Cisco Network Boot インストレーション コンフィギュレーション ガイド
Cisco Network Bootをインストールす るための準備
Cisco Network Bootをインストールするための準備
発行日;2012/02/02 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

Cisco Network Bootをインストールするための準備

プランニング

要件

設定情報の収集

Cisco Network Bootをインストールするための準備

この章では、Cisco Network Bootをインストールして設定する前に必要な作業について説明します。

この章の内容は、次のとおりです。

「プランニング」

「要件」

「設定情報の収集」

プランニング

Cisco Network Bootを設定する前に、プランニングが必要です。起動するホスト数を決定してから、次の条件が満たされているかどうかを確認してください。

各ホストに、専用iSCSIターゲット上で1つ以上の論理装置が割り当てられていなければなりません。Cisco SN 5400シリーズ システムによって、論理装置のそれぞれを専用のFibre Channel論理装置にマップする必要があります。

Cisco SN 5400シリーズ システム、Fibre Channelストレージ装置、およびIPネットワークが正しく設定されていなければなりません。

(Fibre ChannelとIPネットワークの両方の)セキュリティが環境に適切かつ十分でなければなりません。

要件 要件

ホスト、DHCP/TFTPサーバ、iSCSIターゲット、およびネットワーク機器の要件については、次の表を参照してください。

 

表 2-1 要件

項目
要件

マスター ブート ホスト

Intel Pentium III以上のプロセッサを装備したIBM PC互換コンピュータ

PXE 2.1以上のサポート

PXEがサポートするネットワーク インターフェイス

マスター ブート ホストに直接接続されたディスク ドライブ

Service Pack 3を適用したMicrosoft Windows 2000 ServerまたはAdvanced Server

Microsoft Windows 2000対応のCisco iSCSIドライバ バージョン2.2.1以上


) このバージョンのCisco Network Bootでサポートされるのは、Microsoft Windows 2000対応のCisco iSCSIドライバ バージョン2.2.1以上に限られます。


その他のホスト

Intel Pentium III以上のプロセッサを装備したIBM PC互換コンピュータ

PXE 2.1以上のサポート

PXEがサポートするネットワーク インターフェイス


) その他のホストのハードウェアは、マスター ブート ホスト ハードウェアと同一にする必要があります。また、同じネットワーク ハードウェアおよび接続を備えていなければなりません。


DHCP/TFTPサーバ

各ホストの予約IPアドレスを指定して設定したDHCPサーバ

inbp.comファイルをホストに転送するためのTFTPサーバ

Microsoft Windows 2000 Server(またはAdvanced Server)

iSCSIターゲット

ソフトウェア リリース2.1.2以上が稼働しているCisco SN 5420、またはソフトウェア リリース2.3.1以上が稼働しているCisco SN 5428上で設定されたiSCSIターゲット

ブート イメージを格納できるだけのスペースを備えた適切なストレージ装置(JBODまたはストレージ アレイ)。iSCSIターゲットのブート ディスクを設定する場合、JBODより、冗長性と柔軟性に優れているストレージ アレイを推奨します。

iSCSIターゲットのブロック サイズは512バイトでなければなりません。

ネットワーク機器

イーサネット スイッチまたはハブ

Cisco SN 5400シリーズ システム

Fibre Channelインターフェイス


) インターオペラビリティについては、Cisco.comのWebサイト(http://www.cisco.com)を参照してください。


設定情報の収集

コンフィギュレーション ワークシートを利用して、設定作業を進めるために必要なシステム情報を集めてください。ワークシートの値は、「Cisco Network Bootのインストールおよび動作設定」の作業で要求される情報がもとになります。コンフィギュレーションに必要な設定値については、次の表を参照してください。

表 2-2 コンフィギュレーション ワークシート ― ホスト

表 2-3 コンフィギュレーション ワークシート ― Cisco 5400シリーズ システムおよびiSCSIターゲット

表 2-4 コンフィギュレーション ワークシート ― DHCP/TFTPサーバ

 

表 2-2 コンフィギュレーション ワークシート ― ホスト

設定項目
説明

ホスト名

ホストの名前


) Network Boot Administrationユーティリティを使用してコピーするときには、ホスト名をコピー先コンピュータ名ともいいます。


NIC IPアドレス

NICのIPアドレス


) Network Boot Administrationユーティリティを使用してコピーするときには、このIPアドレスを送信元IPアドレスまたは宛先IPアドレスともいいます。


NICタイプ

NICの資料を参照してください。


) 全ホストのNICタイプは、マスター ブート ホストと同じでなければなりません。


NICインターフェイス

NICの資料を参照してください。


) 全ホストのNICインターフェイスは、マスター ブート ホストと同じでなければなりません。


TCP/IPプロパティ

TCP/IPの資料を参照してください。

ブート イメージ

ブート イメージに含めるオペレーティング システム、iSCSIドライバ、ソフトウェア、およびアプリケーションを指定します。


ヒント 設定するホストごとに、このワークシートのコピーを用意してください。


 

表 2-3 コンフィギュレーション ワークシート ― Cisco 5400シリーズ システムおよびiSCSIターゲット

設定項目
説明

SCSIルーティング インスタンス名

Cisco 5400シリーズ システム上のSCSIルーティング インスタンスの名前。Cisco 5400シリーズ システム上で、次のCLIコマンドでこの名前を入力します。

show scsirouter bootrtr
 

bootrtrは、SCSIルーティング インスタンス名の例です。

SCSIルーティング インスタンスのIPアドレス

Cisco 5400シリーズ システム上のSCSIルーティング インスタンスに割り当てるIPアドレス

ターゲット名

ホストにマップされたiSCSIターゲットの名前

LUN

ホストにマップされたiSCSIターゲットのLUN番号。各ターゲットのLUN番号は、LUN 0から順番に付ける必要があります。


) ブート イメージはつねにLUN 0でなければなりません。


アクセス リスト名

Cisco 5400シリーズ システムのアクセス リスト名

ホストIPアドレス

各アクセス リストに対応する各ホストのIPアドレス、およびストレージ ルータに接続されたNICのIPアドレス

ホスト マスク

各アクセス リストに対応するホストのネット マスク

Cisco SN 5400シリーズ システムのルータを設定するためのその他の設定情報

Cisco SN 5400シリーズ システムのマニュアルで「Collecting Configuration Information」を参照してください。


ヒント 設定するホストごとに、このワークシートのコピーを用意してください。


 

表 2-4 コンフィギュレーション ワークシート ― DHCP/TFTPサーバ

設定項目
説明

予約名/ホスト

ホストの予約名を表す固有の名前。たとえば、 HERMES_master

ホストIPアドレス

ホストのIPアドレス。このアドレスは、SN 5400シリーズ システムのアクセス リストで設定されたアドレスと一致していなければなりません。

Network Boot Administrationユーティリティを使用する場合、このアドレスを送信元IPアドレスまたは宛先IPアドレスにすることもできます。

MACアドレス

PXEサポートを使用できるホストでのNICの6バイト16進数アドレス。

このアドレスは、NICの資料で調べるか、またはホストを起動し、PXEにアドレスを表示させることによって調べます。また、Microsoft Windows 2000のコマンド プロンプト ウィンドウに次のコマンドを入力することもできます。

ipconfig /all
 

説明

ホストを説明する場所

SCSIルーティング インスタンスのIPアドレス

5400シリーズ システム上で設定したSCSIルーティング インスタンスのIPアドレス

iSCSIポート番号

このポート番号のデフォルト値は、Internet Assigned Number Authority(IANA)が割り当てた3260です。Cisco 5400シリーズ システム上でポートを変更した場合以外は、ポート3260を使用してください。

ターゲット名

ホストにマップされたiSCSIターゲットの名前

5400シリーズ システム上でiSCSIターゲットを設定するときに、このターゲット名を設定します。

LUN

ホストにマップされたiSCSIターゲットのLUN番号。各ターゲットのLUN番号は、LUN 0から順番に付ける必要があります。


) ブート イメージはつねにLUN 0でなければなりません。



ヒント 設定するホストごとに、このワークシートのコピーを用意してください。