Cisco MDS 9396S マルチレイヤ ファブリック スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
技術仕様
技術仕様

技術仕様

スイッチの仕様

次の表に、Cisco MDS 9396S スイッチの環境仕様を示します。
表 1 Cisco MDS 9396S スイッチの環境仕様

説明

仕様

温度、動作時

32 ~ 104°F(0 ~ 40°C)

温度、非動作時および保管時

-40 ~ 158°F(-40 ~ 70°C)

湿度(RH)、動作時(結露しないこと)

10 ~ 90 %

湿度(RH)、非動作時および保管時(結露しないこと)

5 ~ 95%

動作時高度

-60 ~ 2000 m(-197 ~ 6500 フィート)

ノイズ レベル

60 dB

次の表に、Cisco MDS 9396S スイッチの物理仕様を示します。
表 2 Cisco MDS 9396S スイッチの仕様

説明

仕様

Cisco MDS 9396S スイッチの寸法

幅:43.59 cm(17.16 インチ)

高さ:4.37 cm(1.72 インチ)

奥行:41.50 cm(16.34 インチ)

ラック ユニット(RU)

シャーシに 2 RU(4.45 cm(1.75 インチ))必要です

重量

19.84 ポンド(9 kg)(2 台のファン モジュールと 2 台の電源装置を搭載)

電源モジュール

1200 W(180-264 VAC 入力)、800 W(90-180 VAC 入力)

製品番号:DS-CAC-1200W-E

電源コード:電源の C14 プラグに接続するノッチ付き C13 ソケット コネクタ

100 ~ 240 V AC(範囲 10 %)

公称 50 ~ 60 Hz

エアーフロー

ポート側排気。

システムによって 110 リニア フィート/分(LFM)、最大 255 LMDM。

過熱を避けるために、壁とシャーシ排気口の間に最低 6.4 cm(2.5 インチ)の空間と、2 つのシャーシ間に最低 15.2 cm(6 インチ)の水平方向の間隔を取ることを推奨します。

電力仕様

一般的な電源仕様

次の表に Cisco MDS 9396S スイッチの AC 入力電源装置の仕様を示します。

AC 入力電源

仕様

AC 入力電圧

最小 = 90 VAC

公称 = 100 ~ 240 VAC

最大 = 264 VAC

消費電力(最大)

700 W(25° C、100 % トラフィック負荷、16 Gbps で稼働するベース モデル コンフィギュレーションの場合)

800 W(25° C、100 % トラフィック負荷、16 Gbps で稼働するフル装備のコンフィギュレーションの場合)

(注)     

プラグの定格電流については、「ジャンパ電源コード」の項を参照してください。

AC 入力周波数

公称 = 50 ~ 60 Hz

電源装置出力容量

1200 W

電源装置の出力電圧

12 V +/- 5 % 最大 66.67 A(90-180 VAC 入力)

12 V +/- 5 % 最大 66.67 A(180-264 VAC 入力)

出力保持時間

入力 > 100 VAC のとき 20 ms

電源要件仕様

次の表に、Cisco MDS 9396S スイッチの AC 入力電源装置の電力計算サンプルを示します。

表 3 AC 入力電源装置の電力散逸

Cisco MDS 9396S スイッチ

Port Number

AC 電源(V)

AC 電源(W)

典型的な例

48 ポート

220

675.41

48 ポート

110

705.46

96 ポート

220

732.12

96 ポート

110

765.47


(注)  


入力パワー損失を防止するために、電源モジュールに供給する各回路の合計最大負荷が配線およびブレーカーの電流定格の範囲内に収まるようにする必要があります。


AC 電源システムの接続に関する注意事項

Cisco MDS 9396S スイッチの AC 電源を設置場所の電源に接続するには、次の基本ガイドラインに従ってください。
  • 各電源装置には、それぞれ専用の分岐回路を持たせるようにしてください。

  • 国外で使用する際には、各国および地域の規定に準拠した回路を使用してください。

  • シャーシとプラグ接続する AC 電源レセプタクルには、アース付きのタイプを使用してください。 レセプタクルに接続するアース用導体は、設置場所の施設の保護アースに接続する必要があります。

SFP トランシーバの仕様

Cisco MDS 9396S スイッチは LC コネクタを備えた SFP トランシーバおよびケーブルと互換性があります。 各トランシーバは波長仕様がケーブルの反対側のトランシーバと一致している必要があります。また、信頼性の高い通信を実現するため、ケーブル長の制限値を超えてはなりません。

Cisco SFP トランシーバは、アップリンク インターフェイス、レーザー送信(TX)、レーザー受信(RX)を備え、トランシーバによって異なりますが 850 ~ 1610 nm の公称波長をサポートします。

Cisco MDS 9396S スイッチには Cisco SFP トランシーバだけを使用します。 それぞれの Cisco SFP トランシーバには、その SFP トランシーバがスイッチの要件を満たしているかどうかをスイッチで確認できるように、モデル情報がコード化されています。 サポートされる SFP トランシーバのリストについては、リリース ノートを参照してください。

SFP トランシーバの詳細については、『Cisco MDS 9000 Family Pluggable Transceivers Data Sheet』を参照してください。

安全性、法規制、および標準への準拠については、『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco MDS 9000 Family』を参照してください。

シスコ ファイバ チャネル SFP+ トランシーバ

次の表に Cisco MDS 9396S スイッチでシスコ システム経由で使用できるファイバ チャネル SFP+ トランシーバを示します。

表 4 Cisco MDS 9396S スイッチで使用できるシスコ ファイバ チャネル SFP+ トランシーバ

部品番号

説明

タイプ

DS-SFP-FC10G-SW

Cisco MDS 10 Gbps ファイバ チャネル SW SFP+、LC

短波長

DS-SFP-FC10G-LW

Cisco MDS 10 Gbps ファイバ チャネル LW SFP+、LC

長波長

DS-SFP-FC16G-SW

Cisco MDS 4/8/16 Gbps ファイバ チャネル SW SFP+、LC

短波長

DS-SFP-FC16G-LW

Cisco MDS 4/8/16 Gbps ファイバ チャネル LW SFP+、LC

長波長

DS-SFP-FC8G-SW

Cisco MDS 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル SW SFP+、LC

短波長

DS-SFP-FC8G-LW

Cisco MDS 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル LW SFP+、LC

長波長

DS-SFP-FC8G-ER

Cisco MDS 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル Extended Reach SFP+、LC

Extended-Reach(ZX; 延長到達距離)

DS-CWDM8Gxxxx

Cisco MDS 2/4/8 Gbps CWDM Long Distance SFP、LC

Long Distance

シスコ ファイバ チャネル 16 Gbps SFP+ トランシーバの基本仕様

次の表に、16 Gbps のケーブル仕様を示します。

表 5  シスコ 16-Gbps ファイバ チャネル SFP トランシーバの基本仕様

SFP+

波長(nm)

ファイバ タイプ:

コア サイズ(ミクロン)

ボー レート(GBd)

ケーブル長

DS-SFP-FC16G-S W

850

MMF

62.5

50.0

50.0

50.0

62.5

50.0

50.0

50.0

62.5

50.0

50.0

50.0

14.025

14.025

14.025

14.025

8.5

8.5

8.5

8.5

4.25

4.25

4.25

4.25

15 m(49 フィート)(OM1)

35 m(115 フィート)(OM2)

100 m(328 フィート)(OM3)

125 m(410 フィート)(OM4)

21 m(69 フィート)(OM1)

50 m(164 フィート)(OM2)

150 m(492 フィート)(OM3)

190 m(623 フィート)(OM4)

70 m(230 フィート)(OM1)

150 m(492 フィート)(OM2)

380 m(1247 フィート)(OM3)

400 m(1312 フィート)(OM4)

DS-SFP-FC16G-L W

1310

SMF

9.0

9.0

9.0

14.025

8.5

4.25

10 km(6.2 マイル)

10 km(6.2 マイル)

10 km(6.2 マイル)

16 Gbps の環境条件と電力要件

次の表に、16 Gbps の光パラメータを示します。

表 6 16 Gbps の光パラメータ

SFP+

平均送信電力(dBm)

平均受信電力(dBm)

ファイバ損失バジェット(dB)

最高

最低

最高

最低

(62.5 ミクロン(OM1))

(50.0 ミクロン(OM2))

(50.0 ミクロン(OM3))

DS-SFP-FC16G-SW

-1.3

7、8

0

-10.3

2.08(4 Gbps)

1.68(8 Gbps)

1.63(16 Gbps)

2.08(4 Gbps)

1.68(8 Gbps)

1.63(16 Gbps)

2.88(4 Gbps)

2.04(8 Gbps)

1.86(16 Gbps)

DS-SFP-FC16G-LW

2.0

-5.0

2.0

10

7.8(4 Gbps)

6.4(8 Gbps)

6.4(16 Gbps)

次の表に、動作時と保管時の温度範囲を示します。

表 7 16 Gbps の動作時と保管時の温度範囲

SFP+

動作時

ストレージ

最高

最低

最高

最低

DS-SFP-FC16G-SW

40°C

0°C

85°C

-40°C

DS-SFP-FC16G-LW

40°C

0°C

85°C

-40°C

シスコ ファイバ チャネル 10 Gbps SFP+ トランシーバの基本仕様

次の表に、10 Gbps のケーブル仕様を示します。

表 8  シスコ 10-Gbps ファイバ チャネル SFP トランシーバの基本仕様

SFP+

波長(nm)

ファイバ タイプ:

コア サイズ(ミクロン)

ボー レート(GBd)

ケーブル長

DS-SFP-FC10G-SW

850

MMF

62.5(OM1)

50.0(OM3)

50.0(OM3)

10.518

10.518

10.518

33 m(104 フィート)

82 m(269 フィート)

300 m(984 フィート)

DS-SFP-FC10G-LW

1310

SMF

9.0

10.518

10 km(6.2 マイル)

10 Gbps の環境条件と電力要件

次の表に、16 Gbps の光パラメータを示します。

表 9 16 Gbps の光パラメータ

SFP+

平均送信電力(dBm)

平均受信電力(dBm)

ファイバ損失バジェット(dB)

最高

最低

最高

最低

DS-SFP-FC10G-SW

-1.3

7.3

-1.0

-9.9

7.3

DS-SFP-FC10-LW

-0.5

-8.2

-1.0

-9.9

7.4

次の表に、動作時と保管時の温度範囲を示します。

表 10 10 Gbps の動作時と保管時の温度範囲

SFP+

動作時

ストレージ

最高

最低

最高

最低

DS-SFP-FC10G-SW

40°C

0°C

85°C

-40°C

DS-SFP-FC10-LW

40°C

0°C

85°C

-40°C

シスコ ファイバ チャネル 8 Gbps SFP+ トランシーバの基本仕様

次の表に、8 Gbps のケーブル仕様を示します。

表 11  シスコ 8-Gbps ファイバ チャネル SFP トランシーバの基本仕様

SFP+

波長(nm)

ファイバ タイプ:

コア サイズ(ミクロン)

ボー レート(GBd)

ケーブル長

DS-SFP-FC8G-SW

850

MMF

62.5

62.5

62.5

50.0(OM2)

50.0(OM2)

50.0(OM2)

50.0(OM3)

50.0(OM3)

50.0(OM3)

50.0(OM4)

50.0(OM4)

50.0(OM4)

2.125

4.250

8.500

2.125

4.250

8.500

2.125

4.250

8.500

2.125

4.250

8.500

150 m(492 フィート)

70 m(230 フィート)

21 m(69 フィート)

300 m(984 フィート)

150 m(492 フィート)

50 フィート(164 ft)

500 m(1640 フィート)

380 m(1246 フィート)

150 m(492 フィート)

520 m(1706 フィート)

400 m(1312 フィート)

190 m(623 フィート)

DS-SFP-FC8G-LW

1310

SMF

9.0

9.0

9.0

2.125

4.250

8.500

10 km(6.2 マイル)

10 km(6.2 マイル)

10 km(6.2 マイル)

DS-SFP-FC8G-ER

1550

1310

9.0

9.0

9.0

2.125

4.250

8.500

40 km(24.85 マイル)

40 km(24.85 マイル)

40 km(24.85 マイル)

8 Gbps の環境条件と電力要件

次の表に、8 Gbps の光パラメータを示します。

表 12 8 Gbps の光パラメータ

SFP+

平均送信電力(dBm)

平均受信電力(dBm)

ファイバ損失バジェット(dB)

最高

最低

最高

最低

(62.5 ミクロン(OM1))

(50.0 ミクロン(OM2))

(50.0 ミクロン(OM3))

DS-SFP-FC8G-SW

-1.3

-10(2 Gbps)

-9(4 Gbps)

-8.2(8 Gbps)

0

2.10(2 Gbps)

1.78(4 Gbps)

1.58(8 Gbps)

2.08(4 Gbps)

1.68(8 Gbps)

1.63(16 Gbps)

3.31(2 Gbps)

2.88(4 Gbps)

2.04(8 Gbps)

DS-SFP-FC8 G-LW

-3(2 Gbps)

-1(4 Gbps)

0.5(8 Gbps)

-11.7(2 Gbps)

-8.4(4 Gbps)

-8.4(8 Gbps)

-3(2 Gbps)

-1(4 Gbps)

0.5(8 Gbps)

-7.8(2 Gbps)

7.8(4 Gbps)

6.4(8 Gbps)

DS-SFP-FC8G-ER

4

-4.7

-1

10.9

10.9

次の表に、動作時と保管時の温度範囲を示します。

表 13 8 Gbps の動作時と保管時の温度範囲

SFP+

動作時

ストレージ

最高

最低

最高

最低

DS-SFP-FC8G-SW

40°C

0°C

85°C

-40°C

DS-SFP-FC8G-LW

40°C

0°C

85°C

-40°C

シスコ CWDM SFP トランシーバの光仕様

次の表に、CWDM SFP トランシーバの光仕様を示します。 CWDM SFP トランシーバには、28 デシベル(db)の光リンク バジェットがあります。


(注)  


各パラメータは、特に明記されていない限り、温度超過および耐用年数末期での仕様です。



(注)  


短距離のシングルモード ファイバを使用する場合は、レシーバに負荷がかかり過ぎないようにするため、リンクにインライン光減衰器を挿入しなければならないことがあります。 短距離のシングルモード ファイバを使用する場合は、レシーバに負荷がかかり過ぎないようにするため、リンクにインライン光減衰器を挿入しなければならないことがあります。


パラメータ

記号

最低

標準

最高

単位

注意

トランスミッタ中心波長

λc

(x-4)

(x+1)

(x+7)

nm

使用可能な中心波長:

1470、1490

1510、1530

1550、1570

1590、1610 nm

波長の温度依存

0.08

0.1

nm/° C

サイドモード圧縮比

SMSR

30

dB

トランスミッタ光出力

Pout

0.0

5.0

dBm

シングルモード ファイバ組み込みの平均電力

レシーバ光入力電力(BER <10-12、PRBS 2-7-1)

Pin

-28.0

-7.0

dBm

2.12 Gbps の条件時

140°F(60°C)

ケース温度

レシーバ光入力波長

λin

1450

1620

nm

トランスミッタ消光比

OMI

9

dB

60 km 地点での分散ペナルティ

2

dB

100 km 地点での分散ペナルティ

2

db

1.25 Gbps の条件時

3

dB

1.25 Gbps の条件時