Catalyst 2960-X スイッチ Auto Smartports コンフィギュレーション ガイド、Cisco IOS Release 15.0(2)EX
Auto Smartport マクロおよび Static SmartPort マクロ
Auto Smartport マクロおよび Static SmartPort マクロ
発行日;2013/10/30 | 英語版ドキュメント(2013/07/10 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 1MB) | フィードバック

目次

Auto Smartport マクロおよび Static SmartPort マクロ

Auto Smartport マクロ

Static SmartPort マクロ

イベント トリガー

ユーザ定義ファイル

マクロの永続性

マクロの管理

Auto Smartport および Cisco Medianet

デバイス分類子

デバイス可視性モード

Auto Smartport マクロ

Auto Smartport マクロは、ポートで検出されたデバイス タイプに基づいてポートを動的に設定します。スイッチがポートで新しいデバイスを検出すると、適切なマクロを適用します。リンクダウン イベントが発生すると、スイッチがマクロを削除します。たとえば、ポートに Cisco IP Phone を接続すると、Auto Smartports により IP Phone マクロが適用されます。IP Phone マクロが適用されると、遅延に影響されやすい音声トラフィックを正しく処理できるように Quality of Service(QoS)、セキュリティ機能、および専用の音声 VLAN がイネーブルになります。Auto Smartport では、デバイスからポート マクロへのマッピングにイベント トリガーが使用されます。

グローバル マクロを手動で設定および適用することもできます。

スイッチ ソフトウェアに組み込まれているマクロは、CLI コマンドのグループです。

コマンドの自動化および変数の置換について、BASH に似た言語構文である Cisco IOS シェル スクリプト機能を使用して、ユーザ定義のマクロを作成することもできます。

詳細については、第 2 章「Auto Smartports マクロと Static Smartports マクロの設定」を参照してください。

Static SmartPort マクロ

Static Smartports マクロにはポート設定が用意されており、ポートに接続されているデバイスに基づいて手動で適用します。スタティック マクロを適用すると、マクロの CLI コマンドが既存のポート設定に追加されます。ポート上でリンクダウン イベントが発生しても、スイッチはスタティック マクロの設定を削除しません。

イベント トリガー

Auto Smartports はイベント トリガーを使用して、マクロをイベントのソース ポートにマッピングします。別のデバイスからの Cisco Discovery Protocol(CDP)メッセージに基づくトリガーが最も一般的です。CDP イベント トリガーは、これらのデバイスが次のものを検出したときに発生します。

Cisco スイッチ

Cisco ルータ

Cisco IP Phone

Cisco ワイヤレス アクセス ポイント(autonomous および lightweight アクセス ポイントなど)

Cisco IP ビデオ監視カメラ

Cisco Digital Media Player

シスコ デバイスおよびサードパーティ デバイスのためのイベント トリガーは他に、ユーザ定義の MAC アドレス グループ、MAC 認証バイパス(MAB)メッセージ、802.1x 認証メッセージ、Link Layer Discovery Protocol(LLDP)メッセージなどがあります。

LLDP は、隣接ネイバーの検出に使用される属性セットをサポートします。これらのタイプ、長さ、値の属性、および説明は TLV と呼ばれます。LLDP でサポートされるデバイスは、TLV を使用して情報を受信および送信します。このプロトコルは、デバイスの設定、情報、機能、ID などの詳細をアドバタイズします。Auto Smartport は、LLDP システム機能の TLV をイベント トリガーとして使用します。検出方法、デバイス タイプ、または設定されているトリガーに基づいてスイッチをマクロに適用するかどうかを指定するには、イベント トリガーのコントロール機能を使用します

Auto Smartports 用の LLDP システム機能 TLV 属性の設定方法の詳細については、各スイッチのソフトウェア コンフィギュレーション ガイドにある「Configuring LLDP, LLDP-MED, and Wired Location Service」の章を参照してください。

Auto Smartports は、動的ホスト制御プロトコル(DHCP)オプションに基づいてデバイスを検出できます。DHCP オプションにより検出されたデバイス用に、事前定義された、カスタマイズ可能なマクロが用意されています。

ネットワーク プリンタ、LLDP、レガシー Cisco デジタル メディア プレーヤーなどの CDP、MAB、または 802.1x 認証をサポートしていないデバイスについては、MAC の Operationally Unique Identifier(OUI)ベースのトリガーで MAC アドレス グループを設定できます。MAC アドレスを、必要な設定がされている組み込みマクロまたはユーザ定義マクロにマッピングします。

ユーザ定義ファイル

ユーザ定義のマクロ ファイルに対して、リモート サーバの場所を指定できます。その後、マクロ ファイルの 1 つのセットを更新および保守して、ネットワーク間の複数のスイッチで使用することができます。

マクロの永続性

マクロの永続性機能により、リンクダウン イベントに関係なく、スイッチ ポート上でマクロの設定を常にイネーブルにすることができます。これにより、スイッチでリンクアップ イベントおよびリンクダウン イベントが発生した場合、またはスイッチが EnergyWise ネットワーク内のドメイン メンバまたはエンド ポイントである場合にも、複数のシステム ログおよび設定変更の通知が排除されます。

マクロの管理

マクロをスイッチに展開するには、Cisco LAN 管理システム(LMS)ツールを使用します。また、カスタム マクロを定義したら、そのトリガーを設定し、関連付ける必要があります。ユーザ定義トリガーの設定については、「ユーザ定義マクロ用のユーザ定義トリガーの設定」を参照してください。

Auto Smartport および Cisco Medianet

Cisco Medianet により、さまざまなビデオ アプリケーションについて、ネットワーク インフラストラクチャ内のインテリジェント サービスが可能になります。Medianet のサービスは、Auto Smartport を介した Cisco デジタル メディア プレーヤーおよび Cisco IP ビデオ サーベイランス カメラへの自動プロビジョニングです。スイッチは、CDP、802.1x、MAB、LLDP、MAC アドレス(図 2-1)を使用して、Cisco とサードパーティ製のビデオ デバイスを識別します。スイッチは、適用可能なマクロに適用され、デバイスに対して適切な VLAN、標準の Quality of Service(QoS)、および auto-QoS 設定を可能にします。また、スイッチは組み込みマクロ アドレス グループを使用し、of4400 または 23ac00 の OUI に基づいて、レガシー Cisco デジタル メディア プレーヤー(DMP)を検出します。すべてのビデオ デバイスに対して、カスタム ユーザ定義のマクロを作成することもできます。

図 2-1 Cisco Medianet 展開の例

 

 

1

Digital Media Player

3

Cisco IP ビデオ監視カメラ

2

Cisco IP phone

デバイス分類子

スイッチではデバイス分類子(DC)の機能がデフォルトでイネーブルになっています。

DC は、MAC-OUI およびプロトコル(CDP、LLDP、DHCP など)から、デバイスを識別する情報を収集します。スイッチで CDP および LLDP をイネーブルにする必要があります。DHCP のオプション情報を DC が認識できるようにするには、スイッチで DHCP スヌーピング機能をイネーブルにする必要があります。DC が認識可能な一連のプロファイルに対して、これらのプロトコルから収集されたデバイス属性が評価され、ベスト マッチが検索されます。ベスト マッチのプロファイルが、デバイスの識別に使用されます。

デバイス分類子はプロファイル定義(組み込みプロファイルとデフォルト プロファイル)を使用します。組み込みプロファイルには、Auto Smartports モジュールが認識しているデバイス プロファイル(特定のシスコ デバイスで構成)が含まれます。これらは Cisco IOS に組み込まれており、変更できません。デフォルト プロファイルは不揮発性ストレージにテキスト ファイルで保存され、DC はこれを使用することで、はるかに多くのデバイスを識別できます。デフォルト プロファイルは、Cisco IOS のアーカイブのダウンロードの際に更新されます。

新しいデバイスが検出されると、対応するシェル トリガーによって Auto Smartports コンフィギュレーション マクロが実行されます。Auto Smartports には非常に多くのデバイス用の組み込みマッピングが含まれています。「ユーザ定義マクロ用のユーザ定義トリガーの設定」に記載されているコマンドを使用すれば、マッピングを新規作成できます。トリガー マッピングは、DC によって指定されたプロファイル名またはデバイス名に基づいて作成できます。

スイッチ スタックでは、DC はスタック マスターでだけ動作します。スタック マスターおよびスタック メンバ スイッチのポートに接続されているデバイスの属性はすべて、スタック マスターの DC から認識可能です。デバイス分類の結果は、スタック マスター上でのみ認識可能です。スタック マスターのフェールオーバー イベント中に、新しいスタック マスターが、すべてのデバイスを再分類します。既存のデバイスとすべての新規デバイスのデバイス属性は、新しいスタック マスターの DC から認識可能です。

デバイス可視性モード

DC 機能はスイッチ上でデフォルトでイネーブルになっています。ディセーブルにするには、 no macro auto monitor グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用します。DC 機能には show コマンドがあり、スイッチに接続されているデバイスを表示できます。また、デバイスが接続されている物理ポートに関する情報と、デバイスの MAC アドレスとその他のベンダー情報も表示されます。非アクセス ポートで分類されるのは、別のレイヤ 2 スイッチなどの直接接続されたデバイスだけです。ハブに接続されたアクセス ポートでは、デバイス分類は 32 デバイスに制限されています。

Auto Smartports をイネーブルにすると、DC が自動的にイネーブルになります。