Cisco MDS 9396S マルチレイヤ ファブリック スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
キャビネットおよびラックへの設置
キャビネットおよびラックへの設置

目次

キャビネットおよびラックへの設置

キャビネットおよびラックの要件

ここでは、外部の周囲温度が 0 ~ 40 °C であると想定し、次の種類のキャビネットおよびラックに設置する場合の Cisco MDS 9000 ファミリーの要件を示します。
  • 標準穴あき型キャビネット

  • ルーフ ファン トレイ(下から上への冷却用)付きの 1 枚壁型キャビネット

  • 標準オープンラック

  • Telco ラック


(注)  


閉鎖型キャビネットに設置する場合には、上記の標準穴あき型またはファン トレイ付き 1 枚壁型の温度調節タイプを使用することを推奨します。


キャビネットおよびラックの一般的な要件

キャビネットまたはラックは、次のいずれかのラック タイプである必要があります。
  • 標準 48.3 cm(19 インチ)、ANSI/EIA-310-D-1992 のセクション 1 に基づく英国ユニバーサル ピッチの規格に準拠している取り付けレール付き 4 支柱 EIA キャビネットまたはラック。 「穴あき型キャビネットの要件」および「1 枚壁型キャビネットの要件」の項を参照してください。

  • 標準 2 支柱 Telco ラック、ANSI/EIA-310-D-1992 のセクション 1 に準拠した英国ユニバーサル ピッチに適合する取り付けレール付き。 「Telco ラックの要件」の項を参照してください。

また、キャビネットまたはラックは、次の要件を満たしている必要があります。
  • シャーシあたりの縦方向の最小ラック スペースが 1 RU(ラック ユニット)、つまり 4.4 cm(1.75 インチ)である必要があります。

  • ラックの取り付けレールの幅が、少なくとも 45.1 cm(17.75 インチ)である必要があります。 4 支柱 EIA ラックの場合、前方の 2 本のレールの距離が 17.75 インチ(45.1 cm)であること。

  • 4 支柱 EIA キャビネット(穴あき型または 1 枚壁型)の場合:
    • 光ファイバ ケーブルの最小曲げ半径を確保するために、キャビネットの前方取り付けレールから前面扉までに 7.6 cm(3 インチ)以上のスペースが必要です。そして、ケーブル管理ブラケットをシャーシの前面に取り付ける場合は最低 12.7 cm(5 インチ)必要です。

    • 前面取り付けレールの外側の面と背面取り付けレールの外側の面の間隔は、背面ブラケットを取り付けられるようにするには、59.7 ~ 86.4 cm(23.5 ~ 34.0 インチ)必要です。

    • シャーシ側面とキャビネット側面の間には、6.4 cm(2.5 インチ)以上の間隔が必要です。 シャーシの吸気口または排気口の通気を妨げるようなものは除去してください。


(注)  


キャビネットでオプションのジャンパ電源コードが使用できます。 「ジャンパ電源コード」の項を参照してください。


穴あき型キャビネットの要件

「キャビネットおよびラックの一般的な要件」の項に示す要件に加えて、穴あき型キャビネットは、次の要件を満たす必要があります。
  • 前面扉および背面扉の開孔率が 60 % 以上であること。扉の高さの 1 RU あたり 96.8 平方 cm(15 平方インチ)以上開口部があること。

  • ルーフの開孔率が 20 % 以上の穴あき型であることを推奨します。ただしキャビネットに Cisco MDS 9396S スイッチだけが収容されている場合は、ルーフは穴あき型である必要はありません。

  • キャビネットの床面は、冷却を強化するため穴あき型または開口型であることが推奨されますが、これは必須ではありません。

基準穴あき型キャビネット

前述の要件に適合する穴あき型キャビネットは、Rittal Corporation から入手できます。
Rittal Corporation 
One Rittal Place 
Springfield, OH 45504
電話番号:(800) 477-4000
キャビネット製品番号:Rittal 9969427
キャビネットの説明:PS-DK/OEM キャビネット アセンブリ、1998 x 600 x 1000(H x W x D)(42U)

1 枚壁型キャビネットの要件

「キャビネットおよびラックの一般的な要件」の項に示す要件に加えて、1 枚壁型キャビネットは、次の要件を満たす必要があります。
  • キャビネットの最下部から空気を取り込んで最上部から送出し、キャビネット上部からのエアーフローの送出量が 500 cfm 以上であるルーフ ファン トレイと冷却機構を備えていること。

  • 下から上に適切に通気されるように、前面扉、背面扉、および両側面がすべて閉鎖型(穴なし)であること。

  • 扉を閉じて十分なエアーフローを確保するため、キャビネット全体の奥行が 91.4 ~ 106.7 cm(36 ~ 42 インチ)である必要があります。

  • キャビネットの床面吸気口として、968 ㎠(150 平方インチ)以上が開いていること。

  • 吸気を妨げないように、最下部の機器を床面開口部から最低 4.4 cm(1.75インチ)上に設置できること。

標準オープンラックの要件

「キャビネットおよびラックの一般的な要件」の項の要件に加えて、シャーシをオープンラック(側面パネルまたは扉が付いていないもの)に取り付ける場合、ラックが次の要件を満たしていることを確認します。
  • 2 つの前面取り付けレール間の間隔:45.1 cm(17.75 インチ)以上

  • シャーシあたりの縦方向の最小ラック スペース:1 ラック ユニット(RU)、つまり 4.4 cm(1.75 インチ)

  • 前面取り付けレールの外側の面と背面取り付けレールの外側の面の間隔は、背面ブラケットを取り付けられるようにするには、59.7 ~ 86.4 cm(23.5 ~ 34.0 インチ)必要です。

  • シャーシ通気口と壁の間隔が 6.4 cm(2.5 インチ)である必要があります。

Telco ラックの要件

「キャビネットおよびラックの一般的な要件」の項に示す要件に加えて、Telco ラックは、次の要件を満たす必要があります。
  • 2 つのラック取り付けレール間のラックの幅が、少なくとも 45.1 cm(17.75 インチ)である必要があります。

  • シャーシ通気口と壁の間隔が 6.4 cm(2.5 インチ)である必要があります。

Cisco MDS 9000 ファミリ Telco および EIA シェルフ ブラケット

オプションの Telco および EIA シェルフ ブラケット キット(製品番号 DS-SHELF=)は、取り付け時に Cisco MDS 9396S スイッチを一時的または永続的に支えることができます。 前面ラックマウント ブラケットがラック取り付けレールにしっかりと固定されたら、シェルフ ブラケットを取り外すことができます。

このキットでは次のコンフィギュレーションがサポートされています。
  • 2 支柱 Telco ラックに装着された Cisco MDS 9396S スイッチ

  • 4 支柱 EIA ラックに装着された Cisco MDS 9396Sスイッチ


(注)  


このオプション キットはスイッチに付属していません。キットの発注については、製品を購入した代理店にお問い合わせください。

ここでは、オプションの Telco および EIA シェルフ ブラケット キットを使用してラックまたはキャビネットに Cisco MDS 9396S スイッチを取り付ける手順を説明します。

ラックに設置する場合の注意事項


注意    


ラックにキャスタが付いている場合、ブレーキがかかっているか、または別の方法でラックが固定されていることを確認してください。



注意    


このキットを EIA ラックに設置する場合は、4 つすべてのラック取り付けレールにスイッチを固定します。EIA レールの場合、2 本のレールだけを使用するとシェルフ ブラケットのたわみを防ぐのに十分な厚さがない可能性があります。


シャーシのラック取り付けを行う前に、キャビネットまたはラックが次の要件を満たしていることを確認します。
  • 仕様は「キャビネットおよびラックの要件」の項に記載されています。

  • ラックの奥行きは、前面と背面の取り付けレール間で 45.7 cm(18 インチ)以上、76.2 cm(30 インチ)以下であること。 これは 4 支柱 EIA キャビネットまたはラックに固有です。

  • 「技術仕様」の項に説明されているとおり、エアーフローと冷却は十分で、スイッチの通気口の周囲に十分なスペースがあります。 これは、閉鎖型キャビネットにスイッチを設置する場合に特に重要な確認事項です。

  • ラックには、シャーシ用に十分な縦方向のスペースに加え、シェルフ ブラケット用に 2 ラック ユニット、そして取り付けプロセスに必要なその他のスペースが確保されています。

  • ラックは、次の表に示すラック ユニット(RU)あたりの最小ラック ロード評価を満たしています。

ラック タイプ

MDS 9396S

EIA(4 支柱)

3.40 kg(7.5 lb)

Telco(2 支柱)

3.40 kg(15 lb)

シェルフ ブラケット取り付け前の作業

シェルフ ブラケットを取り付ける前に、キットの内容を確認します。 次の表に、シェルフ ブラケット キットの内容を示します。

数量

部品

2

スライダ ブラケット

2

スライダ ブラケット

1

クロスバー

2

10-32 x 3/8 インチなべネジ

16

12-24 x 3/4 インチ プラス ネジ

16

10-24 x 3/4 インチ プラス ネジ

必要な工具

この取り付けには次の機器が必要です。
  • No.2 プラス ドライバ

  • 巻き尺と水準器(シェルフ ブラケットを水平にするため)

2 支柱 Telco ラックへのシェルフ ブラケット キットの取り付け

次の図は、2 支柱 Telco ラックにシェルフ ブラケット キットを取り付ける方法を示しています。
図 1. Telco ラックへのシェルフ ブラケット キットの取り付け



Telco ラックにシェルフ ブラケットを取り付ける手順は、次のとおりです。


    ステップ 1   上記の図に示すように、ラック取り付けレールの内側にシェルフ ブラケットを配置し、シェルフ ブラケットの前面にあるネジ穴と、ラック取り付けレールにある穴の位置を合わせます。 4 本以上の 12-24 または 10-24 のネジを使用して、ラック取り付けレールにシェルフ ブラケットを取り付けます。
    (注)     

    シェルフ ブラケットの一番下の穴は、ラック取り付けレールにあるラック ユニットの一番下の穴(1/2 インチのスペースのすぐ上にある穴)と位置が合っている必要があります。

    ステップ 2   他のシェルフ ブラケットでも同じ手順を繰り返します。
    ステップ 3   シェルフ ブラケットの高さが揃っていることを確認します(必要に応じて水準器または巻き尺を使用)。
    ステップ 4   上記の図に示すように、10-32 ネジを使用してシェルフ ブラケットの背面にクロスバーを取り付けます。

    4 支柱 EIA ラックへのシェルフ ブラケット キットの取り付け

    次の図は、4 支柱 EIA ラックにシェルフ ブラケット キットを取り付ける方法を示しています。
    図 2. EIA ラックへのシェルフ ブラケット キットの取り付け



    EIA ラックにシェルフ ブラケットを取り付ける手順は、次のとおりです。


      ステップ 1   上記の図に示すように、ラック取り付けレールの内側にシェルフ ブラケットを配置します。 シェルフ ブラケットの前面にあるネジ穴と、前面ラック取り付けレールにある穴の位置を合わせます。 4 本以上の 12-24 または 10-24 のネジを使用して、前面ラック取り付けレールにシェルフ ブラケットを取り付けます。
      (注)     

      シェルフ ブラケットの一番下の穴は、ラック取り付けレールにあるラック ユニットの一番下の穴(1/2 インチのスペースのすぐ上にある穴)と位置が合っている必要があります。

      ステップ 2   他のシェルフ ブラケットでも同じ手順を繰り返します。
      ステップ 3   シェルフ ブラケットの高さが揃っていることを確認します(必要に応じて水準器または巻き尺を使用)。
      ステップ 4   上記の図に示すように、10-32 ネジを使用してシェルフ ブラケットにクロスバーを取り付けます。
      ステップ 5   上記の図に示すように、シェルフ ブラケットにスライダ レールを挿入します。 4 本以上の 12-24 または 10-24 のネジを使用して、背面ラック取り付けレールに取り付けます。

      シェルフ ブラケットへのスイッチの取り付け

      ここでは、シェルフ ブラケットの上にスイッチを取り付ける手順の概要を示します。

      (注)  


      この装置は、立ち入りが制限された場所への設置を前提としています。 立ち入りが制限された場所とは、特殊なツール、ロックおよびキー、または他のセキュリティ手段を使用しないと入室できない場所を意味します。 ステートメント 1017



      (注)  


      この装置の設置、交換、または保守は、訓練を受けた相応の資格のある人が行ってください。 ステートメント 1030



      (注)  


      システムの設置、操作、または保守を行う前に、『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco MDS 9000 Family』を参照し、安全に関する重要な情報を確認してください。


      シェルフ ブラケットの上にスイッチを取り付けるには、次の手順を使用します。


        ステップ 1   シェルフ ブラケットが水平で、ラック取り付けレールにしっかり固定されていること、クロスバーがシェルフ ブラケットにしっかり固定されていること、およびラックが安定していることを確認します。
        ステップ 2   シェルフ ブラケットにスイッチを挿入し、位置が正しいことを確認します。
        ステップ 3   ラック取り付けレールにスイッチを取り付けます。
        注意       

        ラックがすでにアースされている場合でも、シャーシをアースすることを推奨します。 シャーシには、アース ラグを接続するための、M4 ネジ穴が 2 つあるアース パッドが付いています。

        (注)     

        アース ラグは、NRTL にリストされているか、銅製の導体と互換性のあるものを使用する必要があります。 電流容量が米国電気工事規程(NEC)に準拠する銅製の導体(ワイヤ)のみを使用する必要があります。


        シェルフ ブラケット キットの取り外し(オプション)

        シェルフ ブラケット キットを取り外すには、まず、4 支柱 EIA ラックに Cisco MDS 9396S スイッチを取り付け、両方の前面ラックマウント ブラケットと両方の C ブラケットをラック取り付けレールに固定する必要があります。

        ブラケット キットを取り外す手順は、次のとおりです。


          ステップ 1   スライダ ブラケットを背面ラック取り付けレールに固定しているネジを取り外してから、スライダ ブラケットをシェルフ ブラケットからスライドして取り外します。
          ステップ 2   シェルフ ブラケットにクロスバーを固定しているネジを取り外してから、クロスバーを取り外します。
          ステップ 3   シェルフ ブラケットを前面ラック取り付けレールに固定しているネジを取り外してから、シェルフ ブラケットをラックから取り外します。