Catalyst 3850 スイッチハードウェア インストレーションガイド
ネットワーク モジュールの取り付け
ネットワーク モジュールの取り付け

ネットワーク モジュールの取り付け

ネットワーク モジュールの概要

ネットワーク モジュール1 説明

C3850-NM-4-1G

このモジュールには 1 G SFP モジュール用のスロットが 4 つあります。標準の SFP モジュールであればどのような組み合わせでもサポートされます。SFP+ モジュールはサポートされません。

1 G ネットワーク モジュールに SFP+ モジュールを挿入しても、その SFP+ モジュールは動作しません。スイッチのログにエラー メッセージが記録されます。

(注)     

これは次のスイッチ モデルでサポートされています。

  • WS-C3850-24T/P/U

  • WS-C3850-48T/F/P/U

  • WS-C3850-12X48U

  • WS-C3850-24XU

  • WS-C3850-12S

  • WS-C3850-24S

C3850-NM-2-10G

このモジュールにはスロットが 4 つあります。

左側の 2 つのスロットは 1 G SFP モジュールのみをサポートし、右側の 2 つのスロットは 1 G SFP モジュールまたは 10 G SFP モジュールのいずれかをサポートします。

(注)     

これは次のスイッチ モデルでサポートされています。

  • WS-C3850-24T/P/U

  • WS-C3850-48T/F/P/U

  • WS-C3850-12X48U

  • WS-C3850-24XU

  • WS-C3850-12S

  • WS-C3850-24S

C3850-NM-4-10G

このモジュールは、4 個の 10 G スロットまたは 4 個の 1 G のスロットを備えています。

(注)     

これは次のスイッチ モデルでサポートされています。

  • WS-C3850-48T/F/P/U

  • WS-C3850-12X48U

  • WS-C3850-24XU

  • WS-C3850-12XS

  • WS-C3850-24XS

C3850-NM-8-10G

このモジュールには 8 個の 10 G スロットがあり、各スロットに SFP+ ポートがあります。各ポートは 1 G または 10 G 接続をサポートします。

(注)     

これは次のスイッチ モデルでサポートされています。

  • WS-C3850-12X48U

  • WS-C3850-24XU

  • WS-C3850-24XS

C3850-NM-2-40G

このモジュールには 2 個の 40 G スロットがあり、各スロットに QSFP+ コネクタがあります。

(注)     

これは次のスイッチ モデルでサポートされています。

  • WS-C3850-12X48U

  • WS-C3850-24XU

  • WS-C3850-24XS

C3850-NM-BLANK

スイッチにアップリンク ポートがない場合、このブランク モジュールを挿入します(十分なエアー フローの確保に必要です)。

1 すべてのネットワーク モジュールはホットスワップ可能です。
図 1. C3850-NM-4-1G ネットワーク モジュール



1

非脱落型ネジ

3

LED

2

1 G イーサネット SFP スロット

   
図 2. C3850-NM-2-10G ネットワーク モジュール



1

非脱落型ネジ

3

1 G イーサネット SFP スロット

2

1 G または 10 G イーサネット SFP+ スロット

4

LED

図 3. C3850-NM-4-10G ネットワーク モジュール



1

非脱落型ネジ

3

LED

2

10 G スロットまたは 1 G イーサネット SFP スロット

   
図 4. C3850-NM-8-10G ネットワーク モジュール



1

非脱落型ネジ

(注)     

このネットワーク モジュールにはネジは 1 本しかありません。モジュールを固定するにはネジをしっかりと締め、モジュールが取り外すときには先にネジを緩める必要があります。

3

LED

2

10 G または 1 G SFP+ スロット

   
図 5. C3850-NM-2-40G ネットワーク モジュール



1

非脱落型ネジ

3

LED

2

40 G QSFP+ スロット

   
図 6. ブランク ネットワーク モジュール



1

ブランク モジュール

2

非脱落型ネジ

ネットワーク モジュールの LED

図 7. ネットワーク モジュールの LED

1

G1 LED

3

G3 LED

2

G2 LED

4

G4 LED

ネットワーク モジュールのリンク ステータス

消灯

リンクはオフです。

グリーン

リンクはオンですが、アクティビティがありません。

緑色に点滅

リンク上にアクティビティがあります。エラーなく動作しています。

(注)     

制御トラフィックがほとんど存在しない場合、LED が緑色に点滅します。

オレンジに点滅

リンクに障害が発生したか、スイッチ ソフトウェアで設定された制限を超過したことにより、リンクはオフになっています。

注意       

リンクの障害は、適合しないケーブルを SFP ポートまたは SFP+ ポートに接続すると発生します。Cisco SFP および SFP+ ポートに接続するには、必ず標準に準拠したケーブル接続を使用してください。リンク障害の原因となるケーブルまたは装置は、すべてネットワークから取り外す必要があります。

オレンジ

SFP または SFP+ のリンクがディセーブルになっています。

スイッチへのネットワーク モジュールの取り付け

安全上の警告

ここでは、取り付け時の注意事項および警告事項について説明します。各国語による安全上の警告については、『Regulatory Compliance and Safety Information for the Catalyst 3850 Switches』をご覧ください。Cisco.com の次の URL にあります。 http:/​/​www.cisco.com/​go/​cat3850_​hw

ネットワーク モジュールを取り付ける前に、この項に目を通してください。


注意    


機器を扱う際には、必ず静電気防止対策を行ってください。機器に対する静電破壊のリスクを排除するため、取り付けや保守を行う作業者は、必ずアース ストラップを使用してアースを行ってください。機器を取り外す際に静電破壊が発生する可能性があります。



警告


この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。ステートメント 1030



警告


モジュールの取り付け中または取り外し中は、空いているスロットやシャーシに手を入れないでください。回路の露出部分に触れると、感電のおそれがあります。ステートメント 206


必要な工具類

  • 最大トルクが 15 lbf-in(pound-force-inch)の、No. 2 プラス ヘッド付きのラチェット式ドライバ

  • オプションで回転制御機構を備えた Panduit 製圧着工具(モデル CT-720、CT-920、CT-920CH、CT-930、または CT-940CH)

  • ワイヤ ストリッパ

  • 単一孔アース接続の場合は、12 ゲージの銅製アース線(絶縁被膜付きまたは絶縁被膜なし)

  • 二重孔アース接続の場合は、8 ゲージの銅製アース線(絶縁被膜付きまたは絶縁被膜なし)

  • 二重孔アース ラグおよび 2 本のネジ(DC 電源モジュールのアクセサリ キット内に含まれます)および単一孔アース ラグおよびネジ(スイッチ アクセサリ キット内に含まれます)二重孔ラグは、DC 電源が唯一の NEBS 準拠の電源オプションである NEBS インストール時のスイッチの接地に必要です。

  • 14 ゲージの銅線(× 4)

  • DC 電源モジュールのアクセサリ キット内のフォークタイプ端子(× 4)。Dinkle 製 DT-35-B25 式の端子ブロックの M3 ネジに適合するサイズの端子が必要です。

ネットワーク モジュールの取り付け


(注)  


ネットワーク モジュールなしでもスイッチは動作可能ですが、アップリンク ポートが不要な場合は、ブランク モジュール(ポートや SFP スロットなし)を取り付けてください。

(注)  


SFP スロット付きのネットワーク モジュールを挿入または取り外すと、スイッチのログに記録されます。

必ずサポートされるネットワーク モジュールと SFP モジュール(または SFP+ モジュール)を使用してください。各モジュールには、セキュリティ情報をコード化したシリアル EEPROM が内蔵されています。サポートされる SFP モジュールの詳細については、SFP および SFP+ モジュールを参照してください。

ネットワーク モジュールはホットスワップ可能です。モジュールを取り外した場合は、別のネットワーク モジュールまたはブランク モジュールを代わりに取り付けてください。


(注)  


スイッチは、ネットワーク モジュールが取り付けられた状態で、EMC 規格、安全規格、および熱規格に準拠しています。アップリンク ポートが不要な場合は、ブランク ネットワーク モジュールを取り付けてください。
はじめる前に

ネットワーク モジュールを取り付けるには、次の注意事項に従ってください。

  • ブランク モジュールは、SFP モジュールまたは SFP+ モジュールを取り付けるまではスロットから外さないでください。このスロットには、モジュールまたはダスト プラグのいずれかが常に取り付けられている必要があります。

  • 光ファイバ SFP モジュールのダスト プラグ、および光ファイバ ケーブルのゴム製キャップは、いずれもケーブルを接続するまでは取り外さないでください。これらのプラグおよびキャップは、モジュール ポートやケーブルを汚れや周辺光から保護する役割を果たします。

  • ネットワーク モジュールの取り外しや取り付けを行うと、耐用期間が短くなる可能性があります。ネットワーク モジュールの取り外しや取り付けは、必要最低限にしてください。

  • 静電破壊を防ぐため、ケーブルをスイッチや他の装置に接続する場合は、ボードおよびコンポーネントを正しい手順で取り扱うようにしてください。

手順
    ステップ 1   手首に静電気防止用リスト ストラップを着用して、ストラップの機器側をアース表面に接続します。
    ステップ 2   保護用パッケージから、モジュールを取り出します。
    ステップ 3   ブランク モジュールをスイッチから取り外して保管します。
    注意       

    モジュールを差し込む前に、モジュールの向きが正しいかどうかを確認します。向きを間違えて取り付けると、モジュールを破損することがあります。

    注意       

    ケーブルが接続された状態、あるいは SFP モジュールが取り付けられた状態でネットワーク モジュールを取り付けないでください。必ずケーブルおよびモジュールをすべて取り外してから、ネットワーク モジュールを取り付けてください。

    注意       

    光ファイバケーブルが接続された状態でネットワーク モジュールの取り付けまたは取り外しを行うと、モジュール インターフェイスが error-disable 状態になる可能性があります。インターフェイスが error-disable 状態になった場合は、shutdown および no shutdown のインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用すれば、インターフェイスを再びイネーブルの状態にできます。

    ステップ 4   モジュール面を上に向けて、モジュール スロットに取り付けます。モジュールをスロットに差し込み、モジュールの前面プレートの背面とスイッチの前面プレートがぴったり重なるまで押します。非脱落型ネジを締めて、ネットワーク モジュールを固定します。
    図 8. スイッチへのネットワーク モジュールの取り付け

    (注)     

    他のネットワーク モジュールとは異なり、ネジジャッキを適切に固定しないと、C3850-NM-8-10G を完全に挿入して固定することはできません。

    1. ネジジャッキが右端のタブと接続するまで、モジュールをアップリンク スロットに押し込みます。

    2. スロット内のバネ式タブが C3850-NM-8-10G モジュールを押し戻してくるため、軽い抵抗を感じることがあります。

    3. ネットワーク モジュールの前面パネルをスロットにゆっくりと押し込みながら、ネジジャッキを締め続けます。


    ネットワーク モジュールのポート構成

    C3850-NM-4-1G モジュール

    C3850-NM-4-1G モジュールのすべてのポートは、ネイティブで GigabitEthernet であり、GigabitEthernet1/1/1 ~ GigabitEthernet1/1/4 に構成されています。有効なインターフェイスは 4 つのみです。残りの 4 つは、CLI に表示される場合でも使用しないでください。

    表 1 C3850-NM-4-1G モジュール
    インターフェイス アクション

    GigabitEthernet1/1/1

    このインターフェイスを構成してください

    GigabitEthernet1/1/2

    このインターフェイスを構成してください

    GigabitEthernet1/1/3

    このインターフェイスを構成してください

    GigabitEthernet1/1/4

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/1

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/2

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/3

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/4

    無視してください

    C3850-NM-4-10G モジュール

    C3850-NM-4-10G モジュールのすべてのポートはデフォルトで 10 G です。これらは、SFP を使用して 1 G として実行する場合でも、TenGigabitEthernet1/1/1 ~ TenGigabitEthernet1/1/4 に構成する必要があります。有効なインターフェイスは 4 つのみです。残りの 4 つは、CLI に表示される場合でも使用しないでください。

    表 2 C3850-NM-4-10G モジュール
    インターフェイス アクション

    GigabitEthernet1/1/1

    無視してください

    GigabitEthernet1/1/2

    無視してください

    GigabitEthernet1/1/3

    無視してください

    GigabitEthernet1/1/4

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/1

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/2

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/3

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/4

    このインターフェイスを構成してください

    C3850-NM-2-10G モジュール

    C3850-NM-2-10G モジュールでは、最初の 2 個のポートはネイティブで 1 G ポート、最後の 2 個のポートは、ネイティブで 10 G ポートです。したがって、これらの 1 G ポートは GigabitEthernet1/1/1 ~ GigabitEthernet1/1/2 として構成してください。最後の 2 個のポートを 1 G として実行する場合であっても、これらのポートは TenGigabitEthernet1/1/3 ~ TenGigabitEthernet1/1/4 として構成してください。有効なインターフェイスは 4 つのみです。残りの 4 つは、CLI に表示される場合でも使用しないでください。

    表 3 C3850-NM-2-10G モジュール
    インターフェイス アクション

    GigabitEthernet1/1/1

    このインターフェイスを構成してください

    GigabitEthernet1/1/2

    このインターフェイスを構成してください

    GigabitEthernet1/1/3

    無視してください

    GigabitEthernet1/1/4

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/1

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/2

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/3

    1-G として実行する場合にも、このインターフェイスを設定してください。

    TenGigabitEthernet1/1/4

    1-G として実行する場合にも、このインターフェイスを設定してください。

    C3850-NM-8-10G モジュール

    C3850-NM-8-10G モジュールのすべてのポートはデフォルトで 10 G です。これらは、SFP を使用して 1 G として実行する場合でも、TenGigabitEthernet1/1/1 ~ TenGigabitEthernet1/1/8 に構成する必要があります。

    表 4 C3850-NM-8-10G モジュール
    インターフェイス アクション

    TenGigabitEthernet1/1/1

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/2

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/3

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/4

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/5

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/6

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/7

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/8

    このインターフェイスを構成してください

    C3850-NM-2-40G モジュール

    C3850-NM-2-40G モジュールのデフォルト ポート接続は、40 G QSFP モジュールを使用するか 4x10G ブレークアウト ケーブルを使用するかによって異なります。

    40 G QSFP モジュールを使用すると、ポートはデフォルトで 40 G インターフェイスになります。この場合、10 G インターフェイスが表示されますが、使用されません。

    表 5 40 G QSFP モジュールを使用する C3850-NM-2-40G モジュール
    インターフェイス アクション

    FortyGigabitEthernet1/1/1

    このインターフェイスを構成してください

    FortyGigabitEthernet1/1/2

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/1

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/2

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/3

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/4

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/5

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/6

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/7

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/8

    無視してください

    4x10G ブレークアウト ケーブルを使用すると、ポートはデフォルトで 10 G インターフェイスになります。

    表 6 4x10G ブレークアウト ケーブルを使用する C3850-NM-2-40G モジュール
    インターフェイス アクション

    FortyGigabitEthernet1/1/1

    無視してください

    FortyGigabitEthernet1/1/2

    無視してください

    TenGigabitEthernet1/1/1

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/2

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/3

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/4

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/5

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/6

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/7

    このインターフェイスを構成してください

    TenGigabitEthernet1/1/8

    このインターフェイスを構成してください

    ネットワーク モジュールの取り外し


    (注)  


    スイッチは、ネットワーク モジュールが取り付けられた状態で、EMC 規格、安全規格、および熱規格に準拠しています。アップリンク ポートが不要な場合は、ブランク ネットワーク モジュールを取り付けてください。

    手順
      ステップ 1   手首に静電気防止用リスト ストラップを着用して、ストラップの機器側をアース表面に接続します。

      注意       

      ケーブルが接続された状態、あるいは SFP モジュールが取り付けられた状態でネットワーク モジュールを取り外さないでください。必ずケーブルおよびモジュールをすべて取り外してから、ネットワーク モジュールを取り付けてください。

      注意       

      光ファイバケーブルが接続された状態でネットワーク モジュールの取り付けまたは取り外しを行うと、モジュール インターフェイスが error-disable 状態になる可能性があります。インターフェイスが error-disable 状態になった場合は、shutdown および no shutdown のインターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用すれば、インターフェイスを再びイネーブルの状態にできます。

      ステップ 2   SFP モジュールからケーブルを外します。
      ステップ 3   SFP モジュールをネットワーク モジュールから外します。
      ステップ 4   ネットワーク モジュールを固定している非脱落型ネジを緩めます。
      (注)     

      C3850-NM-8-10G モジュールは、1 つのネジジャッキだけでスイッチに固定されています。このネジは、コネクタ インターフェイスからモジュールを取り外す場合にも便利です。モジュールを完全に取り外す前に、ネジを完全に緩めて外す必要があります。ネジを取り外すと、ネジが完全に外れるときにバネがモジュールを押し出します。完全に取り外されるまで、モジュールをしっかり保持してください。

      ステップ 5   ネットワーク モジュール右側のタブを慎重に押して、ネットワーク モジュールを外します。モジュールの端をつかみ、スロットから慎重に引き出します。
      ステップ 6   交換用のネットワーク モジュールまたはブランク モジュールをスロットに取り付けます。
      ステップ 7   取り外したモジュールは、静電気防止用袋に収めるか、その他の保護環境下に置いてください。

      SFP および SFP+ モジュール

      SFP および SFP+ モジュールの取り付け

      はじめる前に

      SFP および SFP+ モジュールを使用するには、ネットワーク モジュールを取り付ける必要があります(Catalyst WS-C3850-12S および WS-C3850-24S を除く)。Catalyst WS-C3850-12S と WS-C3850-24S スイッチ モデルのダウンリンク ポートは標準 SFP モジュールをサポートし、Catalyst WS-C3850-12XS と WS-C3850-24XS スイッチ モデルのダウンリンク ポートは標準 SFP+ モジュールをサポートします。

      サポートされる SFP モジュール および SFP+ モジュールの一覧は、Cisco.com にあるスイッチのリリース ノートを参照してください。スイッチには、必ずサポートされる SFP モジュールを使用してください。サポートされる SFP および SFP+ モジュールの最新情報については、http:/​/​www.cisco.com/​en/​US/​products/​hw/​modules/​ps5455/​products_​device_​support_​tables_​list.html の「Cisco Transceiver Modules Compatibility Information」を参照してください。

      SFP モジュールの取り付け、取り外し、ケーブル接続、およびトラブルシューティングについては、装置に付属しているモジュールのマニュアルを参照してください。

      次の注意事項をよくお読みください。


      警告


      クラス 1 レーザー製品です。ステートメント 1008
      • SFPモジュール ポートの埃よけプラグ、または光ファイバ ケーブルのゴム製キャップは、ケーブルを接続する準備が整うまでは取り外さないでください。これらのプラグおよびキャップは、モジュール ポートやケーブルを汚れや周辺光から保護する役割を果たします。
      • SFP モジュールの取り外しや取り付けを行うと、モジュールの耐用期間が短くなる可能性があります。SFP モジュールの取り外しや取り付けは、必要最低限にしてください。
      • 静電破壊を防ぐため、ケーブルをスイッチや他の装置に接続する場合は、ボードおよびコンポーネントを正しい手順で取り扱うようにしてください。
      手順
        ステップ 1   手首に静電気防止用リスト ストラップを着用して、ストラップの機器側をアース表面に接続します。
        ステップ 2   SFP モジュールは、送信側(TX)および受信側(RX)の印があるほうが上面です。 SFP モジュールによっては、送信側と受信側(TX と RX)の印の代わりに、接続の方向を示す矢印が付いている場合もあります。
        ステップ 3   ベールクラスプ ラッチ付きの SFP モジュールの場合は、ロック解除の位置までラッチを開きます。
        ステップ 4   モジュールをスロットの開口部に合わせて、コネクタをスロットの奥にはめ込みます。
        図 9. ネットワーク モジュールへの SFP モジュールの取り付け

        ステップ 5   モジュールにベール クラスプ ラッチが付いている場合は、ラッチを閉じて SFP モジュールを固定します。
        ステップ 6   SFP のダスト プラグを取り外して保管します。
        ステップ 7   SFP ケーブルを接続します。
        図 10. SFP モジュールが取り付けられたネットワーク モジュール


        SFP および SFP+ モジュールの取り外し

        手順
          ステップ 1   手首に静電気防止用リスト ストラップを着用して、ストラップの機器側をアース表面に接続します。
          ステップ 2   SFP モジュールからケーブルを取り外します。ケーブル コネクタ プラグを再び取り付ける際には、送信(TX)と受信(RX)を間違えないように注意してください。
          ステップ 3   光インターフェイスを清潔に保つために、SFP モジュールの光ポートにダスト プラグを取り付けます。
          ステップ 4   ベールクラスプ ラッチ付きのモジュールの場合は、ベールを下げて、モジュールを取り外します。指でラッチを開けない場合は、小型のマイナス ドライバなどの細長い工具を使用してラッチを開きます。
          ステップ 5   SFP モジュールを持ち上げて、スロットからゆっくり引き出します。
          ステップ 6   SFP モジュールは、静電気防止用袋に収めるか、その他の保護環境下に置いてください。

          ネットワーク モジュールのシリアル番号の確認

          ネットワーク モジュールについてシスコのテクニカル サポートに連絡する場合は、モジュールのシリアル番号が必要です。

          図 11. ネットワーク モジュールのシリアル番号の位置