Cisco MDS 9216 スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
設置場所の準備およびメンテナ ンスの記録
設置場所の準備およびメンテナンスの記録
発行日;2012/01/08 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf | フィードバック

目次

設置場所の準備およびメンテナンスの記録

設置場所の準備チェックリスト

連絡先および所在地情報

シャーシおよびモジュール情報

設置場所の準備およびメンテナンスの記録

この付録では、Cisco MDS 9216スイッチのインストレーション時に使用する各種の記録用ワークシートを紹介します。

「設置場所の準備チェックリスト」

「連絡先および所在地情報」

「シャーシおよびモジュール情報」


) スイッチの設定情報を調べる方法については、『Cisco MDS 9000 Family Configuration Guide』を参照してください。


設置場所の準備チェックリスト

スイッチを正常に稼働させ、十分な換気を確保し、容易にメンテナンス作業ができるようにするには、装置ラックまたは配線クローゼットの位置とレイアウトが重要です。 表 E-1 に、Cisco MDS 9216スイッチの設置前に行うべき、設置場所の準備作業を示します。

設置場所の空調設備を検討する際、発熱量を考慮してください。環境要件については表 C-1、電力および発熱定格については「電源仕様」を参照してください。

 

表 E-1 設置場所の準備チェックリスト

作業番号
準備作業
担当者
時刻
日付

1

スペースの確認:

空間およびレイアウト

床仕上げ材

衝撃および振動

照明

メンテナンス作業のしやすさ

2

環境の確認:

室温

湿度

高度

空気汚染

通気

3

電源の確認:

入力電源タイプ

電源レセプタクル1

レセプタクルから装置までの距離

電源装置専用の回路

冗長電源装置用の専用(独立した)回路

停電時に使用するUPS2

4

アースの確認:

回路ブレーカー容量

COアース(AC電源システム)

5

ケーブルおよびインターフェイス機器の確認:

ケーブル タイプ

コネクタ タイプ

ケーブルの距離制限

インターフェイス機器(トランシーバ)

6

EMI3の確認:

シグナリングに関する距離制限

配線

RFI4レベル

1.シャーシに搭載されている電源装置に専用のAC電源回路があることを確認します。

2.UPS = Uninterruptible Power Supply:無停電電源装置

3.EMI = 電磁波干渉

4.RFI = Radio Frequency Interference:無線周波干渉

連絡先および所在地情報

次のワークシートを使用して、連絡先および所在地の情報を記録してください。

 

表 E-2 連絡先および所在地

連絡先の担当者
連絡先の電話番号
連絡先の電子メール
建物/施設の名称

データ センタの所在地

フロア
住所(1行目)
住所(2行目)
市町村

都道府県
郵便番号

シャーシおよびモジュール情報

次のワークシートを使用して、シャーシおよびモジュールの情報を記録してください。

契約番号_______________________________________________

 

シャーシのシリアル番号___________________________________________

 

製品番号________________________________________________

 

表 E-3 ネットワーク関連情報

スイッチのIPアドレス
スイッチのIPネットマスク
ホスト名
ドメイン名
IPブロードキャスト アドレス
ゲートウェイ/ルータ アドレス
DNSアドレス
モデムの電話番号

 

表 E-4 モジュール情報

スロット
モジュール タイプ
モジュールのシリアル番号
1
スーパバイザ

2


) スーパバイザ モジュールおよびインターフェイス モジュールは、取り外しできません。