会議 : Cisco Show and Share

Cisco MXA UCS M3 サーバ クイック スタート ハードウェア インストレーション ガイド

Cisco MXA UCS M3 サーバ クイック スタート ハードウェア インストレーション ガイド
発行日;2012/10/12 | 英語版ドキュメント(2012/10/11 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco MXA UCS M3 サーバ クイック スタート ハードウェア インストレーション ガイド

概要

制限:

技術仕様

設置の準備

規制の順守と安全に関する情報

設置環境の条件

輸送用カートンの内容

追加機器

ラックの取り付け

ライセンスの取得

のインストール

電源の投入と の設定

トラブルシューティング

リカバリ USB ドライブの使用

追加情報

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

Cisco MXA UCS M3 サーバ クイック スタート ハードウェア インストレーション ガイド

改訂版: 2012 年 6 月 29 日、OL-27298-01-J

 

Cisco MXA UCS M3 サーバは、Cisco UCS C220 サーバに類似したハードウェアを備え、Show and Share ソフトウェア リリース 5.3.10 または Digital Media Manager ソフトウェア リリース 5.3.10 をプリインストールして出荷されます。このソフトウェア リリースでは、Cisco MXA UCS M3 サーバへの新規インストールのみをサポートしています。古いハードウェアへのインストールや、古いハードウェアから新しいサーバへのファイルの移行を目的とした使用はできません。Show and Share バージョン 5.3.10 は、Show and Share 展開でのみ使用できます。

このマニュアルでは、サーバの前面と背面の図、ハードウェア機能の表、および設置手順と安全情報へのリンクを掲載しています。

初期設定を完了する方法については、Cisco.com で『 Cisco UCS C220 Server Installation and Service Guide』を参照してください。ライセンスの取得およびインストールについては、Cisco.com の『 Read Me First for Cisco Digital Media Manager 5.1 』を参照してください。

「概要」

「設置の準備」

「Cisco MXA UCS M3 ライセンスの取得」

「Cisco MXA UCS M3 のインストール」

「電源の投入と Cisco MXA UCS M3 の設定」

「トラブルシューティング」

「追加情報」

「マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート」

概要

このマニュアルの図 1 および図 2 にサーバ外面の機構の概要を示します。サーバ内部の機構については、Cisco.com の『 Cisco UCS C220 サーバ Installation and Service Guide 』の「 Maintaining the Server 」の章に説明があります。


) 交換可能な部品はハード ドライブと電源装置のみです。


図 1 に、サーバの前面パネルにある各種機構を示します。

図 1 Cisco MXA UCS M3 サーバの前面パネルにある機構

 

 

1

電源ボタン/電源ステータス LED

6

電源装置ステータス LED

2

ID ボタン/LED

7

ネットワーク リンク アクティビティ LED

3

システム ステータス LED

8

資産タグ(シリアル番号)

4

ファン ステータス LED

9

KVM コネクタ(USB 2 個、VGA 1 個、シリアル コネクタ 1 個を装備した KVM ケーブルを接続)

5

温度ステータス LED

10

ホット スワップ可能ドライブ(1 ~ 4 の各スロットに 2.5 インチ ドライブを 1 台ずつ合計 4 台装備、スロット 5 ~ 8 は空です)

図 2 に、サーバの背面パネルにある各種機構を示します。

図 2 Cisco MXA UCS M3 サーバの背面パネルにある機構

 

 

1

電源装置(2 台)

6

1 Gb イーサネット専用管理ポート

2

ライザー上のロープロファイル PCIe スロット 2
(ハーフハイト、ハーフレングス、x8 レーン)

7

デュアル 1 Gb イーサネット ポート
(LAN1 と LAN2)

3

ライザー上の標準プロファイル PCIe スロット
(フルハイト、ハーフレングス、x16 レーン)

8

USB ポート

4

VGA ビデオ コネクタ

9

背面 ID ボタン/LED

5

シリアル ポート(RJ-45 コネクタ)

-

表 1 に、このサーバの各種機能を示します。

 

表 1 Cisco MXA UCS M3 サーバの機能

シャーシ

1 ラックユニット(1RU)シャーシ
1.7 X 16.9 X 28.5 インチ (4.32 X 43 X 72.4 cm)

プロセッサ

Intel Xeon E5-2665 プロセッサ X 2

メモリ

DDR31 による 8 GB の低電圧 DIMM2 8 個により、合計 64 GB のメモリを搭載。

ベースボード管理

Cisco Integrated Management Controller(CIMC)ファームウェアを実行する統合 Emulex Pilot-3 ベースボード管理コントローラ(BMC)。

管理および制御に対応した IPMI 2.0。
10/100/1000 イーサネット アウトオブバンド管理インターフェイスを 1 個搭載。
自動化した停電時管理を可能にする CLI および Web GUI による管理ツール。

CIMC 設定によっては、1 Gb イーサネット専用管理ポートまたはデュアル 1 Gb イーサネット LOM ポートを使用して CIMC にアクセスできます。

ネットワークおよび管理 I/O

このサーバの背面パネルには次のコネクタがあります。

1 Gb イーサネット専用管理ポート X 1

1 Gb Base-T イーサネット ポート X 2

RS-232 シリアル ポート(RJ-45 コネクタ)X 1

15 ピン VGA3 コネクタ X 1

USB4 2.0 コネクタ X 2

USB4 2 個、VGA3 1 個、シリアル コネクタ 1 個を装備した付属 KVM5 ケーブルを接続する前面パネル KVM5 コネクタ X 1

前面パネルのロケータ LED

大規模なデータセンター環境で特定のサーバを直接管理する際に効果的なインジケータ ライト(X 1)。

電源

最大 2 台の電源装置、各 650 W。
1+1 の冗長構成。

冷却装置

ホットスワップ可能なファン モジュール(前面から背面に向かう冷却用)X 5。

PCIe I/O

ライザー上に設けた 2 個の第 3 世代 PCIe7 バックアップ ユニットを備えた LSI MegaRAID SAS9266-8i。RAID-5 を設定)および NIC8 カード(Broadcom 5709 クアッド ポート 1 Gb イーサネット)を装備しています。

ストレージ

ドライブは、ホットプラグ可能な前面パネル ドライブ ベイに搭載されています。小型フォーム ファクタ:このサーバは、2.5 インチ X 0.55 インチ(63.5 mm X 14mm)の SAS9 または SATA10 のハード ドライブあるいはソリッド ステート ドライブを 8 台まで収容できます。このサーバは、4 台のドライブを搭載して出荷されます。

ハード ディスクのオプション:10,000 RPM で動作する 2.5 インチ、600 GB SAS9 ハード ドライブ。

ディスク管理
(RAID)

LSI MegaRAID 9266-8i(RAID 5)

RAID バックアップ

LSI MegaRAID カードには、LSI バッテリ バックアップ ユニットが使用されています。

ビデオ

60 Hz で最大 1600 X 1200、16 bpp の解像度。最大 256 MB のビデオ メモリ。

1.DDR3 = ダブル データ レート、タイプ 3

2.DIMM = Dual Inline Memory Module(デュアル インライン メモリ モジュール)

3.VGA = Video Graphics Array(ビデオ グラフィックス アレイ)

4.USB = Universal Serial Bus(ユニバーサル シリアル バス)

5.KVM = Keyboard, Video, Mouse(キーボード、ビデオ モニタ、マウス)

8.NIC = ネットワーク インターフェイス カード

9.SAS = Serial Attached SCSI(シリアル接続 SCSI)

10.SATA = Serial Advanced Technology Attachment(シリアル ATA)

制限:

Cisco Show and Share および DMM ソフトウェア リリース 5.3.10 は、新しい Cisco MXA UCS M3 サーバへの新規インストールのみをサポートします。

Cisco MXA UCS M3 サーバは自動フェールオーバーをサポートしません。

Cisco MXA UCS M3 サーバは次をサポートしていません。

デジタル署名

デジタル メディア プレーヤー

Cisco Cast

Cisco Digital Media Designer

Cisco Digital Media Player Device Manager

技術仕様

Cisco MXA UCS M3 サーバの環境仕様および適合規格の詳細については、次の URL にある製品データ シートを参照してください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/prod/collateral/ps10265/ps10493/ps12369/data_sheet_c78-700626.html

設置の準備

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「設置環境の条件」

「規制の順守と安全に関する情報」

「輸送用カートンの内容」

「追加機器」

「ラックの取り付け」

規制の順守と安全に関する情報

法令準拠と安全性に関する詳しい情報については、Cisco.com の『 Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco UCS C-Series Servers 』を参照してください。

設置環境の条件

Cisco.com の『 Cisco UCS C220 Server Installation and Service Guide 』に記載されている要件を満たす設置場所を選択して準備します。

輸送用カートンの内容

Cisco MXA UCS M3 の取り付けに必要な部品がすべて揃っているかどうか、輸送用カートンの内容を確認します。

梱包資材は、再梱包が必要な場合に備えて保管しておいてください。部品の欠品または損傷が見つかった場合、シスコの担当者またはリセラーまでお問い合わせください。

輸送用カートンには、次のものが含まれています。

Cisco MXA UCS M3

キーボード、ビデオ モニタ、マウス(KVM)ケーブル

電源コード

製品マニュアルの URL および中国の RoHS 情報を記したカード

ソフトウェア リカバリ USB ドライブ


) Cisco MXA UCS M3 上のソフトウェアはプリインストールされています。ソフトウェア インストール用の CD や DVD は付属していません。付属の USB ドライブは、ソフトウェア リカバリ専用です。この USB ドライブを使用する場合は、Cisco Technical Assistance Center(TAC)までお問い合せください。


追加機器

次の追加機器が必要になります。

キーボード

モニタ

マウス(任意)

ラックの取り付け

Cisco MXA UCS M3 は、1 つのラック ユニット(1 U)を占有します。ラックへの設置手順については、『 Cisco UCS C220 Server Installation and Service Guide 』の「 Installing the Server 」の章を参照してください。

Cisco MXA UCS M3 ライセンスの取得

Cisco MXA UCS M3 サーバにプリインストールされているソフトウェアのロックを解除するには、ソフトウェア ライセンス キーが必要です。初期の設定を完了した後、Web ユーザ インターフェイス(UI)を使用してライセンスをインストールします。

Cisco MXA UCS M3 サーバの新しいライセンス キーを入手してインストールする方法については、Cisco.com の『 Read Me First for Cisco Digital Media Manager 5.1 』を参照してください。

Cisco MXA UCS M3 のインストール


注意 ラックの要件および設置手順については、『Cisco UCS C220 Server Installation and Service Guide』を参照してください。


警告 感電、火災、および装置への損傷を防ぐため、電話回線および通信用コネクタを RJ-45 コネクタに差し込まないでください。


すべての設置手順については、『 Cisco UCS C220 Server Installation and Service Guide 』の「 Installing the Server 」の章を参照してください。

電源の投入と Cisco MXA UCS M3 の設定

サーバの電源をオンにして設定する方法については、『 Cisco UCS C220 Server Installation and Service Guide 』の「 Installing the Server 」の章を参照してください。


) Cisco MXA UCS M3 については、『Cisco UCS C220 Server Installation and Service Guide』の「Connecting and Powering On the Server」の章の指示内容に対する例外があります。


例外

手順 3c では、 [Dedicated] オプションまたは [Shared LOM] オプションを選択して CIMC にアクセスします。


) Cisco MXA UCS M3 では、[Cisco Card] オプションはサポートされていません。


手順 4 では、CIMC にアクセスするために手順 3c で選択したオプションに対応した配線手順に従います。図 3 に印を付けて示した PCIe1 カード ポートに、別のイーサネット ケーブル(Show and Share 用または DMM 用)を接続します。

図 3 PCIe1 カードの詳細

 

トラブルシューティング

ハードウェアの障害については、シスコまたはシスコ認定リセラーまでお問い合わせください。それ以外の問題については、『 Cisco UCS C-Series Servers Troubleshooting Guide 』を参照してください。

リカバリ USB ドライブの使用


) ソフトウェア リカバリ USB ドライブを使用する場合は、Cisco Technical Assistance Center(TAC)までお問い合せください。


サーバにプリインストールされていたソフトウェアを回復する手順は次のとおりです。


ステップ 1 サーバの電源をオンにし、F6 キーを押してブート オプションを表示します。

ステップ 2 ブート オプションのリストから USB ドライブを選択し、Enter キーを押して USB ドライブからサーバを起動します。


ヒント ブート オプションのリストで USB ドライブを見つけるには、Unigen(ドライブの製造業者の名前)を探します。


 

追加情報

Cisco.com で Cisco MXA UCS M3 のすべてのマニュアルを見つけるには、次の URL に移動します。

http://www.cisco.com/en/US/products/ps10493/tsd_products_support_series_home.html

このマニュアルの最新バージョンは、次の URL から入手できます。

マニュアルの入手方法およびテクニカル サポート

マニュアルの入手方法、テクニカル サポート、その他の有用な情報について、次の URL で、毎月更新される『 What's New in Cisco Product Documentation 』を参照してください。シスコの新規および改訂版の技術マニュアルの一覧も示されています。

http://www.cisco.com/en/US/docs/general/whatsnew/whatsnew.html

What's New in Cisco Product Documentation 』は RSS フィードとして購読できます。また、リーダー アプリケーションを使用してコンテンツがデスクトップに直接配信されるように設定することもできます。RSS フィードは無料のサービスです。シスコは現在、RSS バージョン 2.0 をサポートしています。