インターフェイスおよびハードウェア コンポーネント コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS XE Release 3SE(Catalyst 3650 スイッチ)
イーサネット管理ポートの設定
イーサネット管理ポートの設定

イーサネット管理ポートの設定

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、このモジュールで説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。 最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。 Cisco Feature Navigator には、http:/​/​www.cisco.com/​go/​cfn からアクセスします。 Cisco.com のアカウントは必要ありません。

イーサネット管理ポートの前提条件

PC をイーサネット管理ポートに接続するときに、最初に IP アドレスを割り当てる必要があります。

イーサネット管理ポートに関する情報

Gi0/0 または GigabitEthernet0/0 ポートとも呼ばれるイーサネット管理ポートは、PC を接続する VRF(VPN ルーティング/転送)インターフェイスです。 ネットワークの管理に、スイッチ コンソール ポートの代わりとしてイーサネット管理ポートを使用できます。 スイッチ スタックを管理するときに、PC をスタック メンバ上のイーサネット管理ポートに接続します。

スイッチへのイーサネット管理ポートの直接接続

図 1. スイッチの PC への接続. 次の図は、スイッチまたはスタンドアロン スイッチに対して、イーサネット管理ポートを PC に接続する方法を示します。

ハブを使用したスタック スイッチへのイーサネット管理ポートの接続

スタック スイッチのみのスタックでは、スタック メンバ上のすべてのイーサネット管理ポートが、PC が接続されるハブに接続されます。 active switchのイーサネット管理ポートからのアクティブ リンクは、ハブを経由して PC とつながっています。 アクティブ スイッチに障害が発生し、新しいアクティブ スイッチが選択された場合、アクティブ リンクは、新しいアクティブ スイッチ上のイーサネット管理ポートから PC までになります。

図 2. PC とスイッチ スタックの接続. 次の図は、PC がハブを使用してスイッチ スタックに接続する方法を示します。

イーサネット管理ポートおよびルーティング

デフォルトでは、イーサネット管理ポートはイネーブルです。 スイッチは、イーサネット管理ポートからネットワーク ポートにパケットをルーティングできず、その逆もできません。 イーサネット管理ポートはルーティングをサポートしていませんが、ポート上でルーティング プロトコルをイネーブルにすることが必要となる場合もあります。

図 3. ルーティング プロトコルをイネーブルにしたネットワーク例. 次の図では、PC とスイッチが複数のホップ分離れていて、パケットを PC に送信するには複数のレイヤ 3 デバイスを経由しなければならない場合、イーサネット管理ポート上のルーティング プロトコルをイネーブルにする必要があります。

上記の図では、イーサネット管理ポートとネットワーク ポートが同じルーティング プロセスに関連付けられている場合、ルートは次のように伝播されます。

  • イーサネット管理ポートからのルートは、ネットワーク ポートを通してネットワークに伝播されます。

  • ネットワーク ポートからのルートは、イーサネット管理ポートを通してネットワークに伝播されます。

イーサネット管理ポートとネットワーク ポートの間ではルーティングはサポートされていないため、これらのポート間のトラフィックの送受信はできません。 このような状況になると、これらのポート間にデータ パケット ループが発生し、スイッチおよびネットワークの動作が中断されます。 このループを防止するには、イーサネット管理ポートとネットワーク ポートの間のルートを回避するためにルート フィルタを設定してください。

サポートされるイーサネット管理ポートの機能

イーサネット管理ポートは次の機能をサポートします。

  • Express Setup(スイッチ スタックでのみ)

  • Network Assistant

  • パスワード付きの Telnet

  • TFTP

  • セキュア シェル(SSH)

  • Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)ベースの自動設定

  • SNMP(ENTITY-MIB および IF-MIB のみ)

  • IP ping

  • インターフェイス機能
    • 速度:10 Mb/s、100 Mb/s、、および自動ネゴシエーション

    • デュプレックス モード:全二重、半二重、自動ネゴシエーション

    • ループバック検出

  • Cisco Discovery Protocol(CDP)

  • DHCP リレー エージェント

  • IPv4 および IPv6 アクセス コントロール リスト(ACL)

  • ルーティング プロトコル


注意    


イーサネット管理ポートの機能をイネーブルにする前に機能がサポートされていることを確認してください。 イーサネット管理ポートのサポートされていない機能を設定しようとすると、機能は正しく動作せず、スイッチに障害が発生するおそれがあります。


イーサネット管理ポートの設定方法

イーサネット管理ポートのディセーブル化およびイネーブル化

CLI でイーサネット管理ポートをディセーブルまたはイネーブルにするには、次の手順に従います。

手順の概要

    1.    configure terminal

    2.    interface gigabitethernet0/0

    3.    shutdown

    4.    no shutdown

    5.    exit

    6.    show interfaces gigabitethernet0/0


手順の詳細
     コマンドまたはアクション目的
    ステップ 1 configure terminal


    例:
    Switch# configure terminal
     

    グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

     
    ステップ 2 interface gigabitethernet0/0


    例:
    Switch(config)# interface gigabitethernet0/0
     

    CLI でイーサネット管理ポートを指定します。

     
    ステップ 3shutdown


    例:
    Switch(config-if)# shutdown
     

    イーサネット管理ポートをディセーブルにします。

     
    ステップ 4no shutdown


    例:
    Switch(config-if)# no shutdown
     

    イーサネット管理ポートをイネーブルにします。

     
    ステップ 5 exit


    例:
    Switch(config-if)# exit
     

    インターフェイス コンフィギュレーション モードを終了します。

     
    ステップ 6 show interfaces gigabitethernet0/0


    例:
    Switch# show interfaces gigabitethernet0/0
     

    リンク ステータスを表示します。

    PC へのリンク ステータスを調べるには、イーサネット管理ポートの LED をモニタします。 リンクがアクティブな場合、LED はグリーン(オン)であり、リンクが停止中の場合は、LED はオフです。 POST エラーがある場合は、LED はオレンジです。

     
    次の作業

    イーサネット管理ポートを使用したスイッチの管理または設定に進みます。 Network Management Configuration Guide (Catalyst 3650 Switches)を参照してください。

    Additional References

    Related Documents

    Related Topic Document Title
    Bootloader configuration

    System Management Configuration Guide (Catalyst 3650 Switches)

    Bootloader commands

    System Management Command Reference (Catalyst 3650 Switches)

    MIBs

    MIB MIBs Link

    All supported MIBs for this release.

    To locate and download MIBs for selected platforms, Cisco IOS releases, and feature sets, use Cisco MIB Locator found at the following URL:

    http:/​/​www.cisco.com/​go/​mibs

    Technical Assistance

    Description Link

    The Cisco Support website provides extensive online resources, including documentation and tools for troubleshooting and resolving technical issues with Cisco products and technologies.

    To receive security and technical information about your products, you can subscribe to various services, such as the Product Alert Tool (accessed from Field Notices), the Cisco Technical Services Newsletter, and Really Simple Syndication (RSS) Feeds.

    Access to most tools on the Cisco Support website requires a Cisco.com user ID and password.

    http:/​/​www.cisco.com/​support

    イーサネット管理ポートの機能情報

    リリース

    変更内容

    Cisco IOS XE 3.3SE

    この機能が導入されました。