Cisco MDS 9000 ファミリ CLI コンフィギュレーション ガイド リリース 3.x Cisco MDS SAN-OS for Release 3.0(1) ~ 3.3(3)
SANTap の設定
SANTap の設定
発行日;2013/09/03 | 英語版ドキュメント(2011/01/05 版) | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 17MB) | フィードバック

目次

SANTap の設定

SANTap について

SANTap の設定

SANTap のイネーブル化

DVT の設定

SANTap 情報の表示

アプライアンス生成エンティティの削除

AVT および AVT LUN の削除

SANTap セッションの削除

Initiator-Target-LUN の削除

デフォルト設定値

SSM 上での SANTap のイネーブル化

SANTap の設定

ストレージ サービス モジュール(SSM)は、Cisco MDS SAN-OS Release 2.0(2b) 以降の SANTap をサポートします。

この章は、次の項で構成されています。

「SANTap について」

「SANTap の設定」

「SANTap 情報の表示」

「アプライアンス生成エンティティの削除」

「デフォルト設定値」

SANTap について

SANTap 機能によって、長距離レプリケーションや継続バックアップなど、サードパーティ製のデータ ストレージ アプリケーションを SAN に統合できます。SANTap が提供するプロトコルベースのインターフェイスによって、データ ストレージ サービス アプリケーションを容易かつ迅速に統合できます。これは、アプリケーションと SSM を緩く接続することによって、アプリケーションを SSM が提供するコア サービスに統合するために必要な労力が軽減されるためです。図 50-1 を参照してください。

図 50-1 SAN でのサードパーティ製のストレージ アプリケーションの統合

 

SANTap には、制御パスとデータ パスがあります。制御パスは、アプライアンスから送信されたレプリケーション セッションを作成し、操作する要求を処理します。制御パスは、SCSI ベースのプロトコルを使用して実装されます。アプライアンスは、SANTap プロセスが作成およびモニタする制御仮想ターゲット(CVT)に要求を送信します。応答はアプライアンスの制御 LUN に送信されます。また、SANTap では、アプライアンス仮想ターゲット(AVT)への LUN マッピングを実行できます。最大 512 個のターゲット LUN を設定できます。

SANTap では、SANTap ベースのアプリケーションの導入時にホストまたはターゲットの再設定を必要としません。また、ホスト発信側やターゲットを SSM に直接接続する必要はありません。これは、仮想発信側(VI)およびデータ仮想ターゲット(DVT)にシスコ固有の WWN を割り当てることによって実現されます。ホスト発信側またはターゲットは SSM に直接接続できます。ただし、VSAN を使用して SAN を分割する必要があります。

1 つの VSAN でホスト発信側と DVT を設定し、別の VSAN で VI とターゲットを設定します。図 50-2 を参照してください。

図 50-2 SANTap プロキシ モード 2 の例

 

SAN のプライマリ データ パスからアプライアンスベースのストレージ アプリケーションを削除するために SANTap を使用できます。プライマリ データ パスからこれらのアプリケーションを削除することにより、SAN のセキュリティ、可用性、パフォーマンスの低下を回避できます。SANTap は回線速度でデータをコピーして、他のストレージ アプリケーションで使用可能にします。これらのストレージ アプリケーションは、SAN に影響を与えることなく、ストレージ アプリケーションが必要とするデータの整合性を維持します。

動的な LUN は、Cisco SAN OS Release 3.2(1) で導入された機能です。定期スキャン中に 1 つ以上の LUN がバックエンドのターゲットで削除または追加されると、SANTap は自動的に削除された DVT LUN をアンインストールし、追加の LUN をインストールします。削除された DVT LUN のアンインストールは LUN の総数が変わらない場合でも発生します。

以前のリリースでは、LUN のセットがターゲットで変更された場合、元の LUN のリストが DVT に表示されました。追加または変更された LUN は DVT に反映されませんでした。ただし、LUN の合計数が増えると、追加の LUN がホストにインストールされ、表示されます。

Cisco SAN OS Release 3.2(1) よりも前のリリースでは、DVT で LUN リストを表示するには、次の方法があります。

ホスト インターフェイスをシャットダウンします。CLI を使用して IT ペアの DVT LUN を除去します。既存の IT ペアのすべての LUN は削除され、ホストのログイン時に正しい LUN のセットが再作成されます。

SSM をリロードします。

64 ビット LUN サポート。Cisco SAN OS Release 3.2(1) 以降のリリースでは、SANTap はターゲット上の 64 ビットの LUN をサポートします。

次の CLI コマンドを使用して、ホスト側 LUN とターゲット側 LUN の間のマッピングを取得できます。

Switch# show santap module <num> dvtlun
Switch# show santap module <num> dvtlun brief


Module# show santap vttbl dvt <dvt_wwn> host <host_wwn>

SANTap の設定

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「SANTap のイネーブル化」

「DVT の設定」

SANTap のイネーブル化

SANTap は、SSM 全体または SSM 上の 4 つのポートからなるグループ単位でイネーブルにできます。インターフェイスで SANTap をイネーブルにする場合は、次のような制限事項があります。

イネーブルにできるインターフェイスは 4 つ以上です。ポート 1 ~ 4 は指定できますが、ポート 1 ~ 2 は指定できません。

グループ内の最初のインターフェイスには 1、5、9、13、17、21、25、29 を指定します。ポート 5 ~ 8 は指定できますが、ポート 7 ~ 10 は指定できません。

4 つのインターフェイスのグループは連続している必要はありません。ポート 1 ~ 8 は指定できますが、ポート 17 ~ 20 は指定できません。

SANTap 機能をイネーブルにするには、次の手順に従います。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

switch(config)# ssm enable feature santap module 4

スロット 4 の SSM 全体で SANTap アプリケーションをイネーブルにします。

switch(config)# no ssm enable feature santap module 4

スロット 4 の SSM 全体で SANTap アプリケーションをディセーブルにします。

ステップ 3

switch(config)# ssm enable feature santap interface fc 4/1 - 4

SSM のポート 1 ~ 4 で SANTap アプリケーションをイネーブルにします。

(注) インターフェイスは、ポート 1、5、9、13、17、21、25、29 で始まる 4 の倍数で指定する必要があります。

switch(config)# no ssm enable feature santap interface fc 4/1 - 4

スロット 4 の SSM のポート 1 ~ 4 で SANTap アプリケーションをディセーブルにします。

ステップ 4

switch(config)# santap module 4 appl-vsan 10

VSAN 10 のスロット 4 の SSM で SANTap CVT を作成します。

switch(config)# no santap module 4 appl-vsan 10

CVT を削除します。


) 単一の SSM で複数のインテリジェント サービス SANTap を同時に設定することはできません。


DVT の設定

DVT を設定する手順は、次のとおりです。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードに入ります。

ステップ 2

switch(config)# santap module 2 dvt target-pwwn 50:06:0e:80:03:81:32:36 target-vsan 9 dvt-name MYDVT dvt-vsan 12

pWWN、ターゲット VSAN(ターゲットと VI を含む)、DVT 名、および DVT VSAN(ホストおよび CVT を含む)を設定します。

switch(config)# santap module 2 dvt target-pwwn 50:06:0e:80:03:81:32:36 target-vsan 9 dvt-name MYDVT dvt-vsan 12 dvt-port 1

pWWN、ターゲット VSAN、DVT 名、DVT VSAN、および DVT ポートを設定します。

(注) SANTap はモジュール 2 全体にプロビジョニングする必要があります。インターフェイス コマンドを使用する場合、インターフェイス fc1/1-4 でプロビジョニングする必要があります。そうでない場合は、dvt-port オプションを指定できません。

DVT ポートは、SSM のポートの 1 つにマッピングします。明示的なロード バランシング用にポートを割り当てるか、または SSM がポートを選択し、ロード バランシングを処理できるようにポートを割り当てないことができます(デフォルト)。

switch(config)# santap module 2 dvt target-pwwn 50:06:0e:80:03:81:32:36 target-vsan 9 dvt-name MYDVT dvt-vsan 12 lun-size-handling 1

pWWN、ターゲット VSAN、DVT 名、DVT VSAN、および LUN サイズの処理フラグ(イネーブル)を設定します。LUN サイズの処理フラグをイネーブルにすると、ベンダーが特別な LUN のサイズ変更処理を実行できます。デフォルトの LUN サイズの処理フラグ値は 1(イネーブル)です。

switch(config)# santap module 2 dvt target-pwwn 50:06:0e:80:03:81:32:36 target-vsan 9 dvt-name MYDVT dvt-vsan 12 io-timeout 20

pWWN、ターゲット VSAN、DVT 名、DVT VSAN、および IO タイムアウト値(秒)を設定します。IO タイムアウトによって、ターゲット側で I/O がタイムアウトになるまでの間隔が決定されます。有効な範囲は 10 ~ 200 秒で、デフォルト値は 10 秒です。

switch(config)# no santap module 2 dvt target-pwwn 50:06:0e:80:03:81:32:36

DVT コンフィギュレーションを削除します。

Cisco SAN OS Release 3.2(1) 以降のリリースでは、SANTap は DVT ごとに 32 のホスト発信側をサポートします。

SANTap 情報の表示

SANTap に関する情報を表示するには、 show santap module コマンドを使用します(例 50-1例 50-8 を参照)。

例 50-1 SANTap の CVT 情報の表示

switch# show santap module 2 cvt
 
CVT Information :
cvt pwwn = 23:4f:00:0d:ec:09:3c:02
cvt nwwn = 23:9d:00:0d:ec:09:3c:02
cvt id = 135895180
cvt xmap_id = 135895212
cvt vsan = 8
cvt name =
 

例 50-2 SANTap の DVT 情報の表示

switch# show santap module 2 dvt
 
DVT Information :
dvt pwwn = 50:06:0e:80:03:81:32:36
dvt nwwn = 50:06:0e:80:03:81:32:36
dvt id = 136773180
dvt mode = 3
dvt vsan = 12
dvt if_index = 0x1080000
dvt fp_port = 1
dvt name = MYDVT
dvt tgt-vsan = 9
dvt io timeout = 10 secs
dvt lun size handling = 0
dvt app iofail behaviour = 1
dvt quiesce behavior = 1
dvt tgt iofail behavior = 0
dvt appio failover time = 50 secs
dvt inq data behavior = 0
 

例 50-3 SANTap の DVT LUN 情報の表示

switch# show santap module 2 dvtlun
 
DVT LUN Information :
dvt pwwn = 22:00:00:20:37:88:20:ef
dvt lun = 0x0
xmap id = 8
dvt id = 3
dvt mode = 0
dvt vsan = 3
tgt pwwn = 22:00:00:20:37:88:20:ef
tgt lun = 0x0
tgt vsan = 1
 

例 50-4 SANTap セッション情報の表示

switch# show santap module 2 session
Session Information :
session id = 1
host pwwn = 21:00:00:e0:8b:12:8b:7a
dvt pwwn = 50:06:0e:80:03:81:32:36
dvt lun = 0x0
tgt pwwn = 50:06:0e:80:03:81:32:36
tgt lun = 0x0
adt pwwn = 33:33:33:33:33:33:33:00
adt lun = 0x0
aci pwwn = 22:22:22:22:22:22:22:22
cvt pwwn = 23:4f:00:0d:ec:09:3c:02
num ranges = 0
session state = 5
redirect mode = 0
mrl requested 1
MRL : vsan 8 RegionSize 4806720, DiskPWWN 0x234f000dec093c02, DiskLun 0x 1, startLBA 1
 
pwl requested 1
PWL : type 2, UpdatePol 2, RetirePolicy 4, pwl_start 1
 
iol requested 0
 

例 50-5 SANTap の AVT 情報の表示

switch# show santap module 2 avt
 
AVT Information :
avt pwwn = 2a:4b:00:05:30:00:22:25
avt nwwn = 2a:60:00:05:30:00:22:25
avt id = 12
avt vsan = 4
avt if_index = 0x1080000
hi pwwn = 21:00:00:e0:8b:07:61:aa
tgt pwwn = 22:00:00:20:37:88:20:ef
tgt vsan = 1
 

例 50-6 SANTap の AVT LUN 情報の表示

switch# show santap module 2 avtlun
 
AVT LUN Information :
avt pwwn = 2a:4b:00:05:30:00:22:25
avt lun = 0x0
xmap id = 16
avt id = 12
tgt lun = 0x0
 

例 50-7 SANTap のリモート仮想端末情報の表示

switch# show santap module 2 rvt
 
RVT Information :
rvt pwwn = 2a:61:00:05:30:00:22:25
rvt nwwn = 2a:62:00:05:30:00:22:25
rvt id = 17
rvt vsan = 4
rvt if_index = 0x1080000
 

例 50-8 SANTap のリモート仮想端末 LUN 情報の表示

switch# show santap module 2 rvtlun
 
RVT LUN Information :
rvt pwwn = 2a:61:00:05:30:00:22:25
rvt lun = 0x0
xmap id = 22
rvt id = 17
app pwwn = 22:00:00:20:37:39:b1:00
app lun = 0x0
app vsan = 1

アプライアンス生成エンティティの削除

アプライアンスは、MDS スイッチで生成されたエンティティを削除せずに SANTap アプリケーションを終了する場合があります。ここでは、MDS スイッチで CLI を使用してエンティティを削除する方法について説明します。

この項では、次のトピックについて取り上げます。

「AVT および AVT LUN の削除」

「SANTap セッションの削除」

「Initiator-Target-LUN の削除」

AVT および AVT LUN の削除

SANTap の終了後に AVT および AVT LUN の設定が残っている場合があります。AVT および AVT LUN を削除する手順は、次のとおりです。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# show santap module 2 avt

AVT pWWN を表示します。

switch# show santap module 2 avtlun

AVT pWWN および LUN を表示します。

ステップ 2

switch# clear santap module 2 avt 2a:4b:00:05:30:00:22:25 lun 234456

LUN を AVT から削除します。

switch# clear santap module 2 avt 2a:4b:00:05:30:00:22:25

AVT を削除します。

(注) すべての LUN を削除した後のみ AVT を削除できます。

SANTap セッションの削除

SANTap セッションの終了後に SANTap セッションが継続されている場合があります。SANTap セッションを削除するには、次の手順を実行します。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# show santap module 2 session

スロット 2 の SSM の SANTap セッション情報を表示します。

ステップ 2

switch# clear santap module 2 session 1

スロット 2 の SSM の SANTap セッション 1 を削除します。

Initiator-Target-LUN の削除

Initiator-Target-LUN(ITL)トリプレットは DVT にロードされた LUN を識別します。SANTap の終了後に ITL の設定が残っている場合があります。ITL トリプレットのすべての LUN を削除するには、次の手順を実行します。

コマンド
目的

ステップ 1

switch# show santap module 2 dvtlun

スロット 2 の SSM の ITL のターゲットとホストの pWWN を表示します。

ステップ 2

switch# clear santap module 2 itl target-pwwn 22:00:00:20:37:88:20:ef host-pwwn 22:00:00:20:37:88:20:ef

スロット 2 の SSM の ITL を削除します。

デフォルト設定値

表 50-1 に、SANTap パラメータのデフォルト設定を示します。

 

表 50-1 デフォルトの SANTap パラメータ

パラメータ
デフォルト

SANTap feature

ディセーブル

DVT IO timeout

10 秒

DVT LUN size handling flag

1(イネーブル)


) デフォルトの LUN サイズの処理フラグ値はイネーブルです。


SSM 上での SANTap のイネーブル化

SANTap は SSM でイネーブルにできます。

次のコマンドにより SSM で SANTap がイネーブルになります。

switch(config)#
switch# ssm enable feature santap module 1