Cisco MDS 9000 ファミリー コマンドリ ファレンス Cisco MDS SAN-OS Release 3.0(1) Through 3.3(1a)
show コマンド
show コマンド
発行日;2012/01/11 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 12MB) | フィードバック

目次

show コマンド

show aaa accounting

show aaa authentication

show aaa authentication login password-aging

show aaa groups

show accounting log

show arp

show autonomous-fabric-id database

show banner motd

s

show boot auto-copy

show callhome

show cdp

show cfs

show cfs regions

show cimserver

show cimserver indications

show cimserver logs

show cimserver status

show cli alias

show cli variables

show clock

show cloud discovery

show cloud membership

show copyright

show cores

show crypto ca certificates

show crypto ca crl

show crypto ca trustpoints

show crypto global domain ipsec

show crypto ike domain ipsec

show crypto key mypubkey rsa

show crypto map domain ipsec

show crypto sad domain ipsec

show crypto spd domain ipsec

show crypto transform-set domain ipsec

show debug

show debug npv

show debug sme

show device-alias

show dpvm

show environment

show fabric-binding

show fc-tunnel

show fc2

show fcalias

show fcanalyzer

show fcc

show fcdomain

show fcdroplatency

show fcflow stats

show fcfwd

show fcid-allocation

show fc-redirect configs

show fc-redirect active-configs

show fc-redirect peer-switches

show fcip

show fcns database

show fcns statistics

show fcroute

show fcs

show fcsp

show fctimer

show fdmi

show ficon

show file

show flex-attach

show flex-attach info

show flex-attach merge status

show flex-attach virtual-pwwn

show flogi

show fspf

show hardware

show hosts

show incompatibility system

show install all failure-reason

show install all impact

show install all status

show in-order-guarantee

show interface

show interface sme

show interface transceiver

show inventory

show ip access-list

show ip arp

show ip interface

show ip route

show ip routing

show ip traffic

show ips arp

show ips ip route

show ips ipv6

show ips netsim

show ips stats

show ips stats fabric interface

show ips stats netsim

show ips status

show ipv6 access-list

show ipv6 interface

show ipv6 neighbours

show ipv6 route

show ipv6 routing

show ipv6 traffic

show isapi dpp

show iscsi global

show iscsi initiator

show iscsi session

show iscsi stats

show iscsi virtual-target

show islb cfs-session status

show islb initiator

show islb merge status

show islb pending

show islb pending-diff

show islb session

show islb status

show islb virtual-target

show islb vrrp

show isns

show ivr

show ivr fcdomain database

show ivr service-group

show ivr virtual-fcdomain-add-status2

show ivr virtual-switch-wwn

show kernel core

show license

show line

show logging

show mcast

show module

show nasb

show ntp

show npv flogi-table

show npv internal info

show npv status

show port index-allocation

show port-channel

show port-license

show port-resources module

show port-security

show processes

show qos

show radius

show radius-server

show rlir

show rmon

show rmon status

show role

show rscn

show running-config

show san-ext-tuner

show santap module

show santap module dvt brief

show scheduler

show scsi-flow

show scsi-target

show sdv

show sme cluster

show sme transport

show snmp

show span drop-counters

show span max-queued-packets

show span session

show sprom

show ssh

show ssm provisioning

show startup-config

show switchname

show system

show system default zone

show system health

show tacacs+

show tacacs-server

show tech-support

show tech-support sme

show telnet server

show terminal

show tlport

show topology

show trunk protocol

show user-account

show users

show version

show vrrp

show vsan

show wwn

show zone

show zone analysis

show zone-attribute-group

show zoneset

show コマンド

この章のコマンドは、Cisco MDS 9000 ファミリのマルチレイヤ ディレクタおよびファブリック スイッチに対応しています。ここでは、コマンド モードに関係なく、すべてのコマンドがアルファベット順に記載されています。各コマンドの適切なモードを確認するには、「コマンド モード」を参照してください。詳細については、『Cisco MDS 9000 Family CLI Configuration Guide』を参照してください。

show aaa accounting

アカウンティング コンフィギュレーションを表示するには、 show aaa accounting コマンドを使用します。

show aaa accounting

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、アカウンティング ログ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show aaa accounting
default: local

 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa accounting default

デフォルトのアカウンティング方式を設定します。

show aaa authentication

設定されている認証情報を表示するには、 show aaa authentication コマンドを使用します。

show aaa authentication [ login { error-enable | mschap }]

 
シンタックスの説明

login error-enable

認証ログイン エラー メッセージ イネーブル コンフィギュレーションを表示します。

login mschap

認証ログイン MS-CHAP イネーブル コンフィギュレーションを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(1)

このコマンドが導入されました。

2.0(x)

login error-enableオプションが追加されました。

3.0(1)

loginmschap オプションが追加されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、設定された認証パラメータを表示する例を示します。

switch# show aaa authentication
default: group TacServer local none
console: local
iscsi: local
dhchap: local
 

次に、認証ログイン エラー メッセージ イネーブル コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show aaa authentication login error-enable
disabled
 

次に、認証ログイン MS-CHAP イネーブル コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show aaa authentication login mschap
disabled
 

show aaa authentication login password-aging

パスワード エージング通知のステータスを表示するには、show aaa authentication login password-aging コマンドを使用します。

show aaa authentication login password-aging

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、パスワード エージング通知 のステータスを表示する例を示します。

switch(config)# show aaa authentication login password-aging

 
関連コマンド

コマンド
説明

aaa authentication login password-aging enable

AAA サーバからのパスワード エージング通知を設定します。

show aaa groups

設定されているサーバ グループを表示するには、 show aaa groups コマンドを使用します。

show aaa groups

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、設定されているサーバ グループを表示する例を示します。

switch# show aaa groups
radius
TacServer
 

show accounting log

アカウンティングのログ内容を表示するには、 show accounting log コマンドを使用します。

show accounting log [ size ]

 
シンタックスの説明

size

表示するログのサイズをバイト単位で指定します。有効範囲は 0 ~ 250000 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、アカウンティング ログ全体を表示する例を示します。

switch# show accounting log
2002:stop:snmp_1033151784_171.71.49.83:admin:
Fri Sep 27 18:36:24 2002:start:_1033151784:root
Fri Sep 27 18:36:28 2002:update:::fcc configuration requested
Fri Sep 27 18:36:33 2002:start:snmp_1033151793_171.71.49.83:admin
Fri Sep 27 18:36:33 2002:stop:snmp_1033151793_171.71.49.83:admin:
Fri Sep 27 18:39:28 2002:start:snmp_1033151968_171.71.49.96:admin
Fri Sep 27 18:39:28 2002:stop:snmp_1033151968_171.71.49.96:admin:
Fri Sep 27 18:39:28 2002:start:_1033151968:root
Fri Sep 27 18:39:31 2002:update:::fcc configuration requested
Fri Sep 27 18:39:37 2002:start:snmp_1033151977_171.71.49.96:admin
Fri Sep 27 18:39:37 2002:stop:snmp_1033151977_171.71.49.96:admin:
Fri Sep 27 18:39:37 2002:start:snmp_1033151977_171.71.49.96:admin
Fri Sep 27 18:42:12 2002:start:snmp_1033152132_171.71.49.96:admin
Fri Sep 27 18:42:12 2002:stop:snmp_1033152132_171.71.49.96:admin:
Fri Sep 27 18:42:12 2002:start:snmp_1033152132_171.71.49.96:admin
Fri Sep 27 18:42:40 2002:start:snmp_1033152160_171.71.49.96:admin
...
 

次に、400 バイトのアカウンティング ログを表示する例を示します。

switch# show accounting log 400
 
Tue Dec 8 22:06:59 1981:start:/dev/pts/2_376697219:admin:
Tue Dec 8 22:07:03 1981:stop:/dev/pts/2_376697219:admin:shell terminated
Tue Dec 8 22:07:13 1981:start:/dev/pts/2_376697233:admin:
Tue Dec 8 22:07:53 1981:stop:/dev/pts/2_376697233:admin:shell terminated
Tue Dec 8 22:08:15 1981:update:/dev/ttyS0_376628597:admin:iSCSI Interface Vsan Enabled
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear accounting log

アカウンティング ログを消去します。

show arp

Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)エントリを表示するには、 show arp コマンドを使用します。

show arp

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、ARP テーブルを表示する例を示します。

switch# show arp
Protocol Address Age (min) Hardware Addr Type Interface
Internet 171.1.1.1 0 0006.5bec.699c ARPA mgmt0
Internet 172.2.0.1 4 0000.0c07.ac01 ARPA mgmt0

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear arp-cache

arp-cache テーブル エントリを消去します。

show autonomous-fabric-id database

Autonomous Fabric ID(AFID)データベースの内容を表示するには、EXEC モードで show fabric-binding コマンドを使用します。

show autonomous-fabric-id database

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.1(1a)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、AFID データベースの内容を表示する例を示します。

switch# show autonomous-fabric-id database
SWITCH WWN Default-AFID
--------------------------------------------------------------
20:00:00:0c:91:90:3e:80 5
 
 
Total: 1 entry in default AFID table
 
SWITCH WWN AFID VSANS
--------------------------------------------------------------
20:00:00:0c:91:90:3e:80 10 1,2,5-8
 
 
Total: 1 entry in AFID table
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

autonomous-fabric-id(IVR トポロジ データベース設定)

AFID をInter-VSAN Routing(IVR)トポロジ データベースに設定します。

autonomous-fabric-id(IVR サービス グループ設定)

AFID を IVR サービス グループに設定します。

autonomous-fabric-id-database

AFID データベースを設定します。

show banner motd

MoTD(Message-of-The-Day)バナーを表示するには、 show banner motd コマンドを使用します。

show banner motd

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(4)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

設定した MoTD バナーは、ユーザがスイッチにログインする際、ログイン プロンプトの前に端末に表示されます。

次に、設定されたバナー メッセージを表示する例を示します。

switch# show banner motd
Testing the MOTD Feature
 

設定されたメッセージは、次回スイッチにログインしたときに表示されます。

Testing the MOTD Feature
switch login:

 
関連コマンド

コマンド
説明

banner motd

必要なバナー メッセージを設定します。

s how boot

ブート変数またはモジュールを表示するには、 show boot コマンドを使用します。

show boot [module [ slot | variable-name ] | sup-1 | sup-2 | variables]

 
シンタックスの説明

module

モジュールのブート変数を表示します。

slot

モジュールをスロット番号で指定します。

variable-name

変数を指定します。1最大 80 文字まで可能です。

sup-1

上位スーパーバイザ コンフィギュレーションを表示します。

sup-2

下位スーパーバイザ コンフィギュレーションを表示します。

variables

ブート変数のリストを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.2(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、ブート変数の現在の内容を表示する例を示します。

switch# show boot
kickstart variable = bootflash:/kickstart-image
system variable = bootflash:/system-image
Module 2
asm-sfn variable = bootflash:/asm-image
 

次に、指定したモジュールのイメージを表示する例を示します。

switch# show boot module
Module 2
asm-sfn variable = bootflash:/asm-image
 

次に、ブート変数の現在の内容をすべて表示する例を示します。

switch# show boot variables
List of boot variables are:
asm-sfn
system
kickstart
 

show boot auto-copy

自動コピー機能の状態を表示するには、 show boot auto-copy コマンドを使用します。

show boot auto-copy [list]

 
シンタックスの説明

list

自動コピーされるファイルのリストを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、自動コピー機能をイネーブルにする際にコンソールに表示されるメッセージの例を示します。

switch(config)# boot auto-copy
Auto-copy administratively enabled
 

次に、自動コピー機能をディセーブルにする際にコンソールに表示されるメッセージの例を示します。

switch(config)# boot auto-copy
Auto-copy administratively disabled
 

次に、自動コピー機能がイネーブルになっている場合の自動コピー機能の現在の状態を表示する例を示します。

switch# show boot auto-copy
Auto-copy feature is enabled
 

次に、自動コピー機能がディセーブルになっている場合の自動コピー機能の現在の状態を表示する例を示します。

switch# show boot auto-copy
Auto-copy feature is disabled
 

次に、スタンバイ スーパーバイザ モジュールのブートフラッシュにコピーされる ilc1.bin イメージを表示する例を示します。これが正常に実行されると、次のファイルは lasilc1.bin となります。このコマンドは、アクティブ スーパーバイザ モジュールのファイルのみを表示します。

switch# show boot auto-copy list
File: /bootflash/ilc1.bin
Bootvar: ilce
 
File:/bootflash/lasilc1.bin
Bootvar: lasilc

次に、自動コピー オプションがディセーブルの場合、またはファイルがコピーされていない場合の一般的なメッセージを表示する例を示します。

switch# show boot auto-copy list
No file currently being auto-copied
 

show callhome

スイッチに設定されている関連 Call Home 情報を表示するには、 show callhome コマンドを使用します。

show callhome [ destination-profile [ profile { profile | full-txt-destination | short-txt-destination | XML-destination }] | last { action status | merge status } | pending | pending-diff | transport-email | user-def-cmds ]

 
シンタックスの説明

destination-profile

Call Home 宛先プロファイル情報を表示します。

profile

宛先プロファイルを指定します。

profile

ユーザ定義の宛先プロファイルを指定します。

full-txt-destination

フル テキストの宛先プロファイルを指定します。

short-txt-destination

ショート テキストの宛先プロファイルを指定します。

XML-destination

XML 宛先プロファイルを指定します。

last action status

最終 CFS 確定または廃棄操作の状態を表示します。

last merge status

最終 CFS 結合操作のステータスを表示します。

pending

未決定 Call Home コンフィギュレーションの状態を表示します。

pending-diff

実行中の Call Home コンフィギュレーションと未決定 Call Home コンフィギュレーションの差異を表示します。

transport-email

Call Home 電子メール転送情報を表示します。

user-def-cmds

各アラート グループ用に設定された CLI コマンドを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

2.0(x)

last action status pending 、および pending-diff オプションが追加されました。

3.0(1)

user-def-cmds 引数が追加されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、設定された Call Home 情報を表示する例を示します。

switch# show callhome
callhome enabled
Callhome Information:
contact person name:who@where
contact person's email:person@place.com
contact person's phone number:310-408-4000
street addr:1234 Picaboo Street, Any city, Any state, 12345
site id:Site1ManhattanNewYork
customer id:Customer1234
contract id:Andiamo1234
switch priority:0
duplicate message throttling : enabled
periodic inventory : disabled
periodic inventory time-period : 7 days
distribution of callhome configuration data using cfs : disabled
 

次に、すべての宛先プロファイル情報を表示する例を示します。

switch# show callhome destination-profile
XML destination profile information
maximum message size:250000
email addresses configured:
findout@.cisco.com
 
Short-txt destination profile information
maximum message size:4000
email addresses configured:
person1@epage.company.com
 
full-txt destination profile information
maximum message size:250000
email addresses configured:
person2@company2.com
 

次に、フル テキストの宛先プロファイルを表示する例を示します。

switch# show callhome destination-profile profile full-txt-destination
full-txt destination profile information
maximum message size:250000
email addresses configured:
person2@company2.com
 

次に、ショート テキストの宛先プロファイルを表示する例を示します。

switch# show callhome destination-profile profile short-txt-destination
Short-txt destination profile information
maximum message size:4000
email addresses configured:
person2@company2.com
 

次に、XML 宛先プロファイル情報を表示する例を示します。

switch# show callhome destination-profile profile XML-destination
XML destination profile information
maximum message size:250000
email addresses configured:
findout@.cisco.com
 

次に、電子メールおよび Simple Mail Transfer Protocol(SMTP; シンプル メール転送プロトコル)情報を表示する例を示します。

switch# show callhome transport-email
from email addr:user@company1.com
reply to email addr:pointer@company.com
return receipt email addr:user@company1.com
smtp server:server.company.com
smtp server port:25
 

次に、アラート グループ用のユーザ定義 CLI コマンドを表示する例を示します。

switch# show callhome user-def-cmds
User configured commands for alert groups :
alert-group test user-def-cmd "show version"

 
関連コマンド

コマンド
説明

alert-group

ユーザ定義の show コマンドを使用して Call Home アラート グループをカスタマイズします。

callhome

Call Home を設定します。

callhome test

ダミーのテスト メッセージを設定された 1 つまたは複数の宛先へ送信します。

show cdp

特定のインターフェイスでグローバルに設定されている Cisco Discovery Protocol(CDP)パラメータを表示するには、 show cdp コマンドを使用します。

show cdp {all | entry [all | name cdp-name ] | global | interface [gigabitethernet slot / port | mgmt 0] | neighbors [detail | interface {gigabitethernet slot / port | mgmt 0}] | traffic interface [gigabitethernet slot / port | mgmt 0]}

 
シンタックスの説明

all

すべてのイネーブルな CDP インターフェイスを表示します。

entry

CDP データベース エントリを表示します。

all

データベース内のすべての CDP エントリを表示します。

name cdp-name

指定した名前と一致する CDP エントリを表示します。1最大 256 文字まで可能です。

global

グローバル CDP パラメータを表示します。

gigabitethernet slot / port

スロット番号およびポート番号をスラッシュ(/)で区切って、ギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。

mgmt 0

イーサネット管理インターフェイスを指定します。

neighbors

すべての CDP ネイバーを表示します。

detail

すべての CDP ネイバーの詳細情報を表示します。

interface

指定したインターフェイス上の CDP 情報を表示します。

traffic

インターフェイスの CDP トラフィック統計を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、Cisco MDS 9500 シリーズのアクティブ スーパーバイザ モジュールでのみ利用できます。

次に、すべての CDP 対応インターフェイスおよびパラメータを表示する例を示します。

switch# show cdp all
GigabitEthernet4/1 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
GigabitEthernet4/8 is down
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
mgmt0 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 100 seconds
Holdtime is 200 seconds
 

次に、すべての CDP ネイバー エントリを表示する例を示します。

switch# show cdp entry all
----------------------------------------
Device ID:Switch
System Name:
Interface address(es):
Platform: cisco WS-C2950T-24, Capabilities: Switch IGMP Filtering
Interface: mgmt0, Port ID (outgoing port): FastEthernet0/24
Holdtime: 152 sec
 
Version:
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2950 Software (C2950-I6Q4L2-M), Version 12.1(19)EA1c, RELEASE SOFTWARE
(fc2)
Copyright (c) 1986-2004 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 02-Feb-04 23:29 by yenanh
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
 

次に、指定した CDP ネイバーを表示する例を示します。

switch# show cdp entry name 0
----------------------------------------
Device ID:0
Entry address(es):
IP Address: 0.0.0.0
Platform: DS-X9530-SF1-K9, Capabilities: Host
Interface: GigabitEthernet4/1, Port ID (outgoing port): GigabitEthernet4/1
Holdtime: 144 sec
 
Version:
1.1(0.144)
 
Advertisement Version: 2
Duplex: full
 

次に、グローバル CDP パラメータを表示する例を示します。

switch# show cdp global
Global CDP information:
CDP enabled globally
Sending CDP packets every 60 seconds
Sending a holdtime value of 180 seconds
Sending CDPv2 advertisements is enabled
 

次に、管理インターフェイスの CDP パラメータを表示する例を示します。

switch# show cdp interface mgmt 0
mgmt0 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 60 seconds
Holdtime is 180 seconds
 

次に、ギガビット イーサネット インターフェイスの CDP パラメータを表示する例を示します。

switch# show cdp interface gigabitethernet 4/1
GigabitEthernet4/1 is up
CDP enabled on interface
Sending CDP packets every 80 seconds
Holdtime is 200 seconds
 

次に、CDP ネイバー(概略)を表示する例を示します。

switch# show cdp neighbors
Capability Codes: R - Router, T - Trans-Bridge, B - Source-Route-Bridge
S - Switch, H - Host, I - IGMP, r - Repeater
 
Device ID Local Intrfce Hldtme Capability Platform Port ID
0 Gig4/1 135 H DS-X9530-SF1- Gig4/1
069038732(Kiowa2 mgmt0 132 T S WS-C5500 8/11
069038747(Kiowa3 mgmt0 156 T S WS-C5500 6/20
069038747(Kiowa3 mgmt0 158 T S WS-C5500 5/22
 

次に、CDP ネイバー(詳細)を表示する例を示します。

switch# show CDP neighbor detail
----------------------------------------
Device ID:Switch
System Name:
Interface address(es):
Platform: cisco WS-C2950T-24, Capabilities: Switch IGMP Filtering
Interface: mgmt0, Port ID (outgoing port): FastEthernet0/24
Holdtime: 137 sec
 
Version:
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) C2950 Software (C2950-I6Q4L2-M), Version 12.1(19)EA1c, RELEASE SOFTWARE
(fc2)
Copyright (c) 1986-2004 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 02-Feb-04 23:29 by yenanh
 
Advertisement Version: 2
Native VLAN: 1
Duplex: full
 

次に、指定した CDP ネイバー(詳細)を表示する例を示します。

switch# show CDP neighbors interface gigabitethernet 4/1 detail
----------------------------------------
Device ID:0
Entry address(es):
IP Address: 0.0.0.0
Platform: DS-X9530-SF1-K9, Capabilities: Host
Interface: GigabitEthernet4/1, Port ID (outgoing port): GigabitEthernet4/1
Holdtime: 144 sec
 
Version:
1.1(0.144)
 
Advertisement Version: 2
Duplex: full
 

次に、管理インターフェイスの CDP トラフィック統計を表示する例を示します。

switch# show cdp traffic interface mgmt 0
----------------------------------------
Traffic statistics for mgmt0
Input Statistics:
Total Packets: 1148
Valid CDP Packets: 1148
CDP v1 Packets: 1148
CDP v2 Packets: 0
Invalid CDP Packets: 0
Unsupported Version: 0
Checksum Errors: 0
Malformed Packets: 0
 
Output Statistics:
Total Packets: 2329
CDP v1 Packets: 1164
CDP v2 Packets: 1165
Send Errors: 0
 

次に、ギガビット イーサネット インターフェイスの CDP トラフィック統計を表示する例を示します。

switch# show cdp traffic interface gigabitethernet 4/1
----------------------------------------
Traffic statistics for GigabitEthernet4/1
Input Statistics:
Total Packets: 674
Valid CDP Packets: 674
CDP v1 Packets: 0
CDP v2 Packets: 674
Invalid CDP Packets: 0
Unsupported Version: 0
Checksum Errors: 0
Malformed Packets: 0
 
Output Statistics:
Total Packets: 674
CDP v1 Packets: 0
CDP v2 Packets: 674
Send Errors: 0
 

show cfs

Cisco Fabric Services(CFS)情報を表示するには、 show cfs コマンドを使用します。

show cfs {application [name app-name ] | lock [name app-name ] | merge status name app-name ] | peers [name app-name ] | status [name app-name ]}

 
シンタックスの説明

application

ローカルに登録されたアプリケーションを表示します。

name app-name

ローカル アプリケーション情報を名前で指定します。1最大 64 文字まで可能です。

lock

アプリケーションの論理ロックまたは物理ロックの状態を表示します。

merge status

CFS 結合情報を表示します。

peers

論理または物理 CFS ピアを表示します。

status

CFS 配信がイネーブルかディセーブルかを表示します。イネーブルがデフォルト設定です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(1b)

このコマンドが導入されました。

2.1(1a)

status キーワードが追加されました。

コマンド出力にあるアプリケーション フィールドの fctimer アプリケーション用に、vsan が fctimer に置き換えられました。

3.0(1)

どのアプリケーションが IP とファイバ チャネルを介した CFS 配信をサポートし、どのアプリケーションがファイバ チャネルを介した CFS 配信のみをサポートするのかを示す、 show cfs application の出力例が変更されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、すべてのアプリケーションの CFS 物理ピア情報を表示する例を示します。

switch# show cfs peers
 
Physical Fabric
--------------------------------------------------
Switch WWN IP Address
--------------------------------------------------
20:00:00:05:30:00:61:de 172.22.46.223 [Local]
20:00:00:0d:ec:08:66:c0 172.22.46.233
20:00:00:05:30:00:f1:e2 172.22.46.225
20:00:00:05:30:00:eb:46 172.22.46.222
20:00:00:05:30:00:cb:56 172.22.46.224
20:00:00:05:30:00:5b:5e 172.22.46.182
20:00:00:05:30:00:34:9e 172.22.46.220
 
Total number of entries = 7
 

次に、スイッチ上のすべてのアプリケーションの CFS 情報を表示する例を示します。

switch# show cfs application
 
----------------------------------------------
Application Enabled Scope
----------------------------------------------
ntp No Physical-all
fscm Yes Physical-fc
role No Physical-all
rscn No Logical
radius No Physical-all
fctimer No Physical-fc
syslogd No Physical-all
callhome No Physical-all
fcdomain Yes Logical
device-alias Yes Physical-fc
 
Total number of entries = 10

show cfs application コマンドは、CFS で登録されたアプリケーションのみを表示します。CFS を使用する条件付きサービスは、そのサービスが実行されていない限り出力には表示されません。


次に、デバイス エイリアス アプリケーションの CFS 情報を表示する例を示します。

switch# show cfs application name device-alias
 
Enabled : Yes
Timeout : 5s
Merge Capable : Yes
Scope : Physical
 

次に、デバイス エイリアス アプリケーションの CFS 結合操作情報を表示する例を示します。

switch# show cfs merge status device-alias
 
Physical Merge Status: Success
Local Fabric
---------------------------------------------------------
Switch WWN IP Address
---------------------------------------------------------
20:00:00:05:30:00:34:9e 172.22.46.220 [Merge Master]
20:00:00:05:30:00:5b:5e 172.22.46.182
20:00:00:05:30:00:61:de 172.22.46.223
20:00:00:05:30:00:cb:56 172.22.46.224
20:00:00:05:30:00:eb:46 172.22.46.222
20:00:00:05:30:00:f1:e2 172.22.46.225
 

次に、CFS 配信がイネーブルかどうかを表示する例を示します。

switch# show cfs status
Fabric distribution Enabled
switch#
 

show cfs regions

領域内の配信可能なアプリケーションとピアの一覧を表示するには、show cfs region コマンドを使用します。

show cfs regions [brief [ region-id ] | name [ name app-name] | region [ region-id ] ]

 
シンタックスの説明

brief region-id

全設定済領域およびアプリケーションをピアなしで表示します。

name app-name

指定したアプリケーションの全ピアおよび領域情報を表示します。

region region-id

全設定済アプリケーションとピアを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、全ての領域情報とピアを表示する例を示します。

switch# show cfs regions
Region-ID : 1
Application: callhome
Scope : Physical-all
-------------------------------------------------------------------------
Switch WWN IP Address
-------------------------------------------------------------------------
20:00:00:0d:ec:04:99:c0 10.64.66.48 [Local]
switch-
20:00:00:0d:ec:04:99:c1 10.64.66.48
switch-2.cisco.com
20:00:00:0d:ec:04:99:c2 10.64.66.48
switch-3.cisco.com
Total number of entries = 3
Region-ID : 1
Application: ntp
Scope : Physical-all
-------------------------------------------------------------------------
Switch WWN IP Address
-------------------------------------------------------------------------
20:00:00:0d:ec:06:55:c0 10.64.66.47 [Local]
switch-1
Total number of entries = 1
 

次に、領域内にアプリケーションのリストをピアなしで表示する例を示します。

switch# show cfs regions brief
---------------------------------------
Region Application Enabled
---------------------------------------
1 callhome yes
1 ntp yes
 

次に、領域内の指定アプリケーションに関するピアおよび領域情報を表示する例を示します。

switch# show cfs regions name callhome
Region-ID : 1
Application: callhome
Scope : Physical-all
-------------------------------------------------------------------------
Switch WWN IP Address
-------------------------------------------------------------------------
20:00:00:0d:ec:06:55:c0 10.64.66.47 [Local]
switch 1
Total number of entries = 1

 
関連コマンド

コマンド
説明

cfs regions

選択されたスイッチにアプリケーション配信範囲を限定する領域を作成します。

show cimserver

Common Information Models(CIM)のコンフィギュレーションおよび設定を表示するには、 show cimserver コマンドを使用します。

show cimserver [certificateName | HttpsStatus | HttpStatus | status]

 
シンタックスの説明

certificateName

インストールされた Secure Socket Layer(SSL)証明書を表示します。

HttpsStatus

CIM サーバの HTTPS(セキュア)プロトコルを表示します。

HttpStatus

CIM サーバの HTTP(非セキュア)プロトコル設定を表示します。

status

CIM サーバ状態を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、CIM サーバ証明書ファイルを表示する例を示します。

switch# show cimserver certificateName
cimserver certificate file name is servcert.pem
 

次に、CIM サーバ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show cimserver
cimserver is enabled
cimserver Http is not enabled
cimserver Https is enabled
cimserver certificate file name is servcert.pem
 

次に、CIM サーバの HTTPS 状態を表示する例を示します。

switch# show cimserver httpsstatus
cimserver Https is enabled
 

次に、CIM サーバの HTTP 状態を表示する例を示します。

switch# show cimserver httpstatus
cimserver Http is not enabled

show cimserver indications

フィルタ、受信側、および加入などの CIM サーバの説明を表示するには、show cimserver indication コマンドを使用します。

show cimserver indication

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.3(1a)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、CIM サーバの説明を表示する例を示します。

switch# show cimserver indication
Filter: root/cimv2:Feb 7, 2008 2:32:11 PM
Query: "SELECT * FROM CISCO_LinkUp"
Query Language: WQL
-----------------------------------------
Handler: root/cimv2:CIM_ListenerDestinationCIMXML.Thu Feb 07 14:32:44 IST 20081202374964083
Destination: http://10.77.91.110:59901
PersistenceType: Transient
-----------------------------------------
Namespace: root/cimv2
Filter: root/cimv2:Feb 7, 2008 2:32:11 PM
Handler: root/cimv2:CIM_ListenerDestinationCIMXML.Thu Feb 07 14:32:44 IST 20081202374964083
Query: "SELECT * FROM CISCO_LinkUp"
Destination: http://10.77.91.110:59901
SubscriptionState: Enabled
 

次に、CIM サーバの説明フィルタを表示する例を示します。

switch# show cimserver indication filters
Filter: root/cimv2:Feb 7, 2008 2:32:11 PM
Query: "SELECT * FROM CISCO_LinkUp"
Query Language: WQL
 

次に、CIM サーバの説明の受信側を表示する例を示します。

switch# show cimserver indication recipients
Handler: root/cimv2:CIM_ListenerDestinationCIMXML.Thu Feb 07 14:32:44 IST 20081202374964083
Destination: http://10.77.91.110:59901
PersistenceType: Transient
 

次に、CIM サーバの加入について表示する例を示します。

switch# show cimserver indication subscriptions
Namespace: root/cimv2
Filter: root/cimv2:Feb 7, 2008 2:32:11 PM
Handler: root/cimv2:CIM_ListenerDestinationCIMXML.Thu Feb 07 14:32:44 IST 20081202374964083
Query: "SELECT * FROM CISCO_LinkUp"
Destination: http://10.77.91.110:59901
SubscriptionState: Enabled
 

show cimserver logs

CIM サーバのログを表示するには、show cimserver logs コマンドを使用します。

show cimserver logs

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.3(1a)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、CIM サーバのログを表示する例を示します。

switch# show cimserver logs
02/07/2008-16:38:14 INFO cimserver: Sent response to: localhost
02/07/2008-16:38:26 INFO cimserver: Received request from: 10.77.91.110
02/07/2008-16:38:27 INFO cimserver: Sent response to: 10.77.91.110

 
関連コマンド

コマンド
説明

cimserver loglevel

CIM サーバのログレベル フィルタを入力します。

show cimserver status

CIM サーバのステータスを表示するには、show cimserver status コマンドを使用します。

show cimserver status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.3(1a)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、CIM サーバのステータスを表示する例を示します。

switch# show cimserver status
cimserver is enabled

 
関連コマンド

コマンド
説明

cimserver enable

CIM サーバを開始します。

show cli alias

スイッチに設定されているエイリアスを表示するには、 show cli alia s コマンドを使用します。

show cli alias [name name ]

 
シンタックスの説明

name name

エイリアス名を指定します。名前は、最大 31 文字までです。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show cli alias コマンドは、デフォルトのエイリアスと他のユーザ定義エイリアスを表示します。デフォルト エイリアスは alias で、 show cli alias のことです。

次に、CLI エイリアスを表示する例を示します。

switch# show cli alias
CLI alias commands
==================
alias :show cli alias
env :show environment
clock :show clock
 

次に、特定のエイリアスを名前別に表示する例を示します。

switch# show cli alias name qos
qos :show qos

 
関連コマンド

コマンド
説明

cli alias name

コマンド エイリアス名を定義します。

show cli variables

ユーザ定義セッションおよび固定 CLI 変数を表示するには、 show cli variables コマンドを使用します。

show cli variables

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show CLI variables コマンドは、全ての使用可能な CLI 変数を表示します。これには、ユーザ定義セッション CLI 変数、ユーザ定義固定 CLI 変数、システム定義 CLI 変数などが含まれています。出力で CLI 変数のタイプに区別はありません。

次に、CLI 変数を表示する例を示します。

switch# show cli variables
VSH Variable List
-----------------
TIMESTAMP="2005-10-24-21.29.33"
testinterface="fc 1/1"
 

) 前述の出力例で示されている TIMESTAMP 変数は、Cisco MDS SAN-OS でサポートされている事前定義変数です。TIMESTAMP 変数の詳細については、『Cisco MDS 9000 Family CLI Configuration Guide』を参照してください。


 
関連コマンド

コマンド
説明

cli var name

CLI セッション変数を定義します。

cli var name(設定)

CLI 固定変数を定義します。

 

show clock

システムの日付と時間を表示し、タイム ゾーンを確認するには、 show clock コマンドを使用します。

show clock

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、システム日付、時間、およびタイム ゾーンの設定を表示する例を示します。

switch# show clock
Fri Mar 14 01:31:48 UTC 2003

show cloud discovery

クラウドに関するディスカバリ情報を表示するには、 show cloud discovery コマンドを使用します。

show cloud discovery { config | stats | status }

 
シンタックスの説明

config

グローバル ディスカバリ設定情報を表示します。

stats

ディスカバリ統計情報を表示します。

status

ディスカバリ ステータス情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、クラウドに関する情報を表示する例を示します。

switch# show cloud discovery config
Auto discovery: Enabled
 
The following example shows statistics about a cloud.
 
sswitch# show cloud discovery stats
Global statistics
Number of Auto Discovery = 4
Number of Manual (demand) Discovery = 0
Number of cloud discovery (ping) messages sent = 17
Number of cloud discovery (ping) success = 1

 
関連コマンド

コマンド
説明

cloud discover

手動の、オンデマンド クラウド ディスカバリを開始します。

cloud discovery

クラウド ディスカバリを設定します。

cloud-discovery

クラウド メンバシップのディスカバリをイネーブルにします。

show cloud membership

クラウドのメンバーに関する情報を表示します。

show cloud membership

クラウドに関するメンバシップ情報を表示するには、 show cloud membership コマンドを使用します。

show cloud membership [ all | interface { gigabitethernet slot/port | port-channel number } | unresolved ]

 
シンタックスの説明

all

全てのクラウドおよびクラウド メンバーを表示します。

interface

指定したインターフェイスに含まれているクラウドの全メンバーを表示します。

gigabitethernet slot/port

スロットおよびポート番号でギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 6 です。

port-channel number

ポートチャネル インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 128 です。

unresolved

クラウドの未解決メンバーに関する情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、クラウドのメンバーを表示する例を示します。

switch# show cloud membershp
Undiscovered Cloud
port-channel 1[20:00:00:05:30:00:a7:9e] IP Addr fe80::205:30ff:fe00:a412
port-channel 1.250[20:00:00:05:30:00:a7:9e] IP Addr 3000:2::1
port-channel 1.250[20:00:00:05:30:00:a7:9e] IP Addr fe80::205:30ff:fe00:a412
#members=3
Cloud 2
port-channel 1[20:00:00:05:30:00:a7:9e] IP Addr 3000:1::1
#members=1
Cloud 3
GigabitEthernet1/1[20:00:00:05:30:00:a7:9e] IP Addr 10.10.10.1
#members=1
Cloud 4
GigabitEthernet1/2[20:00:00:05:30:00:a7:9e] IP Addr 10.10.60.1
#members=1
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

cloud discover

手動の、オンデマンド クラウド ディスカバリを開始します。

cloud discovery

クラウド ディスカバリを設定します。

cloud-discovery enable

クラウド メンバシップのディスカバリをイネーブルにします。

show cloud discovery

クラウドに関するディスカバリ情報を表示します。

show copyright

SAN-OS ソフトウェアの著作権文を表示するには、EXEC モードで show copyright コマンドを使用します。

show copyright

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

現在の SAN-OS イメージの著作権文を確認するには、 show copyright コマンドを使用します。

次に、SAN-OS ソフトウェアの著作権情報を表示する例を示します。

switch# show copyright
Cisco Storage Area Networking Operating System (SAN-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2006, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained herein are owned by
other third parties and are used and distributed under license.
Some parts of this software may be covered under the GNU Public
License or the GNU Lesser General Public License. A copy of
each such license is available at
http://www.gnu.org/licenses/gpl.html and
http://www.gnu.org/licenses/lgpl.html
 

show cores

現在のアクティブ スーパーバイザからアップロード可能なすべてのコアを表示するには、 show cores コマンドを使用します。

show cores

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、アクティブ スーパーバイザ(スロット 5)で Fabric Shortest Path First(FSPF)コアが、スタンバイ スーパーバイザ(スロット 6)で Fibre Channel Congestion(FCC)コアが、モジュール(スロット 8)で acltcam および fib が生成される例を示します。

switch# show cores
 
Module-num Process-name PID Core-create-time
---------- ------------ --- ----------------
5 fspf 1524 Jan 9 03:11
6 fcc 919 Jan 9 03:09
8 acltcam 285 Jan 9 03:09
8 fib 283 Jan 9 03:08
 

show crypto ca certificates

設定済のトラスト ポイント証明書を表示するには、 show crypto ca certificates コマンドを使用します。

show crypto ca certificates trustpoint-label

 
シンタックスの説明

trustpoint-label

トラスト ポイント名を指定します。最大文字サイズは 64 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、ID 証明書内の重要フィールドを表示するもので、存在する場合、その後に CA 証明書(またはチェーンになっている場合は、下位証明書から自己署名ルート証明書までの各 CA 証明書)内のフィールドやトラスト ポイントが続きます。トラスト ポイント名が指定されていない場合、全てのトラスト ポイント証明書詳細が表示されます。

次に、設定されたトラスト ポイント証明書を表示する例を示します。

switch# show crypto ca certificates
Trustpoint: admin-ca
certificate:
subject= /CN=switch160
issuer= /C=US/O=cisco/CN=Aparna CA2
serial=6CDB2D9E000100000006
notBefore=Jun 9 10:51:45 2005 GMT
notAfter=May 3 23:10:36 2006 GMT
MD5 Fingerprint=0A:22:DC:A3:07:2A:9F:9A:C2:2C:BA:96:EC:D8:0A:95
purposes: sslserver sslclient ike
 
CA certificate 0:
subject= /C=US/O=cisco/CN=Aparna CA2
issuer= /emailAddress=amandke@cisco.com/C=IN/ST=Maharashtra/L=Pune/O=cisco/OU=ne
tstorage/CN=Aparna CA1
serial=14A3A877000000000005
notBefore=May 5 18:43:36 2005 GMT
notAfter=May 3 23:10:36 2006 GMT
MD5 Fingerprint=32:50:26:9B:16:B1:40:A5:D0:09:53:0A:98:6C:14:CC
purposes: sslserver sslclient ike
 
CA certificate 1:
subject= /emailAddress=amandke@cisco.com/C=IN/ST=Maharashtra/L=Pune/O=cisco/OU=n
etstorage/CN=Aparna CA1
issuer= /emailAddress=amandke@cisco.com/C=IN/ST=Karnataka/L=Bangalore/O=Cisco/OU
=netstorage/CN=Aparna CA
serial=611B09A1000000000002
notBefore=May 3 23:00:36 2005 GMT
notAfter=May 3 23:10:36 2006 GMT
MD5 Fingerprint=65:CE:DA:75:0A:AD:B2:ED:69:93:EF:5B:58:D4:E7:AD
purposes: sslserver sslclient ike
 
CA certificate 2:
subject= /emailAddress=amandke@cisco.com/C=IN/ST=Karnataka/L=Bangalore/O=Cisco/O
U=netstorage/CN=Aparna CA
issuer= /emailAddress=amandke@cisco.com/C=IN/ST=Karnataka/L=Bangalore/O=Cisco/OU
=netstorage/CN=Aparna CA
serial=0560D289ACB419944F4912258CAD197A
notBefore=May 3 22:46:37 2005 GMT
notAfter=May 3 22:55:17 2007 GMT
MD5 Fingerprint=65:84:9A:27:D5:71:03:33:9C:12:23:92:38:6F:78:12
purposes: sslserver sslclient ike
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ca authenticate

CA の証明書を認証します。

show ca trustpoints

トラスト ポイント設定を表示します。

show crypto ca crl

設定済の Certificate Revocation List(CRL; 証明書失効リスト)を表示するには、 show crypto ca crl コマンドを使用します。

show crypto ca crl trustpoint-label

 
シンタックスの説明

trustpoint-label

トラスト ポイント名を指定します。最大文字サイズは 64 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、指定したトラスト ポイントの CRL にある失効済証明書のシリアル番号をリストします。

次に、設定済 CRL を表示する例を示します。

switch# show crypto ca crl admin-ca
Trustpoint: admin-ca
CRL:
Certificate Revocation List (CRL):
Version 2 (0x1)
Signature Algorithm: sha1WithRSAEncryption
Issuer: /emailAddress=rviyyoka@cisco.com/C=IN/ST=Kar/L=Bangalore/O=Cisco
Systems/OU=1/CN=cisco-blr
Last Update: Sep 22 07:05:23 2005 GMT
Next Update: Sep 29 19:25:23 2005 GMT
CRL extensions:
X509v3 Authority Key Identifier:
keyid:CF:72:E1:FE:14:60:14:6E:B0:FA:8D:87:18:6B:E8:5F:70:69:05:3F
 
1.3.6.1.4.1.311.21.1:
...
Revoked Certificates:
Serial Number: 1E0AE838000000000002
Revocation Date: Mar 15 09:12:36 2005 GMT
Serial Number: 1E0AE9AB000000000003
Revocation Date: Mar 15 09:12:45 2005 GMT
Serial Number: 1E721E50000000000004
Revocation Date: Apr 5 11:04:20 2005 GMT
Serial Number: 3D26E445000000000005
Revocation Date: Apr 5 11:04:16 2005 GMT
Serial Number: 3D28F8DF000000000006
Revocation Date: Apr 5 11:04:12 2005 GMT
Serial Number: 3D2C6EF3000000000007
Revocation Date: Apr 5 11:04:09 2005 GMT
Serial Number: 3D4D7DDC000000000008
Revocation Date: Apr 5 11:04:05 2005 GMT
Serial Number: 5BF1FE87000000000009
Revocation Date: Apr 5 11:04:01 2005 GMT
Serial Number: 5BF22FB300000000000A
Revocation Date: Apr 5 11:03:45 2005 GMT
Serial Number: 5BFA4A4900000000000B
Revocation Date: Apr 5 11:03:42 2005 GMT
Serial Number: 5C0BC22500000000000C
Revocation Date: Apr 5 11:03:39 2005 GMT
Serial Number: 5C0DA95E00000000000D
Revocation Date: Apr 5 11:03:35 2005 GMT
Serial Number: 5C13776900000000000E
Revocation Date: Apr 5 11:03:31 2005 GMT
Serial Number: 4864FD5A00000000000F
Revocation Date: Apr 5 11:03:28 2005 GMT
Serial Number: 48642E2E000000000010
Revocation Date: Apr 5 11:03:24 2005 GMT
Serial Number: 486D4230000000000011
Revocation Date: Apr 5 11:03:20 2005 GMT
Serial Number: 7FCB75B9000000000012
Revocation Date: Apr 5 10:39:12 2005 GMT
Serial Number: 1A7519000000000013
Revocation Date: Apr 5 10:38:52 2005 GMT
Serial Number: 20F1B0000000000014
Revocation Date: Apr 5 10:38:38 2005 GMT
Serial Number: 436E43A9000000000023
Revocation Date: Sep 9 09:01:23 2005 GMT
CRL entry extensions:
X509v3 CRL Reason Code:
Cessation Of Operation
Serial Number: 152D3C5E000000000047
Revocation Date: Sep 22 07:12:41 2005 GMT
Serial Number: 1533AD7F000000000048
Revocation Date: Sep 22 07:13:11 2005 GMT
Serial Number: 1F9EB8EA00000000006D
Revocation Date: Jul 19 09:58:45 2005 GMT
CRL entry extensions:
X509v3 CRL Reason Code:
Cessation Of Operation
Serial Number: 1FCA9DC600000000006E
Revocation Date: Jul 19 10:17:34 2005 GMT
CRL entry extensions:
X509v3 CRL Reason Code:
Cessation Of Operation
Serial Number: 2F1B5E2E000000000072
Revocation Date: Jul 22 09:41:21 2005 GMT
CRL entry extensions:
X509v3 CRL Reason Code:
Cessation Of Operation
Signature Algorithm: sha1WithRSAEncryption
4e:3b:4e:7a:55:6b:f2:ec:72:29:70:16:2a:fd:d9:9a:9b:12:
f9:cd:dd:20:cc:e0:89:30:3b:4f:00:4b:88:03:2d:80:4e:22:
9f:46:a5:41:25:f4:a5:26:b7:b6:db:27:a9:64:67:b9:c0:88:
30:37:cf:74:57:7a:45:5f:5e:d0
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ca crl request

CRL を設定するか、既存の トラスト ポイント CA の 1 つを上書きします。

show crypto ca trustpoints

ポイント設定を表示するには、 show crypto ca trustpoints コマンドを使用します。

show crypto ca trustpoints

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、設定されたトラスト ポイントを表示する例を示します。

switch# show crypto ca trustpoints
trustpoint: CAname; key:
revokation methods: crl
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ca authenticate

CA の証明書を認証します。

crypto ca trustpoint

スイッチが信頼すべきトラスト ポイント認証局を宣言します。

show crypto ca certificates

設定済トラスト ポイント証明書を表示します。

 

show crypto global domain ipsec

グローバル Internet Protocol Security(IPSec)クリプト マップ セット情報を表示するには、 show crypto global domain ipsec コマンドを使用します。

show crypto global domain ipsec [interface gigabitethernet slot/port | security-association lifetime]

 
シンタックスの説明

interface gigabitethernet slot / port

指定したギガビット イーサネット インターフェイスのスロットおよびポートのクリプト IPSec ドメイン情報を表示します。

security-association lifetime

クリプト IPSec ドメインのセキュリティ アソシエーション継続時間パラメータを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、 crypto ipsec enable コマンドを使用して IPSec をイネーブルにする必要があります。

次に、クリプト グローバル ドメイン IPSec 統計情報を表示する例を示します。

switch# show crypto global domain ipsec
IPSec global statistics:
Number of crypto map sets: 2
 

次に、インターフェイスのクリプト グローバル ドメイン IPSec 統計情報を表示する例を示します。

switch# show crypto global domain ipsec interface gigabitethernet 1/2
IPSec interface statistics:
IKE transaction stats: 0 num
Inbound SA stats: 0 num, 512 max
Outbound SA stats: 0 num, 512 max
 

次に、クリプト グローバル ドメイン IPSec のセキュリティ アソシエーション継続時間パラメータを表示する例を示します。

switch# show crypto global domain ipsec security-association lifetime
Security Association Lifetime: 4500 megabytes/3600 seconds
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto global domain ipsec security-association lifetime

IPSec のグローバル属性を設定します。

crypto ipsec enable

IPSec をイネーブルにします。

show crypto ike domain ipsec

Internet Key Exchange(IKE)プロトコル情報を表示するには、 show crypto ike domain ipsec コマンドを使用します。

show crypto ike domain ipsec [initiator [address ip-address ] | keepalive | key [address ip-address ] | policy [ policy-number ] | sa]

 
シンタックスの説明

initiator

イニシエータ設定情報を表示します。

address ip-address

イニシエータ ピアの IP アドレスを指定します。

keepalive

IKE プロトコルのキープアライブを秒で表示します。

key

事前共有認証鍵を表示します。

policy [ policy-number ]

Internet Protocol Security(IPSec)の IKE コンフィギュレーション ポリシーを表示します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

sa

IPSec の IKE セキュリティ アソシエーションを表示します。

 
デフォルト

このコマンドを使用するには、 crypto ike enable コマンドを使用して IKE プロトコルをイネーブルにする必要があります。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、 crypto ike enable コマンドを使用して IKE プロトコルをイネーブルにする必要があります。

次に、IKE キープアライブ値設定情報を表示する例を示します。

switch# show crypto ike domain ipsec keepalive
keepalive 3600

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ike domain ipsec

IKE コンフィギュレーション モードを開始します。

crypto ike enable

IKE プロトコルをイネーブルにします。

show crypto key mypubkey rsa

任意の RSA 公開鍵設定を表示するには、 show crypto key mypubkey rsa コマンドを使用します。

show crypto key mypubkey rsa

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、RSA 公開鍵設定を表示する例を示します。

switch# show crypto key mupubkey rsa
key label: myrsa
key size: 512
exportable: yes

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ca enroll

スイッチの RSA キー ペアの証明書を要求します。

crypto key generate rsa

RSA キー ペアを生成します。

rsakeypair

トラスト ポイント RSA キー ペア詳細を設定します。

show crypto map domain ipsec

Internet Protocol Security(IPSec)の設定情報をマッピングするには、 show crypto map domain ipsec コマンドを使用します。

show crypto map domain ipsec [interface gigabitethernet slot / port | tag tag-name ]

 
シンタックスの説明

interface gigabitethernet slot / port

特定のギガビット イーサネット インターフェイスの IPSec マッピング情報を表示します。

tag tag-name

特定のタグ名の IPSec マッピング情報を表示します。最大 63 文字まで可能です。

 
デフォルト

すべての IPSec マッピング情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、 crypto ipsec enable コマンドを使用して IPSec をイネーブルにする必要があります。

次に、IPSec クリプト マップ情報を表示する例を示します。

switch# show crypto map domain ipsec
Crypto Map "cm10" 1 ipsec
Peer = 10.10.10.4
IP ACL = aclmds10
permit ip 10.10.10.1 255.255.255.255 10.10.10.4 255.255.255.255
Transform-sets: 3des-md5, 3des-sha, des-md5, des-sha,
Security Association Lifetime: 450 gigabytes/3600 seconds
PFS (Y/N): N
Crypto Map "cm10" 2 ipsec
Peer = Auto Peer
IP ACL = acl10
permit ip 10.10.10.0 255.255.255.0 10.10.10.0 255.255.255.0
Transform-sets: 3des-md5, 3des-sha, des-md5, des-sha,
Security Association Lifetime: 450 gigabytes/3600 seconds
PFS (Y/N): N
Crypto Map "cm11" 1 ipsec
Peer = 10.10.11.2
IP ACL = aclany
permit ip any any
Transform-sets: 3des-md5, 3des-sha, des-md5, des-sha,
Security Association Lifetime: 450 gigabytes/3600 seconds
PFS (Y/N): N
Crypto Map "cm50" 1 ipsec
Peer = 10.10.50.2
IP ACL = aclany
permit ip any any
Transform-sets: 3des-md5,
Security Association Lifetime: 450 gigabytes/3600 seconds
PFS (Y/N): N
Interface using crypto map set cm50:
GigabitEthernet1/2.1
 
Crypto Map "cm51" 1 ipsec
Peer = 10.10.51.2
IP ACL = aclany
permit ip any any
Transform-sets: 3des-md5,
Security Association Lifetime: 450 gigabytes/3600 seconds
PFS (Y/N): N
Interface using crypto map set cm51:
GigabitEthernet1/2.2
 
Crypto Map "cm60" 1 ipsec
Peer = 10.10.60.2
IP ACL = acl60
permit ip 10.10.60.0 255.255.255.0 10.10.60.0 255.255.255.0
Transform-sets: 3des-md5,
Security Association Lifetime: 450 gigabytes/3600 seconds
PFS (Y/N): N
Interface using crypto map set cm60:
GigabitEthernet1/2
 
Crypto Map "cm100" 1 ipsec
Peer = 10.10.100.221
IP ACL = aclmds100
permit ip 10.10.100.231 255.255.255.255 10.10.100.221 255.255.255.255
Transform-sets: 3des-md5, 3des-sha, des-md5, des-sha,
Security Association Lifetime: 450 gigabytes/3600 seconds
PFS (Y/N): N
Crypto Map "cm100" 2 ipsec
Peer = Auto Peer
IP ACL = acl100
permit ip 10.10.100.0 255.255.255.0 10.10.100.0 255.255.255.0
Transform-sets: 3des-md5, 3des-sha, des-md5, des-sha,
Security Association Lifetime: 450 gigabytes/3600 seconds
PFS (Y/N): N
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ipsec enable

IPSec をイネーブルにします。

crypto map domain ipsec

IPSec マップ コンフィギュレーション モードを開始します。

show crypto sad domain ipsec

Internet Protocol Security(IPSec)セキュリティ アソシエーション データベース情報を表示するには、 show crypto sad domain ipsec コマンドを使用します。

show crypto sad domain ipsec [interface gigabitethernet slot / port [{inbound | outbound} sa-index index ]]

 
シンタックスの説明

interface gigabitethernet slot / port

特定のギガビット イーサネット インターフェイスの IPSec セキュリティ アソシエーション情報を表示します。

inbound

インバウンド アソシエーションを指定します。

outbound

アウトバウンド アソシエーションを指定します。

sa-index index

セキュリティ アソシエーション インデックスを指定します。有効範囲は 0 ~ 2147483647 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、 crypto ipsec enable コマンドを使用して IPSec をイネーブルにする必要があります。

次に、IPSec セキュリティ アソシエーション情報を表示する例を示します。

switch# show crypto sad domain ipsec
interface: GigabitEthernet4/1
Crypto map tag: cm10, local addr. 10.10.10.1
protected network:
local ident (addr/mask): (10.10.10.0/255.255.255.0)
remote ident (addr/mask): (10.10.10.4/255.255.255.255)
current_peer: 10.10.10.4
local crypto endpt.: 10.10.10.1, remote crypto endpt.: 10.10.10.4
mode: tunnel, crypto algo: esp-3des, auth algo: esp-md5-hmac
current outbound spi: 0x30e000f (51249167), index: 0
lifetimes in seconds:: 120
lifetimes in bytes:: 423624704
current inbound spi: 0x30e0000 (51249152), index: 0
lifetimes in seconds:: 120
lifetimes in bytes:: 423624704
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ipsec enable

IPSec をイネーブルにします。

show crypto spd domain ipsec

Security Policy Database(SPD; セキュリティ ポリシー データベース)を表示するには、 show crypto spd domain ipsec コマンドを使用します。

show crypto spd domain ipsec [interface gigabitethernet slot / port [policy number ]]

 
シンタックスの説明

interface gigabitethernet slot / port

特定のギガビット イーサネット インターフェイスの SPD 情報を表示します。

policy number

SPD ポリシー番号を指定します。

 
デフォルト

すべての SPD 情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、 crypto ipsec enable コマンドを使用して IPSec をイネーブルにする必要があります。

次に、SPD を表示する例を示します。

switch# show crypto spd domain ipsec
Policy Database for interface: GigabitEthernet1/1, direction: Both
# 0: deny udp any port eq 500 any
# 1: deny udp any any port eq 500
# 2: permit ip any any
# 63: deny ip any any
Policy Database for interface: GigabitEthernet1/2, direction: Both
# 0: deny udp any port eq 500 any
# 1: deny udp any any port eq 500
# 3: permit ip 10.10.50.1 255.255.255.255 10.10.50.2 255.255.255.255
# 4: permit ip 10.10.51.1 255.255.255.255 10.10.51.2 255.255.255.255
# 63: deny ip any any
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ipsec enable

IPSec をイネーブルにします。

show crypto transform-set domain ipsec

Internet Protocol Security(IPSec)のトランスフォーム セット情報を表示するには、 show crypto transform-set domain ipsec コマンドを使用します。

show crypto transform-set domain ipsec [ set-name ]

 
シンタックスの説明

set-name

トランスフォーム セット名を指定します。1最大 63 文字まで可能です。

 
デフォルト

すべてのトランスフォーム セットの情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、 crypto ipsec enable コマンドを使用して IPSec をイネーブルにする必要があります。

次に、すべての IPSec トランスフォーム セットの情報を表示する例を示します。

switch# show crypto transform-set domain ipsec
Transform set: ipsec_default_transform_set {esp-aes-256-ctr esp-aes-xcbc-mac}
will negotiate {tunnel}

 
関連コマンド

コマンド
説明

crypto ipsec enable

IPSec をイネーブルにします。

crypto transform-set domain ipsec

IPSec トランスフォーム セット情報を設定します。

show debug

スイッチに設定されている debug コマンドを表示するには、EXEC モードで show debug コマンドを使用します。

show debug all [ aaa | acl | arbiter | ascii-cfg | bootvar | callhome | capability | cdp | v | cimserver | cloud | confcheck | core | device-alias | dstats | epp | ethport | exceptionlog | fabric_start_cfg_mgr | fc-tunnel | fc2 | fc2d | fcc | fcdomain | fcfwd | fcns | fcs | fdmi | flogi | fs-daemon | fspf | fvp | idehsd | ilc_helper | ipacl | ipconf | ipfc | kadb | kipfc | klm-scsi-target | license | logfile | mcast | mip | module | ntp | platform | port | port-channel | qos | radius | rdl | redundancy | rib | rlir | rscn | scsi-flow | scsi-target | security | sensor | snmp | span | system | SystemHealth | tcap | tlport | ttyd | vni | vp | vrrp | vsan | vshd | wwn | xbar | xbc | zone ]

 
シンタックスの説明

aaa

301 のデバッグ フラグを表示します。

acl

ACL マネージャのデバッグ フラグを表示します。

arbiter

アービターのデバッグ フラグを表示します。

ascii-cfg

ascii-cfg のデバッグ フラグを表示します。

bootvar

bootvar のデバッグ フラグを表示します。

callhome

Call Home のデバッグ フラグを表示します。

capability

capability のデバッグ フラグを表示します。

cdp

Cisco Discovery Protocol(CDP; シスコ検出プロトコル)のデバッグ フラグを表示します。

cfs

Cisco Fabric Services(CFS)のデバッグ フラグを表示します。

cimserver

CIM サーバのデバッグ フラグを表示します。

cloud

クラウドのデバッグ フラグを表示します。

confcheck

confcheck のデバッグ フラグを表示します。

core

機能マネージャのデバッグ フラグを表示します。

device-alias

Distributed Device Alias Services(DDAS; 分散デバイス エイリアス サービス)のデバッグ フラグを表示します。

dstats

デルタ統計情報のデバッグ フラグを表示します。

epp

EPP のデバッグ フラグを表示します。

ethport

イーサネット ポートのデバッグ フラグを表示します。

exceptionlog

例外ログのデバッグ フラグを表示します。

fabric_start_cfg_mgr

ファブリック スタートアップ コンフィギュレーション マネージャのデバッグ フラグを表示します。

fc-tunnel

MPLS トンネルのデバッグ フラグを表示します。

fc2

FC2 のデバッグ フラグを表示します。

fc2d

FC2D のデバッグ フラグを表示します。

fcc

FCC のデバッグ フラグを表示します。

fcdomain

FC ドメインの内部デバッグ フラグを表示します。

fcfwd

FCFWD のデバッグ フラグを表示します。

fcns

ネーム サーバのデバッグ フラグを表示します。

fcs

Fabric Configuration Server(FCS)のデバッグ フラグを表示します。

fdmi

FDMI のデバッグ フラグを表示します。

flogi

F ポート サーバのデバッグ フラグを表示します。

fs-daemon

ファイル サーバ デーモンのデバッグ フラグを表示します。

fspf

Fabric Shortest Path First(FSPF)のデバッグ フラグを表示します。

fvp

FVP マネージャのデバッグ フラグを表示します。

idehsd

IDEHSD のデバッグ フラグを表示します。

ilc_helper

ilc_helper のデバッグ フラグを表示します。

ipacl

IP-ACL のデバッグ フラグを表示します。

ipconf

IP コンフィギュレーションのデバッグ フラグを表示します。

ipfc

IP over Fibre Channel(IPFC)のデバッグ フラグを表示します。

kadb

カーネル ADB のデバッグ フラグを表示します。

kipfc

IPFC カーネルのデバッグ フラグを表示します。

klm-scsi-target

SCSI ターゲット ドライバのデバッグ フラグを表示します。

license

ライセンスのデバッグ フラグを表示します。

logfile

ログファイルの内容を表示します。

mcast

mcast のデバッグ フラグを表示します。

mip

mip カーネルのデバッグ フラグを表示します。

module

モジュールのデバッグ フラグを表示します。

ntp

NTP のデバッグ フラグを表示します。

platform

プラットフォーム マネージャのデバッグ フラグを表示します。

port

ポートのデバッグ フラグを表示します。

port-channel

ポート チャネルのデバッグ フラグを表示します。

qos

QoS のデバッグ フラグを表示します。

radius

RADIUS のデバッグ フラグを表示します。

rdl

RDL のデバッグ フラグを表示します。

redundancy

冗長ドライバのデバッグ フラグを表示します。

rib

rib のデバッグ フラグを表示します。

rlir

RLIR のデバッグ フラグを表示します。

rscn

RSCN のデバッグ フラグを表示します。

scsi-flow

SCSI フローのデバッグ フラグを表示します。

scsi-target

SCSI ターゲット デーモンのデバッグ フラグを表示します。

security

セキュリティおよびアカウンティングのデバッグ フラグを表示します。

sensor

センサ マネージャのデバッグ フラグを表示します。

snmp

SNMP サーバのデバッグ フラグを表示します。

span

SPAN のデバッグ フラグを表示します。

system

システムのデバッグ フラグを表示します。

SystemHealth

システム ヘルスのデバッグ フラグを表示します。

tcap

例外ログのデバッグ フラグを表示します。

tlport

Translative Loop(TL)ポートのデバッグ フラグを表示します。

ttyd

TTYD のデバッグ フラグを表示します。

vni

仮想ネットワーク インターフェイスのデバッグ フラグを表示します。

vp

VP マネージャのデバッグ フラグを表示します。

vrrp

Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)のデバッグ フラグを表示します。

vsan

VSAN マネージャのデバッグ フラグを表示します。

vshd

VSHD のデバッグ フラグを表示します。

wwn

WWN マネージャのデバッグ フラグを表示します。

xbar

XBAR のデバッグ フラグを表示します。

xbc

XBC のデバッグ フラグを表示します。

zone

ゾーン サーバのデバッグ フラグを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

3.0(1)

cloud オプションが追加されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、スイッチに設定されているすべてのデバッグ コマンドを表示する例を示します。

switch# show debug
Show Debug all
 
ILC helper:
ILC_HELPER errors debugging is on
 
SCSI Flow Manager:
Error debugging is on
switch#
 

次に、指定したデバッグ ログ ファイルのデバッグ メッセージを表示する例を示します。

switch# show debug logfile SampleFile
2004 Jun 28 00:14:17 snmpd[2463]: header_fspfLinkEntry : Sending GETNEXT request
for fspfLsrTable for vsanIndex =0,fspfLsrDomainId = 0, fspfLsrType = 0
2004 Jun 28 00:14:17 snmpd[2463]: header_fspfLinkEntry : Sending GETNEXT request
for fspfLsrTable for vsanIndex =0,fspfLsrDomainId = 0, fspfLsrType = 0
2004 Jun 28 00:14:17 snmpd[2463]: header_fspfLinkEntry : Recd rsp for GETNEXT fo
r entry (vsanIndex=1,fspfLsrDomainId = 10, fspfLsrType=0, fspfLinkIndex = 1,fspf
LinkNbrDomainId = 84, fspfLinkPortIndex = 67331,fspfLinkNbrPortIndex = 66064, fs
pfLinkType = 1,fspfLinkCost = 500
2004 Jun 28 00:14:17 snmpd[2463]: header_fspfLinkEntry : Sending GETNEXT request
for fspfLsrTable for vsanIndex =1,fspfLsrDomainId = 209, fspfLsrType = 0
2004 Jun 28 00:14:17 snmpd[2463]: header_fspfLinkEntry : Sending GETNEXT request
for fspfLsrTable for vsanIndex =16777216,fspfLsrDomainId = 3506438144, fspfLsr
Type = 0
2004 Jun 28 00:14:17 snmpd[2463]: header_fspfLinkEntry : Sending GETNEXT request
for fspfLsrTable for vsanIndex =33554432,fspfLsrDomainId = 4009754624, fspfLsr
Type = 16777216

 

show debug npv

スイッチに設定されている N Port Virtualization(NVP; N ポート バーチャライゼーション)デバッグ コマンドを表示するには、show debug npv コマンドを使用します。

show debug npv

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、スイッチに設定されているすべての npv デバッグ コマンドを表示する例を示します。

switch# show debug npv
N_port Virtualizer:
FC Receive Packets debugging is on
FC Transmit Packets debugging is on
FC Receive Packet header debugging is on
FC Transmit Packet header debugging is on
MTS Receive Packets debugging is on
MTS Transmit Packets debugging is on
MTS Receive Packet header/payload debugging is on
MTS Transmit Packet header/payload debugging is on
High Availability debugging is on
FSM Transitions debugging is on
Error debugging is on
Warning debugging is on
Trace debugging is on
Trace Detail debugging is on
Demux debugging is on
Dequeue debugging is on
Packets debugging is on
Database debugging is on
Timers debugging is on
External Interface FSM Events debugging is on
External Interface FSM Errors debugging is on
External Interface FSM Trace debugging is on
FLOGI FSM Events debugging is on
FLOGI FSM Errors debugging is on
FLOGI FSM Trace debugging is on
Server Interface FSM Events debugging is on
Server Interface FSM Errors debugging is on
Server Interface FSM Trace debugging is on
Events debugging is on

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug npv

NPV コンフィギュレーションのデバッグをイネーブルにします。

show debug sme

スイッチに設定されている Cisco SME 関連のすべてのデバッグ コマンドを表示するには、show debug npv コマンドを使用します。

show debug {cluster { bypass | sap sap } | sme bypass }

 
シンタックスの説明

cluster

すべてのデバッグ フラグを表示します。

bypass

バイパス フラグを表示します。

sap sap

SAP のすべてのデバッグ フラグを表示します。SAP を 1 ~ 65535 の範囲で指定します。

sme

Cisco SME のすべてのデバッグ フラグを表示します。

bypass

Cisco SME のすべてのバイパス フラグを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、スイッチに設定されているすべてのデバッグ コマンドを表示する例を示します。

switch# show debug
ILC helper:
ILC_HELPER errors debugging is on
ILC_HELPER info debugging is on

 
関連コマンド

コマンド
説明

debug sme

Cisco SME 機能をデバッグします。

show device-alias

デバイス名情報を表示するには、 show device-alias コマンドを使用します。

show device-alias {database [pending | pending-diff] | name device-name [pending] | pwwn pwwn-id [pending] | statistics | status]

 
シンタックスの説明

database

デバイス名データベース全体を表示します。

pending

未決定のデバイス名データベース情報を表示します。

pending-diff

デバイス名データベース情報の未決定の差異を表示します。

name device-name

特定のデバイス名のデバイス名データベース情報を表示します。

pwwn pwwn-id

特定の pWWN のデバイス名データベース情報を表示します。フォーマットは hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh で、 h は 16 進数値です。

statistics

デバイス名データベースの統計情報を表示します。

status

デバイス名データベースのステータスを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

デバイス名として、暗号デバイス名の代わりに FC エイリアスを使用するには、各 FC エイリアスにメンバーを 1 つだけ追加します。

次に、デバイス エイリアス データベースの内容を表示する例を示します。

switch# show device-alias database
device-alias name efg pwwn 21:00:00:20:37:9c:48:e5
device-alias name fred pwwn 10:00:00:00:c9:2d:5a:de
device-alias name myalias pwwn 21:21:21:21:21:21:21:21
device-alias name test pwwn 21:00:00:20:37:6f:db:bb
device-alias name test2 pwwn 21:00:00:20:37:a6:be:35
 
Total number of entries = 5
 

次に、すべてのグローバル FC エイリアスおよびすべての VSAN 従属 FC エイリアスを表示する例を示します。

switch# show device-alias name efg
device-alias name efg pwwn 21:00:00:20:37:9c:48:e5
 

次に、すべてのグローバル FC エイリアスおよびすべての VSAN 従属 FC エイリアスを表示する例を示します。

switch# show device-alias statistics
Device Alias Statistics
===========================================
Lock requests sent: 1
Database update requests sent: 1
Unlock requests sent: 1
Lock requests received: 0
Database update requests received: 0
Unlock requests received: 0
Lock rejects sent: 0
Database update rejects sent: 0
Unlock rejects sent: 0
Lock rejects received: 0
Database update rejects received: 0
Unlock rejects received: 0
Merge requests received: 5
Merge request rejects sent: 0
Merge responses received: 0
Merge response rejects sent: 0
Activation requests received: 5
Activation request rejects sent: 0
Activation requests sent: 0
Activation request rejects received: 0
v_226# pwwn 21:00:00:20:37:6f:dc:0e
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

device-alias name

デバイス エイリアス名を設定します。

device-alias database

デバイス エイリアス情報を設定します。

device-alias distribute

デバイス エイリアス Cisco Fabric Services(CFS)配信をイネーブルにします。

show dpvm

Dynamic Port VSAN Membership(DPVM)情報を表示するには、 show dpvm コマンドを使用します。

show dpvm {database [active] | pending | pending-diff | ports [vsan vsan-id ] | status}

 
シンタックスの説明

database

設定された DPVM データベースとアクティブ DPVM データベースの両方を表示します。

active

アクティブ DPVM データベースのみを表示します。

pending

未決定の DPVM 操作を表示します。

pending-diff

未決定の DPVM 操作とアクティブ DPVM データベースの差異を表示します。

ports

ポートの DPVM 情報を表示します。

vsan vsan-id

VSAN(仮想 SAN)ID を指定します。有効範囲は 0 ~ 4093 です。

status

DPVM ステータス情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドを使用するには、 dpvm enable コマンドを使用して DPVM をイネーブルにする必要があります。

次に、DPVM データベース情報を表示する例を示します。

switch# show dpvm database
pwwn 00:00:00:00:00:00:00:01 vsan 1
pwwn 00:00:00:00:00:00:00:02 vsan 1
[Total 2 entries]
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

dpvm database

DPVM データベースを設定します。

show environment

すべての環境関連スイッチ情報(シャーシ クロックのステータス、シャーシ ファン モジュール、電源装置モジュール、電源装置冗長モードと電力使用状況の概要、モジュール温度のスレッシュホールドおよびアラーム ステータスなど)を表示するには、 show environment コマンドを使用します。

show environment [clock | fan | power | temperature]

 
シンタックスの説明

clock

シャーシ クロック モジュールのステータスを表示します。

fan

シャーシ ファン モジュールのステータスを表示します。

power

電源装置モジュールのステータス、電源装置の冗長モード、および電力使用状況の概要を表示します。

temperature

温度センサーでのモジュールの温度スレッシュホールドおよびアラーム ステータスを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、クロック、ファン、電源装置、温度センサーのステータスおよびアラーム状態を表示する例を示します。

switch# show environment
switch-180# show env
Clock:
----------------------------------------------------------
Clock Model Hw Status
----------------------------------------------------------
A DS-C9500-CL 0.0 ok/active
B DS-C9500-CL 0.0 ok/standby
 
 
Fan:
------------------------------------------------------
Fan Model Hw Status
------------------------------------------------------
Chassis WS-9SLOT-FAN 0.0 ok
PS-1 -- -- ok
PS-2 -- -- ok
 
Temperature:
---------------------------------------------------------------
Module Sensor MajorThresh MinorThres CurTemp Status
(Celsius) (Celsius) (Celsius)
---------------------------------------------------------------
1 Outlet 75 60 38 ok
1 Intake 65 50 35 ok
 
5 Outlet 75 60 36 ok
5 Intake 65 50 36 ok
 
6 Outlet 75 60 40 ok
6 Intake 65 50 33 ok
 
9 Outlet 75 60 28 ok
9 Intake 65 50 40 ok
 
Power Supply:
-----------------------------------------------------
PS Model Power Power Status
(Watts) (Amp @42V)
-----------------------------------------------------
1 DS-CAC-2500W 1153.32 27.46 ok
2 WS-CAC-2500W 1153.32 27.46 ok
 
Mod Model Power Power Power Power Status
Requested Requested Allocated Allocated
(Watts) (Amp @42V) (Watts) (Amp @42V)
--- ------------------- ------- ---------- --------- ---------- ----------
1 DS-X9016 220.08 5.24 220.08 5.24 powered-up
5 DS-X9530-SF1-K9 220.08 5.24 220.08 5.24 powered-up
6 DS-X9530-SF1-K9 220.08 5.24 220.08 5.24 powered-up
9 DS-X9016 220.08 5.24 220.08 5.24 powered-up
 
Power Usage Summary:
--------------------
Power Supply redundancy mode: non-redundant (combined)
 
Total Power Capacity 2306.64 W
 
Power reserved for Supervisor(s)[-] 440.16 W
Power reserved for Fan Module(s)[-] 210.00 W
Power currently used by Modules[-] 440.16 W
 
-------
Total Power Available 1216.32 W
-------

 
関連コマンド

コマンド
説明

show hardware

システム上の全ハードウェア コンポーネントを表示します。

show fabric-binding

設定されたファブリック バインディング情報を表示するには、EXEC モードで show fabric-binding コマンドを使用します。

show fabric-binding {database [active] [vsan vsan-id ] | efmd statistics [vsan vsan-id ] |
statistics [vsan vsan-id ] | status [vsan vsan-id ] | violations [last number ]}

 
シンタックスの説明

database

設定されたデータベース情報を表示します。

active

アクティブ データベース コンフィギュレーション情報を表示します。

vsan vsan-id

Fibre Connection(FICON)イネーブル VSAN(仮想 SAN)ID を指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

efmd statistics

Exchange Fabric Membership Data(EFMD)統計情報を表示します。

statistics

ファブリック バインディング統計情報を表示します。

status

ファブリック バインディング ステータスを表示します。

violations

ファブリック バインディング コンフィギュレーションにおける違反を表示します。

last number

最新の違反を指定します。有効範囲は 1 ~ 100 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、設定されたファブリック バインディング データベース情報を表示する例を示します。

switch# show fabric-binding database
--------------------------------------------------
Vsan Logging-in Switch WWN Domain-id
--------------------------------------------------
1 21:00:05:30:23:11:11:11 0x66(102)
1 21:00:05:30:23:1a:11:03 0x19(25)
1 20:00:00:05:30:00:2a:1e 0xea(234)
4 21:00:05:30:23:11:11:11 0x66(102)
4 21:00:05:30:23:1a:11:03 0x19(25)
61 21:00:05:30:23:1a:11:03 0x19(25)
61 21:00:05:30:23:11:11:11 0x66(102)
[Total 7 entries]
 

次に、アクティブ ファブリック バインディング情報を表示する例を示します。

switch# show fabric-binding database active
--------------------------------------------------
Vsan Logging-in Switch WWN Domain-id
--------------------------------------------------
1 21:00:05:30:23:11:11:11 0x66(102)
1 21:00:05:30:23:1a:11:03 0x19(25)
1 20:00:00:05:30:00:2a:1e 0xea(234)
61 21:00:05:30:23:1a:11:03 0x19(25)
61 21:00:05:30:23:11:11:11 0x66(102)
61 20:00:00:05:30:00:2a:1e 0xef(239)
 

次に、アクティブ VSAN 固有のファブリック バインディング情報を表示する例を示します。

switch# show fabric-binding database active vsan 61
--------------------------------------------------
Vsan Logging-in Switch WWN Domain-id
--------------------------------------------------
61 21:00:05:30:23:1a:11:03 0x19(25)
61 21:00:05:30:23:11:11:11 0x66(102)
61 20:00:00:05:30:00:2a:1e 0xef(239)
[Total 3 entries]
 

次に、設定されている VSAN 固有のファブリック バインディング情報を表示する例を示します。

switch# show fabric-binding database vsan 4
--------------------------------------------------
Vsan Logging-in Switch WWN Domain-id
--------------------------------------------------
4 21:00:05:30:23:11:11:11 0x66(102)
4 21:00:05:30:23:1a:11:03 0x19(25)
[Total 2 entries]
 

次に、ファブリック バインディング統計を表示する例を示します。

switch# show fabric-binding statistics
Statistics For VSAN: 1
------------------------
Number of sWWN permit: 0
Number of sWWN deny : 0
 
Total Logins permitted : 0
Total Logins denied : 0
Statistics For VSAN: 4
------------------------
Number of sWWN permit: 0
Number of sWWN deny : 0
 
Total Logins permitted : 0
Total Logins denied : 0
Statistics For VSAN: 61
------------------------
Number of sWWN permit: 0
Number of sWWN deny : 0
 
Total Logins permitted : 0
Total Logins denied : 0
Statistics For VSAN: 345
------------------------
Number of sWWN permit: 0
Number of sWWN deny : 0
 
Total Logins permitted : 0
Total Logins denied : 0
Statistics For VSAN: 346
------------------------
Number of sWWN permit: 0
Number of sWWN deny : 0
 
Total Logins permitted : 0
Total Logins denied : 0
Statistics For VSAN: 347
------------------------
Number of sWWN permit: 0
Number of sWWN deny : 0
 
Total Logins permitted : 0
Total Logins denied : 0
Statistics For VSAN: 348
------------------------
Number of sWWN permit: 0
Number of sWWN deny : 0
 
Total Logins permitted : 0
Total Logins denied : 0
Statistics For VSAN: 789
------------------------
Number of sWWN permit: 0
Number of sWWN deny : 0
 
Total Logins permitted : 0
Total Logins denied : 0
Statistics For VSAN: 790
------------------------
Number of sWWN permit: 0
Number of sWWN deny : 0
 
Total Logins permitted : 0
Total Logins denied : 0
 

次に、各 VSAN のファブリック バインディング ステータスを表示する例を示します。

switch# show fabric-binding status
VSAN 1 :Activated database
VSAN 4 :No Active database
VSAN 61 :Activated database
VSAN 345 :No Active database
VSAN 346 :No Active database
VSAN 347 :No Active database
VSAN 348 :No Active database
VSAN 789 :No Active database
VSAN 790 :No Active database
 

次に、EFMD 統計を表示する例を示します。

switch# show fabric-binding efmd statistics
 
EFMD Protocol Statistics for VSAN 1
----------------------------------------
Merge Requests -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Accepts -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Rejects -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Busy -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Errors -> Transmitted : 0 , Received : 0
 
EFMD Protocol Statistics for VSAN 4
----------------------------------------
Merge Requests -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Accepts -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Rejects -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Busy -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Errors -> Transmitted : 0 , Received : 0
 
EFMD Protocol Statistics for VSAN 61
----------------------------------------
Merge Requests -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Accepts -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Rejects -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Busy -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Errors -> Transmitted : 0 , Received : 0
 

次に、指定した VSAN の EFMD 統計を表示する例を示します。

switch# show fabric-binding efmd statistics vsan 4
 
EFMD Protocol Statistics for VSAN 4
----------------------------------------
Merge Requests -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Accepts -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Rejects -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Busy -> Transmitted : 0 , Received : 0
Merge Errors -> Transmitted : 0 , Received : 0
 

次に、ファブリック バインディング違反を表示する例を示します。

switch# show fabric-binding violations
-------------------------------------------------------------------------------
VSAN Switch WWN [domain] Last-Time [Repeat count] Reason
-------------------------------------------------------------------------------
3 20:00:00:05:30:00:4a:1e [*] Nov 25 05:44:58 2003 [2] sWWN not found
3 20:00:00:05:30:00:4a:1e [0xeb] Nov 25 05:46:14 2003 [2] Domain mismatch
4 20:00:00:05:30:00:4a:1e [*] Nov 25 05:46:25 2003 [1] Database mismatch
 

show fc-tunnel

設定された Fibre Channel(FC)トンネル情報を表示するには、 show fc-tunnel コマンドを使用します。

show fc-tunnel [explicit-path [ name ] | tunnel-id-map]

 
シンタックスの説明

explicit-path

すべての設定された明示パスを表示します。

name

明示パス名を指定します。最大 16 文字まで可能です。

tunnel-id-map

出力インターフェイスのマッピング情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

複数のトンネル ID を同じインターフェイスで終わらせることができます。

次に、FC トンネル ステータスを表示する例を示します。

switch# show fc-tunnel
fc-tunnel is enabled
 

次に、FC トンネル出力マッピング情報を表示する例を示します。

switch# show fc-tunnel tunnel-id-map
tunnel id egress interface
150 fc3/1
100 fc3/1
 

次に、FC トンネルの明示的なマッピング情報を表示する例を示します。

switch# show fc-tunnel explicit-path
Explicit path name: Alternate1
10.20.1.2 loose
10.20.1.3 strict
Explicit path name: User2
10.20.50.1 strict
10.20.50.4 loose
 

show fc2

FC2 情報を表示するには、 show fc2 コマンドを使用します。

show fc2 {bind | classf | exchange | exchresp | flogi | nport | plogi | plogi_pwwn | port [brief] | socket | sockexch | socknotify | socknport | vsan}

 
シンタックスの説明

bind

FC2 ソケット バインディングを表示します。

classf

FC2 classf セッションを表示します。

exchange

FC2 アクティブ交換を表示します。

exchresp

FC2 アクティブ応答交換を表示します。

flogi

FC2 Fabric Login(FLOGI)テーブルを表示します。

nport

FC2 ローカル N ポートを表示します。

plogi

FC2 Port Login(PLOGI)セッションを表示します。

plogi_pwwn

FC2 PLOGI pWWN エントリを表示します。

port [ brief]

FC2 物理ポート テーブルを表示します。

socket

FC2 アクティブ ソケットを表示します。

sockexch

各ソケットの FC2 アクティブ交換を表示します。

socknotify

各ソケットの FC2 ローカル N ポート PLOGI/LOGO 通知を表示します。

socknport

ソケットごとの FC2 ローカル N ポートを表示します。

vsan

FC2 VSAN(仮想 SAN)テーブルを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、FC2 アクティブ ソケット情報を表示する例を示します。

switch# show fc2 socket
SOCKET REFCNT PROTOCOL PID RCVBUF RMEM_USED QLEN NOTSK
b2a64b20 2 0 1421 65535 0 0 0
b2a647e0 3 0 1418 262142 0 0 0
b2a644a0 3 0 1417 65535 0 0 0
b2a64160 3 0 1417 262142 0 0 0
b294b180 3 0 1411 65535 0 0 0
b294ae40 3 0 1411 65535 0 0 0
b294a7c0 3 0 1410 65535 0 0 0
b294a480 2 7 1410 65535 0 0 0
b294a140 3 0 1409 262142 0 0 0
b278bb20 3 0 1409 262142 0 0 0
b278b4a0 3 0 1407 65535 0 0 0
b278b160 3 0 1407 256000 0 0 0
b278ae20 3 0 1407 65535 0 0 0
b1435b00 3 0 1408 65535 0 0 0
b1434e00 3 0 1406 65535 0 0 0
b1434ac0 3 0 1406 131072 0 0 0
b1434780 3 0 1406 65535 0 0 0
b1434440 2 0 1405 131072 0 0 0
b1434100 3 0 1405 262142 0 0 b1434440
b22e2420 2 0 1372 65535 0 0 0
...
 

次に、FC2 ソケット バインディング情報を表示する例を示します。

switch# show fc2 bind
SOCKET RULE SINDEX VSAN D_ID MASK TYPE SUBTYPE M_VALUES
b23ba0c0 16 6081000 1 0 0 0 00:00:00 00:00:00:00:00:00:00:00
b2a647e0 7 ffffffff 65535 fffffd ffffff 22 03:01:00 14:15:16:00:00:00:00:00
b294b180 7 ffffffff 65535 fffffd ffffff 1 02:01:00 61:62:00:00:00:00:00:00
b294ae40 7 ffffffff 65535 fffc00 ffff00 22 01:01:00 1b:00:00:00:00:00:00:00
b294a7c0 7 ffffffff 65535 fffffd ffffff 1 01:01:00 10:00:00:00:00:00:00:00
...
 

次に、FC2 ローカル N ポート情報を表示する例を示します。

switch# show fc2 nport
REF VSAN D_ID MASK FL ST IFINDEX CF TC 2-SO IC RC RS CS
EE 3-SO IC RC RS CS EE
1 65535 fffffd ffffff 3 0 ffffffff c800 0128 8000 0000 0000 2112 0064 0
008 8000 0000 0000 2112 0064 0000
6 65535 fffc00 ffff00 18b 0 ffffffff c800 0128 8000 0000 0000 2112 0064 0
008 8000 0000 0000 2112 0064 0000
2 65535 fffffa ffffff 3 0 ffffffff c800 0128 8000 0000 0000 2112 0064 0
008 8000 0000 0000 2112 0064 0000
1 65535 fffffc ffffff 3 0 ffffffff c800 0128 8000 0000 0000 2112 0064 0
008 8000 0000 0000 2112 0064 0000
...
 

次に、FC2 PLOGI セッション情報を表示する例を示します。

switch# show fc2 plogi
HIX ADDRESS VSAN S_ID D_ID IFINDEX FL STATE CF TC 2-SO IC RC
RS CS EE 3-SO IC RC RS CS EE EECNT TCCNT 2CNT 3CNT REFCNT
2157 af364064 1 fffc6c 123400 ffffffff 0000 0 0000 0001 8000 0000 2000
0256 0001 0001 8000 0000 2000 0256 0001 0000 0 0 0 0 1
 

次に、FC2 物理ポート情報を表示する例を示します。

switch# show fc2 port
IX ST MODE EMUL TXPKTS TXDROP TXERR RXPKTS RXDROP R_A_TOV E_D_TOV
F-SO RC RS CS EE 2-SO RS 3-SO RS
0 D 1 0 0 0 0 0 0 10000 2000
8000 0000 2112 0001 0001 8000 0256 8000 0256
1 D 1 0 0 0 0 0 0 10000 2000
8000 0000 2112 0001 0001 8000 0256 8000 0256
2 D 1 0 0 0 0 0 0 10000 2000
8000 0000 2112 0001 0001 8000 0256 8000 0256
3 D 1 0 0 0 0 0 0 10000 2000
8000 0000 2112 0001 0001 8000 0256 8000 0256
4 D 1 0 0 0 0 0 0 10000 2000
8000 0000 2112 0001 0001 8000 0256 8000 0256
...
 

次に、各ソケットの FC2 ローカル N ポート PLOGI 通知を表示する例を示します。

switch# show fc2 socknotify
SOCKET ADDRESS REF VSAN D_ID MASK FL ST IFINDEX
b2a64160 b27f01e4 6 65535 fffc00 ffff00 18b 0 ffffffff
b294a7c0 b27f01e4 6 65535 fffc00 ffff00 18b 0 ffffffff
af8a3a60 b27f01e4 6 65535 fffc00 ffff00 18b 0 ffffffff
 

次に、各ソケットの FC2 ローカル N ポートを表示する例を示します。

switch# show fc2 socknport
SOCKET ADDRESS REF VSAN D_ID MASK FL ST IFINDEX
b2a64160 b27f01e4 6 65535 fffc00 ffff00 18b 0 ffffffff
b294b180 b27f0294 1 65535 fffffd ffffff 3 0 ffffffff
b294a7c0 b27f01e4 6 65535 fffc00 ffff00 18b 0 ffffffff
b278ae20 b27f0134 2 65535 fffffa ffffff 3 0 ffffffff
b1434e00 b27f0134 2 65535 fffffa ffffff 3 0 ffffffff
b1434780 b27f0084 1 65535 fffffc ffffff 3 0 ffffffff
af8a3a60 b27f01e4 6 65535 fffc00 ffff00 18b 0 ffffffff
 

次に、FC2 VSAN テーブルを表示する例を示します。

switch# show fc2 vsan
VSAN X_ID E_D_TOV R_A_TOV WWN
1 4 2000 10000 20:01:00:05:30:00:58:1f
2 1 2000 10000 20:02:00:05:30:00:58:1f
3 1 2000 10000 20:03:00:05:30:00:58:1f
4 1 2000 10000 20:04:00:05:30:00:58:1f
5 1 2000 10000 20:05:00:05:30:00:58:1f
6 1 2000 10000 20:06:00:05:30:00:58:1f
7 1 2000 10000 20:07:00:05:30:00:58:1f
8 1 2000 10000 20:08:00:05:30:00:58:1f
9 1 2000 10000 20:09:00:05:30:00:58:1f
10 1 2000 10000 20:0a:00:05:30:00:58:1f
11 1 2000 10000 20:0b:00:05:30:00:58:1f
12 1 2000 10000 20:0c:00:05:30:00:58:1f
13 1 2000 10000 20:0d:00:05:30:00:58:1f
14 1 2000 10000 20:0e:00:05:30:00:58:1f
15 1 2000 10000 20:0f:00:05:30:00:58:1f
16 1 2000 10000 20:10:00:05:30:00:58:1f
17 1 2000 10000 20:11:00:05:30:00:58:1f
18 1 2000 10000 20:12:00:05:30:00:58:1f
....

show fcalias

ファイバ チャネル エイリアス(FC エイリアス)のメンバー名情報を表示するには、 show fcalias コマンドを使用します。

show fcalias [name fcalias-name] [pending] [vsan vsan-id ]

 
シンタックスの説明

name fcalias-name

特定の名前の FC エイリアス情報を表示します。最大 64 文字まで可能です。

pending

未決定の FC エイリアス情報を表示します。

vsan vsan-id

VSAN(仮想 SAN)の FC エイリアス情報を表示します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

すべてのグローバル FC エイリアスのリスト、およびすべての VSAN 従属 FC エイリアスのリストを表示します。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

2.0(x)

pendingキーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

デバイス名として、暗号デバイス名の代わりに FC エイリアスを使用するには、各 FC エイリアスにメンバーを 1 つだけ追加します。

次に、FC エイリアスの設定情報を表示する例を示します。

switch# show fcalias vsan 1
fcalias name Alias2 vsan 1
 
fcalias name Alias1 vsan 1
pwwn 21:00:00:20:37:6f:db:dd
pwwn 21:00:00:20:37:9c:48:e5

 
関連コマンド

コマンド
説明

fcalias name

FC エイリアス名を設定します。

show fcanalyzer

リモート キャプチャ用に設定されたホストのリストを表示するには、 show fcanalyzer コマンドを使用します。

show fcanalyzer

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ActiveClient エントリとともに表示される DEFAULT キーワードは、デフォルト ポートがクライアントとの接続の試行に使用されるよう指定するものです。

次に、設定されたホストを表示する例を示します。

switch# show fcanalyzer
PassiveClient = 10.21.0.3
PassiveClient = 10.21.0.3
ActiveClient = 10.21.0.3, DEFAULT

show fcc

Fibre Channel Congestion(FCC)設定を表示するには、 show fcc コマンドを使用します。

show fcc [statistics interface {fc slot / port | fcip fcip-id | iscsi slot / port }]

 
シンタックスの説明

statistics interface

指定したインターフェイスの FCC 統計情報を表示します。

fc slot / port

ファイバ チャネル インターフェイスを指定します。

fcip fcip-id

Fibre Channel over IP(FCIP)インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

iscsi slot / port

iSCSI インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、FCC 情報を表示する例を示します。

switch# show fcc
fcc is disabled
fcc is applied to frames with priority up to 4

show fcdomain

ファイバ チャネル ドメイン(FC ドメイン)情報を表示するには、show fcdomain コマンドを使用します。

show fcdomain [address-allocation [cache] |
allowed |
domain-list |
fcid persistent [unused] |
pending [ vsan vsan-id] |
pending-diff [ vsan vsan-id] |
session-status [ vsan vsan-id] |
statistics [interface {fc slot / port [ vsan vsan-id] | fcip fcip-id [ vsan vsan-id] | iscsi slot / port } | port-channel [ vsan vsan-id]] |
status |
vsan vsan-id]


) Cisco Fabric Switch for HP c-Class BladeSystem および Cisco Fabric Switch for IBM BladeCenter では、構文は次のようになります。

interface {bay port | ext port}


 
シンタックスの説明

address-allocation

Fibre Channel(FC)ID 割り当ての統計情報を表示します。

cache

ファブリックを出て再入するデバイス(ディスクまたはホスト)に対して、基本スイッチが FC ID を再割り当てします。キャッシュ コンテンツでは、VSAN(仮想 SAN)がデバイスを含む VSAN を参照し、World Wide Name(WWN)が FC ID を持つデバイスを参照し、マスクが FC ID の単一または全領域を参照します。

allowed

許可されたドメイン ID のリストが表示されます。

domain-list

主要なスイッチで許可されたドメイン ID のリストを表示します。

fcid persistent

(再起動後も変わらない)固定 FC ID を表示します。

pending

未決定コンフィギュレーションを表示します。

pending-diff

実行コンフィギュレーションと未決定コンフィギュレーションの差異を表示します。

session-status

FC ドメインの最後の動作を表示します。

vsan vsan-id

VSAN ID を指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

statistics

FC ドメインの統計情報を表示します。

interface

インターフェイスを指定します。

fc slot / port

(任意)Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチのファイバ チャネル インターフェイスを指定します。

bay port | ext port

(任意)Cisco MDS 9124 ファブリック スイッチ、Cisco Fabric Switch for HP c-Class BladeSystem、および Cisco Fabric Switch for IBM BladeCenter のファイバ チャネル インターフェイスを指定します。

fcip fcip-id

Fibre Channel over IP(FCIP)インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

iscsi slot / port

iSCSI インターフェイスを指定します。

port-channel number

ポートチャネル インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 128 です。

status

FC ドメインの全ての VSAN 独立型情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

2.1(1a)

domain-list の表示が仮想 IVR の説明を表示するように変更されました。

3.0(1)

pending pending-diff session-status 、および status オプションが追加されました。

 
使用上のガイドライン

引数なしで show fcdomain コマンドを実行すると、すべての VSAN が表示されます。VSAN はアクティブにしておきます。そうでない場合、エラーになります。

次に、VSAN 1 の FC ドメイン情報を表示する例を示します。

switch# show fcdomain vsan 1
The local switch is a Subordinated Switch.
 
Local switch run time information:
State: Stable
Local switch WWN: 20:01:00:05:30:00:51:1f
Running fabric name: 10:00:00:60:69:22:32:91
Running priority: 128
Current domain ID: 0x64(100) fl verify domain id
 
Local switch configuration information:
State: Enabled
Auto-reconfiguration: Disabled
Contiguous-allocation: Disabled
Configured fabric name: 41:6e:64:69:61:6d:6f:21
Configured priority: 128
Configured domain ID: 0x64(100) (preferred)
 
Principal switch run time information:
Running priority: 2
 
Interface Role RCF-reject
---------------- ------------- ------------
fc2/1 Downstream Disabled
fc2/2 Downstream Disabled
fc2/7 Upstream Disabled
---------------- ------------- ------------
 

次に、VSAN 76 の FC ドメイン ドメイン リスト情報を表示する例を示します。

switch# show fcdomain domain-list vsan 76
 
Number of domains: 3
Domain ID WWN
--------- -----------------------
0xc8(200) 20:01:00:05:30:00:47:df [Principal]
0x63(99) 20:01:00:0d:ec:08:60:c1 [Local]
0x61(97) 50:00:53:0f:ff:f0:10:06 [Virtual (IVR)]
 

表22-1 に、 show fcdomain domain-list コマンド出力で表示される重要なフィールドの説明を示します。

 

表22-1 show fcdomain フィールドの説明

フィールド
説明

ドメイン ID

WWN に対応するドメイン ID の一覧です

WWN

対応するドメイン ID を要求するスイッチ(物理スイッチまたは仮想スイッチ)の WWN を示します

Principal

VSAN で主要なスイッチの WWN およびドメイン ID を表示する行を示します

Local

ローカル スイッチ( show fcdomain domain-list コマンドを入力したスイッチ)の WWN およびドメイン ID を表示する行を示します

Virtual(IVR)

ドメイン ID を入手するために Inter-VSAN Routing(IVR)マネージャに使用されている仮想スイッチの WWN が表示されている行を示します

次に、許可されたドメイン ID リストを表示する例を示します。

switch# show fcdomain allowed vsan 1
Assigned or unallowed domain IDs: 1-96,100,111-239.
[Interoperability Mode 1] allowed domain IDs: 97-127.
[User] configured allowed domain IDs: 50-110.
 

次に、許可されたドメイン ID リストの CFS 配信ステータスを表示する例を示します。

switch# show fcdomain status
CFS distribution is enabled
 

次に、未決定の設定変更を表示する例を示します。

switch# show fcdomain pending vsan 10
 
Pending Configured Allowed Domains
----------------------------------
VSAN 10
Assigned or unallowed domain IDs: 1-9,24,100,231-239.
[User] configured allowed domain IDs: 10-230.
 

次に、未決定コンフィギュレーションとアクティブ コンフィギュレーションの差異を表示する例を示します。

switch# show fcdomain pending-diff vsan 10
 
Current Configured Allowed Domains
----------------------------------
VSAN 10
Assigned or unallowed domain IDs: 24,100.
[User] configured allowed domain IDs: 1-239.
Pending Configured Allowed Domains
----------------------------------
VSAN 10
Assigned or unallowed domain IDs: 1-9,24,100,231-239.
[User] configured allowed domain IDs: 10-230.
 

次に、配信セッションのステータスを表示する例を示します。

switch# show fcdomain session-status vsan 1
Last Action: Distribution Enable
Result: Success

 
関連コマンド

コマンド
説明

fcdomain

ファイバ チャネル ドメイン機能を設定します。

show fcdroplatency

設定されたファイバ チャネル レイテンシ パラメータを表示するには、 show fcdroplatency コマンドを使用します。

show fcdroplatency [network | switch]

 
シンタックスの説明

network

ミリ秒単位のネットワーク レイテンシ

switch

ミリ秒単位のスイッチ レイテンシ

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、設定されたファイバ チャネル レイテンシ パラメータを表示する例を示します。

switch# show fcdroplatency
switch latency value:4000 milliseconds
network latency value:5000 milliseconds

show fcflow stats

設定されたファイバ チャネル フロー(fcflow)情報を表示するには、 show fcflow stats コマンドを使用します。

show fcflow stats [aggregated | usage] module slot [index flow-index ]

 
シンタックスの説明

aggregated

集約 fcflow 統計情報を表示します。

usage

フロー インデックスの使用状況を表示します。

module slot

指定したスロット内のモジュールの fcflow 統計情報を表示します。

index flow-index

fcflow インデックスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、指定したモジュールの集約 fcflow 詳細を表示する例を示します。

switch# show fcflow stats aggregated module 2

Idx VSAN # frames # bytes

---- ---- -------- -------

0000 4 387,653 674,235,875

0001 6 34,402 2,896,628

 

次に、指定したモジュールの fcflow 詳細を表示する例を示します。

switch# show fcflow stats module 2

Idx VSAN D ID S ID mask # frames # bytes

---- ---- ----------- ----------- ----- -------- -------

0000 4 032.001.002 007.081.012 ff.ff.ff 387,653 674,235,875

0001 6 004.002.001 019.002.004 ff.00.00 34,402 2,896,628

 

次に、指定したモジュールの fcflow インデックスの使用状況を表示する例を示します。

switch# show fcflow stats usage module 2
2 flows configured
configured flow : 3,7

show fcfwd

設定された fcfwd テーブルおよび統計を表示するには、 show fcfwd コマンドを使用します。

show fcfwd {idxmap [interface-toport | port-to-interface | statistics] | pcmap [interface] | sfib [multicast | statistics | unicast] | spanmap [rx | tx]}

 
シンタックスの説明

idxmap

Fibre Channel(FC)転送インデックス テーブルを表示します。

interface-to-port

インターフェイス インデックスとポート インデックスの対応テーブルを表示します。

port-to-interface

ポート インデックスとインターフェイス インデックスの対応テーブルを表示します。

statistics

インデックス テーブル統計を表示します。

pcmap

FC 転送ポートチャネル テーブルを表示します。

interface

インターフェイス用のポートチャネル テーブルを表示します。

sfib

ソフトウェア転送テーブルを表示します。

multicast

マルチキャスト ソフトウェア転送テーブルを表示します。

statistics

ソフトウェア転送統計情報を表示します。

unicast

ユニキャスト ソフトウェア転送テーブルを表示します。

spanmap

Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)マップ テーブルを表示します。

rx

出力 rx 方向の SPAN マップ テーブルを表示します。

tx

入力 tx 方向の SPAN マップ テーブルを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、fcfwd SPAN マップ受信情報を表示する例を示します。

switch# show fcfwd spanmap rx
SPAN source information: size [c8]
dir source vsan bit drop_thresh destination
 

show fcid-allocation

会社 ID のファイバ チャネル地域リストを表示するには、 show fcid allocation コマンドを使用します。

show fcid-allocation area company-id [ company-id ]

 
シンタックスの説明

area

会社 ID の自動地域リストを選択します。

company-id

会社 ID リストを選択します。

company-id

表示する個々の会社 ID(Organizational Unit Identifier[OUI])を選択します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0

新規コマンド

次に、会社 ID のファイバ チャネル地域会社リストを表示する例を示します。

switch# show fcid-allocation area company-id
 
Fcid area allocation company id info:
 
00:50:2E
00:50:8B
00:60:B0
00:A0:B8
00:E0:69
00:E0:8B
00:32:23 +
 
 
Total company ids: 7
+ - Additional user configured company ids.
* - Explicitly deleted company ids from default list.
switch#
 

表22-2 に、この出力で表示される重要なフィールドについて説明します。

 

表22-2 show fcid-allocation area company フィールドの説明

フィールド
説明

+

デフォルトのリストに追加された会社 ID を示します。

-

デフォルトのリストから削除された会社 ID を示します。

show fc-redirect configs

スイッチの現在のコンフィギュレーション モードをすべて表示するには、show fc-redirect configs コマンドを使用します。

show fc-redirect configs

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(1)

このコマンドが導入されました。

3.3(1a)

コンフィグレーション モードの情報がコマンドの出力に追加されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、スイッチの現在のコンフィギュレーション モードを表示する例を示します。

switch# show fc-redirect configs
Configuration Mode = MODE_V1
Config#1
==========
Appl UUID = 0x00D8 (ISAPI CFGD Service)
SSM Slot = 2
SSM Switch WWN = 20:00:00:05:30:00:90:9e (LOCAL)
Vt PWWN = 2f:ea:00:05:30:00:71:61
Tgt PWWN = 21:00:00:20:37:38:89:86
Host 1: Host PWWN = 21:00:00:e0:8b:0d:12:c6
VI PWWN = 2f:ec:00:05:30:00:71:61
 
Config#2
==========
Appl UUID = 0x00D8 (ISAPI CFGD Service)
SSM Slot = 2
SSM Switch WWN = 20:00:00:05:30:00:90:9e (LOCAL)
Vt PWWN = 2f:ea:00:05:30:00:71:62
Tgt PWWN = 21:00:00:20:37:38:a9:0a
Host 1: Host PWWN = 21:00:00:e0:8b:0d:12:c7
VI PWWN = 2f:ec:00:05:30:00:71:62

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fc-redirect active-configs

スイッチの全アクティブ コンフィギュレーションを表示します。

show fc-redirect active-configs

スイッチの全アクティブ コンフィギュレーションを表示するには、show fc-redirect active-configs コマンドを使用します。

show fc-redirect active-configs

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、以下の操作の間にスイッチで実行中のアクティブ コンフィギュレーションがないことを確認するのに使用されます。

(ファイバ チャネルのリダイレクトをサポートする)3.2.1 イメージからファイバ チャネルのリダイレクトがサポートされていない古いイメージへのダウングレード

ローカル スイッチの解放


) アクティブ コンフィギュレーションは、現在のスイッチで実行中のアプリケーションによって作成されたコンフィギュレーション、またはローカル スイッチに接続されているホストやターゲットのリモート スイッチで作成されたアプリケーションによって作成されたコンフィギュレーションであることを示しています。


次に、 スイッチで実行中のアクティブ コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show fc-redirect active-configs
 
Config#1
==========
Appl UUID = 0x00D8 (ISAPI CFGD Service)
SSM Slot = 2
SSM Switch WWN = 20:00:00:05:30:00:90:9e (LOCAL)
Vt PWWN = 2f:ea:00:05:30:00:71:64
Tgt PWWN = 21:00:00:20:37:38:63:9e (LOCAL)
Local Host PWWN = 21:00:00:e0:8B:0d:12:c6
 
Config#2
==========
Appl UUID = 0x00D8 (ISAPI CFGD Service)
SSM Slot = 2
SSM Switch WWN = 20:00:00:05:30:00:90:9e (LOCAL)
Vt PWWN = 2f:ea:00:05:30:00:71:65
Tgt PWWN = 21:00:00:20:37:18:67:2c
Local Host PWWN = 21:00:00:e0:8B:0d:12:c6
 
Config#3
==========
Appl UUID = 0x00D8 (ISAPI CFGD Service)
SSM Slot = 2
SSM Switch WWN = 20:00:00:0d:EC:20:13:00 (REMOTE)
Vt PWWN = 2f:ea:00:05:30:00:71:66
Tgt PWWN = 21:00:00:20:37:18:64:92
Local Host PWWN = 21:00:00:e0:8B:0d:12:c6

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear fc-redirect config vt

ローカル スイッチのアクティブ コンフィギュレーションをクリアします。

show fc-redirect peer-switches

ファイバ チャネルのリダイレクトを実行中のファブリック内の全ピア スイッチを表示するには、show fc-redirect peer-switches コマンドを使用します。

show fc-redirect peer-switches

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(1)

このコマンドが導入されました。

3.3(1a)

スイッチのファイバ チャネルのリダイレクトのバージョンおよびコンフィギュレーション モードの情報がコマンドの出力に追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、ファブリック ステートを確認するのに使用され、トラブルシューティングに使用されます。


) スイッチ WWN のリストのスイッチ IP アドレスを検索するには、show cfs peers コマンドを使用します。


次に、 ファイバ チャネルのリダイレクトを実行中のファブリック内にあるピア スイッチを表示する例を示します。

switch# show fc-redirect peer-switches
-----------------------------------------------------------------
num Switch WWN State FCR-Ver Cfg-Mode
-----------------------------------------------------------------
1 20:00:00:0d:EC:20:13:00 UP 2 V2
 

表22-3 に、 show fc-redirect peer-switches のステートの出力について説明します。

 

表22-3 show fc-redirect peer switch のステート

ステート
説明

Up

ピア スイッチがローカル スイッチと完全に同期しています。

Down

ピア スイッチとの通信ができません。

Syncing

ローカル スイッチがコンフィギュレーションをピア スイッチと同期しています。

Error

ピア スイッチとの接続ができません。

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fc-redirect active-configs

スイッチの全アクティブ コンフィギュレーションを表示します。

show fcip

Fibre Channel over IP(FCIP)プロファイル情報を表示するには、show fcip コマンドを使用します。

show fcip {host-map fcip-id | profile [ profile-id | all] | summary | tape-session { summary | tunnel tunnel-id { host-end | target-end }} | target-map fcip-id | wa-login-list tunnel-id }

 
シンタックスの説明

host-map fcip-id

指定されたマップの情報を表示します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

profile

プロファイルの情報を表示します。

profile-id

プロファイル ID を指定します。有効値は 1 ~ 255 です。

all

すべてのプロファイル ID を指定します。

summary

概要情報を表示します。

tape-session

テープ セッション情報を表示します。

tunnel tunnel-id

指定 FCIP トンネル ID の情報を表示します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

host-end

ホスト エンドの情報を表示します。

target-end

ターゲット エンドの情報を表示します。

target-map fcip-id

指定したターゲット マップの情報を表示します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

wa-login-list tunnel-id

指定 FCIP トンネル ID の書き込み高速化ログイン リストを表示します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

2.0(x)

host-map、summary、および target-map キーワードが追加されました。

3.0(1)

tape-session tunnel host-end target-end 、および wa-login-list キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、すべての FCIP プロファイルを表示する例を示します。

switch# show fcip profile all
----------------------------------------------------
ProfileId Ipaddr TcpPort
----------------------------------------------------
1 41.1.1.2 3225
2 10.10.100.154 3225
3 43.1.1.2 3225
4 44.1.1.100 3225
6 46.1.1.2 3225
7 47.1.1.2 3225
 

次に、指定した FCIP プロファイルの情報を表示する例を示します。

switch# show fcip profile 7
FCIP Profile 7
Internet Address is 47.1.1.2 (interface GigabitEthernet4/7)
Listen Port is 3225
TCP parameters
SACK is disabled
PMTU discovery is enabled, reset timeout is 3600 sec
Keep alive is 60 sec
Minimum retransmission timeout is 300 ms
Maximum number of re-transmissions is 4
Send buffer size is 0 KB
Maximum allowed bandwidth is 1000000 kbps
Minimum available bandwidth is 15000 kbps
Estimated round trip time is 1000 usec
 

次に、FCIP 概要情報を表示する例を示します。

switch# show fcip summary
sw172-22-46-223# show fcip summary
 
-------------------------------------------------------------------------------
Tun prof Eth-if peer-ip Status T W T Enc Comp Bandwidth rtt
E A A max/min (us)
-------------------------------------------------------------------------------
1 1 GE1/1 10.10.11.2 DOWN N N N N N 1000M/500M 1000
2 2 GE1/2 10.10.60.2 DOWN N N N N N 1000M/500M 1000
 

表22-4 に、前の出力で表示される重要フィールドについて説明します。

 

表22-4 show fcip summary フィールドの説明

フィールド
説明

Tun

行のトンネル番号。たとえば、番号 1 はトンネル fcip1 を、番号 2 は fcip2 を示します。

prof

トンネル プロファイル

Eth-if

トンネルがバインドされているイーサネット インターフェイス

peer-ip

トンネルの遠端にあるトンネル ピア ポートの IP アドレス

Status

トンネルの状態(UP または DOWN)

TE

TE モードで動作しているトンネル( Y (はい)または N (いいえ))

WA

書き込み高速化がイネーブル( Y (はい)または N (いいえ))

TA

テープ高速化がイネーブル( Y (はい)または N (いいえ))

Enc

暗号化がイネーブル( Y (はい)または N (いいえ))

Bandwidth max/min

トンネルがバインドされているプロファイルで設定された最大および最小帯域幅

rtt (us)

マイクロ秒単位の Round Trip Time(RTT; 往復時間)

 
関連コマンド

コマンド
説明

fcip enable

FCIP パラメータを設定します。

show fcns database

検出の結果を表示したり、指定した VSAN(仮想 SAN)またはすべての VSAN のネーム サーバ データベースを表示するには、 show fcns database コマンドを使用します。

show fcns database {detail [vsan vsan-id] | domain domain-id [detail] [vsan vsan-range] |
fcid fcid-id [detail] vsan vsan-range | local [detail] [vsan vsan-range] | vsan vsan-id}

 
シンタックスの説明

detail

各エントリ内の全オブジェクトを表示します。

vsan vsan-id

指定した VSAN ID のエントリを表示します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

domain domain-id

ドメインのエントリを表示します。

fcid fcid-id

指定したポートのエントリを表示します。

local

ローカル エントリを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.2(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

特にファブリックが大規模な場合や複数のデバイスの応答が遅い場合に、検出が完了するのに数分かかる場合があります。

仮想エンクロージャ ポートは、 show fcns database コマンドを使用して表示できます。

次に、Fibre Channel Name Server(FCNS; ファイバ チャネル ネーム サーバ)データベースの内容を表示する例を示します。

switch# show fcns database
VSAN 1:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0x020101 N 22:04:00:05:30:00:35:e1 (Cisco) scsi-fcp:init isc..w <--iSCSI
0x020102 N 22:02:00:05:30:00:35:e1 (Cisco) scsi-fcp:init isc..w initiator
0x0205d4 NL 21:00:00:04:cf:da:fe:c6 (Seagate) scsi-fcp:target
0x0205d5 NL 21:00:00:04:cf:e6:e4:4b (Seagate) scsi-fcp:target
0x0205d6 NL 21:00:00:04:cf:e6:21:ac (Seagate) scsi-fcp:target
0x0205d9 NL 21:00:00:04:cf:e6:19:9b (Seagate) scsi-fcp:target
0x0205da NL 21:00:00:04:cf:e6:19:62 (Seagate) scsi-fcp:target
0x0205dc NL 21:00:00:04:cf:e6:e9:82 (Seagate) scsi-fcp:target
0x0205e0 NL 21:00:00:04:cf:e6:21:06 (Seagate) scsi-fcp:target
0x0205e1 NL 21:00:00:04:cf:e6:e0:eb (Seagate) scsi-fcp:target
 
Total number of entries = 10
 
VSAN 2:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0xef0001 N 22:02:00:05:30:00:35:e1 (Cisco) scsi-fcp:init isc..w
 
Total number of entries = 1
 
VSAN 3:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0xed0001 N 22:02:00:05:30:00:35:e1 (Cisco) scsi-fcp:init isc..w
 
Total number of entries = 1
 

次に、FCNS データベースの詳細内容を表示する例を示します。

switch# show fcns database detail
------------------------
VSAN:1 FCID:0x020101
------------------------
port-wwn (vendor) :22:04:00:05:30:00:35:e1 (Cisco)
node-wwn :22:03:00:05:30:00:35:e1
class :2,3
node-ip-addr :10.2.2.12
ipa :ff ff ff ff ff ff ff ff
fc4-types:fc4_features:scsi-fcp:init iscsi-gw
symbolic-port-name :
symbolic-node-name :iqn.1991-05.com.microsoft:oasis2-dell
port-type :N
port-ip-addr :0.0.0.0
fabric-port-wwn :22:01:00:05:30:00:35:de
hard-addr :0x000000
------------------------
VSAN:1 FCID:0x020102
------------------------
port-wwn (vendor) :22:02:00:05:30:00:35:e1 (Cisco)
node-wwn :22:01:00:05:30:00:35:e1
class :2,3
node-ip-addr :10.2.2.11
ipa :ff ff ff ff ff ff ff ff
fc4-types:fc4_features:scsi-fcp:init iscsi-gw
symbolic-port-name :
symbolic-node-name :iqn.1987-05.com.cisco.01.14ac33ba567f986f174723b5f9f2377
port-type :N
port-ip-addr :0.0.0.0
fabric-port-wwn :22:01:00:05:30:00:35:de
hard-addr :0x000000
 
...
Total number of entries = 10
======================================================================
------------------------
VSAN:2 FCID:0xef0001
------------------------
port-wwn (vendor) :22:02:00:05:30:00:35:e1 (Cisco)
node-wwn :22:01:00:05:30:00:35:e1
class :2,3
node-ip-addr :10.2.2.11
ipa :ff ff ff ff ff ff ff ff
fc4-types:fc4_features:scsi-fcp:init iscsi-gw
symbolic-port-name :
symbolic-node-name :iqn.1987-05.com.cisco.01.14ac33ba567f986f174723b5f9f2377
port-type :N
port-ip-addr :0.0.0.0
fabric-port-wwn :22:01:00:05:30:00:35:de
hard-addr :0x000000
 
Total number of entries = 1
 
 
...

次に、管理 VSAN(VSAN2)を表示する例を示します。

switch# show fcns database vsan 2
VSAN 2:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0x6d0001 N 10:00:00:05:30:00:94:9f (Cisco) ipfc
0x6d0002 N 10:00:00:05:30:00:94:a0 (Cisco) ipfc virtual:..c_port
0x6d0003 N 24:15:00:05:30:00:94:a0 (Cisco) virtual:volume_owner
...
Total number of entries = 24
 

次に、設定されたすべての VSAN のデータベースを表示する例を示します。

switch# show fcns database
VSAN 2:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0x6d0001 N 10:00:00:05:30:00:94:9f (Cisco) ipfc
0x6d0002 N 10:00:00:05:30:00:94:a0 (Cisco) ipfc virtual:..c_port
0x6d0003 N 24:15:00:05:30:00:94:a0 (Cisco) virtual:volume_owner
...
Total number of entries = 24
VSAN 3:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0x650001 N 24:0c:00:05:30:00:94:a0 (Cisco) scsi-fcp:init vir..t
...
0x720101 NL 21:00:00:20:37:65:1c:cb (Company) scsi-fcp
...
Total number of entries = 30
VSAN 4:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0x6b0001 N 23:26:00:05:30:00:59:20 (Cisco) scsi-fcp:init vir..t
...
0x7800b5 NL 22:00:00:20:37:46:78:97 (Company) scsi-fcp
...
0x780100 N 50:06:04:82:bf:d0:cf:4b (Company) scsi-fcp 250
...
Total number of entries = 27
VSAN 5:
--------------------------------------------------------------------------
FCID TYPE PWWN (VENDOR) FC4-TYPE:FEATURE
--------------------------------------------------------------------------
0x6f0001 N 23:43:00:05:30:00:59:20 (Cisco) scsi-fcp:target vi..
...
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

asm mgmt-vsan

指定したインターフェイスの Control Plane Process(CPP)インターフェイス コンフィギュレーションを表示します。

show fcns statistics

指定した VSAN(仮想 SAN)またはすべての VSAN の統計情報を表示するには、 show fcns statistics コマンドを使用します。

show fcns statistics [detail] [vsan vsan-id]

 
シンタックスの説明

detail

詳細統計情報を表示します。

vsan vsan-id

指定した VSAN ID の統計情報を表示します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、指定した VSAN の統計情報を表示する例を示します。

switch# show fcns statistics
registration requests received = 27
deregistration requests received = 0
queries received = 57
queries sent = 10
reject responses sent = 14
RSCNs received = 0
RSCNs sent = 0
switch#

show fcroute

既存の Fibre Channel(FC)および Fabric Shortest Path First(FSPF)コンフィギュレーションに関する特定の情報を表示するには、 show fcroute コマンドを使用します。

show fcroute {distance | label [label] vsan vsan-id | multicast [fc-id vsan vsan-id | vsan vsan-id] | summary [vsan vsan-id] | unicast [[host] fc-id fc-mask vsan vsan-id | vsan vsan-id]}

 
シンタックスの説明

distance

FC ルート優先順位を表示します。

label

ラベル ルートを表示します。

multicast

FC マルチキャスト ルートを表示します。

summary

FC ルート概要を表示します。

unicast

FC ユニキャスト ルートを表示します。

vsan vsan-id

VSAN ID を指定します(1 ~ 4093)。

fcid-id

ファイバ チャネル ID を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

コマンド出力でルート数が表示される際、合計ルート数には表示ルートと非表示ルートの両方が含まれています。

次に、管理距離を表示する例を示します。

switch# show fcroute distance
 
Route
UUID Distance Name
---- -------- ----
10 20 RIB
22 40 FCDOMAIN
39 80 RIB-CONFIG
12 100 FSPF
17 120 FLOGI
21 140 TLPM
14 180 MCAST
64 200 RIB-TEST

次に、マルチキャスト ルーティング情報を表示する例を示します。

switch# show fcroute multicast
VSAN FC ID # Interfaces
---- -------- ------------
1 0xffffff 0
2 0xffffff 1
3 0xffffff 1
4 0xffffff 0
5 0xffffff 0
6 0xffffff 0
7 0xffffff 0
8 0xffffff 0
9 0xffffff 0
10 0xffffff 0
 

次に、指定した VSAN の FCID 情報を表示する例を示します。

switch# show fcroute multicast vsan 3
 
VSAN FC ID # Interfaces
---- -------- ------------
3 0xffffff 1
 

次に、指定した VSAN の FCID およびインターフェイス情報を表示する例を示します。

switch# show fcroute multicast 0xffffff vsan 2
 
VSAN FC ID # Interfaces
---- -------- ------------
2 0xffffff 1
fc1/1
 

次に、ユニキャスト ルーティング情報を表示する例を示します。

switch# show fcroute unicast
D:direct R:remote P:permanent V:volatile A:active N:non-active
# Next
Protocol VSAN FC ID/Mask RCtl/Mask Flags Hops Cost
-------- ---- -------- -------- ---- ---- ----- ------ ----
static 1 0x010101 0xffffff 0x00 0x00 D P A 1 10
static 2 0x111211 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 10
fspf 2 0x730000 0xff0000 0x00 0x00 D P A 4 500
fspf 3 0x610000 0xff0000 0x00 0x00 D P A 4 500
static 4 0x040101 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040102 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040103 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040104 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x111211 0xffffff 0x00 0x00 D P A 1 10
 

次に、指定した VSAN のユニキャスト ルーティング情報を表示する例を示します。

switch# show fcroute unicast vsan 4
 
D:direct R:remote P:permanent V:volatile A:active N:non-active
# Next
Protocol VSAN FC ID/Mask RCtl/Mask Flags Hops Cost
-------- ---- -------- -------- ---- ---- ----- ------ ----
static 4 0x040101 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040102 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040103 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x040104 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
static 4 0x111211 0xffffff 0x00 0x00 D P A 1 10
 

次に、指定した FCID のユニキャスト ルーティング情報を表示する例を示します。

switch# show fcroute unicast 0x040101 0xffffff vsan 4
 
D:direct R:remote P:permanent V:volatile A:active N:non-active
# Next
Protocol VSAN FC ID/Mask RCtl/Mask Flags Hops Cost
-------- ---- -------- -------- ---- ---- ----- ------ ----
static 4 0x040101 0xffffff 0x00 0x00 R P A 1 103
fc1/2 Domain 0xa6(166)
 

次に、ルート データベース情報を表示する例を示します。

switch# show fcroute summary
 
FC route database created Tue Oct 29 01:24:23 2002
VSAN Ucast Mcast Label Last Modified Time
---- ----- ----- ----- ------------------
1 2 1 0 Tue Oct 29 18:07:02 2002
2 3 1 0 Tue Oct 29 18:33:24 2002
3 2 1 0 Tue Oct 29 18:10:07 2002
4 6 1 0 Tue Oct 29 18:31:16 2002
5 1 1 0 Tue Oct 29 01:34:39 2002
6 1 1 0 Tue Oct 29 01:34:39 2002
7 1 1 0 Tue Oct 29 01:34:39 2002
8 1 1 0 Tue Oct 29 01:34:39 2002
9 1 1 0 Tue Oct 29 01:34:39 2002
10 1 1 0 Tue Oct 29 01:34:39 2002
Total 19 10 0
 

次に、指定した VSAN のルート データベース情報を表示する例を示します。

switch# show fcroute summary vsan 4
 
FC route database created Tue Oct 29 01:24:23 2002
VSAN Ucast Mcast Label Last Modified Time
---- ----- ----- ----- ------------------
4 6 1 0 Tue Oct 29 18:31:16 2002
Total 6 1 0

 

show fcs

ファブリック コンフィギュレーションのステータスを表示するには、 show fcs コマンドを使用します。

show fcs {database [vsan vsan-id] | ie [nwwn wwn] vsan vsan-id | platform [name string] vsan vsan-id | port [pwwn wwn] vsan vsan-id] | statistics vsan vsan-id | vsan}

 
シンタックスの説明

database

Fabric Configuration Server(FCS)のローカル データベースを表示します。

ie

相互接続要素オブジェクト情報を表示します。

nwwn wwn

ノードの WWN ID を指定します。フォーマットは、 hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh です。

vsan vsan-id

VSAN ID を指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

platform

プラットフォーム オブジェクト情報を表示します。

name string

プラットフォーム名を指定します。1最大 255 文字まで可能です。

port

ポート オブジェクト情報を表示します。

pwwn wwn

ポートの WWN ID を指定します。フォーマットは、 hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh : hh です。

statistics

FCS パケットの統計情報を表示します。

vsan

すべての VSAN およびプラットフォーム チェック モードのリストを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、FCS データベース情報を表示する例を示します。

switch# show fcs database
 
FCS Local Database in VSAN: 1
------------------------------
Switch WWN : 20:01:00:05:30:00:16:df
Switch Domain Id : 0x7f(127)
Switch Mgmt-Addresses : snmp://172.22.92.58/eth-ip
http://172.22.92.58/eth-ip
Fabric-Name : 20:01:00:05:30:00:16:df
Switch Logical-Name : 172.22.92.58
Switch Information List : [Cisco Systems*DS-C9509*0*20:00:00:05:30:00
Switch Ports:
-------------------------------------------------------------------
Interface pWWN Type Attached-pWWNs
-------------------------------------------------------------------
fc2/1 20:41:00:05:30:00:16:de TE 20:01:00:05:30:00:20:de
fc2/2 20:42:00:05:30:00:16:de Unknown None
fc2/17 20:51:00:05:30:00:16:de TE 20:0a:00:05:30:00:20:de
 
FCS Local Database in VSAN: 5
------------------------------
Switch WWN : 20:05:00:05:30:00:12:5f
Switch Domain Id : 0xef(239)
Switch Mgmt-Addresses : http://172.22.90.171/eth-ip
snmp://172.22.90.171/eth-ip
http://10.10.15.10/vsan-ip
snmp://10.10.15.10/vsan-ip
Fabric-Name : 20:05:00:05:30:00:12:5f
Switch Logical-Name : 172.22.90.171
Switch Information List : [Cisco Systems*DS-C9509**20:00:00:05:30:00:12:5e]
Switch Ports:
-------------------------------------------------------------------
Interface pWWN Type Attached-pWWNs
-------------------------------------------------------------------
fc3/1 20:81:00:05:30:00:12:5e TE 22:01:00:05:30:00:12:9e
fc3/2 20:82:00:05:30:00:12:5e TE 22:02:00:05:30:00:12:9e
fc3/3 20:83:00:05:30:00:12:5e TE 22:03:00:05:30:00:12:9e
 

次に、特定の VSAN の相互接続要素オブジェクト情報を表示する例を示します。

switch# show fcs ie vsan 1
 
IE List for VSAN: 1
-------------------------------------------------------------------
IE-WWN IE-Type Mgmt-Id
-------------------------------------------------------------------
20:01:00:05:30:00:16:df Switch (Local) 0xfffc7f
20:01:00:05:30:00:20:df Switch (Adjacent) 0xfffc64
[Total 2 IEs in Fabric]
 

次に、特定の WWN の相互接続要素オブジェクト情報を表示する例を示します。

switch# show fcs ie nwwn 20:01:00:05:30:00:16:df vsan 1
IE Attributes
-------------
Domain-Id = 0x7f(127)
Management-Id = 0xfffc7f
Fabric-Name = 20:01:00:05:30:00:16:df
Logical-Name = 172.22.92.58
Management Address List =
snmp://172.22.92.58/eth-ip
http://172.22.92.58/eth-ip
Information List:
Vendor-Name = Cisco Systems
Model Name/Number = DS-C9509
Release-Code = 0
 

次に、プラットフォーム情報を表示する例を示します。

switch# show fcs platform name SamplePlatform vsan 1
Platform Attributes
-------------------
Platform Node Names:
11:22:33:44:55:66:77:88
Platform Type = Gateway
Platform Management Addresses:
1.1.1.1
 

次に、指定した VSAN 内のプラットフォーム情報を表示する例を示します。

switch# show fcs platform vsan 1
Platform List for VSAN: 1
Platform-Names
--------------
SamplePlatform
[Total 1 Platforms in Fabric]
 

次に、指定した VSAN 内の FCS ポート情報を表示する例を示します。

switch# show fcs port vsan 24
Port List in VSAN: 24
-- IE WWN: 20:18:00:05:30:00:16:df --
-------------------------------------------------------------------------
Port-WWN Type Module-Type Tx-Type
-------------------------------------------------------------------------
20:41:00:05:30:00:16:de TE_Port SFP with Serial Id Shortwave Laser
 
20:51:00:05:30:00:16:de TE_Port SFP with Serial Id Shortwave Laser
 
[Total 2 switch-ports in IE]
-- IE WWN: 20:18:00:05:30:00:20:df --
-------------------------------------------------------------------------
Port-WWN Type Module-Type Tx-Type
-------------------------------------------------------------------------
20:01:00:05:30:00:20:de TE_Port SFP with Serial Id Shortwave Laser
 
20:0a:00:05:30:00:20:de TE_Port SFP with Serial Id Shortwave Laser
 
[Total 2 switch-ports in IE]
 

次に、指定した WWN 内のポート情報を表示する例を示します。

switch# show fcs port pwwn 20:51:00:05:30:00:16:de vsan 24
Port Attributes
---------------
Port Type = TE_Port
Port Number = 0x1090000
Attached-Port-WWNs:
20:0a:00:05:30:00:20:de
Port State = Online
 

次に、FCS 統計を表示する例を示します。

switch# show fcs statistics
 
FCS Statistics for VSAN: 1
---------------------------
FCS Rx Get Reqs :2
FCS Tx Get Reqs :7
FCS Rx Reg Reqs :0
FCS Tx Reg Reqs :0
FCS Rx Dereg Reqs :0
FCS Tx Dereg Reqs :0
FCS Rx RSCNs :0
FCS Tx RSCNs :3
FCS Rx RJTs :3
FCS Tx RJTs :0
FCS Rx ACCs :4
FCS Tx ACCs :2
FCS No Response :0
FCS Retransmit :0
 
FCS Statistics for VSAN: 30
---------------------------
FCS Rx Get Reqs :2
FCS Tx Get Reqs :2
FCS Rx Reg Reqs :0
FCS Tx Reg Reqs :0
FCS Rx Dereg Reqs :0
FCS Tx Dereg Reqs :0
FCS Rx RSCNs :0
FCS Tx RSCNs :0
FCS Rx RJTs :0
FCS Tx RJTs :0
FCS Rx ACCs :2
FCS Tx ACCs :2
FCS No Response :0
FCS Retransmit :0
 

show fcsp

Fibre Channel Security Protocol(FC-SP; ファイバ チャネル セキュリティ プロトコル)コンフィギュレーションのステータスを表示するには、 show fcsp コマンドを使用します。

show fcs p [ asciiwwn ascii-wwn | dhchap [ database ] | interface fc slot / port [statistics | wwn] | fcip interface-number [statistics | wwn]]

 
シンタックスの説明

asciiwwn ascii-wwn

Authentication, Authorization, Accounting(AAA; 認証、許可、アカウンティング)サーバで使用される World Wide Name(WWN)の ASCII 表記を表示します。

dhchap

Diffie-Hellman Challenge Handshake Authentication Protocol(DHCHAP)ハッシュ アルゴリズムのステータスを表示します。

database

ローカル DHCHAP データベースの内容を表示します。

interface

Fibre Channel(FC)または Fibre Channel over IP(FCIP)インターフェイスの FC-SP 設定を表示します。

fc slot / port

指定したスロットおよびポートのファイバ チャネル インターフェイスを表示します。

fcip interface-number

指定 FCIP インターフェイスの説明を表示します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

statistics

指定したインターフェイスの統計情報を表示します。

wwn

他のデバイスの FC-SP ID を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、FC インターフェイスの DHCHAP コンフィギュレーションを表示する例を示します。

switch# show fcsp interface fc1/9
 
fc1/9:
fcsp authentication mode:SEC_MODE_ON
Status: Successfully authenticated
 

次に、FC インターフェイスの DHCHAP 統計を表示する例を示します。

switch# show fcsp interface fc1/9 statistics
 
fc1/9:
fcsp authentication mode:SEC_MODE_ON
Status: Successfully authenticated
Statistics:
FC-SP Authentication Succeeded:5
FC-SP Authentication Failed:0
FC-SP Authentication Bypassed:0
 

次に、指定したインターフェイスを介して接続されているデバイスの FC-SP WWN を表示する例を示します。

switch# show fcsp interface fc 2/1 wwn
 
fc2/1:
fcsp authentication mode:SEC_MODE_ON
Status: Successfully authenticated
Other device's WWN:20:00:00:e0:8b:0a:5d:e7
 

次に、ローカル スイッチに設定されているハッシュ アルゴリズムおよび DHCHAP グループを表示する例を示します。

switch# show fcsp dhchap
Supported Hash algorithms (in order of preference):
DHCHAP_HASH_MD5
DHCHAP_HASH_SHA_1
 
Supported Diffie Hellman group ids (in order of preference):
DHCHAP_GROUP_NULL
DHCHAP_GROUP_1536
DHCHAP_GROUP_1024
DHCHAP_GROUP_1280
DHCHAP_GROUP_2048
 

次に、DHCHAP ローカル パスワード データベースを表示する例を示します。

switch# show fcsp dhchap database
DHCHAP Local Password:
Non-device specific password:********
Password for device with WWN:29:11:bb:cc:dd:33:11:22 is ********
Password for device with WWN:30:11:bb:cc:dd:33:11:22 is ********
 
Other Devices' Passwords:
Password for device with WWN:00:11:22:33:44:aa:bb:cc is ********
 

次に、デバイス WWN の ASCII 表記を表示する例を示します。

switch# show fcsp asciiwwn 30:11:bb:cc:dd:33:11:22
Ascii representation of WWN to be used with AAA servers:Ox_3011bbccdd331122
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

fcsp enable

このスイッチの FC-SP 機能をイネーブルにします。

show fctimer

ファイバ チャネル タイマー(fctimer)を表示するには、 show fctimer コマンドを使用します。

show fctimer [d_s_tov [vsan vsan-id] | distribution status | e_d_tov [vsan vsan-id] |
f_s_tov [vsan vsan-id] | last action status | pending | pending-diff | r_a_tov [vsan vsan-id] | session-status | vsan vsan-id ]

 
シンタックスの説明

d_s_tov

分散サービスのタイムアウト値(D_S_TOV)をミリ秒で表示します。

distribution status

Cisco Fabric Services(CFS)配信ステータス情報を表示します。

e_d_tov

エラー検出のタイムアウト値(E_D_TOV)をミリ秒で表示します。

f_s_tov

ファブリック安定のタイムアウト値(F_S_TOV)をミリ秒で表示します。

last action status

最終 CFS 確定または廃棄操作の状態を表示します。

pending

未決定 fctimer コマンドのステータスを表示します。

pending-diff

未決定データベースと実行コンフィギュレーションの差異を表示します。

r_a_tov

リソース割り当てのタイムアウト値(R_A_TOV)をミリ秒で表示します。

session-status

fctimer CFS セッションの状態を表示します。

vsan vsan-id

VSAN(仮想 SAN)の情報を表示します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(1)

このコマンドが導入されました。

2.0(x)

distribution status、last action status、pending、pending-diff、および session-status キーワードが追加されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、設定されたグローバル Time Out Value(TOV)を表示する例を示します。

switch# show fctimer
F_S_TOV D_S_TOV E_D_TOV R_A_TOV
----------------------------------------
5000 ms 5000 ms 2000 ms 10000 ms
 

次に、指定された VSAN の設定した TOV を表示する例を示します。

switch# show fctimer vsan 10
vsan no. F_S_TOV D_S_TOV E_D_TOV R_A_TOV
-------------------------------------------------
10 5000 ms 5000 ms 3000 ms 10000 ms

 
関連コマンド

コマンド
説明

fctimer

fctimer パラメータを設定します。

show fdmi

Fabric-Device Management Interface(FDMI; ファブリック デバイス マネージメント インターフェイス)データベース情報を表示するには、 show fdmi コマンドを使用します。

show fdmi database [ detail [ hba-id [ hba-id vsan vsan-id | vsan vsan-id ] | vsan vsan-id ]

 
シンタックスの説明

fdmi

FDMI コマンドにアクセスします。

database

FDMI データベース コンテンツを表示します。

detail

詳細な FDMI 情報を指定します。

hba-id

指定した HBA エントリの詳細情報を表示します。

hba-id

指定した HBA エントリの詳細情報を表示します。

vsan vsan-id

指定 VSAN の FDMI 情報を指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、すべての HBA 管理サーバを表示する例を示します。

switch# show fdmi database
Registered HBA List for VSAN 1
10:00:00:00:c9:32:8d:77
21:01:00:e0:8b:2a:f6:54
switch# show fdmi database detail
Registered HBA List for VSAN 1
-------------------------------
HBA-ID: 10:00:00:00:c9:32:8d:77
-------------------------------
Node Name :20:00:00:00:c9:32:8d:77
Manufacturer :Emulex Corporation
Serial Num :0000c9328d77
Model :LP9002
Model Description:Emulex LightPulse LP9002 2 Gigabit PCI Fibre Channel Adapter
Hardware Ver :2002606D
Driver Ver :SLI-2 SW_DATE:Feb 27 2003, v5-2.20a12
ROM Ver :3.11A0
Firmware Ver :3.90A7
OS Name/Ver :Window 2000
CT Payload Len :1300000
Port-id: 10:00:00:00:c9:32:8d:77
-------------------------------
HBA-ID: 21:01:00:e0:8b:2a:f6:54
-------------------------------
Node Name :20:01:00:e0:8b:2a:f6:54
Manufacturer :QLogic Corporation
Serial Num :\74262
Model :QLA2342
Model Description:QLogic QLA2342 PCI Fibre Channel Adapter
Hardware Ver :FC5010409-10
Driver Ver :8.2.3.10 Beta 2 Test 1 DBG (W2K VI)
ROM Ver :1.24
Firmware Ver :03.02.13.
OS Name/Ver :500
CT Payload Len :2040
Port-id: 21:01:00:e0:8b:2a:f6:54
 

次に、VSAN1 固有の FDMI 情報を表示する例を示します。

switch# show fdmi database detail vsan 1
Registered HBA List for VSAN 1
-------------------------------
HBA-ID: 10:00:00:00:c9:32:8d:77
-------------------------------
Node Name :20:00:00:00:c9:32:8d:77
Manufacturer :Emulex Corporation
Serial Num :0000c9328d77
Model :LP9002
Model Description:Emulex LightPulse LP9002 2 Gigabit PCI Fibre Channel Adapter
Hardware Ver :2002606D
Driver Ver :SLI-2 SW_DATE:Feb 27 2003, v5-2.20a12
ROM Ver :3.11A0
Firmware Ver :3.90A7
OS Name/Ver :Window 2000
CT Payload Len :1300000
Port-id: 10:00:00:00:c9:32:8d:77
-------------------------------
HBA-ID: 21:01:00:e0:8b:2a:f6:54
-------------------------------
Node Name :20:01:00:e0:8b:2a:f6:54
Manufacturer :QLogic Corporation
Serial Num :\74262
Model :QLA2342
Model Description:QLogic QLA2342 PCI Fibre Channel Adapter
Hardware Ver :FC5010409-10
Driver Ver :8.2.3.10 Beta 2 Test 1 DBG (W2K VI)
ROM Ver :1.24
Firmware Ver :03.02.13.
OS Name/Ver :500
CT Payload Len :2040
Port-id: 21:01:00:e0:8b:2a:f6:54
 

次に、指定した HBA エントリの詳細を表示する例を示します。

switch# show fdmi database detail Hba-id 21:01:00:e0:8b:2a:f6:54 vsan 1
 
Node Name :20:01:00:e0:8b:2a:f6:54
Manufacturer :QLogic Corporation
Serial Num :\74262
Model :QLA2342
Model Description:QLogic QLA2342 PCI Fibre Channel Adapter
Hardware Ver :FC5010409-10
Driver Ver :8.2.3.10 Beta 2 Test 1 DBG (W2K VI)
ROM Ver :1.24
Firmware Ver :03.02.13.
OS Name/Ver :500
CT Payload Len :2040
Port-id: 21:01:00:e0:8b:2a:f6:54

show ficon

設定された Fibre Connection(FICON)情報を表示するには、 show ficon コマンドを使用します。

show ficon [control-device sb3 [ vsan vsan-id ] |
first-available port-number |
port default-state |
port-numbers {assign [ slot | logical-port | slot slot ] | interface} |
stat |
vsan vsan-id [allegiance | directory-history [key-counter value ] | file {all | name filename [portaddress port ]} | interface {fc slot / port | fcip fcip-id | port-channel port } | portaddress [ port [counters] | portnumber [ port-numbers | duplicate | undefined ] [brief] [installed]]

 
シンタックスの説明

control-device sb3

FICON 制御デバイス情報を表示します。

vsan vsan-id

指定された VSAN の FICON 情報を
1 ~ 4093 の範囲で指定します。

first-available port-number

使用可能なポート番号を表示します。

port default-state

デフォルトの FICON ポート禁止ステートを表示します。

port-numbers

FICON ポート番号を表示します。

assign slot

指定されたスロットに割り当てられた FICON ポート番号(1 ~ 6)を表示します。

logical port

論理インターフェイスに割り当てられた FICON ポート番号を表示します。

slot slot

指定されたスロットに割り当てられた FICON ポート番号(1 ~ 6)を表示します。

stat

設定した FICONSTAT の情報を表示します。

allegiance

FICON デバイスの義務情報を表示します。

directory-history

FICON ディレクトリ履歴を表示します。

key-counter value

キー カウンタを指定します。

file

ファイルの FICON 情報を表示します。

all

すべてのファイルを指定します。

name filename

ファイル名を指定します。

portaddress port

ファイルのポート アドレスを指定します。

interface

インターフェイスの FICON 情報を表示します。

fc slot / port

ファイバ チャネル インターフェイスを指定します。

fcip fcip-id

Fibre Channel over IP(FCIP)インターフェイスを指定します。

port-channel port

ポートチャネル インターフェイスを指定します。

counters

ポート アドレスのカウンタ情報を表示します。

portnumber port-number

指定された範囲(0 ~ 153、または 0x0 ~ 0x99)のポート番号の FICON 情報を表示します。

duplicate

複製ポート番号およびポート アドレスの FICON インターフェイスを表示します。

undefined

ポート番号およびポート アドレスのない FICON インターフェイスを表示します。

brief

ポート アドレスの要約 FICON 情報を表示します。

installed

組み込みポート アドレスの FICON 情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(1)

このコマンドが導入されました。

3.0(1)

port-numbers および stat オプションが追加されました。

portnumber キーワードが追加されました。

3.0(2)

port default-state オプションが追加されました。

 
使用上のガイドライン

FICON が VSAN 上でイネーブルでない場合、その VSAN の FICON コンフィギュレーション情報を表示することはできません。

次に、設定された FICON 情報を表示する例を示します。

switch# show ficon
Ficon information for VSAN 20
Ficon is online
VSAN is active
Host port control is Enabled
Host offline control is Enabled
User alert mode is Enabled
SNMP port control is Enabled
Host set director timestamp is Enabled
Active=Saved is Disabled
Number of implemented ports are 240
Key Counter is 73723
FCID last byte is 0
Date/Time is set by host to Sun Jun 26 00:04:06.991999 1904
Device allegiance is locked by Host
Codepage is us-canada
Saved configuration files
IPL
_TSIRN00
 

次に、デフォルトの禁止ステートを表示する例を示します。

switch# show ficon port default-state
Port default state is allow-all
 

次に、割り当てられた FICON ポート番号を表示する例を示します。

switch# show ficon port-numbers assign
ficon slot 1 assign port-numbers 0-31
ficon slot 2 assign port-numbers 32-63
ficon slot 3 assign port-numbers 64-95
ficon slot 4 assign port-numbers 96-127
ficon logical-port assign port-numbers 128-153
 

次に、ポート アドレス情報を表示する例を示します。

switch# show ficon vsan 2 portaddress
Port Address 1 is not installed in vsan 2
Port number is 1, Interface is fc1/1
Port name is
Port is not admin blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255
 
Port Address 2 is not installed in vsan 2
Port number is 2, Interface is fc1/2
Port name is
Port is not admin blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255
 
...
Port Address 239 is not installed in vsan 2
Port name is
Port is not admin blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255
 
Port Address 240 is not installed in vsan 2
Port name is
Port is not admin blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255
 

次に、ポート アドレス情報を略式で表示する例を示します。

switch# show ficon vsan 2 portaddress 50-55 brief
-------------------------------------------------------------------------------
Port Port Interface Admin Status Oper FCID
Address Number Blocked Mode
-------------------------------------------------------------------------------
50 50 fc2/18 on fcotAbsent -- --
51 51 fc2/19 off fcotAbsent -- --
52 52 fc2/20 off fcotAbsent -- --
53 53 fc2/21 off fcotAbsent -- --
54 54 fc2/22 off notConnected -- --
55 55 fc2/23 off up FL 0xea0000
56 55 off up FL 0xea0000
 

次に、ポート アドレス カウンタ情報を表示する例を示します。

switch# show ficon vsan 20 portaddress 8 counters
Port Address 8(0x8) is up in vsan 20
Port number is 8(0x8), Interface is fc1/8
Version presented 1, Counter size 32b
242811 frames input, 9912794 words
484 class-2 frames, 242302 class-3 frames
0 link control frames, 0 multicast frames
0 disparity errors inside frames
0 disparity errors outside frames
0 frames too big, 0 frames too small
0 crc errors, 0 eof errors
0 invalid ordered sets
0 frames discarded c3
0 address id errors
116620 frames output, 10609188 words
0 frame pacing time
0 link failures
0 loss of sync
0 loss of signal
0 primitive seq prot errors
0 invalid transmission words
1 lrr input, 0 ols input, 5 ols output
0 error summary
 

次に、指定した FICON コンフィギュレーション ファイルのカウンタを表示する例を示します。

switch# show ficon vsan 3 file IPL
FICON configuration file IPL in vsan 3
Port address 1
Port name is
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,81-253,255
 
Port address 2
Port name is
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,81-253,255
 
Port address 3
Port name is
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,81-253,255
 
Port address 4
Port name is
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,81-253,255
 
...
Port address 80
Port name is
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,81-253,255
 
Port address 254
Port name is
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,81-253,255
 

次に、すべての FICON コンフィギュレーション ファイルを表示する例を示します。

switch# show ficon vsan 2
Ficon information for VSAN 2
Ficon is enabled
VSAN is active
Host control is Enabled
Host offline control is Enabled
Clock alert mode is Disabled
User alert mode is Disabled
SNMP control is Disabled
Active=Saved is Disabled
Number of implemented ports are 240
Key Counter is 9
FCID last byte is 0
Date/Time is same as system time (Sun Dec 14 01:26:30.273402 1980)
Device Allegiance not locked
Codepage is us-canada
Saved configuration files
IPL
IPLFILE1
 

次に、FICON コンフィギュレーション ファイルの指定したポート アドレスを表示する例を示します。

switch# show ficon vsan 2 file iplfile1 portaddress 1-7
FICON configuration file IPLFILE1 in vsan 2
Port address 1
Port name is
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255
 
Port address 2
Port name is
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255
 
Port address 3
Port name is P3
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255
...
Port address 7
Port name is
Port is not blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255
 

次に、FICON がイネーブルの場合に指定されたポート アドレスを表示する例を示します。

switch# show ficon vsan 2 portaddress 55
Port Address 55 is not installed in vsan 2
Port number is 55, Interface is fc2/23
Port name is
Port is not admin blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255
Admin port mode is FL
Port mode is FL, FCID is 0xea0000
 

次に、異なるステートに設定された 2 つのポート アドレスを表示する例を示します。

switch# show ficon vsan 2 portaddress 2
Port Address 2(0x2) is not installed in vsan 2
Port number is 2(0x2), Interface is fc1/2
Port name is
Port is not admin blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255(0,0xf1-0xfd,0xff)
Admin port mode is auto
Peer was type model manufactured by
 
switch# show ficon vsan 2 portaddress 1
Port Address 2(0x2) is not installed in vsan 2
Port number is 2(0x2), Interface is fc1/2
Port name is
Port name is SampleName
Port is admin blocked
Prohibited port addresses are 0,241-253,255(0,0xf1-0xfd,0xff)
Admin port mode is auto
Peer was type model manufactured by
 

次に、制御ユニット情報を表示する例を示します。

switch# show ficon control-device sb3
Control Unit Image:0x80b9c2c
VSAN:20 CU:0x20fe00 CUI:0 CUD:0 CURLP:(nil)
ASYNC LP:(nil) MODE:1 STATE:1 CQ LEN:0 MAX:0
PRIMARY LP: VSAN:0 CH:0x0 CHI:0 CU:0x0 CUI:0
ALTERNATE LP: VSAN:0 CH:0x0 CHI:0 CU:0x0 CUI:0
 
Logical Path:0x80b9fb4
VSAN:20 CH:0x200600 CHI:15 CU:0x20fe00 CUI:0 STATE:1 FLAGS:0x1
LINK: OH:0x0 OC:0x0 IH:0x0 IC:0x0
DEV: OH:0x0 OC:0x0 IH:0x0 IC:0x0
SENSE: 00 00 00 00 00 00 00 46
30 20 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
00 00 00 00 00 00 00 00
IUI:0x0 DHF:0x0 CCW:0x0 TOKEN:0x0 PCCW:0x0 FCCW:0x0 PTOKEN:0x0 FTOKEN:0x0
CMD:0x0 CCW_FLAGS:0x0 CCW_COUNT:0 CMD_FLAGS:0x0 PRIO:0x0 DATA_COUNT:0
STATUS:0x0 FLAGS:0x0 PARAM:0x0 QTP:0x0 DTP:0x0
CQ LEN:0 MAX:0 DESTATUS:0x0
 

次に、指定した VSAN の履歴バッファを表示する例を示します。

switch# show ficon vsan 20 director-history
Director History Buffer for vsan 20
---------------------------------------------
Key Counter Ports Address
Changed
---------------------------------------------
74556 43
74557 44
74558 45
74559 46
74560 47
74561 48
74562 49
74563 50
74564 51
74565 52
74566 53
74567 54
74568 55
74569 56
74570 57
74571 58
74572 59
74573 60
74574 61
74575 62
74576 63
74577 64
74578
74579
74580 1-3,5,10,12,14-16,34-40,43-45,47-54,56-57,59-64
74581 3,5
74582 64
74583
74584 1-3,10,12,14-16,34-40,43-45,47-54,56-57,59-64
74585 1
74586 2
74587 3
 

次に、実行コンフィギュレーションの情報を表示する例を示します。

switch# show running-config
...
ficon vsan 2
portaddress 1
block
name SampleName
prohibit portaddress 3
portaddress 3
prohibit portaddress 1
file IPL
 

次に、使用できるポート番号を表示する例を示します。

switch# show ficon first-available port-number
Port number 129(0x81) is available
 

show file

ファイル システム内で指定されたファイルの内容を表示するには、 show file コマンドを使用します。

show file filename [cksum | md5sum]

 
シンタックスの説明

filename

ファイル名を指定します。

cksum

ファイルの Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長チェック)チェックサムを表示します。

md5sum

ファイルの Message Digest 5(MD5)チェックサムを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、slot0 ディレクトリに常駐するテスト ファイルの内容を表示する例を示します。

switch# show file slot0:test
config t
Int fc1/1
no shut
end
show int
 

次に、現在のディレクトリに常駐するファイルの内容を表示する例を示します。

switch# show file myfile
 

次に、ファイルの CRC チェックサムを表示する例を示します。

switch# show file bootflash:vboot-1 cksum
838096258
 

次に、ファイルの MD5 チェックサムを表示する例を示します。

switch# show file bootflash:vboot-1 md5sum
3d8e05790155150734eb8639ce98a331
 

show flex-attach

FlexAttach 配信ステータスを表示するには、show flex-attach コマンドを使用します。

show flex-attach

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.3(1a)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、 FlexAttach 配信ステータスを表示する例を示します。

switch# show flex-attach
Fabric distribution status
-----------------------
fabric distribution enabled
Last Action Time Stamp : Sun Mar 2 02:32:04 2008
Last Action : Commit
Last Action Result : Success
Last Action Failure Reason : none

 
関連コマンド

コマンド
説明

show flex-attach virtual-pwwn

指定のインターフェイス上の現在の仮想 pWWN のリストを表示します。

show flex-attach info

FlexAttach 情報を表示するには、show flex-attach info コマンドを使用します。

show flex-attach info

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.3(1a)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、 FlexAttach 情報を表示する例を示します。

switch# show flex-attach info
Global Auto Flag : TRUE
-------------------------------------------------------------
Local Interface->vpwwn
-------------------------------------------------------------
vsan intf vpwwn auto intf-state
-------------------------------------------------------------
all fc1/1 20:00:00:05:30:01:71:ba auto DOWN
all fc1/2 20:01:00:05:30:01:71:ba auto DOWN
all fc1/3 20:02:00:05:30:01:71:ba auto DOWN
all fc1/4 20:03:00:05:30:01:71:ba auto DOWN
all fc1/20 20:13:00:05:30:01:71:ba auto DOWN
all fc1/21 20:14:00:05:30:01:71:ba auto DOWN
all fc1/22 20:15:00:05:30:01:71:ba auto DOWN
all fc1/23 20:16:00:05:30:01:71:ba auto DOWN
all fc1/24 20:17:00:05:30:01:71:ba auto DOWN
Number of local virtual pwwn entries = 24
 
------------------------------------------------------------------------
Remote Interface->vpwwn
------------------------------------------------------------------------
swwn vsan intf vpwwn auto
------------------------------------------------------------------------
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/1 23:46:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/2 23:47:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/3 23:48:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/4 23:49:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/5 23:4a:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/6 23:4b:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/7 23:4c:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/8 23:4d:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/9 23:4e:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/10 23:4f:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/11 23:50:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/12 23:51:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/13 23:52:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/14 23:53:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/15 23:54:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/23 23:5c:00:05:30:01:6e:1e auto
20:00:00:05:30:01:6e:1c all fc1/24 23:5d:00:05:30:01:6e:1e auto
Number of remote virtual pwwn entries = 24
 
-------------------------------------------------------------
PWWN -> VPWWN Mappings
-------------------------------------------------------------
pwwn vpwwn
-------------------------------------------------------------
20:14:00:05:30:01:71:11 20:14:00:05:30:01:71:99
20:14:00:05:30:01:71:44 20:14:00:05:30:01:71:88
Number of real pwwn to virtual pwwn entries = 2
 
-------------------------------------------------------------
OXID INFO
-------------------------------------------------------------
vsan sid did oxid els-cmd phy-pwwn
vpwwn
-------------------------------------------------------------
Number of outstanding ELS frames = 0
 
------------------------------------------------------------------------------
srv fcid to srv ifindex map
--------------------------------------------------------------------------------
--
vsan srvfcid srvif pwwn vpwwn flogi?
--------------------------------------------------------------------------------
--
Number of logged-in devices = 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show flex-attach

FlexAttach 配信ステータスを表示します。

show flex-attach virtual-pwwn

指定のインターフェイス上の現在の仮想 pWWN のリストを表示します。

show flex-attach merger status

FlexAttach マージ ステータスを表示します。

show flex-attach merge status

FlexAttach マージ ステータスを表示するには、show flex-attach merge コマンドを使用します。

show flex-attach merger status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.3(1a)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、 FlexAttach マージ ステータスを表示する例を示します。

switch# show flex-attach merge status
Flex-Attach merge status
----------------
 
Status : Success
Failure reason :

 
関連コマンド

コマンド
説明

show flex-attach

FlexAttach 配信ステータスを表示します。

show flex-attach virtual-pwwn

指定のインターフェイス上の現在の仮想 pWWN のリストを表示します。

show flex-attach virtual-pwwn

指定のインターフェイス上の現在の仮想 pWWN のリストを表示するには、show flex-attach virtual-pwwn コマンドを使用します。

show flex-attach virtual-pwwn

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.3(1a)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、インターフェイス上の現在の仮想 pWWN のリストを表示する例を示します。

switch# show flex-attach virtual-pwwn
Global auto virtual port WWN generation enabled
 
VIRTUAL PORT WWNS ASSIGNED TO INTERFACES
--------------------------------------------------------------------------------
-----
VSAN INTERFACE VIRTUAL-PWWN AUTO LAST-CHANGE
--------------------------------------------------------------------------------
-----
all fc1/1 20:00:00:05:30:01:71:ba TRUE Sat Mar 1 14:10:07 2008
 
all fc1/2 20:01:00:05:30:01:71:ba TRUE Sat Mar 1 14:10:07 2008
 
all fc1/19 20:12:00:05:30:01:71:ba TRUE Sat Mar 1 14:10:07 2008
 
all fc1/20 20:13:00:05:30:01:71:ba TRUE Sat Mar 1 14:10:07 2008
 
all fc1/21 20:14:00:05:30:01:71:ba TRUE Sat Mar 1 14:10:07 2008
 
all fc1/22 20:15:00:05:30:01:71:ba TRUE Sat Mar 1 14:10:07 2008
 
all fc1/23 20:16:00:05:30:01:71:ba TRUE Sat Mar 1 14:10:07 2008
 
all fc1/24 20:17:00:05:30:01:71:ba TRUE Sat Mar 1 14:10:07 2008
 
Number of virtual pwwn assigned to local interfaces = 24
 
VIRTUAL PORT WWNS ASSIGNED TO PHYSICAL PORT WWNs
--------------------------------------------------------------------------------
-----
PWWN VIRTUAL-PWWN LAST-CHANGE
--------------------------------------------------------------------------------
-----
20:14:00:05:30:01:71:11 20:14:00:05:30:01:71:99 Sat Mar 1 14:56:07 2008
 
20:14:00:05:30:01:71:44 20:14:00:05:30:01:71:88 Sat Mar 1 14:56:07 2008
 
Number of virtual pwwn assigned to real pwwns = 2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

flex-attach virtual-pwwn auto

指定のインターフェイス上の FlexAttach 仮想 pWWN をイネーブルにします。

flex-attach virtual-pwwn interface

ユーザ指定の FlexAttach 仮想 pWWN を設定します。

show flogi

すべての VSAN(仮想 SAN)の全インターフェイスで実行される Fabric Login(FLOGI)セッションをすべて一覧表示するには、 show flogi コマンドを使用します。

show flogi {auto-area-list} | database {fcid fcid-id | interface {fa slot/port | fc slot/port | fv module-number} | vsan vsan-id}


) Cisco Fabric Switch for HP c-Class BladeSystem および Cisco Fabric Switch for IBM BladeCenter では、構文は次のようになります。

interface {bay port | ext port}


 
シンタックスの説明

auto-area-list

割り当てられた領域である OUI のリストを表示します。

database

FLOGI セッションに関する情報を表示します。

fcid fcid-id

割り当てられた Fibre Channel(FC)ID に基づいて FLOGI データベース エントリを表示します。フォーマットは 0xhhhhhh です。

interface

ログインしたインターフェイスに基づいて FLOGI データベース エントリを表示します。

fa slot/port

全スイッチ上にあるスロットおよびポート番号別に設定する FA ポート インターフェイスを指定します。

fc slot/port

(任意)MDS 9000 ファミリ スイッチ上にあるスロットおよびポート番号別に設定するファイバ チャネル インターフェイスを指定します。

bay port | ext port

(任意)ベイ別または Cisco Fabric Switch for HP c-Class BladeSystem や Cisco Fabric Switch for IBM BladeCenter 上の外部ポート別にファイバ チャネル インターフェイスを指定します。有効範囲は 0 ~ 48 です。

fv module-number

全てのスイッチ上にあるモジュール別にファイバ チャネル仮想化インターフェイスを指定します。

vsan vsan-id

VSAN(仮想 SAN)ID に基づいて FLOGI データベース エントリを表示します。有効範囲は1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

3.1(2)

interface bay | ext オプションが追加されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドの出力は、まずインターフェイス別にソートされたあと、VSAN 別にソートされます。

FC ファブリックでは、各ホストまたはディスクに FCID が必要です。以下の例にあるように、FLOGI テーブルにストレージ デバイスが表示されているかどうか確認するには、 show flogi database コマンドを使用します。必要なデバイスが FLOGI テーブルに表示されていれば、FLOGI が正常に行われます。ホスト Host Bus Adapter(HBA; ホスト バス アダプタ)および接続ポートに直接接続されているスイッチ上の FLOGI データベースを検査します。

次に、FLOGI データベースの詳細を表示する例を示します。

switch# show flogi database
---------------------------------------------------------------------------
INTERFACE VSAN FCID PORT NAME NODE NAME
---------------------------------------------------------------------------
sup-fc0 2 0xb30100 10:00:00:05:30:00:49:63 20:00:00:05:30:00:49:5e
fc9/13 1 0xb200e2 21:00:00:04:cf:27:25:2c 20:00:00:04:cf:27:25:2c
fc9/13 1 0xb200e1 21:00:00:04:cf:4c:18:61 20:00:00:04:cf:4c:18:61
fc9/13 1 0xb200d1 21:00:00:04:cf:4c:18:64 20:00:00:04:cf:4c:18:64
fc9/13 1 0xb200ce 21:00:00:04:cf:4c:16:fb 20:00:00:04:cf:4c:16:fb
fc9/13 1 0xb200cd 21:00:00:04:cf:4c:18:f7 20:00:00:04:cf:4c:18:f7
 
Total number of flogi = 6.
 

次に、FLOGI インターフェイスを表示する例を示します。

switch# show flogi database interface fc 1/11
INTERFACE VSAN FCID PORT NAME NODE NAME
-------------------- ---- -------- ----------------------- ---------------------
fc9/13 1 0xa002ef 21:00:00:20:37:18:17:d2 20:00:00:20:37:18:17:d2
fc9/13 1 0xa002e8 21:00:00:20:37:38:a7:c1 20:00:00:20:37:38:a7:c1
fc9/13 1 0xa002e4 21:00:00:20:37:6b:d7:18 20:00:00:20:37:6b:d7:18
fc9/13 1 0xa002e2 21:00:00:20:37:18:d2:45 20:00:00:20:37:18:d2:45
fc9/13 1 0xa002e1 21:00:00:20:37:39:90:6a 20:00:00:20:37:39:90:6a
fc9/13 1 0xa002e0 21:00:00:20:37:36:0b:4d 20:00:00:20:37:36:0b:4d
fc9/13 1 0xa002dc 21:00:00:20:37:5a:5b:27 20:00:00:20:37:5a:5b:27
fc9/13 1 0xa002da 21:00:00:20:37:18:6f:90 20:00:00:20:37:18:6f:90
fc9/13 1 0xa002d9 21:00:00:20:37:5b:cf:b9 20:00:00:20:37:5b:cf:b9
fc9/13 1 0xa002d6 21:00:00:20:37:46:78:97 20:00:00:20:37:46:78:97
 
Total number of flogi = 10.
 

次に、FLOGI VSAN を表示する例を示します。

switch# show flogi database vsan 1
---------------------------------------------------------------------------
INTERFACE VSAN FCID PORT NAME NODE NAME
---------------------------------------------------------------------------
fc9/13 1 0xef02ef 22:00:00:20:37:18:17:d2 20:00:00:20:37:18:17:d2
fc9/13 1 0xef02e8 22:00:00:20:37:38:a7:c1 20:00:00:20:37:38:a7:c1
fc9/13 1 0xef02e4 22:00:00:20:37:6b:d7:18 20:00:00:20:37:6b:d7:18
fc9/13 1 0xef02e2 22:00:00:20:37:18:d2:45 20:00:00:20:37:18:d2:45
fc9/13 1 0xef02e1 22:00:00:20:37:39:90:6a 20:00:00:20:37:39:90:6a
fc9/13 1 0xef02e0 22:00:00:20:37:36:0b:4d 20:00:00:20:37:36:0b:4d
fc9/13 1 0xef02dc 22:00:00:20:37:5a:5b:27 20:00:00:20:37:5a:5b:27
fc9/13 1 0xef02da 22:00:00:20:37:18:6f:90 20:00:00:20:37:18:6f:90
fc9/13 1 0xef02d9 22:00:00:20:37:5b:cf:b9 20:00:00:20:37:5b:cf:b9
fc9/13 1 0xef02d6 22:00:00:20:37:46:78:97 20:00:00:20:37:46:78:97
 
Total number of flogi = 10.
 

次に、FLOGI FCID を表示する例を示します。

switch# show flogi database fcid 0xef02e2
---------------------------------------------------------------------------
INTERFACE VSAN FCID PORT NAME NODE NAME
---------------------------------------------------------------------------
fc9/13 1 0xef02e2 22:00:00:20:37:18:d2:45 20:00:00:20:37:18:d2:45
 
Total number of flogi = 1.
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show fcns database

すべてのローカルおよびリモート ネーム サーバ エントリを表示します。

show fspf

グローバル Fabric Shortest Path First(FSPF)情報を表示するには、 show fspf コマンドを使用します。

show fspf [database vsan vsan-id [ detail | domain domain-id detail] | interface | vsan vsan-id interface [fc slot/port | port-channel port-channel]]


) Cisco Fabric Switch for HP c-Class BladeSystem および Cisco Fabric Switch for IBM BladeCenter では、構文は次のようになります。

interface {bay port | ext port}


 
シンタックスの説明

database

FSPF リンク ステート データベースを表示します。

vsan vsan-id

VSAN(仮想 SAN)ID を指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

detail

詳細な FSPF 情報を表示します。

domain domain-id

データベースのドメインを指定します。有効範囲は 0 ~ 255 です。

interface

FSPF インターフェイスを指定します。

fc slot/port

(任意)MDS 9000 ファミリ スイッチ上にあるスロットおよびポート番号別に設定するファイバ チャネル インターフェイスを指定します。

bay port | ext port

(任意)ベイ別または Cisco Fabric Switch for HP c-Class BladeSystem や Cisco Fabric Switch for IBM BladeCenter 上の外部ポート別にファイバ チャネル インターフェイスを指定します。有効範囲は 0 ~ 48 です。

port-channel port-channel

ポート チャネル インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 256 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

他のパラメータが設定されていない場合、データベース内の全 LSR が表示されます。より詳細な情報が必要な場合、LSR のオーナーのドメイン番号を指定できます。 detail を使用すると、各 LSR についてより詳細な情報が得られます。

次に、FSPF インターフェイス情報を表示する例を示します。

switch# show fspf interface vsan 1 fc1/1
FSPF interface fc1/1 in VSAN 1
FSPF routing administrative state is active
Interface cost is 500
Timer intervals configured, Hello 20 s, Dead 80 s, Retransmit 5 s
FSPF State is FULL
Neighbor Domain Id is 0x0c(12), Neighbor Interface index is 0x0f100000
 
Statistics counters :
Number of packets received : LSU 8 LSA 8 Hello 118 Error packets 0
Number of packets transmitted : LSU 8 LSA 8 Hello 119 Retransmitted LSU
0
Number of times inactivity timer expired for the interface = 0
 

次に、FSPF データベース情報を表示する例を示します。

switch# show fspf database vsan 1
 
FSPF Link State Database for VSAN 1 Domain 0x0c(12)
LSR Type = 1
Advertising domain ID = 0x0c(12)
LSR Age = 1686
LSR Incarnation number = 0x80000024
LSR Checksum = 0x3caf
Number of links = 2
NbrDomainId IfIndex NbrIfIndex Link Type Cost
-----------------------------------------------------------------------------
0x65(101) 0x0000100e 0x00001081 1 500
0x65(101) 0x0000100f 0x00001080 1 500
 
FSPF Link State Database for VSAN 1 Domain 0x65(101)
LSR Type = 1
Advertising domain ID = 0x65(101)
LSR Age = 1685
LSR Incarnation number = 0x80000028
LSR Checksum = 0x8443
Number of links = 6
NbrDomainId IfIndex NbrIfIndex Link Type Cost
-----------------------------------------------------------------------------
0xc3(195) 0x00001085 0x00001095 1 500
0xc3(195) 0x00001086 0x00001096 1 500
0xc3(195) 0x00001087 0x00001097 1 500
0xc3(195) 0x00001084 0x00001094 1 500
0x0c(12) 0x00001081 0x0000100e 1 500
0x0c(12) 0x00001080 0x0000100f 1 500
 
FSPF Link State Database for VSAN 1 Domain 0xc3(195)
LSR Type = 1
Advertising domain ID = 0xc3(195)
LSR Age = 1686
LSR Incarnation number = 0x80000033
LSR Checksum = 0x6799
Number of links = 4
NbrDomainId IfIndex NbrIfIndex Link Type Cost
-----------------------------------------------------------------------------
0x65(101) 0x00001095 0x00001085 1 500
0x65(101) 0x00001096 0x00001086 1 500
0x65(101) 0x00001097 0x00001087 1 500
0x65(101) 0x00001094 0x00001084 1 500
 

次に、指定した VSAN 内の FSPF 情報を表示する例を示します。

switch# show fspf vsan 1
FSPF routing for VSAN 1
FSPF routing administration status is enabled
FSPF routing operational status is UP
It is an intra-domain router
Autonomous region is 0
SPF hold time is 0 msec
MinLsArrival = 1000 msec , MinLsInterval = 5000 msec
Local Domain is 0x65(101)
Number of LSRs = 3, Total Checksum = 0x0001288b
 
Protocol constants :
LS_REFRESH_TIME = 1800 sec
MAX_AGE = 3600 sec
 
Statistics counters :
Number of LSR that reached MaxAge = 0
Number of SPF computations = 7
Number of Checksum Errors = 0
Number of Transmitted packets : LSU 65 LSA 55 Hello 474 Retranmsitted LSU 0
Number of received packets : LSU 55 LSA 60 Hello 464 Error packets 10

show hardware

スイッチ ハードウェア インベントリの詳細を表示するには、 show hardware コマンドを使用します。

show hardware [ipc-channel status]

 
シンタックスの説明

ipc-channel status

Interprocess Communication(IPC; プロセス間通信)チャネルのステータスを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、スイッチ ハードウェアのインベントリの詳細を表示する例を示します。

switch# show hardware
Cisco Storage Area Networking Operating System (SAN-OS) Software
TAC support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 2002-2006, Cisco Systems, Inc. All rights reserved.
The copyrights to certain works contained herein are owned by
other third parties and are used and distributed under license.
Some parts of this software may be covered under the GNU Public
License or the GNU Lesser General Public License. A copy of
each such license is available at
http://www.gnu.org/licenses/gpl.html and
http://www.gnu.org/licenses/lgpl.html
 
Software
BIOS: version 1.1.0
loader: version 1.2(2)
kickstart: version 3.0(3) [gdb]
system: version 3.0(3) [gdb]
 
BIOS compile time: 10/24/03
kickstart image file is: bootflash:///boot-3.0.3
kickstart compile time: 9/15/2006 10:00:00 [10/02/2006 06:26:25]
system image file is: bootflash:///isan-3.0.3
system compile time: 9/15/2006 10:00:00 [10/02/2006 06:45:25]
 
 
Hardware
cisco MDS 9509 ("Supervisor/Fabric-1")
Intel(R) Pentium(R) III CPU with 1028604 kB of memory.
 
bootflash: 251904 kB
slot0: 251904 kB
 
172.22.31.238 kernel uptime is 0 days 0 hour 2 minute(s) 25 second(s)
 
Last reset at 744021 usecs after Tue Oct 21 14:55:11 1980
Reason: Reset Requested by CLI command reload
System version: 4.0(0.432)
Service:
 
--------------------------------
Switch hardware ID information
--------------------------------
 
MDS Switch is booted up
Switch type is "MDS 9 Slot Chassis"
Model number is DS-C9509
H/W version is 256.0
Part Number is 73-8014-02
Part Revision is 328
Manufacture Date is Year 6 Week 35
Serial number is FOX06350KW1
CLEI code is
 
--------------------------------
Chassis has 9 slots for Modules
--------------------------------
 
Module in slot 1 is other
Module type is "2x1GE IPS, 14x1/2Gbps FC Module"
2 submodules are present
RAM size is 0 (kb)
Model number is DS-X9216-K9-SUP
H/W version is 0.201
Part Number is 73-9633-02
Part Revision is 02
Manufacture Date is Year 8 Week 16
Serial number is JAB081605A7
CLEI code is 0000000000
 
Module in slot 2 is other
Module type is "2x1GE IPS, 14x1/2Gbps FC Module"
2 submodules are present
RAM size is 0 (kb)
Model number is DS-X9302-14K9
H/W version is 0.202
Part Number is 73-9275-02
Part Revision is 02
Manufacture Date is Year 8 Week 16
Serial number is JAB081605A4
CLEI code is 0000000000
 
Module in slot 3 is empty
 
Module in slot 4 is empty
 
Module in slot 5 is other
Module type is "Supervisor/Fabric-1"
No submodules are present
Skipping image download due to linecard parameter.
Model number is
H/W version is 0.0
Part Number is
Part Revision is
Manufacture Date is Year 0 Week 0
Serial number is
CLEI code is
 
Module in slot 6 is ok
Module type is "Supervisor/Fabric-1"
No submodules are present
Model number is DS-X9530-SF1-K9
H/W version is 0.0
Part Number is 73-7523-06
Part Revision is
Manufacture Date is Year 0 Week 0
Serial number is
CLEI code is
 
Module in slot 7 is empty
 
Module in slot 8 is empty
 
Module in slot 9 is empty
 
---------------------------------------
Chassis has 2 Slots for Power Supplies
---------------------------------------
 
PS in slot A is ok
Power supply type is "2331.00W 220v AC"
Model number is DS-CAC-2500W
H/W version is 1.0
Part Number is 341-0061-01
Part Revision is A0
Manufacture Date is Year 5 Week 51
Serial number is ART055100K2
CLEI code is
 
PS in slot B is empty
 
----------------------------------
Chassis has 1 slot for Fan Module
----------------------------------
 
Fan module is ok
Model number is DS-
H/W version is 0.0
Part Number is 00 (000$0
Part Revision is
Manufacture Date is Year 0 Week 0
Serial number is
CLEI code is
 

次に、IPC チャネルのステータスを表示する例を示します。

switch# show hardware ipc-channel status
Active IPC-Channel: A
 

show hosts

Domain Name System(DNS; ドメイン ネーム システム)ホスト コンフィギュレーションの詳細を表示するには、 show hosts コマンドを使用します。

show hosts

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、デフォルト ドメイン、ドメイン リスト、およびネーム サーバなどのホストの設定を表示する例を示します。

switch# show hosts
Default domain is cisco.com
Domain list:ucsc.edu harvard.edu yale.edu stanford.edu
Name/address lookup uses domain service
Name servers are 15.1.0.1 15.2.0.0
 

show incompatibility system

両方のスーパーバイザ エンジン上の現在のシステム イメージと、両方のスーパーバイザ エンジンにインストールされている新規システム イメージとの間のハイ アベイラビリティの互換性ステータスを表示するには、 show incompatibility system コマンドを使用します。

show incompatibility system [bootflash: | slot0: | volatile:] image-filename

 
シンタックスの説明

bootflash:

内蔵ブート フラッシュ メモリの送信元または宛先ロケーション

slot0:

CompactFlashメモリや PCMCIA カードの送信元または宛先ロケーション

volatile:

揮発性ディレクトリの送信元または宛先ロケーション

image-filename

システム イメージ名を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.2(1)

このコマンドが導入されました。

3.0(1)

互換性のない機能を無効にするために必要なコマンドがコマンド出力にあることを表す例を提示しました。

 
使用上のガイドライン

ハイ アベイラビリティ互換性が strict の場合、そのイメージへのアップグレードは両方のスーパーバイザで中断します。

ハイ アベイラビリティ互換性が loose の場合、エラーなしで同期が実行されますが、スイッチオーバーが発生した場合に使用できなくなるリソースがでてくる可能性があります。

次に、カーネル コア設定を表示する例を示します。

switch# show incompatibility system bootflash:old-image-y
The following configurations on active are incompatible with the system image
1) Feature Index : 67 , Capability : CAP_FEATURE_SPAN_FC_TUNNEL_CFG
Description : SPAN - Remote SPAN feature using fc-tunnels
Capability requirement : STRICT
2) Feature Index : 119 , Capability : CAP_FEATURE_FC_TUNNEL_CFG
Description : fc-tunnel is enabled
Capability requirement : STRICT

次に、互換性のない機能をディセーブルにするために必要なコマンドの例を示します。

switch# show incompatibility system bootflash:m9200-ek9-mz.1.3.4b.bin
The following configurations on active are incompatible with the system image
1) Service : cfs , Capability : CAP_FEATURE_CFS_ENABLED_DEVICE_ALIAS
Description : CFS - Distribution is enabled for DEVICE-ALIAS
Capability requirement : STRICT
Disable command : no device-alias distribute

show install all failure-reason

中断のないソフトウェア アップグレードの障害原因を特定するには、システム プロンプトで show install all failure-reason コマンドを使用します。

show install all failure-reason

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

アップグレード障害が他の理由によるものである場合、コマンドを入力しても何も表示されません。サービスでアップグレードが打ち切られて、このコマンドを発行するように指示したメッセージが CLI に返された場合のみ、このコマンドは有効な出力を表示します。

以下の例は、失敗した中断のないソフトウェア アップグレード中の出力を示していて、障害の理由を示しています。

Do you want to continue with the installation (y/n)? [n] y
 
Install is in progress, please wait.
 
Notifying services about the upgrade.
[# ] 0% -- FAIL. Return code 0x401E0066 (request timed out).
 
Please issue "show install all failure-reason" to find the cause of the failure.
 
Install has failed. Return code 0x401E0066 (request timed out).
Please identify the cause of the failure, and try 'install all' again.
 
switch# show install all failure-reason
Service: "cfs" failed to respond within the given time period.
switch#
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show install all status

インストールまたは ISSU のステータスを表示します。

show install all impact

特定のイメージのソフトウェア互換性マトリクスを表示するには、 show install all impact コマンドを使用します。

show install all impact [asm-sfn image-filename ] [kickstart image-filename ] [ssi image-filename ] [system image-filename ]

 
シンタックスの説明

asm-sfn

Advanced Services Module(ASM)Storage Foundation for Networks(SFN)ブート変数を指定します。

image-filename

イメージ名を指定します。

kickstart

キックスタート ブート変数を指定します。

ssi

Single System Image(SSI)ブート変数を指定します。

system

システム ブート変数を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、システムを実行イメージから別の指定したイメージに更新する場合の効果を表示する例を示します。

switch# show install all impact
 
Verifying image bootflash:/ilc1.bin
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Verifying image bootflash:/vk73a
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Verifying image bootflash:/vs73a
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting “slc” version from image bootflash:/vs73a.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting “slc” version from image bootflash:/vs73a.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting “system” version from image bootflash:/vs73a.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting “kickstart” version from image bootflash:/vk73a.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting “loader” version from image bootflash:/vk73a.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Extracting “slc” version from image bootflash:/vs73a.
[####################] 100% -- SUCCESS
 
Compatibility check is done:
Module bootable Impact Install-type Reason
------ -------- -------------- ------------ ------
2 yes non-disruptive none
4 yes non-disruptive none
6 yes non-disruptive none
9 yes non-disruptive none
 
Images will be upgraded according to following table:
Module Image Running-Version New-Version Upg-Required
------ ---------- -------------------- -------------------- ------------
2 slc 1.2(1) 1.2(1) no
2 bios v1.0.7(03/20/03) v1.0.7(03/20/03) no
4 slc 1.2(1) 1.2(1) no
4 ilce 1.2(1) 1.2(1) no
4 bios v1.0.7(03/20/03) v1.0.7(03/20/03) no
6 system 1.2(1) 1.2(1) no
6 kickstart 1.2(1) 1.2(1) no
6 bios v1.0.7(03/20/03) v1.0.7(03/20/03) no
6 loader 1.0(3a) 1.0(3a) no
9 slc 1.2(1) 1.2(1) no
9 bios v1.0.7(03/20/03) v1.0.7(03/20/03) no
 

次に、誤ったイメージが提供された場合に表示されるエラー メッセージを表示します。

switch# show install all impact system bootflash:
Compatibility check failed. Return code 0x40930003 (Invalid bootvar specified in
the input).
 

show install all status

実行中の install all コマンドのステータス、またはコンソール、SSH(セキュア シェル)、あるいは Telnet セッションから最後に実行した intall all コマンドのログを表示するには、 show install all status コマンドを使用します。

show install all status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、(ファブリック マネージャではなく)CLI(コマンドライン インターフェイス)から実行された install all コマンドのステータスのみを表示します。

show install all status コマンドは、(スイッチが再起動して新規イメージで立ち上がった後)Cisco MDS 9124 ファブリック スイッチでの中断のないソフトウェア アップグレードのステータスも表示します。再起動前に発生した動作は出力に表示されません。したがって、Telnet セッションを介して install all コマンドを発行する場合、スイッチの再起動時に Telnet セッションが切断されます。Telnet を使用してスイッチを再接続した後、アップグレードがすでに完了していることがあります。そのような場合、show install all status コマンドでアップグレードのステータスが表示されます。

次に、 show install all status コマンドを使用して、 install all コマンド処理の出力を表示する例を示します。

switch# show install all status
There is an on-going installation... <---------------------- in progress installation
Enter Ctrl-C to go back to the prompt.
 
 
Verifying image bootflash:/b-1.3.0.104
-- SUCCESS
 
 
Verifying image bootflash:/i-1.3.0.104
-- SUCCESS
 
 
Extracting “system” version from image bootflash:/i-1.3.0.104.
-- SUCCESS
 
 
Extracting “kickstart” version from image bootflash:/b-1.3.0.104.
-- SUCCESS
 
 
Extracting “loader” version from image bootflash:/b-1.3.0.104.
-- SUCCESS
 
 
switch# show install all status
This is the log of last installation. <<<<<< log of last install
 
 
Verifying image bootflash:/b-1.3.0.104
-- SUCCESS
 
 
Verifying image bootflash:/i-1.3.0.104
-- SUCCESS
 
 
Extracting “system” version from image bootflash:/i-1.3.0.104.
-- SUCCESS
 
 
Extracting “kickstart” version from image bootflash:/b-1.3.0.104.
-- SUCCESS
 
 
Extracting “loader” version from image bootflash:/b-1.3.0.104.
-- SUCCESS
 

次に、show install all status コマンドを使用して、Cisco MDS 9124 ファブリック スイッチ上で中断のないソフトウェア アップグレード処理の出力を表示する例を示します。

switch# show install all status
This is the log of last installation.
 
Continuing with installation process, please wait.
The login will be disabled until the installation is completed.
 
Status for linecard upgrade.
-- SUCCESS
 
Performing supervisor state verification.
-- SUCCESS
 
Install has been successful.

show in-order-guarantee

順番配信機能の現在の設定されたステートを表示するには、 show in-order-guarantee コマンドを使用します。

show in-order-guarantee

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.3(4)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、順次配信機能の現在の設定ステータスを表示する例を示します。

switch# show in-order-guarantee
global inorder delivery configuration:guaranteed
 
VSAN specific settings
vsan 1 inorder delivery:guaranteed
vsan 101 inorder delivery:not guaranteed
vsan 1000 inorder delivery:guaranteed
vsan 1001 inorder delivery:guaranteed
vsan 1682 inorder delivery:guaranteed
vsan 2001 inorder delivery:guaranteed
vsan 2009 inorder delivery:guaranteed
vsan 2456 inorder delivery:guaranteed
vsan 3277 inorder delivery:guaranteed
vsan 3451 inorder delivery:guaranteed
vsan 3452 inorder delivery:guaranteed
vsan 3453 inorder delivery:guaranteed
 

show interface

任意の時間にインターフェイスのステータスをチェックするには、show interface コマンドを使用します。

show interface [ interface-range ] [ bbcredit | brief | capabilities | counters [brief] | description |
transceiver [calibrations | details] | trunk vsan [ vsan-id ]]

 
シンタックスの説明

interface-range

インターフェイスのタイプを表示します。

bbcredit

buffer-to-buffer credit(BB_credit)情報を表示します。

brief

要約情報を表示します。

capabilities

指定インターフェイスのハードウェア ポート互換性を表示します。

counters

インターフェイス カウンタ情報を表示します。

description

インターフェイスの記述を表示します。

transceiver

指定したインターフェイスのトランシーバ情報を表示します。

calibrations

指定したインターフェイスのトランシーバ調整情報を表示します。

details

指定したインターフェイスの詳細なトランシーバ診断情報を表示します。

trunk vsan

すべての VSAN のトランキング ステータスを表示します。

vsan-id

指定した VSAN のトランキング ステータスを表示します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

スイッチ上のすべてのインターフェイスの情報を表示します。

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

1.3(1)

bbcreditキーワードが追加され、cpp および fv インターフェイスをサポートするようになりました。

3.0(1)

ファブリック チャネル インターフェイスの capabilities オプションが追加されました。

3.1(2)

bay | ext インターフェイスが追加されました。

 
使用上のガイドライン

次の形式でコマンドを実行して、インターフェイスの範囲を指定できます。

interface fc1/1 - 5 , fc2/5 - 7

ダッシュ(-)およびカンマ(,)の前後にスペースを入れる必要があります。

Small Form-factor Pluggable(SFP)がある場合、 show interface interface-type slot/port transceiver コマンドは Cisco MDS 9100 シリーズのスイッチでのみ実行できます。

表22-5 に、 show interface コマンドでサポートされるインターフェイス タイプを一覧表示します。

 

表22-5 show interface コマンドのインターフェイス タイプ

インターフェイス タイプ
説明

bay port | ext port

Cisco Fabric Switch for HP c-Class BladeSystem や Cisco Fabric Switch for IBM BladeCenter 上にあるファイバ チャネル インターフェイスの情報を表示します。

cpp slot / port

仮想化インターフェイスの情報を表示します。

fc slot / port

指定したスロットまたはポートの Fibre Channel(FC)インターフェイスを表示します。

fc-tunnel tunnel-id

指定した FC トンネル(1 ~ 4095)の説明を表示します。

fcip interface-number

Fibre Channel over IP(FCIP)インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

fv slot / dpp-number / fv-port

指定されたスロットの仮想 F ポート(FV ポート)インターフェイスの情報を、Data Path Processor(DPP)メンバーおよび FV ポート番号とともに表示します。

gigabitethernet slot / port

指定したスロットおよびポートのギガビット イーサネット インターフェイスの情報を表示します。

gigabitethernet slot / port . subinterface-number

後ろにドット(.)インジケータおよびサブインターフェイス番号のついた、指定したスロットおよびポートのギガビット イーサネット サブインターフェイスの情報を表示します。サブインターフェイスの有効値は 1 ~ 4093 です。

iscsi slot / port

指定したスロットおよびポートの iSCSI インターフェイスの説明を表示します。

mgmt 0

管理インターフェイスの説明を表示します。

port-channel port-channel-number

ポートチャネル番号で指定されたポートチャネル インターフェイスを表示します。有効範囲は 1 ~ 128 です。

port-channel port-channel-number . subinterface-number

ポートチャネル番号の後ろにドット(.)インジケータとサブインターフェイス番号を付けて指定したポートチャネル サブインターフェイスを表示します。ポートチャネル番号の有効範囲は 1 ~ 128 です。サブインターフェイスの有効範囲は 1 ~ 4093 です。

sup-fc 0

帯域内インターフェイスの詳細を表示します。

vsan vsan-id

VSAN(仮想 SAN)の情報を表示します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

次に、FC インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface fc1/11
fc1/11 is up
Hardware is Fibre Channel
Port WWN is 20:0b:00:05:30:00:59:de
Admin port mode is ST
Port mode is ST
Port vsan is 1
Speed is 1 Gbps
Rspan tunnel is fc-tunnel 100
Beacon is turned off
5 minutes input rate 248 bits/sec, 31 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 176 bits/sec, 22 bytes/sec, 0 frames/sec
6862 frames input, 444232 bytes
0 discards, 0 errors
0 CRC, 0 unknown class
0 too long, 0 too short
6862 frames output, 307072 bytes
0 discards, 0 errors
0 input OLS, 0 LRR, 0 NOS, 0 loop inits
0 output OLS, 0 LRR, 0 NOS, 0 loop inits
16 receive B2B credit remaining
3 transmit B2B credit remaining.
 

次に、帯域内インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface sup-fc0
sup-fc0 is up
Hardware is FastEthernet, address is 0000.0000.0000
MTU 2596 bytes, BW 1000000 Kbit
66 packets input, 7316 bytes
Received 0 multicast frames, 0 compressed
0 input errors, 0 frame, 0 overrun 0 fifo
64 packets output, 28068 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 fifo
0 carrier errors
 

次に、VSAN インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface vsan 2
vsan2 is up, line protocol is up
WWPN is 10:00:00:05:30:00:59:1f, FCID is 0xb90100
Internet address is 10.1.1.1/24
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit
0 packets input, 0 bytes, 0 errors, 0 multicast
0 packets output, 0 bytes, 0 errors, 0 dropped
 

次に、すべてのインターフェイスの記述情報を表示する例を示します。

switch# show interface description
fc1/1
no description
fc1/2
no description
fc1/15
fcAnl
 
sup-fc0 is up
 
mgmt0 is up
 
vsan1 - IPFC interface
 
port-channel 15
no description
 
port-channel 98
no description
 

次に、インターフェイスの範囲に関する要約情報を表示する例を示します。

switch# show interface fc2/1 - 5 brief
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Vsan Admin Admin Status Oper Oper Port-channel
Mode Trunk Mode Speed
Mode (Gbps)
-------------------------------------------------------------------------------
fc1/1 1 auto on down -- -- --
fc1/2 1 auto on fcotAbsent -- -- --
fc1/3 1 F -- notConnected -- -- --
fc1/4 1 auto on fcotAbsent -- -- --
fc1/5 1 F -- up F 2 --
fc1/6 1 auto on fcotAbsent -- -- --
fc1/7 1 auto on down -- -- --
fc1/8 1 auto on fcotAbsent -- -- --
fc1/9 1 auto on fcotAbsent -- -- --
fc1/10 1 auto on fcotAbsent -- -- --
fc1/11 1 auto on down -- -- --
fc1/12 1 auto on fcotAbsent -- -- --
fc1/13 1 auto on down -- -- --
fc1/14 1 auto on fcotAbsent -- -- --
fc1/15 1 auto on down -- -- --
fc1/16 1 auto on fcotAbsent -- -- --
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Status IP Address Speed MTU
-------------------------------------------------------------------------------
sup-fc0 up -- 1 Gbps 2596
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Status IP Address Speed MTU
-------------------------------------------------------------------------------
mgmt0 up 173.95.112/24 100 Mbps 1500
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Status IP Address Speed MTU
-------------------------------------------------------------------------------
vsan1 up 10.1.1.1/24 1 Gbps 1500
 

次に、FCIP インターフェイスのカウンタ情報を表示する例を示します。

switch# show interface fcip 3 counters
fcip3
TCP Connection Information
2 Active TCP connections
Control connection: Local 43.1.1.2:3225, Remote 43.1.1.1:65532
Data connection: Local 43.1.1.2:3225, Remote 43.1.1.1:65534
30 Attempts for active connections, 0 close of connections
TCP Parameters
Path MTU 1500 bytes
Current retransmission timeout is 300 ms
Round trip time: Smoothed 10 ms, Variance: 5
Advertised window: Current: 122 KB, Maximum: 122 KB, Scale: 1
Peer receive window: Current: 114 KB, Maximum: 114 KB, Scale: 1
Congestion window: Current: 2 KB, Slow start threshold: 1048560 KB
5 minutes input rate 64 bits/sec, 8 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 64 bits/sec, 8 bytes/sec, 0 frames/sec
910 frames input, 84652 bytes
910 Class F frames input, 84652 bytes
0 Class 2/3 frames input, 0 bytes
0 Error frames timestamp error 0
908 frames output, 84096 bytes
908 Class F frames output, 84096 bytes
0 Class 2/3 frames output, 0 bytes
0 Error frames 0 reass frames
 

次に、すべてのインターフェイスのカウンタ情報を表示する例を示します。

switch# show interface counters brief
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Input (rate is 5 min avg) Output (rate is 5 min avg)
----------------------------- -----------------------------
Rate Total Rate Total
MB/s Frames MB/s Frames
-------------------------------------------------------------------------------
fc9/1 0 0 0 0
fc9/2 0 0 0 0
fc9/3 0 0 0 0
fc9/4 0 0 0 0
...
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Input (rate is 5 min avg) Output (rate is 5 min avg)
----------------------------- -----------------------------
Rate Total Rate Total
MB/s Frames MB/s Frames
-------------------------------------------------------------------------------
iscsi4/1 0 0 0 0
iscsi4/2 0 0 0 0
iscsi4/3 0 0 0 0
iscsi4/4 0 0 0 0
...
vsan10 is up, line protocol is up
WWPN is 10:00:00:05:30:00:07:23, FCID is 0xee0001
Internet address is 10.1.1.5/24
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit
0 packets input, 0 bytes, 0 errors, 0 multicast
0 packets output, 0 bytes, 0 errors, 0 dropped
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Input (rate is 5 min avg) Output (rate is 5 min avg)
----------------------------- -----------------------------
Rate Total Rate Total
MB/s Frames MB/s Frames
-------------------------------------------------------------------------------
 
port-channel 100 0 0 0 0
 
-------------------------------------------------------------------------------
Interface Input (rate is 5 min avg) Output (rate is 5 min avg)
----------------------------- -----------------------------
Rate Total Rate Total
Mbits/s Frames Mbits/s Frames
-------------------------------------------------------------------------------
 
fcip2 0 0 0 0
fcip3 9 0 9 0
 
fcip6 8 0 8 0
fcip7 8 0 8 0
 

次に、FCIP インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface fcip 3
fcip3 is trunking
Hardware is GigabitEthernet
Port WWN is 20:ca:00:05:30:00:07:1e
Peer port WWN is 20:ca:00:00:53:00:18:1e
Admin port mode is auto, trunk mode is on
Port mode is TE
vsan is 1
Trunk vsans (allowed active) (1,10)
Trunk vsans (operational) (1)
Trunk vsans (up) (1)
Trunk vsans (isolated) (10)
Trunk vsans (initializing) ()
Using Profile id 3 (interface GigabitEthernet4/3)
Peer Information
Peer Internet address is 43.1.1.1 and port is 3225
Special Frame is disabled
Maximum number of TCP connections is 2
Time Stamp is disabled
B-port mode disabled
TCP Connection Information
2 Active TCP connections
Control connection: Local 43.1.1.2:3225, Remote 43.1.1.1:65532
Data connection: Local 43.1.1.2:3225, Remote 43.1.1.1:65534
30 Attempts for active connections, 0 close of connections
TCP Parameters
Path MTU 1500 bytes
Current retransmission timeout is 300 ms
Round trip time: Smoothed 10 ms, Variance: 5
Advertised window: Current: 122 KB, Maximum: 122 KB, Scale: 1
Peer receive window: Current: 114 KB, Maximum: 114 KB, Scale: 1
Congestion window: Current: 2 KB, Slow start threshold: 1048560 KB
5 minutes input rate 64 bits/sec, 8 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 64 bits/sec, 8 bytes/sec, 0 frames/sec
866 frames input, 80604 bytes
866 Class F frames input, 80604 bytes
0 Class 2/3 frames input, 0 bytes
0 Error frames timestamp error 0
864 frames output, 80048 bytes
864 Class F frames output, 80048 bytes
0 Class 2/3 frames output, 0 bytes
0 Error frames 0 reass frames
16 receive B2B credit remaining
3 transmit B2B credit remaining.
 

次に、ギガビット イーサネット インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface gigabitethernet 4/1
GigabitEthernet4/1 is up
Hardware is GigabitEthernet, address is 0005.3000.2e12
Internet address is 100.1.1.2/24
MTU 1500 bytes, BW 1000000 Kbit
Port mode is IPS
Speed is 1 Gbps
Beacon is turned off
5 minutes input rate 32 bits/sec, 4 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 88 bits/sec, 11 bytes/sec, 0 frames/sec
637 packets input, 49950 bytes
0 multicast frames, 0 compressed
0 input errors, 0 frame, 0 overrun 0 fifo
659 packets output, 101474 bytes, 0 underruns
0 output errors, 0 collisions, 0 fifo
0 carrier errors
 

次に、iSCSI インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface iscsi 2/1
iscsi2/1 is up
Hardware is GigabitEthernet
Port WWN is 20:41:00:05:30:00:50:de
Admin port mode is ISCSI
Port mode is ISCSI
Speed is 1 Gbps
iSCSI initiator is identified by name
Number of iSCSI session: 7, Number of TCP connection: 7
Configured TCP parameters
Local Port is 3260
PMTU discover is disabled
Keepalive-timeout is 1 sec
Minimum-retransmit-time is 300 ms
Max-retransmissions 8
Sack is disabled
Minimum available bandwidth is 0 kbps
Estimated round trip time is 0 usec
5 minutes input rate 265184 bits/sec, 33148 bytes/sec, 690 frames/sec
5 minutes output rate 375002168 bits/sec, 46875271 bytes/sec, 33833 frames/sec
iSCSI statistics
6202235 packets input, 299732864 bytes
Command 6189718 pdus, Data-out 1937 pdus, 1983488 bytes, 0 fragments
146738794 packets output, 196613551108 bytes
Response 6184282 pdus (with sense 4), R2T 547 pdus
Data-in 140543388 pdus, 189570075420 bytes
 

次に、FC インターフェイスのトランシーバ情報を表示する例を示します。

switch# show interface fc2/5 transceiver
fc2/5 fcot is present
name is CISCO-INFINEON
part number is V23848-M305-C56C
revision is A3
serial number is 30000474
fc-transmitter type is short wave laser
cisco extended id is unknown (0x0)
 

次に、FC トンネル インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface fc-tunnel 200
fc-tunnel 200 is up
Dest IP Addr: 200.200.200.7 Tunnel ID: 200
Source IP Addr: 200.200.200.4 LSP ID: 1
Explicit Path Name:
 

次に、FC インターフェイスのハードウェア ポート情報を表示する例を示します。

switch# show interface fc1/24 capabilities
Min Speed is 1 Gbps
Max Speed is 4 Gbps
FC-PH Version (high, low) (0,6)
Receive data field size (max/min) (2112/256) bytes
Transmit data field size (max/min) (2112/128) bytes
Classes of Service supported are Class 2, Class 3, Class F
Class 2 sequential delivery supported
Class 3 sequential delivery supported
Hold time (max/min) (100/1) micro sec
BB state change notification supported
Maximum BB state change notifications 14
Rate Mode change supported
 
Rate Mode Capabilities Shared Dedicated
Receive BB Credit modification supported yes yes
FX mode Receive BB Credit (min/max/default) (0/0/0) (1/60/16)
ISL mode Receive BB Credit (min/max/default) -- (2/60/16)
Performace buffer modification supported no no
 
Out of Service capable yes
Beacon mode configurable yes
 

次に、Cisco Fabric Switch for HP c-Class BladeSystem 上の FC インターフェイスに関する情報を表示する例を示します。

switch# show interface bay 11
bay11 is down (Externally Disabled)
Hardware is Fibre Channel
Port WWN is 20:0c:00:05:30:01:f9:f2
Admin port mode is auto, trunk mode is on
snmp link state traps are enabled
Port vsan is 1
Receive data field Size is 2112
Beacon is turned off
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
0 frames input, 0 bytes
0 discards, 0 errors
0 CRC, 0 unknown class
0 too long, 0 too short
0 frames output, 0 bytes
0 discards, 0 errors
0 input OLS, 0 LRR, 0 NOS, 0 loop inits
0 output OLS, 0 LRR, 0 NOS, 0 loop inits
 

show interface sme

Cisco SME インターフェイスに関する情報を表示するには、show interface sme コマンドを使用します。

show interface sme slot/port {brief | counters | description}

 
シンタックスの説明

slot

MPS-18/4 モジュールのスロット番号を特定します。

port

Cisco SME のポート番号を特定します。

brief

Cisco SME インターフェイスに関する要約情報を表示します。

counters

インターフェイス カウンタを表示します。

description

インターフェイスの説明を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、Cisco SME インターフェイスの簡単な説明を表示する例を示します。

switch# show interface sme 3/1 brief
 
------------------------------------------------------------------------------
Interface Status Cluster
------------------------------------------------------------------------------
sme3/1 up c2
 

次に、インターフェイスのカウンタを表示する例を示します。

switch# show interface sme 3/1 description
sme3/1
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0.00 KB/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0.00 KB/sec
SME statistics
input 0 bytes, 5 second rate 0 bytes/sec, 0.00 KB/sec
clear 0 bytes, encrypt 0 bytes, decrypt 0
compress 0 bytes, decompress 0 bytes
output 0 bytes, 5 second rate 0 bytes/sec, 0.00 KB/sec
clear 0 bytes, encrypt 0 bytes, decrypt 0
compress 0 bytes, decompress 0 bytes
compression ratio 0:0
flows 0 encrypt, 0 clear
clear luns 0, encrypted luns 0
errors
0 CTH, 0 authentication
0 key generation, 0 incorrect read
0 incompressible, 0 bad target responses

 
関連コマンド

コマンド
説明

interface sme

スイッチで Cisco SME インターフェイスを設定します。

show interface transceiver

トランシーバの SFP および X2 デジタル モニタリング情報を表示するには、show interface tranceiver details コマンドを使用します。

show interface fc-id transceiver details

 
シンタックスの説明

Interface fc-id

ファイバ チャネル インターフェイス ID を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、ベンダー、送受信を行うレーザーの種類、互換性のある光ファイバ ケーブル、サポートされる距離、ベンダーのファームウェアのバージョン、直前の挿入またはラインカード起動以降にユニットで発生した障害、および診断情報(ユニットによってサポートされる場合)などのトランシーバの属性を表示します。

次に、トランシーバの SFP デジタル モニタリング情報を表示する例を示します(DOM サポート対象外 SFP)。

switch#show interface fc4/1 transceiver details
fc4/1 sfp is present
name is CISCO-FINISAR
part number is FTRJ8519P1BNL-C1
revision is A
serial number is FNS0838B0CX
fc-transmitter type is short wave laser w/o OFC (SN)
fc-transmitter supports intermediate distance link length
media type is multi-mode, 62.5m (M6)
Supported speed is 200 MBytes/sec
Nominal bit rate is 2100 MBits/sec
Link length supported for 50/125mm fiber is 500 m(s)
Link length supported for 62.5/125mm fiber is 300 m(s)
cisco extended id is unknown (0x0)
 
no tx fault, rx loss, no sync exists, Diag mon type 136
Digital diagnostics feature not supported in SFP
 

次に、トランシーバの X2 デジタル モニタリング情報を表示する例を示します。

switch# show interface fc1/1 transceiver details
fc1/1 sfp is present
name is CISCO
part number is FTLX8541E2-C1
revision is C
serial number is FNS11151B0V
FC Transceiver Type is X2 Medium
FC Connector Type is SC
Bit Encoding is NRZ
Protocol Type is 10GbE
Standards Compliance Codes :
10GbE Code Byte 0 : 10GBASE-SR
Fiber type Byte 0 : MM-Generic
Fiber type Byte 1 : Unspecified
Transmission Range is 30 (in 10m increments)
cisco extended id is Unknown (0x0)
 
no tx fault, rx loss, no sync exists, Diag mon type 193
SFP Detail Diagnostics Information
----------------------------------------------------------------------------
Alarms Warnings
High Low High Low
----------------------------------------------------------------------------
Temperature 41.35 C 74.00 C -4.00 C 70.00 C 0.00 C
Voltage 0.00 V 0.00 V 0.00 V 0.00 V 0.00 V
Current 8.10 mA 12.00 mA 4.00 mA 11.00 mA 5.00 mA
Tx Power -2.58 dBm 3.00 dBm -11.30 dBm -1.00 dBm -7.30 dBm
Rx Power -28.54 dBm -- 3.00 dBm -13.90 dBm -1.00 dBm -9.90 dBm
Transmit Fault Count = 7
----------------------------------------------------------------------------
Note: ++ high-alarm; + high-warning; -- low-alarm; - low-warning
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show interface

インターフェイスのステータスを表示します。

show inventory

システム ハードウェア インベントリを表示するには、 show inventory コマンドを使用します。

show inventory

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

2.0(x)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドでは、製品 ID、シリアル番号、バージョン ID をはじめとしたスイッチの Field-Replaceable Unit(FRU)に関する情報が表示されます。

次に、システム インベントリ情報を表示する例を示します。

switch# show inventory
NAME: "Chassis", DESCR: "MDS 9506 chassis"
PID: DS-C9506 , VID: 0.1, SN: FOX0712S007
 
NAME: "Slot 1", DESCR: "2x1GE IPS, 14x1/2Gbps FC Module"
PID: DS-X9302-14K9 , VID: 0.301, SN: JAB083100JY
 
NAME: "Slot 5", DESCR: "Supervisor/Fabric-1"
PID: DS-X9530-SF1-K9 , VID: 0.0, SN: JAB0747080H
 
NAME: "Slot 6", DESCR: "Supervisor/Fabric-1"
PID: DS-X9530-SF1-K9 , VID: 4.0, SN: JAB074004VE
 
NAME: "Slot 17", DESCR: "MDS 9506 Power Supply"
PID: DS-CAC-1900W , VID: 1.0, SN: DCA0702601V
 
NAME: "Slot 18", DESCR: "MDS 9506 Power Supply"
PID: DS-CAC-1900W , VID: 1.0, SN: DCA0702601U
 
NAME: "Slot 19", DESCR: "MDS 9506 Fan Module"
PID: DS-6SLOT-FAN , VID: 0.1, SN: FOX0638S150
 

show ip access-list

現在アクティブな IP Access Control List(IP-ACL;IP アクセス コントロール リスト)を表示するには、 show ip access-list コマンドを使用します。

show ip access-list [ list-number | usage]

 
シンタックスの説明

ip access-list

すべての IP-ACL の情報を表示します。

list-number

IP ACL を指定します。有効範囲は 1 ~ 256 です。

usage

インターフェイス タイプを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、設定された IP-ACL を表示する例を示します。

switch# show ip access-list usage
Access List Name/Number Filters IF Status Creation Time
-------------------------------- ------- ---- --------- -------------
abc 3 7 active Tue Jun 24 17:51:40 2003
x1 3 1 active Tue Jun 24 18:32:25 2003
x3 0 1 not-ready Tue Jun 24 18:32:28 2003
 

次に、指定した IP-ACL の概要を表示する例を示します。

switch# show ip access-list abc
ip access-list abc permit tcp any any (0 matches)
ip access-list abc permit udp any any (0 matches)
ip access-list abc permit icmp any any (0 matches)
ip access-list abc permit ip 10.1.1.0 0.0.0.255 (2 matches)
ip access-list abc permit ip 10.3.70.0 0.0.0.255 (7 matches)

show ip arp

システムの IP ネイバーを表示するには、 show ip route コマンドを使用します。

show ip arp [interface {cpp module-number | gigabitethernet slot/port | mgmt | vsan vsan-id }]

 
シンタックスの説明

interface

指定したインターフェイスの IP ネイバーを表示します。

cpp module-number

Control Plane Processor(CPP)別に仮想化 IP over Fibre Channel(IPFC)インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 6 です。

gigabitethernet slot/port

スロットおよびポート番号別にギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 6 です。

mgmt

管理インターフェイスを指定します。

vsan vsan-id

VSAN ID 別に IPFC VSAN インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、IP ネイバー情報を表示する例を示します。

switch# show ip arp
IP Address Age(min) Link-layer Addr Type Interface
10.10.10.100 0 0006.d623.4008 ARPA GigabitEthernet1/1
10.10.10.9 5 0002.b3d9.ba6f ARPA GigabitEthernet1/1
10.10.10.16 11 0004.23bd.677b ARPA GigabitEthernet1/1
172.22.31.1 67 0000.0c07.ac01 ARPA mgmt0
172.22.31.2 0 000e.d68f.c3fc ARPA mgmt0
172.22.31.3 0 000e.d68f.43fc ARPA mgmt0
172.22.31.250 1067 00e0.8152.7f8d ARPA mgmt0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip interface

IP インターフェイスのステータスおよび設定情報を表示します。

show ip traffic

システムの IP プロトコル統計情報を表示します。

show ip interface

IP インターフェイス ステータスおよび設定情報を表示するには、 show ip interface コマンドを使用します。

show ip interface [cpp module-number | gigabitethernet slot/port | mgmt | port-channel number | vsan vsan-id ]

 
シンタックスの説明

cpp module-number

CPP 別に仮想化 IP over Fibre Channel(IPFC)インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 6 です。

gigabitethernet slot/port

スロットおよびポート番号別にギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 6 です。

mgmt

管理インターフェイスを指定します。

port-channel number

ポートチャネル インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 256 です。

vsan vsan-id

VSAN ID 別に IPFC VSAN インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、IP インターフェイスのステータスおよび設定情報を表示する例を示します。

switch# show ip interface
GigabitEthernet1/1 is up
Internet address is 10.10.10.1/24
Broadcast address is 255.255.255.255
 
GigabitEthernet1/2 is up
Internet address is 10.10.60.1/24
Broadcast address is 255.255.255.255
 
GigabitEthernet2/2 is up
Internet address is 10.10.20.1/24
Broadcast address is 255.255.255.255
 
mgmt0 is up
Internet address is 172.22.31.110/24
Broadcast address is 255.255.255.255
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip arp

システムの IP ネイバーを表示します。

show ip traffic

システムの IP プロトコル統計情報を表示します。

 

show ip route

現在アクティブな IP ルートを表示するには、 show ip route コマンドを使用します。

show ip route [configured]

 
シンタックスの説明

configured

設定された IP ルートを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、アクティブ IP ルートを表示する例を示します。

switch# show ip route
 
Codes: C - connected, S - static
 
Default gateway is 172.22.95.1
 
C 10.0.0.0/24 is directly connected, vsan1
C 172.22.95.0/24 is directly connected, mgmt0
 

次に、設定された IP ルートを表示する例を示します。

switch# show ip route configured
default 172.22.31.1 0.0.0.0 0 mgmt0
10.10.11.0 10.10.11.1 255.255.255.0 0 GigabitEthernet1/1
10.10.50.0 10.10.50.1 255.255.255.0 0 GigabitEthernet1/2.1
10.10.51.0 10.10.51.1 255.255.255.0 0 GigabitEthernet1/2.2
10.10.60.0 10.10.60.1 255.255.255.0 0 GigabitEthernet1/2
172.22.31.0 172.22.31.110 255.255.255.0 0 mgmt0
 

show ip routing

IP ルーティング ステートを表示するには、 show ip routing コマンドを使用します。

show ip routing

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.0(2)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、IP ルーティング ステートを表示する例を示します。

switch# show ip routing
ip routing is disabled

show ip traffic

システムの IP プロトコル統計情報を表示するには、 show ip traffic コマンドを使用します。

show ip traffic [interface gigabitethernet slot/port ]

 
シンタックスの説明

interface

指定したインターフェイスの IP ネイバーを表示します。

gigabitethernet slot/port

スロットおよびポート番号別にギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。有効範囲は 1 ~ 6 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、ギガビット イーサネット インターフェイスの IP プロトコル統計情報を表示する例を示します。

switch# show ip traffic interface gigabitethernet 2/2
IP Statistics for GigabitEthernet2/2
Rcvd: 0 total, 0 local destination
0 errors, 0 unknown protocol, 0 dropped
Sent: 30 total, 0 forwarded 0 dropped
Frags: 0 reassembled, 0 timeouts, 0 couldn't reassemble
0 fragmented, 0 fragments created, 0 couldn't fragment
 
ICMP Statistics:
Rcvd: 0 total, 0 errors, 0 unreachables, 0 time exceeded
0 echo, 0 echo reply, 0 mask requests, 0 mask replies
0 redirects, 0 timestamp requests, 0 timestamp replies
Sent: 0 total, 0 errors, 0 unreachables, 0 time exceeded
0 echo, 0 echo reply, 0 mask requests, 0 mask replies
0 redirects, 0 timestamp requests, 0 timestamp replies
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show ip arp

システムの IP ネイバーを表示します。

show ip interface

IP インターフェイスのステータスおよび設定情報を表示します。

 

show ips arp

IP ストレージ Address Resolution Protocol(ARP; アドレス解決プロトコル)キャッシュ情報を表示するには、show ips arp コマンドを使用します。

show ips arp interface gigabitethernet slot / port

 
シンタックスの説明

interface gigabitethernet slot / port

スロットおよびポートでギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

ギガビット イーサネット インターフェイスの ARP キャッシュを表示するには、 show ips arp
interface gigabitethernet
コマンドを使用します。このコマンドは、メインのイーサネット インターフェイスをパラメータとして取得し、そのインターフェイスの ARP キャッシュを返します。

次に、指定したインターフェイスの ARP キャッシュを表示する例を示します。

switch# show ips arp interface gigabitethernet 4/1
Protocol Address Age (min) Hardware Addr Type Interface
Protocol Address Age (min) Hardware Addr Type Interface
Internet 172.22.91.1 2 - 00:00:0c:07:ac:01 ARPA GigabitEthernet4/4
Internet 172.22.91.2 0 - 00:02:7e:6b:a8:08 ARPA GigabitEthernet4/4
Internet 172.22.91.17 0 - 00:e0:81:20:45:f5 ARPA GigabitEthernet4/4
Internet 172.22.91.18 0 - 00:e0:81:05:f7:64 ARPA GigabitEthernet4/4
Internet 172.22.91.30 0 - 00:e0:18:2e:9d:19 ARPA GigabitEthernet4/4
...
 

show ips ip route

IP ストレージ ルート テーブル情報を表示するには、show ips ip route コマンドを使用します。

show ips ip route interface gigabitethernet slot / port

 
シンタックスの説明

interface gigabitethernet slot / port

スロットおよびポートでギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、ギガビット イーサネット インターフェイスの IP ルート テーブル情報を表示する例を示します。

switch# show ips ip route interface gigabitethernet 8/1
Codes: C - connected, S - static
 
No default gateway
 
C 10.1.3.0/24 is directly connected, GigabitEthernet8/1
 

show ips ipv6

IPv6 ストレージ ルーティング テーブルを表示するには、 show ips ipv6 コマンドを使用します。

show ips ipv6 {neighbors interface gigabitethernet slot/port |
prefix-list interface gigabitethernet slot/port |
route interface gigabitethernet slot/port |
routers interface gigabitethernet slot/port |
traffic interface gigabitethernet slot/port }

 
シンタックスの説明

neighbors

Ipv6 ネイバー テーブルを表示します。

interface

インターフェイスのステータスおよび設定情報を表示します。

gigabitethernet

ギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。

slot/port

スロットおよびポート番号を指定します。

prefix-list

Ipv6 プレフィクス リスト テーブルを表示します。

route

Ipv6 ルート テーブルを表示します。

routers

Ipv6 ルータ テーブルを表示します。

traffic

Ipv6 トラフィック テーブルを表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(0)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

show ips ipv6 コマンドを使用して IPv6 ルーティングに関する情報を表示することができます。

次に、IPv6 ネイバー情報を表示する例を示します。

switch# show ips ipv6 neighbours interface gigabitethernet 1/1
IPv6 Address Age (min) Link-layer Addr State Inter
face
fe80::206:d6ff:fe23:4008 0 0006.d623.4008 S GigabitEthernet1/1
 

次に、IPv6 プレフィクス リスト情報を表示する例を示します。

switch# show ips ipv6 prefix-list interface gigabitethernet 1/1
Prefix Prefix-len Addr
Valid Preferred
2000:: 64 2000::205:30ff:fe01:a6be
1000 1000
 

次に、IPv6 ルーティング テーブルを表示する例を示します。

switch# show ips ipv6 route interface gigabitethernet 4/2
 
IPv6 Routing Table - 4 entries
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, G - Gateway, M - Multicast
C 3000:8::/64 is directly connected, GigabitEthernet4/2.250
C 3000:7::/64 is directly connected, GigabitEthernet4/2
C fe80::/64 is directly connected, GigabitEthernet4/2
C fe80::/64 is directly connected, GigabitEthernet4/2.250
M ff02::/32 is multicast, GigabitEthernet4/2
M ff02::/32 is multicast, GigabitEthernet4/2.250
 

次に、IPv6 ルータ情報を表示する例を示します。

switch# show ips ipv6 routers interface gigabitethernet 1/1
Addr Lifetime Expire
fe80::206:d6ff:fe23:4008 3600 3600
 

次に、IPv6 トラフィック統計情報を表示する例を示します。

switch# show ips ipv6 traffic interface gigabitethernet 4/2
IPv6 statistics:
Rcvd: 0 total
0 bad header, 0 unknown option, 0 unknown protocol
0 fragments, 0 total reassembled
0 reassembly timeouts, 0 reassembly failures
Sent: 20 generated
0 fragmented into 0 fragments, 0 failed
2 no route
ICMP statistics:
Rcvd: 0 input, 0 checksum errors, 0 too short
0 unknown info type, 0 unknown error type
unreach: 0 routing, 0 admin, 0 neighbor, 0 address, 0 port
parameter: 0 error, 0 header, 0 option
0 hopcount expired, 0 reassembly timeout,0 too big
0 echo request, 0 echo reply
0 group query, 0 group report, 0 group reduce
0 router solicit, 0 router advert, 0 redirects
0 neighbor solicit, 0 neighbor advert
Sent: 20 output, 0 rate-limited
unreach: 0 routing, 0 admin, 0 neighbor, 0 address, 0 port
parameter: 0 error, 0 header, 0 option
0 hopcount expired, 0 reassembly timeout,0 too big
0 echo request, 0 echo reply
0 group query, 6 group report, 0 group reduce
2 router solicit, 0 router advert, 0 redirects
0 neighbor solicit, 12 neighbor advert
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 enable

IPv6 処理をイネーブルにします。

show ipv6 route

システムに設定された IPv6 ルートを表示します。

show ips netsim

現在動作中の IP ネットワーク シミュレータ インターフェイスのステータスの要約を表示するには、 show ips netsim コマンドを使用します。

show ips netsim

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、ネットワーク シミュレーション モードで動作する IP ネットワーク シミュレータ インターフェイスの例を示します。

switch# show ips netsim
Following ports operate in network simulator mode
GigabitEthernet2/3 and GigabitEthernet2/4

 
関連コマンド

コマンド
説明

ips netsim enable

ネットワーク シミュレーション モードで動作するために 2 つのギガビット イーサネット インターフェイスをイネーブルにします。

show ips stats

IP ストレージ統計情報を表示するには、show ips stats コマンドを使用します。

show ips stats { buffer | dma-bridge | icmp | ip | mac } interface gigabitethernet slot / port

show ips stats { hw-comp | tcp } { all | interface gigabitethernet slot / port }

 
シンタックスの説明

buffer

IP ストレージ バッファ情報を表示します。

dma-bridge

Direct Memory Access(DMA; ダイレクト メモリ アクセス)統計を表示します。

icmp

Internet Control Message Protocol(ICMP)統計を表示します。

ip

IP 統計を表示します。

mac

MAC(メディア アクセス制御)統計を表示します。

hw-comp

ハードウェアの圧縮統計を表示します。

tcp

TCP 統計情報を表示します。

all

すべてのインターフェイスの統計情報を表示します。

interface gigabitethernet slot / port

スロットおよびポートでギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

選択したインターフェイスの ICMP 統計を取得するには、 show ips stats icmp interface gigabitethernet コマンドを使用します。

選択したインターフェイスの IP 統計を取得するには、 show ips stats ip interface gigabitethernet 2/1 コマンドを使用します。

選択したインターフェイスのイーサネット統計を取得するには、 show ips stats mac interface gigabitethernet コマンドを使用します。

接続リストおよび TCP ステートや選択したインターフェイスを含む TCP 統計を取得するには、 show ips stats tcp interface gigabitethernet コマンドを使用します。

次に、iSCSI バッファ統計を表示する例を示します。

switch# show ips stats buffer interface gigabitethernet 1/2
Buffer Statistics for port GigabitEthernet1/2
Mbuf stats
164248 total mbufs, 82119 free mbufs, 0 mbuf alloc failures
123186 mbuf high watermark, 20531 mbuf low watermark
0 free shared mbufs, 0 shared mbuf alloc failures
82124 total clusters, 77005 free clusters, 0 cluster alloc failures
86230 mbuf high watermark, 78017 mbuf low watermark
0 free shared clusters, 0 shared cluster alloc failures
Ether channel stats
0 tcp segments sent, 0 tcp segments received
0 xmit packets sent, 0 xmit packets received
0 config packets sent, 0 config packets received
0 MPQ packet send errors
 

次に、ICMP 統計を表示する例を示します。

switch# show ips stats icmp interface gigabitethernet 8/1
ICMP Statistics for port GigabitEthernet8/1
2 ICMP messages received
0 ICMP messages dropped due to errors
ICMP input histogram
2 echo request
ICMP output histogram
2 echo reply
 

次に、IP 統計を表示する例を示します。

switch# show ips stats ip interface gigabitethernet 8/1
Internet Protocol Statistics for port GigabitEthernet8/1
22511807 total received, 22509468 good, 2459 error
0 reassembly required, 0 reassembled ok, 0 dropped after timeout
27935633 packets sent, 0 outgoing dropped, 0 dropped no route
0 fragments created, 0 cannot fragment
 

次に、MAC 統計を表示する例を示します。

switch# show ips stats mac interface gigabitethernet 8/1
Ethernet MAC statistics for port GigabitEthernet8/1
Hardware Transmit Counters
28335543 frame 37251751286 bytes
0 collisions, 0 late collisions, 0 excess collisions
0 bad frames, 0 FCS error, 0 abort, 0 runt, 0 oversize
Hardware Receive Counters
18992406778 bytes, 22835370 frames, 0 multicasts, 2584 broadcasts
0 bad, 0 runt, 0 CRC error, 0 length error
0 code error, 0 align error, 0 oversize error
Software Counters
22835370 received frames, 28335543 transmit frames
0 frames soft queued, 0 current queue, 0 max queue
0 dropped, 0 low memory
 

次に、TCP 統計を表示する例を示します。

switch# show ips stats tcp interface gigabitethernet 8/1
TCP Statistics for port GigabitEthernet8/1
Connection Stats
0 active openings, 0 accepts
0 failed attempts, 0 reset received, 0 established
Segment stats
23657893 received, 29361174 sent, 0 retransmitted
0 bad segments received, 0 reset sent
 
TCP Active Connections
Local Address Remote Address State Send-Q Recv-Q
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51935 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51936 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51937 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51938 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51939 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51940 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51941 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51942 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51943 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.106:51944 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.115:1026 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.115:1027 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.115:1028 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.115:1029 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.115:1030 ESTABLISH 48 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.115:1031 ESTABLISH 48 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.115:1032 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.115:1033 ESTABLISH 0 0
10.1.3.3:3260 10.1.3.115:1034 ESTABLISH 0 0
0.0.0.0:3260 0.0.0.0:0 LISTEN 0 0

show ips stats fabric interface

Cisco MDS 9000 18/4 ポート マルチ サービス モジュール IPS ラインカード上の指定 iSCSI や Fibre Channel over IP(FCIP)インターフェイスのファブリック関連統計情報を表示するには、show ips stats fabric interface コマンドを使用します。

show ips stats fabric interface [iscsi slot/port | fcip N]

 
シンタックスの説明

iscsi slot/port

(任意)iSCSI インターフェイスの Data Path Processor(DPP)ファブリック統計情報を表示します。

fcip N

(任意)Fibre Channel over IP(FCIP)インターフェイスの DPP ファブリック統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

このコマンドは、DPP 固有のフロー制御上の情報も表示します。

次に、指定したインターフェイス上にある iSCSI の統計情報を表示する例を示します。

switch# show ips stats fabric interface iscsi1/1
DPP Fabric Statistics for iscsi1/1
Hardware Egress Counters
0 Good, 0 bad protocol, 0 bad header cksum, 0 bad FC CRC
Hardware Ingress Counters
0 Good, 0 protocol error, 0 header checksum error
0 FC CRC error, 0 iSCSI CRC error, 0 parity error
Software Egress Counters
0 good frames, 0 bad header cksum, 0 bad FIFO SOP
0 parity error, 0 FC CRC error, 0 timestamp expired error
0 unregistered port index, 0 unknown internal type
0 RDL ok, 0 RDL drop (too big), 0 RDL ttl_1
0 idle poll count, 146 loopback
0 FCC PQ, 0 FCC EQ, 0 FCC generated
Flow Control: 0 [0], 0 [1], 0 [2], 0 [3]
Software Ingress Counters
0 Good frames, 0 header cksum error, 0 FC CRC error
0 iSCSI CRC error, 0 descriptor SOP error, 0 parity error
0 frames soft queued, 0 current Q, 0 max Q, 0 low memory
0 out of memory drop, 0 queue full drop
0 RDL ok, 0 RDL drop (too big)
 

次に、指定したインターフェイス上にある FCIP の統計情報を表示する例を示します。

switch# show ips stats fabric fcip iscsi 1
DPP Fabric Statistics for fcip1
Hardware Egress Counters
0 Good, 0 bad protocol, 0 bad header cksum, 0 bad FC CRC
Hardware Ingress Counters
0 Good, 0 protocol error, 0 header checksum error
0 FC CRC error, 0 iSCSI CRC error, 0 parity error
Software Egress Counters
0 good frames, 0 bad header cksum, 0 bad FIFO SOP
0 parity error, 0 FC CRC error, 0 timestamp expired error
0 unregistered port index, 0 unknown internal type
0 RDL ok, 0 RDL drop (too big), 0 RDL ttl_1
0 idle poll count, 0 loopback
0 FCC PQ, 0 FCC EQ, 0 FCC generated
Flow Control: 0 [0], 0 [1], 0 [2], 0 [3]
Software Ingress Counters
0 Good frames, 0 header cksum error, 0 FC CRC error
0 iSCSI CRC error, 0 descriptor SOP error, 0 parity error
0 frames soft queued, 0 current Q, 0 max Q, 0 low memory
0 out of memory drop, 0 queue full drop
0 RDL ok, 0 RDL drop (too big)
Flow Control: 0 [0], 0 [1], 0 [2], 0 [3]
Flow Control: 0 [0], 0 [1], 0 [2], 0 [3]

 
関連コマンド

コマンド
説明

clear ips stats fabric interface

Cisco MDS 9000 18/4 ポート マルチ サービス モジュール IPS ラインカード上の指定 iSCSI や FCIP インターフェイスの統計情報をクリアします。

 

show ips stats netsim

IP ネットワーク シミュレータ インターフェイス統計情報を表示するには、 show ips stats netsim コマンドを使用します。

show ips stats netsim ingress gigabitethernet slot/port

 
シンタックスの説明

ingress

入力方向を指定します。

gigabitethernet slot/port

ギガビット イーサネット インターフェイスのスロットおよびポート番号を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

デフォルトで表示されるパラメータは、遅延、帯域幅、キュー サイズ、およびキュー遅延です。表示されるネットワーク統計情報は、廃棄されるパケット数、キュー サイズ、リオーダーされたパケット数、および平均速度です。

次に、インターフェイス 2/3 の IP ネットワーク シミュレータ統計情報の例を示します。

switch# show ips stats netsim ingress gigabitethernet 2/3
Network Simulator Configuration for Ingress on GigabitEthernet2/3
Delay : 50000 microseconds
Rate : 1000000 kbps
Max_q : 100000 bytes
Max_qdelay : 600000 clocks
Random Drop % : 1.00%
Network Simulator Statistics for Ingress on GigabitEthernet2/3
Dropped (tot) = 28
Dropped (netsim) = 14
Reordered (netsim) = 0
Max Qlen(pkt) = 7
Qlen (pkt) = 0
Max Qlen (byte) = 326
Qlen (byte) = 0
Mintxdel(poll) = 852
Mintxdel(ethtx) = 360
empty = 757
txdel = 8
late = 617
Average speed = 0 Kbps

 
関連コマンド

コマンド
説明

ips netsim enable

ネットワーク シミュレーション モードで動作するために 2 つのギガビット イーサネット インターフェイスをイネーブルにします。

show ips status

IP ストレージ ステータスを表示するには、show ips status コマンドを使用します。

show ips status [ module slot ]

 
シンタックスの説明

module slot

指定したスロットにあるモジュールを識別します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、スイッチ上のすべてのモジュールの IP ストレージ ステータスを表示する例を示します。

switch# show ips status
Port 8/1 READY
Port 8/2 READY
Port 8/3 READY
Port 8/4 READY
Port 8/5 READY
Port 8/6 READY
Port 8/7 READY
Port 8/8 READY
 

次に、スロット 9 にあるモジュールの IP ストレージ ステータスを表示する例を示します。

switch# show ips status module 9
Port 9/1 READY
Port 9/2 READY
Port 9/3 READY
Port 9/4 READY
Port 9/5 READY
Port 9/6 READY
Port 9/7 READY
Port 9/8 READY

show ipv6 access-list

IPv6 Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)の要約を表示するには、 show ipv6 access-list コマンドを使用します。

show ipv6 access-list [ list-name ]

 
シンタックスの説明

list-name

ACL 名を指定します。最大文字サイズは 64 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(0)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、IPv6 ACL を表示する例を示します。

switch# show ipv6 access-list
Access List Name/Number Filters IF Status Creation Time
-------------------------------- ------- ---- --------- -------------
abc 3 7 active Tue Jun 24 17:51:40 2003
x1 3 1 active Tue Jun 24 18:32:25 2003
x3 0 1 not-ready Tue Jun 24 18:32:28 2003

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 access-list

IPv6 ACL を設定します。

show ipv6 interface

IPv6 インターフェイス ステータスおよび設定情報を表示するには、 show ipv6 interface コマンドを使用します。

show ipv6 interface [gigabitethernet slot/port | mgmt 0 | port-channel port-channel-number | vsan vsan-id ]

 
シンタックスの説明

gigabitethernet slot/port

ギガビット イーサネット インターフェイスを指定します。

mgmt 0

管理インターフェイスを表示します。

port-channel

ポートチャネル インターフェイスを表示します。

port-channel-number

ポートチャネル番号を指定します。有効範囲は 1 ~ 128 です。

vsan

Fibre Channel over IP(FCIP)VSAN(仮想 SAN)インターフェイスを表示します。

vsan-id

VSAN(仮想 SAN)ID を指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(0)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、IPv6 インターフェイス情報を表示する例を示します。

switch# show ipv6 interface
GigabitEthernet1/2 is up
IPv6 is enabled
Global address(es):
5000::1/64
Link-local address(es):
fe80::205:30ff:fe01:a6bf
ND DAD is disabled
ND reachable time is 30000 milliseconds
ND retransmission time is 1000 milliseconds
Stateless autoconfig for addresses disabled
 
GigabitEthernet2/2 is up
IPv6 is enabled
Global address(es):
6000::1/64
Link-local address(es):
fe80::205:30ff:fe00:a413
ND DAD is disabled
ND reachable time is 30000 milliseconds
ND retransmission time is 1000 milliseconds
Stateless autoconfig for addresses disabled

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 address

IPv6 アドレスを設定します。

ipv6 nd

IPv6 近隣探索コマンドを設定します。

ipv6 route

IPv6 スタティック ルートを設定します。

show ipv6 neighbors

システムの IPv6 ネイバーに関する情報を表示します。

show ipv6 route

システムに設定された IPv6 ルートを表示します。

show ipv6 neighbours

IPv6 ネイバー コンフィギュレーション情報を表示するには、 show ipv6 neighbours コマンドを使用します。

show ipv6 neighbours [interface {gigabitethernet slot/port | mgmt 0 | vsan vsan-id }]

 
シンタックスの説明

interface

IP インターフェイスのステータスおよび設定情報を表示します。

gigabitethernet slot/port

ギガビット イーサネット インターフェイスのスロットおよびポート番号を表示します。

mgmt 0

管理インターフェイスを表示します。

vsan vsan-id

IPFC VSAN インターフェイスを表示して、VSAN ID を指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(0)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、IPv6 近接探索に関する情報を表示する例を示します。

switch# show ipv6 neighbours gigabitethernet 2/1
 
IPv6 Address Age Link-layer Addr State Interface
2001:0DB8:0:4::2 0 0003.a0d6.141e REACH Ethernet2
FE80::XXXX:A0FF:FED6:141E 0 0003.a0d6.141e REACH Ethernet2
2001:0DB8:1::45a - 0002.7d1a.9472 REACH Ethernet2
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 nd

IPv6 近隣探索コマンドを設定します。

show ipv6 route

システムに設定されている IPv6 ルートを表示するには、 show ipv6 route コマンドを使用します。

show ipv6 route

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(0)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、IPv6 ルートに関する情報を表示する例を示します。

switch# show ipv6 route
IPv6 Routing Table
Codes: C - Connected, L - Local, S - Static G - Gateway
C 5000::/64
via fe80::205:30ff:fe01:a6bf, GigabitEthernet1/2
C 6000::/64
via fe80::205:30ff:fe00:a413, GigabitEthernet2/2
L fe80::/10
via ::
L ff00::/8
via ::

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 route

Ipv6 ルートを設定します。

show ipv6 routing

IPv6 ユニキャスト ルーティング情報を表示するには、 show ipv6 routing コマンドを使用します。

show ipv6 routing

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(0)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

switch# show ipv6 routing
ipv6 routing is enabled

 
関連コマンド

コマンド
説明

ipv6 routing

IPv6 ユニキャスト ルーティングをイネーブルにします。

show ipv6 traffic

システムの IPv6 プロトコル統計情報を表示するには、 show ipv6 traffic コマンドを使用します。

show ipv6 traffic [interface {gigabitethernet slot/port | mgmt 0 | port-channel number | vsan vsan-id }]

 
シンタックスの説明

interface

IP インターフェイスのステータスおよび設定情報を表示します。

gigabitethernet slot/port

ギガビット イーサネット インターフェイスのスロットおよびポート番号を表示します。

mgmt 0

管理インターフェイスを表示します。

port-channel number

ポートチャネル インターフェイスを表示します。有効範囲は 1 ~ 256 です。

vsan vsan-id

IP over Fibre Channel(IPFC)VSAN(仮想 SAN)インターフェイスを表示して、VSAN ID を指定します。有効範囲は 1 ~ 4093 です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.1(0)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、システム上の Ipv6 プロトコル統計情報を表示する例を示します。

switch# show ipv6 traffic
IPv6 Statistics:
Rcvd: 1 total, 0 local destination
0 errors, 0 truncated, 0 too big
0 unknown protocol, 0 dropped
0 fragments, 0 reassembled
0 couldn't reassemble, 0 reassembly timeouts
Sent: 0 generated, 0 forwarded 0 dropped
0 fragmented, 0 fragments created, 0 couldn't fragment
 
ICMPv6 Statistics:
Rcvd: 0 total, 0 errors, 0 unreachables, 0 time exceeded
0 too big, 0 param probs, 0 admin prohibs
0 echos, 0 echo reply, 0 redirects
0 group query, 0 group report, 0 group reduce
0 router solicit, 0 router advert
0 neighbor solicit, 0 neighbor advert
Sent: 74 total, 0 errors, 0 unreachables, 0 time exceeded
0 too big, 0 param probs, 0 admin prohibs
0 echos, 0 echo reply, 0 redirects
0 group query, 53 group report, 0 group reduce
0 router solicit, 0 router advert
0 neighbor solicit, 21 neighbor advert
 

次に、ギガビット イーサネット インターフェイス 2/2 の IPv6 トラフィックを表示する例を示します。

switch# show ipv6 traffic interface gigabitethernet 2/2
IPv6 Statistics for GigabitEthernet2/2
Rcvd: 10 total, 0 local destination
0 errors, 0 truncated, 0 too big
0 unknown protocol, 0 dropped
0 fragments, 0 reassembled
0 couldn't reassemble, 0 reassembly timeouts
Sent: 54 generated, 0 forwarded 0 dropped
0 fragmented, 0 fragments created, 0 couldn't fragment
 
ICMPv6 Statistics for GigabitEthernet2/2
Rcvd: 4 total, 0 errors, 0 unreachables, 0 time exceeded
0 too big, 0 param probs, 0 admin prohibs
0 echos, 0 echo reply, 0 redirects
0 group query, 2 group report, 0 group reduce
0 router solicit, 0 router advert
0 neighbor solicit, 2 neighbor advert
Sent: 21 total, 0 errors, 0 unreachables, 0 time exceeded
0 too big, 0 param probs, 0 admin prohibs
0 echos, 0 echo reply, 0 redirects
0 group query, 6 group report, 3 group reduce
2 router solicit, 0 router advert
2 neighbor solicit, 8 neighbor advert

 

show isapi dpp

特定の Data Path Processor(DPP)の ITL のリストを取得するには、show isapi dpp コマンドを使用します。

show isapi dpp dpp-number

 
シンタックスの説明

dpp-number

スロットとともに DPP 番号を指定します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.2(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、DPP 番号 7 の isapi 情報を表示する例を示します。

module-3# show isapi dpp 7 queue
I_T 0x837c9140 [vsan 42 host 0x8d0005 vt 8d0014/92:81:00:00:08:50:ca:d4]: 0 tasks, mtu 2048, seqid 99, abts 0 BSY
 
Q 837cc380: LUN 3, status 0x22, R/W access 0x0/0x0, 0 tasks, 0 busy/TSF, 0 ho
Tasks:
 
Q 837cbd80: LUN 2, status 0x22, R/W access 0x0/0x0, 0 tasks, 0 busy/TSF, 0 ho
Tasks:
 
Q 837cb100: LUN 1, status 0x22, R/W access 0x0/0x0, 0 tasks, 0 busy/TSF, 0 ho
Tasks:
 
Q 837cb080: LUN 0, status 0x22, R/W access 0x0/0x0, 0 tasks, 0 busy/TSF, 0 ho
Tasks:

 
関連コマンド

コマンド
説明

show isapi dpp all queue

SMM 上の全ての DPP の ITL を表示します。

show iscsi global

グローバル iSCSI 設定情報を表示するには、 show iscsi global コマンドを使用します。

show iscsi global

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、設定されているすべての iSCSI イニシエータを表示する例を示します。

switch# show iscsi global
iSCSI Global information
Authentication: CHAP, NONE
Import FC Target:Enabled
Initiator idle timeout:300 seconds
Dynamic Initiator: iSLB
Number of target node: 1
Number of portals: 2
Number of session: 0
Failed session: 0, Last failed initiator name:
 

show iscsi initiator

スイッチに対してリモートであるすべての iSCSI ノードに関する情報を表示するには、 show iscsi initiator コマンドを使用します。

show iscsi initiator [ configured [ initiator-name ] | detail | fcp-session [ detail ] | iscsi-session [ detail ] | summary [ name ]]

 
シンタックスの説明

configured

iSCSI イニシエータの設定情報を表示します。

initiator-name

イニシエータ名を指定します。

detail

詳細な iSCSI イニシエータ情報を表示します。

fcp-session

ファイバ チャネル セッションの詳細を表示します。

iscsi-session

iSCSI セッションの詳細を表示します。

summary

概要情報を表示します。

name

イニシエータ名の情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

パラメータを設定しない場合、コマンドはすべてのアクティブな iSCSI イニシエータを一覧表示します。iSCSI ノード名を設定すると、その iSCSI イニシエータの詳細を一覧表示します。

次に、すべての iSCSI イニシエータを表示する例を示します。

switch# show iscsi initiator
iSCSI Node name is iqn.1987-05.com.cisco.01.15cee6e7925087abc82ed96377653c8
iSCSI alias name: iscsi7-lnx
Node WWN is 23:10:00:05:30:00:7e:a0 (dynamic)
Member of vsans: 1
Number of Virtual n_ports: 1
Virtual Port WWN is 23:12:00:05:30:00:7e:a0 (dynamic)
Interface iSCSI 8/3, Portal group tag: 0x382
VSAN ID 1, FCID 0xdc0100
 
iSCSI Node name is iqn.1987-05.com.cisco:02.91b0ee2e8aa1.iscsi16-w2k
iSCSI alias name: ISCSI16-W2K
Node WWN is 23:1f:00:05:30:00:7e:a0 (dynamic)
Member of vsans: 1
Number of Virtual n_ports: 1
Virtual Port WWN is 23:28:00:05:30:00:7e:a0 (dynamic)
Interface iSCSI 8/3, Portal group tag: 0x382
VSAN ID 1, FCID 0xdc0101
 
iSCSI Node name is iqn.1987-05.com.cisco.01.b6ca466f8b4d8e848ab17e92f24bf9cc
iSCSI alias name: iscsi6-lnx
Node WWN is 23:29:00:05:30:00:7e:a0 (dynamic)
Member of vsans: 1, 2, 3, 4
Number of Virtual n_ports: 1
Virtual Port WWN is 23:2a:00:05:30:00:7e:a0 (dynamic)
Interface iSCSI 8/3, Portal group tag: 0x382
VSAN ID 4, FCID 0xee0000
VSAN ID 3, FCID 0xee0100
VSAN ID 2, FCID 0xee0000
VSAN ID 1, FCID 0xdc0102
...
 

次に、すべての iSCSI イニシエータの詳細情報を表示する例を示します。

switch# show iscsi initiator detail
iSCSI Node name is iqn.1987-05.com.cisco.01.15cee6e7925087abc82ed96377653c8
iSCSI alias name: iscsi7-lnx
Node WWN is 23:10:00:05:30:00:7e:a0 (dynamic)
Member of vsans: 1
Number of Virtual n_ports: 1
 
Virtual Port WWN is 23:10:00:05:30:00:7e:a0 (dynamic)
Interface iSCSI 8/3, Portal group tag is 0x382
VSAN ID 1, FCID 0xdc0100
No. of FC sessions: 3
No. of iSCSI sessions: 2
 
iSCSI session details
 
Target node: iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.22000020374b5247
Statistics:
PDU: Command: 0, Response: 0
Bytes: TX: 0, RX: 0
Number of connection: 1
TCP parameters
Connection Local 10.1.3.3:3260, Remote 10.1.3.107:34112
Path MTU 1500 bytes
Current retransmission timeout is 300 ms
Round trip time: Smoothed 2 ms, Variance: 1
Advertised window: Current: 6 KB, Maximum: 6 KB, Scale: 3
Peer receive window: Current: 250 KB, Maximum: 250 KB, Scale: 2
Congestion window: Current: 8 KB
 
Target node: iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.22000020374b5247
Statistics:
PDU: Command: 0, Response: 0
Bytes: TX: 0, RX: 0
Number of connection: 1
TCP parameters
Connection Local 10.1.3.3:3260, Remote 10.1.3.107:34112
Path MTU 1500 bytes
Current retransmission timeout is 300 ms
Round trip time: Smoothed 2 ms, Variance: 1
Advertised window: Current: 6 KB, Maximum: 6 KB, Scale: 3
Peer receive window: Current: 250 KB, Maximum: 250 KB, Scale: 2
Congestion window: Current: 8 KB
...
 

show iscsi session

iSCSI セッション情報を表示するには、show iscsi session コマンドを使用します。

show iscsi session [ incoming ] [ initiator name ] [ outgoing ] [ target name ] [ detail ]

 
シンタックスの説明

detail

詳細な iSCSI セッション情報を表示します。

incoming

着信 iSCSI セッションを表示します。

initiator name

特定の iSCSI イニシエータ セッション情報を表示します。1最大 80 文字まで可能です。

outgoing

発信 iSCSI セッションを表示します。

target name

特定の iSCSI ターゲット セッション情報を表示します。1最大 80 文字まで可能です。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

すべてのパラメータは show iscsi session コマンドでオプションです。パラメータを設定しない場合、コマンドはすべてのアクティブな iSCSI イニシエータまたはターゲット セッションを一覧表示します。IP アドレスや iSCSI ノード名を設定すると、そのイニシエータまたはターゲットのすべてのセッションに関する詳細を一覧表示します。

次に、iSCSI セッション情報を表示する例を示します。

switch# show iscsi session
Initiator iqn.1987-05.com.cisco.01.15cee6e7925087abc82ed96377653c8
Session #1
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.22000020374b5247
VSAN 1, ISID 000000000000, Status active, no reservation
 
Session #2
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.220000203738e77d
VSAN 1, ISID 000000000000, Status active, no reservation
 
Initiator iqn.1987-05.com.cisco:02.91b0ee2e8aa1.iscsi16-w2k
Session #1
Discovery session, ISID 00023d00022f, Status active
 
Session #2
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.2200002037388bc2
VSAN 1, ISID 00023d000230, Status active, no reservation
...
 

次に、指定した iSCSI ターゲットを表示する例を示します。

switch# show iscsi session target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.220000203738e77d
Initiator iqn.1987-05.com.cisco.01.15cee6e7925087abc82ed96377653c8
Session #1
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.220000203738e77d
VSAN 1, ISID 000000000000, Status active, no reservation

) IPS モジュールでは、show zone active vsan vsan-idコマンドを使用してログインしている場合に、どの iSCSI イニシエータ IQN がどの pWWN に割り当てられているかを検証できます。
switch# zone name iscsi_16_A vsan 16
* fcid 0x7700d4 [pwwn 21:00:00:20:37:c5:2d:6d]
* fcid 0x7700d5 [pwwn 21:00:00:20:37:c5:2e:2e]
* fcid 0x770100 [symbolic-nodename iqn.1987-05.com.cisco.02.
BC3FEEFC431B199F81F33E97E2809C14.NUYEAR]


次に、指定した iSCSI イニシエータを表示する例を示します。

switch# show iscsi session initiator iqn.1987-05.com.cisco:02.91b0ee2e8aa1.iscsi16-w2k
Initiator iqn.1987-05.com.cisco:02.91b0ee2e8aa1.iscsi16-w2k
Session #1
Discovery session, ISID 00023d00022f, Status active
 
Session #2
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.2200002037388bc2
VSAN 1, ISID 00023d000230, Status active, no reservation
 
Session #3
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.210000203739ad7f
VSAN 1, ISID 00023d000235, Status active, no reservation
 
Session #4
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.210000203739aa3a
VSAN 1, ISID 00023d000236, Status active, no reservation
 
Session #5
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.210000203739ada7
VSAN 1, ISID 00023d000237, Status active, no reservation
 
Session #6
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.2200002037381ccb
VSAN 1, ISID 00023d000370, Status active, no reservation
 
Session #7
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.2200002037388b54
VSAN 1, ISID 00023d000371, Status active, no reservation
 
Session #8
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.220000203738a194
VSAN 1, ISID 00023d000372, Status active, no reservation
 
Session #9
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.2200002037360053
VSAN 1, ISID 00023d000373, Status active, no reservation

show iscsi stats

iSCSI 統計情報を表示するには、show iscsi stats コマンドを使用します。

show iscsi stats [ iscsi slot / port ] [clear | detail ]

 
シンタックスの説明

iscsi slot / port

指定した iSCSI インターフェイスの統計情報を表示します。

clear

セッションまたはインターフェイスの iSCSI 統計情報を消去します。

detail

セッションまたはインターフェイスの詳細な iSCSI 統計情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

The following command displays brief iSCSI statistics.
switch# show iscsi stats
iscsi8/1
5 minutes input rate 23334800 bits/sec, 2916850 bytes/sec, 2841 frames/sec
5 minutes output rate 45318424 bits/sec, 5664803 bytes/sec, 4170 frames/sec
iSCSI statistics
86382665 packets input, 2689441036 bytes
3916933 Command pdus, 82463404 Data-out pdus, 2837976576 Data-out bytes,
0 fragments
131109319 packets output, 2091677936 bytes
3916876 Response pdus (with sense 0), 1289224 R2T pdus
125900891 Data-in pdus, 93381152 Data-in bytes
 
iscsi8/2
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
0 packets input, 0 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
0 packets output, 0 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes
 
iscsi8/3
5 minutes input rate 272 bits/sec, 34 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 40 bits/sec, 5 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
30 packets input, 10228 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
30 packets output, 1744 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes
 
iscsi8/4
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
0 packets input, 0 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
0 packets output, 0 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes
 
iscsi8/5
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
0 packets input, 0 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
0 packets output, 0 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes
 
iscsi8/6
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
0 packets input, 0 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
0 packets output, 0 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes
 
iscsi8/7
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
0 packets input, 0 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
0 packets output, 0 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes
 
iscsi8/8
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
0 packets input, 0 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
0 packets output, 0 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes
 

次に、詳細な iSCSI 統計情報を表示する例を示します。

switch# show iscsi stats detail
iscsi8/1
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
0 packets input, 0 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
0 packets output, 0 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes
iSCSI Forward:
Command: 0 PDUs (Received: 0)
Data-Out (Write): 0 PDUs (Received 0), 0 fragments, 0 bytes
FCP Forward:
Xfer_rdy: 0 (Received: 0)
Data-In: 0 (Received: 0), 0 bytes
Response: 0 (Received: 0), with sense 0
TMF Resp: 0
 
iSCSI Stats:
Login: attempt: 0, succeed: 0, fail: 0, authen fail: 0
Rcvd: NOP-Out: 0, Sent: NOP-In: 0
NOP-In: 0, Sent: NOP-Out: 0
TMF-REQ: 0, Sent: TMF-RESP: 0
Text-REQ: 0, Sent: Text-RESP: 0
SNACK: 0
Unrecognized Opcode: 0, Bad header digest: 0
Command in window but not next: 0, exceed wait queue limit: 0
Received PDU in wrong phase: 0
FCP Stats:
Total: Sent: 0
Received: 0 (Error: 0, Unknown: 0)
Sent: PLOGI: 0, Rcvd: PLOGI_ACC: 0, PLOGI_RJT: 0
PRLI: 0, Rcvd: PRLI_ACC: 0, PRLI_RJT: 0, Error resp: 0
LOGO: 0, Rcvd: LOGO_ACC: 0, LOGO_RJT: 0
ABTS: 0, Rcvd: ABTS_ACC: 0
TMF REQ: 0
Self orig command: 0, Rcvd: data: 0, resp: 0
Rcvd: PLOGI: 0, Sent: PLOGI_ACC: 0
LOGO: 0, Sent: LOGO_ACC: 0
PRLI: 0, Sent: PRLI_ACC: 0
ABTS: 0
 
iSCSI Drop:
Command: Target down 0, Task in progress 0, LUN map fail 0
CmdSeqNo not in window 0, No Exchange ID 0, Reject 0
Persistent Resv 0 Data-Out: 0, TMF-Req: 0
FCP Drop:
Xfer_rdy: 0, Data-In: 0, Response: 0
 
Buffer Stats:
Buffer less than header size: 0, Partial: 0, Split: 0
Pullup give new buf: 0, Out of contiguous buf: 0, Unaligned m_data: 0
 
iscsi8/2
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
0 packets input, 0 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
0 packets output, 0 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes
iSCSI Forward:
Command: 0 PDUs (Received: 0)
Data-Out (Write): 0 PDUs (Received 0), 0 fragments, 0 bytes
FCP Forward:
Xfer_rdy: 0 (Received: 0)
Data-In: 0 (Received: 0), 0 bytes
Response: 0 (Received: 0), with sense 0
...
 

次に、指定した iSCSI インターフェイスの詳細な統計情報を表示する例を示します。

switch# show iscsi stats iscsi 8/1
iscsi8/1
5 minutes input rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
5 minutes output rate 0 bits/sec, 0 bytes/sec, 0 frames/sec
iSCSI statistics
0 packets input, 0 bytes
0 Command pdus, 0 Data-out pdus, 0 Data-out bytes, 0 fragments
0 packets output, 0 bytes
0 Response pdus (with sense 0), 0 R2T pdus
0 Data-in pdus, 0 Data-in bytes

show iscsi virtual-target

スイッチに対してローカルであるすべての iSCSI ノードを表示するには、 show iscsi virtual-target コマンドを使用します。

show iscsi virtual-target [configured] [ name ]

 
シンタックスの説明

configured

すべての iSCSI ポートの情報を表示します。

name

指定した仮想ターゲットの iSCSI 情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

1.1(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

パラメータを設定しない場合、コマンドはすべてのアクティブな iSCSI 仮想ターゲットを一覧表示します。iSCSI ノード名を設定すると、その iSCSI 仮想ターゲットを一覧表示します。

次に、すべての iSCSI 仮想ターゲットに関する情報を表示する例を示します。

switch# show iscsi virtual-target
target: abc1
Port WWN 21:00:00:20:37:a6:b0:bf
Configured node
target: iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.22000020374b5247
Port WWN 22:00:00:20:37:4b:52:47 , VSAN 1
Auto-created node
...
target: iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.210000203739aa39
Port WWN 21:00:00:20:37:39:aa:39 , VSAN 1
Auto-created node
 

次に、指定した iSCSI 仮想ターゲットを表示する例を示します。

switch# show iscsi virtual-target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.210000203739a95b
target: iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.210000203739a95b
Port WWN 21:00:00:20:37:39:a9:5b , VSAN 1
Auto-created node
 

次に、仮想ターゲットの侵入ステータスを表示する例を示します。

switch# show iscsi virtual-target iqn.abc
target: abc
Port WWN 00:00:00:00:00:00:00:00
Configured node
all initiator permit is disabled
trespass support is enabled S

show islb cfs-session status

iSCSI server load balancing(iSLB)Cisco Fabric Services 情報を表示するには、 show islb コマンドを使用します。

show islb cfs-session status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、iSLB セッション情報を表示する例を示します。

ips-hac2# show islb cfs-session status
last action : fabric distribute disable
last action result : success
last action failure cause : success

 
関連コマンド

コマンド
説明

show islb initiator

iSLB イニシエータ情報を表示します。

show islb merge status

iSLB 結合ステータス情報を表示します。

show islb pending

iSLB 未決定コンフィギュレーションを表示します。

show islb pending-diff

iSLB 未決定コンフィギュレーションの差異を表示します。

show islb session

iSLB セッション情報を表示します。

show islb status

iSLB CFS ステータス情報を表示します。

show islb virtual-target

iSLB 仮想ターゲット情報を表示します。

show islb vrrp

iSLB VRRP ロード バランシング情報を表示します。

show islb initiator

iSCSI server load balancing(iSLB)Cisco Fabric Services 情報を表示するには、 show islb initiator コマンドを使用します。

show islb initiator [name node-name [detail | fcp-session [ detail ] | iscsi-session [ detail ]] | configured [name initiator-name ] | detail | fcp-session [detail] | iscsi-session [ detail ] | summary [ name ]]

 
シンタックスの説明

name node-name

イニシエータ ノード名を指定します。最大文字サイズは 80 です。

detail

より詳細な情報を表示します。

fcp-session

ファイバ チャネル セッションの詳細を表示します。

iscsi-session

iSLB セッションの詳細を表示します。

configured

iSLB イニシエータ設定済情報を表示します。

name initiator-name

設定済のイニシエータ名を指定します。最大文字サイズは 223 です。

summary

iSLB イニシエータ要約情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、iSLB イニシエータ コンフィギュレーション情報を表示する例を示します。

switch# show islb initiator configured
iSCSI Node name is 1.1.1.1
 
No. of PWWN: 2
Port WWN is 23:01:00:0c:85:90:3e:82
Port WWN is 23:02:00:0c:85:90:3e:82
Load Balance Metric: 1000
Number of Initiator Targets: 0
 
iSCSI Node name is 2.2.2.2
 
Load Balance Metric: 1000
Number of Initiator Targets: 0

 
関連コマンド

コマンド
説明

show islb cfs-session status

iSLB セッション ステータスおよびステータス情報を表示します。

show islb merge status

iSLB 結合ステータス情報を表示します。

show islb pending

iSLB 未決定コンフィギュレーションを表示します。

show islb pending-diff

iSLB 未決定コンフィギュレーションの差異を表示します。

show islb session

iSLB セッション情報を表示します。

show islb status

iSLB CFS ステータス情報を表示します。

show islb virtual-target

iSLB 仮想ターゲット情報を表示します。

show islb vrrp

iSLB VRRP ロード バランシング情報を表示します。

show islb merge status

iSCSI server load balancing(iSLB)結合ステータス情報を表示するには、 show islb merge status コマンドを使用します。

show islb merge status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、iSLB 結合ステータス情報を表示する例を示します。

switch# show islb merge status
Merge Status: SUCCESS

 
関連コマンド

コマンド
説明

show islb cfs-session status

iSLB セッション情報を表示します。

show islb initiator

iSLB イニシエータ情報を表示します。

show islb pending

iSLB 未決定コンフィギュレーションを表示します。

show islb pending-diff

iSLB 未決定コンフィギュレーションの差異を表示します。

show islb session

iSLB セッション情報を表示します。

show islb status

iSLB CFS ステータス情報を表示します。

show islb virtual-target

iSLB 仮想ターゲット情報を表示します。

show islb vrrp

iSLB VRRP ロード バランシング情報を表示します。

show islb pending

iSCSI server load balancing(iSLB)未決定コンフィギュレーション情報を表示するには、 show islb pending コマンドを使用します。

show islb pending

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、iSLB 未決定コンフィギュレーション情報を表示する例を示します。

switch# show islb pending
iscsi initiator idle-timeout 10
islb initiator ip-address 10.1.1.1
static pWWN 23:01:00:0c:85:90:3e:82
static pWWN 23:06:00:0c:85:90:3e:82
username test1
islb initiator ip-address 10.1.1.2
static nWWN 23:02:00:0c:85:90:3e:82
 

 
関連コマンド

コマンド
説明

show islb initiator

iSLB イニシエータ情報を表示します。

show islb cfs-session status

iSLB セッション情報を表示します。

show islb merge status

iSLB 結合ステータス情報を表示します。

show islb pending-diff

iSLB 未決定コンフィギュレーションの差異を表示します。

show islb session

iSLB セッション情報を表示します。

show islb status

iSLB CFS ステータス情報を表示します。

show islb virtual-target

iSLB 仮想ターゲット情報を表示します。

show islb vrrp

iSLB VRRP ロード バランシング情報を表示します。

show islb pending-diff

iSCSI server load balancing(iSLB)未決定コンフィギュレーションの差異を表示するには、 show islb pending-diff コマンドを使用します。

show islb pending-diff

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、iSLB 未決定コンフィギュレーションの差異を表示する例を示します。

switch# show islb pending-diff
+iscsi initiator idle-timeout 10
islb initiator ip-address 10.1.1.1
+ static pWWN 23:06:00:0c:85:90:3e:82
+islb initiator ip-address 10.1.1.2
+ static nWWN 23:02:00:0c:85:90:3e:82

 
関連コマンド

コマンド
説明

show islb cfs-session status

iSLB セッション情報を表示します。

show islb initiator

iSLB イニシエータ情報を表示します。

show islb merge status

iSLB 結合ステータス情報を表示します。

show islb pending

iSLB 未決定コンフィギュレーションを表示します。

show islb session

iSLB セッション情報を表示します。

show islb status

iSLB CFS ステータス情報を表示します。

show islb virtual-target

iSLB 仮想ターゲット情報を表示します。

show islb vrrp

iSLB VRRP ロード バランシング情報を表示します。

show islb session

iSCSI server load balancing(iSLB)セッション情報を表示するには、 show islb session コマンドを使用します。

show islb session [detail | incoming | initiator initiator-node-name | iscsi slot-number | outgoing | target target-node-name ]

 
シンタックスの説明

detail

詳細な iSLB セッション情報を表示します。

incoming

着信 iSLB セッションを表示します。

initiator initiator-node-name

特定の iSLB イニシエータのセッション情報を表示します。イニシエータ ノード名は、最大 80 文字までです。

iscsi slot-port

iSCSI インターフェイスを指定します。

outgoing

発信 iSLB セッションを表示します。

target

特定の iSLB ターゲットのセッション情報を表示します。ターゲット ノード名は、最大 80 文字までです。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、iSLB セッション情報を表示する例を示します。

switch# show islb session
Initiator iqn.1987-05.com.cisco.01.15cee6e7925087abc82ed96377653c8
Session #1
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.22000020374b5247
VSAN 1, ISID 000000000000, Status active, no reservation
Session #2
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.220000203738e77d
VSAN 1, ISID 000000000000, Status active, no reservation
 
Initiator iqn.1987-05.com.cisco:02.91b0ee2e8aa1.iscsi16-w2k
Session #1
Discovery session, ISID 00023d00022f, Status active
 
Session #2
Target iqn.com.domainname.172.22.93.143.08-03.gw.2200002037388bc2
VSAN 1, ISID 00023d000230, Status active, no reservation

 
関連コマンド

コマンド
説明

show islb cfs-session status

iSLB セッション情報を表示します。

show islb initiator

iSLB イニシエータ情報を表示します。

show islb merge status

iSLB 結合ステータス情報を表示します。

show islb pending

iSLB 未決定コンフィギュレーションを表示します。

show islb pending-diff

iSLB CFS 未決定コンフィギュレーションの差異を表示します。

show islb status

iSLB CFS ステータス情報を表示します。

show islb virtual-target

iSLB 仮想ターゲット情報を表示します。

show islb vrrp

iSLB VRRP ロード バランシング情報を表示します。

show islb status

iSCSI server load balancing(iSLB)Cisco Fabric Services(CFS)ステータスを表示するには、 show islb status コマンドを使用します。

show islb status

 
シンタックスの説明

このコマンドには、引数またはキーワードはありません。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、iSLB CFS ステータス情報を表示する例を示します。

switch# show islb status
iSLB Distribute is enabled
iSLB CFS Session does not exist

 
関連コマンド

コマンド
説明

show islb cfs-session status

iSLB セッション情報を表示します。

show islb initiator

iSLB イニシエータ情報を表示します。

show islb merge status

iSLB 結合ステータス情報を表示します。

show islb pending

iSLB 未決定コンフィギュレーションを表示します。

show islb pending-diff

iSLB CFS 未決定コンフィギュレーションの差異を表示します。

show islb session

iSLB セッション情報を表示します。

show islb virtual-target

iSLB 仮想ターゲット情報を表示します。

show islb vrrp

iSLB VRRP ロード バランシング情報を表示します。

show islb virtual-target

iSCSI server load balancing(iSLB)仮想ターゲットに関する情報を表示するには、 show islb virtual-target コマンドを使用します。

show islb virtual-target [ name | configured name ]

 
シンタックスの説明

name

iSLB 仮想ターゲット名を指定します。有効範囲は 16 ~ 223 バイトです。

configured

設定済 iSCSI 仮想ターゲットに関する情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、iSLB ターゲットを表示する例を示します。

switch# show islb virtual-target newtarget0987654321
target: newtarget0987654321
 
Configured node (iSLB)
No. of initiators permitted: 1
initiator fromtarget1234567890 is permitted
All initiator permit is enabled
Trespass support is disabled
Revert to primary support is disabled
 

次に、全ての設定済 iSLB 仮想ターゲットを表示する例を示します。

switch# show islb virtual-target configured
target: testtarget1234567
 
Configured node (iSLB)
No. of initiators permitted: 1
initiator trespass is permitted
All initiator permit is disabled
Trespass support is disabled
Revert to primary support is disabled
 
target: testertarget987654321
Port WWN 10:20:30:40:50:60:70:80
Configured node (iSLB)
No. of initiators permitted: 1
initiator mytargetdevice is permitted
All initiator permit is disabled
Trespass support is disabled
Revert to primary support is disabled
 
target: newtarget0987654321
 
Configured node (iSLB)
No. of initiators permitted: 1
initiator fromtarget1234567890 is permitted
All initiator permit is enabled
Trespass support is disabled
Revert to primary support is disabled
 
target: mytargetdevice123
 
Configured node (iSLB)
All initiator permit is disabled
Trespass support is enabled
Revert to primary support is disabled

 
関連コマンド

コマンド
説明

show islb cfs-session status

iSLB セッション情報を表示します。

show islb initiator

iSLB イニシエータ情報を表示します。

show islb merge status

iSLB 結合ステータス情報を表示します。

show islb pending

iSLB 未決定コンフィギュレーションを表示します。

show islb pending-diff

iSLB CFS 未決定コンフィギュレーションの差異を表示します。

show islb session

iSLB セッション情報を表示します。

show islb status

iSLB CFS ステータス情報を表示します。

show islb vrrp

iSLB VRRP ロード バランシング情報を表示します。

show islb vrrp

iSCSI server load balancing(iSLB)Virtual Router Redundancy Protocol(VRRP)ロード バランシング情報を表示するには、 show islb vrrp コマンドを使用します。

show islb vrrp [assignment [initiator node-name [ vr group-number ] | vr group-number ] | interface [switch WWN [ vr group-number ] | vr group-number ] | summary [ vr group-number ] | vr group-number ]

 
シンタックスの説明

assignment

インターフェイス割当に対する iSLB VRRP イニシエータを表示します。

initiator node-name

特定の iSLB イニシエータのインターフェイス割当を表示します。最大は 80 です。

vr group-number

特定の VR グループの情報を表示します。有効範囲は 1 ~ 255 です。

interface

iSLB VRRP インターフェイス情報を表示します。

switch WWN

特定のスイッチのインターフェイス情報を表示します。WWN のフォーマットは hh:hh:hh:hh:hh:hh:hh:hh です。

summary

iSLB VRRP ロード バランシング要約情報を表示します。

 
デフォルト

なし

 
コマンド モード

EXEC モード

 
コマンド履歴

リリース
変更内容

3.0(1)

このコマンドが導入されました。

 
使用上のガイドライン

なし

次に、iSLB VRRP インターフェイス情報を表示する例を示します。

switch# show islb vrrp interface vr 41
-- Interfaces For Load Balance --
 
Interface GigabitEthernet1/1.441
Switch wwn: 20:00:00:0d:ec:02:cb:00
VRRP group id: 41, VRRP IP address: 10.10.122.112
Interface VRRP state: backup
Interface load: 3000
Interface redirection: enabled
Group redirection: enabled
Number of physical IP address: 1
(1) 10.10.122.115
Port vsan: 1
Forwarding mode: store-and-forward
Proxy initiator mode: disabled
iSCSI authentication: CHAP or None
 
Interface GigabitEthernet1/2.441
Switch wwn: 20:00:00:0d:ec:02:cb:00
VRRP group id: 41, VRRP IP address: 10.10.122.112
Interface VRRP state: backup
Interface load: 2000
Interface redirection: enabled
Group redirection: enabled
Number of physical IP address: 1
(1) 10.10.122.114
Port vsan: 1
Forwarding mode: store-and-forward
Proxy initiator mode: disabled
iSCSI authentication: CHAP or None
 
Interface GigabitEthernet2/1.441
Switch wwn: 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0
VRRP group id: 41, VRRP IP address: 10.10.122.112
Interface VRRP state: backup
Interface load: 2000
Interface redirection: enabled
Group redirection: enabled
Number of physical IP address: 1
(1) 10.10.122.111
Port vsan: 1
Forwarding mode: store-and-forward
Proxy initiator mode: disabled
iSCSI authentication: CHAP or None
 
Interface GigabitEthernet2/2.441
Switch wwn: 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0
VRRP group id: 41, VRRP IP address: 10.10.122.112
Interface VRRP state: master
Interface load: 1000
Interface redirection: enabled
Group redirection: enabled
Number of physical IP address: 1
(1) 10.10.122.112
Port vsan: 1
Forwarding mode: store-and-forward
Proxy initiator mode: disabled
iSCSI authentication: CHAP or None
 
Interface GigabitEthernet2/3.441
Switch wwn: 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0
VRRP group id: 41, VRRP IP address: 10.10.122.112
Interface VRRP state: backup
Interface load: 2000
Interface redirection: enabled
Group redirection: enabled
Number of physical IP address: 1
(1) 10.10.122.113
Port vsan: 1
Forwarding mode: store-and-forward
Proxy initiator mode: disabled
iSCSI authentication: CHAP or None
 

次に、iSLB VRRP 要約情報を表示する例を示します。

switch# show islb vrrp summary
 
-- Groups For Load Balance --
--------------------------------------------------------------------------------
VR Id VRRP Address Type Configured Status
--------------------------------------------------------------------------------
41 IPv4 Enabled
42 IPv4 Enabled
 
-- Interfaces For Load Balance --
--------------------------------------------------------------------------------
VR Id VRRP IP Switch WWN Ifindex Load
--------------------------------------------------------------------------------
41 10.10.122.112 20:00:00:0d:ec:02:cb:00 GigabitEthernet1/1.441 3000
41 10.10.122.112 20:00:00:0d:ec:02:cb:00 GigabitEthernet1/2.441 2000
41 10.10.122.112 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0 GigabitEthernet2/1.441 2000
M 41 10.10.122.112 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0 GigabitEthernet2/2.441 1000
41 10.10.122.112 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0 GigabitEthernet2/3.441 2000
M 42 10.10.142.111 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0 GigabitEthernet2/1.442 2000
42 10.10.142.111 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0 GigabitEthernet2/2.442 1000
42 10.10.142.111 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0 GigabitEthernet2/3.442 2000
 
-- Initiator To Interface Assignment --
--------------------------------------------------------------------------------
Initiator VR Id VRRP IP Switch WWN Ifindex
--------------------------------------------------------------------------------
iqn.1987-05.com.cisco:01.09ea2e99c97
41 10.10.122.112 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0 GigabitEthernet2/1.441
iqn.1987-05.com.cisco:01.5ef81885f8d
41 10.10.122.112 20:00:00:0d:ec:0c:6b:c0 GigabitEthernet2/3.441
iqn.1987-05.com.cisco:01.8fbdb3fdf8
41 10.10.122.112 20:00:00:0d:ec:02:cb:00 GigabitEthernet1/1.441
iqn.1987-05.com.cisco:01.99eddd9b134