LAN スイッチング コマンド リファレンス、Cisco IOS XE Release 3SE(Catalyst 3850 スイッチ)
show vlan から storm-control まで
show vlan から storm-control まで
発行日;2013/08/07   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

show vlan から storm-control まで

show vlan

VLAN 情報を表示するには、特権 EXEC モードで show vlan コマンドを使用します。

show vlan [ all | brief | id vlan-id | name name [ ifindex ] | ifindex ]

構文の説明

all

(任意)すべての VLAN 情報を表示します。

brief

(任意)各 VLAN について、VLAN、ステータス、およびポートを 1 行で表示します。

id vlan-id

(任意)VLAN ID 番号によって識別される単一 VLAN に関する情報を表示します。有効値は 1 ~ 4094 です。

name name

(任意)VLAN 名によって識別される単一 VLAN に関する情報を表示します。有効値は 1 ~ 32 文字の ASCII 文字列です。

ifindex

(任意)VLAN の ifIndex 番号を表示します。

コマンド モード

特権 EXEC(#)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

各イーサネット スイッチ ポートおよびイーサネット リピータ グループが属するのは、1 つの VLAN だけです。 トランク ポートは、複数の VLAN に存在できます。

state suspend または state active コマンドを使用して VLAN をシャットダウンすると、Status フィールドに次の値が表示されます。

  • suspended:VLAN が一時停止されます。
  • active:VLAN がアクティブです。

shutdown コマンドを使用して VLAN をシャットダウンすると、Status フィールドに次の値が表示されます。

  • act/lshut:VLAN ステータスはアクティブで、ローカルでシャットダウンされました。
  • sus/lshut:VLAN ステータスはサスペンドで、ローカルでシャットダウンされました。

次に、アクティブでローカルにシャットダウンされている VLAN(VLAN0002)の出力例を示します。

Router# show vlan
VLAN Name                             Status    Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1    default                          active    Fa5/9
2    VLAN0002                         act/lshut Fa5/9
<...Output truncated...>

VLAN が内部的にシャットダウンされている場合は、Status フィールドに次の値が表示されます。

  • act/ishut:VLAN ステータスはアクティブで、内部的にシャットダウンされました。
  • sus/ishut:VLAN ステータスはサスペンドで、内部的にシャットダウンされました。

次に、アクティブで内部的にシャットダウンされている VLAN(VLAN0002)の出力例を示します。

Router# show vlan
VLAN Name                             Status    Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1    default                          active    Fa5/9
2    VLAN0002                         act/ishut Fa5/9
<...Output truncated...>

VLAN がローカルおよび内部的にシャットダウンされている場合、Status フィールドに表示される値は act/ishut または sus/ishut です。 VLAN がローカルでだけシャットダウンされている場合、Status フィールドに表示される値は act/lshut または sus/lshut です。

VLAN 範囲はハイフンで区切り、複数の VLAN はカンマで区切ります。間にスペースは入れません。 たとえば、次のように入力します。

Router# show vlan id 1-4,3,7,5-20

単一の VLAN を表示すると、トランクおよび非トランク ポートの両方が表示されます。 非トランク ポートは pm_port_mode_trunk として設定されていないポートです。 インターフェイスが「スイッチポート ポート モード トランク」として設定されている場合、リンクがアップかダウンかが表示されます。

複数の VLAN を表示する場合、非トランク ポートだけが表示されます。

次に、管理ドメイン内のすべての VLAN の VLAN パラメータを表示する例を示します。

Router# show vlan
VLAN Name                             Status    Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1    default                          active    Fa5/9
2    VLAN0002                         active    Fa5/9
3    VLAN0003                         active    Fa5/9
4    VLAN0004                         active    Fa5/9
5    VLAN0005                         active    Fa5/9
6    VLAN0006                         active    Fa5/9
<...Output truncated...>

1004 fddinet-default                  active    Fa5/9
1005 trbrf-default                    active    Fa5/9

VLAN Type  SAID       MTU   Parent RingNo BridgeNo Stp  BrdgMode Trans1 Trans2
---- ----- ---------- ----- ------ ------ -------- ---- -------- ------ ------
1    enet  100001     1500  -      -      -        -    -        0      0
2    enet  100002     1500  -      -      -        -    -        0      0
3    enet  100003     1500  -      -      -        -    -        303    0
4    enet  100004     1500  -      -      -        -    -        304    0
5    enet  100005     1500  -      -      -        -    -        305    0
6    enet  100006     1500  -      -      -        -    -        0      0
10   enet  100010     1500  -      -      -        -    -        0      0
<...Output truncated...>

Remote SPAN VLANs
-----------------
2, 20
Primary Secondary Type              Ports
------- --------- ----------------- ------------------------------------------
Router#

次に、VLAN 名、ステータス、および関連付けられているポートだけを表示する例を示します。

Router# show vlan brief
VLAN Name                             Status    Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1    default                          active    Fa5/9
2    VLAN0002                         active    Fa5/9
3    VLAN0003                         
act/lshut
 Fa5/9
4    VLAN0004                         
act/lshut
 Fa5/9
5    VLAN0005                         active    Fa5/9
10   VLAN0010                         active    Fa5/9
.
.
.
999  VLAN0999                         active    Fa5/9
1002 fddi-default                     active    Fa5/9
1003 trcrf-default                    active    Fa5/9
1004 fddinet-default                  active    Fa5/9
1005 trbrf-default                    active    Fa5/9
Router#

次に、複数の VLAN の VLAN パラメータを表示する例を示します。

Router# show vlan id 1-4,3,7,5-20
VLAN Name                             Status    Ports
---- -------------------------------- --------- ------------------------------
1    default                          active    Fa5/7, Fa5/12
2    VLAN0002                         active
3    VLAN0003                         act/lshut
4    VLAN0004                         act/lshut
5    VLAN0005                         active
6    VLAN0006                         active
10   VLAN0010                         active
20   VLAN0020                         active

VLAN Type  SAID       MTU   Parent RingNo BridgeNo Stp  BrdgMode Trans1 Trans2
---- ----- ---------- ----- ------ ------ -------- ---- -------- ------ ------
1    enet  100001     1500  -      -      -        -    -        0      0
2    enet  100002     1500  -      -      -        -    -        0      0
3    enet  100003     1500  -      -      -        -    -        303    0
4    enet  100004     1500  -      -      -        -    -        304    0
5    enet  100005     1500  -      -      -        -    -        305    0
6    enet  100006     1500  -      -      -        -    -        0      0
10   enet  100010     1500  -      -      -        -    -        0      0
20   enet  100020     1500  -      -      -        -    -        0      0

Remote SPAN VLANs
------------------------------------------------------------------------------

Primary Secondary Type              Ports
------- --------- ----------------- ------------------------------------------

Router#

次に、VLAN 10 の ifIndex 番号だけを表示する例を示します。

Router# show vlan id 10 ifindex 
 
 VLAN Ifindex
 ---- -------
 10   37 
Router# 

次の表に、この例で表示されているフィールドの説明を示します。

表 1 show vlan コマンドの出力フィールド

フィールド

説明

VLAN

VLAN 番号。

Name

VLAN の名前(設定されている場合)。

Status

VLAN のステータス(active または suspend、act/lshut または sus/lshut、act/ishut または sus/ishut)

Ports

VLAN に属するポート。

Type

VLAN のメディア タイプ。

SAID

VLAN のセキュリティ アソシエーション ID 値。

MTU

VLAN の最大伝送単位サイズ。

Parent

親 VLAN(存在する場合)。

RingNo

VLAN のリング番号(該当する場合)。

BrdgNo

VLAN のブリッジ番号(該当する場合)。

Stp

VLAN で使用されるスパニングツリー プロトコル タイプ

BrdgMode

この VLAN のブリッジング モード:可能な値は SRB および SRT で、デフォルトは SRB です。

AREHops

All-Routes Explorer フレームの最大ホップ カウント:可能な値は 1 ~ 13、デフォルトは 7 です。

STEHops

Spanning Tree Explorer フレームの最大ホップ カウント:可能な値は 1 ~ 13、デフォルトは 7 です。

Backup CRF

TrCRF(トークンリング コンセントレータ リレー機能)がトラフィックのバックアップ パスであるかどうかを示すステータス

Ifindex

ifIndex の番号。

Remote SPAN VLAN

RSPAN のステータス

Primary

プライマリ VLAN の番号。

Secondary

セカンダリ VLAN の番号。

Ports

VLAN 内のポートを示します。

Type

VLAN のタイプ:可能な値は primary、isolated、community、non_operation、または normal です。

関連コマンド

コマンド

説明

show vlan private-vlan

PVLAN 情報を表示します。

vlan(config-VLAN サブモード)

特定の VLAN を設定します。

vtp

グローバル VTP ステートを設定します。

show vlan access-map

VLAN アクセス マップの内容を表示するには、特権 EXEC モードで showvlanaccess-map コマンドを使用します。

show vlan access-map [map-name]

構文の説明

map-name

(任意)VLAN アクセス マップ名

コマンド モード

特権 EXEC(#)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

15.1.(1)SG

このコマンドが、Cisco IOS Release 15.1(1)SG に統合されました。

次に、VLAN アクセス マップの内容を表示する例を示します。 出力にはフィールドの説明も表示されます。

Device# show vlan access-map access-map-example-1

Vlan access-map access-map-example-1
        match: ip address 13
        action: forward capture
Device# show vlan access-map vl10

match clauses:
 ipv6 address: v6acl
Action:
 drop

関連コマンド

コマンド

説明

action

パケットの action 句を設定します。

match

VLAN アクセス マップ シーケンスの ACL を 1 つ以上選択して、match 句を指定します。

vlan access-map

VLAN アクセス マップを作成するか、VLAN アクセス マップ コマンド モードを開始します。

show vlan mapping

802.1Q VLAN とスイッチ間リンク(ISL)VLAN のマッピングを登録するには、特権 EXEC モードで showvlanmapping コマンドを使用します。

show vlan mapping

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド モード

特権 EXEC(#)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

次に、802.1Q VLAN と ISL VLAN のマップのリストを表示する例を示します。 出力にはフィールドの説明も表示されます。

Router# show vlan mapping
802.1Q Trunk Remapped VLANs: 
802.1Q VLAN ISL VLAN 
----------- ----------- 
101         202
200         330
Router# 

関連コマンド

コマンド

説明

show interfaces vlan mapping

ポート上の VLAN マッピングのステータスを表示します。

switchport vlan mapping enable

スイッチ ポート単位で VLAN マッピングをイネーブルにします。

show vtp

VLAN トランキング プロトコル(VTP)管理ドメイン、ステータス、およびカウンタに関する一般情報を表示するには、特権 EXEC モードで showvtp コマンドを使用します。

show vtp { counters | interface | type/number | status | password | devices | [ conflicts ] }

構文の説明

counters

スイッチの VTP カウンタを表示します。

interface

すべてのインターフェイスに対する情報を表示します。

type / number

(任意)特定のインターフェイス。

status

VTP 管理ドメインに関する一般情報を表示します。

password

VTP バージョン 3 ドメインに VTP パスワードを表示します。

devices

VTP バージョン 3 ドメイン情報を表示します。

conflicts

(任意)VTP バージョン 3 ドメイン内で矛盾するサーバを持つデバイスだけが表示されます。

コマンド モード

特権 EXEC(#)

コマンド履歴

リリース

変更内容

11.2(8)SA4

このコマンドが導入されました。

12.2(2)XT

このコマンドが、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータで実装されました。

12.2(8)T

このコマンドは、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータ上の Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。

12.2(14)SX

このコマンドがスーパーバイザ エンジン 720 に実装されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドは、Cisco IOS Release12.2(17d)SXB にまで拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SRC

passworddevicesconflicts キーワードが、Cisco 7600 シリーズ ルータ上で VTP バージョン 3 をサポートするために追加されました。

12.2(33)SXI

カウンタおよびステータスの出力が更新され、VTPv3 情報が含まれました。

使用上のガイドライン

showvtpstatus コマンドの出力では、最後に変更した時間は修飾子自身の時間になります。 たとえば、「Configuration last modified by 7.0.22.11 at 5-5-06 05:51:49」の行に表示される時間は、修飾子(7.0.22.11)が最後に VLAN 設定を変更した時間です。

次に、showvtpcounters コマンドからの出力例を示します。

Router# show vtp counters
VTP statistics:
Summary advertisements received : 0
Subset advertisements received : 0
Request advertisements received : 0
Summary advertisements transmitted : 6970
Subset advertisements transmitted : 0
Request advertisements transmitted : 0
Number of config revision errors : 0
Number of config digest errors : 0
Number of V1 summary errors : 0
VTP pruning statistics:
Trunk             Join Transmitted Join Received    Summary advts received from                                                     non-pruning-capable device
---------------- ---------------- ---------------- ---------------------------
Gi1/11            0                0                0 
Gi8/10            0                0                0 
Gi8/15            0                0                0 
Gi8/16            0                0                0 
Fa3/1             0                0                0 
Fa3/2             0                0                0 
Router# 

次に、showvtp 出力内の Summary という語を含む行だけを表示する例を示します。

Router# show vtp counters | include Summary
Summary advertisements received    : 1
Summary advertisements transmitted : 32
Trunk            Join Transmitted Join Received    Summary advts received from
Router# 

次に、VTP 管理ドメインに関する一般情報を表示する例を示します。

Router# show vtp status
VTP Version capable              : 1 to 3
VTP version running              : 2
VTP Domain Name                  : cisco
VTP Pruning Mode                 : Disabled
VTP Traps Generation             : Disabled
Device ID                        : 0012.44dc.b800
MD5 digest                       : 0x61 0x98 0xD0 0xAD 0xA4 0x8C 0x53 0x35 
Configuration last modified by 10.10.0.0 at 8-7-06 06:56:27
Local updater ID is 10.10.0.0 on interface Lo0 (first layer3 interface found)
Feature VLAN:
--------------
VTP Mode                            : Server
Maximum VLANs supported locally     : 1005
Number if existing VLANs            : 53
Revision                            : 1
Router# 

下の表で、この出力で表示される重要なフィールドについて説明しています。

表 2 show vtp counters のフィールドの説明

フィールド

説明

Summary advertisements received

トランク ポート上でこのスイッチが受信するサマリー アドバタイズの数。 要約アドバタイズメントには、管理ドメイン名、コンフィギュレーション リビジョン番号、更新タイム スタンプおよび ID、認証チェックサム、このアドバタイズメントに後続するサブセットの数が含まれます。

Subset advertisements received

トランク ポート上でこのスイッチが受信するサブセット アドバタイズの数。 サブセット アドバタイズメントには、1 つ以上の VLAN に対する VTP 情報がすべて含まれます。

Request advertisements received

トランク ポート上でこのスイッチが受信するアドバタイズ要求の数。 アドバタイズ要求は、通常、すべての VLAN 上に関する情報を要求します。 また、VLAN のサブセットに関する情報も要求できます。

Summary advertisements transmitted

トランク ポート上でこのスイッチが送信するサマリー アドバタイズの数。 要約アドバタイズメントには、管理ドメイン名、コンフィギュレーション リビジョン番号、更新タイム スタンプおよび ID、認証チェックサム、このアドバタイズメントに後続するサブセットの数が含まれます。

Subset advertisements transmitted

トランク ポート上でこのスイッチが送信するサブセット アドバタイズの数。 サブセット アドバタイズメントには、1 つ以上の VLAN に対する VTP 情報がすべて含まれます。

Request advertisements transmitted

トランク ポート上でこのスイッチが送信するアドバタイズ要求の数。 アドバタイズ要求は、通常、すべての VLAN 上に関する情報を要求します。 また、VLAN のサブセットに関する情報も要求できます。

Number of config revision errors

リビジョン エラーの数。

新たに VLAN を定義、既存の VLAN を削除、既存の VLAN を一時停止または再開、または既存の VLAN のパラメータを変更すると必ず、スイッチのコンフィギュレーション リビジョン番号が増加します。

リビジョン エラーの数は、あるスイッチが同じリビジョン番号を持つアドバタイズメントを受信したが、メッセージ ダイジェスト アルゴリズム 5(MD5)の値が一致しない場合に増加します。 このエラーは、2 つのスイッチの VTP パスワードが異なること、またはこれらのスイッチのコンフィギュレーションが異なることを示します。

これらのエラーは、スイッチが受信アドバタイズメントをフィルタしていて、これにより VTP データベースがネットワーク全体で同期されていない状態になっていることを示しています。

Number of config digest errors

MD5 エラーの数。

サマリー パケット内の MD5 ダイジェストと、計算された受信済みアドバタイズの MD5 ダイジェストが一致しない場合は、ダイジェスト エラーが増加します。 このエラーは、通常、2 つのスイッチの VTP パスワードが異なることを示します。 この問題を解決するには、すべてのスイッチで VTP パスワードが同じになるようにします。

これらのエラーは、スイッチが受信アドバタイズメントをフィルタしていて、これにより VTP データベースがネットワーク全体で同期されていない状態になっていることを示しています。

Number of V1 summary errors

バージョン 1 エラーの数。

VTP V2 モードのスイッチが VTP バージョン 1 フレームを受信すると、バージョン 1 サマリー エラーが増加します。 これらのエラーは、少なくとも 1 つの近接スイッチで、V2 モードがディセーブルにされた VTP バージョン 1、または VTP バージョン 2 が実行されていることを示しています。 この問題を解決するには、VTP V2 モードのスイッチの設定をディセーブルに変更します。

Trunk

VTP プルーニングに参加するトランク ポート。

Join Transmitted

トランクで送信された VTP プルーニング メッセージの数。

Join Received

トランク上で受信された VTP プルーニング メッセージの数。

Summary advts received from non-pruning-capable device

トランク上で受信された、プルーニングをサポートしていないデバイスからの VTP サマリー メッセージの数。

次に、VTP バージョン 1 および VTP バージョン 2 に対する showvtpstatus コマンドの出力例を示します。

Router# show vtp status
VTP Version                     : 3 (capable)
Configuration Revision          : 1
Maximum VLANs supported locally : 1005
Number of existing VLANs        : 37
VTP Operating Mode              : Server
VTP Domain Name                 : [smartports]
VTP Pruning Mode                : Disabled
VTP V2 Mode                     : Enabled
VTP Traps Generation            : Disabled
MD5 digest                      : 0x26 0xEE 0x0D 0x84 0x73 0x0E 0x1B 0x69 
Configuration last modified by 172.20.52.19 at 7-25-08 14:33:43
Local updater ID is 172.20.52.19 on interface Gi5/2 (first layer3 interface fou)
VTP version running             : 2

下の表で、この出力で表示される重要なフィールドについて説明しています。

表 3 show vtp status のフィールドの説明

フィールド

説明

VTP Version

Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータ

スイッチ上で動作している VTP バージョンを表示します。 デフォルトでは、スイッチはバージョン 1 を実装します。

Catalyst スイッチ

スイッチ上で動作している VTP バージョンを表示します。 デフォルトでは、Catalyst 2900 および 3500 XL スイッチはバージョン 1 を実装していますが、バージョン 2 に設定することができます。

Configuration Revision

このスイッチの現在のコンフィギュレーション リビジョン番号。

Maximum VLANs supported locally

ローカルにサポートされている VLAN の最大数。

Number of existing VLANs

既存の VLAN 数。

VTP Operating Mode

VTP 動作モード(サーバ、クライアント、またはトランスペアレント)を表示します。

  • サーバ:VTP サーバ モードのスイッチは VTP に対してイネーブルであり、アドバタイズメントを送信します。 スイッチで VLAN を設定できます。 スイッチは、リブート後、現在の VTP データベースの VLAN 情報を不揮発性ストレージからすべて回復できることを保証します。 デフォルトでは、すべてのスイッチが VTP サーバです。
  • クライアント:VTP クライアント モードのスイッチは VTP に対してイネーブルであり、アドバタイズメントを送信できますが、VLAN 設定を格納するために十分な不揮発性ストレージがありません。 スイッチでは VLAN を設定できません。 VTP クライアントを開始しても、VLAN データベースを初期化するためのアドバタイズメントを受信するまで、VTP アドバタイズメントは送信されません。
  • トランスペアレント:VTP トランスペアレント モードのスイッチは、VTP に対してディセーブルであり、アドバタイズメントの送信や、他のデバイスから送信されたアドバタイズメントからの学習を行いません。また、ネットワーク内の他のデバイスの VLAN 設定に影響を与えることはありません。 スイッチは VTP アドバタイズを受信し、アドバタイズを受信したトランク ポートを除くすべてのトランク ポートにこれを転送します。 複数の VLAN ポートのコンフィギュレーションにより、スイッチは自動的にトランスペアレント モードに入ります。
  • オフ:オフ モードを使用して VTP をディセーブルにすると、スイッチは VTP トランスペアレント モードと同様に動作しますが、VTP アドバタイズメントが転送されません。
(注)     

Catalyst 2912MF、2924M、および 3500 XL スイッチは、最高 250 個の VLAN をサポートします。 その他の Catalyst 2900 XL スイッチはすべて、最高 64 個の VLAN をサポートします。 Catalyst 2912MF、2924M、および 3500 XL スイッチの場合、250 個を超える VLAN を定義するか、またはスイッチが 250 個を超える VLAN を含むアドバタイズメントを受信すると、スイッチは自動的に VTP トランスペアレント モードに入り、トランスペアレント モードに入る前の VLAN コンフィギュレーションで動作します。 その他のすべての Catalyst 2900XL スイッチの場合、64 個を超える VLAN を定義するか、またはスイッチが 64 個を超える VLAN を含むアドバタイズメントを受信すると、スイッチは自動的に VTP トランスペアレント モードに入り、トランスペアレント モード入る前の VLAN コンフィギュレーションで動作します。

VTP Domain Name

スイッチの管理ドメインを特定する名前。

VTP Pruning Mode

Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータ

VTP プルーニング モードは、Cisco 2600、Cisco 3600、および 3700 シリーズ ルータではサポートされていません。

Catalyst スイッチ、Cisco 7600 シリーズ ルータ

プルーニングがイネーブルかまたはディセーブルかを表示します。 VTP サーバでプルーニングをイネーブルにすると、管理ドメイン全体でプルーニングが有効になります。 プルーニングを使用すると、トラフィックが適切なネットワーク デバイスにアクセスするために使用しなければならないトランク リンクへのフラッディング トラフィックが制限されます。

VTP V2 Mode

VTP バージョン 2 モードがイネーブルかどうかを表示します。 すべての VTP バージョン 2 スイッチは、デフォルトでバージョン 1 モードで動作します。 VTP スイッチはそれぞれ、その他すべての VTP デバイスの機能を自動的に検出します。 VTP デバイス ネットワーク内のすべての VTP スイッチがバージョン 2 モードで動作可能な場合のみ、ネットワークをバージョン 2 に設定してください。

VTP Traps Generation

VTP トラップがネットワーク管理ステーションに送信されるかどうかを表示します。

MD5 digest

VTP コンフィギュレーションの 16 バイトのチェックサム。

Configuration last modified

最後に行った設定変更の日付と時刻を表示します。 データベースの設定変更の原因となったスイッチの IP アドレスを表示します。

次に、Release 12.2(33)SRC 以降を実行している Cisco 7600 シリーズ ルータの 3 つすべての VTP バージョンに対する showvtpstatus コマンドの出力例を示します。

次に、デバイスで VTP バージョン 1 を実行している場合にコンフィギュレーションを確認する例を示します。

Router# show vtp status 
VTP Version capable             : 1 to 3
VTP version running             : 1
VTP Domain Name                 : Lab_Network
VTP Pruning Mode                : Enabled
VTP Traps Generation            : Disabled
Device ID                       : 0016.9c6d.5300
Configuration last modified by 127.0.0.12 at 10-18-07 10:12:42
Local updater ID is 127.00.12 at 10-18-07 10:2:42
Feature VLAN:
--------------
VTP Operating Mode              : Server
Maximum number of existing VLANs : 5
Configuration Revision          : 1
MD5 digest                      : 0x92 0xF1 0xE8 0x52 0x2E ox5C 0x36 0x10 0x70 0x61 0xB8                                0x24 0xB6 0x93 0x21 0x09
Router# 

次に、デバイスで VTP バージョン 2 を実行している場合にコンフィギュレーションを確認する例を示します。

Router# show vtp status 
VTP Version capable          : 1 to 3
VTP version running          : 2
VTP Domain Name              : Lab_Network
VTP Pruning Mode             : Disabled
VTP Traps Generation         : Disabled
Device ID                    : 0012.44dc.b800
Configuration lst modified by 127.0.0.12 at 10-18-07 10:38:45
Local updater ID is 127.0.0.12 on interface EO 0/0 (first interface found)
Feature VLAN:
--------------
VTP Operating Mode           : Server
Maximum VLANs supported locally: 1005
Number of existing VLANs     : 1005
Configuration Revision       : 1
MD5 digest                   : 0x2E 0x6B 0x99 0x58 0xA2 0x4F 0xD5 0x150x70 0x61 0xB8                             0x24 0xB6 0x93 0x21 0x09
Router#

次に、デバイスで VTP バージョン 3 を実行している場合にコンフィギュレーションを確認する例を示します。

Router# show vtp status 
VTP Version capable          : 1 to 3
VTP version running          : 3
VTP Domain Name              : Lab_Network
VTP Pruning Mode             : Disabled
VTP Traps Generation         : Disabled
Device ID                    : 0012.44dc.b800
Feature VLAN:
--------------
VTP Operating Mode              : Server
Number of existing VLANs        : 1005
Number of existing extended VLANs: 3074
Configuration Revision          : 18
Primary ID                      : 0012.4371.9ec0
Primary Description             :
Router# 

下の表で、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

表 4 show vtp status のフィールドの説明(Cisco 7600 シリーズ ルータ Release 12.2(33) SRC 以降)

フィールド

説明

VTP Version capable

デバイスが実行できる VTP バージョン。

VTP Version running

デバイスで実行されている VTP のバージョン。

VTP Domain Name

デバイスの管理ドメインを特定する名前。

VTP Pruning Mode

プルーニングがイネーブルかまたはディセーブルかを表示します。 VTP サーバでプルーニングをイネーブルにすると、管理ドメイン全体でプルーニングが有効になります。 プルーニングを使用すると、トラフィックが適切なネットワーク デバイスにアクセスするために使用しなければならないトランク回線へのフラッディング トラフィックが制限されます。

VTP Traps Generation

VTP トラップがネットワーク管理ステーションに送信されるかどうかを表示します。

Device ID

ローカル デバイスの MAC アドレス。

Configuration last modified

Configuration lst modified

最後に行った設定変更の日付と時刻を表示します。 データベースの設定変更の原因となったスイッチの IP アドレスを表示します。

VTP Operating Mode

機能タイプ別で示す VTP モード(クライアント、サーバ、トランスペアレント、オフ)。

Maximum VLANs supported locally

ローカルにサポートされている VLAN の最大数。

Maximum number of existing VLANs

既存の VLAN 数。

Number of existing extended VLANs

既存の拡張 VLAN 数。

Configuration Revision

特定の機能のコンフィギュレーション リビジョン番号。

Primary ID

プライマリ サーバの MAC アドレス。

Primary Description

プライマリ サーバの名前。

MD5 digest

VTP コンフィギュレーションの 32 ビット チェックサム。

次に、特定のインターフェイスの情報を表示する例を示します。

Router# show vtp interface GigabitEthernet2/4
Interface              VTP Status
------------------------------------
GigabitEthernet2/4     enabled

次に、hidden キーワード(VTP バージョン 3 のみ)を使用して設定した場合のパスワードの表示方法を示します。

Router# show vtp password
VTP Password: 89914640C8D90868B6A0D8103847A733
Router#

次に、ドメイン内のすべての VTP デバイスの情報を表示する例を示します。

Router# show vtp devices
Gathering information from the domain, please wait.
VTP Database Conf switch ID      Primary Server Revision  System Name
             lict 
------------ ---- -------------- ------------------------ ------------------
VLAN         Yes  00b0.8e50.d000 000c.0412.6300 12354     main.cisco.com
MST          No   00b0.8e50.d000 0004.AB45.6000 24        main.cisco.com
VLAN         Yes  000c.0412.6300=000c.0412.6300 67        querty.cisco.com

下の表で、この出力で表示される重要なフィールドについて説明しています。

表 5 show vtp devices のフィールドの説明

フィールド

説明

VTP Database

各サーバの機能(データベース)タイプ(VLAN または MST)が表示されます。

Conflict

サーバが機能についてローカル サーバと矛盾している場合には、このカラムに「Yes」が表示されます。 同じドメインの 2 台のデバイスが特定のデータベースに対して同じプライマリ サーバを持たない場合に競合が検出されます。

Switch ID

サーバの MAC アドレス。

Primary Server

[Switch ID] カラムで特定されたデバイスのプライマリ サーバの MAC アドレス。 デバイスが発信されたデータベースで設定されている場合、[Primary Server] フィールドと [Switch ID] フィールドの間に等号(=)が表示されます。

Revision

VTP データベースのリビジョン番号。

System Name

より簡単にシステムを識別するための文字列。

関連コマンド

コマンド

説明

clear vtp counters

VTP およびプルーニング カウンタをクリアします。

vtp

VTP モードを設定します。

shutdown vlan

指定された VLAN 上でローカル トラフィックを遮断するには、グローバル コンフィギュレーション モードで shutdownvlan コマンドを使用します。 VLAN のローカル トラフィックを再開するには、このコマンドの no 形式を使用します。

shutdown vlan vlan-id

no shutdown vlan vlan-id

構文の説明

vlan-id

ローカルに遮断する VLAN の VLAN 番号。有効値は 2 ~ 1001 です。

コマンド デフォルト

指定された VLAN 上のローカル トラフィックはシャット ダウンされていません。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、拡張範囲 VLAN をサポートしません。

次の例では、VLAN 2 のトラフィックをシャットダウンする方法を示します。

Router(config)# 
shutdown vlan 2

spanning-tree backbonefast

BackboneFast をイネーブルにして、スイッチ上のブロックされたポートを即座にリスニング モードに切り替えられるようにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treebackbonefast コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree backbonefast

no spanning-tree backbonefast

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

BackboneFast はディセーブルです。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.1(6)EA2

このコマンドが導入されました。

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(15)ZJ

このコマンドが、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータで実装されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Cisco IOS Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.3(4)T

このコマンドは、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータ上の Cisco IOS Release 12.3(4)T に統合されました。

使用上のガイドライン

イーサネット スイッチ ネットワーク モジュールを含む Cisco ルータすべてで BackboneFast をイネーブルにする必要があります。 BackboneFast は、スパニングツリーのトポロジ変更後、ネットワーク バックボーンに高速コンバージェンスを提供します。 これにより、スイッチは間接リンク障害を検出し、通常のスパニングツリー ルールを使用している場合よりも早く、スパニングツリーの再設定を開始できるようになります。

設定を確認するには、showspanning-tree 特権 EXEC コマンドを使用します。

次に、スイッチで BackboneFast をイネーブルにする例を示します。

Router(config)# spanning-tree backbonefast

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree

スパニングツリー ステートに関する情報を表示します。

spanning-tree bpdufilter

インターフェイス上でブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)フィルタリングをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで spanning-treebpdufilter コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree bpdufilter { enable | disable }

no spanning-tree bpdufilter

構文の説明

enable

インターフェイスでの BPDU フィルタリングをイネーブルにします。

disable

インターフェイスでの BPDU フィルタリングをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

spanning-treeportfastbpdufilterdefault コマンドを入力したときに、すでに設定されていた設定です。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン


注意    


spanning-treebpdufilterenable コマンドを入力する場合は、慎重に行ってください。 インターフェイス上で BPDU フィルタリングをイネーブルにすることは、このインターフェイスのスパニングツリーをディセーブルにすることと類似しています。 このコマンドを正しく使用しない場合、ブリッジング ループが発生する可能性があります。


spanning-treebpdufilterenable コマンドを入力して BPDU フィルタリングをイネーブルにすると、PortFast 設定が無効になります。

すべてのサービス プロバイダー エッジ スイッチにレイヤ 2 プロトコル トンネリングを設定する場合は、spanning-treebpdufilterenable コマンドを入力して、802.1Q トンネル ポート上でスパニングツリー BPDU フィルタリングをイネーブルにする必要があります。

BPDU フィルタリングにより、ポートは BPDU を送受信できなくなります。 この設定は、インターフェイスがトランキングであるかどうかに関係なく、そのインターフェイス全体に適用できます。 このコマンドには次の 3 つの状態があります。

  • spanning-tree bpdufilter enable:インターフェイス上で BPDU フィルタリングが無条件でイネーブルになります。
  • spanning-tree bpdufilter disable:インターフェイス上で BPDU フィルタリングが無条件でディセーブルになります。
  • no spanning-tree bpdufilter:インターフェイスが PortFast 動作ステートにある場合、および spanning-treeportfastbpdufilterdefault コマンドを設定する場合、インターフェイス上で BPDU フィルタリングがイネーブルになります。

PortFast 用に設定済みのすべてのポートで BPDU フィルタリングをイネーブルにするには、spanning-treeportfastbpdufilterdefault コマンドを使用します。

次に、現在のインターフェイス上で BPDU フィルタリングをイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# spanning-tree bpdufilter enable
Router(config-if)# 

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree

スパニングツリー ステートに関する情報を表示します。

spanning-tree portfast bpdufilter default

すべての PortFast ポートで、BPDU フィルタリングをデフォルトでイネーブルにします。

spanning-tree bpduguard

インターフェイス上でブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)ガードをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで spanning-treebpduguard コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree bpduguard { enable | disable }

no spanning-tree bpduguard

構文の説明

enable

インターフェイス上での BPDU ガードをイネーブルにします。

disable

インターフェイス上での BPDU ガードをディセーブルにします。

コマンド デフォルト

spanning-treeportfastbpduguarddefault コマンドを入力したときに、すでに設定されていた設定です。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

BPDU ガードを使用すると、ポートは BPDU を受信できなくなります。 通常、この機能は、アクセス ポートがスパニングツリーに参加しないようにネットワーク管理者によって設定されるサービスプロバイダーの環境で使用されます。 ポートが引き続き BPDU を受信する場合は、保護対策としてポートが error-disabled ステートに置かれます。 このコマンドには次の 3 つの状態があります。

  • spanning-tree bpduguard enable:インターフェイス上で BPDU ガードが無条件にイネーブルになります。
  • spanning-tree bpduguard disable:インターフェイス上で BPDU ガードが無条件にディセーブルになります。
  • no spanning-tree bpduguard:インターフェイスが PortFast 動作ステートにある場合、および spanning-treeportfastbpduguarddefault コマンドが設定されている場合、インターフェイス上で BPDU ガードがイネーブルになります。

次の例では、インターフェイス上で BPDU ガードをイネーブルにする方法を示します。

Router(config-if)# spanning-tree bpduguard enable
Router(config-if)# 

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree

スパニングツリー ステートに関する情報を表示します。

spanning-tree portfast bpduguard default

すべての PortFast ポートで、BPDU ガードをデフォルトでイネーブルにします。

spanning-tree cost

スパニングツリー プロトコル(STP)計算に使用するインターフェイスのパス コストを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで spanning-treecost コマンドを使用します。 デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree cost cost

no spanning-tree cost

構文の説明

cost

パス コスト。有効値は Cisco IOS Release 12.1(3a)E 以降のリリースについては 1 ~ 200000000、Cisco IOS Release 12.1(3a)E 以前の Cisco IOS については 1 ~ 65535 です。

コマンド デフォルト

デフォルト パス コストは、インターフェイスの帯域幅設定から計算されます。デフォルト パス コストは次のとおりです。

イーサネット:100 16 Mb トークン リング:62 FDDI:10 FastEthernet:10 ATM 155:6 GigibitEthernet:1 HSSI:647

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.0(7)XE

このコマンドは、Catalyst 6000 ファミリ スイッチに追加されました。

12.1(3a)E

このコマンドは、32 ビット パス コストをサポートするために変更されました。

12.2(2)XT

このコマンドは、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータで導入されました。

12.2(8)T

このコマンドは、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータ上の Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

引数 cost の値を指定する場合、値が大きいほどコストは高くなります。 指定されたプロトコル タイプに関係なく、この値が適用されます。

次に、インターフェイスにアクセスし、このインターフェイスに関連するスパニングツリー VLAN にパス コスト値 250 を設定する例を示します。

Router(config)# interface ethernet 2/0
Router(config-if)# spanning-tree cost 250

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning -tree

指定されたスパニングツリー インスタンスのスパニングツリー情報を表示します。

spanning -treeport-priority

2 つのブリッジがルート ブリッジとなるために競合している場合に、インターフェイスにプライオリティを設定します。

spanning-tree portfast(グローバル)

リンクがアップした時点で、インターフェイスがタイマーの経過を待たずにただちにフォワーディング ステートに移行した場合に、PortFast モードをイネーブルにします。

spanning-tree portfast(インターフェイス)

リンクがアップした時点で、インターフェイスがタイマーの経過を待たずにただちにフォワーディング ステートに移行した場合に、PortFast モードをイネーブルにします。

spanning -treeuplinkfast

UplinkFast 機能をイネーブルにします。

spanning -treevlan

STP を VLAN 単位で設定します。

spanning-tree etherchannel guard misconfig

チャネルの設定ミスによるループが検出された場合に、エラー メッセージを表示するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treeetherchannelguardmisconfig コマンドを使用します。 エラー メッセージをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree etherchannel guard misconfig

no spanning-tree etherchannel guard misconfig

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

エラー メッセージが表示されます。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

EtherChannel はポート集約プロトコル(PAgP)、または Link Aggregation Control Protocol(LACP)を使用し、インターフェイスの EtherChannel モードが channel-group group-number mode on コマンドを使用してイネーブル化されている場合は機能しません。

spanning-treeetherchannelguardmisconfig コマンドは、設定ミスと接続ミスの 2 種類のエラーを検出します。 設定ミス エラーは、ポートチャネルと個別のポート間のエラーです。 接続ミス エラーは、エラーを検出できないほどたくさんのポートをチャネリングしているポートと、エラーを検出するには不十分なスパニングツリー プロトコル(STP)ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)を使用しているスイッチ間のエラーです。 この場合、スイッチが非ルート スイッチのとき EtherChannel をエラー ディセーブルにするだけです。

EtherChannel ガードの設定ミスが検出されると、次のエラー メッセージが表示されます。

msgdef(CHNL_MISCFG, SPANTREE, LOG_CRIT, 0, “Detected loop due to etherchannel misconfiguration of %s %s”)

設定ミスに関連するローカル ポートを判別するには、showinterfacesstatuserr-disabled コマンドを入力します。 リモート装置の EtherChannel 設定を調べるには、リモート装置上で showetherchannelsummary コマンドを入力します。

設定を修正したら、対応付けられたポートチャネル インターフェイス上で shutdown コマンドと noshutdown コマンドを入力します。

次に、EtherChannel ガードの設定ミス機能をイネーブルにする例を示します。

Router(config)# spanning-treeetherchannelguardmisconfig

Router(config)#

関連コマンド

コマンド

説明

show etherchannel summary

チャネルの EtherChannel 情報を表示します。

show interfaces status err-disabled

インターフェイス ステータスを表示したり、LAN ポートで errdisable ステートにあるインターフェイスだけのリストを表示したりします。

shutdown

インターフェイスをディセーブルにします。

spanning-tree extend system-id

1024 個の MAC(メディア アクセス コントロール)アドレスをサポートするシャーシ上で拡張システム ID 機能をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treeextendsystem-id コマンドを使用します。 拡張システム ID をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree extend system-id

no spanning-tree extend system-id

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

1024 個の MAC アドレスを提供しないシステム上でイネーブルです。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

Cisco 7600 シリーズ ルータは、64 個または 1024 個の MAC アドレスをサポートできます。 64 個の MAC アドレスを持つ Cisco 7600 シリーズ ルータの場合、STP は拡張システム ID と MAC アドレスを使用して、VLAN ごとに一意のブリッジ ID を作成します。

64 個の MAC アドレスをサポートする Cisco 7600 シリーズ ルータでは、拡張システム ID をディセーブルにできません。

拡張システム ID をイネーブルまたはディセーブルにすると、すべてのアクティブなスパニングツリー プロトコル(STP)インスタンスのブリッジ ID が更新されるため、これによってスパニングツリー トポロジーが変更される場合があります。

次に、拡張システム ID をイネーブルにする例を示します。

Router(config)# spanning-tree extend system-id 
Router(config)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree

スパニングツリー ステートに関する情報を表示します。

spanning-tree guard

ガード モードをイネーブルまたはディセーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで spanning-treeguard コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree guard { loop | root | none }

no spanning-tree guard

構文の説明

loop

インターフェイスでループ ガード モードをイネーブルにします。

root

インターフェイスでルートガード モードをイネーブルにします。

none

ガード モードを None に設定します。

コマンド デフォルト

ガード モードはディセーブルです。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

次の例では、ルート ガードをイネーブルにする方法を示します。

Router(config-if)# spanning-tree guard root
Router(config-if)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree

スパニングツリー ステートに関する情報を表示します。

spanning-tree loopguard default

所定のブリッジのすべてのポート上でデフォルトとしてループ ガードをイネーブルにします。

spanning-tree link-type

ポートにリンク タイプを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで spanning-treelink-type コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree link-type { point-to-point | shared }

no spanning-tree link-type

構文の説明

point-to-point

インターフェイスがポイントツーポイント リンクになるように指定します。

shared

インターフェイスが共有メディアになるように指定します。

コマンド デフォルト

リンク タイプは、明示的に設定しなければ、デュプレックス設定から自動的に生成されます。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

高速スパニングツリー プロトコル+(RSTP+)高速トランジションが機能するのは、2 つのブリッジ間のポイントツーポイント リンク上だけです。

デフォルトでは、スイッチはデュプレックス モードからポートのリンク タイプを判断します。 つまり、全二重ポートはポイントツーポイント リンクと見なされ、半二重設定は共有リンク上にあると見なされます。

ポートを共有リンクとして指定した場合は、デュプレックス設定に関係なく、RSTP+ 高速トランジションは禁止されます。

次に、ポートを共有リンクとして設定する例を示します。

Router(config-if)# spanning-tree link-type shared
Router(config-if)# 

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree interface

スパニングツリー ステートに関する情報を表示します。

spanning-tree loopguard default

指定されたブリッジのすべてのポート上でループ ガードをデフォルトでイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treeloopguarddefault コマンドを使用します。 ループ ガードをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree loopguard default

no spanning-tree loopguard default

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

ループ ガードはディセーブルです。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

ループ ガードを使用すると、ブリッジ ネットワークのセキュリティが向上します。 また、単一方向リンクの原因となる障害によって代替ポートまたはルート ポートが指定ポートとして使用されることがなくなります。

ループ ガードが動作するのは、スパニングツリーがポイントツーポイントと見なすポート上だけです。

ループガード ポートを個別に設定すると、このコマンドが上書きされます。

次に、ループ ガードをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# 
spanning-tree loopguard default
Router(config)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree

スパニングツリー ステートに関する情報を表示します。

spanning-tree guard

ガード モードをイネーブルまたはディセーブルにします。

spanning-tree mst

任意のマルチ スパニングツリー(MST)インスタンス(インスタンス ID 0 の Common and Internal Spanning Tree(CIST)を含む)のパス コストおよびポート プライオリティ パラメータを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで spanning-treemst コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree mst instance-id { { cost cost | port-priority priority } | pre-standard }

no spanning-tree mst instance-id { { cost | port-priority } | pre-standard }

構文の説明

instance-id

インスタンス ID 番号です。有効値の範囲は 0 ~ 15 です。

cost cost

インスタンスのパス コストを指定します。有効値は 1 ~ 200000000 です。

port-priority priority

インスタンスのポート プライオリティを指定します。有効値は 0 ~ 240 で、増分は 16 です。

pre-standard

インターフェイスで、先行標準の MST BPDU 伝送を設定します。

コマンド デフォルト

デフォルトの設定は次のとおりです。

  • cost は、ポート速度に応じて変わります。インターフェイス速度が速いほどコストは小さくなります。 MST は、常にロング パス コストを使用します。
  • priority128 です。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

cost cost の値が大きいほど、コストは高くなります。 cost 値を入力する場合は、カンマを含めないでください。たとえば、1,000 ではなく、1000 と入力します。

port-priority priority 値が大きいほど、プライオリティは低くなります。

次に、インターフェイス パス コストを設定する例を示します。

Router(config-if)# 
spanning-tree mst 0 cost 17031970
Router(config-if)# 

次に、インターフェイス プライオリティを設定する例を示します。

Router(config-if)# 
spanning-tree mst 0 port-priority 64
Router(config-if)# 

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree port-priority

2 つのブリッジがルート ブリッジとなるために競合している場合に、インターフェイスにプライオリティを設定します。

spanning-tree mst configuration

MST コンフィギュレーション サブモードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treemstconfiguration コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree mst configuration

no spanning-tree mst configuration

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、マルチ スパニングツリー(MST)の設定値がすべてのパラメータのデフォルト値になります。

  • VLAN はどの MST インスタンスにもマッピングされません(すべての VLAN は Common and Internal Spanning Tree(CIST)インスタンスにマッピングされます)。
  • 領域名は空の文字列になります。
  • リビジョン番号は 0 です。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

Cisco IOS XE Release XE 3.7S

このコマンドが、Cisco IOS XE Release XE 3.7S に統合されました。

使用上のガイドライン

MST コンフィギュレーションは、次の 3 つの主要パラメータから構成されます。

  • インスタンス VLAN マッピング:instance コマンドを参照してください。
  • リージョン名:name(MST コンフィギュレーション サブモード)コマンドを参照してください。
  • コンフィギュレーション リビジョン番号:revision コマンドを参照してください。

abort および exit コマンドを使用すると、MST コンフィギュレーション サブモードを終了できます。 これら 2 つのコマンドの違いは、変更内容を保存するかどうかです。

exit コマンドは、MST コンフィギュレーション サブモードを終了する前に、すべての変更内容をコミットします。 セカンダリ VLAN が、対応付けられたプライマリ VLAN と同じインスタンスにマッピングされていない場合に、MST コンフィギュレーション サブモードを終了すると、警告メッセージが表示され、対応付けられたプライマリ VLAN と同じインスタンスにマッピングされていないセカンダリ VLAN が一覧表示されます。 警告メッセージは次のとおりです。

These secondary vlans are not mapped to the same instance as their primary:
-> 3

abort コマンドは、変更を実行しないで、MST コンフィギュレーション サブモードを終了します。

MST コンフィギュレーション サブモード パラメータを変更すると、接続損失が発生する可能性があります。 サービスの中断を減らすには、MST コンフィギュレーション サブモードを開始する場合、現在の MST コンフィギュレーションのコピーを変更します。 コンフィギュレーションの編集が終了したら、exit キーワードを使用してすべての変更内容を一度に適用するか、または abort キーワードを使用して変更をコンフィギュレーションにコミットせずにサブモードを終了します。

2 名のユーザがまったく同時に新しいコンフィギュレーションを実行することは通常ありませんが、その場合は次の警告メッセージが表示されます。

% MST CFG:Configuration change lost because of concurrent access

次に、MST コンフィギュレーション サブモードを開始する例を示します。

Device(config)# spanning-tree mst configuration
Device(config-mst)# 

次に、MST コンフィギュレーションをデフォルト設定にリセットする例を示します。

Device(config)# no spanning-tree mst configuration
Device(config)# 

関連コマンド

コマンド

説明

instance

VLAN または VLAN セットを MST インスタンスにマッピングします。

name(MST)

MST リージョンの名前を設定します。

revision

MST コンフィギュレーションのリビジョン番号を設定します。

show

MST コンフィギュレーションを確認します。

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree mst forward-time

Cisco 7600 シリーズ ルータ上のすべてのインスタンスの転送遅延タイマーを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treemstforward-time コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree mst forward-time seconds

no spanning-tree mst forward-time

構文の説明

seconds

Cisco 7600 シリーズ ルータのすべてのインスタンスの転送遅延タイマーの設定秒数。有効値は、4 ~ 30 秒です。

コマンド デフォルト

seconds15 です。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

次に、転送遅延タイマーを設定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree mst forward-time 20

Router(config)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree mst hello-time

Cisco 7600 シリーズ ルータ上のすべてのインスタンスのハロータイム遅延タイマーを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treemsthello-time コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree mst hello-time seconds

no spanning-tree mst hello-time

構文の説明

seconds

Cisco 7600 シリーズ ルータのすべてのインスタンスのハロータイム遅延タイマーの設定秒数。有効値は、1 ~ 10 秒です。

コマンド デフォルト

2

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

hello-time 値を指定しない場合は、ネットワークの直径から値が計算されます。

次に、ハロータイム遅延タイマーを設定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree mst hello-time 3

Router(config)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree mst max-age

Cisco 7600 シリーズ ルータ上のすべてのインスタンスの最大経過時間タイマーを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treemstmax-age コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree mst max-age seconds

no spanning-tree mst max-age

構文の説明

seconds

Cisco 7600 シリーズ ルータのすべてのインスタンスの最大経過時間タイマーの設定秒数。有効値は、6 ~ 40 秒です。

コマンド デフォルト

20

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

次に、最大経過時間タイマーを設定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree mst max-age 40

Router(config)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree mst max-hops

ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)が廃棄されるまでのリージョンの最大ホップ カウントを指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treemstmax-hops コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree mst max-hops hopnumber

no spanning-tree mst max-hops

構文の説明

hopnumber

BPDU が廃棄されるまでのリージョンの最大ホップ カウントを指定します。有効値は、1 ~ 255 ホップです。

コマンド デフォルト

20 ホップ

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(18)SXF

このコマンドで使用できる最大ホップ カウントが 40 から 255 に増やされました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

次に、許容されるホップ数を設定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree mst max-hops 25

Router(config)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree mst pre-standard

先行標準のブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)だけを送信するようにポートを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで spanning-treemstpre-standard コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree mst pre-standard

no spanning-tree mst pre-standard

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、先行標準ネイバーを自動的に検出します。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(18)SXF

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

デフォルト設定であっても、ポートは先行標準および標準 BPDU の両方を受信できます。

先行標準 BPDU は、IEEE 標準が完成する前に作成された Cisco IOS マルチ スパニングツリー(MST)実装に基づいています。 標準 BPDU は、最終 IEEE 標準に基づいています。

先行標準の BPDU だけを送信するようにポートを設定する場合、先行標準フラグが showspanning-tree コマンドに表示されます。 先行標準フラグの種類は次のとおりです。

  • Pre-STD または pre-standard(長形式):ポートが先行標準 BPDU を送信するように設定されている場合、およびこのインターフェイス上で先行標準ネイバー ブリッジが検出された場合に、このフラグが表示されます。
  • Pre-STD-Cf または pre-standard (config)(長形式):先行標準 BPDU を送信するようにポートを設定し、そのポートで先行標準 BPDU が受信されない場合、自動検出メカニズムが失敗した場合、または先行標準ネイバーが存在しない場合に設定が間違っている場合、このフラグが表示されます。
  • Pre-STD-Rx または pre-standard (rcvd)(長形式):先行標準 BPDU がポートで受信され、先行標準 BPDU を送信するようにポートを設定していない場合に、このフラグが表示されます。 ポートは先行標準 BPDU を送信しますが、先行標準ネイバーとのやりとりを自動検出メカニズムだけに依存しないようにポートの設定を変更することを推奨します。

MST の設定が先行標準に適合しない場合(インスタンス ID が 15 より大きい場合)、ポート上の STP の設定に関係なく、標準 MST BPDU だけが送信されます。

次に、先行標準 BPDU だけを送信するようにポートを設定する例を示します。

Router(config-if)# spanning-tree mst pre-standard
Router(config-if)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree mst priority

インスタンスのブリッジ プライオリティを設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treemstpriority コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree mst instance priority priority

no spanning-tree mst priority

構文の説明

instance

インスタンス ID 番号を指定します。有効値は 0 ~ 4094 です。

priority priority

ブリッジ プライオリティを指定します。有効値および追加情報については、「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

コマンド デフォルト

priority 32768 です。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

使用上のガイドライン

ブリッジ プライオリティは、4096 ずつ増分して設定できます。 プライオリティを設定する場合、有効値は 040968192122881638420480245762867232768368644096045056491525324857344、および61440 です。

スイッチをルートにする場合は、priority0 に設定します。

instance は、単一インスタンスまたはインスタンス範囲(0 ~ 3、5、7 ~ 9 など)として入力できます。

次に、ブリッジ プライオリティを設定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree mst 0 priority 4096
Router(config)# 

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree mst root

プライマリおよびセカンダリ ルート スイッチを指定して、インスタンスのタイマー値を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treemstroot コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree mst instance root { primary | secondary } [ diameter diameter [ hello-time seconds ] ]

no spanning-tree mst instance root

構文の説明

instance

インスタンス ID 番号を指定します。有効値は 0 ~ 4094 です。

primary

スパニングツリー インスタンスのルートに設定するのに十分高いプライオリティ(小さい値)を指定します。

secondary

プライマリ ルートに障害が発生した場合に、セカンダリ ルートとなるようにスイッチを指定します。

diameter diameter

(任意)ネットワーク直径に基づくルート スイッチのタイマー値を指定します。有効値は、1 ~ 7 です。

hello-time seconds

(任意)ルート スイッチが設定メッセージを生成する間隔を指定します。

コマンド デフォルト

spanning-tree mst root コマンドにデフォルト設定はありません。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

使用上のガイドライン

instance は、単一インスタンスまたはインスタンス範囲(0 ~ 3、5、7 ~ 9 など)として入力できます。

spanning-treemstrootsecondary 値は 16384 です。

diameterdiameter および hello-timeseconds キーワードおよび引数は、インスタンス 0 だけに使用できます。

seconds 引数を指定しない場合、この引数の値はネットワークの直径から計算されます。

次に、インスタンスのプライマリ ルート スイッチおよびタイマー値を指定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree mst 0 root primary diameter 7 hello-time 2
Router(config)# spanning-tree mst 5 root primary
Router(config)# 

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree portfast(インターフェイス)

リンクがアップした時点で、インターフェイスがタイマーの経過を待たずにただちにフォワーディング ステートに移行した場合に、PortFast モードをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで spanning-treeportfast コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree portfast

spanning-tree portfast { disable | edge [trunk] | network | trunk }

no spanning-tree portfast

構文の説明

disable

インターフェイスの PortFast をディセーブルにします。

edge

インターフェイスの PortFast エッジ モードをイネーブルにします。

network

インターフェイスの PortFast ネットワーク モードをイネーブルにします。

trunk

トランク モードの場合でも、インターフェイスの PortFast をイネーブルにします。

コマンド デフォルト

これは、spanning-treeportfastdefault コマンドにより設定されます。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.2(33)SXI

edge [trunk] と network のキーワードが追加されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、エンド ステーションに接続されているインターフェイスだけに使用してください。偶発的なトポロジ ループが原因でデータ パケット ループが発生し、Cisco 7600 シリーズ ルータおよびネットワークの動作が妨げられることがあります。

リンクがアップすると、PortFast モードがイネーブルに設定されたインターフェイスは標準の転送遅延時間の経過を待たずに、ただちにスパニングツリー フォワーディング ステートに移行します。

nospanning-treeportfast コマンドを使用するときは注意してください。 このコマンドは、spanning-treeportfastdefault コマンドがイネーブルの場合は、PortFast をディセーブルにしません。

このコマンドには次の状態があります。

  • spanning-tree portfast:このコマンドは、特定のポート上で PortFast を無条件にイネーブルにします。
  • spanning-tree portfast disable:このコマンドは、特定のポートで PortFast を明示的にディセーブルにします。 このコンフィギュレーション行はデフォルトでないため、実行コンフィギュレーションに含まれます。
  • spanning-tree portfast edge:このコマンドを使用すると、特定のポートに PortFast エッジ モードを設定できます。
  • spanning-tree portfast network:このコマンドを使用すると、特定のポートに PortFast ネットワーク モードを設定できます。
  • spanning-tree portfast [edge] trunk:このコマンドを使用すると、トランク ポートに PortFast を設定できます。 Cisco IOS Release 12.2(33)SXI 以降のリリースでは、trunkedge キーワードが必要です。

(注)  


spanning-treeportfasttrunk コマンドを入力すると、アクセス モードの場合でも、ポートは PortFast に対応するように設定されます。


  • no spanning-tree portfastspanning-treeportfastdefault コマンドをグローバル コンフィギュレーション モードで定義する場合、およびポートがトランク ポートでない場合に、PortFast を暗黙的にイネーブルにします。 PortFast をグローバルに設定しない場合、nospanning-treeportfast コマンドは spanning-treeportfastdisable コマンドと同様に機能します。

次に、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI よりも前のリリースで PortFast モードをイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# 
spanning-tree portfast
Router(config-if)#

次に、Cisco IOS Release 12.2(33)SXI 以降のリリースで PortFast エッジ モードをイネーブルにする例を示します。

Router(config-if)# 
spanning-tree portfast edge
Router(config-if)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree

スパニングツリー ステートに関する情報を表示します。

spanning-tree portfast default

すべてのアクセス ポート上で PortFast をデフォルトでイネーブルにします。

spanning-tree port-priority

2 つのブリッジがルート ブリッジとなるために競合している場合に、インターフェイスにプライオリティを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで spanning-treeport-priority コマンドを使用します。 デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree port-priority port-priority

no spanning-tree port-priority

構文の説明

port -priority

ポートのプライオリティ。有効値は 2 ~ 255 です。 デフォルトは 128 です。

コマンド デフォルト

port priority は 128 です。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.0(7)XE

このコマンドが、Catalyst 6000 シリーズ スイッチに追加されました。

12.2(2)XT

このコマンドが、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータで実装されました。

12.2(8)T

このコマンドは、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータ上の Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

設定されたプライオリティによって、差が生じます。

次に、インターフェイス イーサネット 2/0 のルート ブリッジとしてスパニングツリー インスタンス 20 が選択される可能性を高める例を示します。

Router(config)# interface ethernet 2/0
Router(config-if)# spanning-tree port-priority 20
Router(config-if)#

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning -tree

指定されたスパニングツリー インスタンスのスパニングツリー情報を表示します。

spanning -treecost

STP 計算に使用するインターフェイスのパス コストを設定します。

spanning-tree mst

任意の MST インスタンス(インスタンス ID 0 の CIST を含む)のパス コストおよびポート プライオリティ パラメータを設定します。

spanning-tree portfast(グローバル)

リンクがアップした時点で、インターフェイスがタイマーの経過を待たずにただちにフォワーディング ステートに移行した場合に、PortFast モードをイネーブルにします。

spanning-tree portfast(インターフェイス)

リンクがアップした時点で、インターフェイスがタイマーの経過を待たずにただちにフォワーディング ステートに移行した場合に、PortFast モードをイネーブルにします。

spanning -treeuplinkfast

UplinkFast 機能をイネーブルにします。

spanning -treevlan

STP を VLAN 単位で設定します。

spanning-tree transmit hold-count

送信ホールド カウントを指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treetransmithold-count コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree transmit hold-count value

no spanning-tree transmit hold-count

構文の説明

value

一時停止するまで 1 秒間に送信されるブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)の数。有効値は、1 ~ 20 です。

コマンド デフォルト

value 6 です。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(18)SXF

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、すべてのスパニングツリー モードでサポートされています。

送信ホールド カウントは、一時停止するまで 1 秒間に送信される BPDU の数を決定します。


(注)  


このパラメータをより高い値に変更すると、特に高速 Per-VLAN Spanning Tree(PVST)モードで、CPU 利用率に重大な影響を与える可能性があります。 このパラメータを低い値に設定すると、一部のシナリオでコンバージェンスが低速になる可能性があります。 デフォルト設定から値を変更しないことを推奨します。


value 設定を変更する場合は、showrunning-config コマンドを入力して、変更内容を確認します。

コマンドを削除する場合は、showspanning-treemst コマンドを使用して、削除内容を確認します。

次に、送信ホールド カウントを指定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree transmit hold-count 8
Router(config)# 

関連コマンド

コマンド

説明

show running-config

モジュールまたはレイヤ 2 VLAN のステータスおよび設定を表示します。

show spanning-tree mst

MST プロトコルに関する情報を表示します。

spanning-tree uplinkfast

UplinkFast をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treeuplinkfast コマンドを使用します。 UplinkFast をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree uplinkfast [ max-update-rate packets-per-second ]

no spanning-tree uplinkfast [max-update-rate]

構文の説明

max-update-rate packets-per-second

(任意)更新パケットの最大送信速度(パケット/秒)を指定します。有効値の範囲は 0 ~ 65535 です。

コマンド デフォルト

デフォルトの設定は次のとおりです。

  • UplinkFast はディセーブルです。
  • packets-per-second は 150 パケット/秒です。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、アクセス スイッチ上だけで使用します。

UplinkFast が設定されている場合、このスイッチがルートとして選択されないように、ブリッジ プライオリティは 49152 に変更されます。 指定されたスパニングツリー インスタンスに属するすべてのスパニングツリー インターフェイスのインターフェイス パス コストも、すべて 3000 ずつ増やされます。

ルート インターフェイスの障害がスパニングツリーで検出されると、UplinkFast 機能はただちに代替ルート インターフェイスに切り替えて、新しいルート インターフェイスを直接フォワーディング ステートに移行させます。 この間、トポロジ変更通知が送信されます。 トポロジーの変更による中断を最小限にするため、元のルート インターフェイスに対応付けられたアドレスを除き、転送元ブリッジのステーション アドレスごとに、マルチキャスト パケットが 01-00-0C-CD-CD-CD に送信されます。

spanning-treeuplinkfastmax-update-rate コマンドを使用すると、UplinkFast がイネーブルになり(まだイネーブルでない場合)、更新パケットの送信速度が変更されます。 デフォルトの速度に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

次の例では、UplinkFast をイネーブルにして、最大速度を 200 パケット/秒に設定する方法を示します。

Router(config)#
 spanning-tree uplinkfast max-update-rate 200
Router(config)#
 

関連コマンド

コマンド

説明

show spanning-tree

スパニングツリー ステートに関する情報を表示します。

spanning-tree vlan

仮想 LAN(VLAN)単位でスパニングツリー プロトコル(STP)を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで spanning-treevlan コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

spanning-tree vlan vlan-id [ forward-time seconds | hello-time seconds | max-age seconds | priority priority | protocol protocol | [ root { primary | secondary } [ diameter net-diameter [ hello-time seconds ] ] ] ]

no spanning-tree vlan vlan-id [ forward-time | hello-time | max-age | priority | protocol | root ]

構文の説明

vlan id

VLAN ID 番号。有効値は 1 ~ 1005 です。 Cisco IOS Release 12.4(15)T 以降、有効な VLAN ID の範囲は 1 ~ 4094 です。

forward -timeseconds

(任意)STP 転送遅延時間を設定します。有効値は 4 ~ 30 秒です。

hello -timeseconds

(任意)ルート スイッチで生成されるコンフィギュレーション メッセージの間隔(秒数)を指定します。有効値は 1 ~ 10 秒です。

max -ageseconds

(任意)ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)内の情報が有効である最大期間(秒数)を設定します。有効値は 6 ~ 40 秒です。

priority priority

(任意)STP ブリッジ プライオリティを設定します。有効値は 0 ~ 65535 です。

protocol protocol

(任意)STP を設定します。 有効値の一覧については「使用上のガイドライン」の項を参照してください。

root primary

(任意)このスイッチを強制的にルート ブリッジにします。

root secondary

(任意)プライマリ ルートに障害が発生した場合に、このスイッチがルート スイッチとして機能するように指定します。

diameter net -diameter

(任意)エンド ステーションの任意の 2 つの接続ポイント間に存在するブリッジの最大数を指定します。有効値は 2 ~ 7 です。

コマンド デフォルト

デフォルトは、次のとおりです。

  • forward-time:15 秒
  • hello-time:2 秒
  • max-age:20 秒
  • priority:IEEE STP がイネーブルの場合のデフォルトは 32768、STP がイネーブルの場合のデフォルトは 128 です。
  • protocol:IEEE
  • root:STP ルートなし

nospanning-treevlanxxroot コマンドを発行すると、次のパラメータがデフォルトにリセットされます。

  • priority:IEEE STP がイネーブルの場合のデフォルトは 32768、STP がイネーブルの場合のデフォルトは 128 です。
  • hello-time:2 秒
  • forward-time:15 秒
  • max-age:20 秒

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション(config)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.0(7)XE

このコマンドが、Catalyst 6000 シリーズ スイッチに追加されました。

12.1(1)E

Catalyst 6000 シリーズ スイッチにおけるこのコマンドのサポートが、Cisco IOS Release 12.1(1)E にまで拡張されました。

12.2(2)XT

このコマンドが、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータで実装されました。

12.2(8)T

このコマンドは、Cisco 2600 シリーズ、Cisco 3600 シリーズ、および Cisco 3700 シリーズ ルータ上の Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。

12.2(14)SX

このコマンドのサポートが Supervisor Engine 720 に追加されました。

12.2(17d)SXB

Supervisor Engine 2 上のこのコマンドのサポートが Cisco IOS Release 12.2(17d)SXB に拡張されました。

12.2(33)SRA

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(33)SRA に統合されました。

12.4(15)T

このコマンドは、指定されたプラットフォームに対する VLAN ID の有効範囲を 1 ~ 4094 に拡張するために修正されました。

使用上のガイドライン


注意    


no spanning-tree vlan vlan-id コマンドを使用して VLAN 上のスパニングツリーをディセーブルにするときは、VLAN のすべてのスイッチおよびブリッジのスパニングツリーがディセーブルになっていることを確認してください。 VLAN 内の一部のスイッチおよびブリッジのスパニングツリーをディセーブルにし、同じ VLAN 内の別のスイッチおよびブリッジのスパニングツリーをイネーブルにしておくことはできません。なぜなら、スパニングツリーがイネーブルになっているスイッチおよびブリッジは、ネットワークの物理トポロジについて不完全な情報しか持たないからです。



注意    


物理的なループの存在しないトポロジーであっても、スパニングツリーをディセーブルにすることは推奨しません。 スパニングツリーは誤設定やケーブル障害を防ぐ役割を果たします。 VLAN に物理ループが存在しないことを確認せずに、VLAN でスパニングツリーをディセーブルにしないでください。


max-ageseconds パラメータが設定されているときに、ブリッジが指定インターバル内にルート ブリッジからブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)を受信しない場合は、ネットワークが変更されていると見なされ、スパニングツリー トポロジが再計算されます。

protocol の有効値は dec(Digital STP)、ibm(IBM STP)、ieee(IEEE Ethernet STP)、および vlan-bridge(VLAN Bridge STP)です。

spanning-treerootprimary コマンドを入力すると、スイッチのブリッジ プライオリティが 8192 に変更されます。 spanning-treerootprimary コマンドを入力したにもかかわらず、スイッチがルート スイッチにならなかった場合は、このスイッチのブリッジ プライオリティが現在のブリッジのブリッジ プライオリティよりも 100 だけ小さい値に変更されます。 それでもスイッチがルートにならない場合は、エラーが発生します。

spanningtreerootsecondary コマンドを入力すると、スイッチのブリッジ プライオリティが 16384 に変更されます。 ルート スイッチに障害が発生した場合は、このスイッチが次のルート スイッチになります。

spanningtreeroot コマンドはバックボーン スイッチだけで使用します。

spanning-treeetherchannelguardmisconfig コマンドは、設定ミスと接続ミスの 2 種類のエラーを検出します。 設定ミス エラーは、ポートチャネルと個別のポート間のエラーです。 接続ミス エラーは、エラーを検出できないほどたくさんのポートをチャネリングしているポートと、エラーを検出するには不十分なスパニングツリー プロトコル(STP)ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)を使用しているスイッチ間のエラーです。 この場合、スイッチが非ルート スイッチのとき EtherChannel をエラー ディセーブルにするだけです。

次に、VLAN 200 でスパニングツリーをイネーブルにする例を示します。

Router(config)# spanning-tree vlan 200 

次に、スイッチを VLAN 10 のルート スイッチとして設定し、ネットワーク直径を 4 に設定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree vlan 10 root primary diameter 4

次に、スイッチを VLAN 10 のセカンダリ ルート スイッチとして設定し、ネットワーク直径を 4 に設定する例を示します。

Router(config)# spanning-tree vlan 10 root secondary diameter 4 

関連コマンド

コマンド

説明

spanning -treecost

STP 計算に使用するインターフェイスのパス コストを設定します。

spanning-tree etherchannel guard misconfig

チャネルの設定ミスによるループが検出されると、エラー メッセージが表示されます。

spanning -treeport-priority

2 つのブリッジがルート ブリッジとなるために競合している場合に、インターフェイスにプライオリティを設定します。

spanning -treeportfast(グローバル)

リンクがアップした時点で、インターフェイスがタイマーの経過を待たずにただちにフォワーディング ステートに移行した場合に、PortFast モードをイネーブルにします。

spanning-tree portfast(インターフェイス)

リンクがアップした時点で、インターフェイスがタイマーの経過を待たずにただちにフォワーディング ステートに移行した場合に、PortFast モードをイネーブルにします。

spanning -treeuplinkfast

UplinkFast 機能をイネーブルにします。

show spanning -tree

指定されたスパニングツリー インスタンスのスパニングツリー情報を表示します。

storm-control

ポート上でブロードキャスト、マルチキャスト、またはユニキャスト ストーム制御をイネーブルにするか、またはポート上でストームが発生した場合のアクションを指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで storm-control コマンドを使用します。 ブロードキャスト、マルチキャスト、またはユニキャスト トラフィックのストーム制御をディセーブルにするか、または指定のストーム制御アクションをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

storm-control { { broadcast | multicast | unicast } level level | action { shutdown | trap } }

no storm-control { { broadcast | multicast | unicast } level | action { shutdown | trap } }

構文の説明

broadcast

ポート上でブロードキャスト ストーム制御をイネーブルにします。

multicast

ポート上でマルチキャスト ストーム制御をイネーブルにします。

unicast

ポート上でユニキャスト ストーム制御をイネーブルにします。

level level

上限抑制レベルと下限抑制レベルを定義します。

  • level:合計帯域幅の割合で示される上限抑制レベル(小数点以下第 2 位まで)。 有効値は 0 ~ 100 です。 level に指定した値に到達すると、ストーム パケットのフラッディングがブロックされます。

action

ポート上でストームが発生した場合に実行するアクションを指定します。 デフォルト アクションは、トラフィックのフィルタリングです。

shutdown

ストームの間、ポートをディセーブルにします。

trap

簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)トラップを送信します。

コマンド デフォルト

ブロードキャスト、マルチキャスト、およびユニキャスト ストーム制御はディセーブルに設定されています。 デフォルト アクションは、トラフィックのフィルタリングです。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション(config-if)

コマンド履歴

リリース

変更内容

12.2(2)XT

このコマンドが導入されました。

12.2(8)T

スイッチポートの作成をサポートするために、このコマンドが Cisco IOS Release 12.2(8)T に統合されました。

12.2(15)ZJ

このコマンドが、Cisco IOS Release 12.2(15)ZJ に統合されました。

level level キーワードと引数のペアと action および shutdown キーワードが追加されました。

15.0(1)S

このコマンドが変更されました。 trap キーワードが追加されました。

15.1(1)SY

このコマンドが、Cisco IOS Release 15.1(1)SY に統合されました。

使用上のガイドライン

ポート上でブロードキャスト、マルチキャストまたはユニキャスト ストーム制御をイネーブルまたはディセーブルにするには、storm-control コマンドを使用します。 ストーム中にポートがディセーブルになったときは、no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してポートをイネーブルにします。

抑制レベルは、合計帯域幅に対する割合として入力されます。 100% の抑制値は、指定したトラフィック タイプに制限が設定されていないことを意味します。 このコマンドは、上限抑制レベルが 100% 未満の場合のみイネーブルになります。 他のストーム制御設定が指定されていない場合、デフォルト アクションは、ストームの原因となるトラフィックのフィルタリングです。

ストームが発生し、実行されるアクションがトラフィックのフィルタリングであり、下限抑制レベルが指定されていない場合、トラフィック レートが上限抑制レベルより低くなるまでネットワーク デバイスはすべてのトラフィックをブロックします。 下限抑制レベルが指定されている場合、トラフィック レートがこのレベルより低くなるまでネットワーク デバイスはトラフィックをブロックします。

アクションにトラフィックのフィルタリングが設定されている状態でマルチキャストまたはユニキャスト ストームが発生すると、すべてのトラフィック(ブロードキャスト、マルチキャストおよびユニキャスト トラフィック)がブロックされ、スパニングツリー プロトコル(STP)パケットのみが送信されます。

ブロードキャスト ストームが発生し、実行されるアクションがトラフィックのフィルタリングである場合、ネットワーク デバイスはブロードキャスト トラフィックだけをブロックします。

ブロードキャスト ストームが発生した場合、trap アクションを使用して SNMP トラップが送信されます。

次の例では、75.67% の上限抑制レベルのポートでブロードキャスト ストーム制御をイネーブルにする方法を示します。

Device(config-if)# storm-control broadcast level 75.67

次の例では、87% の上限抑制レベルのポートでマルチキャスト ストーム制御をイネーブルにする方法を示します。

Device(config-if)# storm-control multicast level 87 

次の例では、ポート上で shutdown アクションをイネーブルにする方法を示します。

Device(config-if)# storm-control action shutdown

次の例では、ポート上で shutdown アクションをディセーブルにする方法を示します。

Device(config-if)# no storm-control action shutdown

次の例では、ポート上で trap アクションをイネーブルにする方法を示します。

Device(config-if)# storm-control action trap

次の例では、ポート上で trap アクションをディセーブルにする方法を示します。

Device(config-if)# no storm-control action trap
 

関連コマンド

コマンド

説明

no shutdown

ポートをイネーブルにします。

show storm-control

パケット ストーム制御情報を表示します。

shutdown (インターフェイス)

インターフェイスをディセーブルにします。