Cisco MDS 9000 ファミリー トラブルシューティング ガイド Release 3.x
索引
Numerics
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

Numerics

32 ポート スイッチング モジュール

スイッチング モジュールを参照

A

AAA  17-1

Cisco ACS によるトラブルシューティング  17-14

初期チェックリスト  16-9, 17-3

ベスト プラクティス  17-2

ライセンス  17-2

ACS

AAA のトラブルシューティング  17-14

FC-SP との使用  19-10

AutoNotify

サーバ担当者要件  25-4

登録  25-2

B

BB_credit  8-5, 8-10, 8-12

BIOS  2-16

Buffer-to-Buffer credit

BB_credit を参照

C

Call Home

宛先プロファイル  25-2

アラート グループ  25-2

Call Home アラート グループ

カスタマイズ  25-3

設定  25-2

Call Home 担当者

情報の割り当て  25-8

Call Home メッセージ

レベルの設定  25-3

CFS

CLI による確認(手順)  7-5

Fabric Manager による確認(手順)  7-5

概要  7-2

条件付きサービスの領域  7-14

設定の確認  7-5

トラブルシューティングのチェックリスト  7-4

配信ステータスの確認  7-13

配信の失敗  7-14

分割されたファブリック  7-5, 7-7

ベスト プラクティス  7-4

マージが失敗する  7-8

領域  7-14

ロック障害  7-10

Cisco Fabric Services。CFS を参照

CLI

一般的なトラブルシューティング用コマンド  1-5

デバッグ コマンド  B-2

Control Unit Port。CUP を参照

CUP

インバンド管理  16-1

ブロッキングの制約  16-6

CUP インバンド管理

説明  16-6

D

Device Manager

パスワードの問題  26-16

ポート加入過多  1-9

DPVM

CLI によるトラブルシューティング  11-15

Fabric Manager によるトラブルシューティング  11-15

アクティブ データベースを設定データベースにコピーできない  11-19

自動学習エントリがない  11-17

自動学習が動作しない  11-16

設定データベースがアクティブにならない  11-18

設定できない  11-16

注意事項  11-14

データベースが配布されない  11-16

データベースにポート VSAN がない  11-18

統合の失敗  11-19

ポートの一時停止  11-19

E

E ポート

32 ポート設定時の注意事項  8-3

隔離  8-5

EFMD  19-2

ファブリック バインディング  16-7

EISL

トランキング  10-2

ポートチャネル リンク  10-2

EPLD イメージ  3-13

Exchange Fabric Membership Data

EFMD を参照  19-2

Exchange Fabric Membership Data。EFMD を参照  16-7

Extended ISL。EISL を参照

F

Fabric Manager

Fabric Manager Server ライセンスの解除  6-12

FCIP 上での使用  26-7

起動しない  2-7

推奨される JRE バージョン(表)  2-7

トラブルシューティング ツール  1-4

複数の NIC との使用  26-8

プロキシ サーバとの使用  26-9

マップ レイアウト  26-7

問題  26-5

Fabric Manager Web Client

パスワード  26-13

FC ID、リンクのリセット後に変化  2-38

FC ping  B-5

FC traceroute  B-6

FC タイマー

CLI による解決  11-13

Fabric Manager を使用した解決  11-12

FCIP

1 対 3 のトンネル  20-22

ISL リンク障害  20-37

特殊フレーム設定  20-33

トラブルシューティング  20-12

リロードが原因の再起動  2-37

リンクのダウン  2-38

FC-MAC ドライバ

ポートを参照

FC-SP

ACS の使用  19-10

CLI による設定確認(手順)  19-8

CLI によるデータベースの確認(手順)  19-9

Fabric Manager による設定確認(手順)  19-8

Fabric Manager によるデータベースの確認(手順)  19-9

概要  19-2

初期チェックリスト  19-5

ベスト プラクティス  19-3

ライセンス  19-4

Fibre Connection。FICON を参照

FICON

CUP インバンド管理  16-6

FC4 プロトコル  16-2

コンフィギュレーション ファイル  16-5

設定  16-1

ポート スワッピング  16-10‐16-11

ポートの番号付け  16-2‐16-5

FICON コンフィギュレーション ファイル

説明  16-5

FICON ポート

スワッピング  16-10

FICON ポート番号

予約済み番号による番号付け方式  16-5

デフォルト番号による番号付け方式  16-3

Flow Wizard  26-15

FSPF

トラフィックがルーティングされない  11-33

トラブルシューティング  11-29

不一致な再送信インターバル  11-35

不一致のデッド インターバル  11-36

不正な Hello インターバル  11-33

ベスト プラクティス  11-4

ライセンス要件  11-4

領域の不一致  11-38

Fx ポート、32 ポートのデフォルト  8-3

I

IKE

概要  22-1

使用可能なトランスフォーム(表)  22-3

設定の互換性の確認  22-7

デバッグ  22-18

ip アクセス リスト。IP-ACL を参照

IP アドレス

SMTP サーバ  25-7

IP サービス  20-7

IP セキュリティ。IPsec を参照

IP ネットワーク シミュレータ  B-28

IP ポート

スイッチ内での最大数  C-2

IP-ACL

CLI による作成(手順)  21-8

Fabric Manager による作成(手順)  21-7

概要  21-2

初期チェックリスト  21-6

ベスト プラクティス  21-5

ライセンス  21-5

IP セキュリティIPSec

IPSec

SA  22-15

SA のクリア  22-18

SPD の互換性  22-10

概要  22-2

互換性  22-2

サポートされているプラットフォーム(表)  22-3

使用可能なトランスフォーム  22-4

初期チェックリスト  22-6

設定の確認  22-8, 22-9

統計情報  22-19

トラブルシューティング  22-7

ベスト プラクティス  22-5

ライセンス要件  22-5

iSCSI

RADIUS  20-40

TCP  20-53

ターゲット検出  B-18

ダイナミック設定のトラブルシューティング  20-44

認証のトラブルシューティング  20-38

ファイブリック内での最大数  C-2

ユーザ名とパスワード  20-40

iSCSI イニシエータ

ファイブリック内での最大数  C-2

iSCSI セッション

スイッチ上での最大数  C-2

ポート上での最大数  C-2

ISL

スイッチ内での最大数  C-2

iSLB イニシエータ

ファイブリック内での最大数  C-2

iSLB イニシエータ ターゲット

ファイブリック内での最大数  C-2

iSCSI イニシエータ ターゲット。iSCSI ターゲットを参照

iSLB セッション

スイッチ上での最大数  C-2

ポート上での最大数  C-2

IVR  13-14

CFS 統合に失敗した  13-17

CLI による確認  13-6

Fabric Manager を使用した確認  13-6

IVR ウィザード  13-18

LUN  13-16

NAT の失敗  12-7, 13-12

SDV の制限事項  12-6

イネーブルにできない  13-10, 13-11

永続 FC ID  13-15

概要  13-2

書き込みアクセス権がない  13-16

制限事項  13-4

制約  23-5

ゾーン セットのアクティブ化に失敗  13-13

中継 VSAN  13-3

トラフィックのブロック  13-14

トラブルシューティングのチェックリスト  13-5

ベスト プラクティス  13-2

ボーダー スイッチ  13-3

ライセンス  13-5, 13-9

リリース固有のサポート(表)  13-8

リンクが隔離される  13-15

ロックされた CFS セッション  13-16

IVR ゾーン

ゾーンの最大数  C-2

メンバの最大数  C-2

IVR ゾーン セット

最大数  C-2

N

NPV

CLI コマンド  9-4

NPIV  9-7

VSAN の不一致  9-8

エンド デバイスのログイン  9-7

コア スイッチ  9-8, 9-9

初期チェックリスト  9-4

制限事項  9-4

ベスト プラクティス  9-3

O

OBFL

スイッチの設定  B-11

設定ステータスの表示  B-12

説明  B-11

モジュールの設定  B-12

ログの表示  B-13

P

PAA  B-25

Port Manager

ポートを参照

R

RADIUS  B-21

CLI によるサーバ グループの確認(手順)  17-11

CLI によるサーバ モニタ設定の確認(手順)  17-8

Fabric Manager によるサーバ グループの確認(手順)  17-11

Fabric Manager によるサーバ モニタ設定の確認(手順)  17-7

Fabric Manager による設定確認(手順)  17-5, 17-6

設定されているパラメータ  17-6

RMON  B-18

S

SAN デバイスのバーチャライゼーション。SDV を参照

SAN 登録  1-6

SANTap

CLI コマンド  23-6

Fabric Manager のツール  23-6

インターフェイスの制約事項  23-5

初期チェックリスト  23-6

制限事項  23-5

制約事項  13-4

不一致問題  23-10

ベスト プラクティス  23-4

ホスト ログイン問題  23-9

用語  23-3

ライセンス  23-5

略語  23-3

SDV

CLI による確認  12-5

IVR の制限事項  12-6

コミットが失敗する  12-7

ゾーン アクティブ化が失敗する  12-9

デバイス エイリアス モード  12-3

トラブルシューティングのチェックリスト  12-5

ベスト プラクティス  12-2

マージが失敗する  12-9

ライセンス要件  12-4

security associations

SA を参照

SNMP  B-19

担当者名の割り当て  25-8

Software Installation Wizard(手順)  2-11

SSI ブート イメージ

install ssi コマンドによる設定  3-9

確認  3-7

SSI ブート変数

設定の確認  3-11

SSM

EPLD イメージのアップグレード  3-13

install ssi コマンドによるアップグレード  3-9

modflash  3-7

SSI ブート イメージの確認(手順)  3-7

アップグレードまたはダウングレード(手順)  3-7

概要  3-2

交換(手順)  3-12

コンパクトフラッシュ交換後の復旧  3-12

初期チェックリスト  3-5

説明  3-2

非中断的なアップグレード(表)  3-3

ベスト プラクティス  3-4

ライセンス  3-4

リリースごとの機能(表)  3-2

Supervisor 1 モジュール

ソフトウェア イメージの選択  5-15

Supervisor 2 モジュール

ソフトウェア イメージ  5-15

Syslog

システム メッセージを参照

T

TACACS+

CLI によるサーバ グループの確認(手順)  17-12

CLI によるサーバ モニタ設定の確認(手順)  17-10

CLI による設定確認(手順)  17-7

Fabric Manager によるサーバ グループの確認(手順)  17-12

Fabric Manager によるサーバ モニタ設定の確認(手順)  17-9

Fabric Manager による設定確認(手順)  17-6

TCP ポート、ACL  21-3

Threshold Manager  B-18

traceroute

FC traceroute を参照

V

VSAN

allowed-active  10-2

interop モード  11-13

xE ポートの隔離  11-9

スイッチの隔離  11-22

制限  C-1

トランク許可  10-2

ベスト プラクティス  11-2

ホストがストレージと通信できない  11-7

ミスマッチ  8-5

ライセンス要件  11-4

ルールおよび機能  18-3

VSAN トランキング。トランキングを参照

W

WWN、中断された接続  8-6

宛先プロファイル

設定  25-2

イメージ

ソフトウェアを参照

インバンド管理

CUP  16-6

温度の超過  4-13

オンボード障害ログ機能。OBFL を参照

加入過多  1-9

空のコミット  15-2, 15-9

管理パスワード、回復  2-36

関連資料  xxxv

キックスタート イメージ

Supervisor 2 の復旧  2-21, 2-23

スーパーバイザ モジュール用に選択  5-15

クロック モジュール  4-15

検証が失敗する

デバイス エイリアス  15-15

コア ダンプ  A-6

コミットが失敗する

SDV  12-7

デバイス エイリアス  15-4, 15-15

サービス モジュール

SSM  3-2

システム イメージ

スーパーバイザ モジュール用に選択  5-15

システム イメージ、スーパーバイザ モジュール用に選択  5-15

システム ヘルスのエラー  2-37

システム メッセージ

CLI の使用  1-14

Device Manager からの表示  1-17

Fabric Manager の使用  1-13

概要  1-12, B-21

シリアル番号  6-2

CLI による取得  6-9

Fabric Manager による取得  6-8

スイッチ

最大数  C-1

スイッチ ヘルス分析  B-15

スイッチング モジュール  8-3

スーパーバイザ

アクティブ スーパーバイザが再起動  4-19

スタンバイ スーパーバイザが認識されない  4-21

電源投入ステートのスーパーバイザ モジュール  4-24

トラブルシューティング  4-18

ストレージ サービス モジュール

SSM を参照  3-2

制限

説明(表)  C-1

セキュリティ ポリシー データベース

SPD を参照

接続

Device Manager の使用法  1-7

Fabric Manager の使用  B-15

エンドツーエンド  1-6

確認  B-15

基本的な  1-5

ポート  1-7

設定の制限

説明(表)  C-1

ゾーン

CLI によるトラブルシューティング  14-4

Fabric Manager によるトラブルシューティング  14-3

アクティブ化が失敗する  12-9

アクティブ ゾーンセットの不一致  14-20

拡張  14-26

拡張ゾーニング ロック問題  14-26

拡張ゾーニングを設定できない  14-26

スイッチ内での最大数  C-1

ゾーン セットのアクティブ化  14-11

データベースの配布  14-13

統合の失敗  8-5, 14-17

トラブルシューティングのチェックリスト  14-3

不一致のデフォルト ゾーン ポリシー  14-14

ベスト プラクティス  14-2

ポート隔離  8-31

ホストがストレージと通信できない  14-6

マージ  B-16

メンバの最大数  C-1

リンクの隔離  14-18

ゾーン セット

スイッチ内での最大数  C-1

ソフトウェア

アップグレードのベスト プラクティス  2-3

インストールのエラー  2-10

インストールの状況確認  2-8

インストールのベスト プラクティス  2-2

エラー状態  2-16

エラーの認識  2-28

回復可能な再起動  2-29

回復不能な再起動  2-34

概要  2-2

コア ダンプ  A-6

中断のあるアップグレード  2-5

電源投入または再起動の失敗  2-15

破損したイメージ  2-16

非互換性  2-9

リセット  2-29

第 2 世代モジュール

概要  5-2

トラブルシューティングのチェックリスト  5-8

ベスト プラクティス  5-8

ポート グループ  5-3

ポート速度  5-3

担当者情報

Call Home 用の割り当て  25-8

注意事項

ポート スワッピング  16-10

テクニカル サポート、情報の収集  A-2

デジタル証明書

CLI による設定(手順)  24-9

Fabric Manager を使用した設定(手順)  24-7

Fabric Manager を使用したインポート(手順)  24-13, 24-14

ID 証明書  24-6

PKCS#12 形式  24-6

概要  24-2

最大制限値  24-4

初期チェックリスト  24-5, 25-4

ベスト プラクティス  24-4, 25-4

ライセンス要件  24-4, 25-4

デバイス エイリアス

拡張モード動作  12-3

コミットが失敗する  15-15

ベスト プラクティス  15-2

VSAN の制限事項  15-5

拡張モード動作  15-2

拡張モード動作の制限事項  15-5

空のコミットの使用  15-2, 15-9

検証が失敗する  15-15

コマンド  15-4

混合ファブリックのマージ  15-9

障害メッセージ  15-3, 15-4

データベース衝突  15-15

データベースの制限事項  15-5, 15-18

トラブルシューティングのチェックリスト  15-3

マージが失敗する  15-6

マージの制限事項  15-5

電源装置

FAN OK LED がレッドで点灯  4-8

LED が消灯  4-6

LED がレッドで点灯  4-7

OUTPUT FAIL LED が点灯  4-8

トラブルシューティング  4-8

電子メール アドレス

Call Home 用の割り当て  25-8

統計情報の収集  26-15

ドメイン

Domain Manager がディセーブル  8-5

VSAN 内での最大数  C-1

オーバーラップが原因の隔離  8-5

スイッチの隔離  11-22

ドメイン ID 関連の障害  8-5

ドメイン ID の重複  11-22

ベスト プラクティス  11-3

ライセンス要件  11-4

トラブルシューティング

Fabric Manager の一般的なツール  1-4

FCIP 接続  20-12

FSPF の問題  11-29

IP サービス  20-7

iSCSI 問題  20-38

SSM の復旧  3-12

VSAN 隔離  11-11

一般的な CLI コマンド  1-5

概要  1-3

症状  1-10

スイッチング モジュールおよびサービス モジュール  4-25, 4-30

電源装置  4-8

ドメイン ID の競合  11-21

ハードウェアの問題  4-16

フローチャート  1-10

モジュール  4-26

トランキング

TE ポートの制限事項  10-2

概要  10-2

初期チェックリスト  10-4

ベスト プラクティス  10-3

ライセンスの要件  10-3

認証、認可、アカウンティング。AAA を参照

ネットワーク シミュレータ  B-28

ハードウェア

概要  4-2

起動時の問題  4-5

トラブルシューティング  4-16

ベスト プラクティス  4-3

パスワード  26-13

パスワードを忘れた場合  26-13

ファイバ チャネル セキュリティ プロトコル

FC-SP を参照  19-1

ファブリック アナライザ  B-26

ファブリック バインディング

CLI による違反の確認(手順)  19-23

CLI による設定確認(手順)  19-24

CLI による設定(手順)  19-26

EFMD  16-7

Fabric Manager による違反の確認(手順)  19-22

Fabric Manager による設定確認(手順)  19-24

Fabric Manager を使用した設定(手順)  19-25

概要  19-2

初期チェックリスト  19-5

ベスト プラクティス  19-3

ライセンス  19-4

ファブリック設定

Fabric Manager による分析  B-16

ステータス  1-6

ファン

LED がレッドで点灯  4-10

回転しない  4-10

ブートフラッシュ

BIOS 設定を使用した復旧(手順)  2-18

SSM  3-8

デュアル スーパーバイザ構成での復旧  2-25

破損からの復旧  2-16‐2-17

ローダからの復旧  2-18

プロセスのリセット  2-29

プロセス、モニタリング  B-7

ベスト プラクティス

AAA  17-2

CFS  7-4

FC-SP  19-3

FSPF  11-4

IP-ACL  21-5

IPSec  22-5

IVR  13-2

SDV  12-2

SSM  3-4

VSAN  11-2

アップグレード  2-3

ゾーン  14-2

ソフトウェアのインストール  2-2

デジタル証明書  24-4, 25-4

デバイス エイリアス  15-2

ドメイン  11-3

トランキング  10-3

ハードウェア  4-3

ファブリック バインディング  19-3

ポート  8-3, 9-3

ポート セキュリティ  19-3

ポートチャネル  10-3

ユーザおよびロール  18-5

ライセンス  6-4

ボーダー スイッチが機能しない  13-14

ポート

CLI による帯域幅の確認(手順)  5-13

CLI によるトラブルシューティング  8-12

Device Manager による帯域幅の確認(手順)  5-12

Device Manager によるトラブルシューティング  8-8

ELP の問題  8-30

FC-MAC CLI コマンド  8-13

FC-MAC ドライバ  8-7

Fx ポートの障害  8-35

initializing ステート  8-19

Link failure ステート  8-16

Port Manager  8-7

up ステートと down ステートの周期的な繰り返し  8-34

アウトオブサービス  5-4

一時停止  11-19

エラーによるディセーブル  8-34

概要  8-2

加入過多情報  1-9

共有モードでの帯域幅(表)  5-4

初期化とオフラインの繰り返し  8-29

制限事項  8-6

占有モードでの帯域幅(表)  5-4

ゾーン マージ後も隔離  8-31

第 2 世代モジュールの速度  5-3

データベースに DPVM メンバシップがない  11-18

トラブルシューティングのチェックリスト  8-4, 9-4

フラッピング  8-24

ベスト プラクティス  8-3, 9-3

ポート インデックス

説明  5-5

ポート グループ  5-3

リンクの初期化フロー  8-26

ポート アナライザ アダプタ

PAA を参照

ポート インデックス  5-5

CLI による確認(手順)  5-10

Device Manager による確認(手順)  5-9

インデックスの解放  5-6

第 1 世代の制限  5-5

第 2 世代モジュールでの最大数  5-6

要件(表)  5-7

ポート グループ  5-3

ポート スワッピング

説明  16-10

注意事項  16-10

手順  16-10

ポート セキュリティ

CLI による autolearn のディセーブル(手順)  19-17

CLI による違反の確認(手順)  19-15

CLI による設定(手順)  19-19

CLI によるデータベースの確認(手順)  19-13

Fabric Manager による autolearn のディセーブル(手順)  19-17

Fabric Manager による違反の確認(手順)  19-13

Fabric Manager によるデータベースの確認(手順)  19-12

Fabric Manager を使用した設定(手順)  19-19

概要  19-2

初期チェックリスト  19-5

ベスト プラクティス  19-3

ライセンス  19-4

ポートチャネル

初期チェックリスト  10-4

説明  10-2

ベスト プラクティス  10-3

ライセンスの要件  10-3

ロード バランシング  10-2

ポートのブロッキング  16-6

ポートのブロッキング解除  16-6

ポーリング インターバル  26-15

マージが失敗する

CFS  7-8

SDV  12-9

Syslog メッセージ  15-3

マニュアル

関連資料  xxxv

モジュール

CLI を使用した再初期化  4-44

Fabric Manager を使用した再初期化(手順)  4-44

初期化  4-27

スーパーバイザによって検出されない  4-42

電源切断  4-31

トラブルシューティング  4-26

トラブルシューティング(手順)  4-30

未知の状態  4-40

リセット  4-45

リロードされる  4-37

ユーザおよびロール

初期チェックリスト  18-6

ベスト プラクティス  18-5

ライセンスの要件  18-5

猶予期間

ライセンスを参照

ライセンス

CLI による表示  6-6

Fabric Manager Server ライセンスの解除  6-12

Fabric Manager Web Services による表示  6-6

Fabric Manager による表示  6-5

FC-SP  19-4

SSM  3-4

インストール数が不正  6-10

機能ベース  6-2

初期チェックリスト  6-5

シリアル番号  6-2

スイッチ間での移動  6-9

存在しない  6-13

ベスト プラクティス  6-4

ポート セキュリティ  19-4

モジュール ベース  6-2

猶予期間  6-2

猶予期間の有効期限  6-11

予期しない猶予期間警告  6-9

ワンクリック インストールの失敗  6-8

ロール、admin  2-38

ログ  1-16

Device Manager  1-17

ロック障害

CFS を参照