Catalyst 2960-X スイッチ ハードウェア設置ガイド
コネクタおよびケーブルの仕様
コネクタおよびケーブルの仕様

コネクタおよびケーブルの仕様

この付録の内容は、次のとおりです。

コネクタの仕様

10/100/1000 ポート(PoE を含む)

すべての 10/100/1000 ポートは、標準の RJ-45 コネクタとイーサネット ピン割り当てを使用します。

図 1. 10/100/1000 ポートのピン割り当て

SFP モジュールのコネクタ

図 2. デュプレックス LC ケーブル コネクタ



図 3. シンプレックス LC ケーブル コネクタ

図 4. 銅線 SFP モジュールの LC コネクタ

ケーブルおよびアダプタ

SFP モジュール ケーブル

ケーブル仕様の詳細については、『Cisco SFP and SFP+ Transceiver Module Installation Notes』を参照してください。

各ポートはケーブルの反対側の波長仕様と一致させる必要があります。また、ケーブルは規定のケーブル長を超えないものとします。 銅線 1000BASE-T SFP モジュール トランシーバは、カテゴリ 5 の標準 4 ツイストペア ケーブルを使用します。最大ケーブル長は 328 フィート(100 m)です。

ケーブルのピン割り当て

図 5. 4 ツイストペア ストレート ケーブルの配線

図 6. 4 対のツイストペア セミ クロス ケーブルの配線

図 7. 2 対のツイストペア ストレート ケーブルの構造

図 8. 2 対のツイストペア クロス ケーブルの構造

クロス ケーブルの識別

ケーブル両端のモジュラ プラグを比較すると、クロス ケーブルかどうかを識別できます。 タブを裏側にして、ケーブルの両端を並べます。 クロス ケーブルは、左側プラグの外側のピンに接続されたワイヤと、右側プラグの内側のピンに接続されたワイヤが別の色になっています。
図 9. クロス ケーブルの識別

コンソール ポート アダプタのピン割り当て

RS-232 コンソール ポートでは 8 ピン RJ-45 コネクタを使用します。 RJ-45/DB-9 アダプタ ケーブルを使用して、スイッチのコンソール ポートとコンソール PC を接続します。 スイッチのコンソール ポートを端末に接続する場合は、RJ-45/DB-25 メス DTE アダプタが必要です。 このキット(部品番号 ACS-DSBUASYN=)をご注文ください。

表 1 DB-9 アダプタを使用したコンソール ポート信号

スイッチ コンソール ポート(DTE)

RJ-45-to-DB-9 ターミナル アダプタ

コンソール デバイス

信号

DB-9 ピン

信号

RTS

8

CTS

DTR

6

DSR

TxD

2

RxD

GND

5

GND

GND

5

GND

RxD

3

TxD

DSR

4

DTR

CTS

7

RTS

表 2 DB-25 アダプタを使用したコンソール ポート信号

スイッチ コンソール ポート(DTE)

RJ-45-to-DB-25 ターミナル アダプタ

コンソール デバイス

信号

DB-25 ピン

信号

RTS

5

CTS

DTR

6

DSR

TxD

3

RxD

GND

7

GND

GND

7

GND

RxD

2

TxD

DSR

20

DTR

CTS

4

RTS