Cisco Virtualization Experience Client 2111/2211 PCoIP Firmware Release 4.0 アドミニストレーション ガイド
ユーザ権限の設定
ユーザ権限の設定
発行日;2012/11/01   |   ドキュメントご利用ガイド   |   ダウンロード ;   この章 pdf   ,   ドキュメント全体 pdf    |   フィードバック

ユーザ権限の設定

管理 Web インターフェイスの [Permissions] メニューでは、USB、オーディオ、およびデバイスの電源のパラメータを設定できます。


(注)  


OSD には、対応する [Permissions] オプションはありません。


USB デバイスの設定

[USB] ページでは、認証された USB デバイスと、未認証の USB デバイスを指定できます。 これは、[Authorized Devices](「ホワイト リスト」)と [Unauthorized Devices](「ブラック リスト」)の 2 つのセクションに分かれています。 デバイスは、ID またはクラスに基づいて認証または未認証となります。 ワイルドカードを使用(または「any」を指定)して、すべてのデバイスを定義するために必要なエントリ数を削減できます。

USB プラグ イベントは、未認証の USB デバイスについては、Cisco VXC クライアント ハードウェアでブロックされます。 仮想マシンでは、追加のセキュリティ層のデバイスを表示またはアクセスすることはできません。

工場出荷時のデフォルトのクライアント USB 権限は、「any, any, any」(認証された USB デバイス)です。 USB 権限は、クライアントでのみ設定できます。


(注)  


USB 権限は、PCoIP セッションの開始時にのみ更新されます。 それらは、次の優先順位の順序で認証されます(優先度の高い順に表示)。

  1. 未認証のベンダー ID/製品 ID
  2. 認証済みのベンダー ID/製品 ID
  3. 未認証のデバイス クラス/サブクラス/プロトコル
  4. 認証済みのデバイス クラス/サブクラス/プロトコル

図 1. [USB] 権限 Web ページ



表 1 [USB] のパラメータ
パラメータ 説明
Authorized Devices

クライアントの認証済み USB デバイスを指定します。 次の 2 つのボタンにより、この「ホワイト リスト」をカスタマイズできます。

[Add New]:新しいデバイスまたはデバイス グループをリストに追加します。 これにより、ID またはクラスによって USB を認証できます。

  • ID:USB デバイスは、ベンダー ID と製品 ID によって認証されます
  • クラス:USB デバイスは、デバイス クラス、サブクラス、およびプロトコルによって認証されます

[Remove]:デバイスまたはデバイス グループのルールをリストから削除します。

Unauthorized Devices

クライアントの未認証の USB デバイスを指定します。

[Add New]:新しいデバイスまたはデバイス グループをリストに追加します。 これにより、ID またはクラスによって USB を未認証にできます。

  • ID:USB デバイスは、ベンダー ID および製品 ID によって未認証にされます
  • クラス:USB デバイスは、デバイス クラス、サブクラス、およびプロトコルによって未認証にされます

[Remove]:デバイスまたはデバイス グループのルールをリストから削除します。

Bridged Devices

Cisco VXC クライアントは、VMware View 仮想デスクトップに接続した際に HID デバイスをローカルで終了します。ただし、デバイスによっては HID としてアドバタイズするものがありますが、異なるドライバを使用します。 これらのデバイスは、ローカルで終了するのではなく、仮想マシンへのブリッジが必要になる場合があります。 この設定により、クライアントを特定の USB デバイスに強制的にブリッジして、仮想デスクトップ上のドライバを使用することができます。

ブリッジ機能は、3.3.1 以降のファームウェアでサポートされています。 このルールは、クライアントと、VMware View 4.6 以降が動作している仮想マシン間のセッションだけに影響します。

[Add New]:新しいデバイスまたはデバイス グループをリストに追加します。 これにより、ベンダー ID と製品 ID によって USB デバイスをブリッジできます。

[Remove]:デバイスまたはデバイス グループのルールをリストから削除します。

Enable EHCI (root port only)

VMware View 4.6 以降を実行する仮想マシンを使用したセッションについて、ゼロ クライアントの USB ポートに直接接続されたデバイスの EHCI(USB 2.0)を設定するには、このフィールドを有効にします。

(注)     

この機能は、128 MB 未満の RAM を搭載したゼロ クライアントでは有効にできません。 アイソクロナス エンドポイントを備えたデバイスは、USB 2.0 速度で動作しません。

次の表に、USB 認証エントリ タイプおよび関連付けられたデータ フィールドを要約します。 次の 2 つのボタンにより、この「ホワイト リスト」をカスタマイズできます。

表 2 認証済み/未認証の USB デバイスのエントリ タイプ
エントリ タイプ 必須フィールド 16 進数値 コメント
ID VID 0 ~ FFFF
ID PID 0 ~ FFFF
Class Device Class 0 ~ FF。アスタリスク(*)は、任意のデバイス クラスを示します ドロップダウン メニューに、既知のデバイス クラスの変換が示されます
Class Sub Class 0 ~ FF。アスタリスク(*)は、任意のデバイス サブクラスを示します ドロップダウン メニューに、既知のデバイス サブクラスの変換が示されます
Class Protocol 0 ~ FF。アスタリスク(*)は、認証済みの任意のプロトコルを示します ドロップダウン メニューに、既知のプロトコルの変換が示されます

オーディオ パラメータの設定

デバイスのオーディオ権限を設定する場合は、[Audio] ページを使用します。 このページでオプションを更新した後、[Apply] をクリックして変更を保存します。

管理 Web インターフェイスから [Audio] ページを表示するには、[Permissions] メニューを選択し、[Audio] をクリックします。

図 2. [Audio] Web ページ



表 3 [Audio] のパラメータ
パラメータ 説明
Enable HD Audio

クライアント上のオーディオ サポートを有効にします。 仮想マシンで [Enable HD Audio] オプションが無効な場合は、エミュレートする OS でオーディオ ハードウェアを使用できません。

電源オフ権限の設定

[Power] ページでは、クライアントの電源オフ権限を設定します。

図 3. [Power] ページ



表 4 [Power] のパラメータ
パラメータ 説明
Client Power Button

ドロップダウン メニューで、クライアントの電源ボタンの機能を設定します。 次のオプションがあります。

  • Power-off not permitted
  • Soft power-off only soft limit
  • Hard power-off only
  • Soft and hard power-off