インターフェイスおよびハードウェア コマンド
インターフェイスおよびハードウェア コマンド

目次

インターフェイスおよびハードウェア コマンド

debug fastethernet

イーサネット管理ポートのデバッグをイネーブルにするには、EXEC モードで debug fastethernet コマンドを使用します。 デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug fastethernet { af | events | packets }

no debug fastethernet { af | events | packets }

構文の説明

af

イーサネット管理ポートのソフトウェア アドレス フィルタ デバッグ メッセージを表示します。

events

イーサネット管理ポートのイベント デバッグ メッセージを表示します。

packets

イーサネット管理ポートのパケット デバッグ メッセージを表示します。

コマンド デフォルト

デバッグはディセーブルです。

コマンド モード

ユーザ EXEC

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

The undebug fastethernet { af | events | packets} コマンドは、no debug fastethernet{af| events | packets} コマンドと同じです。

あるスイッチ スタック上でデバッグをイネーブルにした場合は、スタック マスターでのみイネーブルになります。 スタック メンバのデバッグをイネーブルにする場合は、session switch-number EXEC コマンドでスタック マスターからセッションを開始してください。 次に、スタック メンバのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。 最初にセッションを開始せずにメンバ スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE EXEC コマンドを使用します。

関連コマンド

コマンド

説明

show debugging

イネーブルになっているデバッグ タイプに関する情報を表示します。

debug ilpower

電源コントローラおよび Power over Ethernet(PoE)システムのデバッグをイネーブルにするには、特権 EXEC モードで debug ilpower コマンドを使用します。 デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug ilpower { cdp | controller | event | ha | port | powerman | registries | scp | sense }

no debug ilpower { cdp | controller | event | ha | port | powerman | registries | scp | sense }

構文の説明

cdp

PoE Cisco Discovery Protocol(CDP)デバッグ メッセージを表示します。

controller

PoE コントローラ デバッグ メッセージを表示します。

event

PoE イベント デバッグ メッセージを表示します。

ha

PoE ハイ アベイラビリティ メッセージを表示します。

port

PoE ポート マネージャ デバッグ メッセージを表示します。

powerman

PoE 電力管理デバッグ メッセージを表示します。

registries

PoE レジストリ デバッグ メッセージを表示します。

scp

PoE SCP デバッグ メッセージを表示します。

sense

PoE sense デバッグ メッセージを表示します。

コマンド デフォルト

デバッグはディセーブルです。

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、PoE 対応スイッチだけでサポートされています。

あるスイッチ スタック上でデバッグをイネーブルにした場合は、スタック マスターでのみイネーブルになります。 スタック メンバのデバッグをイネーブルにする場合は、session switch-number EXEC コマンドを使用して、スタック マスターからのセッションを開始できます。 次に、スタック メンバのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。 最初にセッションを開始せずにメンバ スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE EXEC コマンドを使用します。

debug interface

インターフェイス関連アクティビティのデバッグをイネーブルにするには、特権 EXEC モードで debug interface コマンドを使用します。 デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug interface { interface-id | counters { exceptions | protocol memory } | null interface-number | port-channel port-channel-number | states| vlan vlan-id }

no debug interface { interface-id | counters { exceptions | protocol memory } | null interface-number | port-channel port-channel-number | states| vlan vlan-id }

構文の説明

interface-id

物理インターフェイスの ID。 タイプ スイッチ番号/モジュール番号/ポート(例:gigabitethernet 1/0/2)によって識別される指定された物理ポートのデバッグ メッセージを表示します。

null interface-number

ヌル インターフェイスのデバッグ メッセージを表示します。 インターフェイス番号は常に 0 です。

port-channel port-channel-number

指定された EtherChannel ポートチャネル インターフェイスのデバッグ メッセージを表示します。 port-channel-number は 1 ~ 48 です。

vlan vlan-id

指定した VLAN のデバッグ メッセージを表示します。 指定できる VLAN 範囲は 1 ~ 4094 です。

counters

カウンタ デバッグ情報を表示します。

exceptions

インターフェイス パケットおよびデータ レート統計情報の計算中に回復可能な例外条件が発生したときにデバッグ メッセージを表示します。

protocol memory

プロトコル カウンタのメモリ操作のデバッグ メッセージを表示します。

states

インターフェイスの状態が移行するときに中間のデバッグ メッセージを表示します。

コマンド デフォルト

デバッグはディセーブルです。

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

キーワードを指定しない場合は、すべてのデバッグ メッセージが表示されます。

undebug interface コマンドは、no debug interface コマンドと同じです。

あるスイッチ スタック上でデバッグをイネーブルにした場合は、スタック マスターでのみイネーブルになります。 スタック メンバのデバッグをイネーブルにする場合は、session switch-number EXEC コマンドを使用して、スタック マスターからのセッションを開始できます。 次に、スタック メンバのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。 最初にセッションを開始せずにメンバ スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE EXEC コマンドを使用します。

debug lldp packets

リンク層検出プロトコル(LLDP)パケットのデバッグをイネーブルにするには、特権 EXEC モードで debug lldp packets コマンドを使用します。 デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug lldp packets

no debug lldp packets

構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

デバッグはディセーブルです。

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

undebug lldp packets コマンドは、no debug lldp packets コマンドと同じです。

あるスイッチ スタック上でデバッグをイネーブルにした場合は、スタックマスターでのみイネーブルになります。 スタック メンバのデバッグをイネーブルにする場合は、session switch-number EXEC コマンドを使用して、スタックマスターからのセッションを開始できます。

debug nmsp

スイッチのネットワーク モビリティ サービス プロトコル(NMSP)のデバッグをイネーブルにするには、特権 EXEC モードで debug nmsp コマンドを使用します。 デバッグをディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

debug nmsp { all | connection | error | event | packet | rx | tx }

no debug nmsp

構文の説明

all

すべての NMSP デバッグ メッセージを表示します。

connection

NMSP 接続イベントのデバッグ メッセージを表示します。

error

NMSP エラー メッセージのデバッグ情報を表示します。

event

NMSP イベントのデバッグ メッセージを表示します。

rx

NMSP 受信メッセージのデバッグ情報を表示します。

tx

NMSP 送信メッセージのデバッグ情報を表示します。

packet

NMSP パケット イベントのデバッグ メッセージを表示します。

コマンド デフォルト

デバッグはディセーブルです。

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

undebug nmsp コマンドは、no debug nmsp コマンドと同じです。

あるスイッチ スタック上でデバッグをイネーブルにした場合は、スタック マスターでのみイネーブルになります。 スタック メンバのデバッグをイネーブルにする場合は、session switch-number EXEC コマンドを使用して、スタック マスターからのセッションを開始できます。 次に、スタック メンバのコマンドライン プロンプトで debug コマンドを入力します。 最初にセッションを開始せずにメンバ スイッチのデバッグをイネーブルにするには、スタック マスター スイッチ上で remote command stack-member-number LINE EXEC コマンドを使用します。

duplex

ポートのデュプレックス モードで動作するように指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで duplex コマンドを使用します。 デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

duplex { auto | full | half }

no duplex { auto | full | half }

構文の説明

auto

自動によるデュプレックス設定をイネーブルにします。 接続されたデバイス モードにより、ポートが自動的に全二重モードか半二重モードで動作すべきかを判断します。

full

全二重モードをイネーブルにします。

half

半二重モードをイネーブルにします(10 または 100 Mb/s で動作するインターフェイスに限る)。 1000 または 10,000 Mb/s で動作するインターフェイスに対して半二重モードを設定できません。

コマンド デフォルト

ファスト イーサネット ポートおよびギガビット イーサネット ポートに対するデフォルトは auto です。

100BASE-x-x は -BX、-FX、-FX-FE、または -LX)Small Form-Factor Pluggable(SFP)モジュールのデフォルトは half です。

二重オプションは、1000BASE-x または 10GBASE-x-x は -BX、-CWDM、-LX、-SX、または -ZX)SFP モジュールではサポートされていません。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ファスト イーサネット ポートでは、接続された装置がデュプレックス パラメータの自動ネゴシエーションを行わない場合にポートを auto に設定すると、half を指定するのと同じ効果があります。

ギガビット イーサネット ポートでは、接続装置がデュプレックス パラメータを自動ネゴシエートしないときにポートを auto に設定すると、full を指定する場合と同じ効果があります。


(注)  


デュプレックス モードが auto で接続されている装置が半二重で動作している場合、半二重モードはギガビット イーサネット インターフェイスでサポートされます。 ただし、これらのインターフェイスを半二重モードで動作するように設定することはできません。


特定のポートを全二重または半二重のいずれかに設定できます。 このコマンドの適用可能性は、スイッチが接続されているデバイスによって異なります。

両方のラインの終端が自動ネゴシエーションをサポートしている場合、デフォルトの自動ネゴシエーションを使用することを強く推奨します。 片方のインターフェイスが自動ネゴシエーションをサポートし、もう片方がサポートしていない場合、両方のインターフェイス上でデュプレックスと速度を設定し、サポートされている側で auto の設定を使用してください。

速度が auto に設定されている場合、スイッチはもう一方のリンクの終端にあるデバイスと速度設定についてネゴシエートし、速度をネゴシエートされた値に強制的に設定します。 デュプレックス設定はリンクの両端での設定が引き継がれますが、これにより、デュプレックス設定に矛盾が生じることがあります。

デュプレックス設定を行うことができるのは、速度が auto に設定されている場合です。


注意    


インターフェイス速度およびデュプレックス モードの設定を変更すると、再設定中にインターフェイスがシャットダウンし、再びイネーブルになる場合があります。


設定を確認するには、show interfaces 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、インターフェイスを全二重動作に設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# duplex full

errdisable detect cause

特定の原因またはすべての原因に対して errdisable 検出をイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで errdisable detect cause コマンドを使用します。 errdisable 検出機能をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

errdisable detect cause { all | arp-inspection | bpduguard shutdown vlan | dhcp-rate-limit | dtp-flap | gbic-invalid | inline-power | link-flap | loopback | pagp-flap | pppoe-ia-rate-limit | psp shutdown vlan | security-violation shutdown vlan | sfp-config-mismatch }

no errdisable detect cause { all | arp-inspection | bpduguard shutdown vlan | dhcp-rate-limit | dtp-flap | gbic-invalid | inline-power | link-flap | loopback | pagp-flap | pppoe-ia-rate-limit | psp shutdown vlan | security-violation shutdown vlan | sfp-config-mismatch }

構文の説明

all

すべての errdisable の原因に対して、エラー検出をイネーブルにします。

arp-inspection

ダイナミック アドレス解決プロトコル(ARP)インスペクションのエラー検出をイネーブルにします。

bpduguard shutdown vlan

BPDU ガードで VLAN ごとに errdisable をイネーブルにします。

dhcp-rate-limit

Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)スヌーピング用のエラー検出をイネーブルにします。

dtp-flap

ダイナミック トランキング プロトコル(DTP)フラップのエラー検出をイネーブルにします。

gbic-invalid

無効なギガビット インターフェイス コンバータ(GBIC)モジュール用のエラー検出をイネーブルにします。

(注)     

このエラーは、無効な Small Form-Factor Pluggable(SFP)モジュールを意味します。

inline-power

Power over Ethernet(PoE)の errdisable 原因に対して、エラー検出をイネーブルにします。

(注)     

このキーワードは、PoE ポートを備えたスイッチでのみサポートされています。

link-flap

リンクステートのフラップに対して、エラー検出をイネーブルにします。

loopback

検出されたループバックに対して、エラー検出をイネーブルにします。

pagp-flap

ポート集約プロトコル(PAgP)フラップの errdisable 原因のエラー検出をイネーブルにします。

pppoe-ia-rate-limit

PPPoE 中継エージェントのレート制限 errdisable 原因に対して、エラー検出をイネーブルにします。

psp shutdown vlan

プロトコル ストーム プロテクション(PSP)のエラー検出をイネーブルにします。

security-violation shutdown vlan

音声認識 IEEE 802.1x セキュリティをイネーブルにします。

sfp-config-mismatch

SFP 設定の不一致によるエラー検出をイネーブルにします。

コマンド デフォルト

検出はすべての原因に対してイネーブルです。 VLAN ごとの errdisable を除くすべての原因について、ポート全体をシャットダウンするように設定されます。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

原因(link-flap、dhcp-rate-limit など)は、errdisable ステートが発生した理由です。 原因がインターフェイスで検出された場合、インターフェイスは errdisable ステートとなり、リンクダウン ステートに類似した動作ステートとなります。

ポートが errdisable になっているときは事実上シャットダウンし、トラフィックはポートで送受信されません。 ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)ガード、音声認識 802.1x セキュリティ、およびポート セキュリティ機能の場合は、違反の発生時にポート全体をシャットダウンする代わりに、ポートで問題となっている VLAN のみをシャットダウンするようにスイッチを設定できます。

errdisable recovery グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力して、原因の回復メカニズムを設定する場合は、すべての原因がタイムアウトになった時点で、インターフェイスは errdisable ステートから抜け出して、処理を再試行できるようになります。 回復メカニズムを設定しない場合は、まず shutdown コマンドを入力し、次に no shutdown コマンドを入力して、インターフェイスを手動で errdisable ステートから回復させる必要があります。

プロトコル ストーム プロテクションでは、最大 2 個の仮想ポートについて過剰なパケットがドロップされます。 psp キーワードを使用した仮想ポート エラーのディセーブル化は、EtherChannel インターフェイスおよび Flexlink インターフェイスでサポートされません。

設定を確認するには、show errdisable detect 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、リンクフラップ errdisable 原因に対して errdisable 検出をイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# errdisable detect cause link-flap

次のコマンドでは、VLAN ごとの errdisable ステートで BPDU ガードをグローバルに設定する方法を示します。

Switch(config)# errdisable detect cause bpduguard shutdown vlan

次のコマンドでは、VLAN ごとの errdisable ステートで音声認識 802.1x セキュリティをグローバルに設定する方法を示します。

Switch(config)# errdisable detect cause security-violation shutdown vlan

設定を確認するには、show errdisable detect 特権 EXEC コマンドを入力します。

errdisable detect cause small-frame

着信 VLAN タグ付きパケットのフレームが小さく(67 バイト以下)、設定された最低速度(しきい値)で到着する場合に、任意のスイッチ ポートを errdisable にできるようにするには、スイッチ スタックまたはスタンドアロン スイッチ上で errdisable detect cause small-frame グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

errdisable detect cause small-frame

no errdisable detect cause small-frame

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

この機能はディセーブルです。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、小さいフレームの着信機能をグローバルにイネーブルにします。 各ポートのしきい値を設定するには、small violation-rate インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ポートが自動的に再びイネーブルになるように設定するには、errdisable recovery cause small-frame グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 回復時間を設定するには、errdisable recovery interval interval グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、小さい着信フレームが設定されたしきい値で到着すると errdisable モードになるスイッチ ポートをイネーブルにする方法を示します。


Switch(config)# errdisable detect cause small-frame

設定を確認するには、show interfaces 特権 EXEC コマンドを入力します。

errdisable recovery cause

特定の原因から回復するように errdisable メカニズムをイネーブルにするには、グローバル コンフィギュレーション モードで errdisable recovery cause コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

errdisable recovery cause { all | arp-inspection | bpduguard | channel-misconfig | dhcp-rate-limit | dtp-flap | gbic-invalid | inline-power | link-flap | loopback | mac-limit | pagp-flap | port-mode-failure | pppoe-ia-rate-limit | psecure-violation | psp | security-violation | sfp-config-mismatch | storm-control | udld | vmps }

no errdisable recovery cause { all | arp-inspection | bpduguard | channel-misconfig | dhcp-rate-limit | dtp-flap | gbic-invalid | inline-power | link-flap | loopback | mac-limit | pagp-flap | port-mode-failure | pppoe-ia-rate-limit | psecure-violation | psp | security-violation | sfp-config-mismatch | storm-control | udld | vmps }

構文の説明

all

すべての errdisable の原因から回復するタイマーをイネーブルにします。

arp-inspection

アドレス解決プロトコル(ARP)検査による errdisable ステートから回復するためのタイマーをイネーブルにします。

bpduguard

ブリッジ プロトコル データ ユニット(BPDU)ガード errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

channel-misconfig

EtherChannel 設定の矛盾による errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

dhcp-rate-limit

DHCP スヌーピング errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

dtp-flap

ダイナミック トランキング プロトコル(DTP)フラップ errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

gbic-invalid

ギガビット インターフェイス コンバータ(GBIC)モジュールを無効な errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

(注)     

このエラーは無効な Small Form-Factor Pluggable(SFP)の errdisable ステートを意味します。

inline-power

Power over Ethernet(PoE)の errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

このキーワードは、PoE ポートを備えたスイッチでのみサポートされています。

link-flap

リンクフラップ errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

loopback

ループバック errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

mac-limit

MAC 制限 errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

pagp-flap

ポート集約プロトコル(PAgP)フラップ errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

port-mode-failure

ポート モードの変更失敗の errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

pppoe-ia-rate-limit

PPPoE IA レート制限 errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

psecure-violation

ポート セキュリティ違反ディセーブル ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

psp

プロトコル ストーム プロテクション(PSP)の errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

security-violation

IEEE 802.1x 違反ディセーブル ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

sfp-config-mismatch

SFP 設定の不一致によるエラー検出をイネーブルにします。

storm-control

ストーム制御エラーから回復するタイマーをイネーブルにします。

udld

単方向リンク検出(UDLD)errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

vmps

VLAN メンバーシップ ポリシー サーバ(VMPS)errdisable ステートから回復するタイマーをイネーブルにします。

コマンド デフォルト

すべての原因に対して回復はディセーブルです。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

原因(all、BDPU ガードなど)は、errdisable ステートが発生した理由として定義されます。 原因がインターフェイスで検出された場合、インターフェイスは errdisable ステート(リンクダウン ステートに類似した動作ステート)となります。

ポートが errdisable になっているときは事実上シャットダウンし、トラフィックはポートで送受信されません。 BPDU ガード機能およびポートセキュリティ機能の場合は、違反の発生時にポート全体をシャットダウンする代わりに、ポートで問題となっている VLAN だけをシャットダウンするようにスイッチを設定できます。

原因の回復をイネーブルにしない場合、インターフェイスは、shutdown および no shutdown インターフェイス コンフィギュレーション コマンドが入力されるまで errdisable ステートのままです。 原因の回復をイネーブルにした場合、インターフェイスは errdisable ステートから回復し、すべての原因がタイムアウトになったときに処理を再開できるようになります。

原因の回復をイネーブルにしない場合、まず shutdown コマンドを入力し、次に no shutdown コマンドを入力して、手動でインターフェイスを errdisable ステートから回復させる必要があります。

設定を確認するには、show errdisable recovery 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、BPDU ガード errdisable 原因に対して回復タイマーをイネーブルにする方法を示します。

Switch(config)# errdisable recovery cause bpduguard

errdisable recovery cause small-frame

小さいフレームが着信してポートが errdisable となった後でポートを自動で再度イネーブルにするための回復タイマーをイネーブルにするには、スイッチ上で errdisable recovery cause small-frame グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

errdisable recovery cause small-frame

no errdisable recovery cause small-frame

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

この機能はディセーブルです。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、errdisable ポートの回復タイマーをイネーブルにします。 回復時間を設定するには、errdisable recovery interval インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、回復タイマーを設定する方法を示します。

Switch(config)# errdisable recovery cause small-frame

errdisable recovery interval

errdisable ステートから回復する時間を指定するには、グローバル コンフィギュレーション モードで errdisable recovery interval コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

errdisable recovery interval timer-interval

no errdisable recovery interval timer-interval

構文の説明

timer-interval

errdisable ステートから回復する時間。 指定できる範囲は 30 ~ 86400 秒です。 すべての原因に同じ間隔が適用されます。 デフォルトの interval は 300 秒です。

コマンド デフォルト

デフォルトの回復間隔は 300 秒です。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

errdisable recovery のタイマーは、設定された間隔値からランダムな差で初期化されます。 実際のタイムアウト値と設定された値の差は、設定された間隔の 15% まで認められます。

設定を確認するには、show errdisable recovery 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、タイマーを 500 秒に設定する方法を示します。

Switch(config)# errdisable recovery interval 500

lldp(インターフェイス コンフィギュレーション)

インターフェイスの LLDP をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで lldp コマンドを使用します。 インターフェイスで LLDP をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

lldp { med-tlv-select tlv | receive | tlv-select { 4-wire-power-management | power-management} | transmit }

no lldp { med-tlv-select tlv | receive | tlv-select { 4-wire-power-management | power-management} | transmit }

構文の説明

med-tlv-select

LLDP Media Endpoint Discovery(LLDP-MED)の Time Length Value(TLV)要素を送信するように選択します。

tlv

TLV 要素を特定するストリング。 有効な値は次のとおりです。

  • inventory-management:LLDP-MED インベントリ管理 TLV

  • location:LLDP-MED ロケーション TLV

  • network-policy:LLDP-MED ネットワーク ポリシー TLV

receive

LLDP 伝送を受信するようにインターフェイスをイネーブルにします。

tlv-select

送信する LLDP TLV を選択します。

4-wire-power-management

Cisco 4-wire 電源管理 TLV を送信します。

power-management

LLDP 電源管理 TLV を送信します。

transmit

インターフェイスで LLDP 伝送をイネーブルにします。

コマンド デフォルト

サポート対象のインターフェイスで LLDP がイネーブルになっています。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、802.1 メディア タイプでサポートされています。

インターフェイスがトンネル ポートに設定されていると、LLDP は自動的にディセーブルになります。

インターフェイスの LLDP 伝送をディセーブルにする例を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# no lldp transmit

インターフェイスの LLDP 伝送をイネーブルにする例を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# lldp transmit

mdix auto

インターフェイスで Automatic Medium-Dependent Interface Crossover(Auto MDIX)機能をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで mdix auto コマンドを使用します。 Auto MDIX をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

mdix auto

no mdix auto

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

Auto MDIX は、イネーブルです。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

Auto MDIX がイネーブルな場合、インターフェイスは自動的に必要なケーブル接続タイプ(ストレートまたはクロス)を検出し、接続を適切に設定します。

インターフェイスの Auto MDIX をイネーブルにする場合は、機能が正常に動作するように、インターフェイス速度とデュプレックスも auto に設定する必要があります。

Auto MDIX が(速度とデュプレックスの自動ネゴシエーションとともに)接続するインターフェイスの一方または両方でイネーブルの場合は、ケーブル タイプ(ストレートまたはクロス)が不正でもリンクがアップします。

Auto-MDIX は、すべての 10/100 および 10/100/1000 Mbps インターフェイス上および 10/100/1000BASE-T/TX Small Form-Factor Pluggable(SFP)モジュール インターフェイス上でサポートされます。 1000BASE-SX または 1000BASE-LX SFP モジュール インターフェイスではサポートされません。

インターフェイスの Auto MDIX の動作ステートを確認するにはshow controllers ethernet-controller interface-id phy 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、ポートの Auto MDIX をイネーブルにする方法を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# speed auto
Switch(config-if)# duplex auto
Switch(config-if)# mdix auto
Switch(config-if)# end
		

network-policy

インターフェイスにネットワークポリシー プロファイルを適用するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで network-policy コマンドを使用します。 ポリシーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

network-policy profile-number

no network-policy

構文の説明

profile-number

インターフェイスに適用するネットワークポリシー プロファイル番号

コマンド デフォルト

ネットワークポリシー プロファイルは適用されません。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

インターフェイスにプロファイルを適用するには、network-policy profile number インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

最初にネットワークポリシー プロファイルを設定する場合、インターフェイスに switchport voice vlan コマンドを適用できません。 ただし、switchport voice vlan vlan-id がすでにインターフェイス上に設定されている場合、ネットワークポリシー プロファイルをインターフェイス上に適用できます。 その後、インターフェイスは、適用された音声または音声シグナリング VLAN ネットワークポリシー プロファイルを使用します。

次の例では、インターフェイスにネットワークポリシー プロファイル 60 を適用する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# network-policy 60

network-policy profile(グローバル コンフィギュレーション)

ネットワークポリシー プロファイルを作成し、ネットワークポリシー コンフィギュレーション モードを開始するには、グローバル コンフィギュレーション モードで network-policy profile コマンドを使用します。 ポリシーを削除して、グローバル コンフィギュレーション モードに戻るには、このコマンドの no 形式を使用します。

network-policy profile profile-number

no network-policy profile profile-number

構文の説明

profile-number

ネットワークポリシー プロファイル番号。 指定できる範囲は 1 ~ 4294967295 です。

コマンド デフォルト

ネットワークポリシー プロファイルは定義されていません。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

プロファイルを作成し、ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション モードに入るには、network-policy profile グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション モードから特権 EXEC モードに戻る場合は、exit コマンドを入力します。

ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション モードの場合、VLAN、Class of Service(CoS)、Diffserv コード ポイント(DSCP)の値、およびタギング モードを指定することで、音声および音声シグナリング用のプロファイルを作成することができます。

これらのプロファイルの属性は、Link Layer Discovery Protocol for Media Endpoint Devices(LLDP-MED)の network-policy Time Length Value(TLV)に含まれます。

次の例では、ネットワークポリシー プロファイル 60 を作成する方法を示します。


Switch(config)# network-policy profile 60
Switch(config-network-policy)#

nmsp attachment suppress

指定したインターフェイスからの接続情報の報告を抑制するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで nmsp attachment suppress コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

nmsp attachment suppress

no nmsp attachment suppress

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

ロケーションおよびアタッチメント通知を Cisco Mobility Services Engine(MSE)に送信しないようにインターフェイスを設定するには、nmsp attachment suppress インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

次の例では、アタッチメント情報を MSE に送信しないようにインターフェイスを設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# nmsp attachment suppress

power efficient-ethernet auto

インターフェイスの EEE をイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで power efficient-ethernet auto コマンドを使用します。 インターフェイスで EEE をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

power efficient-ethernet auto

no power efficient-ethernet auto

構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

EEE は、イネーブルにされています

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

低電力アイドル(LPI)モードをサポートするデバイスで EEE をイネーブルにできます。 このようなデバイスは、低い使用率のときに LPI モードを開始して、電力を節約できます。 LPI モードでは、リンクの両端にあるシステムは、特定のサービスをシャット ダウンして、電力を節約できます。 EEE は上位層プロトコルおよびアプリケーションに対して透過的であるように、LPI モードに移行したり、LPI モードから移行する必要があるプロトコルを提供します。

インターフェイスが EEE に対応している場合にのみ、power efficient-ethernet auto コマンドを使用できます。 インターフェイスが EEE に対応しているかどうかを確認するには、show eee capabilities EXEC コマンドを使用します。

EEE がイネーブルの場合、switchはリンク パートナーに EEE をアドバタイズし、自動ネゴシエートします。 インターフェイスの現在の EEE ステータスを表示するには、show eee status EXEC コマンドを使用します。

このコマンドにライセンスは必要ありません。

次に、インターフェイスで EEE をイネーブルにする例を示します。

Switch(config-if)# power efficient-ethernet auto
Switch(config-if)#

次に、インターフェイスで EEE をディセーブルにする例を示します。

Switch(config-if)# no power efficient-ethernet auto
Switch(config-if)#

power inline

Power over Ethernet(PoE)ポートで電源管理モードを設定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで power inline コマンドを使用します。 デフォルト設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

power inline { auto [ max max-wattage ] | never | port priority { high | low } | static [ max max-wattage ] }

no power inline { auto | never | port priority { high | low } | static [ max max-wattage ] }

構文の説明

auto

受電装置の検出をイネーブルにします。 十分な電力がある場合は、装置の検出後に PoE ポートに電力を自動的に割り当てます。 割り当ては、検出された順序で行われます。

max max-wattage

(任意)ポートに供給される電力を制限します。 指定できる範囲は 4000 ~ 30000 mW です。 値を指定しない場合は、最大電力が供給されます。

never

装置の検出とポートへの電力供給をディセーブルにします。

port

ポートの電源プライオリティを設定します。 デフォルトの優先度は [Low] です。

priority {high|low}

ポートの電源プライオリティを設定します。 電源に障害が発生した場合には、低プライオリティとして設定されているポートが最初にオフになり、高プライオリティとして設定されたポートは最後にオフになります。 デフォルトの優先度は [Low] です。

static

受電装置の検出をイネーブルにします。 スイッチが受電デバイスを検出する前に、ポートへの電力を事前に割り当てます(確保します)。 このアクションによって、インターフェイスに接続されたデバイスで十分な電力を受け取ることができます。

コマンド デフォルト

デフォルトの設定は auto(イネーブル)です。

最大ワット数は、30,000 mW です。

デフォルトのポート プライオリティは低です。

コマンド デフォルト

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、PoE 対応ポートだけでサポートされています。 PoE がサポートされていないポートでこのコマンドを入力すると、次のエラー メッセージが表示されます。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# power inline auto
                  ^
% Invalid input detected at '^' marker.

スイッチ スタックでは、このコマンドは PoE をサポートしているスタックの全ポートでサポートされます。

max max-wattage オプションを使用して、受電デバイスの電力が制限を超えないようにします。 この設定によって、受電デバイスが最大ワット数より多い電力を要求する Cisco Discovery Protocol(CDP)メッセージを送信すると、スイッチはポートへ電力を供給しません。 受電装置の IEEE クラスの最大値が最大ワット数を超えると、スイッチは装置に電力を供給しません。 電力は、グローバル電力バジェットに送られます。


(注)  


power inline max max-wattage コマンドが 30 W 未満に設定されている場合、スイッチは Class 0 または Class 3 装置に電力を供給しません。


スイッチが受電デバイスへの電力供給を拒否する場合(受電デバイスが CDP メッセージを通じて制限を超えた電力を要求する場合、または IEEE クラスの最大値が最大ワット数を超えている場合)、PoE ポートは power-deny ステートになります。 スイッチはシステム メッセージを生成し、show power inline 特権 EXEC コマンド出力の Oper カラムに power-deny が表示されます。

ポートに高いプライオリティを与えるには、power inline static max max-wattage コマンドを使用します。 スイッチは、auto モードに設定されたポートに電力を割り当てる前に、static モードに設定されたポートに PoE を割り当てます。 スイッチは、装置検出より優先的に設定されている場合に、スタティック ポートの電力を確保します。 接続された装置がない場合は、ポートがシャットダウン状態か否かに関係なく、スタティック ポートの電力が確保されます。 スイッチは、設定された最大ワット数をポートに割り当てます。その値は、IEEE クラスまたは受電デバイスからの CDP メッセージによって調節されることはありません。 電力が事前割り当てされているので、最大ワット数以下の電力を使用する受電デバイスは、スタティック ポートに接続されていれば電力が保証されます。 ただし、受電デバイスの IEEE クラスが最大ワット数を超えると、スイッチは装置に電力を供給しません。 CDP メッセージを通じて受電デバイスが最大ワット数を超えた量を要求していることをスイッチが認識すると、受電デバイスがシャットダウンします。

ポートが static モードの場合にスイッチが電力を事前割り当てできない場合(たとえば、電力バジェット全体がすでに別の自動ポートまたはスタティック ポートに割り当てられているなど)、次のメッセージが表示されます。Command rejected: power inline static: pwr not available。 ポートの設定は、そのまま変更されません。

power inline auto または power inline static インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してポートを設定すると、ポートは設定された速度とデュプレックス設定を使用して自動ネゴシエーションします。 これは、受電デバイスであるかどうかに関係なく、接続された装置の電力要件を判別するのに必要です。 電力要件が判別された後、スイッチはインターフェイスをリセットすることなく、設定された速度とデュプレックス設定を使用してインターフェイスをハードコードします。

power inline never コマンドを使用してポートを設定する場合、ポートは設定された速度とデュプレックス設定に戻ります。

ポートにシスコ製の受電デバイスが接続されている場合は、power inline never コマンドでポートを設定しないでください。 不正なリンクアップが生じ、ポートが errdisable ステートになる可能性があります。

power inline port priority {high | low} コマンドを使用して、PoE ポートの電源プライオリティを設定します。 電力が不足した場合には、低いポート プライオリティでポートに接続されている受電デバイスが、まず、シャットダウンされます。

設定を確認するには、show power inline EXEC コマンドを入力します。

次の例では、スイッチ上で受電デバイスの検出をイネーブルにし、PoE ポートに自動的に電力を供給する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/2
Switch(config-if)# power inline auto

次の例では、Class 1 または Class 2 の受電デバイスを受け入れるように、スイッチ上で PoE ポートを設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/2
Switch(config-if)# power inline auto max 7000

次の例では、受電装置の検出をディセーブルにし、スイッチ上で PoE ポートへの電力供給を停止する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/2
Switch(config-if)# power inline never

次の例では、電源に障害が発生した場合に最後のポートの 1 つがシャットダウンされるよう、ポートのプライオリティを高に設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/2
Switch(config-if)# power inline port priority high

power inline consumption

電力を供給されているデバイスについて、IEEE 分類で指定された電力量を無効にするには、グローバルまたはインターフェイス コンフィギュレーションで power inline consumption コマンドを使用して、各デバイスで使用されるワット数を指定します。 デフォルトの電力設定に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

power inline consumption [default] wattage

no power inline consumption [default]

構文の説明

default

default キーワードは、グローバル コンフィギュレーションでだけ表示されます。 コマンドはキーワードの有無にかかわらず、同じ結果が得られます。

wattage

スイッチがポート用に確保する電力を指定します。 指定できる範囲は 4000 ~ 15400 mW です。

コマンド デフォルト

Power over Ethernet(PoE)ポートのデフォルトの電力は 15400 mW です。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、LAN Base イメージのみでサポートされています。

シスコの受電デバイスが PoE ポートに接続されている場合、スイッチは Cisco Discovery Protocol(CDP)を使用して装置が消費する CDP 独自の電力量を決定し、CDP メッセージに基づいて電力バジェットを調整します。 これに従って、スイッチは電力バジェットを調整します。 この機能は、IEEE サードパーティの受電デバイスには適用されません。 この装置の場合、スイッチが電力要求を許可したときに、受電装置の IEEE 分類に応じて電力バジェットを調整します。 受電デバイスが Class 0(クラス ステータスは不明)または Class 3 である場合、CDP 独自で必要な電力量に関係なく、スイッチはポート用に 15400 mW の電力を確保します。

受電デバイスが CDP 固有の消費よりも高いクラスを報告してきたり、または電力分類(デフォルトはクラス 0)をサポートしていない場合、スイッチは IEEE クラス情報を使用してグローバル電力バジェットを追跡するため、電力供給できるデバイスが少なくなります。

PoE+ では、受電デバイスが最大 30 W の電力ネゴシエーションのために、Media Dependent Interface(MDI)の Type, Length, and Value description(TLV)、Power-via-MDA TLV で IEEE 802.3at および LLDP 電源を使用します。 シスコの先行標準受電デバイスおよび IEEE 受電デバイスでは、CDP または IEEE 802.3at power-via-MDI 電力ネゴシエーション メカニズムにより最大 30 W の電力レベルを要求できます。


(注)  


クラス 0、クラス 3、およびクラス 4 の受電デバイスの初期割り当ては 15.4 W です。 装置が起動し、CDP または LLDP を使用して 15.4 W を超える要求を送信する場合、最大 30 W を割り当てることができます。


power inline consumption wattage コンフィギュレーション コマンドを使用することで、IEEE 分類のデフォルトの電力要件を無効にできます。 IEEE 分類で指定された電力と実際に装置が必要とする電力の差は、追加の装置が使用するためグローバル電力バジェットに入れられます。 したがって、スイッチの電力バジェットを拡張してもっと効率的に使用できます。

power inline consumption wattage コンフィギュレーション コマンドを入力する前に、power inline police [action log] インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用してリアルタイムの電力消費のポリシングをイネーブルにすることを推奨します。


注意    


慎重にスイッチの電力バジェットを計画し、電源装置がオーバーサブスクライブ状態にならないようにしてください。


power inline consumption default wattage または no power inline consumption default グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力する、あるいは power inline consumption wattage または no power inline consumption インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力すると、次の注意メッセージが表示されます。

%CAUTION: Interface Gi1/0/1: Misconfiguring the 'power inline  consumption/allocation' command may cause damage to the switch and void  your warranty. Take precaution not to oversubscribe the power supply.
 It is recommended to enable power policing if the switch supports it.
 Refer to documentation.


(注)  


手動で電力バジェットを設定する場合、スイッチと受電デバイスの間のケーブルでの電力消失を考慮する必要があります。


IEEE 分類に関する詳細については、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドの「Configuring Interface Characteristics」の章を参照してください。

このコマンドは、PoE 対応ポートだけでサポートされています。 PoE をサポートしていないスイッチまたはポートでこのコマンドを入力すると、エラー メッセージが表示されます。

スイッチ スタックでは、このコマンドは PoE をサポートしているスタックの全スイッチまたはポートでサポートされます。

設定を確認するには、show power inline consumption 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、グローバル コンフィギュレーション モードでコマンドを使用して、各 PoE ポートに 5000 mW の電力を確保するようスイッチを設定する方法を示します。

Switch(config)# power inline consumption default 5000
%CAUTION: Interface Gi1/0/1: Misconfiguring the 'power inline  consumption/allocation' command may cause damage to the switch and void  your warranty. Take precaution not to oversubscribe the power supply.
 It is recommended to enable power policing if the switch supports it.
 Refer to documentation.

次の例では、インターフェイス コンフィギュレーション モードでコマンドを使用して、特定の PoE ポートに接続されている受電デバイスに 12000 mW の電力を確保するようスイッチを設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/2
Switch(config-if)# power inline consumption 12000
%CAUTION: Interface Gi1/0/2: Misconfiguring the 'power inline  consumption/allocation' command may cause damage to the switch and void  your warranty. Take precaution not to oversubscribe the power supply.
 It is recommended to enable power policing if the switch supports it.
 Refer to documentation.

power inline police

受電デバイスでリアルタイム電力消費のポリシングをイネーブルにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで power inline police コマンドを使用します。 この設定をディセーブルにするには、このコマンドの no 形式を使用します。

power inline police [ action { errdisable | log } ]

no power inline police

構文の説明

action errdisable

(任意)リアルタイムの電力消費がポートの最大電力割り当てを超過した場合、ポートへの電力をオフにするよう、switchを設定します。 これがデフォルトのアクションになります。

action log

(任意)リアルタイムの電力消費がポートの最大電力割り当てを超過した場合、接続されているデバイスへの電力を供給しながら、switchが Syslog メッセージを生成するように設定します。

コマンド デフォルト

受電デバイスのリアルタイムの電力消費のポリシングは、ディセーブルです。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

このコマンドは、LAN Base イメージのみでサポートされています。

このコマンドは、Power of Ethernet(PoE)対応ポートのみでサポートされています。 PoE をサポートしていないswitchまたはポートでこのコマンドを入力すると、エラー メッセージが表示されます。

スイッチ スタックでは、このコマンドは、PoE およびリアルタイム電力消費モニタリングをサポートしているスタックの全スイッチまたはポートでサポートされます。

リアルタイムの電力消費のポリシングがイネーブルである場合、受電デバイスが割り当てられた最大電力より多くの量を消費すると、switchが対処します。

PoE がイネーブルである場合、switchは受電デバイスのリアルタイムの電力消費を検知します。 この機能は、パワー モニタリングまたはパワー センシングといわれます。 また、switchパワー ポリシング機能を使用して消費電力をポリシングします。

パワー ポリシングがイネーブルである場合、switchは次の順のいずれかの方式で PoE ポートのカットオフ電力として、これらの値の 1 つを使用します。

  1. power inline auto max max-wattage または power inline static max max-wattage インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを入力したとき、ポートで許可する電力を制限するユーザ定義の電力レベル。
  2. switchでは、CDP パワー ネゴシエーションまたは IEEE 分類および LLPD 電力ネゴシエーションを使用して、装置の消費使用量が自動的に設定されます。

カットオフ電力量の値を手動で設定しない場合、switchは、CDP 電力ネゴシエーションまたはデバイスの IEEE 分類と LLDP 電力ネゴシエーションを使用して自動的に値を決定します。 CDP または LLDP がイネーブルでない場合は、デフォルト値の 30 W が適用されます。 ただし、CDP または LLDP がない場合は、15400 ~ 30000 mW の値が CDP 要求または LLDP 要求だけに基づいて割り当てられるため、装置で 15.4 W を超える電力の消費がswitchから許可されません。 受電デバイスが CDP または LLDP のネゴシエーションなしに 15.4 W を超える電力を消費する場合、装置は最大電流 Imax の制限に違反し、最大値を超える電流が供給されるという Icut 障害が発生する可能性があります。 再び電源を入れるまで、ポートは障害状態のままになります。 ポートで継続的に 15.4 W を超える電力が給電される場合、このサイクルが繰り返されます。

PoE+ ポートに接続されている受電デバイスが再起動し、電力 TLV で CDP パケットまたは LLDP パケットが送信される場合、switchは最初のパケットの電力ネゴシエーション プロトコルをロックし、その他のプロトコルからの電力要求に応答しません。 たとえば、switchが CDP にロックされている場合、LLDP 要求を送信する装置に電力を供給しません。 switchが CDP にロックされた後で CDP がディセーブルになった場合、switchは LLDP 電源要求に応答せず、アクセサリの電源がオンにならなくなります。 この場合、受電デバイスを再起動する必要があります。

パワー ポリシングがイネーブルである場合、switchはリアルタイムの電力消費を PoE ポートに割り当てられた最大電力と比較して、消費電力をポリシングします。 装置が最大電力割り当て(またはカットオフ電力)を超える電力をポートで使用している場合、switchでは、ポートへの電力供給がオフにされるか、または装置に電力を供給しながらswitchは Syslog メッセージが生成して LED(ポート LED はオレンジ色に点滅)を更新します。

  • ポートへの電力供給をオフにして、ポートを errdisable ステートとするようswitchを設定するには、power inline police インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用します。

  • 装置に電力を供給しながら、Syslog メッセージを生成するようswitchを設定するには、power inline police action log コマンドを使用します。

action log キーワードを入力しない場合のデフォルトのアクションは、ポートのシャット ダウン、ポートへの電力供給のオフ、およびポートを PoE errdisable ステートに移行、になります。 PoE ポートを errdisable ステートから自動的に回復するよう設定するには、errdisable detect cause inline-power グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、PoE 原因に対する errdisable 検出をイネーブルにして、errdisable recovery cause inline-power interval interval グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、PoE errdisable 原因の回復タイマーをイネーブルにします。


注意    


ポリシングがディセーブルである場合、受電デバイスがポートに割り当てられた最大電力より多くの量を消費しても対処されないため、switchに悪影響を与える場合があります。


設定を確認するには、show power inline police 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、電力消費のポリシングをイネーブルにして、switchの PoE ポートで Syslog メッセージを生成するようswitchを設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/2
Switch(config-if)# power inline police action log

show eee

インターフェイスの EEE 情報を表示するには、EXEC モードで show eee コマンドを使用します。

show eee { counters | capabilities interface interface-id | status interface interface-id }

構文の説明

counters

EEE カウンタを表示します。

capabilities

指定インターフェイスの EEE 機能を表示します。

status

指定したインターフェイスの EEE ステータス情報を表示します。

interface interface-id

EEE 機能またはステータス情報を表示するためのインターフェイスを指定します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

低電力アイドル(LPI)モードをサポートするデバイスで EEE をイネーブルにできます。 このようなデバイスは、低い電力使用率のときに LPI モードを開始して、電力を節約できます。 LPI モードでは、リンクの両端にあるシステムは、特定のサービスをシャット ダウンして、電力を節約できます。 EEE は上位層プロトコルおよびアプリケーションに対して透過的であるように、LPI モードに移行したり、LPI モードから移行する必要があるプロトコルを提供します。

インターフェイスが EEE に対応しているかどうかを確認するには、show eee capabilities コマンドを使用します。 power efficient-ethernet auto インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、EEE に対応しているインターフェイスで EEE をイネーブルにできます。

インターフェイスの EEE ステータス、LPI ステータス、および wake エラー カウント情報を表示するには、show eee status コマンドを使用します。

次の例では、show eee counters コマンドの出力を示します。

Switch# show eee counters
ASIC #0
---- ---
        LP Active 1G             :  0
        LP Transitioning 1G      :  0
        LP Active Tx 100M        :  0
        LP Transitioning Tx 100M :  0
        LP Active Rx 100M        :  0
        LP Transitioning Rx 100M :  0

ASIC #1
---- ---
        LP Active 1G             :  0
        LP Transitioning 1G      :  0
        LP Active Tx 100M        :  0
        LP Transitioning Tx 100M :  0
        LP Active Rx 100M        :  0
        LP Transitioning Rx 100M :  0

次の例では、EEE がイネーブルのインターフェイスの show eee capabilities コマンドの出力を示します。

Switch# show eee capabilities interface gigabitethernet1/0/1
Gi1/0/1
        EEE(efficient-ethernet):  yes (100-Tx and 1000T auto)
        Link Partner           :  yes (100-Tx and 1000T auto)

次の例では、EEE がイネーブルでないインターフェイスの show eee capabilities コマンドの出力を示します。

Switch# show eee capabilities interface gigabitethernet2/0/1
Gi2/0/1
        EEE(efficient-ethernet):  not enabled
        Link Partner           :  not enabled

次の例では、EEE がイネーブルで機能しているインターフェイスの show eee status コマンドの出力を示します。 次の表に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

Switch# show eee status interface gigabitethernet1/0/4
Gi1/0/4 is up
        EEE(efficient-ethernet):  Operational
        Rx LPI Status          :  Received
        Tx LPI Status          :  Received
        

次の例では、EEE が機能していて、ポートが節電モードであるインターフェイスの show eee status コマンドの出力を示します。

Switch# show eee status interface gigabitethernet1/0/3
Gi1/0/3 is up
        EEE(efficient-ethernet):  Operational
        Rx LPI Status          :  Low Power
        Tx LPI Status          :  Low Power
        Wake Error Count       :  0

次の例では、リモート リンク パートナーが EEE と互換性がないために、EEE がイネーブルでないインターフェイスの show eee status コマンドの出力を示します。

Switch# show eee status interface gigabitethernet1/0/3
Gi1/0/3 is down
        EEE(efficient-ethernet):  Disagreed
        Rx LPI Status          :  None
        Tx LPI Status          :  None
        Wake Error Count       :  0
        
表 1 show eee status のフィールドの説明

フィールド

説明

EEE (efficient-ethernet)

インターフェイスの EEE ステータス。 このフィールドには、次のいずれかの値を使用できます。

  • N/A:ポートは EEE に対応できません。

  • Disabled:ポートの EEE はディセーブルです。

  • Disagreed:リモート リンク パートナーが EEE に互換性がない可能性があるため、ポートの EEE は設定されていません。EEE 対応でないか、EEE の設定に互換性がありません。

  • Operational:ポートの EEE がイネーブルで機能しています。

インターフェイスの速度が 10 Mbps として設定されていると、EEE は内部的にディセーブルになります。 インターフェイスの速度が auto、100 Mbps または 1000 Mbps に戻ると、EEE は再びアクティブになります。

Rx/Tx LPI Status

リンク パートナーの低電力アイドル(LPI)ステータス。 このフィールドには、次のいずれかの値を使用できます。

  • N/A:ポートは EEE に対応できません。

  • Interrupted:リンク パートナーは低電力モードへの移行中です。

  • Low Power:リンク パートナーは低電力モードにあります。

  • None:EEE がディセーブルであるか、リンク パートナー側で対応できません。

  • Received:リンク パートナーは低電力モードにあり、トラフィック アクティビティがあります。

インターフェイスが半二重として設定されており、LPI ステータスが「None」の場合、インターフェイスが全二重として設定されるまで、インターフェイスは低電力モードにすることはできないことを意味します。

Wake Error Count

発生した PHY wake-up エラーの数 EEE がイネーブルで、リンク パートナーへの接続が切断された場合に、wake-up エラーが発生します。

この情報は、PHY のデバッグに役立ちます。

show env

ファン、温度、 Redundant Power System (RPS) の可用性、および電源情報を表示するには、EXEC モードで show env コマンドを使用します。

show env { all | fan | power [ all | switch [ stack-member-number ] ] | rps | stack [ stack-member-number ] | temperature [ status ] }

構文の説明

all

ファンと温度環境の状態、および、内部電源と RPS の状態を表示します。

fan

スイッチのファンの状態を表示します。

power

アクティブ スイッチの内部電源の状態を表示します。

all

(任意)スイッチでコマンドが入力された場合、スタンドアロン スイッチのすべての内部電源の状態が表示されます。でコマンドが入力された場合は、すべてのスタック メンバのすべての内部電源の状態が表示されます。

switch

(任意)スタック内の各スイッチまたは指定したスイッチの内部電源装置のステータスを表示します。

このキーワードは、スタック構成対応スイッチでだけ使用できます。

stack-member-number

(任意)内部電源または環境ステータスの状態を表示するスタック メンバの数。

指定できる範囲は 1 ~ 8 です。

rps

RPS のステータスを表示します。

stack

スタックの各スイッチまたは指定されたスイッチのすべての環境ステータスを表示します。

このキーワードは、スタック構成対応スイッチでだけ使用できます。

temperature

スイッチの温度ステータスを表示します。

status

(任意)スイッチの内部温度(外部温度ではなく)およびしきい値を表示します。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

アクセスされているスイッチ(スタンドアロン スイッチまたは)の情報を表示するには、show env EXEC コマンドを使用します。 stack および switch キーワードとともにこのコマンドを使用すると、スタックまたは指定されたスタック メンバのすべての情報が表示されます。

show env temperature status コマンドを入力する場合、コマンド出力はスイッチ温度ステートおよびしきい値レベルを示します。

スイッチ温度状態を表示するためには、show env temperature コマンドも使用できます。 コマンド出力では、GREEN および YELLOW ステートを OK と表示し、RED ステートを FAULTY と表示します。 show env all コマンドを入力する場合、コマンド出力は show env temperature status コマンド出力と同じです。

次の例では、show env all コマンドの出力を示します。

Switch# show env all
FAN is OK
SYSTEM TEMPERATURE is OK
System Temperature Value: 41 Degree Celsius
System Temperature State: GREEN
Yellow Threshold : 65 Degree Celsius
Red Threshold    : 75 Degree Celsius
SW  PID                 Serial#     Status           Sys Pwr  PoE Pwr  Watts
---  ------------------  ----------  ---------------  -------  -------  -----
 1  Built-in                                         Good

SW  Status          RPS Name          RPS Serial#  RPS Port#
--  -------------   ----------------  -----------  ---------
1   <>              <>

次の例では、show env fan コマンドの出力を示します。

Switch> show env fan
FAN is OK

次の例では、での show env power all コマンドの出力を示します。

Switch# show env power all
SW  PID                 Serial#     Status           Sys Pwr  PoE Pwr  Watts
--  ------------------  ----------  ---------------  -------  -------  -----
 1  Built-in                                         Good

次の例では、での show env stack コマンドの出力を示します。

Switch# show env stack
SWITCH: 1
FAN is OK
TEMPERATURE is OK
Temperature Value: 41 Degree Celsius
Temperature State: GREEN
Yellow Threshold : 65 Degree Celsius
Red Threshold    : 75 Degree Celsius
POWER is OK
RPS is NOT PRESENT

次の例では、スタンドアロン スイッチで温度値、ステート、およびしきい値を表示する方法を示します。 表に、コマンド出力での温度ステートの説明を示します。

Switch> show env temperature status
System Temperature Value: 41 Degree Celsius
System Temperature State: GREEN
Yellow Threshold : 65 Degree Celsius
Red Threshold    : 75 Degree Celsius

表 2 show env temperature status コマンド出力のステート

状態

説明

GREEN

スイッチの温度が正常な動作範囲にあります。

YELLOW

温度が警告範囲にあります。 スイッチの外の周辺温度を確認する必要があります。

RED

温度がクリティカル範囲にあります。 温度がこの範囲にある場合、スイッチが正常に実行されない可能性があります。

show errdisable detect

errdisable 検出ステータスを表示するには、EXEC モードで show errdisable detect コマンドを使用します。

show errdisable detect

構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

gbic-invalid エラーの理由は、無効な Small Form-Factor Pluggable(SFP)モジュールを意味します。

コマンド出力内の errdisable の理由がアルファベット順に表示されます。 Mode 列は、errdisable が機能ごとにどのように設定されているかを示します。

errdisable 検出は次のモードで設定できます。

  • ポート モード:違反が発生した場合、物理ポート全体が errdisable になります。

  • VLAN モード:違反が発生した場合、VLAN が errdisable になります。

  • ポート/VLAN モード:一部のポートでは物理ポート全体が errdisable になり、その他のポートでは VLAN ごとに errdisable になります。

次の例では、show errdisable detect コマンドの出力を示します。

Switch> show errdisable detect
ErrDisable Reason            Detection        Mode
-----------------            ---------        ----
arp-inspection               Enabled          port
bpduguard                    Enabled          port
channel-misconfig (STP)      Enabled          port
community-limit              Enabled          port
dhcp-rate-limit              Enabled          port
dtp-flap                     Enabled          port
gbic-invalid                 Enabled          port
iif-reg-failure              Enabled          port
inline-power                 Enabled          port
invalid-policy               Enabled          port
link-flap                    Enabled          port
loopback                     Enabled          port
lsgroup                      Enabled          port
mac-limit                    Enabled          port
pagp-flap                    Enabled          port
port-mode-failure            Enabled          port
pppoe-ia-rate-limit          Enabled          port
psecure-violation            Enabled          port/vlan
security-violation           Enabled          port
sfp-config-mismatch          Enabled          port
sgacl_limitation             Enabled          port
small-frame                  Enabled          port
storm-control                Enabled          port
udld                         Enabled          port
vmps                         Enabled          port
psp                          Enabled          port

show errdisable recovery

errdisable 回復タイマー情報を表示するには、EXEC モードで show errdisable recovery コマンドを使用します。

show errdisable recovery

構文の説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

ユーザ EXEC

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

gbic-invalid error-disable の理由は、無効な Small Form-Factor Pluggable(SFP)インターフェイスを意味します。


(注)  


unicast-flood フィールドは、出力に表示はされますが無効です。


次の例では、show errdisable recovery コマンドの出力を示します。

Switch> show errdisable recovery
ErrDisable Reason            Timer Status
-----------------            --------------
arp-inspection               Disabled
bpduguard                    Disabled
channel-misconfig (STP)      Disabled
dhcp-rate-limit              Disabled
dtp-flap                     Disabled
gbic-invalid                 Disabled
inline-power                 Disabled
link-flap                    Disabled
mac-limit                    Disabled
loopback                     Disabled
pagp-flap                    Disabled
port-mode-failure            Disabled
pppoe-ia-rate-limit          Disabled
psecure-violation            Disabled
security-violation           Disabled
sfp-config-mismatch          Disabled
small-frame                  Disabled
storm-control                Disabled
udld                         Disabled
vmps                         Disabled
psp                          Disabled

Timer interval: 300 seconds

Interfaces that will be enabled at the next timeout:

show interfaces

すべてのインターフェイスまたは指定したインターフェイスの管理ステータスおよび動作ステータスを表示するには、特権 EXEC モードで show interfaces コマンドを使用します。

show interfaces [ interface-id | vlan vlan-id ] [ accounting | capabilities [ module number ] | debounce | description | etherchannel | flowcontrol | pruning | stats | status [ err-disabled ] | trunk ]

構文の説明

interface-id

(任意)インターフェイスの ID です。 有効なインターフェイスには、物理ポート(タイプ、スタック構成可能なスイッチのスタック メンバ、モジュール、およびポート番号を含む)やポート チャネルが含まれます。 指定できるポート チャネルは 1 ~ 48 です。

vlan vlan-id

(任意)VLAN ID です。 指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

accounting

(任意)インターフェイスのアカウント情報(アクティブ プロトコル、入出力のパケット、オクテットを含む)を表示します。

(注)     

ソフトウェアで処理されたパケットだけが表示されます。ハードウェアでスイッチングされるパケットは表示されません。

capabilities

(任意)すべてのインターフェイスまたは指定されたインターフェイスの性能(機能、インターフェイス上で設定可能なオプションを含む)を表示します。 このオプションはコマンドラインのヘルプに表示されますが、VLAN ID に使用できません。

module number

(任意)スイッチまたは指定されたスタック メンバーのすべてのインターフェイスの機能を表示します。

指定できる範囲は 1 ~ 8 です。

このオプションは、特定のインターフェイス ID を入力したときは利用できません。

debounce

(任意)インターフェイスのポート デバウンス タイマー情報を表示します。

description

(任意)特定のインターフェイスに設定された管理ステータスおよび説明を表示します。

etherchannel

(任意)インターフェイス EtherChannel 情報を表示します。

flowcontrol

(任意)インターフェイスのフロー制御情報を表示します。

mtu

(任意)各インターフェイスまたは指定されたインターフェイスに対応する MTU を表示します。

pruning

(任意)インターフェイスのトランク VTP プルーニング情報を表示します。

stats

(任意)インターフェイスのパスを切り替えることによる入出力パケットを表示します。

status

(任意)インターフェイスのステータスを表示します。 Type フィールドの unsupported のステータスは、他社製の Small Form-Factor Pluggable(SFP)モジュールがモジュール スロットに装着されていることを示しています。

err-disabled

(任意)errdisable ステートのインターフェイスを表示します。

trunk

(任意)インターフェイス トランク情報を表示します。 インターフェイスを指定しない場合は、アクティブなトランキング ポートの情報だけが表示されます。


(注)  


crbfair-queueirbmac-accountingprecedencerandom-detectおよび rate-limit、 キーワードはサポートされていません。


コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

show interfaces capabilities コマンドに異なるキーワードを指定することで、次のような結果になります。
  • show interface capabilities module number コマンドを使用して、スタックのスイッチ上のすべてのインターフェイスの性能を表示します。 スタック内に該当するモジュール番号を持つスイッチがない場合、出力はありません。

  • 指定されたインターフェイスの機能を表示するには、show interfaces interface-id capabilities を使用します。

  • スタック内のすべてのインターフェイスの機能を表示するには、show interfaces capabilities を使用します(モジュール番号またはインターフェイス ID の指定なし)。

次の例では、スタック メンバ 3 のインターフェイスに対する show interfaces コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet3/0/2
GigabitEthernet3/0/2 is down, line protocol is down (notconnect)
  Hardware is Gigabit Ethernet, address is 2037.064d.4381 (bia 2037.064d.4381)
  MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit/sec, DLY 10 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Keepalive set (10 sec)
  Auto-duplex, Auto-speed, media type is 10/100/1000BaseTX
  input flow-control is off, output flow-control is unsupported
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input never, output never, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/2000/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue: 0/40 (size/max)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts (0 multicasts)
     0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
     0 watchdog, 0 multicast, 0 pause input
     0 input packets with dribble condition detected
     0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 1 interface resets
     0 unknown protocol drops
     0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
     0 lost carrier, 0 no carrier, 0 pause output
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

次の例では、show interfaces accounting コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces accounting
Vlan1
                Protocol    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
                      IP     382021   29073978      41157   20408734
                     ARP        981      58860        179      10740
FastEthernet0
                Protocol    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
                   Other          4        276          0          0
           Spanning Tree         41       2132          0          0
                     CDP          5       2270         10       4318
GigabitEthernet1/0/1
                Protocol    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
No traffic sent or received on this interface.
GigabitEthernet1/0/2
                Protocol    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
No traffic sent or received on this interface.
GigabitEthernet1/0/3
                Protocol    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
                   Other          0          0     226505   14949330
           Spanning Tree     679120   40747200          0          0
                     CDP      22623   10248219      22656   10670858
                     DTP      45226    2713560          0          0
GigabitEthernet1/0/4
                Protocol    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
No traffic sent or received on this interface.
GigabitEthernet1/0/5
                Protocol    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
No traffic sent or received on this interface.
GigabitEthernet1/0/6
                Protocol    Pkts In   Chars In   Pkts Out  Chars Out
No traffic sent or received on this interface.

<output truncated>

次の例では、インターフェイスの show interfaces capabilities コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/0/1 capabilities
GigabitEthernet1/0/1
  Model:                 WS-C2960X-48TS-L
  Type:                  10/100/1000BaseTX
  Speed:                 10,100,1000,auto
  Duplex:                half,full,auto
  Trunk encap. type:     802.1Q
  Trunk mode:            on,off,desirable,nonegotiate
  Channel:               yes
  Broadcast suppression: percentage(0-100)
  Flowcontrol:           rx-(off,on,desired),tx-(none)
  Fast Start:            yes
  QoS scheduling:        rx-(not configurable on per port basis),
                         tx-(4q3t) (3t: Two configurable values and one fixed.)
  CoS rewrite:           yes
  ToS rewrite:           yes
  UDLD:                  yes
  Inline power:          no
  SPAN:                  source/destination
  PortSecure:            yes
  Dot1x:                 yes

次の例では、description インターフェイス コンフィギュレーション コマンドを使用して、インターフェイスを Connects to Marketing として指定した場合の show interfaces interface description コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/0/2 description
Interface                      Status         Protocol Description
Gi1/0/2                        up             down     Connects to Marketing

次の例では、スイッチにポート チャネルが設定されている場合の show interfaces etherchannel コマンドの出力を示します。

次の例では、VTP ドメイン内でプルーニングがイネーブルの場合の show interfaces interface-id pruning コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/0/2 pruning
Port 				 Vlans pruned for lack of request by neighbor
Gi1/0/2   3,4

Port 			  Vlans traffic requested of neighbor
Gi1/0/2   1-3

次の例では、指定した VLAN インターフェイスの show interfaces stats コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces vlan 1 stats
Switching path    Pkts In    Chars In    Pkts Out    Chars Out
     Processor    1165354   136205310      570800     91731594
   Route cache          0           0           0            0
         Total    1165354   136205310      570800     91731594

次の例では、show interfaces status コマンドの出力の一部を示します。 すべてのインターフェイスのステータスが表示されます。

次の例では、show interfaces interface-id status コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/0/20 status
Port      Name               Status       Vlan       Duplex  Speed       Type
Gi1/0/20                     notconnect   1            auto   auto 10/100/1000Ba
seTX

次の例では、show interfaces status err-disabled コマンドの出力を示します。 errdisable ステートのインターフェイスのステータスを表示します。

Switch# show interfaces status err-disabled
Port 		   Name       Status         Reason
Gi1/0/2              err-disabled   gbic-invalid
Gi2/0/3              err-disabled   dtp-flap

次の例では、show interfaces interface-id pruning コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/0/2 pruning
Port Vlans pruned for lack of request by neighbor

次の例では、show interfaces interface-id trunk コマンドの出力を示します。 ポートのトランキング情報が表示されます。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/0/1 trunk
Port        Mode             Encapsulation  Status        Native vlan
Gi1/0/1     on               802.1q         other         10

Port        Vlans allowed on trunk
Gi1/0/1     none

Port        Vlans allowed and active in management domain
Gi1/0/1     none

Port        Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
Gi1/0/1     none

show interfaces counters

スイッチまたは特定のインターフェイスのさまざまなカウンタを表示するには、特権 EXEC モードで show interfaces counters コマンドを使用します。

show interfaces [ interface-id ] counters [ errors | etherchannel | module stack-member-number | protocol status | trunk ]

構文の説明

interface-id

(任意)物理インターフェイスの ID(タイプ、スタック メンバ(スタック構成可能なスイッチのみ)、モジュール、ポート番号を含む)。

errors

(任意)エラー カウンタを表示します。

etherchannel

(任意)送受信されたオクテット、ブロードキャスト パケット、マルチキャスト パケット、およびユニキャスト パケットなど、EtherChannel カウンタを表示します。

module stack-member-number

(任意)指定されたスタック メンバのカウンタを表示します。

指定できる範囲は 1 ~ 8 です。

(注)     

このコマンドでは、module キーワードはスタック メンバ番号を参照しています。 インターフェイス ID に含まれるモジュール番号は、常に 0 です。

protocol status

(任意)インターフェイスでイネーブルになっているプロトコルのステータスを表示します。

trunk

(任意)トランク カウンタを表示します。


(注)  


vlan vlan-id キーワードは、コマンドラインのヘルプ ストリングには表示されますが、サポートされていません。


コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

キーワードを入力しない場合は、すべてのインターフェイスのすべてのカウンタが表示されます。

次の例では、show interfaces counters コマンドの出力の一部を示します。 スイッチのすべてのカウンタが表示されます。

Switch# show interfaces counters
Port            InOctets    InUcastPkts    InMcastPkts    InBcastPkts
Gi1/0/1                0              0              0              0
Gi1/0/2                0              0              0              0
Gi1/0/3         95285341          43115        1178430           1950
Gi1/0/4                0              0              0              0

<output truncated>

次の例では、スタック メンバ 2 の show interfaces counters module コマンドの出力の一部を示します。 スタック内で指定されたスイッチのすべてのカウンタが表示されます。

Switch# show interfaces counters module 2
Port            InOctets    InUcastPkts    InMcastPkts    InBcastPkts
Gi1/0/1              520              2              0              0
Gi1/0/2              520              2              0              0
Gi1/0/3              520              2              0              0
Gi1/0/4              520              2              0              0

<output truncated>

次の例では、すべてのインターフェイスに対する show interfaces counters protocol status コマンドの出力の一部を示します。

Switch# show interfaces counters protocol status
Protocols allocated:
Vlan1: Other, IP
Vlan20: Other, IP, ARP
Vlan30: Other, IP, ARP
Vlan40: Other, IP, ARP
Vlan50: Other, IP, ARP
Vlan60: Other, IP, ARP
Vlan70: Other, IP, ARP
Vlan80: Other, IP, ARP
Vlan90: Other, IP, ARP
Vlan900: Other, IP, ARP
Vlan3000: Other, IP
Vlan3500: Other, IP
GigabitEthernet1/0/1: Other, IP, ARP, CDP
GigabitEthernet1/0/2: Other, IP
GigabitEthernet1/0/3: Other, IP
GigabitEthernet1/0/4: Other, IP
GigabitEthernet1/0/5: Other, IP
GigabitEthernet1/0/6: Other, IP
GigabitEthernet1/0/7: Other, IP
GigabitEthernet1/0/8: Other, IP
GigabitEthernet1/0/9: Other, IP
GigabitEthernet1/0/10: Other, IP, CDP

<output truncated>

次の例では、show interfaces counters trunk コマンドの出力を示します。 すべてのインターフェイスのトランク カウンタが表示されます。

Switch# show interfaces counters trunk
Port        TrunkFramesTx   TrunkFramesRx   WrongEncap
Gi1/0/1                 0               0            0
Gi1/0/2                 0               0            0
Gi1/0/3             80678               0            0
Gi1/0/4             82320               0            0
Gi1/0/5                 0               0            0

<output truncated>

show interfaces switchport

ポート ブロッキング、ポート保護設定など、スイッチング(非ルーティング)ポートの管理ステータスおよび動作ステータスを表示するには、特権 EXEC モードで show interfaces switchport コマンドで使用します。

show interfaces [ interface-id ] switchport [ backup [ detail ] | module number ]

構文の説明

interface-id

(任意)インターフェイスの ID です。 有効なインターフェイスには、物理ポート(タイプ、スタック構成可能なスイッチのスタック メンバ、モジュール、およびポート番号を含む)やポート チャネルが含まれます。 指定できるポート チャネルは 1 ~ 48 です。

backup

(任意)指定したインターフェイスまたはすべてのインターフェイスの Flex Link バックアップ インターフェイス コンフィギュレーションを表示します。

detail

(任意)スイッチまたはスタック上の指定したインターフェイスまたはすべてのインターフェイスの詳細なバックアップ情報を表示します。

module number

(任意)スイッチまたは指定されたスタック メンバのすべてのインターフェイスのスイッチポート設定を表示します。

指定できる範囲は 1 ~ 8 です。

このオプションは、特定のインターフェイス ID を入力したときは利用できません。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

スタックのスイッチ上のすべてのインターフェイスのスイッチ ポート特性を表示するには、show interface switchport module number コマンドを使用します。 スタック内に該当するモジュール番号を持つスイッチがない場合、出力はありません。

次の例では、ポートの show interfaces switchport コマンドの出力を示します。 次の表に、この出力で表示されるフィールドについて説明します。

(注)  


プライベート VLAN はこのリリースではサポートされないので、フィールドは適用されません。


Switch# show interfaces gigabitethernet1/0/1 switchport
Name: Gi1/0/1
Switchport: Enabled
Administrative Mode: trunk
Operational Mode: down
Administrative Trunking Encapsulation: dot1q
Negotiation of Trunking: On
Access Mode VLAN: 1 (default)
Trunking Native Mode VLAN: 10 (VLAN0010)
Administrative Native VLAN tagging: enabled
Voice VLAN: none
Administrative private-vlan host-association: none
Administrative private-vlan mapping: none
Administrative private-vlan trunk native VLAN: none
Administrative private-vlan trunk Native VLAN tagging: enabled
Administrative private-vlan trunk encapsulation: dot1q
Administrative private-vlan trunk normal VLANs: none
Administrative private-vlan trunk associations: none
Administrative private-vlan trunk mappings: none
Operational private-vlan: none
Trunking VLANs Enabled: 11-20
Pruning VLANs Enabled: 2-1001
Capture Mode Disabled
Capture VLANs Allowed: ALL

Protected: false
Unknown unicast blocked: disabled
Unknown multicast blocked: disabled
Appliance trust: none

フィールド

説明

Name

ポート名を表示します。

Switchport

ポートの管理ステータスおよび動作ステータスを表示します。 この出力の場合、ポートはスイッチポート モードです。

Administrative Mode

Operational Mode

管理モードおよび動作モードを表示します。

Administrative Trunking Encapsulation

Operational Trunking Encapsulation

Negotiation of Trunking

管理上および運用上のカプセル化方式、およびトランキング ネゴシエーションがイネーブルかどうかを表示します。

Access Mode VLAN

ポートを設定する VLAN ID を表示します。

Trunking Native Mode VLAN

Trunking VLANs Enabled

Trunking VLANs Active

ネイティブ モードのトランクの VLAN ID を一覧表示します。 トランク上の許可 VLAN を一覧表示します。 トランク上のアクティブ VLAN を一覧表示します。

Pruning VLANs Enabled

プルーニングに適格な VLAN を一覧表示します。

Protected

インターフェイス上で保護ポートがイネーブル(True)であるかまたはディセーブル(False)であるかを表示します。

Unknown unicast blocked

Unknown multicast blocked

不明なマルチキャストおよび不明なユニキャスト トラフィックがインターフェイス上でブロックされているかどうかを表示します。

Voice VLAN

音声 VLAN がイネーブルである VLAN ID を表示します。

Appliance trust

IP Phone のデータ パケットのサービス クラス(CoS)設定を表示します。

次の例では、show interfaces switchport backup コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces switchport backup
Switch Backup Interface Pairs:
Active Interface    Backup Interface    State
--------------------------------------------------------------
Gi1/0/1              Gi1/0/2             Active Up/Backup Standby
Gi3/0/3              Gi4/0/5             Active Down/Backup Up
Po1                  Po2                 Active Standby/Backup Up

show interfaces switchport backup コマンドからの出力例では、スイッチに VLAN 1 ~ 50、60、および 100 ~ 120 が設定されています。

Switch(config)# interface gigabitethernet 2/0/6
Switch(config-if)# switchport backup interface gigabitethernet 2/0/8 
prefer vlan 60,100-120

両方のインターフェイスが動作中の場合は、Gi2/0/8 が VLAN 60 および VLAN 100 ~ 120 のトラフィックを転送し、Gi2/0/6 が VLAN 1 ~ 50 のトラフィックを転送します。

Switch# show interfaces switchport backup

Switch Backup Interface Pairs:
Active Interface        Backup Interface        State
------------------------------------------------------------------------
GigabitEthernet2/0/6    GigabitEthernet2/0/8    Active Up/Backup Up
Vlans on Interface Gi 2/0/6: 1-50
Vlans on Interface Gi 2/0/8: 60, 100-120

Flex Link インターフェイスがダウンすると(LINK_DOWN)、このインターフェイスで優先される VLAN は、Flex Link ペアのピア インターフェイスに移動します。 この例では、インターフェイス Gi2/0/6 がダウンして、Gi2/0/8 が Flex Link ペアのすべての VLAN を引き継ぎます。

Switch# show interfaces switchport backup

Switch Backup Interface Pairs:
Active Interface        Backup Interface        State
------------------------------------------------------------------------
GigabitEthernet2/0/6    GigabitEthernet2/0/8    Active Down/Backup Up
Vlans on Interface Gi 2/0/6:
Vlans on Interface Gi 2/0/8: 1-50, 60, 100-120

Flex Link インターフェイスがアップになると、このインターフェイスで優先される VLAN はピア インターフェイスでブロックされ、アップしたインターフェイスでフォワーディング ステートになります。 この例では、インターフェイス Gi2/0/6 がアップになると、このインターフェイスで優先される VLAN はピア インターフェイス Gi2/0/8 でブロックされ、Gi2/0/6 で転送されます。

Switch# show interfaces switchport backup

Switch Backup Interface Pairs:
Active Interface        Backup Interface        State
------------------------------------------------------------------------
GigabitEthernet2/0/6    GigabitEthernet2/0/8    Active Up/Backup Up
Vlans on Interface Gi 2/0/6: 1-50
Vlans on Interface Gi 2/0/8: 60, 100-120

show interfaces transceiver

SFP モジュール インターフェイスの物理インターフェイスを表示するには、EXEC モードで show interfaces transceiver コマンドを使用します。

show interfaces [ interface-id ] transceiver [ detail | module number | properties | supported-list | threshold-table ]

構文の説明

interface-id

(任意)物理インターフェイスの ID(タイプ、スタック メンバ(スタック構成可能なスイッチのみ)、モジュール、ポート番号を含む)。

detail

(任意)(スイッチにインストールされている場合)Digital Optical Monitoring(DoM)対応トランシーバの高低値やアラーム情報などの、調整プロパティを表示します。

module number

(任意)スイッチのモジュールのインターフェイスへの表示を制限します。

指定できる範囲は 1 ~ 8 です。

このオプションは、特定のインターフェイス ID を入力したときは利用できません。

properties

(任意)インターフェイスの速度、デュプレックス、およびインライン パワー設定を表示します。

supported-list

(任意)サポートされるトランシーバをすべて表示します。

threshold-table

(任意)アラームおよび警告しきい値テーブルを表示します。

コマンド モード

ユーザ EXEC

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

次の例では、show interfaces interface-id transceiver properties コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/0/50 transceiver properties
 Diagnostic Monitoring is not implemented.
 Name : Gi1/0/50
 Administrative Speed: auto
 Administrative Duplex: auto
 Administrative Auto-MDIX: on
 Administrative Power Inline: N/A
 Operational Speed: 1000
 Operational Duplex: full
 Operational Auto-MDIX: on
 Media Type: 10/100/1000BaseTX

次の例では、show interfaces interface-id transceiver detail コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces gigabitethernet1/1/1 transceiver detail
		ITU Channel not available (Wavelength not available),
		Transceiver is internally calibrated.
		mA:milliamperes, dBm:decibels (milliwatts), N/A:not applicable.
		++:high alarm, +:high warning, -:low warning, -- :low alarm.
		A2D readouts (if they differ), are reported in parentheses.
		The threshold values are uncalibrated.
		
		                            High Alarm  High Warn  Low Warn   Low Alarm
		         Temperature        Threshold   Threshold  Threshold  Threshold
		Port     (Celsius)         (Celsius)   (Celsius)  (Celsius)  (Celsius)
		-------  -----------------  ----------  ---------  ---------  ---------
		Gi1/1/1  29.9               74.0        70.0       0.0        -4.0
		                            High Alarm  High Warn  Low Warn   Low Alarm
		         Voltage            Threshold   Threshold  Threshold  Threshold
		Port     (Volts)            (Volts)     (Volts)    (Volts)    (Volts)
		-------  ---------------    ----------  ---------  ---------  ---------
		Gi1/1/1  3.28               3.60        3.50       3.10       3.00

		         Optical            High Alarm  High Warn  Low Warn   Low Alarm
		         Transmit Power     Threshold   Threshold  Threshold  Threshold
		Port     (dBm)              (dBm)       (dBm)      (dBm)      (dBm)
		-------  -----------------  ----------  ---------  ---------  ---------
		Gi1/1/1  1.8                7.9         3.9        0.0        -4.0
		
		         Optical            High Alarm  High Warn  Low Warn   Low Alarm
		         Receive Power      Threshold   Threshold  Threshold  Threshold
		Port     (dBm)              (dBm)       (dBm)      (dBm)      (dBm)
		-------  -----------------  ----------  ---------  ---------  ---------
		Gi1/1/1  -23.5              -5.0        -9.0       -28.2      -32.2

次の例では、show interfaces transceiver threshold-table コマンドの出力を示します。

Switch# show interfaces transceiver threshold-table
              Optical Tx     Optical Rx    Temp     Laser Bias    Voltage
                                                    current
             -------------  -------------  ------   ------------  ---------

 DWDM GBIC
Min1             -4.00        -32.00        -4            N/A          4.65
Min2              0.00        -28.00        0             N/A          4.75
Max2              4.00         -9.00        70            N/A          5.25
Max1              7.00         -5.00        74            N/A          5.40
 DWDM SFP
Min1             -4.00        -32.00        -4            N/A          3.00
Min2              0.00        -28.00        0             N/A          3.10
Max2              4.00         -9.00        70            N/A          3.50
Max1              8.00         -5.00        74            N/A          3.60
 RX only WDM GBIC
Min1              N/A         -32.00        -4            N/A          4.65
Min2              N/A         -28.30        0             N/A          4.75
Max2              N/A          -9.00        70            N/A          5.25
Max1              N/A          -5.00        74            N/A          5.40
 DWDM XENPAK
Min1             -5.00        -28.00        -4            N/A          N/A
Min2             -1.00        -24.00        0             N/A          N/A
Max2              3.00         -7.00        70            N/A          N/A
Max1              7.00         -3.00        74            N/A          N/A
 DWDM X2
Min1             -5.00        -28.00        -4            N/A          N/A
Min2             -1.00        -24.00        0             N/A          N/A
Max2              3.00         -7.00        70            N/A          N/A
Max1              7.00         -3.00        74            N/A          N/A
 DWDM XFP
Min1             -5.00        -28.00        -4            N/A          N/A
Min2             -1.00        -24.00        0             N/A          N/A
Max2              3.00         -7.00        70            N/A          N/A
Max1              7.00         -3.00        74            N/A          N/A
 CWDM X2
Min1              N/A           N/A         0             N/A          N/A
Min2              N/A           N/A         0             N/A          N/A
Max2              N/A           N/A         0             N/A          N/A
Max1              N/A           N/A         0             N/A          N/A

<output truncated>

show network-policy profile

ネットワークポリシー プロファイルを表示するには、特権 EXEC モードで show network policy profile コマンドを使用します。

show network-policy profile [ profile-number ]

構文の説明

profile-number

(任意)ネットワークポリシー プロファイル番号を表示します。 プロファイルが入力されていない場合、すべてのネットワーク ポリシー プロファイルが表示されます。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

次の例では、show network-policy profile コマンドの出力を示します。

Switch# show network-policy profile
Network Policy Profile 60
  Interface:
   none

show power inline

指定された PoE ポート、指定されたスタック メンバ、またはスイッチ スタックのすべての PoE ポートの PoE ステータスを表示するには、EXEC モードで show power inline コマンドを使用します。

show power inline [ police | priority ] [ interface-id | module stack-member-number ] [detail]

構文の説明

police

(任意)リアルタイムの電力消費に関するパワー ポリシング情報を表示します。

priority

(任意)各ポートのパワー インライン ポート プライオリティを表示します。

interface-id

(任意)物理インターフェイスの ID です。

module stack-member-number

(任意)指定されたスタック メンバのポートだけを表示します。

指定できる範囲は 1 ~ 8 です。

このキーワードは、スタック対応スイッチでのみサポートされています。

detail

(任意)インターフェイスまたはモジュールの詳細な出力を表示します。

コマンド モード

ユーザ EXEC

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

次の例では、show power inline コマンドの出力を示します。 次の表に、出力フィールドについて説明します。

Switch> show power inline
Module   Available     Used     Remaining
          (Watts)     (Watts)    (Watts)
------   ---------   --------   ---------
1             n/a        n/a         n/a
2             n/a        n/a         n/a
3          1440.0       15.4      1424.6
4           720.0        6.3       713.7
Interface Admin  Oper       Power   Device              Class Max
                            (Watts)
--------- ------ ---------- ------- ------------------- ----- ----
Gi3/0/1   auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/2   auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/3   auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/4   auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/5   auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/6   auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/7   auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/8   auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/9   auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/10  auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/11  auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
Gi3/0/12  auto   off        0.0     n/a                 n/a   30.0
<output truncated>

次の例では、スイッチ ポートに対する show power inline interface-id コマンドの出力を示します。

次の例では、スタック メンバ 3 での show power inline module switch-number コマンドの出力を示します。 次の表に、出力フィールドについて説明します。

Switch> show power inline module 3
Module   Available     Used     Remaining
          (Watts)     (Watts)    (Watts)
------   ---------   --------   ---------
3           865.0      864.0         1.0
Interface Admin  Oper       Power   Device              Class Max
                            (Watts)
--------- ------ ---------- ------- ------------------- ----- ----
Gi3/0/1   auto   power-deny 4.0     n/a                 n/a   15.4
Gi3/0/2   auto   off        0.0     n/a                 n/a   15.4
Gi3/0/3   auto   off        0.0     n/a                 n/a   15.4
Gi3/0/4   auto   off        0.0     n/a                 n/a   15.4
Gi3/0/5   auto   off        0.0     n/a                 n/a   15.4
Gi3/0/6   auto   off        0.0     n/a                 n/a   15.4
Gi3/0/7   auto   off        0.0     n/a                 n/a   15.4
Gi3/0/8   auto   off        0.0     n/a                 n/a   15.4
Gi3/0/9   auto   off        0.0     n/a                 n/a   15.4
Gi3/0/10  auto   off        0.0     n/a                 n/a   15.4
<output truncated>

表 3 show power inline のフィールドの説明

フィールド

説明

Available

PoE スイッチでの設定電力1 の合計で、ワット数(W)です。

Used

PoE ポートに割り当てられている設定電力の合計で、ワット数です。

Remaining

システムで割り当てられていない設定電力の合計(ワット数)です。 (Available - Used = Remaining)

Admin

管理モード:auto、off、static

Oper

動作モード:

  • on:受電デバイスが検出され、電力が適用されています。
  • off:PoE が適用されていません。
  • faulty:装置検出または受電デバイスが障害の状態です。
  • power-deny:受電デバイスが検出されていますが、PoE が使用できない状態か、最大ワット数が検出された受電デバイスの最大数を超えています。

Power

受電デバイスに割り当てられている最大電力の合計で、ワット数です。 この値は、show power inline police コマンドの出力の Cutoff Power フィールドの値と同じです。

Device

検出された装置のタイプ:n/a、unknown、Cisco 受電装置、IEEE 受電装置、または CDP からの名前。

Class

IEEE 分類:n/a または 0 ~ 4 の値。

Max

受電デバイスに割り当てられている最大電力の合計で、ワット数です。

AdminPowerMax

スイッチがリアルタイム電力消費をポリシングする場合に、受電デバイスに割り当てられる電力の最大量です(ワット単位)。 この値は、Max フィールドの値と同じです。

AdminConsumption

スイッチがリアルタイム電力消費をポリシングする場合に、受電デバイスに割り当てられる電力の消費量です(ワット単位)。 ポリシングがディセーブルである場合、この値は AdminPowerMax フィールドの値と同じです。

1 設定電力とは、手動で指定する電力、または CDP パワー ネゴシエーションまたは IEEE 分類を使用してスイッチが指定する電力(パワー センシング機能によってモニタされるリアルタイムの電力とは異なります)です。

次の例では、スタッキング対応スイッチに対する show power inline police コマンドの出力を示します。

Switch> show power inline police
Module   Available    Used      Remaining
          (Watts)     (Watts)    (Watts)
------   ---------   --------   ---------
1           370.0        0.0       370.0
3           865.0      864.0         1.0
          Admin  Oper        Admin      Oper       Cutoff Oper 
Interface State  State       Police     Police     Power  Power
--------- ------ ----------- ---------- ---------- ------ ------
Gi1/0/1   auto   off         none       n/a        n/a    0.0 
Gi1/0/2   auto   off         log        n/a        5.4    0.0 
Gi1/0/3   auto   off         errdisable n/a        5.4    0.0 
Gi1/0/4   off    off         none       n/a        n/a    0.0 
Gi1/0/5   off    off         log        n/a        5.4    0.0 
Gi1/0/6   off    off         errdisable n/a        5.4    0.0 
Gi1/0/7   auto   off         none       n/a        n/a    0.0 
Gi1/0/8   auto   off         log        n/a        5.4    0.0 
Gi1/0/9   auto   on          none       n/a        n/a    5.1 
Gi1/0/10  auto   on          log        ok         5.4    4.2 
Gi1/0/11  auto   on          log        log        5.4    5.9 
Gi1/0/12  auto   on          errdisable ok         5.4    4.2 
Gi1/0/13  auto   errdisable  errdisable n/a        5.4    0.0 
<output truncated>

上の例では、次のようになっています。

  • Gi1/0/1 ポートはシャットダウンしていて、ポリシングは設定されていません。
  • Gi1/0/2 ポートはシャットダウンしていますが、ポリシングはイネーブルであり、ポリシング アクションとして syslog メッセージを生成するよう設定されています。
  • Gi1/0/3 ポートはシャットダウンしていますが、ポリシングはイネーブルであり、ポリシング アクションとしてポートをシャットダウンするよう設定されています。
  • Gi1/0/4 ポートでは、デバイス検出がディセーブルであり、ポートに電力が供給されておらず、ポリシングがディセーブルです。
  • Gi1/0/5 ポートでは、デバイス検出がディセーブルであり、ポートに電力が供給されていませんが、ポリシングはイネーブルであり、ポリシング アクションとして syslog メッセージを生成するよう設定されています。
  • Gi1/0/6 ポートでは、デバイス検出がディセーブルであり、ポートに電力が供給されていませんが、ポリシングはイネーブルであり、ポリシング アクションとしてポートをシャットダウンするよう設定されています。
  • Gi1/0/7 ポートはアップしていて、ポリシングはディセーブルですが、接続されている装置に対してスイッチから電力が供給されていません。
  • Gi1/0/8 ポートはアップしていて、ポリシングはイネーブルであり、ポリシング アクションとして syslog メッセージを生成するよう設定されていますが、受電デバイスに対してスイッチから電力が供給されていません。
  • Gi1/0/9 ポートはアップしていて、受電デバイスが接続されており、ポリシングはディセーブルです。
  • Gi1/0/10 ポートはアップしていて、受電デバイスが接続されています。ポリシングはイネーブルであり、ポリシング アクションとして syslog メッセージを生成するよう設定されています。 リアルタイム電力消費がカットオフ値より少ないため、ポリシング アクションは作動しません。
  • Gi1/0/11 ポートはアップしていて、受電デバイスが接続されています。ポリシングはイネーブルであり、ポリシング アクションとして syslog メッセージを生成するよう設定されています。
  • Gi1/0/12 ポートはアップしていて、受電デバイスが接続されています。ポリシングはイネーブルであり、ポリシング アクションとしてポートをシャットダウンするよう設定されています。 リアルタイム電力消費がカットオフ値より少ないため、ポリシング アクションは作動しません。
  • Gi1/0/13 ポートはアップしていて、受電デバイスが接続されています。ポリシングはイネーブルであり、ポリシング アクションとしてポートをシャットダウンするよう設定されています。

次の例では、スタンドアロン スイッチに対する show power inline police interface-id コマンドの出力を示します。 次の表に、出力フィールドについて説明します。

表 4 show power inline police のフィールドの説明

フィールド

説明

Available

スイッチでの設定電力2 の合計で、ワット数(W)です。

Used

PoE ポートに割り当てられている設定電力の合計で、ワット数です。

Remaining

システムで割り当てられていない設定電力の合計(ワット数)です。 (Available - Used = Remaining)

Admin State

管理モード:auto、off、static

Oper State

動作モード:

  • errdisable:ポリシングはイネーブルです。
  • faulty:受電デバイスでの装置検出が障害の状態です。
  • off:PoE が適用されていません。
  • on:受電デバイスが検出され、電力が適用されています。
  • power-deny:受電デバイスが検出されていますが、PoE が使用できない状態か、リアルタイム電力消費が最大電力割り当てを超えています。
(注)     

動作モードは、指定した PoE ポート、指定したスタック メンバ、またはスイッチのすべての PoE ポートの現在の PoE ステートです。

Admin Police

リアルタイム電力消費ポリシング機能のステータス:

  • errdisable:ポリシングがイネーブルで、リアルタイム電力消費が最大電力割り当てを超えるとスイッチはポートをシャットダウンします。
  • log:ポリシングはイネーブルで、リアルタイム電力消費が最大電力割り当てを超えるとスイッチが Syslog メッセージを生成します。
  • none:ポリシングはディセーブルです。

Oper Police

ポリシング ステータス:

  • errdisable:リアルタイム電力消費が最大電力割り当てを超えています。スイッチが PoE ポートをシャットダウンします。
  • log:リアルタイム電力消費が最大電力割り当てを超えています。スイッチが Syslog メッセージを生成します。
  • n/a:装置検出がディセーブルで、電力が PoE ポートに適用されていないか、ポリシング アクションが設定されていません。
  • ok:リアルタイム電力消費が最大電力割り当てより少ない状態です。

Cutoff Power

ポートに割り当てられている最大電力です。 リアルタイム電力消費がこの値を上回ると、スイッチは設定されたポリシング アクションを実行します。

Oper Power

受電デバイスのリアルタイム電力消費です。

2 設定電力とは、手動で指定する電力、または CDP パワー ネゴシエーションまたは IEEE 分類を使用してスイッチが指定する電力(パワー センシング機能によってモニタされるリアルタイムの電力とは異なります)です。

show system mtu

グローバル最大伝送単位(MTU)、またはスイッチに設定されている最大パケット サイズを表示するには、特権 EXEC モードで show system mtu コマンドを使用します。

show system mtu

構文の説明

このコマンドには引数またはキーワードはありません。

コマンド デフォルト

なし

コマンド モード

特権 EXEC

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

MTU 値および MTU 値に影響を与えるスタック設定の詳細については、system mtu コマンドを参照してください。

次の例では、show system mtu コマンドの出力を示します。

Switch# show system mtu

System MTU size is 1500 bytes
System Jumbo MTU size is 1500 bytes
System Alternate MTU size is 1500 bytes
Routing MTU size is 1500 bytes

speed

10/100 Mbps または 10/100/1000 Mb/s ポートの速度を指定するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで speed コマンドを使用します。 デフォルト値に戻すには、このコマンドの no 形式を使用します。

speed { 10 | 100 | 1000 | auto [ 10 | 100 | 1000 ] | nonegotiate }

no speed

構文の説明

10

ポートが 10 Mb/s で稼働することを指定します。

100

ポートが 100 Mb/s で稼働することを指定します。

1000

ポートが 1000 Mb/s で稼働することを指定します。 このオプションは、10/100/1000 Mb/s ポートでだけ有効になって表示されます。

auto

リンクのもう一方の終端のポートを基準にして自動的にポートの速度を検出します。 10100、または 1000 キーワードと auto キーワードを一緒に使用する場合、ポートは指定した速度で自動ネゴシエーションだけを行います。

nonegotiate

自動ネゴシエーションをディセーブルにし、ポートは 1000 Mb/s で稼働します。

コマンド デフォルト

デフォルトは auto です。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

10 ギガビット イーサネット ポートでは速度を設定できません。

1000BASE-T Small Form-Factor Pluggable(SFP)モジュールを除き、SFP モジュール ポートが自動ネゴシエーションをサポートしてないデバイスに接続されている場合、ネゴシエートしないように(nonegotiate)速度を設定できます。

速度が auto に設定されている場合、スイッチはもう一方のリンクの終端にあるデバイスと速度設定についてネゴシエートし、速度をネゴシエートされた値に強制的に設定します。 デュプレックス設定はリンクの両端での設定が引き継がれますが、これにより、デュプレックス設定に矛盾が生じることがあります。

ラインの両端が自動ネゴシエーションをサポートしている場合、デフォルトの自動ネゴシエーション設定を使用することを強く推奨します。 一方のインターフェイスは自動ネゴシエーションをサポートし、もう一方の終端はサポートしていない場合、サポートしている側には auto 設定を使用し、サポートしていない終端にはデュプレックスおよび速度を設定します。


注意    


インターフェイス速度およびデュプレックス モードの設定を変更すると、再設定中にインターフェイスがシャットダウンし、再びイネーブルになる場合があります。


スイッチの速度およびデュプレックスのパラメータの設定に関する注意事項は、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドの「Configuring Interface Characteristics」の章を参照してください。

設定を確認するには、show interfaces 特権 EXEC コマンドを入力します。

次の例では、ポートの速度を 100 Mb/s に設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# speed 100
		

次の例では、10 Mb/s だけで自動ネゴシエートするようにポートを設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# speed auto 10
		

次の例では、10 Mb/s または 100 Mb/s だけで自動ネゴシエートするようにポートを設定する方法を示します。

Switch(config)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(config-if)# speed auto 10 100

switchport backup interface

Flex Link を設定するには、スイッチ スタックまたはスタンドアロン スイッチのレイヤ 2 インターフェイスで、インターフェイス コンフィギュレーション モードの switchport backup interface コマンドを使用します。 Flex Link の設定を削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

switchport backup interface interface-id [ mmu primary vlan vlan-id | multicast fast-convergence | preemption { delay seconds | mode { bandwidth | forced | off } } | prefer vlan vlan-id ]

no switchport backup interface interface-id [ mmu primary vlan | multicast fast-convergence | preemption { delay | mode } | prefer vlan ]

構文の説明

interface-id

物理インターフェイスの ID。

mmu

(任意)バックアップ インターフェイス ペアの MAC Move Update(MMU)を設定します。

primary vlan vlan-id

(任意)プライマリ VLAN の VLAN ID です。 指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

multicast fast-convergence

(任意)バックアップ インターフェイスのマルチキャスト高速コンバージェンスを設定します。

preemption

(任意)バックアップ インターフェイス ペアのプリエンプション スキームを設定します。

delay seconds

プリエンプション遅延を指定します。 指定できる範囲は 1 ~ 300 秒です。 デフォルト値は 35 秒です。

mode

プリエンプション モードを指定します。

bandwidth

より大きい帯域幅のインターフェイスを優先するように指定します。

forced

アクティブ インターフェイスを優先するように指定します。

off

バックアップからアクティブへのプリエンプションが発生しないことを指定します。

prefer vlan vlan-id

(任意)VLAN が Flex Link ペアのバックアップ インターフェイスで実行されるように指定します。 VLAN ID 範囲は 1 ~ 4094 です。

コマンド デフォルト

デフォルトは、Flex Link が定義されていません。 プリエンプション モードはオフです。 プリエンプションを行いません。 プリエンプション遅延は 35 秒に設定されています。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

Flex Link 相互バックアップを提供するインターフェイスのペアです。 Flex Link を設定すると、1 つのリンクがプライマリ インターフェイスとして機能してトラフィックを転送し、もう一方のインターフェイスがスタンバイ モードになり、プライマリ リンクがシャットダウンされた場合に転送を開始できるように準備されます。 設定されるインターフェイスはアクティブ リンクと呼ばれ、指定されたインターフェイスはバックアップ リンクとして識別されます。 この機能はスパニングツリー プロトコル(STP)の代わりに提供され、ユーザが STP をオフにしても基本的なリンク冗長性を維持できます。

このコマンドは、レイヤ 2 インターフェイスに対してだけ使用可能です。

任意のアクティブ リンクに対して設定可能な Flex Link バックアップ リンクは 1 つだけで、アクティブ インターフェイスとは異なるインターフェイスでなければなりません。

  • インターフェイスが所属できる Flex Link ペアは 1 つだけです。 インターフェイスは、1 つだけのアクティブ リンクのバックアップ リンクにすることができます。 アクティブ リンクは別の Flex Link ペアに属することはできません。

  • バックアップ リンクはアクティブ リンクと同じタイプ(たとえばファスト イーサネットやギガビット イーサネット)でなくてもかまいません。 ただし、スタンバイ リンクがトラフィック転送を開始した場合にループが発生したり動作が変更したりしないように、両方の Flex Link を同様の特性で設定する必要があります。

  • どちらのリンクも、EtherChannel に属するポートには設定できません。 ただし、2 つのポート チャネル(EtherChannel 論理インターフェイス)を Flex Link として設定でき、ポート チャネルおよび物理インターフェイスを Flex Link として設定して、ポート チャネルか物理インターフェイスのどちらかをアクティブ リンクにすることができます。

  • STP がスイッチに設定されている場合、Flex Link はすべての有効な VLAN で STP に参加しません。 STP が動作していない場合、設定されているトポロジでループが発生していないことを確認してください。

次の例では、2 つのインターフェイスを Flex Link として設定する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(conf)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(conf-if)# switchport backup interface gigabitethernet1/0/2
Switch(conf-if)# end

次の例では、常にバックアップをプリエンプトするようにギガビット イーサネット インターフェイスを設定する方法を示します。

Switch# configure terminal
Switch(conf)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(conf-if)# switchport backup interface gigabitethernet1/0/2 preemption forced
Switch(conf-if)# end

次の例では、ギガビット イーサネット インターフェイスのプリエンプション遅延時間を設定する方法を示します。

Switch# configure terminal
Switch(conf)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(conf-if)# switchport backup interface gigabitethernet1/0/2 preemption delay 150
Switch(conf-if)# end

次の例では、MMU プライマリ VLAN としてギガビット イーサネット インターフェイスを設定する方法を示します。

Switch# configure terminal
Switch(conf)# interface gigabitethernet1/0/1
Switch(conf-if)# switchport backup interface gigabitethernet1/0/2 mmu primary vlan 1021
Switch(conf-if)# end

設定を確認するには、show interfaces switchport backup 特権 EXEC コマンドを入力します。

switchport block

不明のマルチキャストまたはユニキャスト パケットが転送されないようにするには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで switchport block コマンドを使用します。 未知のマルチキャストまたはユニキャスト パケットの転送を許可するには、このコマンドの no 形式を使用します。

switchport block { multicast | unicast }

no switchport block { multicast | unicast }

構文の説明

multicast

不明のマルチキャスト トラフィックがブロックされるように指定します。

(注)     

純粋なレイヤ 2 マルチキャスト トラフィックだけがブロックされます。 ヘッダーに IPv4 または IPv6 の情報を含むマルチキャスト パケットはブロックされません。

unicast

不明のユニキャスト トラフィックがブロックされるように指定します。

コマンド デフォルト

不明なマルチキャストおよびユニキャスト トラフィックはブロックされていません。

コマンド モード

インターフェイス コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

デフォルトでは、不明な MAC アドレスを持つすべてのトラフィックがすべてのポートに送信されます。 保護ポートまたは非保護ポート上の不明なマルチキャストまたはユニキャスト トラフィックをブロックすることができます。 不明なマルチキャストまたはユニキャスト トラフィックが保護ポートでブロックされない場合、セキュリティに問題のある場合があります。

マルチキャスト トラフィックでは、ポート ブロッキング機能は純粋なレイヤ 2 パケットだけをブロックします。 ヘッダーに IPv4 または IPv6 の情報を含むマルチキャスト パケットはブロックされません。

不明なマルチキャストまたはユニキャスト トラフィックのブロックは、保護ポート上で自動的にイネーブルにはなりません。明示的に設定する必要があります。

パケットのブロックに関する情報は、このリリースに対応するソフトウェア コンフィギュレーション ガイドを参照してください。

次の例では、インターフェイス上で不明なユニキャスト トラフィックをブロックする方法を示します。

Switch(config-if)# switchport block unicast

設定を確認するには、show interfaces interface-id switchport 特権 EXEC コマンドを入力します。

system mtu

system mtu { bytes | jumbo bytes }

no system mtu

構文の説明

bytes

10 または 100 Mbps に設定されているポートのシステム MTU を設定します。 指定できる範囲は 1500 ~ 1998 バイトです。 これは、10/100 Mbps イーサネット スイッチ ポートで受信する最大 MTU です。

jumbo bytes

1000 Mbps 以上で稼働しているギガビット イーサネット ポートのシステム ジャンボ MTU を設定します。 指定できる範囲は 1500 ~ 9000 バイトです。 これは、ギガビット イーサネット ポートの物理ポートで受信する最大 MTU です。

コマンド デフォルト

すべてのポートのデフォルトの MTU サイズは 1500 バイトです。

コマンド モード

グローバル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース 変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

スイッチはインターフェイス単位では MTU をサポートしていません。

このコマンドを使用してシステム MTU またはジャンボ MTU サイズを変更するには、新しい設定を有効にする前に、スイッチをリセットする必要があります。 システム MTU 設定は、NVRAM のスイッチ環境変数に保存され、スイッチをリロードするときに有効になります。 system mtu コマンドおよび system mtu jumbo コマンドで入力した MTU 設定は、copy running-config startup-config 特権 EXEC コマンドを入力しても、スイッチ IOS コンフィギュレーション ファイルには保存されません。 したがって、TFTP を使用し、バックアップ コンフィギュレーション ファイルで新しいスイッチを設定して、システム MTU をデフォルト以外の値にしたい場合、新しいスイッチ上で system mtu および system mtu jumbo を明示的に設定し、スイッチをリロードする必要があります。

1000 Mbps で稼働しているギガビット イーサネット ポートは system mtu コマンドによる影響を受けません。10/100 Mbps ポートは system mtu jumbo コマンドによる影響を受けません。

特定のスイッチ タイプに許容範囲外の値を入力すると、値が拒否されます。

設定を確認するには、show system mtu 特権 EXEC コマンドを入力します。

次に、グローバル システム MTU サイズを 1600 バイトに設定する例を示します。

Switch(config)# system mtu 1600
Changes to the system MTU will not take effect until the next reload is done

Switch(config)# 

次に、グローバル システム MTU サイズを 6000 バイトに設定する例を示します。

Switch(config)# system mtu jumbo 6000
Changes to the system jumbo MTU will not take effect until the next reload is done

Switch(config)# 

voice-signaling vlan(ネットワークポリシー コンフィギュレーション)

音声シグナリング アプリケーション タイプのネットワークポリシー プロファイルを作成するには、ネットワークポリシー コンフィギュレーション モードで voice-signaling vlan コマンドを使用します。 ポリシーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

voice-signaling vlan { vlan-id [ cos cos-value | dscp dscp-value ] | dot1p [ cos l2-priority | dscp dscp ] | none | untagged }

構文の説明

vlan-id

(任意)音声トラフィック用の VLAN。 指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

cos cos-value

(任意)設定された VLAN に対するレイヤ 2 プライオリティ Class of Service(CoS)を指定します。 指定できる範囲は 0 ~ 7 です。デフォルト値は 5 です。

dscp dscp-value

(任意)設定された VLAN に対する Diffserv コード ポイント(DSCP)値を指定します。 指定できる範囲は 0 ~ 63 です。デフォルト値は 46 です。

dot1p

(任意)IEEE 802.1p プライオリティ タギングおよび VLAN 0(ネイティブ VLAN)を使用するように電話を設定します。

none

(任意)音声 VLAN に関して IP Phone に指示しません。 電話は電話のキー パッドから入力された設定を使用します。

untagged

(任意)タグなしの音声トラフィックを送信するように電話を設定します。 これが電話のデフォルトになります。

コマンド デフォルト

音声シグナリング アプリケーション タイプのネットワークポリシー プロファイルは定義されていません。

デフォルトの CoS 値は、5 です。

デフォルトの DSCP 値は、46 です。

デフォルトのタギング モードは、untagged です。

コマンド モード

ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

プロファイルを作成し、ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション モードに入るには、network-policy profile グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

voice-signaling アプリケーション タイプは、音声メディアと異なる音声シグナリング用のポリシーを必要とするネットワーク トポロジ用です。 すべての同じネットワーク ポリシーが voice policy TLV にアドバタイズされたポリシーとして適用される場合、このアプリケーション タイプはアドバタイズしないでください。

ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション モードの場合、VLAN、Class of Service(CoS)、Diffserv コード ポイント(DSCP)の値、およびタギング モードを指定することで、音声シグナリング用のプロファイルを作成することができます。

これらのプロファイルの属性は、Link Layer Discovery Protocol for Media Endpoint Devices(LLDP-MED)の network-policy Time Length Value(TLV)に含まれます。

ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション モードから特権 EXEC モードに戻る場合は、exit コマンドを入力します。

次の例では、プライオリティ 2 の CoS を持つ VLAN 200 用の音声シグナリングを設定する方法を示します。

Switch(config)# network-policy profile 1
Switch(config-network-policy)# voice-signaling vlan 200 cos 2

次の例では、DSCP 値 45 を持つ VLAN 400 用の音声シグナリングを設定する方法を示します。

Switch(config)# network-policy profile 1
Switch(config-network-policy)# voice-signaling vlan 400 dscp 45

次の例では、プライオリティ タギングを持つネイティブ VLAN 用の音声シグナリングを設定する方法を示します。

Switch(config-network-policy)# voice-signaling vlan dot1p cos 4

voice vlan(ネットワークポリシー コンフィギュレーション)

音声アプリケーション タイプのネットワークポリシー プロファイルを作成するには、ネットワークポリシー コンフィギュレーション モードで voice vlan コマンドを使用します。 ポリシーを削除するには、このコマンドの no 形式を使用します。

voice vlan { vlan-id [ cos cos-value | dscp dscp-value ] | dot1p [ cos l2-priority | dscp dscp ] | none | untagged }

構文の説明

vlan-id

(任意)音声トラフィック用の VLAN。 指定できる範囲は 1 ~ 4094 です。

cos cos-value

(任意)設定された VLAN に対するレイヤ 2 プライオリティ Class of Service(CoS)を指定します。 指定できる範囲は 0 ~ 7 です。デフォルト値は 5 です。

dscp dscp-value

(任意)設定された VLAN に対する Diffserv コード ポイント(DSCP)値を指定します。 指定できる範囲は 0 ~ 63 です。デフォルト値は 46 です。

dot1p

(任意)IEEE 802.1p プライオリティ タギングおよび VLAN 0(ネイティブ VLAN)を使用するように電話を設定します。

none

(任意)音声 VLAN に関して IP Phone に指示しません。 電話は電話のキー パッドから入力された設定を使用します。

untagged

(任意)タグなしの音声トラフィックを送信するように電話を設定します。 これが電話のデフォルトになります。

コマンド デフォルト

音声アプリケーション タイプのネットワークポリシー プロファイルは定義されていません。

デフォルトの CoS 値は、5 です。

デフォルトの DSCP 値は、46 です。

デフォルトのタギング モードは、untagged です。

コマンド モード

ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション

コマンド履歴

リリース

変更内容

Cisco IOS 15.0(2)EX

このコマンドが導入されました。

使用上のガイドライン

プロファイルを作成し、ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション モードに入るには、network-policy profile グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。

voice アプリケーション タイプは IP Phone 専用であり、対話形式の音声サービスをサポートするデバイスに似ています。 通常、これらのデバイスは、展開を容易に行えるようにし、データ アプリケーションから隔離してセキュリティを強化するために、別個の VLAN に配置されます。

ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション モードの場合、VLAN、Class of Service(CoS)、Diffserv コード ポイント(DSCP)の値、およびタギング モードを指定することで、音声用のプロファイルを作成することができます。

これらのプロファイルの属性は、Link Layer Discovery Protocol for Media Endpoint Devices(LLDP-MED)の network-policy Time Length Value(TLV)に含まれます。

ネットワークポリシー プロファイル コンフィギュレーション モードから特権 EXEC モードに戻る場合は、exit コマンドを入力します。

次の例では、プライオリティ 4 の CoS を持つ VLAN 100 用の音声アプリケーション タイプを設定する方法を示します。

Switch(config)# network-policy profile 1
Switch(config-network-policy)# voice vlan 100 cos 4

次の例では、DSCP 値 34 を持つ VLAN 100 用の音声アプリケーション タイプを設定する方法を示します。

Switch(config)# network-policy profile 1
Switch(config-network-policy)# voice vlan 100 dscp 34

次の例では、プライオリティ タギングを持つネイティブ VLAN 用の音声アプリケーション タイプを設定する方法を示します。

Switch(config-network-policy)# voice vlan dot1p cos 4