システム管理コマンド リファレンス ガイド、Cisco IOS XE Release 3SE(Catalyst 3850 スイッチ)
Catalyst 3850 システム管理コマンド
Catalyst 3850 システム管理コマンド
発行日;2013/07/18   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

目次

Catalyst 3850 システム管理コマンド

このモジュールでは、次のコマンドについて説明します。

arp

アドレス解決プロトコル(ARP)テーブルの内容を表示するには、ブートローダ モードで arp コマンドを使用します。

arp [ip_address]

構文の説明

ip_address

(任意)ARP テーブルまたは特定の IP アドレスのマッピングを表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ARP テーブルには、IP アドレスと MAC アドレスのマッピングが含まれます。

次に、ARP テーブルを表示する例を示します。

Switch # arp 172.20.136.8
arp'ing 172.20.136.8...
172.20.136.8 is at 00:1b:78:d1:25:ae, via port 0

関連コマンド

コマンド

説明

set

コマンドに BOOT キーワードを追加して、特定のイメージを起動するように BOOT 環境変数を設定します。

boot

実行可能イメージをロードおよびブートして、コマンドライン インターフェイス(CLI)を開始するには、ブートローダ モードで boot コマンドを使用します。

boot [ flag ] filesystem:/file-url...

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには flash: を使用します。

/file-url

(任意)ブート可能イメージのパス(ディレクトリ)および名前です。 各イメージ名はセミコロンで区切ります。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

引数を何も指定しないで boot コマンドを入力した場合、スイッチは、BOOT 環境変数が設定されていればその中の情報を使用して、システムを自動的にブートしようとします。 file-url 変数にイメージ名を指定した場合、boot コマンドは指定されたイメージをブートしようとします。

ブートローダ boot コマンドのオプションを設定した場合は、このコマンドがただちに実行され、現在のブートローダ セッションだけに適用されます。 これらの設定が保存されて次回のブート処理に使用されることはありません。

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

次に、new-image.bin イメージを使用してスイッチをブートする例を示します。

 boot flash:/new-images/new-image.bin

このコマンドを入力すると、セットアップ プログラムを開始するように求められます。

関連コマンド

コマンド

説明

set

コマンドに BOOT キーワードを追加して、特定のイメージを起動するように BOOT 環境変数を設定します。

cat

1 つ以上のファイルの内容を表示するには、ブートローダ モードで cat コマンドを使用します。

cat filesystem:/file-url...

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには flash: を使用します。

/file-url

表示するファイルのパス(ディレクトリ)および名前です。 ファイル名はスペースで区切ります。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

ファイルのリストを指定した場合は、各ファイルの内容が順に表示されます。

次に、イメージ ファイルの内容を表示する例を示します。

Switch# cat flash: image_file_name /info
version_suffix: universal-122-xx.SEx
version_directory: image_file_name
image_system_type_id: 0x00000002
image_name: image_file_name.bin
ios_image_file_size: 8919552
total_image_file_size: 11592192
image_feature: IP|LAYER_3|PLUS|MIN_DRAM_MEG=128
image_family: family
stacking_number: 1.34
board_ids: 0x00000068 0x00000069 0x0000006a 0x0000006b 
info_end:

関連コマンド

コマンド

説明

more

1 つ以上のファイルの内容を表示します。

type

1 つ以上のファイルの内容を表示します。

clear location

データベース全体から、特定の無線周波数 ID(RFID)タグまたはすべての RFID タグをクリアするには、clear location コマンドを使用します。

clear location [mac-address mac-address | rfid]

構文の説明

mac-address mac-address

特定の RFID タグの MAC アドレス。

rfid

データベース内のすべての RFID タグを指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC または特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、データベース内のすべての RFID タグに関する情報をクリアする例を示します。

Switch> clear location rfid
                                             

clear location statistics

無線周波数 ID(RFID)の統計情報をクリアするには、clear location statistics コマンドを使用します。

clear location statistics

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC または特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、clear location rfid コマンドの出力例と、RFID の統計情報をクリアする方法を示します。

Switch> clear location statistics
                                       

clear nmsp statistics

ネットワーク モビリティ サービス プロトコル(NMSP)の統計情報をクリアするには、clear nmsp statistics コマンドを使用します。

clear nmsp statistics

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC または特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、clear nmsp statistics コマンドの出力例と、接続された Cisco Mobility Services Engine(MSE)とコントローラ間で交換される NMSP 情報に関する統計情報の例を示します。

Switch> clear nmsp statistics
                                       
                                       

clear wireless ccx statistics

CCX 統計情報をクリアするには、clear wireless ccx statistics コマンドを使用します。

clear wireless ccx statistics

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC または特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、clear wireless ccx statistics コマンドの出力例と、CCX クライアントに関するすべての収集された統計情報をクリアする例を示します。

Switch> clear wireless ccx statistics
                                       
                                       

clear wireless client tsm dot11

このクライアントがアソシエートされた特定のアクセス ポイントまたはすべてのアクセス ポイントのトラフィック ストリーム メトリック(TSM)統計情報をクリアするには、clear wireless client tsm dot11 コマンドを使用します。

clear wireless client tsm dot11 { 24ghz | 5ghz } client-mac-addr { all | name ap-name }

構文の説明

24ghz

802.11a ネットワークを指定します。

5ghz

802.11b ネットワークを指定します。

client-mac-addr

クライアントの MAC アドレス。

all

すべてのアクセス ポイントを指定します。

name ap-name

Cisco Lightweight アクセス ポイントの名前。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC または特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、clear wireless client tsm dot11 コマンドの出力例と、このクライアントが知られているすべてのアクセス ポイントの 5 GHz 無線における MAC アドレス 00:40:96:a8:f7:98 の TSM をクリアする例を示します。

Switch> clear wireless client tsm dot11 5ghz 00:40:96:a8:f7:98 all
 
                                                      

clear wireless location s69 statistics

CCXv5 クライアントとの S69 の交換に関する統計情報をクリアするには、clear wireless location s69 statistics コマンドを使用します。

clear wireless location s69 statistics

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC または特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

S69 メッセージは、CCXv5 クライアントとワイヤレス インフラストラクチャ間で交換されます。 CCXv5 クライアントは、S69 メッセージを使用してロケーション情報を要求します。この情報は、その後、ワイヤレス インフラストラクチャによって S69 応答メッセージを介して返されます。

次に、clear wireless location s69 statistics コマンドの出力例と、CCXv5 クライアントとの S69 の交換に関する統計情報をクリアする例を示します。

Switch> clear wireless location s69 statistics
                                       
                                       

copy

コピー元からコピー先へとファイルをコピーするには、ブートローダ モードで copy コマンドを使用します。

copy filesystem:/source-file-url filesystem:/destination-file-url

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには flash: を使用します。

/source-file-url

コピー元のパス(ディレクトリ)およびファイル名です。

/destination-file-url

コピー先のパス(ディレクトリ)およびファイル名です。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

スラッシュ(/)間に指定できるディレクトリ名は最大 127 文字です。ディレクトリ名には制御文字、スペース、削除文字、スラッシュ、引用符、セミコロン、コロンは使用できません。

指定できるファイル名は最大 127 文字です。ファイル名には制御文字、スペース、削除文字、スラッシュ、引用符、セミコロン、コロンは使用できません。

ファイルを別のディレクトリにコピーする場合は、そのディレクトリが存在していなければなりません。

次の例では、ルートにあるファイルをコピーする方法を示します。

Switch# copy flash:test1.text flash:test4.text .
File "flash:test1.text" successfully copied to "flash:test4.text"

ファイルがコピーされたかどうかを確認するには、dir filesystem: ブートローダ コマンドを入力します。

関連コマンド

コマンド

説明

delete

指定されたファイル システムから 1 つ以上のファイルを削除します。

debug call-admission wireless all

ワイヤレス コール アドミッション制御(CAC)機能のデバッグをイネーブルにするには、debug call-admission wireless all コマンドを使用します。 デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug call-admission wireless all [ switch switch ]

no debug call-admission wireless all [ switch switch ]

構文の説明

switch

特定のスイッチに関連付けられたすべての無線 CAC メッセージに対するデバッグ オプションを設定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
Cisco IOS XE Release 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、debug call-admission wireless switch コマンドの出力例と、CAC メッセージのデバッグ オプションをイネーブルにする例を示します。

Switch# debug call-admission wireless switch 1 all

debug rfid

無線周波数 ID(RFID)デバッグ オプションを設定するには、debug rfid コマンドを使用します。 デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug rfid { debug_leaf_name| all | detail | error| nmsp| receive} [ filter| switch switch ]

nodebug rfid { debug_leaf_name| all | detail | error| nmsp| receive} [ filter| switch switch ]

構文の説明

debug_leaf_name

デバッグ リーフの名前。

all

すべての RFID のデバッグを設定します。

detail

RFID の詳細なデバッグを設定します。

error

RFID エラー メッセージのデバッグを設定します。

nmsp

RFID ネットワーク モビリティ サービス プロトコル(NMSP)メッセージのデバッグを設定します。

receive

受信した RFID タグ メッセージのデバッグを設定します。

filter

デバッグ フラグ フィルタの名前。

switchswitch

スイッチの RFID デバッグを設定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
Cisco IOS XE Release 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、debug rfid コマンドの出力例と、RFID エラー メッセージのデバッグをイネーブルにする例を示します。

Switch# debug rfid error switch 1

debug voice diagnostics mac-address

音声クライアントの音声診断のデバッグをイネーブルにするには、debug voice diagnostics mac-address コマンドを使用します。 デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug voice diagnostics mac-addressmac-address1verbose mac-addressmac-address2verbose

nodebug voice diagnostics mac-addressmac-address1verbose mac-addressmac-address2verbose

構文の説明

voice diagnostics

音声クライアントの音声デバッグを設定します。

mac-address mac-address1 mac-address mac-address2

音声クライアントの MAC アドレスを指定します。

verbose

音声診断の冗長モードをイネーブルにします。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容
Cisco IOS XE Release 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、debug voice diagnostics mac-address コマンドの出力例と、MAC アドレス 00:1f:ca:cf:b6:60 を持つ音声クライアントの音声診断のデバッグをイネーブルにする例を示します。

Switch# debug voice diagnostics mac-address 00:1f:ca:cf:b6:60

debug wps mfp

WPS MFP デバッグ オプションをイネーブルにするには、debug wps mfp コマンドを使用します。 デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug wps mfp { all| capwap| client | detail| mm| report}[ switchswitch]

構文の説明

wps mfp

WPS MFP デバッグ オプションを設定します。

all

すべての WPS MFP デバッグ メッセージを表示します。

capwap

MFP メッセージを表示します。

client

クライアント MFP メッセージを表示します。

detail

詳細な MFP CAPWAP メッセージを表示します。

mm

MFP モビリティ(コントローラ間)メッセージを表示します。

report

MFP レポートを表示します。

switch switch

スイッチの WPS MFP デバッグを表示します。

コマンド デフォルト

なし。

コマンド モード

ユーザ EXEC または特権 EXEC。

コマンド履歴

リリース 変更内容
Cisco IOS XE Release 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

次に、クライアントの WPS MFP デバッグ オプションをイネーブルにする例を示します。

# debug wps mfp client switch 1

delete

指定されたファイル システムから 1 つ以上のファイルを削除するには、ブートローダ モードで delete コマンドを使用します。

delete filesystem:/file-url...

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには usbflash0: を使用します。

/file-url

削除するファイルのパス(ディレクトリ)および名前です。 ファイル名はスペースで区切ります。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

スイッチでは、各ファイルを削除する前に、確認を求めるプロンプトが表示されます。

次の例では、2 つのファイルを削除します。

Switch# delete usbflash0:test2.text usbflash0:test5.text
Are you sure you want to delete "usbflash0:test2.text" (y/n)?y
File "usbflash0:test2.text" deleted
Are you sure you want to delete "usbflash0:test5.text" (y/n)?y
File "usbflash0:test2.text" deleted 

ファイルが削除されたかどうかを確認するには、dir usbflash0: ブートローダ コマンドを入力します。

関連コマンド

コマンド

説明

copy

コピー元からコピー先にファイルをコピーします。

dir

指定されたファイル システム上のファイルおよびディレクトリのリストを表示するには、ブートローダ モードで dir コマンドを使用します。

dir filesystem:/file-url

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには flash: を使用します。

/file-url

(任意)内容を表示するパス(ディレクトリ)およびディレクトリ名です。 ディレクトリ名はスペースで区切ります。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ディレクトリ名では、大文字と小文字が区別されます。

次の例では、フラッシュ メモリ内のファイルを表示する方法を示します。

Switch# dir flash:
Directory of flash:/
    3  -rwx        1839   Mar 01 2002 00:48:15  config.text
   11  -rwx        1140   Mar 01 2002 04:18:48  vlan.dat
   21  -rwx          26   Mar 01 2002 00:01:39  env_vars
    9  drwx         768   Mar 01 2002 23:11:42  html
   16  -rwx        1037   Mar 01 2002 00:01:11  config.text
   14  -rwx        1099   Mar 01 2002 01:14:05  homepage.htm 
   22  -rwx          96   Mar 01 2002 00:01:39  system_env_vars
   17  drwx        192    Mar 06 2002 23:22:03  c3750e-universal-mz.122-35.SE2 
15998976 bytes total (6397440 bytes free) 
   17  drwx        192    Mar 06 2002 23:22:03  c3750x-universal-mz.122-53.SE2 
15998976 bytes total (6397440 bytes free) 

表 1 dir のフィールドの説明

フィールド

説明

2

ファイルのインデックス番号

-rwx

ファイルのアクセス権(次のいずれか、またはすべて)

  • d:ディレクトリ
  • r:読み取り可能
  • w:書き込み可能
  • x:実行可能

1644045

ファイルのサイズ

<date>

最終変更日

env_vars

ファイル名。

関連コマンド

コマンド

説明

mkdir

1 つ以上のディレクトリを作成します。

rmdir

1 つ以上のディレクトリを削除します。

emergency-install

システムで緊急インストールを実行するには、ブートローダ モードで emergency-install コマンドを使用します。

emergency-install url://<url>

構文の説明

<url>

緊急インストール バンドル イメージが含まれるファイルの URL と名前。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ブート フラッシュは、インストール処理中に消去されます。

次に、イメージ ファイルの内容を使用して緊急インストール処理を実行する方法を示します。

switch: emergency-install tftp:<url>/info 
The bootflash will be erased during install operation, continue (y/n)?y
Starting emergency recovery (tftp:<url> ...
Reading full image into memory......................done
Nova Bundle Image
--------------------------------------
Kernel Address    : 0x6042d5c8
Kernel Size       : 0x317ccc/3243212
Initramfs Address : 0x60745294
Initramfs Size    : 0xdc6774/14444404
Compression Format: .mzip

Bootable image at @ ram:0x6042d5c8
Bootable image segment 0 address range [0x81100000, 0x81b80000] is in range          \
[0x80180000, 0x90000000].
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
File "sda9:c3850-recovery.bin" uncompressed and installed, entry point: 0x811060f0
Loading Linux kernel with entry point 0x811060f0 ...
Bootloader: Done loading app on core_mask: 0xf

### Launching Linux Kernel (flags = 0x5)



Initiating Emergency Installation of bundle                                          \
tftp:<url> 


Downloading bundle tftp:<url>... 

Validating bundle tftp:<url>... 
Installing bundle tftp:<url>... 
Verifying bundle tftp:<url>... 
Package cat3k_caa-base.SPA.03.02.00SE.pkg is Digitally Signed
Package cat3k_caa-drivers.SPA.03.02.00.SE.pkg is Digitally Signed
Package cat3k_caa-infra.SPA.03.02.00SE.pkg is Digitally Signed
Package cat3k_caa-iosd-universalk9.SPA.150-1.EX.pkg is Digitally Signed
Package cat3k_caa-platform.SPA.03.02.00.SE.pkg is Digitally Signed
Package cat3k_caa-wcm.SPA.10.0.100.0.pkg is Digitally Signed
Preparing flash... 
Syncing device... 
Emergency Install successful... Rebooting
Restarting system.\ufffd


Booting...(use DDR clock 667 MHz)Initializing and Testing RAM                        \
+++@@@@####...++@@++@@++@@++@@++@@++@@++@@++@@done.
Memory Test Pass!

Base ethernet MAC Address: 20:37:06:ce:25:80
Initializing Flash...

flashfs[7]: 0 files, 1 directories
flashfs[7]: 0 orphaned files, 0 orphaned directories
flashfs[7]: Total bytes: 6784000
flashfs[7]: Bytes used: 1024
flashfs[7]: Bytes available: 6782976
flashfs[7]: flashfs fsck took 1 seconds....done Initializing Flash.

The system is not configured to boot automatically.  The
following command will finish loading the operating system
software:

    boot

exit

前のモードに戻るか、CLI EXEC モードを終了するには、exit コマンドを使用します。

exit

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC またはグローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、コンフィギュレーション モードを終了する例を示します。

Switch(config)# exit
                                       
                                       

flash_init

フラッシュ ファイル システムを初期化するには、ブートローダ モードで flash_init コマンドを使用します。

flash_init

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

フラッシュ ファイル システムは、通常のシステム動作中に自動的に初期化されます。

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

フラッシュ ファイル システムは、通常のブート プロセス中に自動的に初期化されます。

このコマンドは、フラッシュ ファイル システムを手動で初期化します。 たとえば、パスワードを忘れた場合には、回復手順中にこのコマンドを使用します。

help

使用可能なコマンドを表示するには、ブートローダ モードで help コマンドを使用します。

help

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

疑問符(?)を使用して、使用可能なブートローダ コマンドのリストを表示することもできます。

license right-to-use

スイッチの使用権利アクセス ポイントの Adder ライセンスを設定するには、特権 EXEC モードで license right-to-use コマンドを使用します。

license right-to-use { activate | deactivate } apcount | ipbase | ipservices | lanbase { all | evaluation | slot | acceptEULA}

構文の説明

activate

永久または評価 ap-count ライセンスをアクティブ化します。

deactivate

永久または評価 ap-count ライセンスを非アクティブ化します。

apcount count

追加する ap-count ライセンスの数を指定します。

Adder ライセンスの数は 5 ~ 50 の範囲で設定できます。

ipbase count

スイッチの ipbase ライセンスをアクティブ化します。

ipservices count

スイッチの ipservices ライセンスをアクティブ化します。

lanbase count

スイッチの lanbase ライセンスをアクティブ化します。

slot slot-number

スイッチのスロット番号を指定します。

acceptEULA
追加した ap-count ライセンスに対してエンドユーザ ライセンス契約書(EULA)を自動的に受け入れます。
(注)     

デフォルトでは、アクティブ化の際に EULA が表示されます。 acceptEULA が渡された場合、EULA の内容は表示されません。また、評価ライセンスもアクティブ化できます。 このオプションは、自動化とスクリプティングに役立ちます。

evaluation

評価 ap-count ライセンスを指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、ap-count 評価ライセンスをアクティブ化する例を示します。

Switch# license right-to-use activate apcount evaluation  
Switch# end
 
                              

次に、ap-count 永久ライセンスをアクティブ化する例を示します。


Switch# license right-to-use deactivate apcount evaluation 
Switch# end
 
                              

次に、新しい ap-count ライセンスを追加する例を示します。


Switch# license right-to-use activate apcount 500 slot 1  
Switch# end
 
                              

location

エンドポイントのロケーション情報を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで location コマンドを使用します。 ロケーション情報を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

location { admin-tag string | algorithm | civic-location identifier { host | id } | civic-location identifier { host | id } | elin-location { string | identifier id} | expiry { calibrating-clienttimeout-value| clienttimeout-value| rouge-apstimeout-value| tagstimeout-value } | geo-location identifier { host | id } | notify-threshold { clientdb| rouge-apsdb| tagsdb | plm { calibrating | { multiband | uniband } | clientburst-interval } | prefer { cdp weightpriority-value | lldp-med weightpriority-value | static config weightpriority-value } | rfid { status | timeoutrfid-timeout-value| vendor-namename } | rssi-half-life { calibrating-clientseconds| clientseconds| rogue-apsseconds| tagsseconds }

no location { admin-tag string | algorithm | civic-location identifier { host | id } | civic-location identifier { host | id } | elin-location { string | identifier id} | expiry { calibrating-clienttimeout-value| clienttimeout-value| rouge-apstimeout-value| tagstimeout-value } | geo-location identifier { host | id } | notify-threshold { clientdb| rouge-apsdb| tagsdb | plm { calibrating | { multiband | uniband } | clientburst-interval } | prefer { cdp weightpriority-value | lldp-med weightpriority-value | static config weightpriority-value } | rfid { status | timeoutrfid-timeout-value| vendor-namename } | rssi-half-life { calibrating-clientseconds| clientseconds| rogue-apsseconds| tagsseconds }

構文の説明

admin-tagstring

管理タグまたはサイト情報を設定します。 英数字形式のサイト情報またはロケーション情報。

algorithm

平均 RSSI および SNR 値に使用されるアルゴリズムを設定します。

civic-location

都市ロケーション情報を設定します。

identifier

都市、緊急、または地理的ロケーションの名前を指定します。

host

ホストの都市または地理空間ロケーションを定義します。

id

都市、緊急、または地理的ロケーションの名前。

(注)     

LLDP-MED スイッチ TLV での都市ロケーションの ID は 250 バイト以下に制限されます。 スイッチ設定中に使用できるバッファ スペースに関するエラー メッセージを回避するには、各都市ロケーション ID に指定されたすべての都市ロケーション情報の全体の長さが 250 バイトを超えないようにします。

elin-location

緊急ロケーション情報(ELIN)を設定します。

expiry {calibrating-client | client | rogue-aps | tags} timeout-value

校正クライアント、クライアント、不正なアクセス ポイントおよび RFID タグの RSSI 値のタイムアウトを設定します。

校正クライアントのタイムアウト パラメータの有効な値の範囲は 1 ~ 3600 秒で、デフォルト値は 5 秒です。

クライアント、不正なアクセス ポイント、RFID タグのタイムアウト パラメータの有効な値の範囲は 5 ~ 3600 秒で、デフォルト値は 5 秒です。

geo-location

地理空間ロケーション情報を設定します。

notify-threshold {client| rogue-aps| tags} db

RSSI 測定の NMSP 通知しきい値を設定します。

threshold の有効な値の範囲は 0 ~ 10 dB で、デフォルト値は 0 dB です。

calibrating {multiband | uniband} | client seconds

クライアントの校正クライアントおよびバースト間隔のパス損失測定(CCX S60)要求を設定します。

バースト間隔パラメータの有効な値は 0 ~ 3600 秒です。

prefer

ロケーション情報の送信元プライオリティを設定します。

rfid

ロケーションの RFID タグ トラッキングを設定します。

rssi-half-life

さまざまなデバイスの RSSI 半減期を設定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

location civic-location identifier グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力後、都市ロケーション コンフィギュレーション モードが開始されます。 location geo-location identifier グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力後、地理的ロケーション コンフィギュレーション モードが開始されます。

都市ロケーション ID は 250 バイトを超えてはなりません。

ホスト ID は、ホストの都市または地理空間ロケーションを設定します。 ID がホストではない場合、ID はインターフェイスで参照できる都市ロケーションまたは地理空間テンプレートだけを定義します。

host キーワードは、デバイス ロケーションを定義します。 identifierhost キーワードを使用して設定できる都市ロケーション オプションは同じです。 都市ロケーション コンフィギュレーション モードでは、次の都市ロケーション オプションを指定できます。

  • additional-code:追加の都市ロケーション コードを設定します。
  • additional-location-information:追加の都市ロケーション情報を設定します。
  • branch-road-name:ブランチ ロード(支線道路)の名前を設定します。
  • building:建物の情報を設定します。
  • city:市の名前を設定します。
  • country:2 文字の ISO 3166 国番号を設定します。
  • county:郡の名前を設定します。
  • default:コマンドをデフォルト値に設定します。
  • division:市の地区の名前を設定します。
  • exit:都市ロケーション コンフィギュレーション モードを終了します。
  • floor:階数を設定します。
  • landmark:目印となる建物の情報を設定します。
  • leading-street-dir:町名番地の方角を設定します。
  • name:居住者の名前を設定します。
  • neighborhood:近隣地域の情報を設定します。
  • no:指定した都市ロケーションのデータを無効にし、デフォルト値を設定します。
  • number:町名番地の番号を設定します。
  • post-office-box:私書箱を設定します。
  • postal-code:郵便番号を設定します。
  • postal-community-name:郵便コミュニティ名を設定します。
  • primary-road-name:主要道路の名前を設定します。
  • road-section:道路の区間を設定します。
  • room:部屋の情報を設定します。
  • seat:座席の情報を設定します。
  • state:州の名前を設定します。
  • street-group:町名番地のグループを設定します。
  • street-name-postmodifier:町名番地の名前のポストモディファイアを設定します。
  • street-name-premodifier:町名番地の名前のプレモディファイアを設定します。
  • street-number-suffix:町名番地の番号のサフィクスを設定します。
  • street-suffix:町名番地のサフィクスを設定します。
  • sub-branch-road-name:ブランチ ロード(支線道路)からさらに分岐した道路の名前を設定します。
  • trailing-street-suffix:後に続く町名番地のサフィクスを設定します。
  • type-of-place:場所のタイプを設定します。
  • unit:単位を設定します。

地理的ロケーション コンフィギュレーション モードでは、次の地理空間ロケーション情報を指定できます。

  • altitude:高さの情報を階数、メートル、またはフィート単位で設定します。
  • latitude:緯度情報を度、分、秒で設定します。 範囲は -90 ~ 90 度です。 正の値は、赤道より北の位置を示します。
  • longitude:経度情報を度、分、秒で設定します。 範囲は -180 ~ 180 度です。 正の値は、グリニッジ子午線の東側の位置を示します。
  • resolution:緯度と経度の分解能を設定します。 分解能の値を指定しない場合、緯度と経度の分解能パラメータにはデフォルト値の 10 m が適用されます。 緯度と経度の場合、分解能の単位はメートルで測定されます。 分解能の値は少数単位でも設定できます。
  • default:地理的ロケーションをデフォルト属性に設定します。
  • exit:地理的ロケーション コンフィギュレーション モードを終了します。
  • no:指定した地理的パラメータを無効にし、デフォルト値を設定します。

ロケーション TLV をディセーブルにするには、no lldp med-tlv-select location information インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。 デフォルトでは、ロケーション TLV はイネーブルに設定されています。

次に、スイッチに都市ロケーション情報を設定する例を示します。

Switch(config)# location civic-location identifier 1
Switch(config-civic)# number 3550
Switch(config-civic)# primary-road-name “Cisco Way”
Switch(config-civic)# city “San Jose”
Switch(config-civic)# state CA
Switch(config-civic)# building 19
Switch(config-civic)# room C6
Switch(config-civic)# county “Santa Clara”
Switch(config-civic)# country US
Switch(config-civic)# end

設定を確認するには、show location civic-location 特権 EXEC コマンドを入力します。

次に、スイッチに緊急ロケーション情報を設定する例を示します。

Switch(config)# location elin-location 14085553881 identifier 1

設定を確認するには、show location elin 特権 EXEC コマンドを入力します。

次に、スイッチに地理空間ロケーション情報を設定する例を示します。

Switch(config)# location geo-location identifier host
Switch(config-geo)# latitude 12.34
Switch(config-geo)# longitude 37.23
Switch(config-geo)# altitude 5 floor
Switch(config-geo)# resolution 12.34

設定された地理空間ロケーションの詳細を表示するには、show location geo-location identifier コマンドを使用できます。

location algorithm

RSSI および SNR 値の平均化に使用するアルゴリズムを設定するには、location algorithm コマンドを使用します。 RSSI および SNR 値の平均化に使用するアルゴリズムを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

location algorithm { rssi-average | simple }

no location algorithm { rssi-average | simple }

構文の説明

rssi-average

より正確ではあるが CPU オーバーヘッドがより多いアルゴリズムを指定します。

simple

高速で CPU オーバーヘッドが少ないが、精度が低いアルゴリズムを指定します。

コマンド デフォルト

RSSI の平均

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、より正確ではあるが CPU オーバーヘッドがより多いアルゴリズムを設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# location algorithm rssi-average
Switch(config)# end
                                             
                                             

location expiry

RSSI 値のタイムアウトを設定するには、location expiry コマンドを使用します。

location expiry { calibrating-client | client | rogue-aps | tags } timeout-value

構文の説明

calibrating-client

校正クライアントの RSSI タイムアウト値を指定します。

client

(任意)クライアントの RSSI タイムアウト値を指定します。

rogue-aps

不正なアクセス ポイントの RSSI タイムアウト値を指定します。

tags

RFID タグの RSSI タイムアウト値を指定します。

timeout-value

校正クライアントのタイムアウト パラメータの有効な値の範囲は 1 ~ 3600 秒で、デフォルト値は 5 秒です。

クライアント、不正なアクセス ポイント、RFID タグのタイムアウト パラメータの有効な値の範囲は 5 ~ 3600 秒で、デフォルト値は 5 秒です。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、ワイヤレス クライアントの RSSI タイムアウト値を設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# location expiry client 1000
Switch(config)# end
                                                   
                                                   

location notify-threshold

RSSI 測定の NMSP 通知しきい値を設定するには、location notify-threshold コマンドを使用します。 RSSI 測定の NMSP 通知しきい値を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

location notify-threshold { client | rogue-aps | tags } db

no location notify-threshold { client | rogue-aps | tags }

構文の説明

client

クライアントと不正なクライアントの NMSP 通知しきい値(dB 単位)を指定します。

threshold の有効な値の範囲は 0 ~ 10 dB で、デフォルト値は 0 dB です。

rogue-aps

不正なアクセス ポイントの NMSP 通知しきい値(dB 単位)を指定します。

threshold の有効な値の範囲は 0 ~ 10 dB で、デフォルト値は 0 dB です。

tags

RFID タグの NMSP 通知しきい値(dB 単位)を指定します。

threshold の有効な値の範囲は 0 ~ 10 dB で、デフォルト値は 0 dB です。

db

threshold の有効な値の範囲は 0 ~ 10 dB で、デフォルト値は 0 dB です。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、クライアントに対して NMSP 通知しきい値を 10 dB に設定する例を示します。 クライアント RSSI が 10 dB に変更されるとすぐに通知 NMSP メッセージが MSE に送信されます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# location notify-threshold client 10
Switch(config)# end
                                                   
                                                   

location plm calibrating

校正クライアントのパス損失測定(CCX S60)要求を設定するには、location plm calibrating コマンドを使用します。

location plm calibrating { multiband | uniband }

構文の説明

multiband

関連する 802.11a または 802.11b/g 無線で校正クライアントのパス損失測定要求を指定します。

uniband

関連する 802.11a/b/g 無線で校正クライアントのパス損失測定要求を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

uniband は、単一の無線クライアントの場合に役立ちます(無線がデュアル バンドで、2.4 GHz および 5 GHz 帯域で動作している場合でも同様)。 multiband は無線クライアントが複数の場合に役立ちます。

次に、関連する 802.11a/b/g 無線で校正クライアントのパス損失測定要求を設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# location plm calibrating uniband
Switch(config)# end
                                             
                                             

location rfid

ロケーションの RFID タグ トラッキングを設定するには、location rfid コマンドを使用します。 ロケーションの RFID タグ トラッキングを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

location rfid { status | timeout seconds | vendor-name name }

no location rfid { status | timeout seconds | vendor-name }

構文の説明

status

RFID タグのロケーション トラッキングをイネーブルにします。

no location rfid status コマンドは、タグのロケーション トラッキングをディセーブルにします。

timeout seconds

ロケーション RFID タイムアウト値を指定します。

検出された RFID ロケーション情報が有効と見なされる時間を決定します。 設定された間隔での RSSI の変更(RSSI しきい値を下回る)では新しいロケーションは計算されず、メッセージが MSE に送信されます。

有効なタイムアウトの範囲は、60 ~ 7200 秒です。

vendor-name name

RFID タグのベンダーの名前を指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

no location rfid status コマンドは、ロケーション RFID ステータスをディセーブルにします。 no location rfid timeout コマンドは、デフォルトのタイムアウト値に戻ります。 no location rfid vendor-name コマンドは、特定のベンダーのトラッキングをディセーブルにします。

次に、静的な RFID タグ データのタイムアウトを設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# location rfid timeout 1000 
Switch(config)# end
                                                
                                                

location rssi-half-life

さまざまなデバイスの RSSI 半減期を設定するには、location rssi-half-life コマンドを使用します。 さまざまなデバイスの RSSI 半減期を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

location rssi-half-life { calibrating-client | client | rogue-aps | tags } seconds

no location rssi-half-life { calibrating-client | client | rogue-aps | tags }

構文の説明

calibrating-client

校正クライアントの RSSI 半減期を指定します。

client

クライアントの RSSI 半減期を指定します。

rogue-aps

不正なアクセス ポイントの RSSI 半減期を指定します。

tags

RFID タグの RSSI 半減期を指定します。

seconds

half-life パラメータの有効な値は、0、1、2、5、10、20、30、60、90、120、180、または 300 秒で、デフォルト値は 0 秒です。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、クライアント RSSI の半減期の値を 100 秒に設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# location rssi-half-life client 100
Switch(config)# end
                                                      
                                                      

mac address-table move update

スイッチ スタック上またはスタンドアロン スイッチ上で MAC アドレステーブル移行更新機能をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで mac address-table move update コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

mac address-table move update { receive | transmit}

no mac address-table move update { receive | transmit}

構文の説明

receive

スイッチが MAC アドレステーブル移行更新メッセージを処理するよう指定します。

transmit

プライマリ リンクがダウンし、スタンバイ リンクが起動した場合、スイッチが MAC アドレステーブル移行更新メッセージをネットワークの他のスイッチに送信するよう指定します。

コマンド デフォルト

デフォルトでは、MAC アドレステーブル移行更新機能はディセーブルです。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

MAC アドレステーブル移行更新機能により、プライマリ(フォワーディング)リンクがダウンし、スタンバイ リンクがトラフィックのフォワーディングを開始した場合、スイッチは高速双方向コンバージェンスを提供できます。

プライマリ リンクがダウンし、スタンバイ リンクが起動した場合、アクセス スイッチが MAC アドレステーブル移行更新メッセージを送信するように設定できます。 アップリンク スイッチが、MAC アドレステーブル移行更新メッセージを受信および処理するように設定できます。

次に、アクセス スイッチが MAC アドレステーブル移行更新メッセージを送信するように設定する例を示します。


Switch# configure terminal
Switch# mac address-table move update transmit
Switch# end

次に、アップリンク スイッチが MAC アドレステーブル移行更新メッセージを取得および処理するように設定する例を示します。


Switch# configure terminal
Switch# mac address-table move update receive
Switch# end

設定を確認するには、show mac address-table move update 特権 EXEC コマンドを入力します。

関連コマンド

コマンド

説明

clear mac address-table move update

MAC アドレステーブル移行更新グローバル カウンタをクリアします。

debug matm move update

MAC アドレステーブル移行更新メッセージ処理をデバッグします。

show mac address-table move update

スイッチに MAC アドレステーブル移行更新情報を表示します。

mgmt_init

イーサネット管理ポートを初期化するには、ブートローダ モードで mgmt_init コマンドを使用します。

mgmt_init

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

イーサネット管理ポートのデバッグ中にのみ、mgmt_init コマンドを使用します。

次の例では、イーサネット管理ポートを初期化する方法を示します。

Switch# mgmt_init

mkdir

指定されたファイル システムに 1 つ以上のディレクトリを作成するには、ブートローダ モードで mkdir コマンドを使用します。

mkdir filesystem:/directory-url...

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには usbflash0: を使用します。

/directory-url

作成するディレクトリの名前です。 ディレクトリ名はスペースで区切ります。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ディレクトリ名では、大文字と小文字が区別されます。

スラッシュ(/)間に指定できるディレクトリ名は最大 127 文字です。ディレクトリ名には制御文字、スペース、削除文字、スラッシュ、引用符、セミコロン、コロンは使用できません。

次の例では、ディレクトリ Saved_Configs を作成する方法を示します。

Switch# mkdir usbflash0:Saved_Configs
Directory "usbflash0:Saved_Configs" created

次の例では、2 つのディレクトリを作成する方法をします。

Switch# mkdir usbflash0:Saved_Configs1 flash:Test
Directory "usbflash0:Saved_Configs1" created
Directory "usbflash0:Test" created

ディレクトリが作成されていることを確認するには、ブートローダ モードで dir filesystem: コマンドを入力します。

関連コマンド

コマンド

説明

dir

指定されたファイル システムのファイルおよびディレクトリのリストを表示します。

rmdir

指定されたファイル システムから 1 つ以上のディレクトリを削除します。

more

1 つ以上のファイルの内容を表示するには、ブートローダ モードで more コマンドを使用します。

more filesystem:/file-url...

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには flash: を使用します。

/file-url

表示するファイルのパス(ディレクトリ)および名前です。 ファイル名はスペースで区切ります。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

ファイルのリストを指定した場合は、各ファイルの内容が順に表示されます。

次の例では、ファイルの内容を表示する方法を示します。

Switch# more flash:image_file_name/info
version_suffix: universal-122-xx.SEx
version_directory: image_file_name
image_system_type_id: 0x00000002
image_name: image_file_name.bin
ios_image_file_size: 8919552
total_image_file_size: 11592192
image_feature: IP|LAYER_3|PLUS|MIN_DRAM_MEG=128
image_family: family
stacking_number: 1.34
board_ids: 0x00000068 0x00000069 0x0000006a 0x0000006b 
info_end:

関連コマンド

コマンド

説明

cat

1 つ以上のファイルの内容を表示します。

type

1 つ以上のファイルの内容を表示します。

nmsp notification interval

ネットワーク内の遅延に対処するためにコントローラのネットワーク モビリティ サービス プロトコル(NMSP)通知間隔の値を変更するには、nmsp notification interval コマンドを使用します。

nmsp notification interval { attachment | location | rssi { clients | rfid | rogues { ap | client } } } interval

構文の説明

attachment

アタッチメント情報の集約に使用する時間を指定します。

location

ロケーション情報の集約に使用する時間を指定します。

rssi

RSSI 測定間隔を設定します。

clients

クライアントの間隔を変更します。

rfid

アクティブ無線周波数 ID(RFID)タグの間隔を変更します。

rogues

不正なアクセス ポイントおよび不正なクライアントの間隔を変更します。

ap

不正な AP の測定間隔を指定します。

client

不正なクライアントの測定間隔を指定します。

interval

時間間隔です。 範囲は 1 ~ 30 秒です。

クライアント、RFID タグ、不正な AP およびクライアントでは、デフォルトの時間間隔は 2 秒です。 アタッチメントおよびロケーションでは、デフォルトの時間間隔は 30 秒です。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、アクティブ RFID タグの NMSP 通知間隔を 25 秒に変更する例を示します。


Switch# configure terminal
Switch(config)# nmsp notification-interval measurement rfid 25
Switch(config)# end                          

次に、デバイス アタッチメント(ネットワークに接続したり、ネットワークから切断する)に関する NMSP 通知間隔を 10 秒に変更する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# nmsp notification-interval attachment 10
Switch(config)# end 

次に、ロケーション パラメータ(ロケーションの変更)に関する NMSP 通知間隔を 20 秒に設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# nmsp notification-interval location 20
Switch(config)# end 

rename

ファイルの名前を変更するには、ブートローダ モードで rename コマンドを使用します。

rename filesystem:/source-file-url filesystem:/destination-file-url

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには usbflash0: を使用します。

/source-file-url

元のパス(ディレクトリ)およびファイル名です。

/destination-file-url

新しいパス(ディレクトリ)およびファイル名です。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

スラッシュ(/)間に指定できるディレクトリ名は最大 127 文字です。ディレクトリ名には制御文字、スペース、削除文字、スラッシュ、引用符、セミコロン、コロンは使用できません。

指定できるファイル名は最大 127 文字です。ファイル名には制御文字、スペース、削除文字、スラッシュ、引用符、セミコロン、コロンは使用できません。

次の例では、ファイル config.text の名前を config1.text に変更します。

Switch# rename usbflash0:config.text usbflash0:config1.text

ファイル名が変更されたかどうかを確認するには、dir filesystem: ブートローダ コマンドを入力します。

関連コマンド

コマンド

説明

copy

コピー元からコピー先にファイルをコピーします。

reset

システムのハード リセットを実行するには、ブートローダ モードで reset コマンドを使用します。 ハード リセットを行うと、スイッチの電源切断後に電源を投入する手順と同様に、プロセッサ、レジスタ、およびメモリの内容が消去されます。

reset

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次の例では、システムをリセットする方法を示します。

Switch# reset
Are you sure you want to reset the system (y/n)?y
System resetting...

関連コマンド

コマンド

説明

boot

実行可能イメージをロードおよびブートして、コマンドライン インターフェイスを開始します。

rmdir

指定されたファイル システムから 1 つ以上の空のディレクトリを削除するには、ブートローダ モードで rmdir コマンドを使用します。

rmdir filesystem:/directory-url...

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには usbflash0: を使用します。

/directory-url

削除する空のディレクトリのパス(ディレクトリ)および名前です。 ディレクトリ名はスペースで区切ります。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

スラッシュ(/)間に指定できるディレクトリ名は最大 45 文字で、大文字と小文字の区別があります。ディレクトリ名には制御文字、スペース、削除文字、スラッシュ、引用符、セミコロン、およびコロンは使用できません。

ディレクトリを削除する前に、まずディレクトリ内のファイルをすべて削除する必要があります。

スイッチでは、各ディレクトリを削除する前に、確認を求めるプロンプトが表示されます。

次の例では、ディレクトリを 1 つ削除する方法を示します。

Switch# rmdir usbflash0:Test

ディレクトリが削除されたかどうかを確認するには、dir filesystem: ブートローダ コマンドを入力します。

関連コマンド

コマンド

説明

dir

指定されたファイル システムのファイルおよびディレクトリのリストを表示します。

mkdir

指定されたファイル システムに 1 つ以上のディレクトリを新規作成します。

set

環境変数を設定または表示するには、ブートローダ モードで set コマンドを使用します。 環境変数は、スイッチで稼働しているブートローダや他のソフトウェアを制御するために使用できます。

set variable value

構文の説明

variable value

variable および value には、次に示すキーワードのいずれかを使用します。

MANUAL_BOOTスイッチの起動を自動で行うか手動で行うかを決定します。

有効値は 1、yes、0、および no です。 no または 0 に設定されている場合、ブートローダはシステムを自動的に起動しようとします。 他の値に設定されている場合は、ブートローダ モードから手動でスイッチを起動する必要があります。

 

BOOT filesystem:/file-url:自動ブート時にロードおよび実行される実行可能ファイルのセミコロン区切りリストです。

BOOT 環境変数が設定されていない場合、システムは、フラッシュ ファイル システム全体に再帰的な縦型検索を行って、最初に検出された実行可能イメージをロードして実行を試みます。 BOOT 変数が設定されていても、指定されたイメージをロードできなかった場合、システムはフラッシュ ファイル システムで最初に検出した起動可能なファイルを起動しようとします。

 

ENABLE_BREAK:コンソール上の Break キーを使用して自動ブート プロセスを中断できるかどうかを決定します。

有効値は 1、yes、on、0、no、および off です。 1、yes、または on に設定されている場合は、フラッシュ ファイル システムの初期化後にコンソール上で Break キーを押して、自動ブート プロセスを中断できます。

 

HELPER filesystem:/file-url:ブートローダの初期化中に動的にロードされるロード可能ファイルのセミコロン区切りリストです。 ヘルパー ファイルは、ブートローダの機能を拡張したり、パッチを当てたりします。

 

PS1 prompt:ブートローダ モードの場合に、コマンドライン プロンプトとして使用される文字列です。

 

CONFIG_FILE flash: /file-url:Cisco IOS がシステム設定の不揮発性コピーの読み書きに使用するファイル名です。

 

BAUD rate:コンソールで使用される速度(ビット/秒(b/s)単位)です。 コンフィギュレーション ファイルに別の設定が指定されていない限り、Cisco IOS ソフトウェアはブートローダからボー レート設定を継承し、この値を引き続き使用します。 指定できる範囲は 0 ~ 4294967295 b/s です。 有効値は、50、75、110、150、300、600、1200、1800、2000、2400、3600、4800、7200、9600、14400、19200、28800、38400、56000、57600、115200、および 128000 です。

最も一般的な値は、300、1200、2400、9600、19200、57600、および 115200 です。

コマンド デフォルト

環境変数のデフォルト値は、次のとおりです。

MANUAL_BOOT: No (0)

BOOT: ヌル ストリング

ENABLE_BREAK:no(off または 0)(コンソール上で Break キーを押して自動ブート プロセスを中断することはできません)

HELPER: デフォルト値はありません(ヘルパー ファイルは自動的にロードされません)。

PS1: スイッチ:

CONFIG_FILE: config.text

BAUD:9600 b/s

SWITCH_NUMBER: 1

SWITCH_PRIORITY: 1


(注)  


値が設定された環境変数は、各ファイルのフラッシュ ファイル システムに保存されています。 これらのファイルの各行に、環境変数名と等号、その後に変数の値が格納されています。 このファイルに表示されていない変数には値がありません。表示されていればヌル ストリングであっても値があります。 ヌル ストリング(たとえば「 」)に設定されている変数は、値が設定された変数です。 多くの環境変数は事前に定義されており、デフォルト値が設定されています。


コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

環境変数は大文字と小文字の区別があり、指定どおりに入力する必要があります。

値を持つ環境変数は、フラッシュ ファイル システムの外にあるフラッシュ メモリに保存されます。

通常の環境では、環境変数の設定を変更する必要はありません。

MANUAL_BOOT 環境変数は、boot manual グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定することもできます。

BOOT 環境変数は、boot system filesystem:/file-url グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定することもできます。

ENABLE_BREAK 環境変数は、boot enable-break グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定することもできます。

HELPER 環境変数は、boot helper filesystem: / file-url グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定することもできます。

CONFIG_FILE 環境変数は、boot config-file flash: /file-url グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定することもできます。

SWITCH_NUMBER 環境変数は、switch current-stack-member-number renumber new-stack-member-number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定することもできます。

SWITCH_PRIORITY 環境変数は、スイッチ stack-member-number priority priority-number グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して設定することもできます。

ブートローダのプロンプト ストリング(PS1)には、等号(=)を除く、出力可能な文字列を 120 文字まで指定できます。

次の例では、ブートローダのプロンプトを変更する方法を示します。

Switch# set PS1 loader: 
loader: 

設定を確認するには、set ブートローダ コマンドを使用します。

関連コマンド

コマンド

説明

unset

1 つ以上の環境変数を元の設定に戻します。

show cable-diagnostics tdr

タイム ドメイン反射率計(TDR)結果を表示するには、特権 EXEC モードで show cable-diagnostics tdr コマンドを使用します。

show cable-diagnostics tdr interface interface-id

構文の説明

interface-id

TDR が稼働していたインターフェイスを指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

TDR は、銅線のイーサネット 10/100/100 ポートだけでサポートされます。 10 ギガビット イーサネット ポートおよび Small Form-Factor Pluggable(SFP)モジュール ポートではサポートされません。

次に、スイッチでの show cable-diagnostics tdr interface interface-id コマンドの出力例を示します。

		Switch# show cable-diagnostics tdr interface gigabitethernet1/0/23
		TDR test last run on: March 01 00:04:08 
		Interface  Speed  Local pair  Pair length         Remote pair   Pair status
		--------- ----- ---------- ------------------ ----------- --------------------
		Gi1/0/23   1000M  Pair A      1    +/- 1 meters   Pair A        Normal
		                  Pair B      1    +/- 1 meters   Pair B        Normal 
		                  Pair C      1    +/- 1 meters   Pair C        Normal 
		                  Pair D      1    +/- 1 meters   Pair D        Normal 
		
	
表 2 show cable-diagnostics tdr コマンドで出力されるフィールドの説明

フィールド

説明

Interface

TDR が実行されたインターフェイス

Speed

接続速度

Local pair

ローカル インターフェイスで TDR がテストを実行するワイヤ ペア名

Pair length

使用するスイッチについて、問題が発生したケーブルの場所。 次のいずれかの場合に限り、TDR は場所を特定できます。

  • ケーブルが正しく接続され、リンクがアップ状態で、インターフェイス速度が 1000 Mb/s である場合
  • ケーブルが断線している場合
  • ケーブルがショートしている場合

Remote pair

ローカル ペアが接続されたワイヤ ペア名。 ケーブルが正しく接続されリンクがアップ状態である場合だけ、TDR はリモート ペアについて確認します。

Pair status

TDR が実行されているワイヤ ペアのステータス

  • Normal:ワイヤ ペアが正しく接続されています。
  • Not completed:テストは実行中で、完了していません。
  • Not supported:インターフェイスは TDR をサポートしません。
  • Open:ワイヤ ペアが断線しています。
  • Shorted:ワイヤ ペアがショートしています。
  • ImpedanceMis:インピーダンスが一致しません。
  • Short/Impedance Mismatched:インピーダンスが一致しないかケーブルがショートしています。
  • InProgress:診断テストが進行中です。

次に、TDR が稼働しているときの show interface interface-id コマンドの出力例を示します。

		Switch# show interface gigabitethernet1/0/2
		gigabitethernet1/0/2 is up, line protocol is up (connected: TDR in Progress)
		
	

次に、TDR が稼働していないときの show cable-diagnostics tdr interface interface-id コマンドの出力例を示します。

		Switch# show cable-diagnostics tdr interface gigabitethernet1/0/2
		% TDR test was never issued on Gi1/0/2
		
	

インターフェイスで TDR がサポートされない場合、次のメッセージが表示されます。

% TDR test is not supported on スイッチ 1

関連コマンド

コマンド

説明

test cable-diagnostics tdr

インターフェイスで TDR をイネーブルにし、実行します。

show license right-to-use

スイッチにインストールされた apcount の Adder ライセンスの詳細を表示するには、特権 EXEC モードで show license right-to-use コマンドを使用します。

show license right-to-use { default | detail | eula | mismatch | slot | usage | summary }

構文の説明

default

デフォルトのライセンス情報を表示します。

detail

スタック内のすべてのライセンスの詳細を表示します。

EULA

EULA テキストを表示します。

mismatch

不一致ライセンス情報を表示します。

slot

スイッチ番号を指定します。

usage

すべてのライセンスの使用状況の詳細を表示します。

summary

現在使用中のライセンスのサマリーを表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show license right-to-use usage コマンドの出力例と、すべての詳細情報を表示する例を示します。

Switch# show license right-to-use usage
 
 Slot#  License Name     Type     usage-duration(y:m:d)  In-Use  EULA
-----------------------------------------------------------------------
 1      ipservices     permanent    0 :0 :1                yes   yes
 1      ipbase         permanent    0 :0 :0                no    no
 1      ipbase         evaluation   0 :0 :0                no    no
 1      lanbase        permanent    0 :0 :7                no    yes
 1      apcount        evaluation   0 :0 :0                no    no
 1      apcount        base         0 :0 :0                no    no
 1      apcount        adder        0 :0 :0                no    yes
 1      apcount        adder        0 :0 :0                no    yes
 1      apcount        adder        0 :0 :0                no    yes
 1      apcount        adder        0 :0 :0                no    yes
 1      apcount        adder        0 :0 :0                no    yes


Switch#

   

show location

ロケーション情報を表示するには、show location コマンドを使用します。

show location { detail mac-addr | plm | statistics| summary rfid | rfid { client | config | detail MAC-addr | summary } }

構文の説明

detail mac-addr

特定のクライアントの RSSI テーブルのロケーション情報の詳細を表示します。

plm

ロケーションのパス損失測定(CCX S60)の設定を表示します。

statistics

ロケーションベースのシステム統計情報を表示します。

summary

ロケーションベースのシステム サマリー情報を表示します。

rfid

RFID タグ トラッキング情報を表示します。

client

クライアントである RFID タグのサマリーを表示します。

config

RFID タグ トラッキングの設定オプションを表示します。

detail MAC-addr

1 つの rfid タグの詳細情報を表示します。

summary

すべての既知の rfid タグのサマリー情報を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show location plm コマンドの出力例を示します。

Switch# show location plm
Location Path Loss Configuration

Calbration client      : Disabled, Radio: Multiband
Normal clients         : Disabled
Burst interval         : 60
 

show location ap-detect

特定のアクセス ポイントによって検出されたロケーション情報を表示するには、show location ap-detect コマンドを使用します。

show location ap-detect { all | client | rfid | rogue-ap | rogue-client } ap-name

構文の説明

all

クライアント、RFID、不正なアクセス ポイント、および不正なクライアントの情報を表示します。

client

クライアント情報を表示します。

rfid

RFID 情報を表示します。

rogue-ap

不正なアクセス ポイントの情報を表示します。

rogue-client

不正なクライアントの情報を表示します。

ap-name

特定のアクセス ポイント名。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show location ap-detect client コマンドの出力例を示します。

Switch# show location ap-detect client AP02
Clients

MAC Address       Status            Slot  Antenna     RSSI
----------------------------------------------------------
2477.0389.96ac    Associated           1        0      -60
2477.0389.96ac    Associated           1        1      -61
2477.0389.96ac    Associated           0        0      -46
2477.0389.96ac    Associated           0        1      -41


RFID Tags



Rogue AP's



Rogue Clients

MAC Address         State               Slot     Rssi
--------------------------------------------------------
0040.96b3.bce6      Alert               1        -58
586d.8ff0.891a      Alert               1        -72


                                                         
                                                         

show mac address-table move update

スイッチに MAC アドレステーブル移行更新情報を表示するには、EXEC モードで show mac address-table move update コマンドを使用します。

show mac address-table move update

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show mac address-table move update コマンドの出力例を示します。


Switch# show mac address-table move update

Switch-ID : 010b.4630.1780
Dst mac-address : 0180.c200.0010
Vlans/Macs supported : 1023/8320
Default/Current settings: Rcv Off/On, Xmt Off/On
Max packets per min : Rcv 40, Xmt 60
Rcv packet count : 10
Rcv conforming packet count : 5
Rcv invalid packet count : 0
Rcv packet count this min : 0
Rcv threshold exceed count : 0
Rcv last sequence# this min : 0
Rcv last interface : Po2
Rcv last src-mac-address : 0003.fd6a.8701
Rcv last switch-ID : 0303.fd63.7600
Xmt packet count : 0
Xmt packet count this min : 0
Xmt threshold exceed count : 0
Xmt pak buf unavail cnt : 0
Xmt last interface : None


関連コマンド

コマンド

説明

clear mac address-table move update

MAC アドレス テーブル移行更新カウンタをクリアします。

mac address-table move update {receive | transmit}

スイッチ上の MAC アドレステーブル移行更新を設定します。

show nmsp

ネットワーク モビリティ サービス プロトコル(NMSP)設定を表示するには、show nmsp コマンドを使用します。

show nmsp { attachment | capability | notification interval | statistics { connection | summary } | status | subscription detail [ip-addr] | summary }

構文の説明

attachment suppress interfaces

アタッチメント抑制インターフェイスを表示します。

capability

NMSP 機能を表示します。

notification interval

NMSP 通知間隔を表示します。

statistics connection

すべての接続別カウンタを表示します。

statistics summary

NMSP カウンタを表示します。

status

アクティブな NMSP 接続のステータスを表示します。

subscription detail ip-addr

特定の IP アドレスでサブスクライブされている NMSP サービスについてのみの詳細です。

subscription summary

コントローラがサブスクライブされているすべての NMSP サービスの詳細を表示します。

特定の IP アドレスでサブスクライブされている NMSP サービスについてのみの詳細です。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

次に、show nmsp notification interval コマンドの出力例を示します。

Switch#  show nmsp notification interval
NMSP Notification Intervals
---------------------------

RSSI Interval:
 Client               : 2 sec
 RFID                 : 2 sec
 Rogue AP             : 2 sec
 Rogue Client         : 2 sec
Attachment Interval   : 30 sec
Location Interval     : 30 sec
                                                                
 

show tech-support wireless

Cisco Technical Assistance Center(TAC)から頻繁に要求される Cisco ワイヤレス LAN コントローラの変数を表示するには、show tech-support wireless コマンドを使用します。

show tech-support wireless

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次は、show tech-support wireless コマンドの出力例を示します。

Switch# show tech-support wireless
 *** show ap capwap timers ***

Cisco AP CAPWAP timers

AP Discovery timer       : 10
AP Heart Beat timeout    : 30
Primary Discovery timer  : 120
Primed Join timeout      : 0
Fast Heartbeat           : Disabled
Fast Heartbeat timeout   : 1
*** show ap capwap retransmit ***
Global control packet retransmit interval : 3
Global control packet retransmit count : 5

AP Name                           Retransmit Interval             Retransmit Count
------------------------------------------------------------------------------------------------
TSIM_AP-2                         3                               5
TSIM_AP-3                         3                               5
*** show ap dot11 24ghz cleanair air-quality summary ***

AQ = Air Quality
DFS = Dynamic Frequency Selection

*** show ap dot11 24ghz cleanair air-quality worst ***

AQ = Air Quality
DFS = Dynamic Frequency Selection
AP Name             Channel   Avg AQ  Min AQ  Interferers  DFS
--------------------------------------------------------------
                    0         0       0       0            No
*** show ap dot11 24ghz cleanair config ***

Clean Air Solution............................... : Disabled
Air Quality Settings:
    Air Quality Reporting........................ : Disabled
    Air Quality Reporting Period (min)........... : 15
    Air Quality Alarms........................... : Enabled
    Air Quality Alarm Threshold.................. : 10
Interference Device Settings:
    Interference Device Reporting................ : Enabled
        Bluetooth Link........................... : Enabled
        Microwave Oven........................... : Enabled
        802.11 FH................................ : Enabled
        Bluetooth Discovery...................... : Enabled
        TDD Transmitter.......................... : Enabled
        Jammer................................... : Enabled
        Continuous Transmitter................... : Enabled
        DECT-like Phone.......................... : Enabled
        Video Camera............................. : Enabled
        802.15.4................................. : Enabled
        WiFi Inverted............................ : Enabled
        WiFi Invalid Channel..................... : Enabled
        SuperAG.................................. : Enabled
        Canopy................................... : Enabled
        Microsoft Device......................... : Enabled
        WiMax Mobile............................. : Enabled
        WiMax Fixed.............................. : Enabled
    Interference Device Types Triggering Alarms:
        Bluetooth Link........................... : Disabled
        Microwave Oven........................... : Disabled
        802.11 FH................................ : Disabled
        Bluetooth Discovery...................... : Disabled
        TDD Transmitter.......................... : Disabled
        Jammer................................... : Disabled
        Continuous Transmitter................... : Disabled
        DECT-like Phone.......................... : Disabled
        Video Camera............................. : Disabled
  802.15.4................................. : Disabled
        WiFi Inverted............................ : Enabled
        WiFi Invalid Channel..................... : Enabled
        SuperAG.................................. : Disabled
        Canopy................................... : Disabled
        Microsoft Device......................... : Disabled
        WiMax Mobile............................. : Disabled
        WiMax Fixed.............................. : Disabled
    Interference Device Alarms................... : Enabled
Additional Clean Air Settings:
    CleanAir Event-driven RRM State.............. : Disabled
    CleanAir Driven RRM Sensitivity.............. : LOW
    CleanAir Persistent Devices state............ : Disabled

                                       

show wireless band-select

帯域幅選択設定のステータスを表示するには、show wireless band-select コマンドを使用します。

show wireless band-select

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless band-select コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless band-select
Band Select Probe Response    : per WLAN enabling
Cycle Count                  : 2
Cycle Threshold (millisec)   : 200
Age Out Suppression (sec)    : 20
Age Out Dual Band (sec)      : 60
Client RSSI (dBm)            : 80
                                       
                                       

show wireless certificate lsc

コントローラによりローカルで有効な証明書(LSC)が生成されたことを確認するには、show wireless certificate lsc コマンドを使用します。

show wireless certificate lsc { ap-provision | summary }

構文の説明

ap-provision

LSC を使用してプロビジョニングされたアクセス ポイントに関する詳細を表示します。

summary

LSC 証明書設定および証明書のサマリーを表示します。

コマンド デフォルト

なし。

コマンド モード

EXEC モード

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

次に、show wireless certificate lsc summary コマンドの出力例を示します。

> show wireless certificate lsc summary
LSC Enabled...................................... Yes
LSC CA-Server.................................... http://10.0.0.1:8080/caserver
LSC AP-Provisioning.............................. Yes
Provision-List............................... Not Configured
LSC Revert Count in AP reboots............... 3
LSC Params:
Country...................................... 4
State........................................ ca
City......................................... ss
Orgn......................................... org
Dept......................................... dep
Email........................................ dep@co.com
KeySize...................................... 390
LSC Certs:
CA Cert...................................... Not Configured
RA Cert...................................... Not Configured


                                             

次に、LSC を使用してプロビジョニングされたアクセス ポイントに関する詳細を表示する例を示します。

> show wireless certificate lsc ap-provision

LSC AP-Provisioning.............................. Yes
Provision-List................................... Present
Idx Mac Address
--- -------------
1 00:18:74:c7:c0:90
                                

show wireless client calls

スイッチのアクティブ コールまたは拒否呼の総数を表示するには、show wireless client calls コマンドを使用します。

show wireless client calls { active | rejected}

構文の説明

active

アクティブ コールを表示します。

rejected

拒否呼を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless client calls コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless client calls active

TSPEC Calls:

----------------------------------------------------------------------------
MAC Address     AP Name             Status               WLAN  Authenticated
-----------------------------------------------------------------------------
0000.1515.000f    AP-2           Associated              1  Yes

SIP Calls:
------------------
Number of Active TSPEC calls on 802.11a and 802.11b/g: 1
Number of Active SIP calls on 802.11a and 802.11b/g: 0


show wireless client dot11

特定の帯域(2.4 Ghz または 5 Ghz)のアクティブ コールまたは拒否呼の総数を表示するには、show wireless client dot11 コマンドを使用します。

show wireless client dot11 { 24ghz | 5ghz} calls { active | rejected}

構文の説明

24ghz

802.11b/g ネットワークを表示します。

5ghz

802.11a ネットワークを表示します。

calls

ワイヤレス クライアントのコールが表示されます。

active

アクティブ コールを表示します。

rejected

拒否呼を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless client dot11 コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless client dot11 5ghz calls active

 TSPEC Calls:
------------------


SIP Calls:
------------------
Number of Active TSPEC calls on 802.11a: 0
Number of Active SIP calls on 802.11a: 0
 

show wireless client location-calibration

ロケーション キャリブレーションを実行するために現在使用されているクライアントのリストを表示するには、show wireless client location-calibration コマンドを使用します。

show wireless client location-calibration

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless client location-calibration コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless client location-calibration
                                       
                                       

show wireless client probing

プロービング クライアントの数を表示するには、show wireless client probing コマンドを使用します。

show wireless client probing

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless client probing コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless client probing
MAC Address         
------------------
000b.cd15.0001      
000b.cd15.0002      
000b.cd15.0003      
000b.cd15.0004      
000b.cd15.0005      
000b.cd15.0006
                                       
                                       

show wireless client summary

コントローラに関連付けられているアクティブ クライアントのサマリーを表示するには、show wireless client summary コマンドを使用します。

show wireless client summary

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

次に、show wireless client summary コマンドの出力例を示します。

除外リスト(ブラック リスト)のクライアントを表示するには、show wireless exclusionlist コマンドを使用します。

Switch# show wireless client summary
Number of Local Clients : 1


MAC Address    AP Name                          WLAN State              Protocol
--------------------------------------------------------------------------------
0000.1515.000f  AP-2                        1    UP                 11a


                                       
                                       

show wireless client timers

802.11 システム タイマーを表示するには、show wireless client timers コマンドを使用します。

show wireless client timers

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless client timers コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless client timers
 Authentication Response Timeout (seconds)      : 10

                                       

show wireless client voice diagnostics

ワイヤレス クライアントの音声診断パラメータを表示するには、show wireless client voice diagnostics コマンドを使用します。

show wireless client voice diagnostics { qos-map | roam-history | rssi | status | tspec}

構文の説明

qos-map

QoS および DSCP マッピングに関する情報と、4 つのキュー(VO、VI、BE、BK)それぞれのパケット統計が表示されます。 各種 DSCP 値も表示されます。

roam-history

既知のクライアントごとに最新の 3 つのローミング履歴に関する情報を表示します。 出力には、タイムスタンプ、ローミングに関連したアクセス ポイント、およびローミングの理由が含まれ、ローミングに失敗した場合にはその理由も含まれます。

rssi

音声診断がイネーブルの場合の最後の 5 秒間のクライアントの RSSI 値を表示します。

status

クライアントの音声診断のステータスを表示します。

tspec

TSPEC クライアントに対して音声診断がイネーブルになっている場合に表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

使用上のガイドライン

音声診断を動作させるには、デバッグ音声診断をイネーブルにする必要があります。

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless client voice diagnostics status コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless client voice diagnostics status
Voice Diagnostics Status: FALSE

show wireless country

設定されている国とサポートされている無線タイプを表示するには、show wireless country コマンドを使用します。

show wireless country { channels | configured | supported [tx-power] }

構文の説明

channels

各帯域で使用可能なチャネルのリスト、および設定されている国で許可されているチャネルのリストを表示します。

configured

設定されている国を表示します。

supported tx-power

サポートされている各国の、許可された Tx 電源のリストを表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless country channels コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless country channels
  Configured Country.............................: US  - United States
      KEY: * = Channel is legal in this country and may be configured manually.
           A = Channel is the Auto-RF default in this country.
           . = Channel is not legal in this country.
           C = Channel has been configured for use by Auto-RF.
           x = Channel is available to be configured for use by Auto-RF.
         (-,-) = (indoor, outdoor) regulatory domain allowed by this country.
-----------------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
    802.11bg     :
    Channels     :                   1 1 1 1 1
                 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
-----------------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
 (-A   ,-AB  )  US  :  A * * * * A * * * * A . . .
 Auto-RF         : . . . . . . . . . . . . . .
-----------------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
 802.11a         :                         1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1
 Channels        : 3 3 3 4 4 4 4 4 5 5 6 6 0 0 0 1 1 2 2 2 3 3 4 4 5 5 6 6
                 : 4 6 8 0 2 4 6 8 2 6 0 4 0 4 8 2 6 0 4 8 2 6 0 9 3 7 1 5
-----------------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
 (-A   ,-AB  )  US  :  . A . A . A . A A A A A * * * * * . . . * * * A A A A *
 Auto-RF         : . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
-----------------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
 4.9GHz 802.11a  :
   Channels      :                   1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 2 2 2 2 2 2
                 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6
-----------------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
 US (-A   ,-AB  ): * * * * * * * * * * * * * * * * * * * A * * * * * A
 Auto-RF         : . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
-----------------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

                                                   
                                                   

次に、show wireless country configured コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless country configured
 Configured Country.............................: US  - United States
 Configured Country Codes
        US  - United States : 802.11a Indoor,Outdoor/ 802.11b / 802.11g

次に、show wireless country supported tx-power コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless country supported tx-power
      KEY: ##    = Tx Power in dBm.
           ##*   = Channel supports radar detection .
           .     = Channel is not legal in this country.
           (-)   = Regulatory Domains allowed by this country.
           (-,-) = (indoor, outdoor) regulatory Domains allowed by this country.
-----------------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
    802.11bg     :
    Channels     :                   1 1 1 1 1
                 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4
-----------------:+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
 (-CE  ,-CE  )  AE  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  AL  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-AR  )  AR  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  AT  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-NA  )  AU  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-    )  BA  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  BE  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  BG  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-    )  BH  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-A   )  BO  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-AR  )  BR  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-    )  BY  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-ABN )  CA  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-ABN )  CA2 :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  CH  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-AER ,-AR  )  CL  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  CM  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-CE  ,-CE  )  CN  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-AR  )  CO  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-AB  )  CR  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  CY  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  CZ  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  DE  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  DK  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-ABN )  DO  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-    )  DZ  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-AB  )  EC  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  EE  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  EG  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  ES  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  FI  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  FR  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  GB  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  GI  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  GR  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-NA  )  HK  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-    )  HR  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  HU  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-ER  )  ID  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  IE  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-EI  ,-IE  )  IL  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-I   ,-I   )  ILO :   .  .  .  . 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-AN  )  IN  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  IQ  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  IS  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  IT  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-JPU ,-JPU )  J2  :  23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23
 (-JPU ,-JPU )  J3  :  23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23
 (-JPQU,-PQ  )  J4  :  23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23
 (-E   ,-    )  JO  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-JPU ,-JPU )  JP  :  23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23 23
 (-ACE ,-ACEK)  KE  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  KN  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-ACE ,-ACEK)  KR  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  KW  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  KZ  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  LB  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  LI  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,     )  LK  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  LT  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  LU  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  LV  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  MC  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  ME  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  MK  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,     )  MO  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  MT  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-NA  )  MX  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-ACE ,-AEC )  MY  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  NL  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  NO  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-NA  )  NZ  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  OM  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-AR  )  PA  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-AR  )  PE  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-ABN )  PH  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-ABN )  PH2 :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  PK  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  PL  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-A   )  PR  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  PT  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-A   )  PY  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  QA  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  RO  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  RS  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-AER ,-ER  )  RU  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-AE  ,-AE  )  SA  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  SE  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-SE  )  SG  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20
 (-E   ,-E   )  SI  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  SK  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-ER  )  TH  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  TN  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-EI  ,-E   )  TR  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-ANT )  TW  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  UA  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-A   ,-AB  )  US  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-AB  )  US2 :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-AB  )  USL :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-    )  USX :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-A   )  UY  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-A   ,-AR  )  VE  :  27 27 27 27 27 27 27 27 27 27 27  .  .  .
 (-E   ,-E   )  VN  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .
 (-E   ,-E   )  ZA  :  20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20 20  .

show wireless detail

設定済みのワイヤレス パラメータの詳細を表示するには、show wireless detail コマンドを使用します。

show wireless detail

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

次のようなパラメータが表示されます。
  • ワイヤレス ユーザのアイドル タイムアウト
  • コントローラが設定された RF グループ名
  • 高速 SSID 変更

次に、show wireless detail コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless detail
User Timeout               : 300
RF network                 : default
Fast SSID                  : Disabled

                                       
                                       

show wireless dtls connections

Datagram Transport Layer Security(DTLS)のステータスを表示するには、show wireless dtls connections コマンドを使用します。

show wireless dtls connections

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless dtls connections コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless dtls connections
 AP Name         Local Port   Peer IP    Peer Port  Ciphersuite
----------------------------------------------------------------------
  AP-2       Capwap_Ctrl   10.0.0.16     52346      TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA
  AP-3       Capwap_Ctrl   10.0.0.17     52347      TLS_RSA_WITH_AES_128_CBC_SHA

                                       
                                       

show wireless load-balancing

ロードバランシング機能のステータスを表示するには、show wireless load-balancing コマンドを使用します。

show wireless load-balancing

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless load-balancing コマンドの出力例を示します。

 > show wireless load-balancing
Aggressive Load Balancing............................: per WLAN enabling
Aggressive Load Balancing Window (clients).................:: 5
Aggressive Load Balancing Denial Count.....................:: 3

Statistics
Total Denied Count (clients)................................:: 0
Total Denial Sent (messages)................................:: 0
Exceeded Denial Max Limit Count (times).....................:: 0
None 5G Candidate Count (times).............................:: 0
None 2.4G Candidate Count (times)...........................:: 0

                                       
                                       

show wireless performance

アグレッシブ ロード バランシングの設定を表示するには、show wireless performance コマンドを使用します。

show wireless performance { ap | client } summary

構文の説明

ap summary

コントローラに設定されたアクセス ポイントのアグレッシブ ロード バランシングの設定を表示します。

client summary

クライアントのアグレッシブ ロード バランシングの設定の詳細を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless performance ap summary コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless performance ap summary
Number of APs:


                                                

次に、show wireless performance client summary コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless performance client summary
Number of Clients:

MAC Address        AP Name           Status        WLAN/Guest-Lan Auth Protocol Port Wired
------------------------------------------------------------------------------------------


                                                

show wireless pmk-cache

ペアワイズ マスター キー(PMK)キャッシュの情報を表示するには、show wireless pmk-cache コマンドを使用します。

show wireless pmk-cache [ mac-address mac-addr ]

構文の説明

mac-address mac-addr

(任意)PMK キャッシュの単一エントリに関する情報。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless pmk-cache mac-address コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless pmk-cache mac-address H.H.H 
Number of PMK caches in total : 0

                                          
                                          

show wireless probe

高度なプローブ要求フィルタリング設定、クライアントごとにアクセス ポイント単位で WLAN コントローラに送信されたプローブの数、およびプローブ間隔(ミリ秒)を表示するには、show wireless probe コマンドを使用します。

show wireless probe

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless probe コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless probe
Probe request filtering                          : Enabled
Number of probes per client per radio fwd from AP: 2
Probe request rate-limiting interval             : 500 msec
Aggregate probe request interval                 : 500 msec


                                       
                                       

show wireless sip preferred-call-no

SIP 優先コール番号を表示するには、show wireless sip preferred-call-no コマンドを使用します。

show wireless sip preferred-call-no

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless sip preferred-call-no コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless sip preferred-call-no
Index Preferred-Number
----------------------
1     1031
2     1032
4     1034



                                       
                                       

show wireless summary

コントローラに認識されているアクセス ポイント、無線およびワイヤレス クライアントの数を表示するには、show wireless summary コマンドを使用します。

show wireless summary

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、show wireless summary コマンドの出力例を示します。

Switch# show wireless summary

Access Point Summary

               Total    Up    Down
-----------------------------------
802.11a/n          2     2       0
802.11b/g/n        2     2       0
All APs            2     2       0

Client Summary

Current Clients : 1
Excluded Clients: 0
Disabled Clients: 0
                                       

shutdown

システムの要素をシャットダウンするには、shutdown コマンドを使用します。 設定をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

shutdown

{ no shutdown }

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC またはグローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、WLAN をシャットダウンする例を示します。


Switch(config)# wlan open1
Switch(config-wlan)# shutdown

この例では、アクセス ポイントをシャット ダウンしていません。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ap name 3602a no shutdown

system env temperature threshold yellow

イエローの温度しきい値を決定する、イエローとレッドの温度しきい値の差を設定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで system env temperature threshold yellow コマンドを使用します。 デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

system env temperature threshold yellow value

no system env temperature threshold yellow value

構文の説明

value

イエローとレッドのしきい値の差を指定します(摂氏)。 指定できる範囲は 10 ~ 25 です。

コマンド デフォルト

これらは、デフォルト値です。

表 3 温度しきい値のデフォルト値

スイッチ

イエローとレッドの差

レッド1

Catalyst 3850

14 °C

60 °C

1 レッドの温度しきい値を設定することはできません。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

グリーンとレッドのしきい値を設定することはできませんが、イエローのしきい値を設定することはできます。 イエローとレッドのしきい値の差を指定して、イエローのしきい値を設定するには、system env temperature threshold yellow value グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 たとえば、レッドのしきい値が 66 °C の場合に、イエローのしきい値を 51 °C に設定するには、system env temperature threshold yellow 15 コマンドを使用してしきい値の差を 15 に設定します。 たとえば、レッドのしきい値が 60 °C の場合に、イエローのしきい値を 51 °C に設定するには、system env temperature threshold yellow 9 コマンドを使用してしきい値の差を 15 に設定します。


(注)  


スイッチ内部の温度センサーでシステム内の温度を測定するため、±5 °C の差が生じる可能性があります。


次の例では、イエローとレッドのしきい値の差を 15 に設定する方法を示します。

		Switch(config)# system env temperature threshold yellow 15
		Switch(config)#

	

関連コマンド

コマンド

説明

show env temperature status

温度ステータスとしきい値レベルを表示します。

test cable-diagnostics tdr

インターフェイス上でタイム ドメイン反射率計(TDR)機能を実行するには、特権 EXEC モードで test cable-diagnostics tdr コマンドを使用します。

test cable-diagnostics tdr interface interface-id

構文の説明

interface-id

TDR を実行するインターフェイスを指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

TDR は、銅線のイーサネット 10/100/100 ポートだけでサポートされます。 10 ギガビット イーサネット ポートまたは Small Form-Factor Pluggable(SFP)モジュール ポートではサポートされません。

test cable-diagnostics tdr interface interface-id コマンドを使用して TDR を実行した後、結果を表示するには show cable-diagnostics tdr interface interface-id 特権 EXEC コマンドを使用します。

次の例では、インターフェイス上で TDR を実行する方法を示します。

		Switch# test cable-diagnostics tdr interface gigabitethernet1/0/2
		TDR test started on interface Gi1/0/2
		A TDR test can take a few seconds to run on an interface
		Use 'show cable-diagnostics tdr' to read the TDR results.
		
		

インターフェイスのリンク ステータスがアップ状態で速度が 10 Mb/s または 100 Mb/s である場合、test cable-diagnostics tdr interface interface-id コマンドを入力すると、次のメッセージが表示されます。

		Switch# test cable-diagnostics tdr interface gigabitethernet1/0/3
		TDR test on Gi1/0/9 will affect link state and traffic
		TDR test started on interface Gi1/0/3
		A TDR test can take a few seconds to run on an interface
		Use 'show cable-diagnostics tdr' to read the TDR results.

		

関連コマンド

コマンド

説明

show cable-diagnostics tdr

TDR 結果が表示されます。

traceroute mac

指定の送信元 MAC アドレスから、指定の宛先 MAC アドレスまでをパケットが通過するレイヤ 2 パスを表示するには、特権 EXEC モードで traceroute mac コマンドを使用します。

traceroute mac [ interface interface-id ] source-mac-address [ interface interface-id ] destination-mac-address [ vlan vlan-id ] [detail]

構文の説明

interface interface-id

(任意)送信元または宛先スイッチのインターフェイスを指定します。

source-mac-address

送信元スイッチの MAC アドレスを指定します(16 進数)。

destination-mac-address

宛先スイッチの MAC アドレスを指定します(16 進数)。

vlan vlan-id

(任意)送信元スイッチから宛先スイッチまでパケットが通過するレイヤ 2 パスをトレースする VLAN を指定します。 指定できる VLAN ID の範囲は 1 ~ 4094 です。

detail

(任意)詳細情報を表示するように指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

レイヤ 2 トレースルートを適切に機能させるには、Cisco Discovery Protocol(CDP)がネットワークのすべてのスイッチでイネーブルになっている必要があります。 CDP をディセーブルにすることは避けてください。

スイッチがレイヤ 2 パス内でレイヤ 2 トレースルートをサポートしていないデバイスを検知した場合、スイッチはレイヤ 2 トレース クエリーを送信し続け、タイムアウトにします。

パス内で識別可能な最大ホップ数は 10 です。

レイヤ 2 traceroute はユニキャスト トラフィックだけをサポートします。 マルチキャストの送信元または宛先 MAC アドレスを指定しても、物理的なパスは識別されず、エラー メッセージが表示されます。

指定された送信元および宛先アドレスが同じ VLAN にある場合、traceroute mac コマンド出力はレイヤ 2 パスを表示します。 異なる VLAN にある送信元および宛先アドレスを指定した場合、レイヤ 2 パスは識別されず、エラー メッセージが表示されます。

送信元または宛先 MAC アドレスが複数の VLAN に属する場合は、送信元および宛先 MAC アドレスの両方が属している VLAN を指定する必要があります。 VLAN を指定しないと、パスは識別されず、エラー メッセージが表示されます。

複数の装置がハブを介して 1 つのポートに接続されている場合(たとえば、複数の CDP ネイバーがポートで検出されるなど)、レイヤ 2 traceroute 機能はサポートされません。 複数の CDP ネイバーが 1 つのポートで検出された場合、レイヤ 2 パスは特定されず、エラー メッセージが表示されます。

この機能は、トークンリング VLAN ではサポートされません。

次の例では、送信元および宛先 MAC アドレスを指定することで、レイヤ 2 のパスを表示する方法を示します。

		Switch# traceroute mac 0000.0201.0601 0000.0201.0201
		Source 0000.0201.0601 found on con6[WS-C3750E-24PD] (2.2.6.6)
		con6 (2.2.6.6) :Gi0/0/1 => Gi0/0/3
		con5                 (2.2.5.5        )  :    Gi0/0/3 => Gi0/0/1
		con1                 (2.2.1.1        )  :    Gi0/0/1 => Gi0/0/2
		con2                 (2.2.2.2        )  :    Gi0/0/2 => Gi0/0/1
		Destination 0000.0201.0201 found on con2[WS-C3550-24] (2.2.2.2)
		Layer 2 trace completed
		
		

次に、detail キーワードを使用してレイヤ 2 パスを表示する例を示します。

		Switch# traceroute mac 0000.0201.0601 0000.0201.0201 detail
		Source 0000.0201.0601 found on con6[WS-C3750E-24PD] (2.2.6.6)
		con6 / WS-C3750E-24PD / 2.2.6.6 :
		        Gi0/0/2 [auto, auto] => Gi0/0/3 [auto, auto]
		con5 / WS-C2950G-24-EI / 2.2.5.5 :
		        Fa0/3 [auto, auto] => Gi0/1 [auto, auto]
		con1 / WS-C3550-12G / 2.2.1.1 :
		        Gi0/1 [auto, auto] => Gi0/2 [auto, auto]
		con2 / WS-C3550-24 / 2.2.2.2 :
		        Gi0/2 [auto, auto] => Fa0/1 [auto, auto]
		Destination 0000.0201.0201 found on con2[WS-C3550-24] (2.2.2.2)
		Layer 2 trace completed.
		
		

次に、送信元および宛先スイッチのインターフェイスを指定してレイヤ 2 パスを表示する例を示します。

		Switch# traceroute mac interface fastethernet0/1 0000.0201.0601 interface fastethernet0/3 0000.0201.0201
		Source 0000.0201.0601 found on con6[WS-C3750E-24PD] (2.2.6.6)
		con6 (2.2.6.6) :Gi0/0/1 => Gi0/0/3
		con5                 (2.2.5.5        )  :    Gi0/0/3 => Gi0/0/1
		con1                 (2.2.1.1        )  :    Gi0/0/1 => Gi0/0/2
		con2                 (2.2.2.2        )  :    Gi0/0/2 => Gi0/0/1
		Destination 0000.0201.0201 found on con2[WS-C3550-24] (2.2.2.2)
		Layer 2 trace completed
		
		

次に、スイッチが送信元スイッチに接続されていない場合のレイヤ 2 パスの例を示します。

		Switch# 
            traceroute mac 0000.0201.0501 0000.0201.0201 detail
		Source not directly connected, tracing source .....
		Source 0000.0201.0501 found on con5[WS-C3750E-24TD] (2.2.5.5)
		con5 / WS-C3750E-24TD / 2.2.5.5 :
		        Gi0/0/1 [auto, auto] => Gi0/0/3 [auto, auto]
		con1 / WS-C3550-12G / 2.2.1.1 :
		        Gi0/1 [auto, auto] => Gi0/2 [auto, auto]
		con2 / WS-C3550-24 / 2.2.2.2 :
		        Gi0/2 [auto, auto] => Fa0/1 [auto, auto]
		Destination 0000.0201.0201 found on con2[WS-C3550-24] (2.2.2.2)
		Layer 2 trace completed.
		
		

次に、スイッチが送信元 MAC アドレスの宛先ポートが見つけられない場合のレイヤ 2 パスの例を示します。

		Switch# traceroute mac 0000.0011.1111 0000.0201.0201
		Error:Source Mac address not found. 
		Layer2 trace aborted.
		
		

次の例では、送信元および宛先デバイスが異なる VLAN にある場合のレイヤ 2 のパスを示します。

		Switch# traceroute mac 0000.0201.0601 0000.0301.0201
		Error:Source and destination macs are on different vlans. 
		Layer2 trace aborted.
		
		

次の例では、宛先 MAC アドレスがマルチキャスト アドレスの場合のレイヤ 2 のパスを示します。

		Switch# traceroute mac 0000.0201.0601 0100.0201.0201
		Invalid destination mac address
		
		

次に、送信元および宛先スイッチが複数の VLAN にある場合のレイヤ 2 パスの例を示します。

		Switch# traceroute mac 0000.0201.0601 0000.0201.0201
		Error:Mac found on multiple vlans.
		Layer2 trace aborted.

		

関連コマンド

コマンド

説明

traceroute mac ip

指定の送信元 IP アドレスまたはホスト名から、指定の宛先 IP アドレスまたはホスト名を通過するパケットのレイヤ 2 パスを表示します。

traceroute mac ip

指定の送信元 IP アドレスまたはホスト名から、指定の宛先 IP アドレスまたはホスト名までを通過するパケットのレイヤ 2 パスを表示するには、特権 EXEC モードで traceroute mac ip コマンドを使用します。

traceroute mac ip { source-ip-address | source-hostname } { destination-ip-address | destination-hostname } [detail]

構文の説明

source-ip-address

送信元スイッチの IP アドレスを、32 ビットの値で指定します(ドット付き 10 進数)。

destination-ip-address

宛先スイッチの IP アドレスを、32 ビットの値で指定します(ドット付き 10 進数)。

source-hostname

送信元スイッチの IP ホスト名を指定します。

destination-hostname

宛先スイッチの IP ホスト名を指定します。

detail

(任意)詳細情報を表示するように指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

レイヤ 2 トレースルートを適切に機能させるには、Cisco Discovery Protocol(CDP)がネットワークのすべてのスイッチでイネーブルになっている必要があります。 CDP をディセーブルにすることは避けてください。

スイッチがレイヤ 2 パス内でレイヤ 2 トレースルートをサポートしていないデバイスを検知した場合、スイッチはレイヤ 2 トレース クエリーを送信し続け、タイムアウトにします。

パス内で識別可能な最大ホップ数は 10 です。

指定された送信元および宛先の IP アドレスが同一のサブネット内にある場合、traceroute mac ip コマンド出力はレイヤ 2 パスを表示します。 IP アドレスを指定した場合、スイッチはアドレス解決プロトコル(ARP)を使用し、IP アドレスとそれに対応する MAC アドレスおよび VLAN ID を関連付けます。

  • 指定の IP アドレスの ARP のエントリが存在している場合、スイッチは関連付けられた MAC アドレスを使用し、物理パスを識別します。
  • ARP のエントリが存在しない場合、スイッチは ARP クエリーを送信し、IP アドレスを解決しようと試みます。 IP アドレスは同一のサブネットにある必要があります。 IP アドレスが解決されない場合は、パスは識別されず、エラー メッセージが表示されます。

複数の装置がハブを介して 1 つのポートに接続されている場合(たとえば、複数の CDP ネイバーがポートで検出されるなど)、レイヤ 2 traceroute 機能はサポートされません。 複数の CDP ネイバーが 1 つのポートで検出された場合、レイヤ 2 パスは特定されず、エラー メッセージが表示されます。

この機能は、トークンリング VLAN ではサポートされません。

次に、detail キーワードを使用して送信元および宛先 IP アドレスを指定することで、レイヤ 2 パスを表示する例を示します。

		Switch# traceroute mac ip 2.2.66.66 2.2.22.22 detail
		Translating IP to mac ..... 
		2.2.66.66 => 0000.0201.0601
		2.2.22.22 => 0000.0201.0201
		
		Source 0000.0201.0601 found on con6[WS-C2950G-24-EI] (2.2.6.6)
		con6 / WS-C3750E-24TD / 2.2.6.6 :
		        Gi0/0/1 [auto, auto] => Gi0/0/3 [auto, auto]
		con5 / WS-C2950G-24-EI / 2.2.5.5 :
		        Fa0/3 [auto, auto] => Gi0/1 [auto, auto]
		con1 / WS-C3550-12G / 2.2.1.1 :
		        Gi0/1 [auto, auto] => Gi0/2 [auto, auto]
		con2 / WS-C3550-24 / 2.2.2.2 :
		        Gi0/2 [auto, auto] => Fa0/1 [auto, auto]
		Destination 0000.0201.0201 found on con2[WS-C3550-24] (2.2.2.2)
		Layer 2 trace completed.
		
		

次の例では、送信元および宛先ホスト名を指定することで、レイヤ 2 のパスを表示する方法を示します。

		Switch# traceroute mac ip con6 con2
		Translating IP to mac ..... 
		2.2.66.66 => 0000.0201.0601
		2.2.22.22 => 0000.0201.0201
		
		Source 0000.0201.0601 found on con6
		con6 (2.2.6.6) :Gi0/0/1 => Gi0/0/3
		con5                 (2.2.5.5        )  :    Gi0/0/3 => Gi0/1
		con1                 (2.2.1.1        )  :    Gi0/0/1 => Gi0/2
		con2                 (2.2.2.2        )  :    Gi0/0/2 => Fa0/1
		Destination 0000.0201.0201 found on con2
		Layer 2 trace completed
		
		

次の例では、ARP が送信元 IP アドレスと対応する MAC アドレスを関連付けられない場合の、レイヤ 2 のパスを示します。

		Switch# traceroute mac ip 2.2.66.66 2.2.77.77
		Arp failed for destination 2.2.77.77.
		Layer2 trace aborted.

		

関連コマンド

コマンド

説明

traceroute mac

指定の送信元 MAC アドレスから、指定の宛先 MAC アドレスまでをパケットが通過するレイヤ 2 パスを表示します。

trapflags

不正なアクセス ポイント検出トラップの送信をイネーブルにするには、trapflags コマンドを使用します。 不正なアクセス ポイント検出トラップの送信をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

trapflags rogueap

no trapflags rogueap

構文の説明

rogueap

不正なアクセス ポイント検出トラップの送信をイネーブルにします。

コマンド デフォルト

イネーブル

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、不正なアクセス ポイント検出トラップの送信をディセーブルにする例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# no trapflags rogueap
Switch(config)# end
                                             
                                             

trapflags client

クライアント関連 DOT11 トラップの送信をイネーブルにするには、trapflags client コマンドを使用します。 クライアント関連 DOT11 トラップの送信をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

trapflags client [ dot11 { assocfail | associate | authfail | deauthenticate | disassociate } | excluded ]

no trapflags client [ dot11 { assocfail | associate | authfail | deauthenticate | disassociate } | excluded ]

構文の説明

dot11

クライアント関連 DOT11 トラップ。

assocfail

クライアントへの Dot11 アソシエーション エラー トラップの送信をイネーブルにします。

associate

クライアントへの Dot11 アソシエーション トラップの送信をイネーブルにします。

authfail

クライアントへの Dot11 認証エラー トラップの送信をイネーブルにします。

deauthenticate

クライアントへの Dot11 認証解除トラップの送信をイネーブルにします。

disassociate

クライアントへの Dot11 ディスアソシエーション トラップの送信をイネーブルにします。

excluded

除外したトラップのクライアントへの送信をイネーブルにします。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、クライアントへの Dot11 ディスアソシエーション トラップの送信をイネーブルにする例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# trapflags client dot11 disassociate
Switch(config)# end
                                                            
                                                            

type

1 つ以上のファイルの内容を表示するには、ブートローダ モードで type コマンドを使用します。

type filesystem:/file-url...

構文の説明

filesystem:

フラッシュ ファイル システムのエイリアスです。 システム ボード フラッシュ デバイスには flash: を使用します。

/file-urll

表示するファイルのパス(ディレクトリ)および名前です。 ファイル名はスペースで区切ります。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ファイル名およびディレクトリ名は、大文字と小文字を区別します。

ファイルのリストを指定した場合は、各ファイルの内容が順に表示されます。

次の例では、ファイルの内容を表示する方法を示します。

Switch# type flash:image_file_name/info
version_suffix: universal-122-xx.SEx
version_directory: image_file_name
image_system_type_id: 0x00000002
image_name: image_file_name.bin
ios_image_file_size: 8919552
total_image_file_size: 11592192
image_feature: IP|LAYER_3|PLUS|MIN_DRAM_MEG=128
image_family: family
stacking_number: 1.34
board_ids: 0x00000068 0x00000069 0x0000006a 0x0000006b 
info_end:

関連コマンド

コマンド

説明

cat

1 つ以上のファイルの内容を表示します。

more

1 つ以上のファイルの内容を表示します。

unset

1 つ以上の環境変数をリセットするには、ブートローダ モードで unset コマンドを使用します。

unsetvariable...

構文の説明

variable

variable には、次に示すキーワードのいずれかを使用します。

MANUAL_BOOTスイッチの起動を自動で行うか手動で行うかを決定します。

 

BOOT:自動ブート時に、実行可能ファイルのリストをリセットして、ロードおよび実行します。 BOOT 環境変数が設定されていない場合、システムは、フラッシュ ファイル システム全体に再帰的な縦型検索を行って、最初に検出された実行可能イメージをロードして実行を試みます。 BOOT 変数が設定されていても、指定されたイメージをロードできなかった場合、システムはフラッシュ ファイル システムで最初に検出した起動可能なファイルを起動しようとします。

 

ENABLE_BREAK:フラッシュ ファイル システムの初期化後に、コンソール上の Break キーを使用して自動ブート プロセスを中断できるかどうかを決定します。

 

HELPER:ブートローダの初期化中に動的にロードされるロード可能ファイルのセミコロン区切りリストです。 ヘルパー ファイルは、ブートローダの機能を拡張したり、パッチを当てたりします。

 

PS1:ブートローダ モードの場合に、コマンドライン プロンプトとして使用される文字列です

 

CONFIG_FILE:Cisco IOS がシステム設定の不揮発性コピーの読み書きに使用するファイル名をリセットします。

 

BAUD:コンソールで使用される速度(ビット/秒(b/s)単位)をリセットします。 コンフィギュレーション ファイルに別の設定が指定されていない限り、Cisco IOS ソフトウェアはブートローダからボー レート設定を継承し、この値を引き続き使用します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

通常の環境では、環境変数の設定を変更する必要はありません。

MANUAL_BOOT 環境変数は、no boot manual グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してリセットすることもできます。

BOOT 環境変数は、no boot system グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してリセットすることもできます。

ENABLE_BREAK 環境変数は、no boot enable-break グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してリセットすることもできます。

HELPER 環境変数は、no boot helper グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してリセットすることもできます。

CONFIG_FILE 環境変数は、no boot config-file グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用してリセットすることもできます。

次の例では、プロンプト ストリングを元の設定にリセットする方法を示します。

スイッチ# unset PS1


関連コマンド

コマンド

説明

set

環境変数を設定または表示します。

version

ブートローダのバージョンを表示するには、ブートローダ モードで version コマンドを使用します。

version

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ブートローダ

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、スイッチのブートローダのバージョンを表示する例を示します。

Switch# version
C3850 Boot Loader (C3850-HBOOT-M) Version 1.1, RELEASE SOFTWARE (P)
Compiled Fri Nov 16 06:32:46 PST 2012 by rel


wireless client

クライアント パラメータを設定するには、wireless client コマンドを使用します。

wireless client { association limit assoc-number interval interval | band-select { client-rssi rssi | cycle-count count | cycle-threshold threshold | expire dual-band timeout | expire suppression timeout } | max-user-login max-user-login | timers auth-timeout seconds | user-timeout user-timeout }

構文の説明

association limit assoc-number interval interval

指定された間隔でのアクセス ポイント スロット単位のアソシエーション要求制限をイネーブルにし、アソシエーション要求制限間隔を設定します。

指定された間隔でのアクセス ポイント スロット単位のアソシエーション要求数は、1 ~ 100 の範囲で設定できます。

クライアント アソシエーション要求制限間隔は、100 ~ 10000 ミリ秒の範囲で設定できます。

band-select

クライアントの帯域幅選択オプションを設定します。

client-rssi rssi

帯域幅選択のためのクライアント Received Signal Strength Indicator(RSSI)しきい値を設定をします。

プローブに応答するクライアント RSSI の最小 dBm は -90 ~ -20 です。

cycle-count count

帯域幅選択プローブ サイクル カウントを設定します。

サイクル カウントは 1 ~ 10 の範囲で設定できます。

cycle-threshold threshold

新しいスキャン サイクルの時間しきい値を設定します。

サイクルしきい値は 1 ~ 1000 ミリ秒の範囲で設定できます。

expire dual-band timeout

特定のクライアントを 5 GHz 帯域にプッシュする試みを停止する前にタイムアウトを設定します。

タイムアウトは 10 ~ 300 秒の範囲で設定できます。デフォルト値は 60 秒です。

expire suppression timeout

以前の既知のデュアル バンド クライアントをプルーニングするための有効期限を設定します。

抑制は 10 ~ 200 秒の範囲で設定できます。デフォルトのタイムアウト値は 20 秒です。

max-user-login max-user-login

ユーザの最大ログイン セッション数を設定します。

timers auth-timeout seconds

クライアント タイマーを設定します。

user-timeout user-timeout

アイドル クライアントのタイムアウトを設定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、帯域幅選択のプローブ サイクル カウントを 8 に設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# wireless client band-select cycle-count 8 
Switch(config)# end    
 
                                                                   
                                                                        

次に、新しいスキャン サイクルの時間しきい値を 700 ミリ秒に設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# wireless client band-select cycle-threshold 700
Switch(config)# end


次に、デュアル バンド データベースからのデュアル バンド クライアントを 70 秒後に抑制する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# wireless client band-select expire suppression 70
Switch(config)# end


wireless client mac-address deauthenticate

ワイヤレス クライアントを切断するには、wireless client mac-address deauthenticate コマンドを使用します。

wirelessclientmac-address mac-addr deauthenticate

構文の説明

mac-address mac-addr

ワイヤレス クライアントの MAC アドレス。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

次に、ワイヤレス クライアントを切断する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# wireless client mac-address 00:1f:ca:cf:b6:60 deauthenticate   
Switch(config)# end
                              

wireless client mac-address

ワイヤレス クライアントを設定するには、wireless client mac-address コマンドを使用します。

wireless client mac-address mac-addr ccx { clear-reports | clear-results | default-gw-ping | dhcp-test | dns-ping | dns-resolve hostname host-name | get-client-capability | get-manufacturer-info | get-operating-parameters | get-profiles | log-request { roam | rsna | syslog } | send-message message-id | stats-request measurement-duration { dot11 | security } | test-abort | test-association ssid bssid dot11 channel | test-dot1x [profile-id] bssid dot11 channel | test-profile { any | profile-id } }

構文の説明

mac-addr

クライアントの MAC アドレス。

ccx

Cisco Client Extension(CCX)。

clear-reports

クライアント レポートの情報をクリアします。

clear-results

コントローラ上のテスト結果をクリアします。

default-gw-ping

デフォルト ゲートウェイの ping テストを実行する要求をクライアントに送信します。

dhcp-test

DHCP テストを実行する要求をクライアントに送信します。

dns-ping

ドメイン ネーム システム(DNS)サーバの IP アドレスの ping テストを実行する要求をクライアントに送信します。

dns-resolve hostname host-name

指定されたホスト名に対してドメイン ネーム システム(DNS)解決テストを実行する要求をクライアントに送信します。

get-client-capability

機能情報を送信する要求をクライアントに送信します。

get-manufacturer-info

製造元情報を送信する要求をクライアントに送信します。

get-operating-parameters

現在の動作パラメータを送信する要求をクライアントに送信します。

get-profiles

プロファイルを送信する要求をクライアントに送信します。

log-request

指定されたクライアント デバイスに CCX ログ要求を設定します。

roam

(任意)クライアント CCX ローミング ログを指定する要求を指定します。

rsna

(任意)クライアント CCX ロバスト セキュリティ ネットワーク アソシエーション(RSNA)ログを指定する要求を指定します。

syslog

(任意)クライアント CCX システム ログを指定する要求を指定します。

send-message message-id

クライアントにメッセージを送信します。

メッセージ タイプは次のいずれかが含まれます。
  • 1:SSID が無効です。
  • 2:ネットワーク設定が無効です。
  • 3:WLAN の信頼性に不一致があります。
  • 4:ユーザの資格情報が間違っています。
  • 5:サポートにお問い合わせください。
  • 6:問題は解決されました。
  • 7:問題は解決されていません。
  • 8:もう一度後で作業を行ってください。
  • 9:示された問題を修正してください。
  • 10:ネットワークにより、トラブルシューティングが拒否されました。
  • 11:クライアント レポートを取得中です。
  • 12:クライアント ログを取得中です。
  • 13:取得が完了しました。
  • 14:アソシエーション テストを開始します。
  • 15:DHCP テストを開始します。
  • 16:ネットワーク接続テストを開始します。
  • 17:DNS ping テストを開始します。
  • 18:名前解決テストを開始します。
  • 19:802.1X 認証テストを開始します。
  • 20:クライアントを特定のプロファイルにリダイレクトしています。
  • 21:テストが完了しました。
  • 22:テストに合格しました。
  • 23:テストに失敗しました。
  • 24:通常の操作を再開するには、診断チャネル操作をキャンセルするか、WLAN プロファイルを選択してください。
  • 25:クライアントにより、ログの取得が拒否されました。
  • 26:クライアントにより、クライアント レポートの取得が拒否されました。
  • 27:クライアントにより、テスト要求が拒否されました。
  • 28:無効なネットワーク(IP)設定です。
  • 29:ネットワークで機能停止または問題が発生しています。
  • 30:予定された保守期間です。
  • 31:WLAN セキュリティ方式が正しくありません。
  • 32:WLAN 暗号化方式が正しくありません。
  • 33:WLAN 認証方式が正しくありません。
stats-request measurement-duration

統計情報の要求を送信します。

dot11

(任意)dot11 カウンタを指定します。

security

(任意)セキュリティ カウンタを指定します。

test-abort

現在のテストを中断する要求をクライアントに送信します。

test-association ssid bssid dot11 channel

アソシエーション テストを実行する要求をクライアントに送信します。

test-dot1x

802.1x テストを実行する要求をクライアントに送信します。

profile-id

(任意)プロファイル名をテストします。

bssid

基本の SSID。

dot11

802.11a、802.11b、または 802.11g ネットワークを指定します。

channel

チャネル番号。

test-profile

プロファイル リダイレクト テストを実行する要求をクライアントに送信します。

any

プロファイル リダイレクト テストを実行する要求をクライアントに送信します。

profile-id
テスト プロファイル名。
(注)     

プロファイル ID は、クライアント レポートがイネーブルであるクライアント プロファイルのいずれかからのものである必要があります。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

default-gw-ping テストでは、クライアントは診断チャネルを使用する必要はありません。

次に、クライアント MAC アドレス 00:1f:ca:cf:b6:60 のレポート情報をクリアする例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# wireless client mac-address 00:1f:ca:cf:b6:60 ccx clear-reports 
Switch(config)# end  
                              

wireless load-balancing

コントローラでアグレッシブ ロード バランシングをグローバルに設定するには、wireless load-balancing コマンドを使用します。

wireless load-balancing { denial denial-count | window client-count }

構文の説明

denial denial-count

ロード バランシング時のアソシエーション拒否の回数を指定します。

ロード バランシング時のアソシエーション拒否の最大回数は 1 ~ 10 で、デフォルト値は 3 です。

window client-count

アグレッシブ ロード バランシング クライアント ウィンドウを指定し、特定のアクセス ポイントでアグレッシブ ロード バランシングをトリガするために必要なクライアントの数を指定します。

アグレッシブ ロード バランシング クライアント ウィンドウのクライアントの数は 0 ~ 20 で、デフォルト値は 5 です。

コマンド デフォルト

ディセーブル

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

負荷分散が有効になっている WLAN は、音声およびビデオなどの時間依存型アプリケーションをサポートしません。これは、ローミングでの遅延が存在するためです。

コントローラとともに Cisco 7921 および 7920 Wireless IP Phone を使用する場合、各コントローラの音声 WLAN でアグレッシブなロード バランシングが無効化されていることを確認します。 無効化されていない場合、電話による初期ローミングが失敗し、オーディオ パスが中断されることがあります。

次に、ロード バランシング時のアソシエーション拒否の回数を設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# wireless load-balancing denial 5
Switch(config)# end
                                             
                                             

wireless sip preferred-call-no

新しい優先コールを追加するか、または音声優先制御を設定するには、wireless sip preferred-call-no コマンドを使用します。 優先コールを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

wireless sip preferred-call-no callIndex call-no

no wireless sip preferred-call-no callIndex

構文の説明

callIndex

1 ~ 6 の間の有効な値を使用してインデックスを呼び出します。

call-no

27 文字以内の優先コール番号。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS XE 3.2SE

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

音声優先制御を設定する前に、次の前提条件を満たしている必要があります。
  • WLAN QoS がボイスコールをパススルーできるように設定されている。
  • 無線の ACM を有効にします。
  • WLAN 上で SIP コール スヌーピングがイネーブルになっている。

次に、新しい優先コールを追加するか、または音声優先制御を設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# wireless sip preferred-call-no 2 0123456789
Switch(config)# end