スタック マネージャおよびハイ アベイラビリティ コマンド リファレンス、Cisco IOS XE リリース 3E(Catalyst 3850 スイッチ)
はじめに
はじめに

はじめに

表記法

このマニュアルでは、次の表記法を使用しています。

表記法 説明
^ または Ctrl

^ 記号と Ctrl は両方ともキーボードの Control(Ctrl)キーを表します。 たとえば、^D または Ctrl+D というキーの組み合わせは、Ctrl キーを押しながら D キーを押すことを意味します (ここではキーを大文字で表記していますが、小文字で入力してもかまいません)。

bold フォント

コマンド、キーワード、およびユーザが入力したテキストは、太字フォントで示しています。

Italic フォント

ドキュメント名、新規用語または強調する用語、値を指定するための引数は、italic フォントで示しています。

courier フォント

システムが表示するターミナル セッションおよび情報は、courier フォントで示しています。

太字の courier フォント 太字の courier フォントは、ユーザが入力しなければならないテキストを示します。
[x]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

...

構文要素の後の省略記号(3 つの連続する太字ではないピリオドでスペースを含まない)は、その要素を繰り返すことができることを示します。

|

パイプと呼ばれる縦棒は、一連のキーワードまたは引数の選択肢であることを示します。

[x | y]

どれか 1 つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

{x | y}

必ずいずれか 1 つを選択しなければならない必須キーワードは、波カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

[x {y | z}]

角カッコまたは波カッコが入れ子になっている箇所は、任意または必須の要素内の任意または必須の選択肢であることを表します。 角カッコ内の波カッコと縦棒は、省略可能な要素内で選択すべき必須の要素を示しています。

string

引用符を付けない一組の文字。 string の前後には引用符を使用しません。引用符を使用すると、その引用符も含めて string とみなされます。

< >

パスワードのように出力されない文字は、山カッコで囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

!、#

コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

読者への警告の表記法

このマニュアルでは、読者への警告に次の表記法を使用しています。


(注)  


注釈」です。 役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



ヒント


問題解決に役立つ情報」です。



注意    


要注意」の意味です。 機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。



ワンポイント アドバイス


時間を節約する方法です。 ここに紹介している方法で作業を行うと、時間を短縮できます。



警告


IMPORTANT SAFETY INSTRUCTIONS

This warning symbol means danger. You are in a situation that could cause bodily injury. Before you work on any equipment, be aware of the hazards involved with electrical circuitry and be familiar with standard practices for preventing accidents. Use the statement number provided at the end of each warning to locate its translation in the translated safety warnings that accompanied this device. Statement 1071

SAVE THESE INSTRUCTIONS


関連資料


(注)  


switchをインストールまたはアップグレードする前に、switchのリリース ノートを参照してください。


マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『What's New in Cisco Product Documentation』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http:/​/​www.cisco.com/​c/​en/​us/​td/​docs/​general/​whatsnew/​whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。 RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。