Cisco Catalyst Switch Module 3110 and 3012 for IBM BladeCenter ソフトウェア コンフィギュレー ション ガイド
Cisco IOS File System、コンフィギュ レーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作
Cisco IOS File System、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作
発行日;2012/02/01 | 英語版ドキュメント(2011/05/27 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 13MB) | フィードバック

目次

Cisco IOS File System、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作

フラッシュ ファイル システムの操作

使用可能なファイル システムの表示

デフォルト ファイル システムの設定

ファイル システムのファイルに関する情報の表示

ディレクトリの変更および作業ディレクトリの表示

ディレクトリの作成および削除

ファイルのコピー

ファイルの削除

ファイルの作成、表示、および抽出

コンフィギュレーション ファイルの操作

コンフィギュレーション ファイルの作成および使用上の注意事項

コンフィギュレーション ファイルのタイプおよび場所

テキスト エディタによるコンフィギュレーション ファイルの作成

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

設定情報の消去

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルの消去

格納されたコンフィギュレーション ファイルの削除

コンフィギュレーションの交換またはロール バック

コンフィギュレーション交換およびロールバックの概要

設定時の注意事項

コンフィギュレーション アーカイブの設定

コンフィギュレーション交換またはロールバック動作の実行

ソフトウェア イメージの操作

スイッチ上のイメージの場所

サーバまたは Cisco.com 上のイメージの tar ファイル形式

TFTP によるイメージ ファイルのコピー

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロード

TFTP によるイメージ ファイルのアップロード

FTP によるイメージ ファイルのコピー

FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP によるイメージ ファイルのダウンロード

FTP によるイメージ ファイルのアップロード

RCP によるイメージ ファイルのコピー

RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP によるイメージ ファイルのダウンロード

RCP によるイメージ ファイルのアップロード

あるスタック メンバーから別のスタック メンバーへのイメージ ファイルのコピー

Cisco IOS File System、コンフィギュレーション ファイル、およびソフトウェア イメージの操作

この付録では、スイッチのフラッシュ ファイル システムの操作方法、コンフィギュレーション ファイルのコピー方法、スイッチやスイッチ スタックにソフトウェア イメージをアーカイブ(アップロードおよびダウンロード)する方法について説明します。

特に記述がない限り、 スイッチ という用語はスタンドアロン スイッチとスイッチ スタックを意味しています。


) この章で使用されるコマンドの構文および使用方法の詳細については、このリリースのスイッチ コマンド リファレンスおよび『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference, Release 12.2』を参照してください。


この付録で説明する内容は、次のとおりです。

「フラッシュ ファイル システムの操作」

「コンフィギュレーション ファイルの操作」

「ソフトウェア イメージの操作」


) Catalyst Switch Module 3110 および 3012 は、暗号化および非暗号化ユニバーサル ソフトウェア イメージを使用しています。Catalyst Switch Module 3110 は、複数のフィーチャ セットをサポートしていますが、Catalyst Switch Module 3012 は IP ベース フィーチャ セットだけをサポートしています。

ユニバーサル ソフトウェア イメージによるソフトウェア アクティベーション機能を使用する場合の詳細については、Cisco.com にある『Cisco Software Activation for IBM』を参照してください。


フラッシュ ファイル システムの操作

フラッシュ ファイル システムは、ファイルを格納できる単一のフラッシュ デバイスです。ソフトウェア イメージおよびコンフィギュレーション ファイルの管理に役立つ複数のコマンドも備えています。スイッチのデフォルトのフラッシュ ファイル システムは flash: です。

スタック マスターまたは任意のスタック メンバーから見ると、 flash: はローカル フラッシュ デバイスを指すため、ファイル システムが表示されている同一スイッチに接続されています。スタック スイッチでは、さまざまなスタック メンバーの各フラッシュ デバイスは、スタック マスターから見ることができます。これらのフラッシュ ファイル システム名には、対応するスイッチ メンバー番号が含まれています。たとえば、 flash3: は、スタック マスターから見ると、スタック メンバー 3 の flash: と同じファイル システムを指します。スイッチ スタック内のフラッシュ ファイル システムを含む、すべてのファイル システムをリストするには、 show file systems 特権 EXEC コマンドを使用します。

同時に複数のユーザでスイッチ スタックのソフトウェア イメージとコンフィギュレーション ファイルを管理することはできません。

ここでは、次の設定情報について説明します。

「使用可能なファイル システムの表示」

「デフォルト ファイル システムの設定」

「ファイル システムのファイルに関する情報の表示」

「ディレクトリの変更および作業ディレクトリの表示」

「ディレクトリの作成および削除」

「ファイルのコピー」

「ファイルの削除」

「ファイルの作成、表示、および抽出」

使用可能なファイル システムの表示

スイッチで使用可能なファイル システムを表示するには、 show file systems 特権 EXEC コマンドを使用します(次のスタッキング対応スイッチの例を参照)。この例では、スタック マスターはスタック メンバー 2 であるため、 flash2: flash: のエイリアスです。スタック メンバー 5 のファイル システムは、スタック マスターの flash5 として表示されます。

Switch# show file systems
File Systems:
 
Size(b) Free(b) Type Flags Prefixes
- - opaque ro bs:
* 57409536 25664000 flash rw flash: flash2:
- - opaque rw system:
524288 512375 nvram rw nvram:
- - opaque ro xmodem:
- - opaque ro ymodem:
- - opaque rw null:
- - opaque ro tar:
- - network rw tftp:
- - network rw rcp:
- - network rw http:
- - network rw ftp:
- - opaque ro cns:
57409536 27306496 flash rw flash5:
 

 

表 B-1 show file systems フィールドの説明

フィールド

Size(b)

ファイル システムのメモリ サイズ(バイト単位)です。

Free(b)

ファイル システムの空きメモリ サイズ(バイト単位)です。

Type

ファイル システムのタイプです。

flash :ファイル システムはフラッシュ メモリ デバイス用です。

nvram :ファイル システムは NVRAM デバイス用です。

opaque :ファイル システムはローカルに生成された pseudo ファイル システム( system など)、または brimux などのダウンロード インターフェイスです。

unknown :ファイル システムのタイプは不明です。

Flags

ファイル システムの権限です。

ro :読み取り専用です。

rw :読み取りおよび書き込みです。

wo :書き込み専用です。

Prefixes

ファイル システムのエイリアスです。

flash: :フラッシュ ファイル システムです。

nvram: :NVRAM です。

null: :コピーのヌル宛先です。リモート ファイルをヌルへコピーして、サイズを判別できます。

rcp: :Remote Copy Protocol(RCP; リモート コピー プロトコル)ネットワーク サーバです。

system: :実行コンフィギュレーションを含むシステム メモリが格納されています。

tftp: :TFTP ネットワーク サーバです。

xmodem: :XMODEM プロトコルを使用して、ネットワーク マシンからファイルを取得します。

ymodem: :YMODEM プロトコルを使用して、ネットワーク マシンからファイルを取得します。

デフォルト ファイル システムの設定

デフォルトのファイル システムとして使用されるファイル システムまたはディレクトリを指定するには、 cd filesystem: 特権 EXEC コマンドを使用します。デフォルト ファイル システムを設定すると、関連するコマンドを実行するときに filesystem: 引数を省略できます。たとえば、オプションの filesystem: 引数を持つすべての特権 EXEC コマンドに対して、 cd コマンドによって指定されたファイル システムがシステムで使用されます。

デフォルトでは、デフォルト ファイル システムは flash: です。

cd コマンドで指定された現在のデフォルトのファイル システムを表示するには、 pwd 特権 EXEC コマンドを使用します。

ファイル システムのファイルに関する情報の表示

ファイル システムの内容を操作する前に、そのリストを表示できます。たとえば、新しいコンフィギュレーション ファイルをフラッシュ メモリにコピーする前に、ファイル システムに同じ名前のコンフィギュレーション ファイルが格納されていないことを確認できます。同様に、フラッシュ コンフィギュレーション ファイルを別の場所にコピーする前に、ファイル名を確認して、その名前を別のコマンドで使用できます。

ファイル システムのファイルに関する情報を表示するには、 表 B-2 に記載された特権 EXEC コマンドのいずれかを使用します。

 

表 B-2 ファイルに関する情報を表示するためのコマンド

コマンド
説明

dir [ /all ] [ filesystem : ][ filename ]

ファイル システムのファイル リストを表示します。

show file systems

ファイル システムのファイルごとの詳細を表示します。

show file information file-url

特定のファイルに関する情報を表示します。

show file descriptors

開いているファイルの記述子リストを表示します。ファイル記述子は開いているファイルの内部表現です。このコマンドを使用して、別のユーザによってファイルが開かれているかどうかを調べることができます。

CISCO-MEMORY-POOL-MIB のドライバ テキスト オブジェクトに関する情報を表示するには、 show memory 特権 EXEC コマンドを使用します。

Switch# show memory
Head Total(b) Used(b) Free(b) Lowest(b) Largest(b)
Processor 2BF1A9C 205661540 43619116 162042424 160085888 159736648
I/O F000000 16769024 10503052 6265972 6132844 6127744
Driver te 1800000 4194304 44 4194260 4194260 4194260

ディレクトリの変更および作業ディレクトリの表示

ディレクトリの変更や、作業ディレクトリの表示を行うには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

指定されたファイル システムのディレクトリを表示します。

filesystem : に対して、システム ボード上のフラッシュ デバイスの flash: を使用します。

ステップ 2

cd new_configs

目的のディレクトリに変更します。

コマンド例では、 new_configs という名前のディレクトリに変更する方法を示します。

ステップ 3

pwd

作業ディレクトリを表示します。

ディレクトリの作成および削除

特権 EXEC モードを開始して、ディレクトリを作成および削除するには、次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

dir filesystem :

指定されたファイル システムのディレクトリを表示します。

filesystem : に対して、システム ボード上のフラッシュ デバイスの flash: を使用します。

ステップ 2

mkdir old_configs

新しいディレクトリを作成します。

コマンド例では、 old_configs という名前のディレクトリの作成方法を示します。

ディレクトリ名は、大文字と小文字が区別されます。

スラッシュ(/)間に指定できるディレクトリ名は最大 45 文字です。ディレクトリ名には制御文字、スペース、削除文字、スラッシュ、引用符、セミコロン、コロンは使用できません。

ステップ 3

dir filesystem :

設定を確認します。

ディレクトリを、その内部のすべてのファイルおよびサブディレクトリとともに削除するには、 delete /force/recursive filesystem :/ file-url 特権 EXEC コマンドを使用します。

名前で指定されたディレクトリを、その内部のすべてのサブディレクトリおよびファイルとともに削除するには、 /recursive キーワードを使用します。ディレクトリ内のファイルごとに表示される、削除を確認するためのプロンプトを省略するには、 /force キーワードを使用します。この削除プロセスを実行すると、最初に一度だけプロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドでインストールされ、不要になった古いソフトウェア イメージを削除するには、 /force キーワードおよび /recursive キーワードを使用します。

filesystem に対して、システム ボード上のフラッシュ デバイスの flash: を使用します。 file-url には、削除するディレクトリ名を入力します。ディレクトリ内のすべてのファイルおよびディレクトリが削除されます。


注意 ファイルおよびディレクトリが削除された場合、その内容は回復できません。

ファイルのコピー

送信元から宛先にファイルをコピーするには、 copy source-url destination-url 特権 EXEC コマンドを使用します。送信元および宛先の URL には、 running-config および startup-config キーワード ショートカットを使用できます。たとえば、 copy running-config startup-config コマンドを実行すると、現在の実行コンフィギュレーション ファイルがフラッシュ メモリの NVRAM セクションに保存され、システム初期化中のコンフィギュレーションとして使用されます。

Xmodem または Ymodem プロトコルを使用するネットワーク マシンからのファイルのソースとして、特別なファイル システム( xmodem: ymodem: )からコピーすることができます。

ネットワーク ファイル システム URL には、 ftp: rcp: 、および tftp: 、が含まれていて、次の構文があります。

FTP(ファイル転送プロトコル): ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / filename

RCP: rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / filename

TFTP: tftp: [[ // location ] / directory ] / filename

ローカルにある書き込み可能なファイル システムには flash: などがあります。

送信元および宛先の組み合わせによっては、無効な場合があります。特に、次に示す組み合わせの場合は、コピーできません。

実行コンフィギュレーションから実行コンフィギュレーションへ

スタートアップ コンフィギュレーションからスタートアップ コンフィギュレーションへ

デバイスから同一デバイスへ(たとえば copy flash: flash: コマンドは無効です)

コンフィギュレーション ファイルによる copy コマンドの具体的な使用例については、「コンフィギュレーション ファイルの操作」を参照してください。

新しいバージョンをダウンロードする場合、または既存のバージョンをアップロードし、ソフトウェア イメージをコピーする場合は、 archive download-sw または archive upload-sw 特権 EXEC コマンドを使用します。詳細については、「ソフトウェア イメージの操作」を参照してください。

ファイルの削除

フラッシュ メモリ デバイスのファイルが不要になった場合は、そのファイルを永続的に削除できます。指定されたフラッシュ デバイスからファイルまたはディレクトリを削除するには、 delete [ /force ] [ /recursive ] [ filesystem : ] / file-url 特権 EXEC コマンドを使用します。

ディレクトリを、その内部のすべてのサブディレクトリやファイルとともに削除するには、 /recursive キーワードを使用します。ディレクトリ内のファイルごとに表示される、削除を確認するためのプロンプトを省略するには、 /force キーワードを使用します。この削除プロセスを実行すると、最初に一度だけプロンプトが表示されます。 archive download-sw コマンドでインストールされ、不要になった古いソフトウェア イメージを削除するには、 /force キーワードおよび /recursive キーワードを使用します。

filesystem : オプションを省略した場合、スイッチは cd コマンドによって指定されたデフォルトのデバイスを使用します。 file-url には、削除するファイルのパス(ディレクトリ)および名前を指定します。

ファイルを削除しようとすると、削除の確認を求めるプロンプトが表示されます。


注意 ファイルが削除された場合、その内容は回復できません。

次に、デフォルトのフラッシュ メモリ デバイスからファイル myconfig を削除する例を示します。

Switch# delete myconfig

ファイルの作成、表示、および抽出

ファイルを作成してそこにファイルを書き込んだり、ファイル内のファイルをリスト表示したり、ファイルからファイルを抽出したりできます(次のセクションを参照)。


) ソフトウェア イメージ ファイルをダウンロードおよびアップロードするには、copy 特権 EXEC コマンドや archive tar 特権 EXEC コマンドでなく、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドを使用することを推奨します。スイッチ スタックの場合、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドはスタック マスターを通じてだけ使用可能です。スタック マスターへダウンロードされたソフトウェア イメージは、残りのスタック メンバーへ自動的にダウンロードされます。

互換性のないソフトウェア イメージでスイッチをアップグレードするには、archive copy-sw 特権 EXEC コマンドを使用して、既存のスタック メンバーから互換性のないスイッチへソフトウェア イメージをコピーします。そのスイッチは、自動的にスタックをリロードして、完全に機能するメンバーとしてスタックに加入します。


ファイルを作成し、コンテンツを表示して、それを抽出するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

archive /create destination-url flash:/ file-url

ファイルを作成してこれにファイルを追加します。

destination-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムの宛先 URL エイリアスおよび作成するファイルの名前を指定します。 -filename . が、作成するファイルです。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システム構文:
flash:

FTP 構文:
ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory] / -filename .

RCP 構文:
rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / -filename .

TFTP 構文:
tftp: [[ // location ] / directory ] / -filename .

flash:/ file-url には、新しいファイルが作成されるローカル フラッシュ ファイル システムの場所を指定します。送信元ディレクトリ内に格納されているオプションのファイルまたはディレクトリのリストを指定して、新しいファイルに書き込むこともできます。何も指定しないと、このレベルのすべてのファイルおよびディレクトリが、新しく作成されたファイルに書き込まれます。

ステップ 2

archive /table source-url

ファイルの内容を表示します。

source-url には、ローカルまたはネットワーク ファイル システムの送信元 URL エイリアスを指定します。 -filename . が、表示するファイルです。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システム構文:
flash:

FTP 構文:
ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / -filename .

RCP 構文:
rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / -filename .

TFTP 構文:
tftp: [[ // location ] / directory ] / -filename .

ファイルの後ろにファイルまたはディレクトリ リストを指定して、表示するファイルを制限することもできます。リストを指定すると、リスト内のファイルだけが表示されます。何も指定しないと、すべてのファイルおよびディレクトリが表示されます。

ステップ 3

archive /xtract source-url flash:/ file-url [ dir/file ...]

ファイルをフラッシュ ファイル システム上のディレクトリに抽出します。

source-url には、ローカル ファイル システムの送信元 URL のエイリアスを指定します。 -filename . ファイルの抽出元のファイルです。次のオプションがサポートされています。

ローカル フラッシュ ファイル システム構文:
flash:

FTP 構文:
ftp: [[ // username [ : password ] @ location ] / directory ] / -filename .

RCP 構文:
rcp: [[ // username @ location ] / directory ] / -filename .

TFTP 構文:
tftp: [[ // location ] / directory ] / -filename .

flash:/ file-url [ dir/file ...] には、ファイルが抽出されるローカル フラッシュ ファイル システムの 場所を指定します。ファイルから抽出されるファイルまたはディレクトリのオプション リストを指定するには、 dir/file ... オプションを使用します。何も指定されないと、すべてのファイルとディレクトリが抽出されます。

ステップ 4

more [ /ascii | /binary | /ebcdic ] file-url

リモート ファイル システム上のファイルを含む、読み取り可能ファイルの内容を表示します。

次の例では、ファイルを作成する方法を示します。次のコマンドを実行すると、ローカル フラッシュ デバイス上の new-configs ディレクトリにある内容が、172.20.10.30 にある TFTP サーバ上のファイル saved に書き込まれます。

Switch# archive /create tftp:172.20.10.30/saved. flash:/new-configs
 

次に、フラッシュ メモリ内にあるスイッチ ファイルの内容を表示する例を示します。

Switch# archive /table flash:cbs31x0-universal-mz.122-40.xx.
info (219 bytes)
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/ (directory)
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/html/ (directory)
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/html/foo.html (0 bytes)
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/cbs31x0-universal-mz.122-40.xx.bin (610856 bytes)
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/info (219 bytes)
 

次に、 /html ディレクトリおよびその内容のみを表示する例を示します。

Switch# archive /table flash: cbs31x0-universal-mz.122-40/html
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/html
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/html/ (directory)
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/html/const.htm (556 bytes)
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/html/xhome.htm (9373 bytes)
cbs31x0-universal-mz.122-40.xx/html/menu.css (1654 bytes)
<output truncated>
 

次に、172.20.10.30 の TFTP サーバ上にあるファイルの内容を抽出する例を示します。

Switch# archive /xtract tftp:/172.20.10.30/saved. flash:/new-configs
 

次に、TFTP サーバ上のコンフィギュレーション ファイルの内容を表示する例を示します。

Switch# more tftp://serverA/hampton/savedconfig
!
! Saved configuration on server
!
version 12.2
service timestamps log datetime localtime
service linenumber
service udp-small-servers
service pt-vty-logging
!
<output truncated>

コンフィギュレーション ファイルの操作

ここでは、コンフィギュレーション ファイルの作成、ロード、およびメンテナンスの手順について説明します。


) スイッチ スタック内のコンフィギュレーション ファイルに関する詳細については、「スイッチ スタックのコンフィギュレーション ファイル」を参照してください。


コンフィギュレーション ファイルには、Cisco IOS ソフトウェアの機能をカスタマイズするために入力されたコマンドが格納されています。基本的なコンフィギュレーション ファイルを作成するには、 setup プログラムを使用するか、または setup 特権 EXEC コマンドを使用します。詳細については、 第 3 章「スイッチの IP アドレスおよびデフォルト ゲートウェイの割り当て」 を参照してください。

TFTP、FTP、または RCP サーバから、スイッチの実行コンフィギュレーションまたはスタートアップ コンフィギュレーションにコンフィギュレーション ファイルをコピー( ダウンロード )できます。次のいずれかの目的でこの操作が必要になります。

バックアップ コンフィギュレーション ファイルを復元するため。

コンフィギュレーション ファイルを別のスイッチに使用するため。たとえば、ネットワークに別のスイッチを追加して、元のスイッチと同じ設定にできます。ファイルを新しいスイッチにコピーすると、ファイル全体を再作成しないで、関連部分を変更できます。

すべてのスイッチのコンフィギュレーションが同じになるように、ネットワーク内のすべてのスイッチに同じコンフィギュレーション コマンドをロードするため。

スイッチからファイル サーバにコンフィギュレーション ファイルをコピー( アップロード )するには、TFTP、FTP、または RCP を使用します。内容を変更する前に、現在のコンフィギュレーション ファイルをサーバにバックアップしておくと、後でサーバから元のコンフィギュレーション ファイルを復元できます。

使用するプロトコルは、使用中のサーバのタイプに応じて異なります。FTP および RCP トランスポート メカニズムを使用すると、TFTP よりもパフォーマンスが速く、データがより確実に配信されます。これらの機能を実現するために、FTP および RCP はコネクション型の TCP/IP スタックに基づいて構築され、このスタックが使用されています。

ここでは、次の設定情報について説明します。

「コンフィギュレーション ファイルの作成および使用上の注意事項」

「コンフィギュレーション ファイルのタイプおよび場所」

「テキスト エディタによるコンフィギュレーション ファイルの作成」

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー」

「設定情報の消去」

「コンフィギュレーションの交換またはロール バック」

コンフィギュレーション ファイルの作成および使用上の注意事項

コンフィギュレーション ファイルを作成すると、スイッチを設定するときに役立ちます。コンフィギュレーション ファイルには、1 台以上のスイッチを設定する場合に必要となるコマンドの一部、またはすべてを格納できます。たとえば、同じハードウェア構成の複数のスイッチに、同じコンフィギュレーション ファイルをダウンロードできます。

コンフィギュレーション ファイルを作成するときは、次に示す注意事項に従ってください。

スイッチを最初に設定する場合、コンソール ポートまたはイーサネット管理ポートから接続することを推奨します。コンソール ポートまたはイーサネット管理ポートとの直接接続ではなく、ネットワーク接続を介してスイッチにアクセスする場合は、設定の変更によっては(スイッチの IP アドレスの変更やポートのディセーブル化など)、スイッチとの接続が切断される可能性があることにご注意ください。

スイッチにパスワードが設定されていない場合は、 enable secret secret-password グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、パスワードを設定することを推奨します。


copy {ftp: | rcp: | tftp:} system:running-config 特権 EXEC コマンドを実行すると、コマンドラインにコマンドを入力した場合と同様に、スイッチにコンフィギュレーション ファイルがロードされます。コマンドを追加するまで、既存の実行コンフィギュレーションは消去されません。コピーされたコンフィギュレーション ファイル内のコマンドによって既存のコンフィギュレーション ファイル内のコマンドが置き換えられると、既存のコマンドは消去されます。たとえば、コピーされたコンフィギュレーション ファイルに格納されている特定のコマンドの IP アドレスが、既存のコンフィギュレーションに格納されている IP アドレスと異なる場合は、コピーされたコンフィギュレーション内の IP アドレスが使用されます。ただし、既存のコンフィギュレーション内のコマンドの中には、置き換えたり無効にしたりできないものもあります。このようなコマンドがある場合は、既存のコンフィギュレーション ファイルとコピーされたコンフィギュレーション ファイルが組み合わされた(コピーされたコンフィギュレーション ファイルが優先する)コンフィギュレーション ファイルが作成されます。

コンフィギュレーション ファイルを、サーバに保存されたファイルの正確なコピーに復元するには、コンフィギュレーション ファイルを直接スタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーして、(copy {ftp: | rcp: | tftp:} nvram:startup-config 特権 EXEC コマンドを使用)、スイッチを再起動します。


コンフィギュレーション ファイルのタイプおよび場所

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルは、ソフトウェアを設定するために、システムの起動中に使用されます。実行コンフィギュレーション ファイルには、ソフトウェアの現在の設定が格納されています。2 つのコンフィギュレーション ファイルは別々の設定にできます。たとえば、一時的に設定を変更しなければならない場合があります。この場合は、実行コンフィギュレーションを変更した後、 copy running-config startup-config 特権 EXEC コマンドによる設定の保存は行わないようにします。

実行コンフィギュレーションは DRAM に保存されますが、スタートアップ コンフィギュレーションはフラッシュ メモリの NVRAM セクションに保存されます。

テキスト エディタによるコンフィギュレーション ファイルの作成

コンフィギュレーション ファイルを作成する場合は、システムが適切に応答できるように、コマンドを論理的に並べる必要があります。次に、コンフィギュレーション ファイルの作成方法の一例を示します。


ステップ 1 スイッチからサーバに既存のコンフィギュレーションをコピーします。

詳細については、「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」、または「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」を参照してください。

ステップ 2 UNIX の vi または emacs、PC のメモ帳などのテキスト エディタで、コンフィギュレーション ファイルを開きます。

ステップ 3 目的のコマンドが格納されたコンフィギュレーション ファイルの一部を抽出して、新しいファイルに保存します。

ステップ 4 コンフィギュレーション ファイルをサーバ内の適切な場所にコピーします。たとえば、ファイルをワークステーションの TFTP ディレクトリ(UNIX ワークステーションの場合は、通常は / tftpboot)にコピーします。

ステップ 5 ファイルに関する権限が world-read に設定されていることを確認します。


 

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

作成したコンフィギュレーション ファイルを使用してスイッチを設定したり、別のスイッチからダウンロードしたり、TFTP サーバからダウンロードできます。また、コンフィギュレーション ファイルを TFTP サーバにコピー(アップロード)して、格納できます。

ここでは、次の設定情報について説明します。

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP を使用してコンフィギュレーション ファイルのダウンロードやアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

TFTP サーバとして機能しているワークステーションが適切に設定されていることを確認します。Sun ワークステーションの場合、/etc/inetd.conf ファイル内に次の行が含まれていることを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/services ファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp 69/udp
 

) /etc/inetd.conf および /etc/services ファイルを変更した後に、inetd デーモンを再起動する必要があります。このデーモンを再起動するには、inetd プロセスを終了して再起動するか、または fastboot コマンド(SunOS 4.x の場合)や reboot コマンド(Solaris 2.x または SunOS 5.x の場合)を入力します。TFTP デーモンの詳細については、ワークステーションのマニュアルを参照してください。


スイッチに TFTP サーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングするようにルータを設定していない場合、スイッチと TFTP サーバは同じサブネットに置かれていなければなりません。 ping コマンドを使用して、TFTP サーバへの接続をチェックします。

ダウンロードするコンフィギュレーション ファイルが TFTP サーバ上の正しいディレクトリ内にあることを確認します(UNIX ワークステーションの場合は、通常 / tftpboot)。

ダウンロードを行う場合は、ファイルに関する権限が正しく設定されていることを確認します。ファイルの権限は world-read でなければなりません。

コンフィギュレーション ファイルをアップロードする前に、TFTP サーバに空のファイルを作成する必要があります。空のファイルを作成するには、 touch filename コマンドを入力します。 filename は、サーバにアップロードするときに使用するファイルの名前です。

アップロード処理中に、サーバの既存のファイル(空のファイルを作成する必要があった場合は、空のファイルを含む)を上書きする場合は、そのファイルに関する権限が正しく設定されていることを確認します。ファイルの権限は world-write でなければなりません。

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

TFTP サーバからダウンロードしたコンフィギュレーション ファイルを使用してスイッチを設定するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 コンフィギュレーション ファイルをワークステーションの適切な TFTP ディレクトリにコピーします。

ステップ 2 「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、TFTP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 3 コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 4 TFTP サーバからコンフィギュレーション ファイルをダウンロードして、スイッチを設定します。

TFTP サーバの IP アドレスまたはホスト名、およびダウンロードするファイル名を指定します。

次に示す特権 EXEC コマンドのいずれかを使用します。

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] system:running-config

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

copy tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ] flash [ n ] :/ directory /startup-config


) スタッキング対応スイッチでは、flashn パラメータ(たとえば flash3)だけを入力できます。


このコンフィギュレーション ファイルを実行すると、ダウンロードが実行され、ファイルが行単位で解析されてコマンドが実行されます。


 

次に、IP アドレス 172.16.2.155 上にあるファイル tokyo-confg からソフトウェアを設定する例を示します。

Switch# copy tftp:/172.16.2.155/tokyo-confg system:running-config
Configure using tokyo-confg from 172.16.2.155? [confirm] y
Booting tokyo-confg from 172.16.2.155:!!! [OK - 874/16000 bytes]

TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

スイッチから TFTP サーバにコンフィギュレーション ファイルをアップロードして格納するには、次の手順を実行します。


ステップ 1 「TFTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、TFTP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2 コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3 スイッチのコンフィギュレーションを TFTP サーバにアップロードします。TFTP サーバの IP アドレスまたはホスト名、および宛先ファイル名を指定します。

次に示す特権 EXEC コマンドのいずれかを使用します。

copy system:running-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]

copy nvram:startup-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]

copy flash [ n ] :/ directory /startup-config tftp: [[[ // location ] / directory ] / filename ]


) Catalyst 3750-E スイッチには、flashn パラメータ(たとえば flash3)だけが入力可能です。


TFTP サーバにファイルがアップロードされます。


 

次に、スイッチから TFTP サーバにコンフィギュレーション ファイルをアップロードする例を示します。

Switch# copy system:running-config tftp://172.16.2.155/tokyo-confg
Write file tokyo-confg on host 172.16.2.155? [confirm] y
#
Writing tokyo-confg!!! [OK]

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

FTP サーバから、または FTP サーバに、コンフィギュレーション ファイルをコピーできます。

FTP プロトコルでは、FTP 要求ごとにリモート ユーザ名およびパスワードを、クライアントがサーバに送信する必要があります。FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをスイッチからサーバにコピーすると、Cisco IOS ソフトウェアは次のリスト内の最初の有効なユーザ名を送信します。

copy コマンドで指定されたユーザ名(ユーザ名が指定されている場合)

ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名(このコマンドが設定されている場合)

anonymous

スイッチは、次のリスト内の最初の有効なパスワードを送信します。

copy コマンドで指定されたパスワード(パスワードが指定されている場合)

ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたパスワード(このコマンドが設定されている場合)

スイッチが作成した username@switchname.domain パスワード。変数 username は現在のセッションに関連付けられているユーザ名、 switchname は設定されているホスト名、 domain はスイッチのドメインです。

ユーザ名およびパスワードは、FTP サーバのアカウントに関連付けられていなければなりません。サーバに書き込む場合は、ユーザからの FTP 書き込み要求が許可されるように FTP サーバを適切に設定する必要があります。

すべてのコピー操作に使用するユーザ名およびパスワードを指定するには、 ip ftp username および ip ftp password コマンドを使用します。特定のコピー操作だけに使用するユーザ名を指定する場合は、 copy コマンド内でユーザ名を指定します。

サーバがディレクトリ構造である場合、コンフィギュレーション ファイルはサーバ上のユーザ名に関連付けられたディレクトリに書き込まれたり、そこからコピーされたりします。たとえば、コンフィギュレーション ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリに置かれている場合は、ユーザの名前をリモート ユーザ名として指定します。

詳細については、FTP サーバのマニュアルを参照してください。

ここでは、次の設定情報について説明します。

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルのダウンロードやアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

スイッチに FTP サーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングするようにルータを設定していない場合、スイッチと FTP サーバは同じサブネットに置かれていなければなりません。 ping コマンドを使用して、FTP サーバへの接続をチェックします。

コンソールまたは Telnet セッションを介してスイッチにアクセスしていて有効なユーザ名がない場合は、現在の FTP ユーザ名が FTP ダウンロードに使用するユーザ名であることを確認します。 show users 特権 EXEC コマンドを使用して、有効なユーザ名を表示できます。このユーザ名を使用しない場合は、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、すべてのコピー処理中に使用する新しい FTP ユーザ名を作成します。新しいユーザ名は NVRAM に格納されます。Telnet セッションを介してスイッチにアクセスしていて、有効なユーザ名がある場合は、このユーザ名が使用されるため、FTP ユーザ名を設定する必要はありません。特定のコピー操作だけに使用するユーザ名を指定する場合は、 copy コマンド内でユーザ名を指定します。

コンフィギュレーション ファイルを FTP サーバにアップロードする場合は、スイッチ上のユーザからの書き込み要求が許可されるように、FTP サーバを適切に設定する必要があります。

詳細については、FTP サーバのマニュアルを参照してください。

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

スイッチ上で、グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

このステップが必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合だけです(ステップ 4、5、および 6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

copy ftp: [[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ] system:running-config

または

copy ftp: [[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

FTP を使用して、コンフィギュレーション ファイルをネットワーク サーバから実行コンフィギュレーション ファイルまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

次に、 host1-confg という名前のコンフィギュレーション ファイルを、IP アドレスが 172.16.101.101 であるリモート サーバ上のディレクトリ netadmin1 からコピーして、スイッチ上でこれらのコマンドをロードおよび実行する例を示します。

Switch# copy ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
Switch#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by ftp from 172.16.101.101
 

次に、 netadmin1 というリモート ユーザ名を指定する例を示します。コンフィギュレーション ファイル host2-confg が、IP アドレスが 172.16.101.101 であるリモート サーバ上のディレクトリ netadmin1 からスイッチのスタートアップ コンフィギュレーションにコピーされます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip ftp username netadmin1
Switch(config)# ip ftp password mypass
Switch(config)# end
Switch# copy ftp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
Switch#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by ftp from 172.16.101.101

FTP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

FTP を使用してコンフィギュレーション ファイルをアップロードするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

このステップが必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合だけです(ステップ 4、5、および 6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

copy system:running-config ftp: [[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ]

または

copy nvram:startup-config ftp: [[[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / filename ]

FTP を使用して、スイッチの実行コンフィギュレーション ファイルまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルを指定場所に格納します。

次に、実行コンフィギュレーション ファイル switch2-confg を、IP アドレスが 172.16.101.101 であるリモート ホスト上のディレクトリ netadmin1 にコピーする例を示します。

Switch# copy system:running-config ftp://netadmin1:mypass@172.16.101.101/switch2-confg
Write file switch2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
Switch#
 

次に、FTP を使用してスタートアップ コンフィギュレーション ファイルをサーバに格納して、ファイルをコピーする例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip ftp username netadmin2
Switch(config)# ip ftp password mypass
Switch(config)# end
Switch# copy nvram:startup-config ftp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [switch2-confg]?
Write file switch2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのコピー

リモート ホストとスイッチ間でコンフィギュレーション ファイルをダウンロード、アップロード、およびコピーするための別の方法は、RCP を使用することです。コネクションレス プロトコルである User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)を使用する TFTP と異なり、RCP ではコネクション型の TCP が使用されます。

RCP を使用してファイルをコピーする場合は、ファイルのコピー元またはコピー先のサーバで RCP がサポートされている必要があります。RCP の copy コマンドは、リモート システム上の rsh サーバ(またはデーモン)を利用します。RCP を使用してファイルをコピーする場合は、TFTP の場合のようにファイル配信用サーバを作成する必要がありません。ユーザは rsh をサポートするサーバにアクセスするだけで済みます(ほとんどの UNIX システムは rsh をサポートしています)。ある場所から別の場所へファイルをコピーするため、コピー元ファイルに対して読み取り権限、コピー先ファイルに対して書き込み権限が必要です。コピー先ファイルが存在しない場合は、RCP によって作成されます。

RCP では、RCP 要求ごとのリモート ユーザ名をクライアントがサーバに送信する必要があります。コンフィギュレーション ファイルをスイッチからサーバにコピーすると、Cisco IOS ソフトウェアは次のリスト内の最初の有効なユーザ名を送信します。

copy コマンドで指定されたユーザ名(ユーザ名が指定されている場合)

ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名(このコマンドが設定されている場合)

現在の TTY(端末)プロセスに関連付けられたリモート ユーザ名。たとえば、ユーザが Telnet を介してルータに接続されており、 username コマンドを介して認証された場合は、リモート ユーザ名として Telnet ユーザ名がスイッチ ソフトウェアによって送信されます。

スイッチのホスト名

RCP コピー要求を正常に終了させるには、ネットワーク サーバ上にリモート ユーザ名用のアカウントを定義する必要があります。サーバがディレクトリ構造である場合、コンフィギュレーション ファイルはサーバ上のリモート ユーザ名に関連付けられたディレクトリに書き込まれるか、そこからコピーされます。たとえば、コンフィギュレーション ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリ内に置かれている場合は、ユーザの名前をリモート ユーザ名として指定します。

ここでは、次の設定情報について説明します。

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード」

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード」

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

RCP を使用してコンフィギュレーション ファイルのダウンロードやアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

RCP サーバとして機能しているワークステーションで、rsh がサポートされていることを確認します。

スイッチに RCP サーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングするようにルータを設定していない場合、スイッチとサーバは同じサブネットに置かれていなければなりません。 ping コマンドを使用して、RCP サーバへの接続を確認します。

コンソールまたは Telnet セッションを介してスイッチにアクセスしていて有効なユーザ名がない場合は、現在の RCP ユーザ名が RCP ダウンロードに使用するユーザ名であることを確認します。 show users 特権 EXEC コマンドを使用して、有効なユーザ名を表示できます。このユーザ名を使用しない場合は、すべてのコピー処理中に ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用し、新しい RCP ユーザ名を作成します。新しいユーザ名は NVRAM に格納されます。Telnet セッションを介してスイッチにアクセスしていて、有効なユーザ名がある場合は、そのユーザ名が使用されるため、RCP ユーザ名を設定する必要はありません。特定のコピー操作だけに使用するユーザ名を指定する場合は、 copy コマンド内でユーザ名を指定します。

ファイルを RCP サーバにアップロードする場合は、スイッチ上のユーザからの RCP 書き込み要求が許可されるように、適切に設定する必要があります。UNIX システムの場合は、RCP サーバ上のリモート ユーザ用の .rhosts ファイルにエントリを追加する必要があります。たとえば、スイッチに次のコンフィギュレーション行が含まれているとします。

hostname Switch1
ip rcmd remote-username User0
 

このスイッチの IP アドレスを Switch1.company.com に変換する場合は、RCP サーバ上の User0 用の .rhosts ファイルに次の行が含まれている必要があります。

Switch1.company.com Switch1
 

詳細については、RCP サーバのマニュアルを参照してください。

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロード

RCP を使用してコンフィギュレーション ファイルをダウンロードするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

このステップが必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合だけです(ステップ 4 および 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ] system:running-config

または

copy rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ] nvram:startup-config

RCP を使用して、コンフィギュレーション ファイルをネットワーク サーバから実行コンフィギュレーション ファイルまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルにコピーします。

次に、 host1-confg という名前のコンフィギュレーション ファイルを、IP アドレスが 172.16.101.101 であるリモート サーバ上のディレクトリ netadmin1 からコピーして、スイッチ上でこれらのコマンドをロードおよび実行する例を示します。

Switch# copy rcp://netadmin1@172.16.101.101/host1-confg system:running-config
Configure using host1-confg from 172.16.101.101? [confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host1-confg:![OK]
Switch#
%SYS-5-CONFIG: Configured from host1-config by rcp from 172.16.101.101
 

次に、 netadmin1 というリモート ユーザ名を指定する例を示します。コンフィギュレーション ファイル host2-confg が、IP アドレスが 172.16.101.101 であるリモート サーバ上のディレクトリ netadmin1 からスタートアップ コンフィギュレーションにコピーされます。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip rcmd remote-username netadmin1
Switch(config)# end
Switch# copy rcp: nvram:startup-config
Address of remote host [255.255.255.255]? 172.16.101.101
Name of configuration file[rtr2-confg]? host2-confg
Configure using host2-confg from 172.16.101.101?[confirm]
Connected to 172.16.101.101
Loading 1112 byte file host2-confg:![OK]
[OK]
Switch#
%SYS-5-CONFIG_NV:Non-volatile store configured from host2-config by rcp from 172.16.101.101

RCP によるコンフィギュレーション ファイルのアップロード

RCP を使用してコンフィギュレーション ファイルをアップロードするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

このステップが必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合だけです(ステップ 4 および 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

copy system:running-config rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ]

または

copy nvram:startup-config rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / filename ]

RCP を使用して、コンフィギュレーション ファイルをスイッチの実行コンフィギュレーション ファイルまたはスタートアップ コンフィギュレーション ファイルからネットワーク サーバにコピーします。

次に、実行コンフィギュレーション ファイル switch2-confg を、IP アドレスが 172.16.101.101 であるリモート ホスト上のディレクトリ netadmin1 にコピーする例を示します。

Switch# copy system:running-config rcp://netadmin1@172.16.101.101/switch2-confg
Write file switch-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
Building configuration...[OK]
Connected to 172.16.101.101
Switch#
 

次に、スタートアップ コンフィギュレーション ファイルをサーバ上に格納する例を示します。

Switch# configure terminal
Switch(config)# ip rcmd remote-username netadmin2
Switch(config)# end
Switch# copy nvram:startup-config rcp:
Remote host[]? 172.16.101.101
Name of configuration file to write [switch2-confg]?
Write file switch2-confg on host 172.16.101.101?[confirm]
![OK]

設定情報の消去

スタートアップ コンフィギュレーションから設定情報を消去できます。スタートアップ コンフィギュレーションを使用しないでスイッチを再起動すると、スイッチはセットアップ プログラムを開始し、新しい設定でスイッチを再設定できます。

スタートアップ コンフィギュレーション ファイルの消去

スタートアップ コンフィギュレーションの内容を消去するには、 erase nvram: または erase startup-config 特権 EXEC コマンドを実行します。


注意 削除されたスタートアップ コンフィギュレーション ファイルは復元できません。

格納されたコンフィギュレーション ファイルの削除

保存された設定をフラッシュ メモリから削除するには、 delete flash: filename 特権 EXEC コマンドを使用します。 file prompt グローバル コンフィギュレーション コマンドの設定に応じて、ファイルを削除する前に確認を求めるプロンプトが表示されます。デフォルトでは、スイッチは、破壊的なファイル操作に関する確認をプロンプトで要求します。 file prompt コマンドの詳細については、『 Cisco IOS Command Reference for Release 12.2 』を参照してください。


注意 削除されたファイルは復元できません。

コンフィギュレーションの交換またはロール バック

コンフィギュレーション交換およびロールバック機能を使用すると、実行コンフィギュレーションと保存されている任意の Cisco IOS コンフィギュレーション ファイルを交換できます。ロールバック機能を使用すると以前のコンフィギュレーションに戻すことができます。

ここでは、次の情報について説明します。

「コンフィギュレーション交換およびロールバックの概要」

「設定時の注意事項」

「コンフィギュレーション アーカイブの設定」

「コンフィギュレーション交換またはロールバック動作の実行」

コンフィギュレーション交換およびロールバックの概要

コンフィギュレーション交換およびロールバック機能を使用する場合、次の内容を理解しておく必要があります。

「コンフィギュレーションのアーカイブ」

「コンフィギュレーションの交換」

「コンフィギュレーションのロール バック」

コンフィギュレーションのアーカイブ

コンフィギュレーション アーカイブは、コンフィギュレーション ファイルのアーカイブを保管、構成、管理するメカニズムです。 configure replace 特権 EXEC コマンドを使用すると、コンフィギュレーション ロールバック機能が向上します。または、 copy running-config destination-url 特権 EXEC コマンドを使用して実行コンフィギュレーションのコピーを保存し、交換ファイルをローカルまたはリモートで保存できます。ただし、この方法ではファイルの自動管理を行うことはできません。コンフィギュレーション交換およびロールバック機能を使用すれば、実行コンフィギュレーションのコピーを自動的にコンフィギュレーション アーカイブに保存できます。

archive config 特権 EXEC コマンドを使用して、コンフィギュレーションをコンフィギュレーション アーカイブに保存します。その際は標準のディレクトリとファイル名のプレフィクスが使用され、連続ファイルを保存するたびにバージョン番号(およびオプションでタイムスタンプ)が自動的に付加されます。このときのバージョン番号は 1 つずつ大きくなります。アーカイブに保存する実行コンフィギュレーションの数は指定できます。保存したファイル数が指定数に達した場合は、次の新しいファイルを保存するときに最も古いファイルが自動的に削除されます。 show archive 特権 EXEC コマンドを使用すると、コンフィギュレーション アーカイブに保存されたすべてのコンフィギュレーション ファイルを表示できます。

Cisco IOS コンフィギュレーション アーカイブでは、コンフィギュレーション ファイルを保存し、 configure replace コマンドで使用します。ファイル システムは FTP、HTTP、RCP、TFTP のいずれかです。

コンフィギュレーションの交換

configure replace 特権 EXEC コマンドを使用すると、実行コンフィギュレーションと保存されている任意のコンフィギュレーション ファイルを交換できます。 configure replace コマンドを入力すると実行コンフィギュレーションと指定した交換コンフィギュレーションが比較され、コンフィギュレーションの差分が生成されます。生成された差分がコンフィギュレーションの交換に使用されます。コンフィギュレーション交換は、通常 3 回以下のパスで完了します。ループを防ぐために 6 回以上のパスが実行されることはありません。

copy source-url running-config 特権 EXEC コマンドを使用すると、保存されているコンフィギュレーション ファイルが実行コンフィギュレーションに保存できます。このコマンドを configure replace target-url 特権 EXEC コマンドの代わりに使用する場合は、次のような違いがある点に注意してください。

copy source-url running-config コマンドはマージ動作であり、コピー元ファイルと実行コンフィギュレーションのコマンドをすべて保存します。このコマンドでは、コピー元ファイルに実行コンフィギュレーションのコマンドがない場合でも実行コンフィギュレーションのコマンドを削除しません。 configure replace target-url コマンドの場合は、交換先のファイルに実行コンフィギュレーションのコマンドがない場合は実行コンフィギュレーションから削除し、実行コンフィギュレーションにないコマンドがある場合はそのコマンドを追加します。

copy source-url running-config コマンドのコピー元ファイルとして、部分コンフィギュレーション ファイルを使用できます。 configure replace target-url コマンドの交換ファイルとして、完全なコンフィギュレーション ファイルを使用する必要があります。

コンフィギュレーションのロール バック

configure replace コマンドを使用して、前回コンフィギュレーションを保存した後で行った変更をロール バックさせることもできます。コンフィギュレーション ロールバック機能では、コンフィギュレーションを特定の変更時点に戻すのではなく、保存されているコンフィギュレーション ファイルに基づいて特定のコンフィギュレーションに戻します。

コンフィギュレーション ロールバック機能を利用する場合は、コンフィギュレーションを変更する前に実行コンフィギュレーションを保存する必要があります。その後、コンフィギュレーションを変更した後で configure replace target-url コマンドを使用し、保存したコンフィギュレーション ファイルを使って変更をロール バックします。

保存されている任意のファイルをロールバック コンフィギュレーションとして指定できます。一部のロールバック モデルと同様、ロールバック回数は無制限です。

設定時の注意事項

コンフィギュレーション交換およびロールバックを設定し実行する場合は、次の注意事項に従ってください。

スイッチのメモリの空き容量が、2 つのコンフィギュレーション ファイル(実行コンフィギュレーションと保存されている交換コンフィギュレーション)の合計容量よりも大きいことを確認します。スイッチのメモリ容量の方が小さい場合、コンフィギュレーション交換は実行されません。

また、スイッチにコンフィギュレーション交換やロールバック コンフィギュレーション コマンドが実行できるほどの空き容量があることも確認してください。

ネットワーク デバイスの物理コンポーネント(物理インターフェイスなど)に関連するコンフィギュレーション コマンドを実行コンフィギュレーションに追加または削除できません。

インターフェイスがデバイス上に物理的に存在する場合、コンフィギュレーション交換を行っても実行コンフィギュレーションから interface interface-id コマンド行を削除できません。

インターフェイスがデバイス上に物理的に存在しない場合、 interface interface-id コマンド行を実行コンフィギュレーションに追加できません。

configure replace コマンドを使用する場合、保存されているコンフィギュレーションを実行コンフィギュレーションの交換コンフィギュレーション ファイルとして指定する必要があります。交換ファイルは Cisco IOS デバイスによって生成された完全なコンフィギュレーションであることが必要です(たとえば copy running-config destination-url コマンドで生成したコンフィギュレーション)。


) 交換コンフィギュレーション ファイルを外部に生成する場合、Cisco IOS デバイスで生成したファイルのフォーマットと一致する必要があります。


コンフィギュレーション アーカイブの設定

configure replace コマンドをコンフィギュレーション アーカイブおよび archive config コマンドとともに使用することは任意ですが、コンフィギュレーション ロールバックを行うときに大きい利点があります。 archive config コマンドを使用する前に、コンフィギュレーション アーカイブを設定しておく必要があります。コンフィギュレーション アーカイブを設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

archive

アーカイブコンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

path url

コンフィギュレーション アーカイブに、ファイルのディレクトリとファイル名プレフィクスを指定します。

ステップ 4

maximum number

(任意)コンフィギュレーション アーカイブに保存する実行コンフィギュレーションのアーカイブ ファイルの最大数を指定します。

number :コンフィギュレーション アーカイブでの実行コンフィギュレーション ファイルの最大数。有効な値は、1 ~ 14 です。デフォルトは 10 です。

アーカイブ コンフィギュレーション コマンドを入力して、コンフィギュレーション アーカイブのファイルのディレクトリとファイル名プレフィクスを指定しておく必要があります。

ステップ 5

time-period minutes

(任意)コンフィギュレーション アーカイブに実行コンフィギュレーションのアーカイブ ファイルを自動保存する間隔を設定します。

minutes :コンフィギュレーション アーカイブに実行コンフィギュレーションのアーカイブ ファイルを自動保存する間隔を、分単位で指定します。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

show running-config

設定を確認します。

ステップ 8

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

コンフィギュレーション交換またはロールバック動作の実行

実行コンフィギュレーション ファイルを保存されているコンフィギュレーション ファイルと交換するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

archive config

(任意)実行コンフィギュレーション ファイルをコンフィギュレーション アーカイブに保存します。

アーカイブ コンフィギュレーション コマンドを入力してから、このコマンドを実行します。

ステップ 2

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

実行コンフィギュレーションに必要な変更を行います。

ステップ 4

exit

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 5

configure replace target-url [ list ] [ force ] [ time seconds ] [ nolock ]

実行コンフィギュレーション ファイルを保存されているコンフィギュレーション ファイルと交換します。

target-url :保存されているコンフィギュレーション ファイルの URL(ファイル システムからアクセス可能)。実行コンフィギュレーションと交換するファイルで、ステップ 2 で archive config 特権 EXEC コマンドを使用して作成したコンフィギュレーション ファイルなどです。

list コンフィギュレーション交換動作のパスごとにソフトウェア パーサーによって適用されるコマンド エントリのリストを表示します。パスの合計数も表示されます。

force 実行コンフィギュレーション ファイルと指定した保存済みコンフィギュレーション ファイルの交換を確認なしで実行します。

time seconds configure confirm コマンドを入力して実行コンフィギュレーション ファイルとの交換を確認するまでの時間を秒単位で指定します。指定時間内に configure confirm コマンドを入力しない場合、コンフィギュレーション交換動作が自動的に停止します(つまり、実行コンフィギュレーション ファイルは configure replace コマンドを入力する以前に存在していたコンフィギュレーションに保存されます)。

コマンドライン オプションを使用する前に、コンフィギュレーション アーカイブをイネーブルにしておく必要があります。

nolock コンフィギュレーション交換動作時に他のユーザが実行コンフィギュレーションを変更できないようにする実行コンフィギュレーション ファイルのロックをディセーブルにします。

ステップ 6

configure confirm

(任意)実行コンフィギュレーションと保存されているコンフィギュレーション ファイルとの交換を確認します。

ステップ 7

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

ソフトウェア イメージの操作

ここでは、システム ソフトウェア、Cisco IOS コード、組み込みデバイス マネージャ ソフトウェアが含まれるソフトウェア イメージ ファイルをアーカイブ(ダウンロードおよびアップロード)する方法を示します。


) ソフトウェア イメージ ファイルをダウンロードおよびアップロードするには、copy 特権 EXEC コマンドや archive tar 特権 EXEC コマンドでなく、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドを使用することを推奨します。スイッチ スタックの場合、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドはスタック マスターを通じてだけ使用可能です。スタック マスターへダウンロードされたソフトウェア イメージは、残りのスタック メンバーへ自動的にダウンロードされます。

互換性のないソフトウェア イメージでスイッチをアップグレードするには、archive copy-sw 特権 EXEC コマンドを使用して、既存のスタック メンバーから互換性のないスイッチへソフトウェア イメージをコピーします。そのスイッチは、自動的にスタックをリロードして、完全に機能するメンバーとしてスタックに加入します。


スイッチ ソフトウェアをアップグレードするには、TFTP、FTP、または RCP サーバからスイッチ イメージ ファイルをダウンロードします。TFTP サーバへのアクセス権を持っていない場合は、Web ブラウザ(HTTP)を使用してソフトウェア イメージ ファイルを直接 PC またはワークステーションにダウンロードし、その後デバイス マネージャまたは Cisco Network Assistant を使用してスイッチをアップグレードできます。TFTP サーバまたは Web ブラウザ(HTTP)を使用してスイッチをアップグレードする場合の詳細については、リリース ノートを参照してください。

現在のイメージを新しいイメージで置き換えたり、ダウンロード後に現在のイメージをフラッシュ メモリに保存したりできます。

archive download-sw /allow-feature-upgrade 特権 EXEC コマンドを使用して、異なるフィーチャ セットのあるイメージをインストールすることができます。たとえば、IP サービス フィーチャ セットのある非暗号化ユニバーサル イメージから、拡張 IP サービス フィーチャ セットのある暗号化ユニバーサル イメージへのアップグレードなどです。また、ソフトウェアの自動アップグレードのイメージの取得で使用する URL を指定するために、 boot auto-download-sw グローバル コンフィギュレーション コマンドも使用できます。このコマンドを入力する場合、バージョン不一致のケースでマスター スイッチがこの URL を使用します。

バックアップのために、スイッチ イメージ ファイルを TFTP、FTP、または RCP サーバにアップロードします。アップロードされたこのイメージは、今後同じスイッチや、同じタイプの別のスイッチにダウンロードする場合に使用できます。

使用するプロトコルは、使用中のサーバのタイプに応じて異なります。FTP および RCP トランスポート メカニズムを使用すると、TFTP よりもパフォーマンスが速く、データがより確実に配信されます。これらの機能を実現するために、FTP および RCP はコネクション型の TCP/IP スタックに基づいて構築され、このスタックが使用されています。

ここでは、次の設定情報について説明します。

「スイッチ上のイメージの場所」

「サーバまたは Cisco.com 上のイメージの tar ファイル形式」

「TFTP によるイメージ ファイルのコピー」

「FTP によるイメージ ファイルのコピー」

「RCP によるイメージ ファイルのコピー」

「あるスタック メンバーから別のスタック メンバーへのイメージ ファイルのコピー」


) ソフトウェア イメージ、およびサポートされているアップグレード パスのリストについては、リリース ノートを参照してください。


スイッチ上のイメージの場所

Cisco IOS イメージは、バージョン番号を表すディレクトリ内に .bin ファイルとして格納されます。サブディレクトリには、Web 管理に必要なファイルが含まれています。イメージはシステム ボードのフラッシュ メモリ(flash:)に格納されます。

show version 特権 EXEC コマンドを使用すると、スイッチで現在稼動しているソフトウェア バージョンを参照できます。画面上で、 System image file is... で始まる行を調べます この行は、イメージが格納されているフラッシュ メモリ内のディレクトリ名を示します。

dir filesystem : 特権 EXEC コマンドを使用して、フラッシュ メモリに格納されている他のソフトウェア イメージのディレクトリ名を調べることもできます。 archive download-sw /directory 特権 EXEC コマンドを使用して、ダウンロードする各 tar ファイルの完全パスを指定する代わりに、tar ファイルまたは tar ファイルのリストが後に続くディレクトリを 1 回指定することができます。

サーバまたは Cisco.com 上のイメージの tar ファイル形式

サーバ上にあるソフトウェア イメージまたは Cisco.com からダウンロードされたソフトウェア イメージは、次のファイルを含むファイル形式で提供されます。

ファイルの内容を表形式で示す info ファイル

Cisco IOS イメージや Web 管理ファイルなど、他のイメージおよびファイルが格納された 1 つ以上のサブディレクトリ

次に、info ファイルに格納された情報の一部の例を示します。 表 B-3 に、この情報の詳細を示します。

system_type:0x00000000:cbs31x0-universal-mz.122-40.xx
image_family:CBS31x0
stacking_number:1.9
info_end:
version_suffix:universal-mz.122-40.xx
version_directory:cbs31x0-universal-mz.122-40.xx
image_system_type_id:0x00000000
image_name:cbs31x0-universal-mz.122-40.xx.bin
ios_image_file_size:6398464
total_image_file_size:8133632
image_feature:IP|LAYER_3|PLUS|MIN_DRAM_MEG=128
image_family:CBS31x0
stacking_number:1.9
board_ids:0x401100c4 0x00000000 0x00000001 0x00000003 0x00000002 0x00008000 0x00008002 0x40110000
info_end:

) スタッキング非対応スイッチでは、stacking_number フィールドはスイッチに適用されません。


 

表 B-3 info ファイルの説明

フィールド
説明

version_suffix

Cisco IOS イメージ バージョン ストリングのサフィックスを指定します。

version_directory

Cisco IOS イメージおよび HTML サブディレクトリがインストールされたディレクトリを指定します。

image_name

ファイル内の Cisco IOS イメージの名前を指定します。

ios_image_file_size

ファイル内の Cisco IOS イメージのサイズを指定します。このサイズは、Cisco IOS イメージが必要なフラッシュ メモリ サイズの概算値です。

total_image_file_size

ファイル内のすべてのイメージ(Cisco IOS イメージおよび Web 管理ファイル)を指定します。このサイズは、必要なフラッシュ メモリの概算値です。

image_feature

イメージの主な機能に関する説明です。

image_min_dram

このイメージを実行するために必要な DRAM の最小サイズです。

image_family

ソフトウェアをインストールできる製品ファミリに関する説明です。

TFTP によるイメージ ファイルのコピー

TFTP サーバからスイッチ イメージをダウンロードしたり、スイッチから TFTP サーバにスイッチ イメージをアップロードしたりできます。

スイッチ ソフトウェアをアップグレードするには、サーバからスイッチ イメージ ファイルをダウンロードします。現在のイメージを新しいイメージで上書きしたり、ダウンロード後に現在のファイルを保存したりできます。

バックアップのために、スイッチ イメージ ファイルをサーバにアップロードします。アップロードされたこのイメージは、今後同じスイッチや、同じタイプの別のスイッチにダウンロードするために使用できます。


) ソフトウェア イメージ ファイルをダウンロードおよびアップロードするには、copy 特権 EXEC コマンドや archive tar 特権 EXEC コマンドでなく、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドを使用することを推奨します。スイッチ スタックの場合、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドはスタック マスターを通じてだけ使用可能です。スタック マスターへダウンロードされたソフトウェア イメージは、残りのスタック メンバーへ自動的にダウンロードされます。

互換性のないソフトウェア イメージでスイッチをアップグレードするには、archive copy-sw 特権 EXEC コマンドを使用して、既存のスタック メンバーから互換性のないスイッチへソフトウェア イメージをコピーします。そのスイッチは、自動的にスタックをリロードして、完全に機能するメンバーとしてスタックに加入します。


ここでは、次の設定情報について説明します。

「TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「TFTP によるイメージ ファイルのダウンロード」

「TFTP によるイメージ ファイルのアップロード」

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

TFTP を使用してイメージ ファイルのダウンロードやアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

TFTP サーバとして機能しているワークステーションが適切に設定されていることを確認します。Sun ワークステーションの場合、/etc/inetd.conf ファイル内に次の行が含まれていることを確認します。

tftp dgram udp wait root /usr/etc/in.tftpd in.tftpd -p -s /tftpboot
 

/etc/services ファイルに次の行が含まれていることを確認します。

tftp 69/udp
 

) /etc/inetd.conf および /etc/services ファイルを変更した後に、inetd デーモンを再起動する必要があります。このデーモンを再起動するには、inetd プロセスを終了して再起動するか、または fastboot コマンド(SunOS 4.x の場合)や reboot コマンド(Solaris 2.x または SunOS 5.x の場合)を入力します。TFTP デーモンの詳細については、ワークステーションのマニュアルを参照してください。


スイッチに TFTP サーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングするようにルータを設定していない場合、スイッチと TFTP サーバは同じサブネットに置かれていなければなりません。 ping コマンドを使用して、TFTP サーバへの接続をチェックします。

ダウンロードするイメージが TFTP サーバ上の正しいディレクトリ内にあることを確認します(UNIX ワークステーションの場合は、通常 / tftpboot)。

ダウンロードを行う場合は、ファイルに関する権限が正しく設定されていることを確認します。ファイルの権限は world-read でなければなりません。

イメージ ファイルをアップロードする前に、TFTP サーバに空のファイルを作成する必要があります。空のファイルを作成するには、 touch filename コマンドを入力します。 filename は、イメージをサーバにアップロードするときに使用するファイルの名前です。

アップロード処理中に、サーバの既存のファイル(空のファイルを作成する必要があった場合は、空のファイルを含む)を上書きする場合は、そのファイルに関する権限が正しく設定されていることを確認します。ファイルの権限は world-write でなければなりません。

TFTP によるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードして、現在のイメージを置き換えたり、保存したりできます。

TFTP サーバから新しいイメージをダウンロードして、既存のイメージを上書きするには、特権 EXEC モードでステップ 1 ~ 3 を実行します。現在のイメージを保持するには、ステップ 1、2、および 4 を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

イメージをワークステーション上の適切な TFTP ディレクトリにコピーします。TFTP サーバが適切に設定されていることを確認します(「TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照)。

ステップ 2

コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3

archive download-sw /allow-feature-upgrade [ /directory ] /overwrite /reload tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name1 .tar [ image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ]

(任意)TFTP サーバからスイッチにイメージ ファイルをダウンロードして、現在のイメージを上書きします。

/allow-feature-upgrade オプションを指定すると、異なるフィーチャ セットのあるソフトウェア イメージをインストールできます。

(任意) /directory オプションを使用すると、イメージのディレクトリを指定できます。

/overwrite オプションを指定すると、フラッシュ メモリ内のソフトウェア イメージがダウンロードされたイメージによって上書きされます。

/reload オプションを指定すると、設定が変更されて保存されなかった場合を除いて、イメージのダウンロード後にシステムがリロードされます。

// location には、TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name1 .tar [/ directory / image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ] には、ダウンロードするためのディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名では大文字と小文字が区別されます。

ステップ 4

archive download-sw [ /directory ] /leave-old-sw /reload tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name1 .tar [ image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ]

(任意)TFTP サーバからスイッチにイメージ ファイルをダウンロードして、現在のイメージを保存します。

(任意) /directory オプションを使用すると、イメージのディレクトリを指定できます。

/leave-old-sw オプションを指定すると、ダウンロード後に古いソフトウェア バージョンが保存されます。

/reload オプションを指定すると、設定が変更されて保存されなかった場合を除いて、イメージのダウンロード後にシステムがリロードされます。

// location には、TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name1 .tar [/ directory / image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ] には、ダウンロードするためのディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名では大文字と小文字が区別されます。

ステップ 5

dir flash:

イメージが正常にフラッシュ デバイスにコピーされたことを確認します。

ダウンロード アルゴリズムによって、イメージがスイッチ モデルに対して適切であるかどうか、および DRAM サイズが十分であるかどうかが検証されます。問題がある場合、プロセスは中断され、エラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、ダウンロード アルゴリズムによって、新しいイメージと同じであるかどうかに関係なくフラッシュ デバイスの既存のイメージが削除され、新しいイメージがダウンロードされて、ソフトウェアがリロードされます。


) フラッシュ デバイスに 2 つのイメージを保持する十分なスペースがあり、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きする場合は、/overwrite オプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定すると、既存のファイルは削除されません。新しいイメージをインストールする十分なスペースがない場合に、現在のイメージを保存しようとすると、ダウンロード プロセスが停止してエラー メッセージが表示されます。

ダウンロードされたイメージは、システム ボードのフラッシュ デバイス(flash:)にアルゴリズムによってインストールされます。このイメージはソフトウェア バージョン ストリングの名前が付いた新しいディレクトリに格納されます。また、新しくインストールされたイメージを示すように、BOOT 環境変数が更新されます。

ダウンロード プロセス中に古いイメージを保存した場合は( /leave-old-sw キーワードを指定した場合は)、 delete /force/recursive filesystem :/ file-url 特権 EXEC コマンドを入力して、そのイメージを削除できます。 filesystem に対して、システム ボード上のフラッシュ デバイスの flash: を使用します。 file-url には、古いイメージのディレクトリ名を入力します。ディレクトリ内のすべてのファイルおよびディレクトリが削除されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを適切に動作させるために、イメージの名前は変更しないでください。

TFTP によるイメージ ファイルのアップロード

スイッチから TFTP サーバにイメージをアップロードできます。後でこのイメージをこのスイッチや、同じタイプの別のスイッチにダウンロードできます。

組み込みデバイス マネージャに関連付けられている Web 管理ページが既存のイメージとともにインストールされている場合だけ、アップロード機能を使用します。

イメージを TFTP サーバにアップロードするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

TFTP サーバが適切に設定されていることを確認します(「TFTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照)。

ステップ 2

コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3

archive upload-sw tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name .tar

現在稼動中のスイッチ イメージを TFTP サーバにアップロードします。

// location には、TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)およびアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。ディレクトリ名およびイメージ名では大文字と小文字が区別されます。 image-name .tar は、サーバ上に格納するソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw 特権 EXEC コマンドを実行すると、ファイルが info、Cisco IOS イメージ、Web 管理ファイルの順にアップロードされ、サーバにイメージ ファイルが構築されます。これらのファイルがアップロードされた後に、アップロード アルゴリズムによってファイル形式が作成されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを適切に動作させるために、イメージの名前は変更しないでください。

FTP によるイメージ ファイルのコピー

FTP サーバからスイッチ イメージをダウンロードしたり、スイッチから FTP サーバにスイッチ イメージをアップロードしたりできます。

スイッチ ソフトウェアをアップグレードするには、サーバからスイッチ イメージ ファイルをダウンロードします。現在のイメージを新しいイメージで上書きしたり、ダウンロード後に現在のファイルを保存したりできます。

バックアップのために、スイッチ イメージ ファイルをサーバにアップロードします。アップロードされたこのイメージは、今後同じスイッチや、同じタイプの別のスイッチにダウンロードする場合に使用できます。


) ソフトウェア イメージ ファイルをダウンロードおよびアップロードするには、copy 特権 EXEC コマンドや archive tar 特権 EXEC コマンドでなく、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドを使用することを推奨します。スイッチ スタックの場合、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドはスタック マスターを通じてだけ使用可能です。スタック マスターへダウンロードされたソフトウェア イメージは、残りのスタック メンバーへ自動的にダウンロードされます。

互換性のないソフトウェア イメージでスイッチをアップグレードするには、archive copy-sw 特権 EXEC コマンドを使用して、既存のスタック メンバーから互換性のないスイッチへソフトウェア イメージをコピーします。そのスイッチは、自動的にスタックをリロードして、完全に機能するメンバーとしてスタックに加入します。


ここでは、次の設定情報について説明します。

「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「FTP によるイメージ ファイルのダウンロード」

「FTP によるイメージ ファイルのアップロード」

FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

FTP サーバから、または FTP サーバに、イメージ ファイルをコピーできます。

FTP プロトコルでは、FTP 要求ごとにリモート ユーザ名およびパスワードを、クライアントがサーバに送信する必要があります。FTP を使用してイメージ ファイルをスイッチからサーバにコピーすると、Cisco IOS ソフトウェアは次のリスト内の最初の有効なユーザ名を送信します。

archive download-sw または archive upload-sw 特権 EXEC コマンドで指定されているユーザ名(ユーザ名が指定されている場合)

ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名(このコマンドが設定されている場合)

anonymous

スイッチは、次のリスト内の最初の有効なパスワードを送信します。

archive download-sw または archive upload-sw 特権 EXEC コマンドで指定されたパスワード(パスワードが指定されている場合)

ip ftp password password グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたパスワード(このコマンドが設定されている場合)

スイッチが作成した username@switchname.domain パスワード。変数 username は現在のセッションに関連付けられているユーザ名、 switchname は設定されているホスト名、 domain はスイッチのドメインです。

ユーザ名およびパスワードは、FTP サーバのアカウントに関連付けられていなければなりません。サーバに書き込む場合は、ユーザからの FTP 書き込み要求が許可されるように FTP サーバを適切に設定する必要があります。

すべてのコピー操作に使用するユーザ名およびパスワードを指定するには、 ip ftp username および ip ftp password コマンドを使用します。この処理のためだけにユーザ名を指定する場合は、 archive download-sw または archive upload-sw 特権 EXEC コマンドでユーザ名を指定します。

サーバがディレクトリ構造である場合、イメージ ファイルはサーバ上のユーザ名に関連付けられたディレクトリに書き込まれたり、そこからコピーされたりします。たとえば、イメージ ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリ内に置かれている場合は、ユーザの名前をリモート ユーザ名として指定します。

FTP を使用してイメージ ファイルのダウンロードやアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

スイッチに FTP サーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングするようにルータを設定していない場合、スイッチと FTP サーバは同じサブネットに置かれていなければなりません。 ping コマンドを使用して、FTP サーバへの接続をチェックします。

コンソールまたは Telnet セッションを介してスイッチにアクセスしていて有効なユーザ名がない場合は、現在の FTP ユーザ名が FTP ダウンロードに使用するユーザ名であることを確認します。 show users 特権 EXEC コマンドを使用して、有効なユーザ名を表示できます。このユーザ名を使用しない場合は、 ip ftp username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、新しい FTP ユーザ名を作成します。新しい名前は、すべてのアーカイブ処理中に使用されます。新しいユーザ名は NVRAM に格納されます。Telnet セッションを介してスイッチにアクセスしていて、有効なユーザ名がある場合は、このユーザ名が使用されるため、FTP ユーザ名を設定する必要はありません。ユーザ名をこの処理のためだけに指定する場合は、 archive download-sw または archive upload-sw 特権 EXEC コマンド内でユーザ名を指定します。

イメージ ファイルを FTP サーバにアップロードする場合は、スイッチ上のユーザからの書き込み要求が許可されるように、適切に設定する必要があります。

詳細については、FTP サーバのマニュアルを参照してください。

FTP によるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードして、現在のイメージを上書きしたり、保存したりできます。

FTP サーバから新しいイメージをダウンロードして、既存のイメージを上書きするには、特権 EXEC モードでステップ 1 ~ 7 の手順を実行します。現在のイメージを保持するには、ステップ 1 ~ 6 および 8 を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポートまたは Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

このステップが必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合だけです(ステップ 4、5、および 6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

archive download-sw /allow-feature-upgrade [ /directory ] /overwrite /reload tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name1 .tar [ image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ]

(任意)FTP サーバからスイッチにイメージ ファイルをダウンロードして、現在のイメージを上書きします。

/allow-feature-upgrade オプションを指定すると、異なるフィーチャ セットのあるソフトウェア イメージをインストールできます。

(任意) /directory オプションを使用すると、イメージのディレクトリを指定できます。

/overwrite オプションを指定すると、フラッシュ メモリ内のソフトウェア イメージがダウンロードされたイメージによって上書きされます。

/reload オプションを指定すると、設定が変更されて保存されなかった場合を除いて、イメージのダウンロード後にシステムがリロードされます。

// username [ : password ] には、ユーザ名およびパスワードを指定します。これらは FTP サーバ上のアカウントに関連付けられていなければなりません。詳細については、「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、FTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name1 .tar [/ directory / image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ] には、ダウンロードするためのディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名では大文字と小文字が区別されます。

ステップ 8

archive download-sw [ /directory ] /leave-old-sw /reload tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name1 .tar [ image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ]

(任意)FTP サーバからスイッチにイメージ ファイルをダウンロードして、現在のイメージを保存します。

(任意) /directory オプションを使用すると、イメージのディレクトリを指定できます。

/leave-old-sw オプションを指定すると、ダウンロード後に古いソフトウェア バージョンが保存されます。

/reload オプションを指定すると、設定が変更されて保存されなかった場合を除いて、イメージのダウンロード後にシステムがリロードされます。

// username [ : password ] には、ユーザ名およびパスワードを指定します。これらは、FTP サーバのアカウントに関連付けられていなければなりません。詳細については、「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、FTP サーバの IP アドレスを指定します。

directory / image-name .tar には、ディレクトリおよびダウンロードするイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名では大文字と小文字が区別されます。

ステップ 9

dir flash:

イメージが正常にフラッシュ デバイスにコピーされたことを確認します。

ダウンロード アルゴリズムによって、イメージがスイッチ モデルに対して適切であるかどうか、および DRAM サイズが十分であるかどうかが検証されます。問題がある場合、プロセスは中断され、エラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、ダウンロード アルゴリズムによって、新しいイメージと同じであるかどうかに関係なくフラッシュ デバイスの既存のイメージが削除され、新しいイメージがダウンロードされて、ソフトウェアがリロードされます。


) フラッシュ デバイスに 2 つのイメージを保持する十分なスペースがあり、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きする場合は、/overwrite オプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定すると、既存のファイルは削除されません。新しいイメージをインストールする十分なスペースがない場合に、現在のイメージを保存しようとすると、ダウンロード プロセスが停止してエラー メッセージが表示されます。

ダウンロードされたイメージは、システム ボードのフラッシュ デバイス(flash:)にアルゴリズムによってインストールされます。このイメージはソフトウェア バージョン ストリングの名前が付いた新しいディレクトリに格納されます。また、新しくインストールされたイメージを示すように、BOOT 環境変数が更新されます。

ダウンロード プロセス中に古いイメージを保存した場合は( /leave-old-sw キーワードを指定した場合は)、 delete /force/recursive filesystem :/ file-url 特権 EXEC コマンドを入力して、そのイメージを削除できます。 filesystem に対して、システム ボード上のフラッシュ デバイスの flash: を使用します。 file-url には、古いソフトウェア イメージのディレクトリ名を入力します。ディレクトリ内のすべてのファイルおよびディレクトリが削除されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを適切に動作させるために、イメージの名前は変更しないでください。

FTP によるイメージ ファイルのアップロード

スイッチから FTP サーバにイメージをアップロードできます。後でこのイメージをこのスイッチや、同じタイプの別のスイッチにダウンロードできます。

組み込みデバイス マネージャに関連付けられている Web 管理ページが既存のイメージとともにインストールされている場合だけ、アップロード機能を使用します。

イメージを FTP サーバにアップロードするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「FTP によるコンフィギュレーション ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、FTP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポート、イーサネット管理ポート、またはイーサネット管理ポートの IP アドレスを使用して Telnet セッションを介してリモートで、スイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

このステップが必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名またはパスワードを上書きする場合だけです(ステップ 4、5、および 6 を参照)。

ステップ 4

ip ftp username username

(任意)デフォルトのリモート ユーザ名を変更します。

ステップ 5

ip ftp password password

(任意)デフォルトのパスワードを変更します。

ステップ 6

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 7

archive upload-sw ftp: [[ // [ username [ : password ] @ ] location ] / directory ] / image-name .tar .

現在稼動中のスイッチ イメージを FTP サーバにアップロードします。

// username : password には、ユーザ名およびパスワードを指定します。これらは、FTP サーバのアカウントに関連付けられていなければなりません。詳細については、「FTP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、FTP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name .tar には、ディレクトリおよびアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。ディレクトリ名およびイメージ名では大文字と小文字が区別されます。 image-name .tar は、サーバ上に格納するソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw コマンドを実行すると、ファイルが info、Cisco IOS イメージ、Web 管理ファイルの順にアップロードされ、サーバにイメージ ファイルが構築されます。これらのファイルがアップロードされた後に、アップロード アルゴリズムによってファイル形式が作成されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを適切に動作させるために、イメージの名前は変更しないでください。

RCP によるイメージ ファイルのコピー

RCP サーバからスイッチ イメージをダウンロードしたり、スイッチから RCP サーバにスイッチ イメージをアップロードしたりできます。

スイッチ ソフトウェアをアップグレードするには、サーバからスイッチ イメージ ファイルをダウンロードします。現在のイメージを新しいイメージで上書きしたり、ダウンロード後に現在のファイルを保存したりできます。

バックアップのために、スイッチ イメージ ファイルをサーバにアップロードします。アップロードされたこのイメージは、今後同じスイッチや、同じタイプの別のスイッチにダウンロードする場合に使用できます。


) ソフトウェア イメージ ファイルをダウンロードおよびアップロードするには、copy 特権 EXEC コマンドや archive tar 特権 EXEC コマンドでなく、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドを使用することを推奨します。スイッチ スタックの場合、archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドはスタック マスターを通じてだけ使用可能です。スタック マスターへダウンロードされたソフトウェア イメージは、残りのスタック メンバーへ自動的にダウンロードされます。

互換性のないソフトウェア イメージでスイッチをアップグレードするには、archive copy-sw 特権 EXEC コマンドを使用して、既存のスタック メンバーから互換性のないスイッチへソフトウェア イメージをコピーします。そのスイッチは、自動的にスタックをリロードして、完全に機能するメンバーとしてスタックに加入します。


ここでは、次の設定情報について説明します。

「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」

「RCP によるイメージ ファイルのダウンロード」

「RCP によるイメージ ファイルのアップロード」

RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備

リモート ホストとスイッチの間でイメージ ファイルをダウンロードおよびアップロードするための別の方法は、RCP を使用することです。コネクションレス プロトコルである User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)を使用する TFTP と異なり、RCP ではコネクション型の TCP が使用されます。

RCP を使用してファイルをコピーする場合は、ファイルのコピー元またはコピー先のサーバで RCP がサポートされている必要があります。RCP の copy コマンドは、リモート システム上の rsh サーバ(またはデーモン)を利用します。RCP を使用してファイルをコピーする場合は、TFTP の場合のようにファイル配信用サーバを作成する必要がありません。ユーザは rsh をサポートするサーバにアクセスするだけで済みます(ほとんどの UNIX システムは rsh をサポートしています)。ある場所から別の場所へファイルをコピーするため、コピー元ファイルに対して読み取り権限、コピー先ファイルに対して書き込み権限が必要です。コピー先ファイルが存在しない場合は、RCP によって作成されます。

RCP では、RCP 要求ごとのリモート ユーザ名をクライアントがサーバに送信する必要があります。RCP を使用してイメージ ファイルをスイッチからサーバにコピーすると、Cisco IOS ソフトウェアは次のリスト内の最初の有効なユーザ名を送信します。

archive download-sw または archive upload-sw 特権 EXEC コマンドで指定されているユーザ名(ユーザ名が指定されている場合)

ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドで設定されたユーザ名(このコマンドが設定されている場合)

現在の TTY(端末)プロセスに関連付けられたリモート ユーザ名。たとえば、ユーザが Telnet を介してルータに接続されており、 username コマンドを介して認証された場合は、リモート ユーザ名として Telnet ユーザ名がスイッチ ソフトウェアによって送信されます。

スイッチのホスト名

RCP コピー要求を正常に実行するためには、ネットワーク サーバ上にリモート ユーザ名のアカウントを定義する必要があります。サーバがディレクトリ構造である場合、イメージ ファイルはサーバ上のリモート ユーザ名に関連付けられたディレクトリに書き込まれるか、そこからコピーされます。たとえば、イメージ ファイルがサーバ上のユーザのホーム ディレクトリ内に置かれている場合は、ユーザの名前をリモート ユーザ名として指定します。

RCP を使用してイメージ ファイルのダウンロードやアップロードを開始する前に、次の作業を実行します。

RCP サーバとして機能しているワークステーションで、rsh がサポートされていることを確認します。

スイッチに RCP サーバへのルートが設定されているかどうかを確認します。サブネット間でトラフィックをルーティングするようにルータを設定していない場合、スイッチとサーバは同じサブネットに置かれていなければなりません。 ping コマンドを使用して、RCP サーバへの接続を確認します。

コンソールまたは Telnet セッションを介してスイッチにアクセスしていて有効なユーザ名がない場合は、現在の RCP ユーザ名が RCP ダウンロードに使用するユーザ名であることを確認します。 show users 特権 EXEC コマンドを使用して、有効なユーザ名を表示できます。このユーザ名を使用しない場合は、すべてのアーカイブ処理中に使用される ip rcmd remote-username username グローバル コンフィギュレーション コマンドを使用して、新しい RCP ユーザ名を作成します。新しいユーザ名は NVRAM に格納されます。Telnet セッションを介してスイッチにアクセスしていて、有効なユーザ名がある場合は、このユーザ名が使用されるため、RCP ユーザ名を設定する必要はありません。この処理のためだけにユーザ名を指定する場合は、 archive download-sw または archive upload-sw 特権 EXEC コマンドでユーザ名を指定します。

イメージを RCP サーバにアップロードする場合は、スイッチ上のユーザからの RCP 書き込み要求が許可されるように、適切に設定する必要があります。UNIX システムの場合は、RCP サーバ上のリモート ユーザ用の .rhosts ファイルにエントリを追加する必要があります。たとえば、スイッチに次のコンフィギュレーション行が含まれているとします。

hostname Switch1
ip rcmd remote-username User0
 

このスイッチの IP アドレスを Switch1.company.com に変換する場合は、RCP サーバ上の User0 用の .rhosts ファイルに次の行が含まれている必要があります。

Switch1.company.com Switch1
 

詳細については、RCP サーバのマニュアルを参照してください。

RCP によるイメージ ファイルのダウンロード

新しいイメージ ファイルをダウンロードして、現在のイメージを置き換えたり、保存したりできます。

RCP サーバから新しいイメージをダウンロードして、既存のイメージを上書きするには、特権 EXEC モードでステップ 1 ~ 6 の手順を実行します。現在のイメージを保存するには、ステップ 6 へ進みます。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

このステップが必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合だけです(ステップ 4 および 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

archive download-sw /allow-feature-upgrade [ /directory ] /overwrite /reload tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name1 .tar [ image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ]

RCP サーバからスイッチにイメージ ファイルをダウンロードして、現在のイメージを上書きします。

/allow-feature-upgrade を設定すると、異なるフィーチャ セットのあるソフトウェア イメージをインストールできます。

(任意) /directory オプションを使用すると、イメージのディレクトリを指定できます。

/overwrite オプションを指定すると、フラッシュ メモリ内のソフトウェア イメージがダウンロードされたイメージによって上書きされます。

/reload オプションを指定すると、設定が変更されて保存されなかった場合を除いて、イメージのダウンロード後にシステムがリロードされます。

// username には、ユーザ名を指定します。RCP コピー要求を正常に実行するためには、ネットワーク サーバ上にリモート ユーザ名のアカウントを定義する必要があります。詳細については、「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、RCP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name1 .tar [/ directory / image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ] には、ダウンロードするためのディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名では大文字と小文字が区別されます。

ステップ 7

archive download-sw [ /directory ] /leave-old-sw /reload tftp: [[ // location ] / directory ] / image-name1 .tar [ image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ]

RCP サーバからスイッチにイメージ ファイルをダウンロードして、現在のイメージを保存します。

(任意) /directory オプションを使用すると、イメージのディレクトリを指定できます。

/leave-old-sw オプションを指定すると、ダウンロード後に古いソフトウェア バージョンが保存されます。

/reload オプションを指定すると、設定が変更されて保存されなかった場合を除いて、イメージのダウンロード後にシステムがリロードされます。

// username には、ユーザ名を指定します。RCP コピー要求を実行するためには、ネットワーク サーバ上にリモート ユーザ名のアカウントを定義する必要があります。詳細については、「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、RCP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory / image-name1 .tar [/ directory / image-name2 .tar image-name3 .tar image-name4 .tar ] には、ダウンロードするためのディレクトリ(任意)およびイメージを指定します。ディレクトリ名およびイメージ名では大文字と小文字が区別されます。

ステップ 8

dir flash:

イメージが正常にフラッシュ デバイスにコピーされたことを確認します。

ダウンロード アルゴリズムによって、イメージがスイッチ モデルに対して適切であるかどうか、および DRAM サイズが十分であるかどうかが検証されます。問題がある場合、プロセスは中断され、エラーが報告されます。 /overwrite オプションを指定した場合、ダウンロード アルゴリズムによって、新しいイメージと同じであるかどうかに関係なくフラッシュ デバイスの既存のイメージが削除され、新しいイメージがダウンロードされて、ソフトウェアがリロードされます。


) フラッシュ デバイスに 2 つのイメージを保持する十分なスペースがあり、これらのイメージのいずれかを同じバージョンで上書きする場合は、/overwrite オプションを指定する必要があります。


/leave-old-sw を指定すると、既存のファイルは削除されません。新しいイメージをインストールする十分なスペースがない場合に、現在のイメージを保存しようとすると、ダウンロード プロセスが停止してエラー メッセージが表示されます。

ダウンロードされたイメージは、システム ボードのフラッシュ デバイス(flash:)にアルゴリズムによってインストールされます。このイメージはソフトウェア バージョン ストリングの名前が付いた新しいディレクトリに格納されます。また、新しくインストールされたイメージを示すように、BOOT 環境変数が更新されます。

ダウンロード プロセス中に古いソフトウェアを保存した場合は( /leave-old-sw キーワードを指定した場合は)、 delete /force/recursive filesystem :/ file-url 特権 EXEC コマンドを入力して、そのイメージを削除できます。 filesystem に対して、システム ボード上のフラッシュ デバイスの flash: を使用します。 file-url には、古いソフトウェア イメージのディレクトリ名を入力します。ディレクトリ内のすべてのファイルおよびディレクトリが削除されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを適切に動作させるために、イメージの名前は変更しないでください。

RCP によるイメージ ファイルのアップロード

スイッチから RCP サーバにイメージをアップロードできます。後でこのイメージをこのスイッチや、同じタイプの別のスイッチにダウンロードできます。

組み込みデバイス マネージャに関連付けられている Web 管理ページが既存のイメージとともにインストールされている場合だけ、アップロード機能が使用されます。

イメージを RCP サーバにアップロードするには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照して、RCP サーバが適切に設定されていることを確認します。

ステップ 2

コンソール ポート、イーサネット管理ポート、または Telnet セッションを介して、スイッチにログインします。

ステップ 3

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

このステップが必要になるのは、デフォルトのリモート ユーザ名を上書きする場合だけです(ステップ 4 および 5 を参照)。

ステップ 4

ip rcmd remote-username username

(任意)リモート ユーザ名を指定します。

ステップ 5

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 6

archive upload-sw rcp: [[[ // [ username @ ] location ] / directory ] / image-name .tar ]

現在稼動中のスイッチ イメージを RCP サーバにアップロードします。

// username には、ユーザ名を指定します。RCP コピー要求を実行するためには、ネットワーク サーバ上にリモート ユーザ名のアカウントを定義します。詳細については、「RCP によるイメージ ファイルのダウンロードまたはアップロードの準備」を参照してください。

@ location には、RCP サーバの IP アドレスを指定します。

/ directory ] / image-name .tar には、ディレクトリ(任意)およびアップロードするソフトウェア イメージの名前を指定します。ディレクトリ名およびイメージ名では大文字と小文字が区別されます。

image-name .tar は、サーバに保存するソフトウェア イメージの名前です。

archive upload-sw 特権 EXEC コマンドを実行すると、ファイルが info、Cisco IOS イメージ、Web 管理ファイルの順にアップロードされ、サーバにイメージ ファイルが構築されます。これらのファイルがアップロードされた後に、アップロード アルゴリズムによってファイル形式が作成されます。


注意 ダウンロードおよびアップロード アルゴリズムを適切に動作させるために、イメージの名前は変更しないでください。

あるスタック メンバーから別のスタック メンバーへのイメージ ファイルのコピー

スイッチ スタックの場合、 archive download-sw および archive upload-sw 特権 EXEC コマンドは、スタック マスターを通じてだけ使用可能です。スタック マスターへダウンロードされたソフトウェア イメージは、残りのスタック メンバーへ自動的にダウンロードされます。

互換性のないソフトウェア イメージのあるスイッチをアップグレードするには、 archive copy-sw 特権 EXEC コマンドを使用して、既存のスタック メンバーから互換性のないソフトウェアのあるメンバーへソフトウェア イメージをコピーします。そのスイッチは、自動的にスタックをリロードして、完全に機能するメンバーとしてスタックに加入します。


) archive copy-sw 特権 EXEC コマンドを使用するには、追加するスタック メンバー スイッチおよびスタック マスターのイメージを TFTP サーバからダウンロードしておく必要があります。ダウンロードを実行するには、archive download-sw 特権 EXEC コマンドを使用します。


別のスタック メンバーのフラッシュ メモリから稼動中のイメージ ファイルをコピーするには、アップグレードするスタック メンバーから特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

archive copy-sw /destination-system destination-stack-member-number /force-reload source -stack-member-number

スタック メンバーから稼動中のイメージ ファイルをコピーして、次に、アップデートされたスタック メンバーを無条件でリロードします。

(注) 少なくとも 1 つのスタック メンバーで、互換性のないソフトウェアを実行中のスイッチにコピーされるイメージが稼動中である必要があります。

/ destination-system destination-stack-member-number に対して、ソース実行イメージ ファイルをコピーするスタック メンバー(コピー先)番号を指定します。このスタック メンバー数を指定しない場合、デフォルトでは、すべてのスタック メンバーに実行イメージ ファイルがコピーされます。

/force-reload を指定して、ソフトウェア イメージのダウンロード後に無条件でシステムにリロードさせます。

source-stack-member-number に対して、実行イメージ ファイルがコピーされるスタック メンバー(コピー元)番号を指定します。スタック メンバー番号の範囲は 1 ~ 9 です。

ステップ 2

reload slot stack-member-number

更新されたスタック メンバーをリセットして、この設定変更を有効にします。