Cisco Catalyst Blade Switch 3130 および 3032 for Dell Software コンフィギュレーション ガイド
Cisco IOS IP SLA 動作の設定
Cisco IOS IP SLA 動作の設定
発行日;2012/01/31 | 英語版ドキュメント(2011/09/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 12MB) | フィードバック

目次

Cisco IOS IP SLA 動作の設定

Cisco IOS IP SLA の概要

Cisco IOS IP SLA によるネットワーク パフォーマンスの測定

IP SLA 応答側と IP SLA コントロール プロトコル

IP SLA の応答時間の計算

IP SLA 動作のスケジューリング

IP SLA 動作しきい値モニタリング

IP SLA 動作の設定

デフォルト設定

設定時の注意事項

IP SLA 応答側の設定

UDP ジッタ動作を使用した IP サービス レベルの分析

ICMP エコー動作を使用した IP サービス レベルの分析

IP SLA 動作のモニタリング

Cisco IOS IP SLA 動作の設定

この章では、Cisco IOS IP Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)を使用する方法について説明します。Cisco IP SLA は Cisco IOS ソフトウェアの一部であり、シスコのお客様は連続的で信頼性の高い、確実な方法でトラフィックを生成するアクティブ トラフィック モニタリングを行って IP アプリケーションとサービスの IP サービス レベルを分析し、ネットワーク パフォーマンスを測定できます。Cisco IOS IP SLA を使用すると、サービス プロバイダーのお客様はサービス レベル契約の検討と提供、企業のお客様はサービス レベルの検証、外部委託しているサービス レベル契約の検証、およびネットワーク パフォーマンスを把握できます。Cisco IOS IP SLA は、ネットワーク アセスメントを実行することで QoS(Quality of Service)の検証、新しいサービス導入の簡易化、ネットワーク トラブルシューティングの補助を可能にします。

特に記述がない限り、 スイッチ という用語はスタンドアロン スイッチとスイッチ スタックを意味しています。

IP SLA の詳細については、次の URL の『 Cisco IOS IP SLAs Configuration Guide, Release 12.4T 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/12_4t/sla_12_4t_book.html

このコマンド構文の詳細については、次の URL のコマンド リファレンスを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/command/reference/sla_book.html

この章で説明する内容は、次のとおりです。

「Cisco IOS IP SLA の概要」

「IP SLA 動作の設定」

「IP SLA 動作のモニタリング」

Cisco IOS IP SLA の概要

Cisco IOS IP SLA はネットワークにデータを送信し、複数のネットワーク間あるいは複数のネットワーク パス内のパフォーマンスを測定します。ネットワーク データおよび IP サービスをシミュレーションし、ネットワーク パフォーマンス情報をリアル タイムで収集します。Cisco IOS IP SLA は、Cisco IOS デバイス間のトラフィックまたは Cisco IOS デバイスからネットワーク アプリケーション サーバなどのリモート IP デバイスへのトラフィックを生成し、分析します。さまざまな Cisco IOS IP SLA 動作で評価を実行し、トラブルシューティング、問題分析、ネットワーク トポロジの設計に使用されます。

Cisco IOS IP SLA 動作に応じてシスコ デバイスのネットワーク パフォーマンス統計情報がモニタされ、Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)MIB および Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)MIB に格納されます。IP SLA パケットには設定可能な IP レイヤおよびアプリケーション レイヤのオプションがあります。たとえば、送信元 IP アドレス、宛先 IP アドレス、User Datagram Protocol(UDP; ユーザ データグラム プロトコル)/TCP ポート番号、Type of Service(ToS; サービス タイプ)バイト(Differentiated Services Code Point(DSCP; 差別化サービス コード ポイント)および IP プレフィクス ビットを含む)、Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)Routing/Forwarding(VRF; VPN ルーティング/転送)インスタンス、URL Web アドレスなどが設定できます。

Cisco IP SLA はレイヤ 2 転送に依存していないため、異なるネットワーク間にエンドツーエンド動作を設定してエンド ユーザが経験しそうなメトリックを最大限に反映させることができます。IP SLA は、次のような一意のパフォーマンス メトリックのサブセットを収集します。

遅延(往復および一方向)

ジッタ(方向性あり)

パケット損失(方向性あり)

パケット シーケンス(パケット順序)

パス(ホップ単位)

接続(方向性あり)

サーバまたは Web サイトのダウンロード時間

Cisco IOS IP SLA は SNMP によるアクセスが可能であるため、CiscoWorks Internetwork Performance Monitor(IPM)やサードパーティ製パフォーマンス管理製品などのパフォーマンス モニタリング アプリケーションでも使用できます。Cisco IOS IP SLA を使用するネットワーク管理製品については、次の URL を参照してください。

http://www.cisco.com/go/ipsla

IP SLA を使用すると次のような利点があります。

SLA モニタリング、評価、検証

ネットワーク パフォーマンス モニタリング

ネットワーク内のジッタ、遅延、パケット損失が測定できる。

連続的で信頼性のある確実な評価が提供される。

IP サービス ネットワーク ヘルス アセスメントにより、既存の QoS が新しい IP サービスに適していることを確認できる。

端末間のネットワーク アベイラビリティをモニタリングして、ネットワーク リソースをあらかじめ検証し接続をテストできる(たとえば、ビジネス上の重要なデータを保存する NFS サーバのネットワーク アベイラビリティをリモート サイトから確認できる)。

信頼性の高い評価を連続的に行ってネットワーク動作のトラブルシューティングを行うため、問題をすぐに特定しトラブルシューティングにかかる時間を短縮できる。

Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)パフォーマンス モニタリングとネットワークの検証を行う(MPLS をサポートするスイッチの場合)。

ここでは、IP SLA 機能について説明します。

「Cisco IOS IP SLA によるネットワーク パフォーマンスの測定」

「IP SLA 応答側と IP SLA コントロール プロトコル」

「IP SLA の応答時間の計算」

「IP SLA 動作のスケジューリング」

「IP SLA 動作しきい値モニタリング」

Cisco IOS IP SLA によるネットワーク パフォーマンスの測定

IP SLA を使用して、プローブを物理的に配置せずに、コア、分散、エッジといったネットワーク内の任意のエリア間のパフォーマンスをモニタできます。これは、生成されたトラフィックを使用して 2 つのネットワーキング デバイス間のネットワーク パフォーマンスを測定します。図 42-1に、送信元デバイスが生成されたパケットを宛先デバイスに送信する際の IP SLA の開始方法を示します。宛先デバイスがパケットを受信すると、IP SLA 動作の種類によって、送信元のタイム スタンプ情報に応じてパフォーマンス メトリックを算出します。IP SLA 動作は、特定のプロトコル(UDP など)を使用してネットワークの送信元デバイスから宛先へのネットワーク測定を行います。

図 42-1 Cisco IOS IP SLA 動作

 

IP SLA ネットワーク パフォーマンス測定を実施する手順は次のとおりです。

1. 必要であれば、IP SLA 応答側をイネーブルにします。

2. 必要な IP SLA 動作タイプを設定します。

3. 指定された動作タイプのオプションを設定します。

4. 必要であれば、しきい値条件を設定します。

5. 動作の実行スケジュールを指定し、しばらく動作を実行して統計情報を収集します。

6. Cisco IOS CLI を使用するか Network Management System(NMS; ネットワーク管理システム)と SNMP を併用して、動作の結果を表示し確認します。

IP SLA の動作の詳細については、次の URL の『 Cisco IOS IP SLAs Configuration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/12_4t/sla_12_4t_book.html


) スイッチは、DLSw+ 動作を使用した Voice over IP(VoIP)サービス レベル分析または IP サービス レベル分析をサポートしていません。IP SLA アプリケーションを設定する前に、show ip sla application 特権 EXEC コマンドを使用してソフトウェア イメージで動作タイプがサポートされていることを確認してください。


IP SLA 応答側と IP SLA コントロール プロトコル

IP SLA 応答側は宛先シスコ デバイスに組み込まれたコンポーネントで、システムが IP SLA 要求パケットを予想して応答します。応答側は専用プローブなしで正確な測定を行います。応答側は、受信および応答するポートが通知されるメカニズムを Cisco IOS IP SLA コントロール プロトコルを通じて提供します。Cisco IOS デバイスだけが宛先 IP SLA 応答側の送信元になります。


) IP SLA 応答側には Cisco IOS Layer 2 応答側設定可能スイッチが使用できます。たとえば、Catalys 2960 や Cisco ME 2400 スイッチなどです。応答側は、IP SLA 機能を全面的にサポートする必要はありません。


図 42-1 に、IP ネットワーク内での Cisco IOS IP SLA 応答側の配置場所を示します。応答側は、IP SLA 動作から送信されたコントロール プロトコル メッセージを指定されたポートで受信します。コントロール メッセージを受信したら、指定された UDP または TCP ポートを指定された時間だけイネーブルにします。この間に、応答側は要求を受け付け、応答します。応答側は、IP SLA パケットに応答した後または指定の時間が経過したらポートをディセーブルにします。セキュリティの向上のために、コントロール メッセージでは MD5 認証が利用できます。

すべての IP SLA 動作に対して宛先デバイスの応答側をイネーブルにする必要はありません。たとえば、宛先ルータが提供しているサービス(Telnet や HTTP など)は応答側では必要ありません。非シスコ デバイスに IP SLA 応答側を設定できません。また、Cisco IOS IP SLA はこれらのデバイス固有のサービスに対してだけ動作パケットを送信できます。

IP SLA の応答時間の計算

スイッチとルータは、他のハイ プライオリティ プロセスがあるために、着信パケットの処理に数十ミリ秒かかることがあります。この遅延により応答時間が影響を受けます。テストパケットの応答が処理待ちのキューに入っていることもあるからです。この場合、応答時間は正しいネットワーク遅延を反映しません。IP SLA はソース デバイスとターゲット デバイス(応答側が使用されている場合)の処理遅延を最小化し、正しい Round-Trip Time(RTT; ラウンドトリップ時間)を識別します。IP SLA テスト パケットは、タイム スタンプによって処理遅延を最小化します。

IP SLA 応答側がイネーブルの場合、パケットが割り込みレベルでインターフェイスに着信したときおよびパケットが出て行くときにターゲット デバイスでタイム スタンプを付け、処理時間は含めません。タイム スタンプはサブミリ秒単位で構成されます。

図 42-2 に、応答側の動作を示します。RTT を算出するためのタイム スタンプが 4 つ付けられます。ターゲット ルータで応答側機能がイネーブルの場合、タイム スタンプ 3(TS3)からタイム スタンプ 2(TS2)を引いてテスト パケットの処理にかかった時間を求め、デルタ(Δ)で表します。次に全体の RTT からこのデルタの値を引きます。IP SLA により、この方法はソース ルータにも適用されます。その場合、着信タイム スタンプ 4(TS4)が割り込みレベルで付けられ、より正確な結果を得ることができます。

図 42-2 Cisco IOS IP SLA 応答側タイム スタンプ

 

この他にも、ターゲット デバイスに 2 つのタイム スタンプがあれば一方向遅延、ジッタ、方向性を持つパケット損失がトラッキングできるという利点があります。大半のネットワーク動作は非同期であるため、このような統計情報があるのは問題です。ただし一方向遅延測定を取り込むには、ソース ルータとターゲット ルータの両方に Network Time Protocol(NTP; ネットワーク タイム プロトコル)を設定し、両方のルータを同じクロック ソースに同期させる必要があります。一方向ジッタ測定にはクロック同期は不要です。

IP SLA 動作のスケジューリング

IP SLA 動作を設定する場合、統計情報の取り込みとエラー情報の収集から開始するように動作のスケジューリングをします。すぐに動作を開始する、または特定の月、日、時刻に開始するようにスケジューリングできます。 pending オプションを使用して、後で動作を開始するように設定することもできます。pending オプションは動作の内部状態であり、SNMP で表示できます。トリガを待つ反応(しきい値)動作の場合も pending オプションを使用します。一度に 1 つの IP SLA 動作をさせることも、グループの動作をさせることもできます。

Cisco IOS CLI または CISCO RTTMON-MIB で 1 つのコマンドを使用して、複数の IP SLA 動作をスケジューリングできます。等間隔で動作を実行するようにスケジューリングすると、IP SLA モニタリング トラフィックの数を制御できます。IP SLA 動作をこのように分散させると CPU 使用率を最小限にとどめ、ネットワーク スケーラビリティを向上させることができます。

IP SLA 複数動作のスケジューリング機能の詳細については、次の URL の『 Cisco IOS IP SLAs Configuration Guide 』の「IP SLAs - Multiple Operation Scheduling」の章を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/12_4t/sla_12_4t_book.html

IP SLA 動作しきい値モニタリング

SLA モニタリングを正しくサポートするには、違反が発生した場合にすぐに通知されるメカニズムにする必要があります。IP SLA は SNMP トラップを送信して、次のような場合にイベントをトリガします。

接続の損失

タイムアウト

RTT しきい値

平均ジッタしきい値

一方向パケット損失

一方向ジッタ

一方向 Mean Opinion Score(MOS; 平均オピニオン評点)

一方向遅延

IP SLA しきい値違反があった場合も、後で分析するために別の IP SLA 動作がトリガされます。たとえば、回数を増やしたり、ICMP パス エコーや ICMP パス ジッタ動作を開始してトラブルシューティングを行うことができます。

しきい値の種類とレベル設定を決めるのは複雑であり、ネットワークで使用する IP サービスの種類によって異なります。Cisco IOS IP SLA 動作でしきい値を使用する詳細については、次の URL で『Cisco IOS IP SLAs Configuration Guide』の「IP SLAs - Proactive Threshold Monitoring」の章を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/12_4t/sla_12_4t_book.html

IP SLA 動作の設定

ここでは、利用可能なすべての動作の設定情報について説明されているわけではありません。設定情報の詳細については『 Cisco IOS IP SLAs Configuration Guide 』を参照してください。ここでは、応答側の設定、UDP ジッタ動作の設定(応答側が必要)、ICMP エコー動作の設定(応答側が不要)などの動作例を説明します。他の動作の設定に関する詳細については、次の URL で『 Cisco IOS IP SLAs Configuration Guide 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/12_4t/sla_12_4t_book.html

ここでは、次の情報について説明します。

「デフォルト設定」

「設定時の注意事項」

「IP SLA 応答側の設定」

「UDP ジッタ動作を使用した IP サービス レベルの分析」

「ICMP エコー動作を使用した IP サービス レベルの分析」

デフォルト設定

IP SLA 動作は設定されていません。

設定時の注意事項

IP SLA コマンドについては、次の URL で『 Cisco IOS IP SLAs Command Reference, Release 12.4T 』のコマンド リファレンスを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/command/reference/sla_book.html

詳しい説明と設定手順については、次の URL の『 Cisco IOS IP SLAs Configuration Guide, Release 12.4T 』を参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/docs/ios/ipsla/configuration/guide/12_4t/sla_12_4t_book.html

スイッチでは、このガイドで説明する IP SLA コマンドや動作がすべてサポートされているわけではないことに注意してください。スイッチでは、UDP ジッタ、UDP エコー、HTTP、TCP 接続、ICMP エコー、ICMP パス エコー、ICMP パス ジッタ、FTP、DNS、DHCP を使用する IP サービス レベル分析をサポートします。また、複数動作スケジューリングおよび事前に設定されたしきい値のモニタリングもサポートします。スイッチでは、DLSw+ 動作を使用した VoIP サービス分析または IP サービス レベル分析をサポートしていません。

IP SLA アプリケーションを設定する前に、 show ip sla application 特権 EXEC コマンドを使用してソフトウェア イメージで動作タイプがサポートされていることを確認してください。コマンドの出力例は次のとおりです。

Switch# show ip sla application
IP SLAs
Version: 2.2.0 Round Trip Time MIB, Infrastructure Engine-II
Time of last change in whole IP SLAs: 22:17:39.117 UTC Fri Jun
Estimated system max number of entries: 15801
 
Estimated number of configurable operations: 15801
Number of Entries configured : 0
Number of active Entries : 0
Number of pending Entries : 0
Number of inactive Entries : 0
 
Supported Operation Types
Type of Operation to Perform: 802.1agEcho
Type of Operation to Perform: 802.1agJitter
Type of Operation to Perform: dhcp
Type of Operation to Perform: dns
Type of Operation to Perform: echo
Type of Operation to Perform: ftp
Type of Operation to Perform: http
Type of Operation to Perform: jitter
Type of Operation to Perform: pathEcho
Type of Operation to Perform: pathJitter
Type of Operation to Perform: tcpConnect
Type of Operation to Perform: udpEcho
 
IP SLAs low memory water mark: 21741224

IP SLA 応答側の設定

IP SLA 応答側は、Cisco IOS ソフトウェアベース デバイスだけで利用可能です。これには、Catalyst 2960 スイッチ、Cisco ME 2400 スイッチ、または Catalyst Switch Module 3012 など、IP SLA 機能をフルにサポートしていない一部のレイヤ 2 スイッチが含まれます。特権 EXEC モードで、ターゲット デバイス(動作ターゲット)に IP SLA 応答側を設定する手順は次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip sla responder { tcp-connect | udp-echo } ipaddress ip-address port port-number

スイッチを IP SLA 応答側に設定します。

キーワードの意味は次のとおりです。

tcp-connect :応答側の TCP 接続動作をイネーブルにします。

udp-echo :応答側のユーザ データグラム プロトコル(UDP)エコー動作またはジッタ動作をイネーブルにします。

ipaddress ip-address :宛先 IP アドレスを入力します。

port port-number :宛先ポート番号を入力します。

(注) IP アドレスとポート番号は、IP SLA 動作のソース デバイスに設定した IP アドレスおよびポート番号と一致している必要があります。

ステップ 3

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 4

show ip sla responder

デバイスの IP SLA 応答側設定を確認します。

ステップ 5

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

IP SLA 応答側をディセーブルにするには、 no ip sla responder グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。次に、デバイスを UDP ジッタ IP SLA 動作の応答側に設定する例を示します。UDP ジッタ IP SLA 動作については次の項で説明します。

Switch(config)# ip sla responder udp-echo 172.29.139.134 5000

UDP ジッタ動作を使用した IP サービス レベルの分析

ジッタはパケット間の遅延のばらつきです。発信元から宛先に向かって複数のパケットを 10 ミリ秒遅れで送信したとき、ネットワークが正常に動作していれば宛先でも 10 ミリ秒遅れで受信します。しかしネットワーク内に遅延がある場合(キューの発生や別のルータ経由で到着するなど)、パケットの到着遅延が 10 ミリ秒よりも大きくなったり小さくなったりします。正のジッタ値は、パケットの到着が 10 ミリ秒を超えていることを示します。パケットの到着が 12 ミリ秒の場合のジッタ値は +2 ミリ秒(正の値)です。8 ミリ秒で到着する場合は -2 ミリ秒(負の値)です。遅延による影響を受けやすいネットワークの場合、正のジッタ値は望ましくありません。ジッタ値 0 が理想的です。

ジッタのモニタリング以外にも、IP SLA UDP ジッタ動作を多目的データ収集動作に使用できます。パケット IP SLA は伝送パケットを生成し、ソース ターゲットと動作ターゲット間でシーケンス情報の送受信とタイム スタンプの送受信を行います。以上の点に基づき、UDP ジッタ動作は次のデータを測定します。

方向別ジッタ(発信元から宛先へ、宛先から発信元へ)

方向別パケット損失

方向別遅延(一方向遅延)

往復遅延(平均 RTT)

データを送受信するパスが異なる場合もあるため(非同期)、方向別データを使用すればネットワークで発生している輻輳やエラーの場所を簡単に突き止めることができます。

UDP ジッタ動作では合成(シミュレーション)UDP トラフィックを生成し、発信元ルータからターゲット ルータに多数の UDP パケットを送信します。その際、各パケットのサイズ、パケット同士の間隔、発信間隔は決められています。デフォルトでは、10 バイトのペイロード サイズのパケット フレームを 10 ミリ秒で 10 生成し、60 秒間隔で発信します。これらのパラメータは、提供する IP サービスを最もよくシミュレートするように設定できます。

一方向遅延を正確に測定する場合、NTP などによるソース デバイスとターゲット デバイス間のクロック同期が必要です。一方向ジッタおよびパケット損失を測定する場合は、クロック同期は不要です。ソース デバイスとターゲット デバイスのクロックが同期されていない場合、一方向ジッタおよびパケット損失データは戻されますが、UDP ジッタ動作による一方向遅延測定の値は 0 で戻ります。


) ソース デバイスに UDP ジッタ動作を設定する前に、ターゲット デバイス(動作デバイス)の IP SLA 応答側をイネーブルにしておく必要があります。


ソース デバイス上で UDP ジッタ動作を設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip sla operation-number

IP SLA 動作を作成し、IP SLA コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

udp-jitter { destination-ip-address | destination-hostname } destination-port [ source-ip { ip-address | hostname }] [ source-port port-number ] [ control { enable | disable }] [ num-packets number-of-packets ] [ interval interpacket-interval ]

IP SLA 動作に UDP ジッタ動作を設定し、UDP ジッタ コンフィギュレーション モードを開始します。

destination-ip-address | destination-hostname :宛先 IP アドレスまたはホスト名を指定します。

destination-port :宛先ポート番号を 1 ~ 65535 の範囲で指定します。

(任意) source-ip { ip-address | hostname }:発信元 IP アドレスまたはホスト名を指定します。発信元 IP アドレスまたはホスト名を指定しない場合、IP SLA は宛先に最も近い IP アドレスを選択します。

(任意) source-port port-number :発信元ポート番号を 1 ~ 65535 の範囲で指定します。ポート番号を指定しない場合、IP SLA は利用可能なポートを選択します。

(任意) control :IP SLA 応答側への IP SLA コントロール メッセージの送信をイネーブルまたはディセーブルにします。デフォルトでは、IP SLA コントロール メッセージは宛先デバイスに送信され、IP SLA 応答側との接続を確立します。

(任意) num-packets number-of-packets :生成するパケット数を入力します。指定できる範囲は 1 ~ 6000 です。デフォルトは 10 です。

(任意) interval inter-packet-interval :パケットの送信間隔をミリ秒で指定します。指定できる範囲は 1 ~ 6000 です。デフォルト値は 20 ミリ秒です。

ステップ 4

frequency seconds

(任意)指定した IP SLA 動作の反復間隔を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 604800 秒で、デフォルトは 60 秒です。

ステップ 5

exit

UDP ジッタ コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 6

ip sla monitor schedule operation-number [ life { forever | seconds }] [ start-time { hh : mm [: ss ] [ month day | day month ] | pending | now | after hh:mm:ss ] [ ageout seconds ] [ recurring ]

個々の IP SLA 動作のスケジューリング パラメータを設定します。

operation-number :RTR エントリ番号を入力します。

(任意) life :動作の実行を無期限( forever )に指定するか、 数を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 2147483647 です。デフォルトは 3600 秒(1 時間)です。

(任意) start-time :情報の収集を開始する時刻を入力します。

特定の時刻に開始する場合は、時、分、秒(24 時間表記)、月日を入力します。月を入力しない場合、デフォルトは当月です。

pending と入力すれば、開始時刻を指定するまでは情報を収集しません。

now と入力すれば、すぐに動作を開始します。

after hh:mm:ss と入力すれば、指定した時刻の経過後に動作を開始します。

(任意) ageout seconds :情報を収集していないとき、メモリの動作を保存する秒数を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 2073600 秒です。デフォルトは 0 秒(永続的に保存する)です。

(任意) recurring :毎日、動作を自動的に実行します。

ステップ 7

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 8

show ip sla configuration [ operation-number ]

(任意)設定値を表示します。すべての IP SLA 動作のすべてのデフォルト値を表示する場合と、指定した動作だけを表示する場合があります。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

IP SLA 動作をディセーブルにするには、 no ip sla operation-number グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。次に、UDP ジッタ IP SLA 動作の設定例を示します。

Switch(config)# ip sla 10
Switch(config-ip-sla)# udp-jitter 172.29.139.134 5000
Switch(config-ip-sla-jitter)# frequency 30
Switch(config-ip-sla-jitter)# exit
Switch(config)# ip sla schedule 5 start-time now life forever
Switch(config)# end
Switch# show ip sla configuration 10
IP SLAs, Infrastructure Engine-II.
 
Entry number: 10
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: udp-jitter
Target address/Source address: 1.1.1.1/0.0.0.0
Target port/Source port: 2/0
Request size (ARR data portion): 32
Operation timeout (milliseconds): 5000
Packet Interval (milliseconds)/Number of packets: 20/10
Type Of Service parameters: 0x0
Verify data: No
Vrf Name:
Control Packets: enabled
Schedule:
Operation frequency (seconds): 30
Next Scheduled Start Time: Pending trigger
Group Scheduled : FALSE
Randomly Scheduled : FALSE
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): notInService
Threshold (milliseconds): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 1
Statistic distribution interval (milliseconds): 20
Enhanced History:

ICMP エコー動作を使用した IP サービス レベルの分析

ICMP エコー動作は、シスコ デバイスと IP を使用する任意のデバイスとのエンドツーエンド応答時間を測定します。応答時間は、ICMP エコー要求メッセージを宛先に送信して ICMP エコー応答を受信するまでの時間を測定して算出します。多くのお客様が IP SLA ICMP ベース動作、社内 ping テスト、ping ベース専用プローブを使用して、発信元 IP SLA デバイスと宛先 IP デバイス間の応答時間を測定しています。IP SLA ICMP エコー動作は ICMP ping テストと同じ仕様に準拠しており、どちらの方法でも同じ応答時間が得られます。


) この動作では、IP SLA 応答側をイネーブルにしておく必要はありません。


ソース デバイス上で ICMP エコー動作を設定するには、特権 EXEC モードで次の手順を実行します。

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

ip sla operation-number

IP SLA 動作を作成し、IP SLA コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 3

icmp-echo { destination-ip-address | destination-hostname } [ source-ip { ip-address | hostname } | source-interface interface-id ]

IP SLA 動作に ICMP エコー動作を設定し、ICMP エコー コンフィギュレーション モードを開始します。

destination-ip-address | destination-hostname :宛先 IP アドレスまたはホスト名を指定します。

(任意) source-ip { ip-address | hostname } 発信元 IP アドレスまたはホスト名を指定します。発信元 IP アドレスまたはホスト名を指定しない場合、IP SLA は宛先に最も近い IP アドレスを選択します。

(任意) source-interface interface-id :動作に対するソース インターフェイスを指定します。

ステップ 4

frequency seconds

(任意)指定した IP SLA 動作の反復間隔を設定します。指定できる範囲は 1 ~ 604800 秒で、デフォルトは 60 秒です。

ステップ 5

exit

UDP ジッタ コンフィギュレーション モードを終了し、グローバル コンフィギュレーション モードに戻ります。

ステップ 6

ip sla schedule operation-number [ life { forever | seconds }] [ start-time { hh : mm [: ss ] [ month day | day month ] | pending | now | after hh:mm:ss ] [ ageout seconds ] [ recurring ]

個々の IP SLA 動作のスケジューリング パラメータを設定します。

operation-number :RTR エントリ番号を入力します。

(任意) life :動作の実行を無期限( forever )に指定するか、 数を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 2147483647 です。デフォルトは 3600 秒(1 時間)です。

(任意) start-time :情報の収集を開始する時刻を入力します。

特定の時刻に開始する場合は、時、分、秒(24 時間表記)、月日を入力します。月を入力しない場合、デフォルトは当月です。

pending と入力すれば、開始時刻を指定するまでは情報を収集しません。

now と入力すれば、すぐに動作を開始します。

after hh:mm:ss と入力すれば、指定した時刻の経過後に動作を開始します。

(任意) ageout seconds :情報を収集していないとき、メモリの動作を保存する秒数を指定します。指定できる範囲は 0 ~ 2073600 秒です。デフォルトは 0 秒(いつまでも保存する)です。

(任意) recurring :毎日、動作を自動的に実行します。

ステップ 7

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 8

show ip sla configuration [ operation-number ]

(任意)設定値を表示します。すべての IP SLA 動作のすべてのデフォルト値を表示する場合と、指定した動作だけを表示する場合があります。

ステップ 9

copy running-config startup-config

(任意)コンフィギュレーション ファイルに設定を保存します。

IP SLA 動作をディセーブルにするには、 no ip sla operation-number グローバル コンフィギュレーション コマンドを入力します。次に、ICMP エコー IP SLA 動作の設定例を示します。

Switch(config)# ip sla 12
Switch(config-ip-sla)# icmp-echo 172.29.139.134
Switch(config-ip-sla-echo)# frequency 30
Switch(config-ip-sla-echo)# exit
Switch(config)# ip sla schedule 5 start-time now life forever
Switch(config)# end
Switch# show ip sla configuration 22
IP SLAs, Infrastructure Engine-II.
 
Entry number: 12
Owner:
Tag:
Type of operation to perform: echo
Target address: 2.2.2.2
Source address: 0.0.0.0
Request size (ARR data portion): 28
Operation timeout (milliseconds): 5000
Type Of Service parameters: 0x0
Verify data: No
Vrf Name:
Schedule:
Operation frequency (seconds): 60
Next Scheduled Start Time: Pending trigger
Group Scheduled : FALSE
Randomly Scheduled : FALSE
Life (seconds): 3600
Entry Ageout (seconds): never
Recurring (Starting Everyday): FALSE
Status of entry (SNMP RowStatus): notInService
Threshold (milliseconds): 5000
Distribution Statistics:
Number of statistic hours kept: 2
Number of statistic distribution buckets kept: 1
Statistic distribution interval (milliseconds): 20
History Statistics:
Number of history Lives kept: 0
Number of history Buckets kept: 15
History Filter Type: None
Enhanced History:

IP SLA 動作のモニタリング

表 42-1 に示すユーザ EXEC コマンドまたは特権 EXEC コマンドを使用して、IP SLA 動作の設定と結果を表示します

 

表 42-1 IP SLA 動作のモニタリング

コマンド
目的

show ip sla application

Cisco IOS IP SLA のグローバル情報を表示します。

show ip sla authentication

IP SLA 認証情報を表示します。

show ip sla configuration [ entry-number ]

設定値を表示します。すべての IP SLA 動作のすべてのデフォルト値を表示する場合と、指定した動作だけを表示する場合があります。

show ip sla enhanced-history { collection-statistics | distribution statistics } [ entry-number ]

収集した履歴バケットの拡張履歴統計情報を表示します。あるいは、すべての IP SLA 動作または特定の動作に関する分散統計情報を表示します。

show ip sla ethernet-monitor configuration [ entry-number ]

IP SLA 自動イーサネット設定を表示します。

show ip sla group schedule [ schedule - entry-number ]

IP SLA グループ スケジューリング設定と個別情報を表示します。

show ip sla history [ entry-number | full | tabular ]

すべての IP SLA 動作に関して収集した履歴を表示します。

show ip sla mpls-lsp-monitor { collection-statistics | configuration | ldp operational-state | scan-queue | summary [ entry-number ] | neighbors }

MPLS Label Switched Path(LSP; ラベル スイッチド パス)ヘルス モニタ動作を表示します。

show ip sla reaction-configuration [ entry-number ]

すべての IP SLA 動作または特定の動作について、事前に設定したしきい値のモニタリングを表示します。

show ip sla reaction-trigger [ entry-number ]

すべての IP SLA 動作または特定の動作に関する反応トリガ情報を表示します。

show ip sla responder

IP SLA 応答側の情報を表示します。

show ip sla statistics [ entry-number | aggregated | details ]

現在のまたは集約した動作ステータスと統計情報を表示します。