Cisco MDS 9000 ファミリー トラブルシューティング ガイド Release 3.x
SANTap のトラブルシューティング
SANTap のトラブルシューティング
発行日;2012/01/13 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 6MB) | フィードバック

目次

SANTap のトラブルシューティング

概要

定義

SANTap 実装のベスト プラクティス

制限事項

インターフェイスの制約事項

ライセンスの要件

トラブルシューティングの初期チェックリスト

Fabric Manager の一般的なトラブルシューティング ツール

CLI の一般的なトラブルシューティング用コマンド

メッセージ、ログ、およびデータベース

SANTap の問題

ホスト ログイン問題

ITL 問題

一般的な不一致問題

SANTap のトラブルシューティング

この章では、SANTap の実装時に発生する可能性がある問題を識別して解決する方法について説明します。この章で説明する内容は、次のとおりです。

「概要」

「定義」

「SANTap 実装のベスト プラクティス」

「制限事項」

「トラブルシューティングの初期チェックリスト」

「SANTap の問題」

概要

SANTap は、ストレージ サービス モジュール(SSM)でサポートされるインテリジェント ストレージ サービス機能です。SSM は Cisco MDS SAN-OS Release 2.0(2b) 以降の SANTap をサポートします。SANTap 機能を使用すると、長距離レプリケーションや継続的バックアップなど、サードパーティ製のデータ ストレージ アプリケーションを SAN に統合できます。

SANTap には制御パスとデータ パスがあります。制御パスは、アプライアンスが送信するレプリケーション セッションの作成および操作の要求を処理します。制御パスは、SCSI に基づくプロトコルを使用して実装されています。アプライアンスは、SANTap プロセスが作成し、モニタする制御仮想ターゲット(CVT)へ要求を送信します。応答は、アプライアンス上の制御 LUN へ送信されます。また、SANTap を使用すると、LUN をアプライアンス仮想ターゲット(AVT)にマッピングできます。最大 512 のターゲット LUN を持つことができます。

SANTap に基づくアプリケーションを導入するとき、ホストやターゲットを再設定する必要はありません。SSM に直接接続するために、ホスト イニシエータやターゲットは不要です。これは、シスコ固有の WWN を Virtual Initiator(VI)および Digital Virtual Target(DVT)に割り当てることにより行ないます。

ホスト イニシエータまたはターゲットは、SSM に直接接続できます。ただし、VSAN を使用して SAN を分割する必要があります。1 つの VSAN にホスト イニシエータおよび DVT を設定し、別の VSAN に VI およびターゲットを設定する必要があります。

定義

表23-1 に、一般的な SANTap の略語と用語の概要の一部を説明します。

 

表23-1 SANTap の略語

略語/用語
定義

AVT

アプライアンス仮想ターゲット。アプライアンスがターゲット LUN と完全に同期化できるポータル。AVT はアプライアンスのホスト プロキシを示します。

CVT

制御仮想ターゲット。アプライアンスが SANTap と通信するポータル。アプライアンスのイニシエータ ポートは SANTap 制御プロトコル要求を SANTap プロセスに送信します。要求が処理されると、応答が Cisco VI によってアプライアンス上のターゲット ポートに送信されます。

DVT

Data Virtual Target。DVT は、SANTap ベースのサービスに含まれる、マルチポート ターゲット上のポートごとに作成されます。DVT はホスト VSAN 上で作成されます。DVT が作成され、ホストが DVT にログインすると、SANTap はこのホストのターゲット上で設定された LUN ごとに DVTLUN をインストールします。

ITL

イニシエータ/ターゲット/LUN タプル。ターゲット上の LUN を一意に識別します。

セッション

アプライアンスが対象とする WRITE I/O の ITL ごとに作成された記録/オブジェクト。セッションは SANTap ベースのサービスを必要とするターゲット LUN を示します。

VI

Virtual Initiator。SANTap は、アプライアンス VSAN およびターゲット VSAN に 9 つの VI を作成します。アプライアンスでは VI を使用して応答を SANTap CP 要求に送信したり、WRITE I/O のコピーを送信します。ターゲットでは、アプライアンスがダウン状態のときと SANTap 復旧ツール(ARL、PWL-BPR)の 1 つがイネーブルのときに VI が使用されます。


) アプライアンスの実装でこれらの復旧ツールを使用しないことを選択した場合、VI は使用されません。


SANTap 実装のベスト プラクティス

ここでは、SANTap を実装する際のベスト プラクティスを示します。

シスコが認定したホスト、ターゲット、HBA、およびスイッチであることを確認します。以下の URL で、 Cisco SANTap interoperability matrix を確認してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps5989/products_device_support_tables_list.html

SANTap 実装を計画し、合計 ITL 数を計算します。DVT を作成するときの初期の ITL 数は制限以内ですが、レプリケーションがイネーブルになると AVT LUN が作成されます。これにより ITL 数が増加し、システム制限を越えます。「制限事項」を参照してください。

SANTap にVSANを作成する場合、ホスト VSANとターゲット VSAN を作成し、アプライアンスを別の VSAN に移動します。

アプライアンス VSAN を設定し、正しいゾーンがイネーブルであることを確認します。アプライアンス VSAN のデフォルトのゾーンは PERMIT とマークされます。

ゾーンを使用する場合、アプライアンス上の CVT、VI、イニシエータおよびターゲット ポートを一緒にゾーニングして、アクティブ ゾーン セットの一部となるようにする必要があります。

PROXY-2 モードで稼働し、ホストとターゲットが同じ VSAN に存在するレガシー ネットワークで動作している場合、ホストを別の VSAN に移動します。

ホストを移動しても影響を受けるのは 1 つのホストのみのため、ターゲットを移動するよりホストを移動することを推奨します。ターゲットを移動すると、ターゲットにアクセスするすべてのホストを中断します。

スケーラビリティを向上させるには、DPP 上で ITL および DVT のロード バランシングを行います。

ホストが SANTap ベースのサービスを必要としない場合、ホストが DVT サービスと必要としないよう、ターゲット VSAN 内のホストからの発信を行います。サポートされる最大数のホストが DVT にログインした場合、管理者は PURGE コマンドを使用して、ホストを永続的に削除する必要があるかどうかホスト リソースに再確認しなければなりません。

制限事項

ここでは、SANTap 制限事項について説明します。 表23-2 に、SAN-OS および SSI リリースによるコンポーネントの制限事項を示します。

1 つの Recover Point Appliance(RPA)クラスタには、1 つのターゲット VSAN のみを設定できます。

SANTap は IVR をサポートしません。SANTap と IVR を同時に実行することはできません。

 

表23-2 SANTap 属性の制限事項

属性
制限事項
Cisco SAN-OS および SSI リリース

DVT ごとのホスト

16

Cisco SAN-OS 3.2 以前

32

Cisco SAN-OS 3.2

ホストごとの LUN

256

すべてのリリース

DVT ごとの LUN

1500

Cisco SAN-OS 3.2

1024

Cisco SAN-OS 3.2 以前

SSM ごとの DVT

32

Cisco SAN-OS 3.1(2) with SSI 3.1(2m) 以降

16

Cisco SAN-OS 3.1(2) with SSI 3.1(2m) 以前

SSM ごとのセッション

1024

Cisco SAN-OS 3.0(2) with SSI 3.0(2j)

2048

Cisco SAN-OS 3.1(2b) with SSI 3.1(2m) 以降

LUN ID アドレス

32 ビット

Cisco SAN-OS 3.2

16 ビット

Cisco SAN-OS 3.2 以前

SSM ごとの DVT LUN

4080

すべてのリリース

DPP ごとの ITL

1500

Cisco SAN-OS 3.2

1024

Cisco SAN-OS 3.2 以前

SSM ごとの ITL

1024

Cisco SAN-OS 3.0(2) with SSI 3.0(2j)

2048

Cisco SAN-OS 3.1(2b) with SSI 3.1(2m)

4080

Cisco SAN-OS 3.1(3) with SSI 3.1(3) 以降

インターフェイスの制約事項

ポート単位でイネーブルにする場合、SSM 上の 4 つのポートのグループで SANTap をイネーブルにする必要があります。次の制約事項が適用されます。

SANTap 対応可能なインターフェイスの最少数は 4 です。

グループの最初のインターフェイスは、1、5、9、13、17、21、25、または 29 でなければなりません(fc5 ~ fc8 は指定できますが、fc7 ~ fc10 は指定できません)。

4 つのインターフェイスのグループは、連続している必要はありません。たとえば、fc1 ~ fc8 および fc17 ~ fc20 を指定できます。

ライセンスの要件

SANTap には Storage Services Enabler パッケージ ライセンス(STORAGE_SERVICES_ENABLER_PKG)が必要です。

トラブルシューティングの初期チェックリスト

SANTap の問題のトラブルシューティングでは、さまざまな SANTap コンポーネントの設定と接続に関する情報を収集する必要があります。次のようにトラブルシューティング作業を開始します。

 

チェックリスト
確認済み

選択したスイッチの SSM モジュールで SANTap がイネーブルであることを確認します。

 

特定のアプライアンスの設定および確認ツールを使用して、アプライアンスの VSAN 設定およびゾーンを確認します。

 

問題のあるポートまたは VSAN の物理接続を確認します。

 

Fabric Manager の一般的なトラブルシューティング ツール

Fabric Manager で SANTap コンポーネントの VSAN 設定を確認する手順は、次のとおりです。

Fabricxx > VSANxx を選択して、Information ペインに VSAN 設定を表示します。

Fabricxx > VSANxx を選択し、Information ペインで Host または Storage タブを選択して、VSAN メンバを表示します。

CLI の一般的なトラブルシューティング用コマンド

SANTap に関する情報を表示するには、show santap module コマンドを使用します。

例23-1 SANTap CVT 情報の表示

switch# show santap module 2 cvt
 
CVT Information :
cvt pwwn = 23:4f:00:0d:ec:09:3c:02
cvt nwwn = 23:9d:00:0d:ec:09:3c:02
cvt id = 135895180
cvt xmap_id = 135895212
cvt vsan = 8
cvt name =
 

例23-2 SANTap DVT 情報の表示

switch# show santap module 2 dvt
 
DVT Information :
dvt pwwn = 50:06:0e:80:03:81:32:36
dvt nwwn = 50:06:0e:80:03:81:32:36
dvt id = 136773180
dvt mode = 3
dvt vsan = 12
dvt if_index = 0x1080000
dvt fp_port = 1
dvt name = MYDVT
dvt tgt-vsan = 9
dvt io timeout = 10 secs
dvt lun size handling = 0
dvt app iofail behaviour = 1
dvt quiesce behavior = 1
dvt tgt iofail behavior = 0
dvt appio failover time = 50 secs
dvt inq data behavior = 0

例23-3 SANTap DVT LUN 情報の表示

switch# show santap module 2 dvtlun
 
DVT LUN Information :
 
dvt pwwn = 22:00:00:20:37:88:20:ef
dvt lun = 0x0
xmap id = 8
dvt id = 3
dvt mode = 0
dvt vsan = 3
tgt pwwn = 22:00:00:20:37:88:20:ef
tgt lun = 0x0
tgt vsan = 1
 

例23-4 SANTap セッション情報の表示

switch# show santap module 2 session
 
Session Information :
 
session id = 1
host pwwn = 21:00:00:e0:8b:12:8b:7a
dvt pwwn = 50:06:0e:80:03:81:32:36
dvt lun = 0x0
tgt pwwn = 50:06:0e:80:03:81:32:36
tgt lun = 0x0
adt pwwn = 33:33:33:33:33:33:33:00
adt lun = 0x0
aci pwwn = 22:22:22:22:22:22:22:22
cvt pwwn = 23:4f:00:0d:ec:09:3c:02
num ranges = 0
session state = 5
redirect mode = 0
mrl requested 1
MRL : vsan 8 RegionSize 4806720, DiskPWWN 0x234f000dec093c02, DiskLun 0x 1, startLBA 1
 
pwl requested 1
PWL : type 2, UpdatePol 2, RetirePolicy 4, pwl_start 1
 
iol requested 0
 

例23-5 SANTap AVT 情報の表示

switch# show santap module 2 avt
 
AVT Information :
avt pwwn = 2a:4b:00:05:30:00:22:25
avt nwwn = 2a:60:00:05:30:00:22:25
avt id = 12
avt vsan = 4
avt if_index = 0x1080000
hi pwwn = 21:00:00:e0:8b:07:61:aa
tgt pwwn = 22:00:00:20:37:88:20:ef
tgt vsan = 1
 

例23-6 SANTap AVT LUN 情報の表示

switch# show santap module 2 avtlun
 
AVT LUN Information :
avt pwwn = 2a:4b:00:05:30:00:22:25
avt lun = 0x0
xmap id = 16
avt id = 12
tgt lun = 0x0
 

例23-7 SANTap リモート仮想端末情報の表示

switch# show santap module 2 rvt
 
RVT Information :
rvt pwwn = 2a:61:00:05:30:00:22:25
rvt nwwn = 2a:62:00:05:30:00:22:25
rvt id = 17
rvt vsan = 4
rvt if_index = 0x1080000
 

例23-8 SANTap リモート仮想端末 LUN 情報の表示

switch# show santap module 2 rvtlun
 
RVT LUN Information :
rvt pwwn = 2a:61:00:05:30:00:22:25
rvt lun = 0x0
xmap id = 22
rvt id = 17
app pwwn = 22:00:00:20:37:39:b1:00
app lun = 0x0
app vsan = 1
 

次のコマンドを使用すると、拡張した SANTap のトラブルシューティング情報を表示できます。

show tech-support

show santap module 2 tech-support

show isapi tech-support

show santap vttbl dvt dvt-pwwn

メッセージ、ログ、およびデータベース

次のログ ファイルおよびデータベースは、SANTap 問題のトラブルシューティングの際に役立つ情報を提供します。

Sup Syslog メッセージ内の SSM_CRIT を検索します。

SANTap ログは show isapi tech-support CLI コマンド経由で使用できます。ストリング「Error」、「failed」または「failure」を検索します。

show fcns および show flogi CLI コマンドを使用して、FCNS および FLOGI データベースを確認します。

SANTap の問題

ここで説明する内容は、次のとおりです。

「ホスト ログイン問題」

「ITL 問題」

「一般的な不一致問題」

ホスト ログイン問題

ホスト ログイン問題は、DVT 制限事項、接続、または他の問題によって発生します。

ホスト ログイン問題を診断する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show santap vttbl dvt dvt-pwwn コマンドを使用して DVT の SANTap 情報を表示します。

ステップ 2 show santap vttbl dvt dvt-pwwn host-pwwn コマンドを使用して DVT とホストの SANTap 情報を表示します。

ステップ 3 適切な SSM モジュールでログインします。

ステップ 4 次のデバッグ コマンドを使用します。

a. debug vsd vfc-felogin

b. debug partner 0x92810000 d1

c. debug partner 0x92810000 d2

ステップ 5 ログを確認して問題を特定し、正しい対処法を実行します。


 

ITL 問題

使用中の Cisco SAN-OS および SSI の制限事項を越えた場合、ITL 問題が発生します。特定の ITL 制限事項については、「制限事項」を参照してください。

ITL 問題を診断し解決する手順は、次のとおりです。


ステップ 1 show isapi dpp 4 queue コマンドを使用して、DPP キュー情報を表示します。

ステップ 2 DPP 上の ITL の数が、使用中の Cisco SAN-OS および SSI のバージョンの制限範囲内であることを確認します。 show isapi dpp 4 queue incl LUN show isapi dpp 4 queue count コマンドを使用します。

ステップ 3 SSM 上の ITL の数が、使用中の Cisco SAN-OS および SSI のバージョンの制限範囲内であることを確認します。 incl LUN count パラメータを使用して、 show isapi dpp all queue を実行します。


 

一般的な不一致問題

コンポーネントのバージョンの不一致、または Interoperability Matrix によってサポートされていないデバイスの使用により、問題が発生することがあります。

次に、一般的な不一致の状況を示します。

 

表23-3 一般的な SANTap 不一致問題

問題
説明

SSM と RPA の間でバージョンの不一致が発生する。

SSM のバージョンとレプリケーション アプライアンスのバージョンに互換性がありません。

スーパーバイザ と SSI イメージの間でバージョンの不一致が発生する。

スーパーバイザ と SSI イメージのバージョンに互換性がありません。

ホスト、ターゲット、HBA、またはスイッチが Interoperability Matrix によってサポートされていない。

以下の URL で、 Cisco SANTap interoperability matrix を確認してください。
http://www.cisco.com/en/US/products/ps5989/products_device_support_tables_list.html

CVT がホスト VSAN に存在する。

CVT はアプライアンスが SANTap と通信するポータルで、ホスト VSAN 内に存在することはできません。

IVR と SANTap が併用されている。

IVR と SANTap の両方とも VSAN 上でストラドリングを実行しますが併用はできません。

DVT VSAN 内に複数の VI が存在する(CVT と DVT が同じ VSAN 内に存在する)。

これにより、1 つの CPP VI と 8 つの DPP VI が DVT VSAN 内に作成されます。VI は DVT へのログインを試行し、不安定な動作となります。

オーバープロビジョニング(以下が含まれる)

SSM ごとの ITL が多すぎる

DVT ごとのホストが多すぎる

DPP ごとの ITL が多すぎる

レプリケーションがイネーブルになると AVT LUN が作成されて、ITL 数を限度以上に増加させられます(制限事項を参照)。

RPA で Reservation Support がイネーブルでない場合は次のとおりです。

同時に 26 の AVT LUN が作成されます。

アプライアンスは LUN の回復を完了してから、LUN をさらに作成する前に削除します。

この動作では、ITL 数はあまり増加しません。

RPA で Reservation Support がイネーブルである場合は次のとおりです。

すべての AVT と AVT LUN は永続的に作成されます。

RPA 2.3 では、アプライアンス ポートの半分だけが AVT でゾーニングされます。これにより、ITL 数はあまり増加しません。

RPA 2.4 では、すべてのアプライアンス ポートが AVT でゾーニングされます。この動作により、ITL 数を大幅に増加させられます。

同じ pWWN が同じ VSAN で複数回発生する。

誤設定により、同じ VSAN に同じ pWWN を持った 2 つの DVT(または 2 つの VI)が存在します。

たとえば、2 つの DVT が別の SSM または別の DPP で作成されたと仮定します。これらの DVT の両方とも同じバックエンド VSAN を持ちます。ホスト HBA が両方の DVT にログインすると、同じバックエンド VSAN で同じ WWN を持った 2 つの VI の作成が試行されます。その結果、不安定な動作となります。

ホストが フロントエンド VSAN からバックエンド VSAN に移動する。

ホストと同じ pWWN を持ったバックエンド VSAN に VI が存在します。ホストを移動する前に、次を実行します。

ホスト ポートを閉じます。

バックエンド VSAN から VI を削除します。

これでホストを安全に移動できます。

間違ったゾーニング

ゾーニング ソリューションは、使用中の Cisco SAN-OS および SSI バージョンに基づいて異なります。

SSI 3.0(2j) では、バックエンド VSAN にデフォルト ゾーニングを持つか、バックエンド VSAN でターゲットと VI を同時にゾーニングする必要があります。

SSI 3.1(2) では、バックエンド VSAN でホスト VI とターゲットのみを同時にゾーニングする必要があります。

ホストを消去せずに追加または削除する。

16 のホストがあり、あるホストを削除し別のホストを追加する場合、新しいホストは LUN を検出しません。この状況では、ホストの削除後に 16 のエントリの 1 つをクリアします。その後、新しいホストを DVT に追加できます。