コラボレーション エンドポイント : Cisco Virtualization Experience Client 6000 ????

FAQ:Cisco UC Integration for Microsoft Lync 8.6 および Voice and Video Firmware 8.6 for Cisco Virtualization Experience Client 6215

FAQ
発行日; 2012/11/12 |  ドキュメントご利用ガイド |ダウンロード ;   この章 pdf   |   フィードバック


Frequently Asked Questions

FAQ


Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync とは何ですか。

A. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync は、Microsoft Lync または Microsoft Office Communicator ウィンドウの下部にペインを追加します。Cisco UC ペインを使用して次の作業を実行できます。

  • 会議コールの発信、コールの転送
  • 会議の開始(1 名または複数名との通話、ドキュメントの共有が可能)
  • ボイス メッセージを視覚的に確認

また、Click to Call 機能を使用した、他のアプリケーションからの通話の発信とビデオ コールの発信も可能です。

この FAQ で取り上げている Cisco UC Integration for Microsoft Lync の機能の一部は、環境によって使用できないことがあります。

この FAQ に掲載された画像は、Microsoft Lync と統合された場合を示しています。この FAQ で注記されている場合を除き、Microsoft Office Communicator との統合の場合も同様の外観になります。

Q. 

Cisco Virtualization Experience Client 6215 とは何ですか。

A. 

Cisco Virtualization Experience Client 6215 はシン クライアントであり、エンタープライズ環境に適した、マルチメディア対応のデスクトップ PC および電話機に取って代わるものです。Cisco Virtualization Experience Client 6215 があると、Cisco UC Integration for Microsoft Lync を仮想環境で使用できます。

次の画像は、Cisco UC Integration for Microsoft LyncMicrosoft Lync に統合された状態のときに、Cisco Virtualization Experience Client 6215 のディスプレイに表示されるコンポーネントを示したものです。

図 1. Cisco Virtualization Experience Client 6215 のディスプレイ



説明
1

Microsoft Lync

2

[Cisco UC カンバセーション] ウィンドウ

3

コール ストリップ

4

ビデオ ウィンドウ

5

デバイス セレクタ

6

Cisco UC ペイン

基本事項


Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync は、Microsoft のどのインスタント メッセージング アプリケーションと連動しますか。

A. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync は次のアプリケーションと連動します。

  • Microsoft Lync
  • Microsoft Office Communicator

Cisco UC Integration for Microsoft Lync は、この FAQ で注記されている場合を除き、これらの各アプリケーションと同じ方法で動作します。

Q. 

Cisco UC ペインの各アイコンにはどのような機能がありますか。

A. 

次の図は、Microsoft Lync ウィンドウの下部に表示された Cisco UC ペインを示したものです(番号 1 を参照)。



項目 説明

領域 1

ここが Cisco UC ペインです。Cisco UC Integration for Microsoft Lync はこのペインから使用します。

領域 2

コールを発信するには、Microsoft Lync ウィンドウで連絡先を選択して、この領域にドラッグします。

会議コールを開始するには、複数の連絡先を選択して、この領域にドラッグします。

このアイコンをクリックすると、ビジュアル ボイスメールにメッセージが表示されるか、ボイスメール サービスにコールします。新規メッセージがある場合、アイコンに新規メッセージの件数が表示されます。

(注)     

アカウントがビジュアル ボイスメール用にセットアップされている場合にのみ、このアイコンが表示されます。

このアイコンをクリックすると、ボイスメール サービスにコールします。新規メッセージがない場合、このアイコンはグレー表示されます。

このアイコンは、次の条件に該当する場合にのみ表示されます。

  • アカウントがビジュアル ボイスメール用にセットアップされていない。
  • [ボイスメール ボタンを選択したときの動作] オプションが [自分のボイスメール サービスにコール] に設定されている。
(注)      Microsoft Office Communicator を使用している場合、このアイコンは赤い封筒の形で表示されます。

このアイコンをクリックすると、発着信および不在着信したすべてのコール、ならびに参加したすべての会議コールのリストが表示されます。アイコンに表示される数字は、新しい不在着信コールの件数を示します。

クリックすると、Cisco UC Integration for Microsoft Lync の設定を変更できます。

クリックすると、電話番号のダイヤルに使用できるキーパッドが開きます。

ステータス バー

ステータス バーは、Cisco UC ペインの下部にあります。ステータス バーには、ユーザ ID とステータス インジケータが表示されます。

Q. 

ステータス バーのアイコンは何を示しているのですか。

A. 

アイコン 説明

自分の電話と回線を共有しているデスクの電話にアクティブ コールがあります。

コール転送が有効になっています。コール転送のオプションを変更する場合は、このアイコンをクリックします。

エラーが発生しています。エラーの詳細情報を確認する場合は、このアイコンをクリックします。

Q. 

会話ウィンドウとは何ですか。

A. 

会話ウィンドウは、コールの発信または応答、会議コールの開始または参加、およびボイス メッセージ サービスへのコールを行ったときに表示されます。

会話ウィンドウには、発信者の名前または番号、コールの時間など、コールに関する情報が表示されます。このウィンドウには、アクティブ コールの操作に使用できるツールバーも含まれています。

Q. 

会話ウィンドウの各アイコンにはどのような機能がありますか。

A. 



アイコン

説明

クリックすると、コールが終了します。

クリックすると、コールが保留されます。コールを再開するには、このアイコンをもう一度クリックします。

(注)     

コールを保留にすると、このアイコンの位置が変化します。

クリックすると、数字または文字の入力に使用できるキーパッドが開きます。このキーパッドを使用して、PIN の入力、数字のパスワードの入力、テレフォニー ユーザ インターフェイス付きアプリケーションの操作などを実行できます。

ドロップダウン矢印をクリックするとメニューが開き、そこから、第三者のコールへの追加、コールの転送、コールの保留または再開、インスタント メッセージの送信、コールの終了などを実行できます。

Q. 

コール ストリップの各アイコンにはどのような機能がありますか。

A. 

コール ストリップのアイコンは、コール中に次のオーディオおよびビデオ機能を制御します。

アイコン

説明

クリックすると、ビデオの追加要求をオーディオ コールの他の参加者に送信します。このアイコンは、オーディオのみのコール中に限り表示されます。

クリックすると、ビデオ コールからビデオが削除されます。このアイコンは、ビデオ コール中か、ビデオの追加要求を送信した後にのみ表示されます。クリックすると、ビデオの追加要求がキャンセルされます。

クリックすると、こちら側のオーディオがミュートになり、アクティブ コールの通話相手にこちらの声が聞こえなくなります。

クリックすると、アクティブ コールのこちら側のビデオの送信が一時停止されます。コールでビデオの送信を再開するには、このアイコンをもう一度クリックします。このアイコンは、アクティブ コールがビデオ コールではない場合、グレー表示になります。

(注)     

こちら側のビデオの送信を一時停止した後でも、コールの通話相手からのビデオは引き続き受信します。

クリックすると、ボリューム コントロールが開きます。ボリューム コントロール スライダを使用して、コールのボリュームを調整します。

(注)     

Cisco Virtualization Experience Client では、デスクトップ セッションの間、ボリューム設定が記憶されます。次回サインインしたとき、ボリューム設定はデフォルトのレベルに戻ります。

クリックすると、コールが終了します。

(注)     

このアイコンは、Cisco Virtualization Experience Client と Windows セッションの間で接続に失敗した場合にのみ、コール ストリップに表示されます。

Q. 

アイコンにマウスを重ねると、ヘルプが表示されますか。

A. 

はい。マウスをアイコンに重ねると、簡単な説明が表示されます。

Q. 

コール ストリップを移動させるにはどうすればよいですか。

A. 

コール ストリップは常に最上部に表示され、画面の左端か右端のいずれかに固定されます。

コール ストリップを画面の左端に移動させるには、コール ストリップを右クリックして、[メニューを画面の左側に表示] を選択します。

コール ストリップを画面の右端に移動させるには、コール ストリップを右クリックして、[メニューを画面の右側に表示] を選択します。

Q. 

デバイス セレクタとは何ですか。

A. 

デバイス セレクタとは、カメラ デバイスとオーディオ デバイスの管理に使用できるメニューです。現在アクティブになっているカメラ デバイスとオーディオ デバイスを表示したり、変更したりすることができます。メニューには、最初にカメラがアルファベット順にリスト表示され、続けてオーディオ デバイスがアルファベット順にリスト表示されます。オーディオ デバイスのリストには、シン クライアントに組み込まれたオーディオ デバイスも含まれます。アクティブにするカメラ デバイスとオーディオ デバイスを選択すると、それはすべてのアプリケーションに適用されます。

デバイス セレクタのアイコン()は、通知領域に表示されます。

Q. 

アクティブなカメラやヘッドセットの表示方法を教えてください。

A. 

通知領域にある をポイントして、アイコンに重ねます。

Q. 

アクティブなカメラやヘッドセットの変更方法を教えてください。

A. 

[デバイス セレクタ] メニューを使用して、別のアクティブなカメラやヘッドセットを選択します。

  1. 通知領域にある をクリックします。 アクティブなデバイスにはチェックマークが付いています。
  2. 目的のデバイス(カメラまたはオーディオ)をクリックすると、アクティブになります。
  3. [デバイス セレクタ] メニュー以外の場所をクリックして、メニューを閉じます。

Q. 

ビデオ ウィンドウを移動させるにはどうすればよいですか。

A. 

ビデオ ウィンドウは、ディスプレイ上の任意の場所にドラッグできます。ビデオ ウィンドウは、コール ストリップを除いて、常にどのウィンドウよりも前面に表示されます。


(注)  


Cisco Virtualization Experience Client では、デスクトップ セッションの間、ビデオ ウィンドウの位置が記憶されます。次に Windows にサインインしたとき、ビデオ ウィンドウはディスプレイの中央のデフォルトの位置に戻ります。


Q. 

ビデオ ウィンドウのサイズを変更するにはどうすればよいですか。

A. 

ビデオ ウィンドウのサイズは変更できません。ビデオの解像度は、シン クライアントの品質および性能に応じてあらかじめ最適化されています。ビデオ解像度は、毎秒 15 フレームの 352 x 288 Common International Format(CIF)に固定されています。

Q. 

複数のコールを操作するにはどうすればよいですか。

A. 



複数のコールと通話中の場合、すべてのコールが会話ウィンドウに表示されます。上の図は、Henry Chu からのコールと Alex Popov からのコール(2 つともオーディオのみのコール)があることを示しています。Henry Chu からのコールは保留中です。1 つのコールしかアクティブにできないため、他のすべてのコールは保留になります。

Q. 

コールをアクティブ コールにするにはどうすればよいですか。

A. 

  1. 会話ウィンドウでコールを選択します。
  2. をクリックして、コールを再開します。

コールをアクティブ コールにすると、次のイベントが発生します。

  • アクティブにしたコールでは、発信者の下にコール ツールバーが表示され、コールが明るい色で表示されます。
  • アクティブでなくなったコールでは、コール ツールバーが表示されなくなります。アクティブでないコールはすべて保留になります。

Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync の使用時には、Microsoft Lync のどの機能を使用できますか。

A. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync では、次の Microsoft Lync 機能を使用できます。
  • プレゼンス ステータス
  • インスタント メッセージング
  • アクティビティ フィード
  • 会話リスト

Q. 

オンライン ヘルプを開くにはどうすればよいですか。

A. 

Microsoft Lync

  1. Microsoft Lync ウィンドウのドロップダウン矢印 をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC の FAQ] を選択します。

Microsoft Office Communicator

  1. Microsoft Office Communicator のタイトルバーで をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC の FAQ] を選択します。

セットアップ


Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync の起動方法を教えてください。

A. 

Microsoft Office Communicator または Microsoft Lync を起動すると、Cisco UC Integration for Microsoft Lync が自動的に起動します。

Microsoft Office Communicator

  1. Microsoft Office Communicator のタイトル バーにある をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC の開始] を選択します。

Microsoft Lync

  1. Microsoft Lync のタイトルバーにある をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC の開始] を選択します。

Q. 

コールの発信前に Cisco UC Integration for Microsoft Lync にサインインする必要はありますか。

A. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync にサインインする必要があるかどうかは、管理者が Cisco Unified Communications System をどのようにセットアップしているかにより異なります。サインインの必要がある場合は、自動的にサインインするように Cisco UC Integration for Microsoft Lync を設定できます。

Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync へのサインインに必要なものは何ですか。

A. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync にサインインするときには、次の情報が必要になります。
  • Microsoft Office Communicator または Microsoft Lync のユーザ アカウント
  • Cisco UC Integration for Microsoft Lync のユーザ アカウント
  • 要求される認証コード(通話に Cisco Virtualization Experience Client を使用するときのためにシステムにセキュリティが実装されている場合)

上記の情報が不明の場合は、システム管理者にお問い合わせください。

Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync にサインインする方法を教えてください。

A. 

Cisco Unified Communications System のセットアップ環境によっては、Cisco UC Integration for Microsoft Lync に自動的にサインインできる場合があります。

重要:

管理者の設定に応じて、認証コードの入力が必要になる場合があります。プロンプトが表示され、必要なコードを知らされていない場合は、システム管理者にお問い合わせください。間違ったコードを入力した場合、プロンプトが表示されますので、コードを入力して [再サインイン] をクリックしてください。

  1. ユーザ ID とパスワードを入力します。 デフォルトのユーザ ID は、Microsoft Office Communicator または Microsoft Lync のユーザ名です。
  2. (オプション)[詳細情報の保存] を選択します。これは、次回のサインインに備えてユーザ ID とパスワードを Cisco UC Integration for Microsoft Lync に記憶させておく場合に使います。
  3. [サインイン] をクリックします。
  4. 初めてサインインしたときに、プロンプトが表示されたら、[認証コードの入力] フィールドに認証コードを入力します。
  5. [サインイン] をクリックします。

Q. 

自動的にサインインするように Cisco UC Integration for Microsoft Lync を設定する方法を教えてください。

A. 

Cisco Unified Communications System のセットアップ環境によっては、自動的にサインインするように Cisco UC Integration for Microsoft Lync をセットアップできる場合があります。

重要:

Cisco UC Integration for Microsoft Lync へのサインイン時に、[詳細情報の保存] を選択する必要があります。このオプションが設定されているかどうか不明な場合は、アプリケーションからサインアウトし、このオプションを選択した状態で再度サインインします。

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。 
  2. [全般] をクリックしてから、[Microsoft Lync または Microsoft Office Communicator と同時に Cisco UC にサインイン] を選択します。
  3. [OK] をクリックします。

Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync からサインアウトする方法を教えてください。

A. 

アプリケーションの使用をやめるには、Cisco UC Integration for Microsoft Lync からサインアウトします。

Microsoft Office Communicator

  1. Microsoft Office Communicator のタイトル バーにある をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC からのサインアウト] を選択します。

Microsoft Lync

  1. Microsoft Lync のタイトルバーにある をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC からのサインアウト] を選択します。

Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync の停止方法を教えてください。

A. 

アプリケーションを終了するには、Cisco UC Integration for Microsoft Lync を停止します。

Microsoft Office Communicator

  1. Microsoft Office Communicator のタイトル バーにある をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC の停止] を選択します。

Microsoft Lync

  1. Microsoft Lync のタイトルバーにある をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC の停止] を選択します。

Q. 

電話を選択する必要はありますか。

A. 

いいえ。Cisco Virtualization Experience Client モードでは、サインイン時に Cisco Virtualization Experience Client が電話設定を取得します。このモードの場合、シン クライアントが、使える電話として機能する唯一のデバイスになります。[デバイスの選択] ダイアログボックスにはこのデバイスしか表示されず、別の電話を選択することはできません。

Q. 

ヘッドセットやカメラのセットアップ方法を教えてください。

A. 

コールを発信する前に、まずサポートされている USB カメラのプラグを接続し、次にサポートされている USB ヘッドセットのプラグを接続します。

Q. 

コールでビデオを使用するかどうかを設定しておく方法を教えてください。

A. 

ビデオの使用の有無を事前に設定しておくことができます。この設定は、発着信するすべてのコールに適用されます。

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。 
  2. [ビデオ] をクリックします。
  3. いずれかのオプションを選択します。
メニュー オプション 説明
ビデオの送受信を行う

すべてのコールをビデオ コールとして開始します。

ビデオの受信のみを行う(ビデオの送信は行わない)

すべてのコールをビデオ コールとして開始しますが、こちらからのビデオは一時停止にします。

ビデオの送受信を行わない(オーディオのみ)

すべてのコールをオーディオのみで開始します。

Q. 

ビデオ品質を最適化するにはどうすればよいですか。

A. 

ビデオの解像度は、シン クライアントの品質および性能に応じてあらかじめ最適化されています。

Q. 

HD ビデオを送信するにはどうすればよいですか。

A. 

Cisco Virtualization Experience Client モードのビデオ解像度は、毎秒 15 フレームの 352 x 288 Common International Format(CIF)に固定されています。HD ビデオは、Cisco Virtualization Experience Client モードではサポートされていません。

Q. 

Microsoft Lync または Microsoft Office Communicator を使用しなくても、Cisco UC Integration for Microsoft Lync を使うことはできますか。

A. 

Microsoft Lync Server に障害が発生した場合、Microsoft のインスタント メッセージング アプリケーションから独立して Cisco UC Integration for Microsoft Lync を使用できます。プレゼンス ステータスやインスタント メッセージなど、Microsoft Lync または Microsoft Office Communicator の機能は使えません。

アクティブ コールがある間に Microsoft Lync Server で障害が発生した場合、メッセージが表示されます。Cisco UC ペインは別のウィンドウに表示され、コールの発着信は引き続き可能です。Microsoft Lync Server が再起動すると、Cisco UC ペインMicrosoft Lync または Microsoft Office Communicator ウィンドウに再接続します。

コール


コールの受発信

Q. 

コールの発信方法を教えてください。

A. 

Microsoft Office Communicator のウィンドウで連絡先を右クリックして、ポップアップ メニューから [コールの発信] を選択します。

すべてのコールで、ビデオの送受信は [Cisco UC オプション] > [ビデオ] ウィンドウで選択された設定に従って行われます。

Q. 

コールを発信する別の方法はありますか。

A. 

コールを発信するには、次のいずれかの方法を使用できます。

  • コールする連絡先を、Cisco UC ペインのコール領域にドラッグします。 社内ディレクトリに連絡先の番号が複数リストされている場合は、ダイアログボックスが表示されます。ダイアログボックスから、コールする番号を選択します。
  • コールする連絡先の名前の一部を、Microsoft Office Communicator の検索ボックスに入力します。一致する連絡先が検索結果に表示されます。連絡先を右クリックして、ポップアップ メニューから [コールの発信] を選択します。
  • Microsoft Lync または Microsoft Office Communicator の検索ボックスに、コールする番号を入力します。番号が検索結果に表示されます。番号を右クリックして、ポップアップ メニューから [コールの発信] を選択します。
  • をクリックします。コールする番号を入力して、[コール] をクリックします。
  • をクリックします。会話履歴のエントリを右クリックして [コールの発信] を選択するか、コールするエントリをダブルクリックします。

アプリケーションの画面内からコールを発信することもできます。


(注)  


Web ブラウザからコールを発信することはできません。


Q. 

[コールの発信] を選択した後に、インスタント メッセージ ウィンドウが表示されるのはなぜですか。

A. 

連絡先を右クリックして [コールの発信] を選択すると、インスタント メッセージ ウィンドウが表示されます。これは正常な動作であり、Microsoft Lync または Microsoft Office Communicator と統合されているために発生する現象です。

Q. 

コールへの応答方法を教えてください。

A. 

着信コールがあると、通知ウィンドウが表示されます。

ボタン 説明
着信コールに応答します
コールをボイスメールに転送します

(注)  


すべてのコールで、ビデオの送受信は [Cisco UC オプション] > [ビデオ] ウィンドウで選択された設定に従って行われます。

ビデオ機能がある場合、デフォルトの設定は [ビデオの送受信を行う] です。


Q. 

コールを保留または再開するにはどうすればよいですか。

A. 

  1. 会話ウィンドウでコールを選択します。 コールがハイライトされます。
  2. コールを保留するには、 をクリックします。 コールを再開するには、このアイコンをもう一度クリックします。

Q. 

コールの終了方法を教えてください。

A. 

をクリックします。

保留中のコールを終了する場合は、その前にコールを再開する必要があります。

Q. 

ビデオ設定が [オーディオのみ] に設定されています。ビデオをアクティブ コールに追加できますか。

A. 

コール ストリップにある をクリックしてビデオの追加要求を送信します。または、着信したビデオ追加要求を承認します。


(注)  


コールの相手は、ビデオの追加要求を承認するかどうか選択できます。承認されなければ、オーディオのみで続行されます。


Q. 

ビデオの追加要求とは何ですか。

A. 

オーディオのみのコール中にいつでも、コールの相手はビデオの送信開始の要求を送ることができます。ビデオ追加要求のダイアログボックスが画面に表示されます。

ボタン 説明
ビデオを承認する コールにビデオを追加します
オーディオのみで続行する ビデオの追加要求を却下します

Q. 

アクティブなビデオ コールでカメラからのビデオ送信を一時停止できますか。

A. 

はい。コール ストリップにある をクリックします。ビデオの送信を再開するには、 をもう一度クリックします。

Q. 

アクティブなビデオ コールでカメラからのビデオの送信を停止できますか。

A. 

はい。コール ストリップにある をクリックすると、ビデオの送受信が停止し、オーディオのみでコールが続行されます。

Q. 

アプリケーションを使用してコールを発信する方法を教えてください。

A. 

アプリケーションを使用して、電話番号または連絡先にコールするには、次の方法のいずれかを使用します。

  • アプリケーションに表示される電話番号を使用:アプリケーションに表示される電話番号を選択するかハイライトして、次のいずれかを選択します。
    • リボンの [ホーム] タブで、[コール [番号]] をクリックします。または、[編集してコール - [番号]] をクリックし、電話番号を編集してからコールします。
    • 右クリックして、[コール] を選択します。または、[編集してコール] を選択し、電話番号を編集してからコールします。
  • アプリケーションに表示される連絡先を使用:連絡先を右クリックして、[追加アクション] > [コール [電話]] を選択します。または、[追加アクション] > [編集してコール] を選択し、電話番号を編集してからコールします。
  • クリップボードを使用:コールする電話番号をクリップボードにコピーします。[スタート] ボタンをクリックして、 [すべてのプログラム] > [Cisco UC Integration for Microsoft Lync] > [Click to Call] を選択します。

Q. 

どのようなアプリケーションを使用して、電話番号または連絡先をコールできますか。

A. 

Microsoft Excel、PowerPoint、および Word を使用して電話番号をコールできます。Microsoft Outlook および SharePoint では、そこに表示される連絡先にコールできます。

Q. 

アプリケーションから電話番号または連絡先にコールできないのはなぜですか。

A. 

アプリケーションからコールを発信できるのは、Cisco UC Integration for Microsoft Lync のセットアップで Click to Call 機能が利用可能になっている場合です。この機能を利用できるかどうかは、管理者にお問い合わせください。

Q. 

会話ウィンドウを閉じるときに表示される警告が表示されないようにするには、どうすればよいですか。

A. 

会話ウィンドウを閉じると、現在のコールが終了します。他に保留中のコールがある場合、これらのコールは終了していないため、会話ウィンドウは閉じません。

会話ウィンドウを閉じるときには、警告が表示されます。この警告を表示するかどうかは選択可能です。

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [全般] をクリックして、[会話ウィンドウを閉じる前に警告を表示] のチェックを外します。

Q. 

[コールの発信] を選択すると、Cisco UC Integration for Microsoft Lync からどの番号にコールが発信されますか。

A. 

社内ディレクトリに複数の番号がリストされた連絡先に対して、Cisco UC Integration for Microsoft Lync では、次の番号の順にコールが発信されます。

  1. 勤務先
  2. 携帯電話
  3. その他
  4. 自宅

Q. 

コールが自動的に保留になるのはなぜですか。

A. 

アクティブ コールがあるときに別のコールに応答すると、そのアクティブ コールは Cisco UC Integration for Microsoft Lync によって自動的に保留になります。

保留中のコールを再開すると、他のアクティブな会話は Cisco UC Integration for Microsoft Lync によって自動的に保留になります。

リダイレクト コール

Q. 

他の人にコールを転送するにはどうすればよいですか。

A. 

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [転送] > [連絡先] を選択して、[連絡先の選択] ダイアログボックスで連絡先を検索します。
  3. 連絡先を選択して、[転送] をクリックします。 社内ディレクトリに電話番号が複数ある連絡先の場合、コールを転送する電話番号を選択できます。 または、転送先の電話番号を検索フィールドに入力して、[転送] をクリックします。
  4. 連絡先の相手が応答したら、[転送] をクリックします。

Q. 

コールを転送するにはどうすればよいですか。

A. 

次のいずれかにコールを転送するように Cisco UC Integration for Microsoft Lync を設定できます。

  • 自分のボイス メッセージ サービス
  • 社内ディレクトリにある自分の別の電話番号
  • 社内ディレクトリにある別の連絡先
  • 具体的に指定した電話番号

コールを転送するように Cisco UC Integration for Microsoft Lync を設定するには、次の手順に従います。

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [コール] を選択して、[コールの転送先] を選択します。
  3. 次のオプションのいずれかを選択します。
    オプション 説明

    ボイスメール

    自分のボイス メッセージ サービスにコールを転送します。

    別の電話番号

    社内ディレクトリに保存されている自分の電話番号のうち、別の番号にコールを転送します。

    ドロップダウン リストから電話番号を選択します。

    別の連絡先または番号

    別の連絡先または指定した電話番号にコールを転送します。

    [追加] を選択して、[連絡先の選択] ダイアログボックスで連絡先を検索します。連絡先を選択し、[選択] をクリックします。社内ディレクトリに電話番号が複数ある連絡先の場合、コールを転送する電話番号を選択できます。

    または、キーパッドを使用して番号を指定します。

    (注)     

    以前に別の連絡先または番号をコールの転送先として指定している場合、その連絡先が [別の連絡先または番号] ラベルの代わりに表示されます。

  4. [OK] をクリックします。 アイコンが Cisco UC ペインのステータス バーに表示されます。

コールの管理

Q. 

会話履歴で表示できるイベントを教えてください。

A. 

発着信したコール。ボイス メッセージ サービスへのコールも含まれます。

Q. 

会話履歴の表示方法を教えてください。

A. 

Cisco UC ペイン をクリックします。アイコンに表示される数字は、新しい不在着信コールの件数を示します。

Cisco UC Integration for Microsoft Lync が起動している場合にのみ、不在着信コールの詳細が保存されます。デスクの電話があり、なおかつ Cisco UC Integration for Microsoft Lync を起動した場合、不在着信コールの件数はデスクの電話と Cisco UC ペインのアイコンで異なることがあります。

Q. 

会話履歴に記録された発信者にコールを発信する方法を教えてください。

A. 

会話履歴に記録された発信者のエントリをダブルクリックします。着信したコールの番号にダイヤルされます。

Q. 

インスタント メッセージを会話履歴の連絡先に送信する方法を教えてください。

A. 

連絡先 説明

1 名

連絡先を右クリックして、[インスタント メッセージの送信] を選択します。

2 名以上

連絡先を選択し、選択した複数の連絡先を右クリックして、[インスタント メッセージの送信] を選択します。

メッセージを入力する前に、インスタント メッセージ ウィンドウを選択しなければならないことがあります。

Q. 

会話履歴の連絡先と会議コールを始める方法を教えてください。

A. 

  • 会話履歴の連絡先を選択し、右クリックして、[会議コールの開始] を選択します。
  • 会話履歴から会議イベントを探して、目的のイベントをダブルクリックします。

Q. 

会話履歴に記録された発信者の連絡先カードを表示する方法を教えてください。

A. 

連絡先を右クリックして、[連絡先カードの表示] を選択します。

Q. 

会話履歴のイベントを削除する方法を教えてください。

A. 

メッセージを右クリックして、ポップアップ メニューから [削除] を選択します。または、メッセージを選択して Delete キーを押します。

Q. 

会話履歴が保存される場所を教えてください。

A. 

会話履歴は、Cisco UC Integration for Microsoft Lync にサインインするときに使った Cisco Virtualization Experience Client に保存されます。オプションを設定して、Microsoft Outlook に会話履歴を保存することもできます。このオプションを選択すると、会話履歴は Conversation History フォルダに保存されます。Microsoft Outlook が開いていない場合、会話履歴は受信トレイに保存されます。

Q. 

会話履歴を保存する場所の指定方法を教えてください。

A. 

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [全般] を選択して、[会話履歴を Outlook に保存] を選択します。

会議コール


Q. 

会議コールを開始する方法を教えてください。

A. 

  1. コールする連絡先を選択してから、コールを発信して会議コールを開始します。
  2. それぞれの連絡先にコールして、会議コールに追加します。

Q. 

ビデオ会議コールを開始する方法を教えてください。

A. 

ビデオ会議コールを開始する手順は、オーディオのみのコールを開始する手順と同じです。ビデオ会議の場合、すべての参加者にビデオ機能がある必要があります。[Cisco UC オプション] > [ビデオ] ウィンドウで設定を行ったすべての参加者は、[ビデオの送受信を行う] に設定する必要があります。

Q. 

会議コールに含める連絡先を選択する方法を教えてください。

A. 

Microsoft Office Communicator のウィンドウから会議コールに含める連絡先を選択し、コールを発信します。

  1. 会議コールに含める連絡先をすべて、クリックして選択します。
  2. 次のいずれかの方法でコールを発信します。
    • 選択した連絡先を右クリックして、メニューから [コールの発信] を選択します。
    • 選択した連絡先を、Cisco UC ペインのコール領域にドラッグします。

Q. 

選択した参加者を会議コールに追加する方法を教えてください。

A. 

[Cisco UC 会議コール] ウィンドウに、参加者リストを含む会議コールが表示されます。二者間コールの場合は、別の連絡先をコールにドラッグすると、その連絡先に自動的にコールされます。それ以外のコールの場合は、各参加者にコールしてから、会議コールに追加する必要があります。

  1. 参加者リスト内の参加者に対して、[コール] をクリックします。 参加者が応答すると、その参加者と通話できます。
  2. 会議コールに参加者を追加するには、[参加] をクリックします。 別の参加者を追加するまで、最初の参加者へのコールは保留されます。

    (注)  


    参加者を会議コールに追加しない場合は、[削除] をクリックします。


  3. さらに会議コールの参加者を追加するには、ステップ 1 ~ 2 を繰り返します。

Q. 

アクティブな会議コールに別の人を追加する方法を教えてください。

A. 

Microsoft Office Communicator のウィンドウから連絡先を [Cisco UC 会議コール] ウィンドウにドラッグするか、追加する連絡先を検索します。

  1. (ドロップダウン矢印)([Cisco UC 会議コール] ウィンドウ内)をクリックします。
  2. [会議参加者] > [連絡先] を選択します。
  3. [連絡先の選択] ダイアログボックスで、次のいずれかを実行します。
    • 連絡先を検索し、検索結果から連絡先を選択する。
    • コールする番号を検索フィールドに入力する。
    • をクリックし、キーパッドを使用してコールする番号を入力する。
  4. [参加者の追加] をクリックします。 社内ディレクトリに電話番号が複数ある連絡先の場合、連絡先にコールする番号を選択できます。

Q. 

会議コールから参加者を削除する方法を教えてください。

A. 

参加者が会議コールに参加する前であれば、その参加者を会議コールから削除できます。参加者が会議コールに参加した後は、その参加者を削除することはできません。

参加者を削除するには、[コール] または [参加] ではなく、[削除] を選択します。

Q. 

会議コールを終了する方法を教えてください。

A. 

[Cisco UC 会議コール] ウィンドウ をクリックします。


(注)  


会議コールに追加するために参加者にコールしたとき、参加者を会議コールに追加する前に、その参加者と通話することができます。会議コールのこの段階では、会議コールを終了できません。


ボイスメール


Q. 

ボイスメールの認証情報がないことを示す通知が表示されました。どうすればよいですか。

A. 

ボイスメールのユーザ名とパスワードが正しくない可能性があります。ボイスメールの正しいユーザ名とパスワードを入力してください。

Q. 

ボイスメールのユーザ名とパスワードを入力するにはどうすればよいですか。

A. 

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [アカウント] を選択し、[ボイスメール] グループ タイトルの下にユーザ名とパスワードを入力します。

Q. 

新規ボイス メッセージの有無はどうすればわかりますか。

A. 

Cisco UC ペインには、ボイスメール サービスの設定に応じてさまざまなボイスメール アイコンが表示されます。

アイコン 説明

新規ボイス メッセージがあります。アイコンに新規メッセージの件数が表示されます。アイコンをクリックすると、ビジュアル ボイスメールにメッセージが表示されます。

新規ボイス メッセージはありません。

新規ボイス メッセージがあります。アイコンをクリックすると、オーディオ ボイスメール サービスにコールします。

Q. 

ボイス メッセージにアクセスするにはどうすればよいですか。

A. 

  • Cisco UC ペイン をクリックします。新規メッセージがある場合、アイコンに新規メッセージの件数が表示されます。
  • 会話履歴ウィンドウの場合: をクリックしてから、ボイスメールのアイコンをクリックします。

Q. 

ボイス メッセージを再生するにはどうすればよいですか。

A. 

ボイス メッセージには、次のいずれかの方法でアクセスできます。

  • ビジュアル ボイスメール:ボイス メッセージを視覚的に表示するウィンドウが開きます。このウィンドウには、ボイス メッセージが電子メールと同じように表示されます。たとえば、新規メッセージは太字で表示され、緊急のメッセージには感嘆符(!)が付きます。ビジュアル ボイスメール ウィンドウを使用して、メッセージの再生、一時停止、巻戻し、早送り、削除を実行できます。
  • オーディオ ボイスメール:オーディオ ボイスメール サービスにコールを発信します。音声指示に従って、メッセージの再生やその他の操作を行うことができます。

Q. 

ビジュアル ボイスメールからオーディオ ボイスメールに切り替えるにはどうすればよいですか。

A. 

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [全般] をクリックして、次のいずれかのオプションを選択します。
    オプション 説明

    会話履歴を開いてボイス メッセージを表示

    ボイス メッセージを視覚的に表示するウィンドウが開きます。このウィンドウを使用して、メッセージの再生、一時停止、巻戻し、早送り、削除を実行できます。

    自分のボイスメール サービスにコール

    オーディオ ボイスメール サービスにコールを発信します。音声指示に従って、メッセージの再生やその他の操作を行うことができます。

Q. 

ビジュアル ボイスメールでメッセージを操作するにはどうすればよいですか。

A. 

  • メッセージの再生:メッセージをダブルクリックします。または、メッセージの横の をクリックします。
  • メッセージの一時停止:メッセージの横の をクリックします。
  • メッセージの巻戻しまたは早送り:メッセージの経過表示バーの任意の位置をクリックすると、その位置まで巻戻しまたは早送りすることができます。
  • メッセージの削除:メッセージを右クリックして、ポップアップ メニューから [削除] を選択します。または、メッセージを選択して Delete キーを押します。

Q. 

ビジュアル ボイスメールでは他にどのようなことができますか。

A. 

  • メッセージを新規メッセージとしてマーク:メッセージを右クリックして、ポップアップ メニューから [未開封にする] を選択します。
  • まだ聞いていないメッセージ(新規メッセージ)の特定:聞いていないメッセージは太字のフォントで表示されます。
  • 特定のメッセージのみの表示:[表示] ドロップダウン リストから必要なオプションを選択します。たとえば、新規メッセージのみを表示するには、[未開封] を選択します。
  • ボリュームの調整:ウィンドウ右上のボリューム コントロールを使用して、ボイス メッセージの再生時のボリュームを調整します。
  • オーディオ ボイスメールへのコール:オーディオ ボイスメール サービスにコールを発信するには、[ボイスメールにコール] を選択します。音声指示に従って、メッセージの再生やその他の操作を行うことができます。

Q. 

ビジュアル ボイスメールのメッセージを削除するにはどうすればよいですか。

A. 

メッセージを削除すると、削除済みメッセージのフォルダに移動されます。このフォルダに移動された後でも、メッセージをボイス メッセージのリストに復元できます。すべての削除済みメッセージを完全に削除することもできます。

  • メッセージの削除:メッセージを右クリックして、ポップアップ メニューから [削除] を選択します。または、メッセージを選択して Delete キーを押します。
  • 削除したメッセージの復元:[表示] ドロップダウン リストから [削除済み] を選択します。復元するメッセージを右クリックして、ポップアップ メニューから [履歴の復元] を選択します。
  • メッセージの完全な削除:[表示] ドロップダウン リストから [削除済み] を選択します。メッセージを右クリックして、ポップアップ メニューから [履歴を完全に削除] を選択します。

管理者が行った Cisco UC Integration for Microsoft Lync のセットアップ内容によっては、削除したメッセージの復元やメッセージの完全な削除を実行できない場合があります。

会議


Q. 

会議と会議コールの違いは何ですか。

A. 

会議では、1 名または複数名の相手と会話ができ、ドキュメントを共有できます。

会議機能を使用した場合、視覚的な共有スペースをブラウザに表示して、そこでドキュメント、アプリケーション、またはデスクトップを参加者と共有できます。また、自分や他の参加者のビデオも共有できます。

会議コールはあくまで電話であり、電話を通して 2 名以上の相手と会話できる機能です。会議コールでは、視覚的なスペースは共有されませんが、ビデオは共有できます。

Q. 

会議を開始する方法を教えてください。

A. 

  1. Microsoft Lync ウィンドウで、会議に参加してもらう連絡先を選択します。
  2. 連絡先を右クリックして、[会議の開始] を選択します。
  3. (オプション)パスワードを指定します。このパスワードは、連絡先が会議に参加する前に入力する必要があります。 会議主催者および主催者が選択した連絡先は、Microsoft Lync でインスタント メッセージを受信します。そのインスタント メッセージには、連絡先が会議に参加するための URL が記載されています。会議は作成すると自動的に開始され、作成者は会議に追加されます。

Q. 

会議コール中にドキュメントを共有する必要が出てきました。会議を開始する方法を教えてください。

A. 

  1. 会話ウィンドウのドロップダウン矢印 をクリックします。
  2. [会議の開始] を選択します。 ダイアログボックスが表示されます。すでに会議コールに参加しているため、このダイアログボックスは無視できます。

Q. 

会議に参加する方法を教えてください。

A. 

会議に招待されると、Microsoft Lync にインスタント メッセージが届きます。そのインスタント メッセージには、会議に参加するための URL が記載されています。

会議に参加するためにパスワードが必要な場合は、インスタント メッセージにパスワードも記載されています。

会議に参加するには、URL をクリックするか、Web ブラウザに URL を貼り付けます。

Cisco UC Integration for Microsoft LyncMicrosoft Lync から独立して実行している場合は、インスタント メッセージではなく電子メールを受信します。


(注)  


アンダースコア(_)が、会議 URL の前に付いていることがあります。URL を選択して Web ブラウザに貼り付ける際には、このアンダースコアを削除してください。


チャット


Q. 

電話中に、インスタント メッセージを相手に送信する方法を教えてください。

A. 

  1. 会話ウィンドウのドロップダウン矢印 をクリックします。
  2. [インスタント メッセージの送信] を選択します。

メッセージを入力する前に、インスタント メッセージのウィンドウを選択しなければならないことがあります。

Q. 

インスタント メッセージを会議コールの参加者に送信できますか。

A. 

はい。インスタント メッセージは、特定の参加者を選択して送信することも、参加者全員に送信することもできます。

参加者 説明

1 名

  1. 会話ウィンドウで、会議コールの参加者を右クリックします。
  2. [インスタント メッセージの送信] を選択します。

全員

  1. 会話ウィンドウのドロップダウン矢印 をクリックします。
  2. [インスタント メッセージ会議の開始] を選択します。

Microsoft Lync を実行していてインスタント メッセージが有効にされている参加者全員と、インスタント メッセージ会議が開始されます。それ以外の参加者も、インスタント メッセージを使用する権限がある場合は、メッセージが表示されます。

メッセージを入力する前に、インスタント メッセージのウィンドウを選択しなければならないことがあります。

連絡先


Q. 

連絡先の検索方法を教えてください。

A. 

Microsoft Lync ウィンドウを使用して、連絡先を検索できます。

また、次の操作を実行する際にも、[連絡先の選択] ダイアログボックスで連絡先を検索できます。

  • 連絡先にコールを転送する。
  • アクティブな会議コールに追加する連絡先を検索する。
  • コールを転送する連絡先を指定する。

Q. 

[連絡先の選択] ダイアログボックスで連絡先を検索する方法を教えてください。

A. 

  1. 検索フィールドに、連絡先の名前を入力します。 最近使用した連絡先が検索され、検索結果が検索結果リストに表示されます。
  2. 一致する項目が見つからない場合は、Return を押すか、[社内ディレクトリの検索] リンクを選択して社内ディレクトリを検索します。

トラブルシューティング


Q. 

デバイス セレクタが見つかりません。見つける方法を教えてください。

A. 

通知領域の [隠れているインジケータを表示します] アイコン()をクリックし、デバイス セレクタのアイコン()を探してタスク バーにドラッグします。

Q. 

コール ストリップが表示されなくなりました。どうしてでしょうか。

A. 

コール ストリップは、アクティブ コール中にのみ表示されます。すべてのコールを保留にした場合、いずれかのコールを再開するまでコール ストリップは表示されません。

Q. 

[ビデオ] ウィンドウが表示されなくなりました。どうしてでしょうか。

A. 

[ビデオ] ウィンドウは、ビデオ コール中にのみ表示されます。コールからビデオを削除した場合、[ビデオ] ウィンドウは閉じます。

Q. 

接続エラーが発生しました。どうすればよいですか。

A. 

アクティブ コール中に接続エラーが発生した場合、コール ストリップと [ビデオ] ウィンドウ(ビデオ コールの場合)のみが、シン クライアント デスクトップに開いたままになります。エラーに関するメッセージが表示され、コール ストリップに が表示されます。コールを終了すると、Cisco Virtualization Experience Client デスクトップに戻ります。


(注)  


コール ストリップのアイコンを使用してアクティブ コールを終了すると、保留中のコールがすべて終了します。


  1. コールを続行します。
  2. コールを終了する準備ができたら、コール ストリップの をクリックします。
  3. Windows デスクトップにサインインします。

Q. 

デバイス セレクタに接続デバイスは表示されていませんが、現在使用しているデバイスは接続されていて、動作しています。このデバイスを変更するにはどうすればよいですか。

A. 

この問題は、Windows セッションとの接続が切断され、セッションの再接続を選択したときに発生する場合があります。デバイス セレクタには、次のメッセージも表示されます。

  • 「カメラ デバイスは検出されません」
  • 「オーディオ デバイスは検出されません」

この問題を解決するには、いったん Windows セッションからサインアウトして、サインインし直します。この問題を回避するには、[再接続] または [キャンセル] のいずれかの選択を求めるダイアログが表示されたら [キャンセル] を選択し、Windows セッションに手動でサインインします。

Q. 

コールが不本意に終了しました。コール ストリップはまだ画面上に表示されていますが、コールを発信できません。どうすればよいですか。

A. 

この問題を解決するには、次の手順に従ってセッションを再開します。

  1. [スタート] > [ログオフ] をクリックします。
  2. ログオンし直します。

Q. 

新しいヘッドセットを差し込みましたが、コールの音声が聞こえません。または、何の音も聞こえません。どうすればよいですか。

A. 

新しいヘッドセットを差し込むと、すぐにそれが新しいデフォルトのヘッドセットになります。ただし、Cisco UC Integration for Microsoft Lync を再起動するまで、Cisco UC Integration for Microsoft Lync で新しいデバイスを使用できません。これを行う方法はいくつかあります。Cisco UC Integration for Microsoft Lync または Microsoft Office Communicator のいずれかを再起動するか、Cisco UC Integration for Microsoft Lync から一度サインアウトして、サインインし直します。場合によっては、Windows セッションからサインアウトして再度サインインし、すべてのサウンド機能を復元する必要があります。

  1. [スタート] > [ログオフ] をクリックします。
  2. ログオンし直します。

Q. 

コール中にカメラを切り替えましたが、コールでビデオを送信できまくなりました。どうすればよいですか。

A. 

この問題は、アクティブ コール中にカメラを USB ポートから抜いた場合に、カメラを同じ USB ポートに差し込み直しても起こることがあります。コール中はカメラを抜かないようにするのが理想的ですが、どうしても抜かなければならない場合は、抜く前にコールを保留にするか、コール ストリップを使用してビデオを一時停止します。コール中にこの問題を解決するには、次の手順に従います。

  1. をクリックして、コールでのビデオ送信を停止します。
  2. 同じカメラを同じ USB ポートに差し込み直します。
  3. をクリックして、コールでのビデオ送信を再開します。
  4. コールの終了後、カメラを切り替えます。

Q. 

エラー レポートとは何ですか。

A. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync で問題が発生した場合、エラー レポートを作成できます。問題の説明を入力すると、エラー レポートが自動生成されてそこに取り込まれます。

レポートには、Cisco Virtualization Experience Client から取得したログが含まれます。レポートのコピーがデスクトップに保存されます。レポート ファイルは、システム管理者に送って問題の解析に役立ててもらうことができます。

エラー レポートを作成する前に、必要に応じてログ レベルを変更できます。ログ レベルを上げると、さらに詳細な情報をシステム管理者に提供できます。エラー レポートを作成する前に、詳細なログを有効にする必要があるかどうか、システム管理者に問い合わせてください。

Q. 

エラー レポートを作成するにはどうすればよいですか。

A. 

Microsoft Lync

  1. Microsoft Lync ウィンドウで (メニューの矢印)をクリックします。
  2. [ツール] > [エラー レポートの作成] を選択します。
  3. [Problem Reporting Tool] ウィンドウに表示されるプライバシー規約文を読んでから、チェックボックスを選択します。
  4. [問題の説明] テキスト ボックスに問題の説明を入力します。
  5. [レポートの作成] をクリックします。

Microsoft Office Communicator

  1. Microsoft Office Communicator のタイトル バーで をクリックします。
  2. [ツール] > [エラー レポートの作成] を選択します。
  3. [Problem Reporting Tool] ウィンドウに表示されるプライバシー規約文を読んでから、チェックボックスを選択します。
  4. [問題の説明] テキスト ボックスに問題の説明を入力します。
  5. [レポートの作成] をクリックします。

レポートのコピーがデスクトップに保存されます。

Q. 

ログ レベルを設定する方法を教えてください。

A. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync で問題が発生する場合、状況によってはログ レベルを上げて、エラー レポートにさらに詳細な情報が記録されるようにする必要があります。エラー レポートを作成する前に、ログ レベルを上げる必要があるかどうか、システム管理者に問い合わせてください。

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [全般] を選択し、[ログ レベル] ドロップダウン リストから必要なログ レベルを選択します。

Q. 

システム通知を表示するにはどうすればよいですか。

A. 

Cisco Unified Communications System から Cisco UC Integration for Microsoft Lync に送信される通知を表示することができます。

Microsoft Lync

  1. Microsoft Lync ウィンドウで (メニューの矢印)をクリックします。
  2. [ツール] > [サーバ ステータスと通知] を選択します。
  3. [通知] タブをクリックします。
  4. 表示を終了するには、[閉じる] をクリックします。

Microsoft Office Communicator

  1. Microsoft Office Communicator のタイトル バーで をクリックします。
  2. [ツール] > [サーバ ステータスと通知] を選択します。
  3. [通知] タブをクリックします。
  4. 表示を終了するには、[閉じる] をクリックします。

Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync を開始または停止するにはどうすればよいですか。

A. 

場合によっては、技術的な問題のトラブルシューティングのために、システム管理者から Cisco UC Integration for Microsoft Lync の開始または停止を要求されることがあります。

Cisco UC Integration for Microsoft Lync を停止すると、Cisco UC ペインが非表示になります。Cisco UC Integration for Microsoft Lync を再開すると、Cisco UC ペインが再表示されます。

Microsoft Lync

  1. Microsoft Lync ウィンドウで (メニューの矢印)をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC の開始] または [ツール] > [Cisco UC の停止] を選択します。

Microsoft Office Communicator

  1. Microsoft Office Communicator のタイトル バーで をクリックします。
  2. [ツール] > [Cisco UC の開始] または [ツール] > [Cisco UC の停止] を選択します。

Q. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync からサインアウトしている場合に、コールを発信する方法を教えてください。

A. 

Microsoft Lync Server に障害が発生した場合、または Microsoft Lync からサインアウトしている場合でも、Cisco UC Integration for Microsoft LyncMicrosoft Lync と関係なく使用できます。ただし、プレゼンス ステータスやインスタント メッセージなどの Microsoft Lync 機能は利用できません。

アクティブ コールがある間に Microsoft Lync Server で障害が発生した場合、メッセージが表示されます。Cisco UC ペインは別のウィンドウに表示され、コールの発着信は引き続き可能です。Microsoft Lync Server が再起動すると、Cisco UC ペインMicrosoft Lync ウィンドウに再接続します。

アクティブ コールがないときに Microsoft Lync Server で障害が発生した場合、Microsoft LyncCisco UC Integration for Microsoft Lync は両方とも閉じます。Microsoft Lync から独立して Cisco UC Integration for Microsoft Lync を起動し、Cisco UC Integration for Microsoft Lync を使用してコールを発着信できます。

Microsoft Lync から独立して Cisco UC Integration for Microsoft Lync を開始するには、[スタート] ボタンをクリックして、[すべてのプログラム] > [Cisco UC Integration for Microsoft Lync] > [Cisco UC Integration for Microsoft Lync] を選択します。

Q. 

一部のシステム メッセージが表示されないようにするオプションを選びました。メッセージを再表示するにはどうすればよいですか。

A. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync の操作中は、さまざまなシステム メッセージが表示されます。メッセージの一部は、再度表示されないようにすることができます。たとえば、会話履歴からイベントを削除すると、確認メッセージが表示されます。メッセージ上の [今後このメッセージを表示しない] をオンにします。

一部のメッセージが表示されないように設定している場合、システム メッセージをリセットして、これらのメッセージが再度表示されるようにすることができます。

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [全般] を選択して、[システム メッセージの再表示] を選択します。

Q. 

会議コールの参加者の連絡先情報が表示されません。どうすればよいですか。

A. 

Cisco UC Integration for Microsoft Lync では、連絡先情報は次の 2 つのソースに由来します。

  • Active Directory または Microsoft Lync Server のアドレス帳
  • 社内ディレクトリまたは LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)サーバ

社内ディレクトリまたは LDAP サーバのサインイン時の認証情報が正しくない場合、次の問題が発生することがあります。

  • 会議コールの参加者の連絡先情報が表示されない。
  • 会話履歴の連絡先にプレゼンス ステータス情報が表示されない。
  • 連絡先をドラッグして Cisco UC ペインのコール領域にドロップしても、コールが発信されない。

このような問題が発生した場合は、社内ディレクトリの正しいユーザ名とパスワードを入力してください。Cisco Unified Communications System に対して管理者が行ったセットアップ内容によっては、社内ディレクトリのユーザ名とパスワードを変更できない場合があります。

Q. 

社内ディレクトリのユーザ名とパスワードを入力するにはどうすればよいですか。

A. 

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [アカウント] を選択し、[社内ディレクトリ] の下にユーザ名とパスワードを入力します。

(注)  


Cisco Unified Communications System に対して管理者が行ったセットアップ内容によっては、社内ディレクトリのユーザ名とパスワードを変更できない場合があります。


Q. 

会議機能を使用できません。どうしてでしょうか。

A. 

会議を開始しようとするときに、機能を使用できないことを示すメッセージが表示される場合があります。この問題が発生した場合は、会議の正しいユーザ名とパスワードを入力してください。ユーザ名とパスワードを入力することで、会議を管理するサーバを使用できるようになります。

Q. 

会議機能を使用できません。会議のユーザ名とパスワードを入力するにはどうすればよいですか。

A. 

  1. Cisco UC ペイン をクリックします。
  2. [アカウント] を選択し、[会議] の下にユーザ名とパスワードを入力します。

 

このマニュアルに記載されている仕様および製品に関する情報は、予告なしに変更されることがあります。このマニュアルに記載されている表現、情報、および推奨事項は、すべて正確であると考えていますが、明示的であれ黙示的であれ、一切の保証の責任を負わないものとします。このマニュアルに記載されている製品の使用は、すべてユーザ側の責任になります。

対象製品のソフトウェア ライセンスおよび限定保証は、製品に添付された『Information Packet』に記載されています。添付されていない場合には、代理店にご連絡ください。

The Cisco implementation of TCP header compression is an adaptation of a program developed by the University of California, Berkeley (UCB) as part of UCB's public domain version of the UNIX operating system.All rights reserved.Copyright © 1981, Regents of the University of California.

ここに記載されている他のいかなる保証にもよらず、各社のすべてのマニュアルおよびソフトウェアは、障害も含めて「現状のまま」として提供されます。シスコおよびこれら各社は、商品性の保証、特定目的への準拠の保証、および権利を侵害しないことに関する保証、あるいは取引過程、使用、取引慣行によって発生する保証をはじめとする、明示されたまたは黙示された一切の保証の責任を負わないものとします。

いかなる場合においても、シスコおよびその供給者は、このマニュアルの使用または使用できないことによって発生する利益の損失やデータの損傷をはじめとする、間接的、派生的、偶発的、あるいは特殊な損害について、あらゆる可能性がシスコまたはその供給者に知らされていても、それらに対する責任を一切負わないものとします。

Cisco および Cisco ロゴは、Cisco Systems, Inc. またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における商標です。Cisco の商標の一覧は、http:/​/​cisco.com/​go/​trademarks でご確認いただけます。掲載されている第三者の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用は Cisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(1005R)

このマニュアルで使用している IP アドレスは、実際のアドレスを示すものではありません。マニュアル内の例、コマンド出力、および図は、説明のみを目的として使用されています。説明の中に実際のアドレスが使用されていたとしても、それは意図的なものではなく、偶然の一致によるものです。