Cisco MDS 9396S マルチレイヤ ファブリック スイッチ ハードウェア インストレーション ガイド
製品概要
製品概要

製品概要

Cisco MDS 9396S スイッチの側面図と背面図

Cisco MDS 9396S マルチレイヤ ファブリック スイッチ(DS-C9396S-K9)は、次世代マルチレイヤ インテリジェント サービス指向のファブリック スイッチです。 強力でコンパクトな 2 ラック ユニット(2 RU)フォーム ファクタにより、統合 96 ポート ファイバ チャネル機能を備えています。 Cisco MDS 9396S スイッチは、次の要件を満たしています。

  • 小規模な部門ストレージ環境でのスタンドアロン ストレージ エリア ネットワーク(SAN)。

  • 中規模の冗長ファブリックの MoR(ミドルオブロー)スイッチ。

  • エンタープライズ データセンターのコア エッジ トポロジのエッジ スイッチ。

Cisco MDS 9396S スイッチの主要な機能を次に示します。

  • 96 のライセンス ポート、または 48 のライセンス ポート(オンデマンド ライセンスにより 12 ポート単位で最大 96 ポートまで拡張可能)。

  • すべてのファイバ チャネル ポートが 2、4、8、10、16 Gbps のライン レートに対応。

  • 現場交換およびホット スワップ可能な Small Form-Factor Pluggable(SFP)トランシーバをサポートするポート インターフェイス。

  • ホットスワップが可能な冗長電源およびファン トレイ。

  • Inter-Switch Link(ISL)の復元性機能を備えたポート チャネル、および NPV モードで動作する Cisco MDS 9396S からのアップリンクの復元性を高めるための F ポート チャネル。

  • インサービス ソフトウェア アップグレード(ISSUI)、仮想 SAN(VSAN)、セキュリティ機能、および Quality of Service(QoS)などのエンタープライズ クラスの機能。

  • 新しく導入したスイッチへのソフトウェア イメージのアップグレードとコンフィギュレーション ファイルのインストールを自動化する Power On Auto Provisioning(POAP)。

  • インテリジェントなブート アップと定期的な実行時テストを行う、ビルトイン診断システムの Generic Online Diagnostics(GOLD)。

  • Cisco MDS 9000 ファミリとの完全な互換性。

Cisco MDS 9396S スイッチの前面には、LED、コンソール、管理ポート、および 96 の 2/4/8/10/16 Gbps ライン レート ファイバ チャネル ポートが搭載されています。

図 1. Cisco MDS 9396S スイッチの前面図



1

シリアル コンソール ポート

6

USB ポート

2

システム ステータス LED

7

10/100/1000 Mbps イーサネット管理ポート

3

電源モジュール LED

8

ファイバ チャネル ポート

4

ファン LED

9

排気グリル

5

排気グリル

Cisco MDS 9396S スイッチの背面には、冗長 AC PSU 用の 2 つの PSU ベイ、冗長ファン モジュール用の 2 つのファン ベイ、およびシャーシ アース パッドがあります。 各側面パネルには、ラック マウント レール用の接続ポイントがあります。



1

電源コンセント

5

ファン モジュール

2

電源モジュール

6

電源モジュール

3

電源モジュール ハンドル

7

ファン固定ネジ

4

ファン モジュール

Cisco MDS 9396S スイッチの背面には、ラベルの下に接地点もあります(図 2)。

図 2. 接地点とファン固定ネジ



1

接地点

電源モジュール

Cisco MDS 9396S マルチレイヤ ファブリック スイッチは、2 つのホットスワップ可能な AC 電装置(PSU)をサポートしています。 各装置の前面プレートには電源レセプタクルとステータス LED があり、シャーシでの装置の取り付けまたは取り外しのためのハンドルがあります。 PSU または AC 電源(グリッド冗長モード)で障害が発生しても、システムは引き続き稼働します。 PSU はホットスワップ可能であり、システムをシャットダウンせずに個別に交換できます。 PSU の取り付けおよび取り外しの詳しい手順については、「電源装置の取り外しおよび取り付け」の項を参照してください。

ファン モジュール

Cisco MDS 9396S マルチレイヤ ファブリック スイッチは、事前に設定した温度しきい値を超えない限り、ファン モジュールを取り外してもスイッチが引き続き動作できるように、2 つのホットスワップ可能なファン モジュールをサポートしています。 システムを停止することなくファン モジュールを交換できます。 Cisco MDS 9396S スイッチの各ファン モジュールには 2 つのファンがあります。

図 3. Cisco MDS 9396S ファン モジュール




注意    


Cisco MDS 9396S スイッチには、シャーシ内のさまざまな部分の温度が特定の安全しきい値を超えた場合に、システムをシャット ダウンできる内部温度センサーが搭載されています。 温度センサーが機能するにはエアーフローの存在が必要です。そのため、ファン モジュールがシャーシから取り外されると、検出できない過熱を防止するために、Cisco MDS 9396S スイッチは 5 分後にシャット ダウンします。 ただし、高レベルの温度しきい値を超えると、スイッチはそれより前にシャット ダウンします。 通常の動作では、Cisco MDS 9396S スイッチには 4 つのファンが必要です。 ファン モジュールのステータスは、前面パネルの LED で示されます。


ファン モジュールの交換と取り付けの手順については、「コンポーネントの取り外しおよび取り付け」を参照してください。

スイッチ ポート

Cisco MDS 9396S マルチレイヤ ファブリック スイッチは、ホスト、ターゲット、およびスイッチ間リンク(ISL)接続を提供します。 各ポートにはリンク ステータスを示す LED があります。 ポートは SFP+ タイプのファイバ チャネル トランシーバをサポートしています。 トランシーバの詳細については、「サポートされる SFP+ トランシーバ」の項を参照してください。

2、4、8、10、16 Gbps の速度に対応した最大 96 個の自動速度検出ファイバ チャネル ポートを利用できます。 デフォルトでは、最初の 48 ポートがライセンスされ、アクティブになっています。 残りのポートは、On Demand Port Activation Licence を購入することで、12 ポート単位でアクティブにできます。

Cisco 9396S スイッチにはアウトオブバンド イーサネット管理ポートが搭載されています。 このポートにはリンク LED とリンク アクティビティ LED があります。 また、ブート モードでシステムにアクセスおよび監視するためのアウトオブバンド RS-232 コンソール ポートがあります。 このポートはソフトウェア フロー制御だけを提供します。

Cisco 9396S スイッチには USB ポートがあります。 このポートは、システムのフラッシュ ストレージの増設、または USB スティックを使用したシステムと外部の間でのファイルの移動に使用できます。

スイッチ LED

Cisco MDS 9396S マルチレイヤ ファブリック スイッチの LED を次の図に示します。 LED からシステム ステータスを簡単に確認できます。

図 4. LED:Cisco MDS 9396S スイッチの前面図



1

システム ステータス LED

4

管理ポート リンク LED

2

電源サブシステム ステータス LED

5

管理ポート アクティビティ LED

3

ファン サブシステム ステータス LED

6

FC ポート リンク ステータス LED

図 5. LED:Cisco MDS 9396S スイッチの背面図



1

PSU ステータス LED

2

ファン モジュール ステータス LED

次の表に、Cisco MDS 9396S スイッチのシャーシ アクティビティ LED について説明します。

インジケータ

場所

Status(ステータス)

状態

電源サブシステム ステータス LED

シャーシの前面パネル

消灯

消灯

次のいずれかの状況が発生しています。

  • PSU からシステムに十分な電力が供給されていません。

  • NXOS が動作していません。

グリーン

点灯

両方の PSU が取り付けられ、動作しています。

点灯

PSU で障害が発生しました。

ステータス LED

シャーシの前面パネル

グリーン

点灯

すべての診断に合格しました。NX-OS が動作しており、システムが稼働しています。

オレンジ

点灯

次のいずれかの状況が発生しています。
  • システムでブートアップ診断が実行中です。

  • システムはブート中です。

  • 現在、マイナー温度しきい値を超えています。

点滅

PSU/ファン トレイのエアーフロー方向が一致していません。

点灯

次のいずれかの状況が発生しています。
  • 診断テストが失敗したか、またはブートアップ中に別の障害が発生しました。

  • 現在、メジャー温度しきい値を超えています。

ファン ステータス

シャーシの前面パネル

グリーン

点灯

両方のファン モジュールが動作しています。

点灯

Fan failure.

PSU ステータス インジケータ

各 PSU の前面プレート

グリーン

消灯

PSU への入力がありません。

点灯

PSU 出力が正常です

点滅

PSU の出力が正常ではありませんが、入力は正常です。

オレンジ

点灯

PSU で次のいずれかの状況が発生しています。

過電圧

過電流

Over temperature

Fan failure.

点滅

PSU で障害が発生しましたが、PSU は動作しています。

消灯

PSU は正常に動作しています。

Fan Status

各ファン モジュールの前面プレート

グリーン

点灯

ファン モジュールは正常に動作しています。

オレンジ

点灯

ファン モジュールの 1 つのファンで障害が発生しています。

点灯

ファン モジュールの両方のファンで障害が発生しています。

サポートされる SFP+ トランシーバ

SFP+ トランシーバは現場交換可能です。 スイッチでサポートされる SFP+ トランシーバの任意の組み合わせを使用できます。 唯一の制限は、SWL トランシーバは SWL トランシーバと組み合わせ、LWL トランシーバは LWL トランシーバと組み合わせ、ケーブルは信頼性の高い通信を実現するために規定のケーブル長を超えてはならないことです。

Cisco MDS 9396S スイッチでサポートされている SFP+ トランシーバの一覧については、『Cisco MDS 9000 Family Release Notes for Cisco MDS NX-OS Release 6.2(13)』を参照してください。 特定の Cisco SFP+ トランシーバに関する詳細情報については、「SSFP トランシーバの仕様」の項を参照してください。 SFP+ トランシーバは、個別にまたは Cisco MDS 9396S スイッチとあわせて注文できます。


(注)  


Cisco MDS 9396S スイッチには Cisco SFP+ トランシーバだけを使用します。 それぞれの Cisco SFP+ トランシーバには、その SFP+ トランシーバがスイッチの要件を満たしているかどうかをスイッチで確認できるように、モデル情報がコード化されています。