの表示 2-800

エンドポイント情報の表示 2-799

機能の表示 2-790

クライアント情報の表示 2-792

互換性マトリクスの表示 2-794

状態の表示 2-808

新規イメージのロード 2-387

スタンバイ スーパーバイザ エンジンへの強制切り替え 2-391

セッション情報の表示 2-806

ソフトウェア バージョンの表示 2-808

ネゴシエートされた機能の表示 2-804

プロセスの開始 2-389

プロセスの中止 2-383

メッセージの表示 2-802

ロールバック タイマーの設定 2-393

ロールバック タイマーの停止 2-385

ロールバック タイマーの表示 2-805

L

LACP

インターフェイスでの LACP のイネーブル化 2-89

チャネリング プロトコルの設定 2-89

チャネリング プロトコルの選択解除 2-89

LLDP

電力ネゴシエーションのイネーブル化 2-403

lldp tlv-select power-management コマンド 2-403

LLDP による電力ネゴシエーション、イネーブル化 2-403

M

MAB、イネーブル化および設定 2-410

mab コマンド 2-410

MAB、情報の表示 2-816

MAC Access Control List

「MAC ACL」を参照

MAC ACL

ACL の命名 2-412

MAC ACL 情報の表示 2-951

拡張 MAC アクセス リストの定義 2-412

mac address-table learning vlan コマンド 2-421

mac-address-table static 2-425

mac-address(仮想スイッチ)コマンド 2-415

MAC Authorization Bypass(MAB)、イネーブル化および設定 2-410

macro auto global processing コマンド 2-435, 2-437, 2-440, 2-442, 2-444, 2-446, 2-448, 2-450, 2-842

macro auto monitor コマンド 2-447

MAC アドレス

VLAN ごとの MAC アドレス ラーニングのディセーブル化 2-421

表示

通知設定 2-254, 2-783, 2-830

MAC アドレス テーブル

MAC アドレス エージング タイムの表示 2-822

エージング タイムの設定 2-415, 2-417

エントリ数の表示 2-824

情報の表示 2-820

スタティック MAC アドレスの IGMP スヌーピングのディセーブル化 2-425

スタティック エントリの削除 2-425, 2-454

スタティック エントリの追加 2-425, 2-454

スタティック テーブル エントリ情報の表示 2-837

セキュア アドレスまたは特定のアドレスの削除 2-125

ダイナミック エントリの削除 2-118, 2-120

ダイナミック テーブル エントリ情報の表示 2-826

通知情報の表示 2-833

通知のイネーブル化 2-423

特定の VLAN に関する情報の表示 2-840

特定のインターフェイスに関する情報の表示 2-828

認証バイパスのイネーブル化 2-223

プロトコルに基づく情報の表示 2-835

プロトコル バケットでの学習 2-418

マルチキャスト情報の表示 2-831

MAC アドレスのフィルタリング

イネーブル化 2-425

設定 2-425

ディセーブル化 2-425

MAC アドレス ユニキャスト フィルタリング

ユニキャスト トラフィックのドロップ 2-425

MAC 認証バイパス(MAB)、情報の表示 2-816

match(クラスマップ コンフィギュレーション)コマンド 2-14, 2-189, 2-191, 2-193, 2-195, 2-457, 2-573, 2-1025, 2-1027, 2-1029, 2-1031, 2-1035

Maximum Transmission Unit(MTU)

システム MTU 設定の表示 2-941

レイヤ 2 の最大ペイロード サイズの設定 2-1077

MD5

MD5 シグニチャの確認 2-1107

Message Digest 5

「MD5」を参照

MFIB

ip mfib カウンタのクリア 2-114

IP MFIB 高速ドロップのイネーブル化 2-347

ip mfib 高速ドロップのクリア 2-115

MFIB 高速ドロップ テーブル エントリの表示 2-763

アクティブなすべての MFIB ルートの表示 2-761

MLD

VLAN でのスヌーピングのイネーブル化 2-381

スヌーピングの last-listener クエリー間隔の設定 2-375

スヌーピングの last-listener クエリーのカウント 2-373

スヌーピングのイネーブル化 2-371

スヌーピングのロバストネス変数の設定 2-378

スヌーピング リスナー メッセージ抑制の設定 2-377

トポロジ変更通知の設定 2-380

MLD スヌーピング

表示 2-788

monitor capture {access-list | class-map} コマンド 2-469

コマンド 2-470

monitor capture mycap match コマンド 2-476

monitor capture start コマンド 2-478

--More-- プロンプト

検索 1-8

フィルタ 1-7

MST

MST コンフィギュレーション サブモードの revision コマンドの使用 2-606

MST コンフィギュレーション サブモードの開始 2-998

MST プロトコル情報の表示 2-930

MST 領域名の設定 2-490

PVST+ と Rapid PVST の切り替え 2-995

インスタンスのパス コストおよびポート プライオリティの設定 2-996

コンフィギュレーション リビジョン番号の設定 2-606

最大ホップ カウントの指定 2-1003

サブモードの name コマンドの使用 2-490

スパニング ツリー情報の表示 2-930

すべてのインスタンスの hello タイム遅延タイマーの設定 2-1001

すべてのインスタンスの最大エージング タイマーの設定 2-1002

すべてのインスタンスの転送遅延タイマーの設定 2-1000

プライマリ ルートおよびセカンダリ ルートの指定 2-1004

領域設定情報の表示 2-930

MTU

グローバル MTU 設定の表示 2-941

multi-auth、設定 2-29

Multicase Listener Discovery

「MLD」を参照

Multicast Forwarding Information Base

「MFIB」を参照

multi-domain、設定 2-29

Multiple Spanning Tree

「MST」を参照

N

NetFlow

NetFlow 統計情報のイネーブル化 2-350

推測フィールドをルーティング統計情報に含める 2-350

netflow-lite exporter コマンド 2-491

netflow-lite monitor コマンド 2-493

netflow-lite sampler コマンド 2-495

nmsp attachment suppress コマンド 2-498

nmsp コマンド 2-497

NVRAM

NVRAM アクティビティのデバッグ 2-160

O

options timeout(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-263, 2-499

P

packet-offset(netflow-lite サンプラ サブモード)コマンド 2-501

packet rate(netflow-lite サンプラ サブモード)コマンド 2-503

packet-section size(netflow-lite サンプラ サブモード)コマンド 2-505

PACL

access-group mode 2-6

PAgP

PAgP アクティビティのデバッグ 2-161

着信パケットの入力インターフェイス

学習 2-507

デフォルトに戻す 2-507

チャネリング プロトコルの設定 2-89

チャネリング プロトコルの選択解除 2-89

ポート チャネル情報のクリア 2-124

ポート チャネル情報の表示 2-870, 2-872

ホットスタンバイ モード

デフォルトに戻す 2-508

ポートの選択 2-508

PBR

ルート マップの再分配 1-xxiv

ルート マップの表示 1-xxiv

PM アクティビティ

デバッグ 2-164

デバッグのディセーブル化 2-164

PoE ポリシング

インターフェイスでの設定 2-545

PoE ポリシングおよびモニタリング

ステータスの表示 2-898

police(2 レート)コマンド 2-521, 2-523

police コマンド 2-514

police(パーセント)コマンド 2-519

Policy Based Routing

「PBR」を参照

port-channel standalone-disable コマンド 2-531

power inline four-pair forced コマンド 2-542

power inline logging global コマンド 2-544

pppoe intermediate-agent

format-type(グローバル) 2-553

PPPoE ディスカバリ パケットのレートの制限 2-558

インターフェイス VLAN 範囲のイネーブル化 2-552

インターフェイス VLAN 範囲の回線 ID またはリモート ID の設定 2-557

インターフェイスでの PPPoE 中継エージェントのイネーブル化 2-550

インターフェイスの回線 ID またはリモート ID の設定 2-555

インターフェイスの信頼設定の設定 2-558, 2-559

スイッチでの中継エージェントのイネーブル化 2-549

ディスカバリ パケットでのベンダー タグの除去のイネーブル化 2-560

PPPoE 中継エージェント

デバッグ 2-166

統計情報(パケット カウンタ)のクリア 2-127

PPPoE 中継エージェント、設定および統計情報(パケット カウンタ)の表示 2-899

PPPoE ディスカバリ

PPPoE サーバからのパケットでのベンダー タグの除去のイネーブル化

ディスカバリ パケットでのベンダー タグの除去のイネーブル化 2-560

PPPoE ディスカバリ パケット、インターフェイスに着信するレートの制限 2-558

priority-queue コマンド 2-138

priority コマンド 2-561

PVLAN

PVLAN 情報の表示 2-959

VLAN SVI のマップ情報の表示 2-721

インターフェイス コンフィギュレーション モードのイネーブル化 2-1050

同じ SVI への VLAN のマッピング 2-567

スティッキ ARP のイネーブル化 2-353

スティッキ ARP のディセーブル化 2-353

独立、プライマリ、およびコミュニティ PVLAN の設定 2-563

ネイティブ VLAN トラフィックのタギングの制御 2-1070

ホスト ポートの指定 2-1050

無差別ポートの指定 2-1050

PVST+

PVST と MST の切り替え 2-995

Q

QoS

account layer 2 encapsulation 2-575

Auto-QoS コンフィギュレーション 2-42, 2-46, 2-51, 2-55, 2-59, 2-63, 2-66

Auto-QoS コンフィギュレーションの表示 2-647

Auto-QoS の設定 2-63

QoS 情報の表示 2-901

QoS マップ情報の表示 2-906

Supervisor Engine 6-E

CoS の設定 2-620

DSCP の設定 2-623

precedence 値の設定 2-626

QoS グループ ID の設定 2-629

インターフェイスへのポリシー マップの対応付け 2-609

階層ポリシー

完全プライオリティ キュー(LLQ) 2-561

クラスでの平均レート トラフィック シェーピング 2-631

クラスの帯域割り当て 2-74, 2-94

サービス ポリシーの作成 2-612

マーキング 2-618

クラス マップ

一致基準の定義 2-457

作成 2-95

クラス マップ情報の表示 2-661

グローバル コンフィギュレーション モードのイネーブル化 2-55, 2-574

集約カウンタのクリア 2-128

集約ポリサー情報の表示 2-902

出力キュー設定

優先キューのイネーブル化 2-138

信頼状態の設定 2-577

設定情報の表示 2-647

名前付きの集約ポリサーの定義 2-577

フローベースの一致基準の指定 2-460

ポリシーの設定の表示 2-878

ポリシー マップ

作成 2-527

信頼状態 2-1093

トラフィック分類

マーキング 2-618

ポリシー マップ情報の表示 2-874, 2-881

レイヤ 2 インターフェイスの VLAN 単位の QoS のイネーブル化 2-579

QoS CoS

トンネリング レイヤ 2 プロトコル パケットの CoS 値の設定 2-396

Quality of Service

「QoS」を参照

R

Rapid PVST

PVST と MST の切り替え 2-995

renew コマンド

ip dhcp snooping database 2-589

rep admin vlan コマンド 2-590

rep block port コマンド 2-591

rep lsl-age-timer コマンド 2-595

rep preempt delay コマンド 2-597

rep preempt segment コマンド 2-599

rep segment コマンド 2-600

rep stcn コマンド 2-603

rj45 コネクタ、コネクタの選択 2-466

ROM モニタ モード

要約 1-7

Route Processor Redundancy

「冗長」を参照

RPF

IPv4 exists-only チェックのイネーブル化 2-358

IPv4 exists-only チェックのディセーブル化 2-358

RPR

冗長モードの設定 2-467

RSPAN

RSPAN VLAN への VLAN の変換 2-588

リストの表示 2-961

S

sampler(netflow-lite モニタ サブモード)コマンド 2-607

service-policy コマンド(ポリシーマップ クラス) 2-612

sfp コネクタ、コネクタの選択 2-466

shape コマンド 2-631

shell trigger コマンド 2-635, 2-918

show ancp multicast 2-640

show authentication interface コマンド 2-642

show authentication registration コマンド 2-642

show authentication sessions コマンド 2-642

show capture コマンド 2-854

show energywise コマンド 2-681

show interfaces counters(仮想スイッチ)コマンド 2-715

show interfaces(仮想スイッチ)コマンド 2-711

show ipv6 snooping counters コマンド 2-783

show ip wccp detail コマンド 2-774

show ip wccp view コマンド 2-774

show ip wccp コマンド 2-774

show mab コマンド 2-816

show mac address-table learning コマンド 2-254, 2-830

show macro auto monitor device コマンド 2-845, 2-847, 2-849

show monitor capture file コマンド 2-858

show monitor capture コマンド 2-856, 2-858

show netflow-lite exporter コマンド 2-862

show netflow-lite monitor コマンド 2-864

show netflow-lite sampler コマンド 2-866

show nmsp コマンド 2-867

show pagp dual-active(仮想スイッチ)コマンド 2-872

show switch virtual(仮想スイッチ)コマンド 2-936

show vlan group コマンド 2-954

show vlan mapping コマンド 2-956

show vslp(仮想スイッチ)コマンド 2-964

show コマンド

show platform コマンド 1-12

検索およびフィルタリング 1-7

フィルタリング パラメータ 1-8

Simple Network Management Protocol

「SNMP」を参照

single-host、設定 2-29

slaveslot0

スタンバイ スーパーバイザに関する情報の表示 2-921

slot0

システムに関する情報の表示 2-923

SNMP

ifIndex パーシステンス

SNMP ifIndex コマンドのクリア 2-970

SNMP ifIndex テーブルの圧縮形式 2-977

インターフェイスでのイネーブル化 2-972

インターフェイスでのディセーブル化 2-972

グローバルにイネーブル化 2-976

グローバルにディセーブル化 2-976

情報

イネーブルにする 2-974

ディセーブルにする 2-974

スパニング ツリー アクティビティのデバッグ 2-169

トラップ

mac-notification

削除 2-979

追加 2-979

イネーブルにする 2-974

ストーム発生時に送信するように設定 2-1021

ディセーブルにする 2-974

source(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-980

SPAN 拡張機能

ステータスの表示 2-854

SPAN コマンド

SPAN セッション情報の表示 2-941, 2-1023

モニタする SPAN セッションの設定 2-483

SPAN セッション

カプセル化タイプの指定 2-483

セッション情報の表示 2-854

入力パケットに基づくホスト ラーニングをオフにする 2-483

フィルタ ACL 2-483

SPAN セッション情報の表示 2-941, 2-1023

SSO 2-467

STP

BackboneFast ステータスの表示 2-925

PortFast モードのイネーブル化 2-1007

STP のドロップしきい値の設定 2-397

VLAN 単位でのスパニング ツリーのイネーブル化 2-1016

アクティブなインターフェイスのみを表示 2-925

インターフェイス情報のサマリーの表示 2-925

インターフェイスでの BPDU ガードのイネーブル化 2-988

インターフェイスでの BPDU フィルタリングのイネーブル化 2-986

インターフェイスのプライオリティの設定 2-1013

拡張システム ID のイネーブル化 2-991

スパニング ツリー BackboneFast イベントのデバッグ 2-171

スパニング ツリー BackboneFast のイネーブル化 2-985

スパニング ツリー UplinkFast のイネーブル化 2-1014

スパニング ツリー UplinkFast のデバッグ 2-174

スパニング ツリー アクティビティのデバッグ 2-169

スパニング ツリー デバッグ メッセージの表示 2-169

すべての PortFast ポートで BPDU ガードをデフォルトでイネーブル化 2-1011

すべての PortFast ポートで BPDU フィルタリングをデフォルトでイネーブル化 2-1009

すべてのアクセス ポートで PortFast をデフォルトでイネーブル化 2-1012

すべてのアクティビティのデバッグ 2-169

すべてのポートでループ ガードをデフォルトでイネーブル化 2-994

設定ミスの検出 2-990

デフォルトのパス コスト計算方式の設定 2-1006

トンネリングのカプセル化レートの設定 2-399

パス コストの設定 2-989

ブリッジのステータスおよびコンフィギュレーションの表示 2-925

プロトコル トンネリングのイネーブル化 2-394

ポートのリンク タイプの設定 2-993

ルート ガードのイネーブル化 2-992

SVI

VLAN でのレイヤ 3 のインターフェイスの作成 2-295

switch convert mode(仮想スイッチ)コマンド 2-1038

switchport vlan mapping コマンド 2-1075

switchport インターフェイス

ネイティブ VLAN タギングのステータスの表示 2-724

レイヤ 3 ポートのステータスの表示 2-724

switch virtual domain(仮想スイッチ)コマンド 2-1040

switch virtual link(仮想スイッチ)コマンド 2-1042

switch(仮想スイッチ)コマンド 2-1037

sw-vlan 2-175

T

Tab キー

コマンドの補完 1-1

TAC

TAC に有用な情報の表示 2-942

TCAM

スパニング ツリー アクティビティのデバッグ 2-169

TDR

ケーブル診断のテスト結果の表示 2-651

銅ケーブルの状態のテスト 2-1081

template data timeout(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-1079

transport udp load-share(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-1091

transport udp(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-1089

ttl(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-1095

TX キュー

高プライオリティの設定 2-1097

帯域幅の割り当て 2-1097

デフォルト値に戻す 2-1097

トラフィック レートの指定 2-1097

バースト サイズの指定 2-1097

U

UDLD

インターフェイスごとにイネーブル化 2-1101

管理ステータスおよび動作ステータスの表示 2-944

シャット ダウン状態のすべてのポートのリセット 2-1103

すべてのファイバ インターフェイス上でデフォルトでイネーブル化 2-1099

ファイバ インターフェイスのイネーブル化の防止 2-1101

メッセージ タイマーの設定 2-1099

Unidirectional Link Detection

「UDLD」を参照

V

VACL

access-group mode 2-6

VLAN アクセス マップ シーケンスの match 句の指定 2-455

VLAN アクセス マップ情報の表示 2-951

VLAN アクセス マップでのアクションの指定 2-13

VLAN アクセス マップの適用 2-1120

VLAN フィルタの使用 2-1120

VLAN

ARP ACL の適用 2-297

CEF 情報の表示 2-738

CEF ネクストホップ情報の表示 2-738

IP アドレスおよびバージョン情報の表示 2-749, 2-753

RSPAN VLAN への変換 2-588

VLAN コンフィギュレーション モードの開始 2-1114, 2-1116

VLAN 情報の表示 2-949

VLAN スイッチ インターフェイスに関する情報の表示 2-756

VTP プルーニングに関するリスト 2-1071

許容 VLAN のリストの設定 2-1071

クリア

カウンタ 2-130

グループ IP アドレスでソートされた情報の表示 2-749, 2-753

ゲスト VLAN サプリカントのイネーブル化 2-211, 2-219

サービス ポリシーの設定 2-1114

スイッチ インターフェイスに関する情報の表示 2-749, 2-753

設定 2-1109

内部割り当て方式 2-1123

ダイナミック ARP インスペクションのイネーブル化 2-306

統計情報の表示 2-852

ネイティブ フレーム

すべての 802.1Q トランク ポートでのタギングのイネーブル化 2-1118

ハードウェア ロジックのクリア 2-103

表示

RSPAN VLAN 2-961

内部 VLAN の割り当てに関する情報 2-955

ポート単位でのゲストのイネーブル化 2-218

明示的ホスト トラッキングのイネーブル化 2-338

レイヤ 2 VLAN 情報の表示 2-947

VLAN Access Control List

「VACL」を参照

vlan group コマンド 2-1121

VLAN Query Protocol

「VQP」を参照

VLAN Query Protocol(VQPC)

デバッグ 2-183

VLAN アクセス マップ

「VACL」を参照

VLAN、グループの作成または変更 2-1121

VLAN グループ、マッピングされている VLAN の表示 2-954

VLAN データベース

リセット 2-605

VLAN デバッグ

出力の制限 2-145

VLAN の MAC アドレス ラーニング、イネーブル化 2-421

VLAN マッピング

設定 2-1075

表示 2-956

VLAN マッピング、トランク ポートで設定 2-1075

VLAN マネージャ

IOS ファイル システム エラー テスト

デバッグ 2-176

デバッグのディセーブル化 2-176

デバッグ 2-175

デバッグのディセーブル化 2-175

VLAN リンクアップ計算

スイッチ ポートの除外 2-1047

スイッチ ポートを含める 2-1047

VMPS

サーバの設定 2-1127

ダイナミック VLAN 割り当ての再確認 2-183, 2-1125

VoIP

Auto-QoS の設定 2-63

VQP

サーバごとの再試行回数 2-1126

ダイナミック VLAN 割り当ての再確認 2-183, 2-1125

vrf(netflow-lite エクスポータ サブモード)コマンド 2-1129

VTP

VLAN データベースでのプルーニングのイネーブル化 2-1136

VTP コンフィギュレーション ストレージ ファイル名の変更 2-1132

VTP ドメイン パスワードの作成 2-1135

VTP のドロップしきい値の設定 2-397

VTP のプロトコル トンネリングのイネーブル化 2-394

VTP バージョン 2 モードのイネーブル化 2-1139

管理ドメイン名の設定 2-1134

デバイスを VTP クライアント モードに設定 2-1133

デバイスを VTP サーバ モードに設定 2-1137

デバイスを VTP トランスペアレント モードに設定 2-1138

統計情報の表示 2-967

ドメイン情報の表示 2-967

トンネリングのカプセル化レートの設定 2-399

VTP プロトコル コード

デバッグ メッセージのアクティブ化 2-179

デバッグ メッセージの非アクティブ化 2-179

W

Webauth フォールバック、イネーブル化 2-28

アクセス グループ

IP 2-6, 2-206

アクセス ゲートウェイ モジュール

特定のリモート モジュールへの接続 2-616

モジュールへの接続 2-21

リモート モジュールへの接続 2-587

アクセス ノード ID、スイッチの設定 2-553

アクセス ポリシー、ホスト モードを使用した適用 2-29

アクセス マップ

VLAN フィルタによる適用 2-1120

アクセス リスト

「ACL」、「MAC ACL」、および「VACL」も参照

ARP 情報の表示 2-641

ARP の定義 2-20

アクセス テンプレートのクリア 2-104

アドレス、最大数の設定 2-535

アラーム

動作ステータスの表示 2-685

位置指定

説明 1-11

一般的なエラーに関するメッセージ、スイッチの設定 2-553

イネーブル化

UDLD のデバッグ 2-181

音声 VLAN 2-1037, 2-1038, 2-1040, 2-1042, 2-1043

イネーブル化、オープン アクセスの 2-31

インスペクション ログ

ログ バッファのクリア 2-105

インターネット グループ管理プロトコル

「IGMP」を参照

インターフェイス

1 つの範囲内の複数のポートでのコマンドの実行 2-293

dot1q トンネル ポートの設定 2-1050

errdisable ステートの表示 2-722

インターフェイス関連アクティビティのデバッグ出力 2-142

インターフェイス コンフィギュレーション モードの開始 2-287, 2-289

インターフェイス タイプの設定 2-1050

インターフェイス範囲マクロの作成 2-184

ステータスの表示 2-718

設定するインターフェイスの選択 2-287, 2-289

説明の表示 2-718

特定のインターフェイスのトラフィックの表示 2-707

トンネリングがイネーブルなインターフェイスに関する情報の表示 2-810

抑制されたマルチキャスト バイトの表示 2-713, 2-715

レイヤ 2 パケットの CoS 値の設定 2-396

レイヤ 2 パケットのドロップしきい値の設定 2-397

インターフェイス機能

表示 2-711

インターフェイス コンフィギュレーション モード

概要 1-6

インターフェイス速度

インターフェイス速度の設定 2-1018

インターフェイスのトランシーバ

診断データの表示 2-726

インターフェイスのリンク

ケーブル切断時間の表示 2-719

インフォーム

イネーブル化 2-974

インライン パワー

インライン パワー ステータスの表示 2-890

エージング タイム

MAC アドレス エージング タイムの表示 2-822

MAC アドレス テーブル 2-415, 2-417

音声 VLAN

イネーブル化 2-1043

温度示度

情報の表示 2-685

回線 ID

インターフェイスの設定 2-555

回線 ID、インターフェイス VLAN 範囲の設定 2-557

カウンタ

インターフェイス カウンタのクリア 2-97

環境

アラーム 2-685

温度 2-685

情報の表示 2-685

ステータス 2-685

関連資料 1-xxiii

ギガビット イーサネット アップリンク

選択 2-281

モードの表示 2-698, 2-700

ギガビット イーサネット インターフェイス

ハードウェア ロジックのクリア 2-102

疑問符コマンド 1-1

キューイング情報

表示 2-904

キューの制限

パケット制限の設定 2-579

許可ステート

手動制御のイネーブル化 2-227

クラス マップ

一致基準の定義 2-457

作成 2-95

クリア コマンド

IGMP グループ キャッシュ エントリのクリア 2-111

IP ARP インスペクションの統計情報 VLAN のクリア 2-106

IP DHCP スヌーピング データベースの統計情報のクリア 2-110

IP アクセス リストのクリア 2-104, 2-105

MFIB カウンタおよびルートのクリア 2-114

MFIB 高速ドロップ エントリのクリア 2-115

PAgP チャネル情報のクリア 2-124

QoS 集約カウンタのクリア 2-128

VLAN インターフェイスのクリア 2-103

インターフェイス カウンタのクリア 2-97

ギガビット イーサネット インターフェイスのクリア 2-102

クリティカル回復、802.1X パラメータの設定 2-24

クリティカル認証、802.1X パラメータの設定 2-24

グローバル コンフィギュレーション モード

使用 1-6

ケーブル診断

TDR

テスト結果の表示 2-651

銅ケーブルの状態のテスト 2-1081

コマンドの default 形式、使用 1-7

コマンドの no 形式、使用 1-7

コマンドの省略入力

状況依存ヘルプ 1-1

コマンド モード

終了 1-6

特権 EXEC モードでのアクセス 1-6

ユーザ EXEC モードおよびコンフィギュレーション モードの概要 1-6

サーバ(AAA)のアライブ アクション、設定 2-25

サーバ(AAA)のデッド アクション、設定 2-25

再起動

再起動時のバインディングの復元 2-314

再試行、失敗した認証の、設定 2-25

再認証

時間の設定 2-232

定期的 2-230

再認証、802.1X 対応ポートの 2-229

再認証、イネーブル化 2-33

サブインターフェイス コンフィギュレーション モード、概要 1-7

シスコ エクスプレス フォワーディング

「CEF」を参照

システム プロンプト 1-6

自動インストール

ステータスの表示 2-646

自動ネゴシエーション インターフェイス速度

2-1020

シャーシ

表示

クロック ディザスタ リカバリ モードの切り替え 2-816

現在およびピーク トラフィックの測定 2-816

シャーシの MAC アドレス範囲 2-816

バックプレーンの利用率 2-816

ジャンボ フレーム

ジャンボ フレームのイネーブル化 2-489

集約ポリサー

情報の表示 2-902

出力

パターン検索 1-8

消去、ファイルの 2-255

冗長

ISSU コンフィギュレーション同期障害情報の表示 2-912

RF クライアント リストの表示 2-908

RF ステートの表示 2-908

RF 動作カウンタの表示 2-908

自動同期化のイネーブル化 2-71

冗長ファシリティ情報の表示 2-908

情報の表示 2-908

スーパーバイザ エンジンをアクティブからスタンバイに変更 2-585

スタンバイ スーパーバイザ エンジンへの強制切り替え 2-585

ミスマッチ コマンドのリスト 2-583

メイン CPU へのアクセス 2-581

モードの設定 2-467

ルート プロセッサのコンフィギュレーションの同期化 2-454

診断テスト

TDR の結果の表示 2-651

起動時パケット メモリ 2-671

実行 2-209

属性の表示 2-665

銅ケーブルの状態のテスト 2-1081

モジュールベースの結果の表示 2-667

信頼状態

設定 2-303

信頼設定、インターフェイスで設定 2-558, 2-559

スイッチ仮想インターフェイス

「SVI」を参照

スイッチ間接続

シスコ推奨機能のイネーブル化 2-433

スイッチ シム

デバッグ 2-172

デバッグのディセーブル化 2-172

スイッチとルータの接続

シスコ推奨機能のイネーブル化 2-431

スイッチング特性

インターフェイスに戻す

キャプチャ機能 2-1047

リンクアップ計算からの除外 2-1047

スイッチング、特徴

変更 2-1047

スティッキ ARP

PVLAN でのイネーブル化 2-353

PVLAN でのディセーブル化 2-353

スティッキ アドレス、設定 2-533

スティッキ ポート

削除 2-125

セキュリティのイネーブル化 2-1055

ストーム制御

errdisable 回復タイマーのイネーブル化 2-260

イネーブル化 2-1021

上限レベルおよび下限レベルの設定 2-1021

ストーム発生時のアクションの設定 2-1021

設定の表示 2-933

ブロードキャストのストーム制御のイネーブル化 2-1021, 2-1023

マルチキャスト、イネーブル化 2-1023

マルチキャストのストーム制御のイネーブル化 2-1021, 2-1023

ユニキャストのストーム制御のイネーブル化 2-1021, 2-1023

抑制モードのイネーブル化 2-688

抑制モードのディセーブル化 2-688

抑制レベルの設定 2-688

スパニング ツリー プロトコル

「STP」を参照

制御ポートの許可ステート 2-227

セキュア アドレス、設定 2-532

セキュア ポート、制限 2-1056

セッション分類、定義 2-29

設定

ルートをセカンダリとして設定 2-1004

設定、クリティカル回復の 2-24

設定、冗長モードの 2-467

設定、転送遅延の 2-1000

設定、保存 1-12

設定、ルートをプライマリとして 2-1004

選択

説明 1-11

ダイナミック ARP インスペクション

防止 2-299

タイマー情報 2-689

単方向ポート制御、双方向からの変更 2-22

デバッグ

DHCP スヌーピング イベント 2-154

DHCP スヌーピング パケット 2-155

IPC アクティビティ 2-153

IP DHCP スヌーピング セキュリティ パケット 2-156

NVRAM アクティビティ 2-160

PAgP アクティビティ 2-161

PAgP シム 2-150

PM アクティビティ 2-164

PPPoE 中継エージェント 2-166

VLAN マネージャ IOS ファイル システム エラー テスト 2-176

VLAN マネージャ アクティビティ 2-175

VTP プロトコルによるデバッグ メッセージ 2-179

スパニング ツリー BackboneFast イベント 2-171

スパニング ツリー UplinkFast イベント 2-174

スパニング ツリー スイッチ シム 2-172

モニタリング アクティビティ 2-158

デバッグ コマンド

debug condition interface へのショートカット 2-152

debug dot1x のイネーブル化 2-149

DHCP スヌーピング イベントのデバッグ 2-154

DHCP スヌーピング メッセージのデバッグ 2-155

EtherChannel/PAgP/シムのデバッグ 2-150

IPC アクティビティのデバッグ 2-153

IP DHCP スヌーピング セキュリティ メッセージのデバッグ 2-156

ISL VLAN ID のメッセージのデバッグのイネーブル化 2-178

NVRAM アクティビティのデバッグ 2-160

PAgP アクティビティのデバッグ 2-161

UDLD アクティビティのデバッグのイネーブル化 2-181

VLAN のデバッグ出力の制限 2-145

VLAN マネージャ アクティビティのデバッグ 2-175

VLAN マネージャ ファイル システム エラー テストのイネーブル化 2-176

VTP のデバッグ メッセージのイネーブル化 2-179

インターフェイス デバッグ出力の制限 2-142

スイッチ シム デバッグのイネーブル化 2-172

スーパーバイザの冗長性のデバッグ 2-168

スタンバイ ステート変化のデバッグ出力の制限 2-143

スパニング ツリー BackboneFast のデバッグ 2-171

スパニング ツリー UplinkFast のデバッグ 2-174

スパニング ツリー アクティビティのデバッグ 2-169

バックアップ イベントのデバッグ 2-141

ポート マネージャ アクティビティのデバッグ 2-164

モニタリング アクティビティの表示 2-158

隣接関係テーブルの表示 2-140

デュアルモード対応のポート

コネクタの選択 2-466

デュプレックス モード

インターフェイスでの自動ネゴシエーションの設定 2-240

インターフェイスでの全二重の設定 2-240

インターフェイスでの半二重の設定 2-240

電源装置

Catalyst 4507R での複合または冗長電源の設定 2-532

SEEPROM の表示 2-701

インライン パワー ステートの設定 2-537

インライン パワーの設定 2-538

電力消費の設定 2-532

電力ステータス

電力ステータスの表示 2-890

ドキュメントの表記法 1-xxiv

特殊文字

位置指定、表 1-11

特権 EXEC モード、概要 1-6

トラップ、イネーブル化 2-974

トラフィック シェーピング

インターフェイスでのイネーブル化 2-633

トラフィック モニタ

ステータスの表示 2-816

トランク インターフェイス

トランク インターフェイス情報の表示 2-731

トランクのカプセル化

形式の設定 2-1071

トランク ポート、VLAN マッピング情報の表示 2-956

トランク ポート、VLAN マッピングの設定 2-1075

トランク ポートの VLAN マッピング、情報の表示 2-956

ドロップしきい値、レイヤ 2 プロトコル トンネリング 2-397

トンネル ポート

レイヤ 2 プロトコルに関する情報の表示 2-810

内部 VLAN の割り当て

割り当てに関する情報の表示 2-955

内部 VLAN 割り当て

設定 2-1123

デフォルト設定 2-1123

認証 2-24, 2-31

MD5 シグニチャの確認 2-1107

MD5 タイプ暗号化方式の使用 2-1105

Webauth フォールバックのイネーブル化 2-28

イベントへのアクションの設定

アクションの設定 2-25

再認証のイネーブル化 2-33

制御方向の変更 2-22

タイマーの設定 2-38

認証方式のプライオリティの設定 2-36

認証方式を試行する順序の指定 2-32

フラッシュ メモリのチェックサムの確認 2-1107

ポート制御の設定 2-34

ホスト モード コンフィギュレーション 2-29

ユーザ名の設定 2-1105

認証失敗 VLAN

最大試行回数の設定 2-210

認証タイマー、設定 2-38

認証方式、試行する順序の指定 2-32

認証方式、プライオリティの設定 2-36

認証マネージャ

設定

認証タイマー 2-38

ネイティブ VLAN

802.1Q トランク ポートでのタギングのイネーブル化 2-1118

タギングに適格なポートの表示 2-953

トラフィックのタギングの指定 2-1071

トラフィックのタギングの制御 2-1070

ネイティブ タギングに適格なポートの表示 2-953

ネクストホップ

CEF VLAN 情報の表示 2-738

ハードウェア アップリンク

モードの選択 2-281

モードの表示 2-698, 2-700

モードの変更 2-279

ハードウェア統計情報

イネーブル化 2-270

ディセーブル化 2-270

ハードウェア モジュール

電源のオン/オフによるモジュールのリセット 2-277

バインディング

DHCP スヌーピングのバインディングの保存 2-316

パケット カウンタ、PPPoE 中継エージェントのパケット カウンタの表示 2-899

パケット カウンタ(統計情報)

PPPoE 中継エージェントのパケット カウンタ(統計情報)のクリア 2-127

パケット転送

不明なパケットの転送の防止 2-1049

パケット メモリ障害

検出時のスイッチへのアクションの指示 2-208

パケット メモリ テスト

起動時、結果の表示 2-671, 2-673

実行中、結果の表示 2-675

パスワード

インテリジェント回線モジュールのパスワードのクリア 2-101

拡張パスワード セキュリティの設定 2-1105

ユーザ名の設定 2-1105

パワー ステータス

インライン パワー ステータスの表示 2-890

duplex コマンドと speed コマンドの関係 2-1019

mac access-list extended サブコマンド 2-412

show cable-diagnostics tdr コマンドの出力フィールド 2-652

show cdp neighbors detail のフィールドの説明 2-660

show cdp neighbors のフィールドの説明 2-659

show ip dhcp snooping コマンドの出力 2-643, 2-816

show ip interface のフィールドの説明 2-759

show policy-map control-plane のフィールドの説明 2-877

show vlan コマンドの出力フィールド 2-960

show vtp コマンドの出力フィールド 2-968

speed コマンド オプション 2-460, 2-1019

位置指定に使用される特殊文字 1-11

繰り返し指定 1-10

特殊文字 1-10

特別な意味を持つ文字 1-8

有効なインターフェイス タイプ 2-287, 2-289

表現

1 文字のパターン 1-8

パターンの連続発生 1-12

表現の連続発生との一致 1-10

複数文字のパターン 1-9

表示、errdisable 回復の 2-689

表示、PoE ポリシングおよびモニタリングのステータス 2-898

表示、SEEPROM 情報の

GBIC 2-701

表示、インライン パワー ステータスの 2-890

標準デスクトップ

シスコ推奨機能のイネーブル化 2-427

標準デスクトップおよび Cisco IP phone

シスコ推奨機能のイネーブル化 2-429

フィルタ

EIGRP

ルーティング アップデート、禁止 2-509

ブートフラッシュ

情報の表示 2-648

フォールバック プロファイル、指定 2-28

複数文字のパターン 1-9

不明なマルチキャスト トラフィック、回避 2-1049

不明なユニキャスト トラフィック、回避 2-1049

プライベート VLAN

「PVLAN」を参照

フラッシュ メモリ ファイル システム

チェックサムの確認 2-1107

ファイル システム情報の表示 2-648

ブリッジ プロトコル データ ユニット

「BPDU」を参照

フロー制御

フロー制御に関するインターフェイスごとの統計情報の表示 2-695

ポーズ フレームのギガビット インターフェイスの設定 2-267

ブロードキャストの抑制レベル

イネーブル化 2-1021, 2-1023

設定 2-1021, 2-1023

プロトコル トンネリング

イネーブル化 2-394

カプセル化レートの設定 2-399

ディセーブル化 2-394

ポート情報の表示 2-810

レイヤ 2 パケットの CoS 値の設定 2-396

レイヤ 2 パケットのドロップしきい値の設定 2-397

プロンプト

システム 1-6

ページング プロンプト

「--More-- プロンプト」を参照

ベビー ジャイアント

システム MTU 設定の表示 2-941

レイヤ 2 の最大ペイロード サイズの設定 2-1077

ヘルパー アドレス、IP 2-759

変更した設定の保存 1-12

ポート集約プロトコル

「PAgP」を参照

ポート信頼デバイス

表示 2-904

ポート制御値、設定 2-34

ポート制御、双方向または単方向からの変更 2-22

ポート セキュリティ

イネーブル化 2-1055

インターフェイスまたはスイッチの設定の表示 2-883

スティッキ ポート 2-1055

セキュア アドレスまたは特定のアドレスの削除 2-125

セキュリティ違反時のアクションの設定 2-1055

送信元 IP アドレスおよび MAC アドレスのフィルタリング 2-356

不良パケットのレート制限の設定 2-1055

ポート セキュリティのデバッグ 2-165

ポート チャネル

アクセス 2-291

作成 2-291

情報の表示 2-870, 2-872

負荷分散方式

設定 2-529

デフォルトへのリセット 2-529

ポートでのオープン アクセス、イネーブル化 2-31

ポート、デュアルモード対応

コネクタの選択 2-466

ポート範囲

実行 2-293

ポートベース認証

802.1X 対応ポートの再認証 2-229

802.1X のイネーブル化 2-227

許可ステートの手動制御 2-227

スイッチがクライアントにフレームを再送信する回数 2-225

定期的な再認証

イネーブル化 2-230

デバッグ メッセージの表示 2-149

統計情報およびステータスの表示 2-677

ホスト モード 2-220

ホット スタンバイ プロトコル

出力の制限 2-143

デバッグ 2-143

デバッグのディセーブル化 2-143

ポリシー マップ

「QoS」の「階層ポリシー」の項も参照

作成 2-527

トラフィックの分類

信頼状態の定義 2-1093

トラフィック分類

クラスの定義

マーキング 2-618

ポリシング、PoE ポリシングの設定 2-545

ポリシングおよびモニタリングのステータス

PoE の表示 2-898

マクロ

cisco-global 2-451

global description の追加 2-453

system-cpp 2-452

説明の表示 2-453

マクロ キーワード

ヘルプ ストリング 2-2

マッピング、MST インスタンスへの VLAN の 2-285

マッピング、MST インスタンスへのセカンダリ VLAN の 2-570

マニュアルの構成 1-xxiii

マルチキャスト

ancp の表示 2-640

ストーム制御のイネーブル化 2-1023

マルチキャスト/ユニキャスト パケット

転送の防止 2-1049

明示的ホスト トラッキング

VLAN 単位でイネーブル化 2-338

データベースのクリア 2-113

モード

access-group 2-6

PVST+、MST、および Rapid PVST の切り替え 2-995

show access-group interface 2-550, 2-637, 2-901

「コマンド モード」も参照

モジュールのパスワードのクリア 2-101

モジュールのリセット

電源のオン/オフによるモジュールのリセット 2-277

モニタする SPAN セッションの設定

SPAN 送信元トラフィックの限定 2-483

モニタリング アクティビティの表示 2-158

ユーザ EXEC モード、概要 1-6

ユーザ名

パスワードおよび特権レベルの設定 2-1105

リセット、PVLAN トランクの

トランクへのスイッチポートの設定 2-1050

リモート ANCP サーバの IP アドレス、設定 2-17

リモート ID

インターフェイスの設定 2-555

リモート ID、インターフェイス VLAN 範囲の設定 2-557

リモート SPAN

「RSPAN」を参照

リンクステータス イベント メッセージ

イネーブル化

インターフェイス上 2-405, 2-408

グローバル 2-404, 2-407

ディセーブル化

インターフェイス上 2-405, 2-408

グローバル 2-404, 2-407

隣接

IPC テーブル エントリの表示 2-140

デバッグのファシリティのディセーブル化 2-140

隣接関係テーブルに関する情報の表示 2-638

隣接関係テーブルのデバッグ 2-140

ルータ、ANCP クライアントになるように設定 2-18

レイヤ 2

ACL コンフィギュレーションの表示 2-819

レイヤ 2 traceroute

IP アドレス 2-1086

レイヤ 2 インターフェイス タイプ

単一の非トランキング、タグなし VLAN インターフェイスの指定 2-1050

トランキング VLAN インターフェイスの指定 2-1050

レイヤ 2 スイッチング

音声 VLAN のイネーブル化 2-1037, 2-1038, 2-1040, 2-1042, 2-1043

スイッチング特性の変更 2-1037, 2-1038, 2-1040, 2-1042, 2-1043

レイヤ 2 プロトコル トンネリング エラー回復 2-399

レイヤ 2 プロトコル ポート

表示 2-810

レイヤ 3 インターフェイス、カウンタの割り当て 2-136

レイヤ 3 スイッチング

ネイティブ VLAN タギングのステータスの表示 2-724

ポート ステータスの表示 2-724

隣接関係テーブルに関する情報の表示 2-638

ロギング

IP ARP パケットの制御 2-308

ログ バッファ

ステータスの表示 2-736