Cisco MDS 9000 ファミリー コンフィギュレーション ガイド Release 2.x
インテリジェント ストレージ サービ スの設定
インテリジェント ストレージ サービスの設定
発行日;2012/02/01 | ドキュメントご利用ガイド | ダウンロード ; この章pdf , ドキュメント全体pdf (PDF - 9MB) | フィードバック

目次

インテリジェント ストレージ サービスの設定

SCSIフロー サービスの概要

SCSIフロー マネージャ

SCSIフロー コンフィギュレーション クライアント

SCSIフロー データ パスのサポート

SCSIフロー サービスの設定

SCSIフロー サービスのイネーブル化

SCSIフロー設定配信のイネーブル化

SCSIフローIDの設定

ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーションの概要

ファイバ チャネル書き込みアクセラレーションのイネーブル化

SCSIフロー統計情報の概要

SCSIフロー統計情報のイネーブル化

SCSIフロー統計情報のクリア

インテリジェント ストレージ サービス情報の表示

デフォルト設定値

インテリジェント ストレージ サービスの設定

インテリジェント ストレージ サービスは、Advanced Services Module(ASM)とStorage Services Module(SSM)でサポートされています。インテリジェント ストレージ サービスは、Cisco SAN-OS Release 2.(2b)以降が稼働しているCisco MDS 9000ファミリー スイッチで使用できます。インテリジェント ストレージ サービスには、次の内容が含まれます。

ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーション

SCSIフロー統計情報

この章の具体的な内容は、次のとおりです。

「SCSIフロー サービスの概要」

「SCSIフロー サービスの設定」

「ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーションの概要」

「ファイバ チャネル書き込みアクセラレーションのイネーブル化」

「SCSIフロー統計情報の概要」

「SCSIフロー統計情報のイネーブル化」

「インテリジェント ストレージ サービス情報の表示」

「デフォルト設定値」

SCSIフロー サービスの概要

SCSIフローは、SCSIイニシエータ/ターゲットの組み合わせです。SCSIフロー サービスを使用すると、書き込みアクセラレーションなどのSCSIフロー、およびASMやSSM上で収集される統計情報のフロー モニタの機能を強化できます。

SCSIフロー サービスの機能は、次のコンポーネントで構成されています。

SCSIフロー マネージャ(SFM)(スーパバイザ上)

SCSIフロー コンフィギュレーションCLI(スーパバイザ上)

SCSIフロー コンフィギュレーション クライアント(ASMまたはSSMのControl Path Processor [CPP]上)

SCSIフロー フィーチャ セット サポート(ASMまたはSSMのData Path Processor [DPP]上)

図 25-1に、SCSIフロー サービスの機能上のアーキテクチャの例を示します。

図 25-1 SCSIフロー サービスの機能上のアーキテクチャ

 


) 統計情報をモニタする場合、ターゲット デバイスをASMまたはSSMに接続する必要はありません。


SCSIフロー マネージャ

SCSI Flow Manager(SFM;SCSIフロー マネージャ)はスーパバイザ モジュール上にあり、SCSIフロー構成の処理、SCSIフローの検証、および適切なASMやSSMへの構成情報の中継を行います。また、外部イベントが発生したときに、SFMはSCSIフローの状態をダイナミックに変更します。SFMは操作(ポートのアップ/ダウン、VSANの中断、SCSIフローの状態に影響を与えるゾーニングなど)によって発生したイベントを登録し、それに応じてフローの状態と構成を更新します。

イニシエータ側のSFMは、Cisco Fabric Services(CFS)を使用してターゲット側のピアと通信します。ピア通信を使用すると、イニシエータ側のSFMはターゲット パラメータを確認し、ターゲット側に情報をプログラムできます。

SCSIフロー コンフィギュレーション クライアント

SCSI Flow Configuration Client(SFC;SCSIフロー コンフィギュレーション クライアント)は、ASMまたはSSMのCPP上にあります。SFCはSFMからフロー設定要求を受け取り、イニシエータとターゲットのポート インターフェイスに対応したDPPをプログラムし、設定要求の状態をSFMに返します。

SCSIフロー データ パスのサポート

ASMまたはSSMのDPPは、イニシエータとターゲット間のすべてのメッセージを調べて、ファイバ チャネル書き込みアクセラレーションや統計情報モニタリングなどのSCSIフロー機能を実現します。

SCSIフロー サービスの設定

SCSIフローの仕様は、次の属性で構成されます。

SCSIフローID

VSAN ID

SCSIイニシエータ ポートWWN

SCSIターゲット ポートWWN

フロー フィーチャ セット(ファイバ チャネル書き込みアクセラレーションと統計情報モニタリング)

SCSIイニシエータとターゲットはファブリックを介して異なる2つのスイッチのASMやSSMに接続されている場合があるため、SCSIフローの仕様は分散構成になっています。この構成では、スイッチ名またはイニシエータかターゲットのいずれかのASM/SSMスロットの場所を識別する情報は必要ありません。SCSIフローの手動設定が実行されるのはイニシエータ側だけです。これにより、設定プロセスは簡素化されます。イニシエータ スイッチはCFSを使用してターゲット スイッチのSFMに設定を送信します。ターゲット側には、SCSIフローの設定は必要ありません。

SCSIフロー サービスのイネーブル化

SCSIフロー サービスをイネーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# ssm enable feature scsi-flow module 2

スロット2にあるモジュールでSCSIフロー サービスをイネーブルにします。

switch(config)# no ssm enable feature scsi-flow module 2

スロット2にあるモジュールでSCSIフロー サービスをディセーブルにします。デフォルトはディセーブルです。

SCSIフロー設定配信のイネーブル化

CFSを使用したSCSIフロー設定配信をイネーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# scsi-flow distribute

CFSを使用したSCSIフロー設定配信をイネーブルにします。デフォルトはイネーブルです。

switch(config)# no scsi-flow distribute

SCSIフロー設定のCFSによる配信をディセーブルにします。

SCSIフローIDの設定

VSAN IDと同様に、SCSIフローIDはスイッチ上で一意で、ユーザによって選択されます。SCSIフローIDを設定する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# scsi-flow flow-id 3 initiator-vsan 2 initiator-pwwn 21:00:00:e0:8b:07:5f:aa target-vsan 4 target-pwwn 2a:20:00:05:30:00:77:e0

イニシエータとターゲットのpWWNを使用してSCSIフローID 3を設定します。フローIDの範囲は1~65535です。

switch(config)# no scsi-flow flow-id 3 initiator-vsan 2

SCSIフローID 3を削除します。

ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーションの概要

ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーションを使用すると、アプリケーション遅延が最小限に抑えられ、長距離間での1秒あたりの処理回数が減少します。同期型のデータ複製を行う場合、ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーションを使用すると、複製距離の延長や有効遅延の減少による性能の向上を実現できます。この機能を利用するには、イニシエータ デバイスとターゲット デバイスの両方がASMまたはSSMに直接接続されている必要があります。

また、ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーションでは、バッファ カウントの設定もできます。SCSIフローに対してターゲット側のDPPで確保されている2 KBのバッファの数を変更できます。

設定するバッファの数を見積もるには、次の式を使用します。

(同時SCSI書き込み数×SCSI書き込みサイズ[バイト単位])/FCPデータ フレーム サイズ(バイト単位)

たとえば、HDS 9970間のHDS TrueCopy(1KBのFCPデータ フレームを使用)で、15トラックを備えた16-LUN TrueCopyグループ(768 KB/LUN)を初めて同期化する場合、必要な書き込みバッファの概数は16×(768×1024)/1024=12248バッファとなります。


) ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーション機能を使用する場合は、イニシエータとターゲットの両方のスイッチにエンタープライズ パッケージ ライセンスをインストールする必要があります。


ファイバ チャネル書き込みアクセラレーションのイネーブル化

ファイバ チャネル書き込みアクセラレーションをイネーブルにして、オプションで書き込みアクセラレーション バッファの数を変更する手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# scsi-flow flow-id 3 write-acceleration

SCSIフローID 3のファイバ チャネル書き込みアクセラレーションをイネーブルにします。

switch(config)# no scsi-flow flow-id 3 write-acceleration

SCSIフローID 3のSCSIフロー書き込みアクセラレーションをディセーブルにします。デフォルトはディセーブルです。

ステップ 3

switch(config)# scsi-flow flow-id 3 write-acceleration buffer 2048

SCSIフローID 3のファイバ チャネル書き込みアクセラレーションをイネーブルにし、バッファ数を2048に設定します。有効範囲は1~40000です。

switch(config)# no scsi-flow flow-id 3 write-acceleration buffer 1024

書き込みアクセラレーション バッファの数をデフォルト値に戻します。デフォルトは1024です。

SCSIフロー統計情報の概要

SCSIフローに関して収集できる統計情報は、次のとおりです。

SCSI読み取り

入出力回数

入出力ブロック数

最大入出力ブロック

最小入出力応答時間

最大入出力応答時間

SCSI書き込み

入出力回数

入出力ブロック数

最大入出力ブロック

最小入出力応答時間

最大入出力応答時間

その他のSCSIコマンド

Test Unit Ready

Report LUN

Inquiry

Read Capacity

Mode Sense

Request Sense

エラー

タイムアウト数

入出力エラー数

各種SCSI Statusイベント数

各種SCSI Sense Keyエラーまたはイベント

この機能を利用するには、イニシエータのみがASMまたはSSMに直接接続されている必要があります。


) SCSIフロー統計情報の機能を使用する場合は、イニシエータ スイッチだけにエンタープライズ パッケージ ライセンスをインストールする必要があります。


SCSIフロー統計情報のイネーブル化

SCSIフロー統計情報のモニタリングをイネーブルにする手順は、次のとおりです。

 

コマンド
目的

ステップ 1

switch# config t

switch(config)#

コンフィギュレーション モードを開始します。

ステップ 2

switch(config)# scsi-flow flow-id 3 statistics

SCSIフローID 3で統計情報のモニタリングをイネーブルにします。

switch(config)# no scsi-flow flow-id 3 statistics

SCSIフローID 3で統計情報のモニタリングをディセーブルにします。デフォルトはディセーブルです。

SCSIフロー統計情報のクリア

SCSIフロー統計情報をクリアするには、clear device-name statistics flow-id コマンドを使用します(デバッグ用)。

switch# clear scsi-flow statistics flow-id 3

インテリジェント ストレージ サービス情報の表示

インテリジェント ストレージ サービス情報を表示するには、 show scsi-flow コマンドを使用します(例25-1特定のSCSIフローIDのSCSIフロー サービス統計情報の表示を参照)。

例25-1 ASMまたはSSM上にプロビジョニングされたアプリケーションの表示

switch# show ssm provisioning
Module Ports Application
---------------------------------
4 1-32 scsi-flow
 

例25-2 すべてのSCSIフローIDのSCSIフロー サービス設定の表示

switch# show scsi-flow
Flow Id: 3
Initiator VSAN: 101
Initiator WWN: 21:00:00:e0:8b:05:76:28
Target VSAN: 102
Target WWN: 21:00:00:20:37:38:7f:7d
Target LUN: ALL LUNs
Flow Verification Status:
-------------------------
Initiator Verification Status: success
Target Verification Status: success
Initiator Linecard Status: success
Target Linecard Status: success
Feature Status:
---------------
Write-Acceleration enabled
Write-Acceleration Buffers: 1024
Configuration Status: success
Statistics enabled
Configuration Status: success
 
Flow Id: 4
Initiator VSAN: 101
Initiator WWN: 21:00:00:e0:8b:05:76:28
Target VSAN: 102
Target WWN: 21:00:00:20:37:38:a7:89
Target LUN: ALL LUNs
Flow Verification Status:
-------------------------
Initiator Verification Status: success
Target Verification Status: success
Initiator Linecard Status: success
Target Linecard Status: success
Feature Status:
---------------
Write-Acceleration enabled
Write-Acceleration Buffers: 1024
Configuration Status: success
 

例25-3 特定のSCSIフローIDのSCSIフロー サービス設定の表示

switch# show scsi-flow flow-id 3
Flow Id: 3
Initiator VSAN: 101
Initiator WWN: 21:00:00:e0:8b:05:76:28
Target VSAN: 102
Target WWN: 21:00:00:20:37:38:7f:7d
Target LUN: ALL LUNs
Flow Verification Status:
-------------------------
Initiator Verification Status: success
Target Verification Status: success
Initiator Linecard Status: success
Target Linecard Status: success
Feature Status:
---------------
Write-Acceleration enabled
Write-Acceleration Buffers: 1024
Configuration Status: success
Statistics enabled
Configuration Status: success
 

例25-4 すべてのSCSIフローIDのSCSIフロー サービス統計情報の表示

switch# show scsi-flow statistics
 
Stats for flow-id 4 LUN=0x0000
------------------------------
Read Stats
I/O Total count=2
I/O Timeout count=0
I/O Total block count=4
I/O Max block count=2
I/O Min response time=5247 usec
I/O Max response time=10160 usec
I/O Active Count=0
 
Write Stats
I/O Total count=199935
I/O Timeout count=0
I/O Total block count=12795840
I/O Max block count=64
I/O Min response time=492 usec
I/O Max response time=10056529 usec
I/O Active Count=16
 
Non Read-Write Stats
Test Unit Ready=4
Report LUN=38
Inquiry=50
Read Capacity=3
Mode Sense=0
Request Sense=0
 
Total Stats
Rx Frame Count=3792063
Rx Frame Byte Count=6549984752
Tx Frame Count=3792063
Tx Frame Byte Count=6549984752
 
Error Stats
SCSI Status Busy=0
SCSI Status Reservation Conflict=0
SCSI Status Task Set Full=0
SCSI Status ACA Active=0
Sense Key Not Ready=0
Sense Key Medium Error=0
Sense Key Hardware Error=0
Sense Key Illegal Request=0
Sense Key Unit Attention=28
Sense Key Data Protect=0
Sense Key Blank Check=0
Sense Key Copy Aborted=0
Sense Key Aborted Command=0
Sense Key Volume Overflow=0
Sense Key Miscompare=0

例25-5 特定のSCSIフローIDのSCSIフロー サービス統計情報の表示

switch# show scsi-flow statistics flow-id 4
 
Stats for flow-id 4 LUN=0x0000
------------------------------
Read Stats
I/O Total count=2
I/O Timeout count=0
I/O Total block count=4
I/O Max block count=2
I/O Min response time=5247 usec
I/O Max response time=10160 usec
I/O Active Count=0
 
Write Stats
I/O Total count=199935
I/O Timeout count=0
I/O Total block count=12795840
I/O Max block count=64
I/O Min response time=492 usec
I/O Max response time=10056529 usec
I/O Active Count=16
 
Non Read-Write Stats
Test Unit Ready=4
Report LUN=38
Inquiry=50
Read Capacity=3
Mode Sense=0
Request Sense=0
 
Total Stats
Rx Frame Count=3792063
Rx Frame Byte Count=6549984752
Tx Frame Count=3792063
Tx Frame Byte Count=6549984752
 
Error Stats
SCSI Status Busy=0
SCSI Status Reservation Conflict=0
SCSI Status Task Set Full=0
SCSI Status ACA Active=0
Sense Key Not Ready=0
Sense Key Medium Error=0
Sense Key Hardware Error=0
Sense Key Illegal Request=0
Sense Key Unit Attention=28
Sense Key Data Protect=0
Sense Key Blank Check=0
Sense Key Copy Aborted=0
Sense Key Aborted Command=0
Sense Key Volume Overflow=0
Sense Key Miscompare=0
 

デフォルト設定値

表 25-1 に、SCSIフロー サービス パラメータのデフォルト設定を示します。

 

表 25-1 デフォルトのSCSIフロー サービス パラメータ

パラメータ
デフォルト

SCSIフロー サービス

ディセーブル

SCSIフロー サービス配信

イネーブル

ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーション

ディセーブル

ファイバ チャネルの書き込みアクセラレーション バッファ数

1024

SCSIフロー サービス統計情報

ディセーブル