Cisco Network Boot インストレーション コンフィギュレーション ガイド
用語集
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

 


B
BIOS
パーソナル コンピュータのメモリに常駐し、そのコンピュータの起動と特定の操作の実行を担当する、比較的小さいプログラム。

 


C
Cisco Network Boot
ディスクレス コンピュータがCisco SN 5400シリーズ システムを介してiSCSIターゲットから起動されるようにする、シスコのソフトウェア製品。
Cisco SN 5400シリーズ システム
Cisco SN 5400シリーズ製品の全モデルを表す名称。SN 5420、SN 5428、および今後登場するその他の製品モデルが含まれます。

 


D
DHCP
ホストで不要になったアドレスを再利用できるように、IPアドレスを動的に割り当てるメカニズムを提供するプロトコル。
Dynamic Host Configuration Protocol
DHCPを 参照

 


I
inbp.com
コンピュータに直接接続されたディスクを使用しないで、コンピュータを起動できるようにするソフトウェア プログラム。inbp.comプログラムは、Preboot Execution Environment(PXE) でNetwork Bootstrap Program(NBP)として稼働します。このプログラムはTFTPサーバに保管されていて、ネットワークから起動するように設定されたコンピュータにダウンロードします。
Internet Small Computer System Interface
iSCSIを 参照
IPホスト
IPネットワーク上のコンピュータ システム。各ホストはCisco Network Bootを使用して、Cisco SN 5400シリーズ システム上のiSCSIターゲットから起動します。各IPホストには、そのホスト用のブート イメージを備えたiSCSIターゲット/LUN 0が必要です。マスター ブート ホストも参照。
iSCSI
Internet Small Computer System Interface。IETFによって定義されたIPストレージ(ips)用のプロトコル。iSCSIプロトコルの詳細については、 http://www.ietf.org にアクセスし、IPストレージに関するIETFの標準規格を参照してください。
iSCSIドライバ
Microsoft Windows 2000対応のCisco iSCSIドライバ。IPホストがIPネットワーク経由でストレージにアクセスできるようにします。iSCSIドライバはiSCSIプロトコルを使用し、IPネットワークを介してIPホストとCisco SN 5400シリーズ システム間で、SCSI要求および応答を転送します(iSCSIプロトコルは、IETFによって定義されたIPストレージ用のプロトコルです)。
iSCSIターゲット
Cisco SN 5400シリーズ システムに接続されたFibre Channelストレージ装置(1つまたは複数)の論理表現。iSCSIターゲットは、Cisco SN 5400シリーズ システム上の対応するiSCSI LUNを1つ以上指定して設定します。Cisco Network Bootの場合、IPホストはiSCSIターゲットLUN 0としてマップされたFibre Channelストレージ装置内のブート イメージにアクセスします。

 


L
LUN
Logical Unit Number(論理装置番号)。ホストがアドレスを指定して、装置上のデータにアクセスできるように、Fibre Channelからアクセスできる各ディスクに割り当てられたターゲット内のSCSI ID。

 


M
MACアドレス
LANに接続するあらゆるポートまたは装置に必要な、標準化されたデータ リンク レイヤ アドレス。ネットワーク内の他の装置は、このアドレスを使用してネットワーク内の特定のポートを突き止め、ルーティング テーブルやデータ構造を作成したり更新したりします。MACアドレスは6バイトの長さで、IEEEが管理しています。

 


N
Network Boot Administration ユーティリティ
ブート イメージのコピーをはじめ、Cisco Network Bootの管理作業をユーザが実行できるようにする、Cisco Network Bootのコンポーネントの1つ。
NIC
ネットワーク インターフェイス カードを参照。

 


P
PXE
クライアント コンピュータを起動するためのPre-Boot eXecution Environment(PXE)アーキテクチャ。これはIntelの規格で、コンピュータのシステムBIOS内に実装されます。Cisco Network Bootは起動プロセスにこのアーキテクチャを使用します。

 


R
ROM
読み取り専用メモリ

 


S
SCSIルーティング インスタンス
Cisco SN 5400シリーズ システム上の仮想ルータ。

 


T
TFTP
サーバ デーモンが提供するサービス。
Trivial File Transfer Protocol
TFTPを 参照

 


コピー
(名詞)データを集めたもののコピーを意味する一般用語。(動詞)コピーを作成する行為。複製も意味します。

 


スコープ
DHCPにおいて、DHCPクライアント サービスを実行するコンピュータの管理目的のグループ化。ネットワーク上のサブネットごとにスコープを作成し、そのサブネット用のパラメータを定義します。
ストレージ アレイ
全体で1つのストレージ システムとして動作する、ディスク ドライブのグループ。2種類のストレージ アレイを使用できます。Redundant Array of Independent Disks(RAID)およびJust a Bunch Of Disks(JBOD)です。RAIDシステムは、(単一ディスクとして認識される)複数のディスクに同じデータを保管する冗長性によって、フォールトトレランスを実現します。JBODは通常、冗長電源を備え、一定のメンテナンス機能を利用できるシャーシ内でケーブル接続された個々のディスクからなるグループです。

 


ディスクレス
ディスク ドライブまたはその他のストレージ装置を備えていないコンピュータ。
ディスクレス ブート
ディスク ドライブを使用しないでコンピュータを起動するためのプロセス。このプロセスは通常、ネットワーク カードを使用し、コンピュータはネットワーク経由でブート イメージを取得します。

 


ネットワーク インターフェイス カード
コンピュータ システムとの間のネットワーク相互通信機能を提供するボード。

 


パーティション
ディスク容量を分割したもの。パーティションは連続番号が与えられたブロック範囲であり、MS-DOS、Windows、および大部分のUNIXオペレーティング システムで認識されます。
ハードウェア イーサネット アドレス
MACアドレスを参照。

 


ファームウェア
インテリジェント装置の起動および操作を担う低レベルのソフトウェア。ファームウェアは通常、装置のROM(読み取り専用メモリ)に置かれます。
ブート イメージ
ホストに対応するオペレーティング システムおよびアプリケーション プログラムのインスタンス。Cisco Network Bootの場合、Cisco iSCSIドライバ、ネットワーク ドライバ、およびネットワーク接続を完了するために必要なネットワーク コンフィギュレーションもブート イメージに組み込まれます。ブート イメージはホストの起動元となるiSCSIターゲット/LUN 0に置きます。マスター ブート イメージも参照。

 


ホスト
IPホストを参照。マスター ブート ホストも参照。

 


マスター ブート
イメージ
マスター ブート ホストに配置されたディスク ドライブ上で最初に作成されるブート イメージ。iSCSIターゲット内の他のすべてのブート イメージは、このブート イメージから直接または間接的にコピーされます。ブート イメージも参照。
マスター ブート ホスト
直接接続されたディスク ドライブのあるホスト。マスター ブート ホストの目的は、マスター ブート イメージを作成することです。マスター ブート イメージは、他のホストにブート イメージをコピーする場合のコピー元になります。IPホストも参照。
マッピング
2つのデータ アドレシング スペース間での変換または結合。

 


予約
DHCPにおいて、クライアントにスタティックIPアドレスを割り当てる方式。