Catalyst 2960-X および2960-XR スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
電源の取り付け
電源の取り付け

電源の取り付け

この章は、Catalyst 2960-XR スイッチにのみ適用されます。 以下のトピックが含まれます。

電源モジュールの概要

スイッチは、1 台または 2 台のアクティブな電源モジュールで動作します。 2 台の AC 電源モジュール、または 1 台のモジュールとブランク カバーを使用できます。


(注)  


Catalyst 2960XR-48FPD-I および 2960XR-48FPS-I は PWR-C2-1025WAC 電源のみをサポートします。 これらのスイッチでは、PWR-C2-250WAC および PWR-C2-640WAC 電源を使用できません。


表 1 電源モジュールのモデル番号と説明

部品番号

説明

PWR-C2-250WAC=

250 W AC 電源モジュール

PWR-C2-640WAC=

640 W AC 電源モジュール

PWR-C2-1025WAC=

1025 W AC 電源モジュール

250 W および 640 W の AC 電源モジュールは、100 ~ 240 VAC の入力電圧をサポートするオートレンジング ユニットです。 1025 W 電源モジュールは、115 ~ 240 VAC の入力電圧をサポートするオートレンジング ユニットです。 すべての電源モジュールにはファンが内蔵されています。 すべてのスイッチは、2 番目の電源モジュール スロットにブランク カバーが付いた状態で出荷されます。

AC 電源モジュールには AC 電源コンセントに接続するための電源コードが、それぞれ付属しています。

図 1. PWR-C2-1025WAC 電源装置

1

AC OK LED

4

AC 電源コード コネクタ

2

PS OK LED

5

リリース ラッチ

3

AC 電源コード保持具

6

電源モジュール

図 2. PWR-C2-640WAC 電源装置

1

AC OK LED

4

AC 電源コード コネクタ

2

PS OK LED

5

リリース ラッチ

3

AC 電源コード保持具

6

電源モジュール

図 3. PWR-C2-250WAC 電源装置

1

AC OK LED

4

AC 電源コード コネクタ

2

PS OK LED

5

リリース ラッチ

3

AC 電源コード保持具

6

電源モジュール

電源モジュール スロットに電源モジュールを取り付けない場合は、電源モジュール スロット カバーを取り付けてください。

図 4. 電源モジュール スロット カバー

1

リリース ハンドル

2

固定クリップ

電源モジュールは 2 つのステータス LED を備えています。

AC OK

説明

PS OK

説明

消灯(AC LED が消灯)

AC 電源が入力されていません。

消灯

出力がディセーブルであるか、または入力が動作範囲外です。

AC 電源が入力されています。

スイッチへ電力を供給しています。

   

出力が停止しました。

取り付けに関するガイドライン

電源モジュールの取り外しまたは取り付け時は、次の注意事項に従ってください。

  • 電源モジュールは、無理にスロットに押し込まないでください。 スイッチのピンがモジュール側と合っていない場合に、ピンを破損するおそれがあります。

  • 電源モジュールがスイッチにしっかり取り付けられていないと、システムの動作が停止することがあります。

  • 電源モジュールの電源を遮断してから、電源モジュールの取り外しまたは取り付けを行ってください。

  • 電源モジュールはホットスワップ可能です。


注意    


一方の電源モジュール スロットが空の状態で、スイッチを動作させないでください。 シャーシを正しく冷却するためには、2 つのモジュール スロットに電源またはブランク モジュールを取り付ける必要があります。



警告


ブランクの前面プレートおよびカバー パネルには、3 つの重要な機能があります。シャーシ内の危険な電圧および電流による感電を防ぐこと、他の装置への電磁干渉(EMI)の影響を防ぐこと、およびシャーシ内の冷気の流れを適切な状態に保つことです。 システムは、必ずすべてのカード、前面プレート、前面カバー、および背面カバーを正しく取り付けた状態で運用してください。 ステートメント 1024



警告


モジュールの取り付け中または取り外し中は、空いているスロットやシャーシに手を入れないでください。 回路の露出部分に触れると、感電のおそれがあります。 ステートメント 206



警告


この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。 ステートメント 1030



警告


シスコの外部電源システムをスイッチに接続していない場合は、付属のコネクタ カバーをスイッチの背面に取り付けてください。 ステートメント 386


AC 電源モジュールの取り付けまたは交換

手順


    ステップ 1   元電源側の電源を切ります。
    ステップ 2   電源コードを電源コード保持具から外します。
    ステップ 3   電源コードを電源コネクタから外します。
    ステップ 4   電源モジュール右側のリリース ラッチを押し、電源モジュールを引き出します
    (注)     

    スイッチの動作中は、電源スロットを 90 秒以上空けたままにしないでください。

    警告   

    この装置には複数の電源装置接続が存在する場合があります。 すべての接続を取り外し、装置の電源を遮断する必要があります。 ステートメント 1028

    ステップ 5   新しい電源を電源スロットに差し込み、スロットの中にゆっくり押します。 正しく挿入されれば、250 W および 640 W 電源モジュール(電源コード保持具は含まない)は、スイッチの背面パネルと面が揃います。 1025 W 電源モジュールは、スイッチの背面パネルから数インチ突き出ます。
    図 5. スイッチへの AC 電源モジュールの取り付け



    ステップ 6   (任意)電源コードをループ状にして、電源コード保持具に通します。
    図 6. 電源コード保持具を装着した AC 電源



    ステップ 7   電源コードを電源モジュールに接続してから AC 電源コンセントに接続します。 元電源側の電源を投入します。
    ステップ 8   電源モジュールの AC OK および PS OK の LED がグリーンに点灯したことを確認します。
    ステップ 9   2 台目の電源に設置手順を繰り返して行ってください。
    (注)     

    2 台目の電源を取り付ける場合、電源上の LED が一時的に点滅する場合があります。


    シリアル番号の確認

    シスコのテクニカル サポートに連絡する場合は、スイッチのシリアル番号が必要です。 show version 特権 EXEC コマンドを使用して、スイッチのシリアル番号を確認することもできます。

    図 7. 1025 W AC 電源モジュールのシリアル番号





    図 8. 250 W および 640 W AC 電源のシリアル番号