Cisco IE 2000 スイッチ ソフトウェア コンフィギュレーション ガイド Cisco IOS Release 15.0(2)EB
SDM テンプレートの設定
SDM テンプレートの設定
発行日;2013/10/29 | 英語版ドキュメント(2012/07/20 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

SDM テンプレートの設定

機能情報の確認

SDM テンプレートの設定の前提条件

SDM テンプレートの設定に関する制約事項

SDM テンプレートの設定に関する情報

SDM テンプレート

デュアル IPv4/IPv6 SDM デフォルト テンプレート

スイッチ SDM テンプレート機能の設定方法

SDM テンプレートの設定

SDM テンプレートのモニタリングおよびメンテナンス

SDM テンプレートの設定例

デュアル IPv4/IPv6 デフォルト テンプレート設定:例

その他の関連資料

関連資料

標準

MIB

RFC

シスコのテクニカル サポート

SDM テンプレートの設定

機能情報の確認

ご使用のソフトウェア リリースでは、この章で説明されるすべての機能がサポートされているとは限りません。最新の機能情報と注意事項については、ご使用のプラットフォームとソフトウェア リリースに対応したリリース ノートを参照してください。

プラットフォームのサポートおよびシスコ ソフトウェア イメージのサポートに関する情報を検索するには、Cisco Feature Navigator を使用します。Cisco Feature Navigator には、http://www.cisco.com/go/cfn からアクセスします。Cisco.com のアカウントは必要ありません。

SDM テンプレートの設定の前提条件

設定された SDM テンプレートを適用でするには、 reload 特権 EXEC コマンドを入力する必要があります。

SDM テンプレートの設定に関する制約事項

IPv6 ルーティングをサポートするには、スイッチで LAN Base イメージを実行している必要があります。

SDM テンプレートの選択と設定を行う際、設定を有効にするため、スイッチをリロードする必要があります。

デュアル IPv4/IPv6 テンプレートを最初に選択しないで IPv6 機能を設定しようとすると、警告メッセージが生成されます。

デュアル スタック テンプレートを使用すると、リソースごとに使用可能な TCAM 容量が少なくなるため、IPv4 トラフィックだけを転送する場合は、このテンプレートを使用しないでください。

SDM テンプレートの設定に関する情報

SDM テンプレート

ネットワークでのスイッチの使用状況に応じて、SDM テンプレートを使用して、特定の機能に対するサポートを最適化するようにスイッチのシステム リソースを設定できます。

一部の機能にシステムを最大限に利用させるようにテンプレートを選択したり、デフォルト テンプレートを使用してリソースを均衡化することができます。

Ternary CAM(TCAM)リソースをさまざまな用途に割り当てるために、スイッチ SDM テンプレートはシステム リソースにプライオリティを設定して、特定の機能のサポートを最適化します。LAN Base イメージを実行すると、次の機能を最適化するために SDM テンプレートを選択することができます。

デフォルト:デフォルト テンプレートでは、レイヤ 2 のすべての機能に対してリソースを均衡化します。

デュアル IPv6 および IPv6:デュアル スタック環境でスイッチを使用できるようになります(IPv4 と IPv6 の両方をサポート)。

LAN Base ルーティング:ルーティング テンプレートは、一般的に、ネットワークの中心にあるルータまたはアグリゲータで必要となります。IPv4 ユニキャスト ルーティングに対して、システム リソースを最大化します。

「デュアル IPv4/IPv6 SDM デフォルト テンプレート」を参照してください。


) LAN Lite イメージを実行するスイッチはデフォルト SDM テンプレートだけをサポートします。


 

表 11-1 IPv4 テンプレートによって許容される機能リソースの概算

リソース
デフォルト

ユニキャスト MAC アドレス

12 K

インターネット グループ管理プロトコル(IGMP)グループおよびマルチキャスト ルート

1 K

IPv4 ユニキャスト ルート

0

ポリシーベース ルーティング アクセス コントロール エントリ(ACE)

0

IPv4 または MAC QoS ACE

0.75 K

IPv4 または MAC セキュリティ ACE

1 K

 

表 11-2 各テンプレートに割り当てられた機能のリソースの概算

リソース
デフォルト
QoS
ルーティング

ユニキャスト MAC アドレス

8 K

8 K

2 K

IGMP グループとマルチキャスト ルート

256

256

1 K

ユニキャスト ルート

0

4 K

ホストに直接接続

0

2 K

間接ルート

0

2 K

ポリシーベース ルーティング ACE

0

512

QoS 分類 ACE

375

625

625

セキュリティの ACE

375

125

375 K

Layer 2 VLANs

1 K

1 K

1 K

表の最初の 8 行(ユニキャスト MAC アドレスからセキュリティ ACE まで)は、各テンプレートが選択されたときに設定されるハードウェアのおおよその限度を表します。ハードウェア リソースのある部分がいっぱいの場合は、処理のオーバーフローはすべて CPU に送られ、スイッチのパフォーマンスに重大な影響が出ます。最後の行は、スイッチのレイヤ 2 VLAN の数に関連するハードウェア リソース消費量を計算するための目安です。

デュアル IPv4/IPv6 SDM デフォルト テンプレート

IP バージョン 6(IPv6)スイッチングをサポートするために SDM テンプレートを選択できます。IPv6 の詳細および IPv6 ルーティングの設定手順については、「スタティック IP ユニキャスト ルーティングの設定」を参照してください。

このソフトウェア リリースは、IPv6 トラフィック転送時に Policy-Based Routing(PBR)をサポートしません。 dual-ipv4-and-ipv6 routing テンプレートが設定されている場合に限り、このソフトウェアは IPv4 PBR をサポートします。

デュアル IPv4/IPv6 テンプレートを使用することにより、(IPv4 と IPv6 の両方をサポートする)デュアル スタック環境でスイッチを使用できるようになります。デュアルスタック テンプレートを使用すると、各リソースで使用可能な TCAM 容量が少なくなります。IPv4 トラフィックだけを転送する場合は、このテンプレートを使用すべきではありません。

次に示す SDM テンプレートは、IPv4 および IPv6 環境をサポートしています。

デュアル IPv4/IPv6 デフォルト テンプレート:IPv4 の場合はレイヤ 2、QoS、および ACL をサポートし、IPv6 の場合は、レイヤ 2、IPv6 ホスト、および ACL をサポートします。

デュアル IPv4/IPv6 ルーティング テンプレート:IPv4 の場合は、レイヤ 2、マルチキャスト、ルーティング(ポリシーベース ルーティングを含む)、QoS、および ACL をサポートし、IPv6 の場合はレイヤ 2、ルーティング、および ACL をサポートします。


) IPv4 ルートに必要なのは、1 つの TCAM エントリだけです。IPv6 ではハードウェア圧縮方式が使用されるため、IPv6 ルートは複数の TCAM エントリを使用することができ、ハードウェアで転送されるエントリ数が削減されます。たとえば、IPv6 によって直接接続された IP アドレスの場合、デスクトップ テンプレートで使用可能なエントリ数は 2000 未満になります。


 

表 11-3 デュアル IPv6/IPv6 テンプレートによって許容される機能リソースの概算1

リソース
IPv4 および IPv6 のデフォルト
IPv4 および IPv6 のルーティング

ユニキャスト MAC アドレス

8 K

1 K

IPv4 IGMP グループおよびマルチキャスト ルート

0.25 K

0. 5 K

IPv4 ユニキャスト ルートの合計:

0

2 K

IPv4 ホストに直接接続

0

1 K

間接 IPv4 ルート

0

1 K

IPv6 マルチキャスト グループ

0.375 K

0.625 K

IPv6 ユニキャスト ルートの合計:

0

1.375 K

直接接続された IPv6 アドレス

0

1 K

間接 IPv6 ユニキャスト ルート

0

0.375 K

IPv4 ポリシー ベース ルーティング ACE

0

0.125 K

IPv4 または MAC QoS ACE(合計)

0.375 K

0.375 K

IPv4 または MAC セキュリティの ACE(合計)

0.375 K

0.125 K

IPv6 ポリシー ベース ルーティング ACE2

0

0.125 K

IPv6 QoS ACE

0

0.125 K

IPv6 セキュリティの ACE

0.125 K

0.125 K

1.この見積もりには、8 つのルーテッド インターフェイス、約 1000 個の VLAN が設定されたスイッチを使用しています。

2.IPv6 ポリシーベース ルーティングはサポートされません。

スイッチ SDM テンプレート機能の設定方法

SDM テンプレートの設定

 

コマンド
目的

ステップ 1

configure terminal

グローバル コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

sdm prefer { default | dual-ipv4-and-ipv6 { default } | lanbase-routing }

スイッチで使用する SDM テンプレートを指定します。

default :すべての機能に均等にリソースを割り当てます。

dual-ipv4-and-ipv6 :IPv4/IPv6 ルーティングの両方をサポートするテンプレートを選択します。

default :IPv4/IPv6 のレイヤ 2 機能を均衡化します。

lanbase-routing :スイッチでの IPv4 ルーティングを最大化します。

スイッチをデフォルト テンプレートに設定するには、 no sdm prefer コマンドを使用します。デフォルト テンプレートは、システム リソースを均等に割り当てます。

ステップ 3

end

特権 EXEC モードに戻ります。

ステップ 4

reload

オペレーティング システムをリロードします。

SDM テンプレートのモニタリングおよびメンテナンス

次に、 show sdm prefer default コマンドの出力例を示します。

Switch# show sdm prefer default
"default" template:
The selected template optimizes the resources in
the switch to support this level of features for
0 routed interfaces and 1024 VLANs.
 
number of unicast mac addresses: 8K
number of IPv4 IGMP groups: 0.25K
number of IPv4/MAC qos aces: 0.375k
number of IPv4/MAC security aces: 0.375k
 

次に、 show sdm prefer dual-ipv4-and-ipv6 default コマンドの出力例を示します。

Switch# show sdm prefer dual-ipv4-and-ipv6 default
"dual-ipv4-and-ipv6 default" template:
The selected template optimizes the resources in
the switch to support this level of features for
0 routed interfaces and 1024 VLANs.
 
number of unicast mac addresses: 7.5K
number of IPv4 IGMP groups + multicast routes: 0.25K
number of IPv4 unicast routes: 0
number of IPv6 multicast groups: 0.375k
number of directly-connected IPv6 addresses: 0
number of indirect IPv6 unicast routes: 0
number of IPv4 policy based routing aces: 0
number of IPv4/MAC qos aces: 0.375k
number of IPv4/MAC security aces: 0.375k
number of IPv6 policy based routing aces: 0
number of IPv6 qos aces: 0
number of IPv6 security aces: 0.125k
 

次に、 show sdm prefer lanbase-routing コマンドの出力例を示します。

 
Switch# show sdm prefer lanbase-routing
"lanbase-routing" template:
The selected template optimizes the resources in
the switch to support this level of features for
8 routed interfaces and 1005 VLANs.
 
number of unicast mac addresses: 4K
number of IPv4 IGMP groups + multicast routes: 0.25K
number of IPv4 unicast routes: 4.25K
number of directly-connected IPv4 hosts: 4K
number of indirect IPv4 routes: 0.25K
number of IPv4 policy based routing aces: 0
number of IPv4/MAC qos aces: 0.375k
number of IPv4/MAC security aces: 0.375k

SDM テンプレートの設定例

デュアル IPv4/IPv6 デフォルト テンプレート設定:例

次に、デスクトップ スイッチに IPv4/IPv6 デフォルト テンプレートを設定する例を示します。

Switch(config)# sdm prefer dual-ipv4-and-ipv6 default
Switch(config)# exit
Switch# reload
Proceed with reload? [confirm]

その他の関連資料

ここでは、スイッチ管理に関する参考資料について説明します。

関連資料

関連項目
マニュアル タイトル

Cisco IE 2000 コマンド

Cisco IE 2000 Switch Command Reference , Release 15.0(1)EY』

Cisco IOS 基本コマンド

『Cisco IOS Configuration Fundamentals Command Reference』

標準

標準
タイトル

この機能でサポートされる新規の標準または変更された標準はありません。また、既存の標準のサポートは変更されていません。

--

MIB

MIB
MIB のリンク

--

Cisco IOS XR ソフトウェアを使用して MIB を検索およびダウンロードするには、 http://cisco.com/public/sw-center/netmgmt/cmtk/mibs.shtml にある Cisco MIB Locator を使用し、[Cisco Access Products] メニューからプラットフォームを選択します。

RFC

RFC
タイトル

この機能によりサポートされた新規 RFC または改訂 RFC はありません。またこの機能による既存 RFC のサポートに変更はありません。

--

シスコのテクニカル サポート

説明
リンク

シスコのテクニカル サポート Web サイトでは、製品、テクノロジー、ソリューション、技術的なヒント、およびツールへのリンクなどの、数千ページに及ぶ技術情報が検索可能です。Cisco.com に登録済みのユーザは、このページから詳細情報にアクセスできます。

http://www.cisco.com/en/US/support/index.html