Cisco MDS 9000 ファミリー コンフィギュレーション ガイド Release 2.x
はじめに
はじめに
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

はじめに

対象読者

マニュアルの構成

表記法

関連資料

マニュアルの入手方法

Cisco.com

マニュアルの発注方法

テクニカル サポート

Cisco Technical Support Webサイト

Japan TAC Webサイト

Service Requestツールの使用

問題の重大度の定義

その他の資料および情報の入手方法

はじめに

ここでは、『 Cisco MDS 9000 ファミリー コンフィギュレーション ガイド 』の対象読者、構成、および表記法について説明します。さらに、関連資料の入手方法についても説明します。

対象読者

このマニュアルは、Cisco MDS 9000ファミリー マルチレイヤ ディレクタおよびファブリック スイッチの設定およびメンテナンスを担当する経験豊富なネットワーク管理者を対象としています。

マニュアルの構成

このマニュアルは、次の章で構成されています。

 

タイトル
内容

第1章

製品概要

Cisco MDS 9000ファミリー マルチレイヤ スイッチおよびディレクタの概要を説明します。

第2章

設定作業を開始する前に

CLI(コマンドライン インターフェイス)について説明します。

第3章

ライセンスの入手とインストール

Cisco MDS SAN OSソフトウェアのラインセンス タイプ、手順、インストール、および管理について説明します。

第4章

初期設定

スイッチの初期設定オプションおよびスイッチ アクセスの方法を説明します。

第5章

HAの設定

スイッチオーバー メカニズムなどのHA機能について説明します。

第6章

ソフトウェア イメージ

Cisco MDS 9000ファミリー スイッチのアップグレード手順、ソフトウェア イメージ ファイルのインストール手順、スーパバイザ エンジン上のフラッシュ ファイル システムの使用法、およびbootflashイメージが壊れた場合の回復手順を説明します。

第7章

モジュールの管理

各モジュールのステータスを表示して分析する手順と、モジュールの電源をオンおよびオフにするプロセスについて説明します。

第8章

システム ハードウェアの管理

スイッチのハードウェア インベントリ、使用電力、電源装置、モジュールの温度、ファンおよびクロック モジュール、環境情報について説明します。

第9章

CFSインフラストラクチャの使用

効率的なデータベースの配布を実現するためのCisco Fabric Services(CFS)インフラストラクチャの使用法について説明します。

第10章

VSANの設定と管理

Virtual SAN(VSAN;仮想SAN)の機能を紹介し、デフォルトVSAN、隔離VSAN、VSAN ID、およびアトリビュートの概念について説明するとともに、VSANを作成、削除、および表示する手順を説明します。

第11章

ダイナミックVSANの作成

ホストまたは記憶装置の接続が2つのCisco MDSスイッチ間で移動された場合に、ファブリック トポロジーを維持するのに使用するDynamic Port VSAN Membership(DPVM)機能について説明します。

第12章

インターフェイスの設定

Cisco MDS 9000ファミリー スイッチにおけるポートおよび正常な動作状態の概念を紹介し、ポートおよびインターフェイスの設定手順を説明します。

第13章

トランキングの設定

TEポートおよびトランキングの概念について説明します。

第14章

ポート チャネルの設定

ポート チャネルおよびロードバランシングの概念を紹介し、ポート チャネルの設定、ポート チャネルへのポートの追加、およびポート チャネルからのポートの削除の手順を説明します。

第15章

ゾーンの設定と管理

ゾーニングに関する各種の概念を定義し、ゾーン セットおよびゾーン管理機能の設定手順を説明します。

第16章

DDAS

ファブリック規模の単位でデバイス エイリアス名を配布するためのDistributed Device Alias Services(DDAS)デバイス エイリアスの使用法について説明します。

第17章

IVRの設定

Inter-VSAN Routing(IVR;VSAN間ルーティング)機能を使用してVSAN間でリソースを共有する手順を説明します。

第18章

FLOGI、ネーム サーバ、FDMI、およびRSCNデータベースの管理

記憶装置を管理し、Registered State Change Notification(RSCN)データベースを表示するために必要な、ネーム サーバおよびファブリック ログインについての詳細情報を示します。

第19章

スイッチ セキュリティの設定

Cisco MDS 9000ファミリーの全スイッチで提供されるAAAパラメータ、ユーザ プロファイル、RADIUS認証、SSHサービス、およびSNMP(簡易ネットワーク管理プロトコル)セキュリティ オプションについて説明し、これらのオプションの設定手順を示します。

第20章

ファブリック セキュリティの設定

全社規模ファブリックのスイッチ間およびホストとスイッチ間の認証を提供するのにCisco MDSスイッチで使用されるセキュリティ プロトコルについて説明します。

第21章

ポート セキュリティの設定

Cisco MDS 9000ファミリー スイッチ上のポートへの不正アクセスを防止するポート セキュリティ機能について説明します。

第22章

SNMPの設定

すべてのCLIおよびSNMPユーザに対してユーザ、パスワード、および役割を設定する手順を説明します。

第23章

RMONの設定

RMONを使用してアラームおよびイベントを設定する手順を説明します。

第24章

ファイバ チャネル ルーティング サービスおよびプロトコルの設定

ファイバ チャネル ルーティング サービスおよびプロトコルを紹介し、設定手順を説明します。

第25章

インテリジェント ストレージ サービスの設定

Storage Services Module(SSM)によってサポートされるインテリジェント ストレージ サービスを紹介し、設定手順を説明します。

第26章

IPサービスの設定

IP over Fibre Channel(IPFC)サービスについて説明し、IPFC、仮想ルータ、およびDNSサーバの設定手順を説明します。

第27章

FICONの設定

Cisco MDSスイッチのFI-bre CON-nection(FICON)インターフェイス、ファブリック バインディング、およびRegistered Link Incident Report(RLIR)機能について説明します。

第28章

IPSecネットワーク セキュリティの設定

FCIPを使用してIPネットワーク経由で個々のSANアイランドを接続し、IPホストがiSCSIプロトコルを使用してFCストレージにアクセスできるようにして、ファイバ チャネルSANの到達距離を延長する方法を説明します。

第29章

IPSecネットワーク セキュリティの設定

IP Security Protocol(IPSec)オープン規格、およびプロトコルとアルゴリズム ネゴシエーションを処理するのにIPSecが使用するInternet Key Exchange(IKE)プロトコルについて説明します。

第30章

コール ホームの設定

コール ホーム サービスを紹介し、コール ホーム、イベント トリガー、連絡先情報、宛先プロファイル、およびEメール オプションについて説明します。

第31章

ドメイン パラメータの設定

プリンシパル スイッチの選出、ドメインIDの配布、FC IDの割り当て、ファブリック再設定機能などのファイバ チャネル ドメイン(fcdomain)機能について説明します。

第32章

トラフィック管理の設定

Quality of Service(QoS;サービス品質)およびFibre Channel Congestion Control(FCC;ファイバ チャネル輻輳制御)機能について説明します。

第33章

トラフィックのトラッキングとリダイレクト

リンク障害からの復旧を早めるポート トラッキング機能について説明します。

第34章

SETの設定

FCIPパフォーマンスを最適化するSAN Extension Tuner(SET)機能について説明します。

第35章

スケジューリング メンテナンス ジョブ

すべてのCisco MDS 9000ファミリー スイッチの設定およびメンテナンス作業をスケジューリングするのに役立つCisco MDSコマンド スケジューラ機能について説明します。

第36章

システム メッセージ ロギングの設定

システム メッセージ ログの設定手順および表示方法を説明します。

第37章

SCSIターゲットの検出

SCSI LUN検出機能の起動方法および表示方法を説明します。

第38章

SPANによるネットワーク トラフィックのモニタリング

Switched Port Analyzer(SPAN)、SPAN送信元、フィルタ、SPANセッション、SDポート特性、および設定手順について説明します。

第39章

拡張機能および概念

高度な設定機能(タイムアウト値、fctrace、ファブリック アナライザ、World Wide Name、フラットFC ID、ループ モニタリング、スイッチの相互運用)について説明します。

第40章

FCSの設定

Fabric Configuration Server(FCS)機能の設定手順および表示方法を説明します。

第41章

システム プロセスおよびログのモニタ

システム プロセスおよびステータスの表示方法を説明します。さらに、コア ファイルおよびログ ファイルの設定手順、HAポリシー、ハートビートおよびWatchdogチェック、アップグレードのリセットについても説明します。

表記法

コマンドの説明では、次の表記法を使用しています。

 

太字

コマンドおよびキーワードは太字で示しています。

イタリック体

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体で示しています。

[ ]

角カッコの中の要素は、省略可能です。

[ x | y | z ]

どれか1つを選択できる省略可能なキーワードは、角カッコで囲み、縦棒で区切って示しています。

出力例では、次の表記法を使用しています。

 

screen フォント

システムが表示する端末セッションおよび情報は、 screen フォントで示しています。

太字のscreen フォント

ユーザが入力しなければならない情報は、太字の screen フォントで示しています。

イタリック体のscreenフォント

ユーザが値を指定する引数は、イタリック体の screen フォントで示しています。

< >

パスワードのように出力されない文字は、かぎカッコ(< >)で囲んで示しています。

[ ]

システム プロンプトに対するデフォルトの応答は、角カッコで囲んで示しています。

!, #

コードの先頭に感嘆符(!)またはポンド記号(#)がある場合には、コメント行であることを示します。

このマニュアルは、次の表記法を使用しています。


) 「注釈」です。役立つ情報や、このマニュアル以外の参照資料などを紹介しています。



注意要注意」の意味です。機器の損傷またはデータ損失を予防するための注意事項が記述されています。

関連資料

Cisco MDS 9000ファミリーのマニュアル セットの内容は、次のとおりです。

『Cisco MDS 9000 Family Release Notes for Cisco MDS SAN-OS Releases』

『Cisco MDS 9000 Family Interoperability Support Matrix』

『Cisco MDS SAN-OS Release Compatibility Matrix for IBM SAN Volume Controller Software for Cisco MDS 9000』

『Cisco MDS SAN-OS Release Compatibility Matrix for VERITAS Storage Foundation for Networks Software』

『Cisco MDS SAN-OS Release Compatibility Matrix for SSI Images』

『Regulatory Compliance and Safety Information for the Cisco MDS 9000 Family』

『Cisco MDS 9500 Series Hardware Installation Guide』

『Cisco MDS 9200 Series Hardware Installation Guide』

『Cisco MDS 9216 Switch Hardware Installation Guide』

『Cisco MDS 9100 Series Hardware Installation Guide』

『Cisco MDS 9000 Family Software Upgrade Guide』

『Cisco MDS 9000ファミリー コンフィギュレーション ガイド』

『Cisco MDS 9000 Family Command Reference』

『Cisco MDS 9000 Family Fabric Manager Configuration Guide』

『Cisco MDS 9000 Family Fabric and Device Manager Online Help』

『Cisco MDS 9000 Family SAN Volume Controller Configuration Guide』

『Cisco MDS 9000 Family MIB Quick Reference』

『Cisco MDS 9000 Family CIM Programming Reference』

『Cisco MDS 9000 Family System Messages Reference』

『Cisco MDS 9000 Family Troubleshooting Guide』

『Cisco MDS 9000 Family Port Analyzer Adapter 2 Installation and Configuration Note』

『Cisco MDS 9000 Family Port Analyzer Adapter Installation and Configuration Note』

Cisco MDS 9000ファミリーのVERITAS Storage Foundation™ for Networksについては、次のVERITASのWebサイトを参照してください。
http://support.veritas.com/

Cisco MDS 9000ファミリーのIBM TotalStorage SAN Volume Controller Storage Softwareについては、次のIBM TotalStorage SupportのWebサイトを参照してください。
http://www.ibm.com/storage/support/2062-2300/

マニュアルの入手方法

シスコ製品のマニュアルおよびその他の資料は、Cisco.comでご利用いただけます。また、テクニカル サポート、およびその他のリソースをさまざまな方法で入手することができます。ここでは、シスコ製品に関する技術情報を入手する方法について説明します。

Cisco.com

次のURLから、シスコ製品の最新資料を入手することができます。

http://www.cisco.com/univercd/home/home.htm

シスコのWebサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com
http://www.cisco.com/jp

シスコのWebサイトの各国語版へは、次のURLからアクセスできます。

http://www.cisco.com/public/countries_languages.shtml

マニュアルの発注方法

マニュアルの発注方法については、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/es_inpck/pdi.htm

シスコ製品のマニュアルは、次の方法でご発注いただけます。

Cisco.com(Cisco Direct Customers)に登録されている場合、Orderingツールからシスコ製品のマニュアルを発注できます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/partner/ordering/index.shtml

Cisco.comに登録されていない場合、製品を購入された代理店へお問い合わせください。

テクニカル サポート

Cisco Technical Support では、シスコシステムズとサービス契約を結んでいるお客様、パートナー、リセラー、販売店を対象として、評価の高い24時間体制のテクニカル サポートを提供しています。Cisco.comのCisco Technical Support Webサイトでは、広範囲にわたるオンラインでのサポート リソースを提供しています。さらに、Technical Assistance Center(TAC)では、電話でのサポートも提供しています。シスコシステムズとサービス契約を結んでいない場合は、リセラーにお問い合わせください。

Cisco Technical Support Webサイト

Cisco Technical Support Webサイトでは、オンラインで資料やツールを利用して、トラブルシューティングやシスコ製品およびテクノロジーに関する技術上の問題の解決に役立てることができます。Cisco Technical Support Webサイトは、1年中いつでも利用することができます。次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/techsupport

Cisco Technical Support Webサイト上のツールにアクセスする際は、いずれもCisco.comのログインIDおよびパスワードが必要です。サービス契約が有効で、ログインIDまたはパスワードを取得していない場合は、次のURLで登録手続きを行ってください。

http://tools.cisco.com/RPF/register/register.do


) テクニカル サポートにお問い合わせいただく前に、Cisco Product Identification(CPI)ツールを使用して、製品のシリアル番号をご確認ください。CPIツールへは、Documentation & Toolsの下にあるTools & Resourcesリンクをクリックすることにより、Cisco Technical Support Webサイトからアクセスできます。Alphabetical Indexドロップダウン リストからCisco Product Identification Toolを選択するか、Alerts & RMAsの下にあるCisco Product Identification Toolリンクをクリックします。CPIツールは、製品IDまたはモデル名、ツリー表示、またはshowコマンド出力のカット&ペースト(特定の製品に対して)による3つの検索オプションを提供します。検索結果には、シリアル番号のラベルの場所が強調された製品の説明図が表示されます。テクニカル サポートにお問い合わせいただく前に、製品のシリアル番号のラベルを確認し、メモなどに控えておいてください。


Japan TAC Webサイト

Japan TAC Webサイトでは、利用頻度の高いTAC Webサイト( http://www.cisco.com/tac )のドキュメントを日本語で提供しています。Japan TAC Webサイトには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/jp/go/tac

サポート契約を結んでいない方は、「ゲスト」としてご登録いただくだけで、Japan TAC Webサイトのドキュメントにアクセスできます。

Japan TAC Webサイトにアクセスするには、Cisco.comのログインIDとパスワードが必要です。ログインIDとパスワードを取得していない場合は、次のURLにアクセスして登録手続きを行ってください。

http://www.cisco.com/jp/register/

Service Requestツールの使用

オンラインのTAC Service Requestツールを使えば、S3およびS4の問題について最も迅速にテクニカル サポートを受けられます(ネットワークの障害が軽微である場合、あるいは製品情報が必要な場合)。状況をご説明いただくと、TAC Service Requestツールが推奨される解決方法を提供します。これらの推奨リソースを使用しても問題が解決しない場合は、TACの技術者が対応します。TAC Service Requestツールは次のURLからアクセスできます。

http://www.cisco.com/techsupport/servicerequest

問題がS1またはS2であるか、インターネットにアクセスできない場合は、電話でTACにご連絡ください(運用中のネットワークがダウンした場合、あるいは重大な障害が発生した場合)。S1およびS2の問題にはTACの技術者がただちに対応し、業務を円滑に運営できるよう支援します。

電話でテクニカル サポートを受ける際は、次の番号のいずれかをご使用ください。

アジア太平洋:+61 2 8446 7411(オーストラリア:1 800 805 227)
EMEA:+32 2 704 55 55
米国: 1 800 553-2447

TACの連絡先一覧については、次のURLにアクセスしてください。

http://www.cisco.com/techsupport/contacts

問題の重大度の定義

すべての問題を標準形式で報告するために、問題の重大度を定義しました。

重大度1(S1) ― ネットワークがダウンし、業務に致命的な損害が発生する場合。24時間体制であらゆる手段を使用して問題の解決にあたります。

重大度2(S2) ― ネットワークのパフォーマンスが著しく低下、またはシスコ製品のパフォーマンス低下により業務に重大な影響がある場合。通常の業務時間内にフルタイムで問題の解決にあたります。

重大度3(S3) ― ネットワークのパフォーマンスが低下しているが、ほとんどの業務運用が機能している場合。通常の業務時間内にサービスの復旧を行います。

重大度4(S4) ― シスコ製品の機能、インストレーション、基本的なコンフィギュレーションについて、情報または支援が必要で、業務への影響がほとんどまたはまったくない場合。

その他の資料および情報の入手方法

シスコの製品、テクノロジー、およびネットワーク ソリューションに関する情報について、さまざまな資料をオンラインおよび印刷物で入手することができます。

Cisco Marketplaceは、さまざまなシスコの書籍、参考資料、およびロゴ入り商品を提供しています。Cisco Marketplaceには、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/marketplace/

『Cisco Product Catalog 』には、シスコシステムズが提供するネットワーキング製品のほか、発注方法やカスタマー サポート サービスについての情報が記載されています。『Cisco Product Catalog』には、次のURLからアクセスしてください。

http://cisco.com/univercd/cc/td/doc/pcat/

Cisco Press では、ネットワーク、トレーニング、認定関連の出版物を幅広く発行しています。初心者から上級者まで、さまざまな読者向けの出版物があります。Cisco Pressの最新の出版情報などについては、次のURLからアクセスしてください。

http://www.ciscopress.com

Packet 』は、シスコシステムズが発行するテクニカル ユーザ向けの季刊誌で、インターネットやネットワークへの投資を最大限に活用するのに役立ちます。『Packet』には、ネットワーク分野の最新動向、テクノロジーの進展、およびシスコの製品やソリューションに関する記事をはじめ、ネットワークの配置やトラブルシューティングのヒント、設定例、お客様の事例研究、認定やトレーニングに関する情報、および多数の詳細なオンライン リソースへのリンクが盛り込まれています。『Packet』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/packet

iQ Magazine 』は、シスコのテクノロジーを使って収益の増加、ビジネス効率の向上、およびサービスの拡大を図る方法について学ぶことを目的とした、シスコシステムズが発行する成長企業向けの季刊誌です。この季刊誌は、実際の事例研究や事業戦略を用いて、これら企業が直面するさまざまな課題や、問題解決の糸口となるテクノロジーを明確化し、テクノロジーの投資に関して読者が正しい決断を行う手助けをします。『iQ Magazine』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/go/iqmagazine

Internet Protocol Journal 』は、インターネットおよびイントラネットの設計、開発、運用を担当するエンジニア向けに、シスコシステムズが発行する季刊誌です。『Internet Protocol Journal』には、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/ipj

シスコシステムズは最高水準のネットワーク関連のトレーニングを実施しています。トレーニングの最新情報については、次のURLからアクセスしてください。

http://www.cisco.com/en/US/learning/index.html