Cisco MDS 9000 ファミリー トラブルシューティング ガイド Release 3.x
Cisco MDS SAN-OS Release 3.x の 設定に関する制限
Cisco MDS SAN-OS Release 3.x の設定に関する制限
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

Cisco MDS SAN-OS Release 3.x の設定に関する制限

Cisco MDS SAN-OS Release 3.x の設定に関する制限

Cisco MDS SAN-OS でサポートされている機能には、設定の最大限度があります。いくつかの機能では、制限なしで最大限度まで設定できることが確認されています。 表C-1 に、Cisco MDS SAN-OS Release 3.x が稼働しているスイッチでシスコが確認した制限および最大限度を示します。

 

表C-1 Cisco MDS SAN-OS Release 3.x の設定に関する制限

機能
確認された制限
最大制限値

デバイス エイリアス

ファブリックあたり 8K

ファブリックあたり 20K

イベント トラップ - 電子メールを介した転送

1 つの宛先

最大 10 の宛先

ISLB VRRP

スイッチごとに 20

スイッチごとに 20

NPV コア スイッチごとの NPV スイッチ

100 台のスイッチ

100 台のスイッチ

VSAN

物理ファブリックごとに 80 個の VSAN

物理ファブリックごとに 4,000 個の VSAN

NPV デバイスごとの VSAN

16

16

1 つの MDS 物理ファブリックまたは VSAN 内のスイッチ

55 台のスイッチ 1

239 台のスイッチ

混在しているかまたはオープンな物理ファブリックや VSAN 内のスイッチ

32 台のスイッチ

239 台のスイッチ

VSAN ごとのドメイン

40 個のドメイン

239 個のドメイン

ゾーン メンバ

物理ファブリックごとに 16,000 個のゾーン メンバ(すべての VSAN を含む)

物理ファブリックごとに 20,000 個のゾーン メンバ(すべての VSAN を含む)

ゾーン

スイッチごとに 8,000 個のゾーン(すべての VSAN を含む)

スイッチごとに 8,000 個のゾーン(すべての VSAN を含む)

ゾーン セット

スイッチごとに 500 個のゾーン セット(すべての VSAN を含む)

スイッチごとに 1,000 個のゾーン セット(すべての VSAN を含む)

すべての主要なストレージ、サーバ、および HBA ベンダーでサポートされているホップ数

7 ホップ(SAN ファブリックの直径)

12 ホップ

IVR ゾーン メンバ

物理ファブリックごとに 4,000 個の IVR ゾーン メンバ

物理ファブリックごとに 20,000 個の IVR ゾーン メンバ(Cisco SAN-OS Release 3.0(3) 以降)

物理ファブリックごとに 10,000 個の IVR ゾーン メンバ(Cisco SAN-OS Release 3.0(3) より前)

IVR ゾーン

物理ファブリックごとに 1500 個の IVR ゾーン

物理ファブリックごとに 8,000 個の IVR ゾーン(Cisco SAN-OS Release 3.0(3) 以降)

物理ファブリックごとに 2000 個の IVR ゾーン(Cisco SAN-OS Release 3.0(3) より前)

IVR ゾーン セット

物理ファブリックごとに 32 個の IVR ゾーン セット

物理ファブリックごとに 32 個の IVR ゾーン セット

IVR サービス グループ

物理ファブリックごとに 16 個のサービス グループ

物理ファブリックごとに 16 個のサービス グループ

スイッチごとの ISL インスタンス 2

VSAN インスタンスごとのポート数の合計が 3,200 個以内で、各 16 個の VSAN で最大 200 個の ISL。VSAN インスタンスごとの合計ポート数が 3,200 個以内であれば、各 16 個未満の VSAN で 200 個以上の ISL を設定、または16 個以上の VSAN で 200 個未満の ISL を設定できます。

VSAN インスタンスごとのポート数の合計が 3,200 個以内で、各 16 個の VSAN で最大 200 個の ISL。VSAN インスタンスごとの合計ポート数が 3,200 個以内であれば、各 16 個未満の VSAN で 200 個以上の ISL を設定、または16 個以上の VSAN で 200 個未満の ISL を設定できます。

スイッチごとの IP ポート

制限なし

制限なし

スイッチごとのファイバ チャネル モジュール対 IPS モジュール

制限なし

制限なし

IP ポートごとの iSCSI および iSLB セッション

500 セッション

500 セッション

スイッチごとの iSCSI および iSLB セッション

5000 セッション

5000 セッション

物理ファブリック内でサポートされている iSCSI および iSLB イニシエータ

2,000 個のイニシエータ

2,000 個のイニシエータ

ファブリックごとの iSCSI および iSLB ターゲット(仮想ターゲットおよびイニシエータ ターゲット)

6,000 個のターゲット

6,000 個のターゲット

DPP ごとの SANTap ITL(イニシエータ/ターゲット/LUN タプル)

1024

1024

SSM ごとの SANTap ITL

1024

Cisco SAN-OS Release 3.0(2j) では 1024 個

Cisco SAN-OS Release 3.1(2m) では 2048 個

Cisco SAN-OS Release 3.1(3) 以降では 4080 個

1.この制限に達するため、一定の設計考慮事項を満たす必要があります。Cisco Advanced Services が検証した大型ファブリック設計を推奨します。

2.これは、トランキング対応 ISL ポートの数に、スイッチ内の VSAN の数を掛けたものです。